千歌「うちの旅館、マッサージ始めたんだー」 曜「え゛っ!?」

シェアする

千歌-アイキャッチ10
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:00:47.20 ID:gXMQXHy7.net
千歌「練習の一環でマッサージの勉強もしてたけど、家族に試したら好評でさー♪」

千歌「私がお手伝いすることにしたの!」

曜「……それってお客さんにやるってことだよね?」

千歌「そうだよ?」

曜「男の人とかも来るんだよね…?」

千歌「それなら大丈夫だよ!力もけっこうついたからね!」

曜(そういう心配じゃないんだけど…)

元スレ: 千歌「うちの旅館、マッサージ始めたんだー」 曜「え゛っ!?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:02:17.75 ID:gXMQXHy7.net
曜「いつからやるの…?」

千歌「明日からだよ。お小遣いももらえるんだー♪」

曜(マッサージってあれだよね…)

曜(えっちなビデオによく出てくる…)

曜「や、辞めとかない…?練習時間も減っちゃうかもだし…」

千歌「えー?でもお小遣いもらって、よーちゃん達とお出かけしたいしなぁ…」

曜「うぅ…そうだけど…///」キュン

曜(と、とにかく危険だから辞めさせなきゃ…!)
6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:07:05.68 ID:gXMQXHy7.net
ーーー翌日ーーー

美渡「ちかー、早速仕事だよー!」

千歌「もうお客さん?わかったー」トタトタ

美渡「千歌のこと、ご指名だってさ♪あの子もかわいいとこあるよねー」ニヤニヤ

千歌「?」

千歌(誰だろう…?とにかく、優しいお客さんだったらいいなあ…)

千歌「失礼しまーす」ガチャ




曜「こ、こんばんわ。ちかちゃん、あはは…」

千歌「曜ちゃん!?」
18: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:13:35.71 ID:gXMQXHy7.net
曜「ちかちゃんの初仕事の相手は私がいいなーって思って…///」

曜「宿泊者以外でも申し込めるって美渡姉に聞いてね、来ちゃった♪」

千歌「よーちゃん…///」

千歌「ありがとね!よーちゃん♡」

千歌「でもお金はもらえないから、後でしま姉に言っておくね」

曜「えぇっ!?そんなの悪いよ!」

千歌「いいの、嬉しいから♡早速、うつぶせになって♪」
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:18:17.57 ID:gXMQXHy7.net
千歌「おぉ~凝ってますねぇ~」モミモミ

曜「今日は飛び込みの朝練とスクールアイドルの練習もあったからね」

曜「衣装づくりもやってるし、体バッキバキかも」アハハ

千歌「……なるほど」フムフム

千歌「じゃあ、この辺かな?」ググッ

曜「痛っ!?痛いよちかちゃん!」

千歌「我慢だよ、よーちゃん」グググッ

曜「あいたたたたた!!!痛い!!!」

曜(何か思ってたのと違う!)
29: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:27:10.11 ID:gXMQXHy7.net
千歌「ふぅ……こんなもんかな」グッグッ

曜「痛かったぁ…」

曜(こんな真面目なマッサージなら、辞めてもらう必要もないかな…?)

千歌「本当に凝ってるんだね、よーちゃん」

千歌「兼部いつもお疲れ様、すごいね♡」

曜「えへへ///ちかちゃんに褒められるなら、頑張って良かったぁ」

曜「私はちかちゃんと一緒にやれるだけですごく楽しいから、疲れてないんだけどね♪」

千歌「…///」

千歌「つ、次は、優しくほぐしていくね?///」モミモミ

曜「あっ、きもちいぃ…」
34: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:33:26.39 ID:gXMQXHy7.net
曜「千歌ちゃんのマッサージ、水泳部の人のより上手いかも」

千歌「」ピクッ

千歌「へ、へぇ~、それは良かったよ」モミモミ

曜「あぁ、そこ、すごく気持ちいいかも」

千歌「…」モミモミ

千歌「…」モミモミ



千歌「」フ-ッ

曜「ひゃっ!?///」ゾクッ

曜「今耳フーッってした!?」

千歌「ご、ごめん!」
38: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:39:58.27 ID:gXMQXHy7.net
曜「なんで!?」

千歌「で、出来心で…」

千歌(すっごくかわいい反応だった…///)

曜「もう!びっくりするじゃん!」

千歌「ご、ごめん」

千歌「よーちゃんの耳かわいいなって思って…///」

曜「なぁっ!?///」

千歌「……ごめんね?……許して?」

曜「う、うん……///」ドキドキ

曜「いいよ…///」

千歌「ありがと…」モミモミ
41: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:47:05.94 ID:gXMQXHy7.net
千歌「ねぇ、さっきの話なんだけど…」モミモミ

