ルビィ「くーりすまっすがこっとっしっもやぁてくるぅ~♪」善子「たのしっかった♪できごっとっをっ♪」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:41:35.82 ID:2VQq0y/1.net
花丸「消し去るように♪」

善子「……………」

ルビィ「………ことしはサンタさんなにくれるかなぁ……」

善子「高望みはしないわ……PS4……」

花丸(もう16だよ?……)

元スレ: ルビィ「くーりすまっすがこっとっしっもやぁてくるぅ~♪」善子「たのしっかった♪できごっとっをっ♪」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:45:14.46 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「ルビィのおうち担当のサンタさんはねぇ、おねえさんなんだよ!黒くて長いきれいな髪の毛だけどヒゲがぼーぼーなの!!」

善子「うちのサンタさんはおじさんね、ずら丸は?」

花丸「(マルの)おじいちゃん(サンタ役)だったよ」

ルビィ「いいなぁおじいちゃんサンタさん」

善子「本物ね…どっか北欧からくるらしいじゃない?」
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:47:21.13 ID:2VQq0y/1.net
花丸「いやだから」

ルビィ「えへへ、ほしいもの冷蔵庫にはっとこぉ」

善子「うちのサンタはそんなことしなくてもわかってくれるわよ?」

ルビィ「いいなぁ…前に冷蔵庫に張らないで待ってたら半紙と筆が来たことあるから……いらないよ…」
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:49:35.92 ID:2VQq0y/1.net
部室外……

鞠莉「聞いた?」

ダイヤ「………いらなかったのですか……書き初め用の……」プルプル

果南「かわいいもんだね」

鞠莉「ドリィムを感じるわ♪」

ダイヤ「くっ………」
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:52:13.57 ID:2VQq0y/1.net
花丸「マルは……最後にもらったのは小学生のころずら、たしか花札を」

善子「そうとういたずらっ子だったのね~私はまだまだ良い子だからきっと今年も貰えるわ♪」

ルビィ「ふぇ……ルビィはおねえちゃんに怒られてるからわかんないや」

善子「大丈夫よ、今からでも間に合うわ」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:56:44.03 ID:2VQq0y/1.net
果南「……うちは小学生までだったなぁ」

鞠莉「うちは毎年北欧から来てもらってるわ♪」

ダイヤ「私がサンタですわ」

果南「あのふたりは高校生になってももらえるのかな?」

鞠莉「ダイヤはあげる予定なの?」

ダイヤ「ルビィが楽しみに待っています……」
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:59:58.44 ID:2VQq0y/1.net
果南「……やれやれ…」

鞠莉「oh!?」

果南「私が一肌脱いでマルにプレゼントをあげちゃおうかな」

ダイヤ「果南さん……花丸さんにプレゼントを……?…」

果南「マルだけどもらえないなんてかわいそうだもんね」

鞠莉「私は仲間ハズレェ!?」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:02:05.61 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「ムム……待ってなさい!!私もサンタになるんだから!!」バッ

ダイヤ「あっ、鞠莉さん!」

果南「……いっちゃった……」

ダイヤ「いったい何をするつもりでしょうか………」

果南「まあサンタになるって言ってるんだから悪いことではないんじゃない?」

ダイヤ「だといいのですが……」
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:04:59.09 ID:2VQq0y/1.net
ピーンポーン

善子母「はぁい」

ガチャ

鞠莉「ハァイ♪」

善子母「あなたは……」

鞠莉「そうよ♪」

善子母「誰?」

鞠莉「アウチ」ズゴーー
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:07:28.65 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「リジチョーの小原鞠莉です」

善子母「ええっ!?その見た目で理事長!?……整形でもしてるんですか?」

鞠莉「nonono!!ジョシコーセーよ!!」

善子母「ええっ!?」

鞠莉「sorry!」

善子母「で…どうしました?……まさか善子が……」

鞠莉「善子にはなにも問題ナッシン!」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:10:24.60 ID:2VQq0y/1.net
善子母「はぁ……じゃあなんですか?」

鞠莉「今年のクリスマス……プレゼントはどうするんですか?」

善子母「えっ?……そうですね……善子はもう光合成……かわいいひとり娘とはいえ…」

鞠莉「サンタさんは来ないと?」グイグイッ

善子母「ええっ……はい……子供じゃないですし……」

鞠莉「サァンクス!!」
24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:12:11.43 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「ただいまー」

黒澤母「おかえりルビィ」

ルビィ「ふんふふーん♪」

トットコトットコ

ルビィ「あっおねえちゃん!」

ダイヤ「!!……ルビィですか、おかえりなさい」

ルビィ「ただいま♪おねえちゃん」
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:14:31.11 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「ふんふふーん♪えへへぇ♪」

ダイヤ「……楽しそうですわね、どうしたのですか?」

ルビィ「そろそろサンタさんが来るからね♪」

ダイヤ「へぇ…何を頼むのですか?」

ルビィ「…………おねえちゃんには秘密だよ♪」

ダイヤ「!」

ダイヤ(なんと!!)
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:16:42.96 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ(いつも教えてくれてたというのに……これでは何も買えませんわ……)

ダイヤ「……誰にも言いませんわ……なんとか……」

ルビィ「だめだめぇ……おねえちゃんにだけは絶対にないしょだよ♪」

ダイヤ「っ!!」

ダイヤ(私にだけは!?なんなのですか……なんなのですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ)

ダイヤ「ぬああああああああああああああ」

ルビィ「ぴぎゃっ!!」

ダイヤ「…オホン……失礼……」
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:19:42.32 ID:2VQq0y/1.net
善子「ふふん♪たっだいまぁ」

善子母「あら、おかえり善子」

善子「♪」

善子母「ずいぶん機嫌がいいのね」

善子「ふふん♪だってもうすぐクリスマスよ!!」

善子母(彼氏でもできたのかしら……心配だわ……)

善子「晩御飯はなぁに?」

善子母「ブリの煮付けよ」

善子「へぇ~♪」
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:21:09.82 ID:2VQq0y/1.net
花丸「ただいま~」

おじいちゃん「おかえり」

テレビ「打ったァ!!」

おじいちゃん「おっ!!」

花丸「……」

トットット

花丸「………クリスマス……か……」
30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:24:09.76 ID:2VQq0y/1.net
三年生……

果南「鞠莉……まさか……」

鞠莉「そう、そのまさかよ」

ダイヤ「なんと!?」

ダイヤ(なんでしょうか??)

鞠莉「善子のママンに許可を貰ったわ♪」

果南「なんだ……」

鞠莉「なんだと思ったのよ……」

ダイヤ「我々はサンタ……」

果南「私はマルのサンタ……」

鞠莉「私は善子のサンタ💕」

ダイヤ果南鞠莉「「「我々はサンタ」」」
35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:31:40.12 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「問題があるのです」

鞠莉「どうしたの?」

ダイヤ「ルビィのほしいものがわからないのですっ!!!」

果南「冷蔵庫に張ってあるんじゃないの?」

ダイヤ「ルビィは……私には教えたくないと……」

鞠莉「わけアリね」

果南「マルにはなにがいいかな?」

鞠莉「聞きにいきましょう」

果南「いいね、いっちゃお!」

ダイヤ「ルビィのほしいものを聞いておいてください……」
36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:36:01.99 ID:2VQq0y/1.net
一年生の教室……

善子「ふふん♪おっはようずらまるびぃ」

花丸「略さないで」

ルビィ「花丸ちゃんと合体だぁ!!」ガシャンガシャンガシィン

花丸「いたた、やめてルビィちゃん」キャッキャ
37: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:39:31.60 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「ハァイ♪」

果南「おっ……一年生は元気でいいね」

善子「?!」

花丸「鞠莉ちゃんに果南ちゃん」

ルビィ「どうしたの?」

鞠莉「みんなほしいものは?♪」

善子「PS4とVR!!」ワックワク

ルビィ「……」

花丸「平穏」
39: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:43:27.93 ID:2VQq0y/1.net
果南(ちょっ!!平穏!?!!???)

果南「あ

鞠莉「ルビィはなあに?」

ルビィ「……ふたりは……おねえちゃんに話しちゃいそうだからいわないよ!」

果南(遮らないで!)