曜「なに?」

千歌「水泳部のマッサージって、水着でやるの?」モミモミ

曜「そうだよ?」

千歌「…」モミモミ

千歌「マッサージってね、服着てない方が効果あるんだよね…」

曜「へー、そうなんだ」

千歌「だからその、よーちゃんが嫌でなければ、なんだけど…」

千歌「服脱いでもらえないかな?///」

曜「えぇっ!?///」
62: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:42:54.79 ID:gXMQXHy7.net
千歌「そ、その、よーちゃんが頑張ってるのは私のせいでもあるわけだし!///」アタフタ

千歌「よーちゃんを一番癒してあげられるのは私だといいかな、なんて…///」

千歌「水泳部の人達よりもチカが……。ダメ、かな…?」

曜「そ、そういうことなら喜んで!///」

曜「ありがとね、ちかちゃん♡」ニコ

千歌「」キュン
64: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:48:51.05 ID:gXMQXHy7.net
千歌(今キュンってしちゃったよ…///)

千歌(よーちゃんは親友なのに!///)

千歌(お、落ち着け私…深呼吸だ…)フゥー スゥー

千歌(よーちゃんに脱いでもらうのはあくまで気持ちよくなってもらうため)フゥー スゥー

千歌(よこしまな気持ちなんて全くない…)フゥー スゥー


曜「し、下着はいいよね…?///」モジモジ

千歌「」キュン

千歌(恥じらうよーちゃんがかわいすぎるよぅ!/////)ドキドキ
65: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:55:20.99 ID:gXMQXHy7.net
千歌(叫びたい…!よーちゃんかわいいって叫びたい…!)ドキドキ

千歌(深呼吸しよう………よし、もう大丈夫…)フゥー スゥー

曜(ちかちゃんさっきから何で黙ってるんだろう…)

千歌「うん、その格好で大丈夫だよ!」ニコー

千歌「じゃあまたうつ伏せになって♪」

曜「うん…」パタリ
67: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:04:12.46 ID:gXMQXHy7.net
千歌「どう?よーちゃん?服着てるより気持ちいいでしょ?」モミモミ

曜「そ、そうだね…」ドキドキ

曜(ちかちゃんの手が!直に触れてる!!///)

千歌「…」モミモミ

千歌(よーちゃんの肌、とっても綺麗だなぁ…)

千歌(やっぱり、耳がすごくかわいい…)

千歌「…」カプッ

曜「ひぅっ!?」ゾクゾクッ
71: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:10:53.30 ID:gXMQXHy7.net
曜「なんで今耳噛んだの!?///」ドキドキ

千歌「で、出来心といいますか…」

曜「それはさっき聞いたよ!!」

曜「何なの!?耳フェチなの!?」

千歌「そ、そうかも…///」

曜「やった方が照れないでよ!」

曜「次やったらお返しするからね!」

千歌「えっ…?///」

曜「…?」
73: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:23:46.45 ID:gXMQXHy7.net
千歌「ねーよーちゃん、怒った?」モミモミ

曜「いや、怒ってはないんだけど…」

千歌「なら良かったぁ♡」モミモミ

曜「…っ///」

曜(何でちかちゃんはイタズラする余裕なんかあるんだろう…)ドキドキ

曜(私はこんなに緊張しちゃってるのに…)ドキドキ

曜(うぅ…女の子同士だっていうのに…ほんとバカ曜だ…)ドキドキ
74: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:27:24.05 ID:gXMQXHy7.net
千歌(よーちゃん、すっごいドキドキしてる♡マッサージしてても伝わってくるくらいに…♡)

千歌(よーちゃんもチカのこと意識してくれてるのかな…?///)

千歌(………)

千歌("も"って何!?私もよーちゃんのこと意識してるってこと!?///)

千歌(だ、ダメだ…考え出したら止まらない…)ドキドキ

千歌「…」ドキドキ

曜「…」ドキドキ
76: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:32:29.20 ID:gXMQXHy7.net
千歌「…」モミモミ

曜「あっ♡そこ、いぃ…///」

千歌(なに今の声!?///もっと…もっと聞きたい…///)モミモミモミモミ

曜「んぅ♡あっ、ダメ…///」

千歌「ちょっと我慢してね!今良いところだから!」ドキドキモミモミ

曜「ちょっ///そこばっかり、ダメだってば!///」ドキドキ

千歌「ここにリンパが溜まってるから仕方ないの!///」モミモミ

千歌(よーちゃんの顔が見たい、よーちゃん、よーちゃん…///)
83: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:43:20.65 ID:gXMQXHy7.net
千歌(ふぅ…///ふぅ…////)フゥー スゥー