果南「マ

鞠莉「Don'tworry!絶対言わないわ♪」

ルビィ「どん……うぉ…?………ウォーリーを探せじゃないもん!!」

鞠莉(oh………)

果南(ちょっとぉぉぉぉぉぉ!!)
40: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:46:36.94 ID:2VQq0y/1.net
花丸「…………」

花丸(なるほど……)

善子「それがどうしたのよ?」

鞠莉「小原家は本場のサンタさんとコネクションがあるのよ」

善子「ほんとぉ!?」ワックワクドッキドキ

鞠莉「本当よ…だからはやくサンタさんにあなたたちのほしいものを伝えておいてあげようと思って」

善子「ねえねえ!あえるの!?電話番号は?!」フンフン

鞠莉「まあまあ……」

果南(平穏……平穏……平穏?……)
41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:48:50.89 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「……それなら……」

鞠莉「oh良かったわ♪、最近サンタさんの仕事も大変でね♪」

善子「ふふっ良かったわねサンタさん🎄🎅🎁✨」

花丸(平穏……ちょっと悪かったずら……申し訳ない)

果南(平穏……へいおん……ヘイオン……)

鞠莉「で?ルビィはなんなの?」
46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:13:27.03 ID:2VQq0y/1.net
果南(He…イオン……?ヘリウムのイオン!?)

ルビィ「……いつもルビィだけプレゼント貰って……おねえちゃんはいっつもティッシュとかめんぼうだから…」

鞠莉「oh……」

ルビィ「だから…ことし貰った物はおねえちゃんの枕元とこっそり交換するんだ……だからルビィがほしいのはおねえちゃんがほしいものだよ」

鞠莉「…………」ぽろり

ルビィ「今日お母さんに聞いてもらうの」

鞠莉「no……涙が……」ポロポロ
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:15:41.37 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「……わかったわ……そうサンタさんに伝えておくわ👍」

ルビィ「おねえちゃんにはひみつだよ!!」

果南(わっかんないよぉ!!ヘリウムイオン!?)

花丸(どうしようかな……ちゃんといおうかな……)

善子「良い姉妹ね……」ほろり
50: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:18:28.73 ID:2VQq0y/1.net
善子「PS4!!PS4!!」

ルビィ「たのんだよぉ」ニコッ

花丸(まあいいか……)

鞠莉「任せなさい!!」

果南(ヘリウムイオン……化学なんて休学してるときに海に流れてっちゃったよ)

善子「PS4!!PS4!!」

花丸「…………」
53: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:22:25.95 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「……どうするカナァン?」

果南「ヘリウム……ヘリウムイオン」ブツブツ

鞠莉「ワアッツ!?」

果南「わっ!!ああ……どうすんの?」

鞠莉「ダイヤのほしいものを調べないと」

果南「なんだろうね」ソッケナイ

鞠莉「困ったわね」

鞠莉(ヘリウムって何よ……どうするつもり…)
60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:37:22.61 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「っ!!おっそいですわ!!」プンスカ

鞠莉「まあまあ……」

果南(ヘリウム……たしか声が変になる奴……)

ダイヤ「で……わかりましたの?」

鞠莉「………」

鞠莉(ちょっと果南!)クイクイ

果南「おっ……ヘリウム」

ダイヤ「はあ?」

鞠莉「なに言ってるのよ!」

果南「あっ違う違う忘れて」
61: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:39:50.98 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「えっとぉ……そう!!まだ悩んでるんだって」アタフタ

ダイヤ「…嘘をオッシャイ!!」

鞠莉「ひっ」ビクッ

果南「……そういえばダイヤは何かほしいものあるの?」

鞠莉(強引すぎる!!)

ダイヤ「私?……私は……」

鞠莉(答えるのォ!?)
63: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:43:26.92 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「……ルビィの笑顔ですわ」ニコッ

鞠莉(これは困ったsistersね……)

果南「なんかないの?もの!!もので!!」

鞠莉(さっきから強引すぎよ!!)

ダイヤ「うーん……最近急須を落としてしまってお茶が作れなくて……」

果南「なるほど!👍」

鞠莉「キュースね」
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:46:04.61 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「で!!ルビィのほしいものとは!!」

鞠莉「………爪切りよ……」

ダイヤ「はい?爪切り?」

果南(あぁあ……)

鞠莉「そう!爪切り!ルビィは専用の爪切りがほしいんだって」

果南(これはバレるよ……いくらなんでも)

ダイヤ「なるほど……爪切りですね」メモメモ

果南「…………」
68: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:49:06.73 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「じゃあ土曜日一緒に買いにいきましょ?」

果南「いいよ👌」

果南(ヘリウムイオンって……買えるのかな?)

ダイヤ「ええ!とびっきりの爪切りを選びますわ!!」

果南(爪切りどうすんの……)
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:52:16.73 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「はぁ……サンタさんおねえちゃんのほしいものちゃんと選んでくれるかなぁ……」

善子「そういう時は手紙を書いたらいいのよ♪」

ルビィ「手紙?」

花丸(高校生だよね?)

善子「そう、ほしいものを書いて、お母さんに渡せばそのままサンタに渡しておいてくれるらしいわ」

ルビィ「へえ、一応やっとこうかなぁ」
70: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:54:54.87 ID:2VQq0y/1.net
善子「そうそう、土曜日に一緒に遊びにいかない?」

ルビィ「ほんとぉ!?ルビィおこづかい貯まってるからお洋服買おうと思ってたんだ」

花丸「マルも暇ずら、本屋さんにいきたいと思ってたから」

善子「決まりね♪」
71: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:58:04.37 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「ただいまー」

黒澤母「あらおかえりなさい」

ルビィ「おねえちゃんは?」

黒澤母「まだ帰ってないよ」

ルビィ「わかった」

トットコトットコ

ルビィ「よいしょ……えっとおねえちゃんは……きゅうすを割っちゃったから……」

カキカキ

≪サンタさん、ルビィはかわいいきゅうすがほしいです≫

ルビィ「えへへ、おねえちゃん喜んでくれるかなあ?」
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:00:44.74 ID:2VQq0y/1.net
善子「ただいまー」

善子母「おかえり善子」

善子「あっ、土曜日ルビィとずら丸と一緒に出掛けるから、おひるごはんはいらないわ」

善子母「了解よ」

善子「ふふっ」

善子(PS4!!PS4!!PS4!!)
75: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:04:13.05 ID:2VQq0y/1.net
花丸「ただいま」

おじいちゃん「おかえり……おっ!おおっ!!……ああぁ……なにやってんだよ!!」

テレビ「アウト」

花丸「………」

トットット

花丸(きっと……三年生がマルたち一年生のサンタさんになるってことだろうな)

(マルの担当は誰だろう……ルビィちゃんは確定で……鞠莉ちゃんか果南ちゃん……どっちかなあ……平穏だなんて難しいこと……悪いことしちゃったずら)
76: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:13:10.70 ID:2VQq0y/1.net
土曜日……

ルビィ「おまたせぇ」

善子「……ぴったりね」

花丸「マルは五分前集合」

善子「さあいくわよ!!」

ルビィ「えへへ服屋さん」

善子「もうクリスマスの装飾ばっかりね」ワクワク

ルビィ「ふふふきれいだね」

花丸「夜になったらお星さまみたいに光るんだよね」

善子「そりゃもうピッカピカよ」
78: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:15:41.94 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「………」イライラ

果南「……落ち着きなよ……」

ダイヤ「おっっっっそいですわ!!鞠莉さん!!もういってしまいましょう果南さん!!」

果南「まあまあ……」

鞠莉「sorry!!待ったかしら?」

ダイヤ「ンムァリさん!!」

鞠莉「ダイヤ……怒るとホクロが増えるわよ♪」

ダイヤ「っ!あなたは!!」
79: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:18:18.58 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「そういえば……善子のほしいもの…PS4って何かしら?」

果南「ああ知ってるよ、たしかゲームだよ」

ダイヤ「善子さんはげえむ……げえむがほしいのですね」

鞠莉「じゃあ最初にトイザらスよ!!」

果南(トイザらスってヘリウムあるかなぁ)

ダイヤ「……といざらすにはルビィが気に入るようなかわいい爪切りはあるでしょうか……」
80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:22:27.96 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「PS4ありますか?」

トイザらス店員「PS4……どっちのですか?」

鞠莉「どっちの!?」

果南「二種類!?」

トイザらス店員「プレイステーション4とゲームソフトで激闘パワフルスロット4っていうのがあるんですよ」

ダイヤ「……よくわからないのでといざらすを歩いてみますわ」テッテッテ
82: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:25:26.76 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「………プレイステーションのほうは……たっかいわね」

果南「激闘パワフルスロットは……6000円」

鞠莉「善子はゲーム好きだから……持ってるわよね?」

果南「うん、私もそう思うな」

鞠莉「じゃあこのパワフルスロット4をちょうだい」

トイザらス店員「かしこまりました」
86: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:28:44.31 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「あっやっぱり……このプレイステーション4プロってのは何が違うんですか?」