千歌「じゃあ次は、仰向けになってもらえる?」

曜「えぇ?///まだやるのぉ?///」クタリ

千歌「当たり前だよ?」

曜「もう2時間以上やってるよ?///」

千歌「よーちゃんに気持ちよくなってほしいの…ダメ?」

曜(その目は反則だよぉ…)ドキドキ

曜「ありがと…お願いします…///」クルリ

曜(どうしよぅ…///さっきから気持ちよくなっちゃってる…///)
84: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:47:46.29 ID:gXMQXHy7.net
千歌「まずは足からだね…」モミモミ

曜「んっ♡」

曜(また恥ずかしい声出ちゃった…///)チラッ

千歌(あっ、よーちゃん濡れてる…///かわいい…///)

曜(ちかちゃんすごくえっちな顔してる…///)

千歌「ハァ…ハァ…」サワサワ

千歌(よーちゃんかわいすぎ…///)サワサワ

曜(なんでちかちゃん足の付け根ばっかり…///)
87: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:56:11.45 ID:gXMQXHy7.net
曜(下着…もっとかわいいのにすれば良かった…)チラッ

曜「!?!?」

曜(あれ…まさか私…濡れて…?///)カァァ

曜「ごめん!ちかちゃん!ちょっとトイレに!!」ガバッ

千歌「絶対ダメっ!!」ドンッ

曜「お、お願い…行かせて…」ウルッ

千歌「じっとしてて!」
92: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:03:17.40 ID:gXMQXHy7.net
千歌「次は上の方だから」ハァハァ

千歌(すき♡よーちゃんすき♡)

曜「う、上はいいよ!///」

千歌「この邪魔なのも外すね?」ハァハァ

曜「もうマッサージは終わり!///」ドンッ

千歌「……そんなこと言って、よーちゃんも期待してるんじゃないの?」チラッ

曜(何で足の方見て……はっ)

曜(まさかちかちゃん気付いてて!?)カァァ

曜「ひ、ひどいよ、ちかちゃん…」

曜「恥ずかしいのに…ひどいよ」グスッ
93: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:05:21.91 ID:gXMQXHy7.net
千歌「恥ずかしがらなくていいんだよ、よーちゃん」ナデナデ

千歌「よーちゃんを気持ちよくしてあげたいの」サワサワ

曜「ふぅっ♡」ビクッ

千歌「よーちゃん♡よーちゃん♡」サワサワ

千歌「よーちゃん♡ダメ?♡」コリコリ

千歌「よーちゃん♡すき♡チカよーちゃんのことすきなの♡」スリスリ

曜(もうダメ…///何も考えたくない…///)

曜「私もっ!♡私もちかちゃんすき♡」

曜「ちゅー♡ちゅーして♡」

千歌「」キュン
96: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:09:29.38 ID:gXMQXHy7.net
千歌「よーちゃん…もう我慢できないからね…♡」

曜「ちかちゃん…♡」

千歌「すき♡よーちゃん!♡愛してる♡」ガバッ

曜「私もすき♡ちかちゃんすき♡」チュッ

千歌「ハァハァ……もうダメだから…!」チューッ

曜「あ♡そんなとこ///痕ついちゃうよ///」

千歌「もうチカ以外の人にマッサージしてもらっちゃダメだからね…///」チューッ

曜「見られちゃう♡そんなとこに痕つけたら見られちゃうよぉ♡」

千歌「よーちゃん♡嬉しそう♡」ウットリ
102: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:17:43.21 ID:gXMQXHy7.net
曜「ちかちゃんも♡ちかちゃんも私以外の人にマッサージしないで♡」

千歌「よーちゃん…///」

曜「本当は今日それを言いにきたの…///」

曜「ちかちゃんは私だけにマッサージして…///」

千歌「わかった♡」

千歌「じゃあ早速、下の方も…///」

曜「うん♡きて♡ちかちゃん♡」
104: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:19:37.98 ID:gXMQXHy7.net
志満「ちょっとー!曜ちゃんの終バス終わっちゃうわよー?」ガチャッ

曜・千歌「わああああぁぁ!!?!?」バサッ

志満「あら?二人でタオル被って…寝てたの?」

千歌「そ、そんな感じ!!準備するからちょっと出てて!!」

志満「あらあら。そんなことでお仕事大丈夫かしら…?」

志満「急いでね?今日は車出せそうにないから」

ガチャッ バタン

曜・千歌「ふぅ…」
106: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:20:17.99 ID:gXMQXHy7.net
曜「ギリギリセーフだったね…」

千歌「うん…」

千歌「この後、どうする…?」

曜「とりあえず急いで服着てバスに乗ろうかな…」

千歌「…」

千歌「泊まってマッサージの続きしないの…?///」

曜「!?///」

曜「そ、そうします…///」

千歌「えへへぇ♡よーちゃん♡大好き♡」


おわり
120: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:54:23.59 ID:gXMQXHy7.net
誰かSっちの有無を言わさぬマッサージ書いて
内側からリンパをほぐすやつ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「うちの旅館、マッサージ始めたんだー」 曜「え゛っ!?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。