トイザらス店員「すっごい進化してるんですよ~ペチャクチャ~」

鞠莉「はえ~」

果南(よくわかんないな)

鞠莉「……プロもかってあげる!!」

果南「おっ…太っ腹だね」

鞠莉「進化よ!エヴォリューション!!しかも最近出たばっかりみたいだから……きっと善子も喜ぶわ♪」

果南「じゃあヘリウム探しにいこう?」
92: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:32:24.84 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「ラッピングは私がするから……うちに届けてほしいの」

トイザらス店員「かしこまりました、住所とか……」

果南(………ヘリウム……風船に入ってるんだよね……トイザらスなら風船ある……風船かってからイオンのことは考えよう……)

ダイヤ「もどりましたわ……って!たっかいですわ!!なんですかそれは?!」

果南「PS4とPS4だよ」

ダイヤ「!???!!?!?」
94: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:36:18.19 ID:2VQq0y/1.net
果南「ダイヤと爪切りとヘリウム探しにいってくるから」

鞠莉「OK!書き終わったらいくわ」

……………

ダイヤ「ヘリウム……何につかうのですか?」

果南「いや~マルがほしいもの…たぶんヘリウムイオンなんだよね」

ダイヤ「へりうむいおん……花丸さんは不思議ですわね」

果南「だからヘリウムが入ってる風船買おうと思って」

ダイヤ「なるほど」ポンッ
95: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:38:47.92 ID:2VQq0y/1.net
果南「よし……」

ダイヤ「まあ✨風船がたくさん!」

果南「……なんか恥ずかしいなぁ……///」

ダイヤ「ルビィが喜びますわ♪」

鞠莉「カナーーンダーイヤーー」

テッテッテ

果南「おっ、終わったんだね」

ダイヤ「次は爪切りですわ!!」
98: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:42:34.32 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「オススメの雑貨屋さんがあるの、そこならルビィが気に入るようなプリティィィな爪切りがあるわ!」

ダイヤ「さすが鞠莉さん!たよりになりますわ!!」

果南「ついでに新しいマフラー買っちゃうね」

鞠莉「それも私に任せなさい♪」

ダイヤ「じゃあ私は……急須を!!」

果南鞠莉「「それはやめときな」」
99: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:46:46.44 ID:2VQq0y/1.net
善子「ふぅ…ルビィ悩みすぎよ」

ルビィ「うゆゆぅ……だってかわいいお洋服たくさんあるんだもん……」

花丸「まあマルもその気持ちはよく分かるずら」

善子「ずら丸は全く悩まずに本を買って行ったじゃない」

花丸「おうちでちゃんと決めて来たから」

ルビィ「さすが花丸ちゃん」

善子「そうだわ♪寒いけどちょっとサーティワンでアイス食べない?そのままちょっと待ったらイルミネーションが点灯されるから」

花丸「たのしそうずら~」

ルビィ「いいね!!」
102: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:51:55.82 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「どう?いいでしょ?」

果南「うーん……ちょっと派手だけど…嫌いじゃないよ」フウセンフワフワ

ダイヤ「鞠莉さんはせんすが違いますわ♪さすが帰国子女!!」

鞠莉「ふふん♪もっと誉めていいのよ」

果南「はい」

雑貨屋さん「ありがとうございましたー」

鞠莉「そうそう、いまからサーティワンに行かない?」

果南「ええ、寒いじゃん」

ダイヤ「31……?…」

鞠莉「サーティワンでアイス食べ終わったらちょうどイルミネーションが点灯する時間のはずよ♪」

果南「なるほど」

ダイヤ「……さそがし美しいのでしょう……」

鞠莉「決まりね♪」
107: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:59:47.07 ID:2VQq0y/1.net
善子「ふふふ♪堕天使っぽいアイス……」ニコニコ

花丸「スーパーカップはないずら?」

ルビィ「花丸ちゃん…ここはラーメン屋さんじゃないよ」

善子「決まったわ!席とっとくから!」

花丸「ありがとう善子ちゃん」

ルビィ「うゆぅ……迷っちゃうよ……」
109: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:03:01.72 ID:2VQq0y/1.net
ウィーン

サーティワンの人「いらっしょいませー」

鞠莉「サーティワン……たくさんあって迷っちゃうわね」

ダイヤ「……この抹茶のあいすが美味しそうですね」

果南「あれ……」

果南(あの席に座ってるの……善子とルビィとマル……)

鞠莉「ちょっと果南、はやく選びなさいよ」
112: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:06:51.16 ID:2VQq0y/1.net
花丸(……あれ……あそこにいるのは三年生ずら?……)

ルビィ「あの人……よく見えないけどたくさん風船もってるよ……いいなあ」

善子「……ピエロじゃない?…いったらくれるわよ」

ルビィ「ほんとぉ!?」

ルビィ「わあい!いってくるね」

花丸(まさかプレゼントを……)

花丸「あっルビィちゃ
113: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:10:30.57 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「あれ……」

ダイヤ「!!!!」

鞠莉「oh!?」

果南「あっ」フウセンフワフワ

ルビィ「おねえちゃんたち!!?」

ダイヤ「ルルルルルルルルルルビィ!!!?ななにをしているのですか?!」

ルビィ「え?善子ちゃんと花丸ちゃんと遊びにいくって」

ダイヤ「ああ!?そうですか!!」

ガサァ

ファンシー爪切り

ルビィ「ん?……爪切り?」

ダイヤ「ななななななな何でもありませんわ!!」
114: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:12:46.32 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「それではまた!!」

ダッダッダッ

果南「あっダイヤぁ!!」

鞠莉(爪切り見られたって何も問題ないのに……)

ルビィ「おねえちゃん……大丈夫かな?」

鞠莉「大丈夫よ」

果南「うん大丈夫」

ルビィ「そうだ!なら鞠莉ちゃんと果南ちゃんも一緒にイルミネーション見ない?」

鞠莉「ナイスidea!!」
118: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:21:58.14 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「ということで」

花丸「鞠莉ちゃん果南ちゃん」

善子「あら来てたのね」

果南「ちょっと野暮用でね」フウセンフワフワ

花丸(なんで風船持ってるんだろう)

ルビィ「果南ちゃん……風船かして?」

果南「…………いいよ……」

果南(………かわいい妹を持ってるね…ダイヤ…)

善子「そろそろよ!!」
119: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:25:40.99 ID:2VQq0y/1.net
ピカッ

善子「ふふ……」

ルビィ「きれいだねぇ……」

鞠莉「ダイヤにも見せたかったわ……」

果南「こういうのも良いもんだね」

ルビィ「そと出ようよ!!」

善子「いいわね」

花丸「きれいずら…」
121: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:29:20.60 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「えへへへ、わーい」キャッキャ

鞠莉「もぉ…こどもじゃないんだから」

鞠莉(こどもだったわ)

善子「とるわよ」パシャ

ルビィ「えへへ見せて見せて」パッ

フウセンソラタカク……

果南「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ルビィ「うゅ……ごめんなさい……」

花丸(プレゼント……なに買ったんだろう……)アイスパクッ
122: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:32:05.04 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「じゃあね~」

鞠莉「気を付けるのよ♪」

善子「次は終業式ね」

花丸「冬休みずら」

果南(風船………ヘリウムどうしよ……)

果南「じゃあね」
123: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:36:23.43 ID:2VQq0y/1.net
12/24………

善子「明日は……偉大なるジィィィィィザスクライストの……誕生日!!」

パンッパンッ

ルビィ「わーい」

千歌「誰?」

梨子「イエスキリストのことだよ」

曜「イエス!!」

花丸「ハッピーターンもってきたずら~」

ルビィ「やったあ」
124: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:39:40.40 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「今夜はついに」

果南「決行」

ダイヤ「爪切りばっちりですわ」

鞠莉「それぞれ……うまくやりなさいよ」

ダイヤ「……それで……鞠莉さんはどうしてぴーえすふぉーとぴーえすふぉーともうひとつ箱があるのですか?」

果南「ああそれはきゅモゴゴゴ

鞠莉「キュッキュッ……お母さんにキュキュットをあげるの!!」

ダイヤ「まあ……鞠莉さん……本当に尊敬しますわ」

鞠莉(急須のことはダメでしょ果南!!)

果南(いけない……しゃべっちゃうところだった)
125: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:52:55.67 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「ただいまー」ルンルンルビィ

ダイヤ「クリスマス会は楽しかったですか?」

ルビィ「うんっ!!千歌ちゃんの新作一発ギャグで寒さも飛んでいったよ!!」

ダイヤ「今日ははやく寝るのですよ?」

ルビィ「うん!良い子にしてなきゃサンタさん来ないもんね♪」

ルビィ(おねえちゃんのためだもん!!)
126: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:54:55.95 ID:2VQq0y/1.net
善子「ふんふふーんふーん♪」

ガチャ

善子母「………」

善子「あっただいまー」

善子母「帰って来たならただいまってちゃんといいなさい、言わない人にはサンタさんは来ないかもしれないね」

善子「嘘ぉ!?」

善子(PS4………嘘………)

善子母(頼むわよ…理事長さん)
127: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:58:58.79 ID:2VQq0y/1.net
花丸「ただいま」

おじいちゃん「メリークリスマース!!」

パンッパンパンッ

おばあちゃん「メアリークリシマス!!」

花丸「………全然違うよおばあちゃん……」

おじいちゃん「はっはっは花丸や、驚いたか?!どうじゃ三年ぶりのうちでのクリスマスパーティーは」

おじいちゃん(花丸のお友達がサンタになってくれるとは……ならワシらは盛り上げるぞ)

花丸「ありがとうおじいちゃんおばあちゃん!!」

おばあちゃん「きょうはたくさんから揚げ作ったよ、みかんもたっぷりあるよ」

花丸「わあ✨」
128: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:00:57.23 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「作戦は…深夜一時にプレゼント投下よ」

果南「許可はとってる?」

ダイヤ「私は自分の家ですので」

鞠莉「もちろんとってるわ」

果南「私も大丈夫」

鞠莉「健闘を祈るわ」

ダイヤ「うまくやるのですよ」
129: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:03:23.39 ID:2VQq0y/1.net
おじいちゃん「ワシらから花丸にプレゼントじゃ」

花丸「わあ…なんだろう✨」

シュルルッ

花丸「わぁぁぁ」

おばあちゃん「ブックカバーとしおりだよ」

花丸「やったぁ!!ありがとうおじいちゃんおばあちゃん!」

おじいちゃん「へへへ、喜んでくれて良かったわ」

おばあちゃん「ばあちゃんは丸ちゃんの笑顔が見られるだけで幸せだよ」
130: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:05:42.62 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「……すぅ……すぅ……えへへ……だめだよ………」zzz

ダイヤ「………」ソローリ

ポンッ

ダイヤ「あっさり成功ですわ……」ボソボソ

ダイヤ「さて…私は任務完了ということで寝ますわ……」
131: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:08:31.24 ID:2VQq0y/1.net
果南「ごめんね鞠莉…車出してもらって」

鞠莉「いいのよ♪冬の夜道は危険がいっぱいよ、さあ花丸の家よ」

果南「いってくるね」

テテテテテテ

果南「おじゃましまーす」

おじいちゃん「おーおー花丸のお友達か…」

おばあちゃん「マルちゃんは二階で寝てるよ」

果南「すみません夜中に…」

おばあちゃん「いいんだよ、これでマルちゃんが喜んでくれるから」

ソローリ

ポンッ

果南「マル完了」
132: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:11:56.29 ID:2VQq0y/1.net
果南「さて、次は善子だね」

鞠莉「PS4おもいわね」

🚙ブォォォォォォン

鞠莉「ついたわいってくるね」

トットコトットコ

コンコン

ガチャン

善子母「はぁい、理事長さん…さああがって」

鞠莉「夜遅くにsorry……ゴメイワクをオカケシマース」

善子母「いいんですよ」



善子「…………………」zzz

鞠莉「prettyface……」

ポンッ

鞠莉「ありがとうございました」

善子母「こちらこそ」
133: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:15:15.43 ID:2VQq0y/1.net
鞠莉「さて……私たちにはlastmissionが残ってるわね」

果南「ダイヤがルビィにあげた爪切りを急須と交換する」

鞠莉「ルビィが起きる前に」

鞠莉「もちろんダイヤのお母さんには伝えてあるわ」

果南「さあ急ごう」

🚙🚙🚙
134: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:20:08.57 ID:2VQq0y/1.net
コンコン

黒澤母「はい、はいってどうぞ~」コソコソ

鞠莉「オジャマシマス」

果南「おじゃましまーす」

ソローリソローリ

鞠莉「爪切りを……」ボソボソ

果南「急須に……」ボソボソ

ポンッ

鞠莉「ミッションコンプリィツ!!」

果南「うるさいよ!!」ボソボソ

鞠莉「あっごめんなさい」ボソボソ

ダイヤ「ん……だれか……いますの?」ウトウト

鞠莉「トナトナ!!」

果南(トナカイってそんな鳴き声なんだ)

ダイヤ「う……トナカイですか……おやすみなさいトナカイ」ウトウト

鞠莉「セエフ!!」ボソボソ
136: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:23:11.48 ID:2VQq0y/1.net
ルビィ「うゆ…………となかいさん………」zzz

鞠莉「!」ギクッ

ルビィ「えへへ……つのがかたいの……」zzz

果南「ただの寝言だね」

鞠莉「じゃあ帰りましょ」

果南「そうだね」

黒澤母「ごめんね鞠莉ちゃん果南ちゃん……うちのふたりのために」

鞠莉「Don'tworry」

果南「まあ、好きでやってるんで」

黒澤母「またうちに遊びに来てね」

鞠莉「ヨロコンデ♪」

果南「おじゃましましたー」

鞠莉「おじゃましました」
140: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:36:03.62 ID:2VQq0y/1.net
次の日………

ルビィ「うゅ……!!!あさだ!!」ムクッ

ルビィ「なんだろ……」ジィィィィ

ルビィ(きゅうすだ!!)

ルビィ「プレゼントが……ふたつ……」

ルビィ「きゅうすはおねえちゃんに」

ポンッ
141: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:36:40.94 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「……」zzz

ルビィ「もうひとつはなんだろう」ビリビリ

ルビィ「わあっ!!爪切りだあ!!それと……手紙?」

≪お姉さん思いのルビィちゃんへ
自分のプレゼントをお姉さんにあげるとは恐れ入った!!でもそれじゃあルビィちゃんはプレゼントなしじゃないか!この爪切りはサンタからのほんの気持ちだ≫

ルビィ「…………」ウルウル

ルビィ「ありがとぉ……サンタさん……」
143: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:39:15.63 ID:2VQq0y/1.net
善子「…………」zzz

善子「PS4っ!!」ガバッ

善子「なにこの巨大な包み!!」がさがさびりりっ

PS4pro

善子「あ…………あ………本当にPS4!!???」

善子「と……なにこれ……」

激闘パワフルスロット4

善子「……」
145: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:43:02.35 ID:2VQq0y/1.net
花丸「………」

ジリリリリリリリリリリリリリリ

花丸「んう……」バンッ

花丸「あさずら……」

花丸「やっぱり来てる……なんだろう」

花丸「…………He」

≪イオンは無理でした≫

花丸「………………」

花丸(よく分からない……でも昨日おじいちゃんたちがくれたカバーとしおり……あれだけでも満足ずら)

シューッ

花丸「ア~」
146: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:46:18.67 ID:2VQq0y/1.net
ダイヤ「っはあっ!!ルビィ!!ルビィ!!」

ダイヤ「って……あれ?枕元に……私にプレゼント?」

ルビィ「うゅ…………」ニドネ

ダイヤ「………」ビリビリ

急須



ダイヤ「まあ………まさか……本当にサンタさんがいるとは……」パァァァ

ダイヤ「……ルビィも…爪切りを開けて喜んでくれたでしょうか……」
150: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:51:27.37 ID:2VQq0y/1.net
善子「ううっ……こらっこらっ!!」カチッカチッ

ルビィ「えへへ……すっかり善子ちゃんはPS4にはまっちゃったね」

善子「スロットってなかなか奥が深いのね~」

花丸「みてみて!宇宙人…ア~ハナマルハウチュウジンズラ~」

ルビィ「ふふふ変な声~」

善子「ずら丸ももらえて良かったわね~」

ダイヤ「ふふふ、お茶を出しましょう」

トポポポポ

果南「っくしゅん!」ズビーッ

鞠莉「エックショイ!!」ズビーッ

果南鞠莉「風邪引いちゃったわ……」


~fin~


また会う日まで……
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ルビィ「くーりすまっすがこっとっしっもやぁてくるぅ~♪」善子「たのしっかった♪できごっとっをっ♪」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。