花丸「もしも魔法が使えたのなら」

シェアする

花丸-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 16:42:22.24 ID:qVB4LrW3.net
どんなお願いをしよう


お腹いっぱい好きな物を食べたり

好きな音楽を一日中聴いて過ごしたり

大好きな作家さんの本を飽きるまで読みふけたり────


そんな妄想をしながら熱い湯船に浸かっていたとき、ふと聞こえました


「あなたの願いを叶えるわ」



安価やります
だらだら進行予定

元スレ: 花丸「もしも魔法が使えたのなら」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 16:44:26.67 ID:qVB4LrW3.net
まるのへや

花丸「え、えーと……どなた様?」

ぬいぐるみ「私があなたの願い事を叶えてあげるわ。さぁ願い事を言いなさい」

花丸「………これは夢ずら」

ぬいぐるみ「夢と否定するならこの話はなかったことにしても構わないわ。また機会があれば会いましょう」

花丸「ま、まって!……本当に、本当にオラが魔法使いに…?」

ぬいぐるみ「そうね。正確には違うけど」

花丸「え、ええと……あぁ……頭がパンクしそう……」

花丸「……どうしてマルが?」

ぬいぐるみ「あなたが願ったから。それだけよ」
4: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 16:49:23.43 ID:qVB4LrW3.net
すうふうんご

花丸「………よくよく考えると胡散臭いずら」ジトー

花丸「そもそもこのぬいぐるみ、どうやって動いてるずら?熊でも犬でもなくて……とっても大きいずら。なんのぬいぐるみ?」ヒョイ

ぬいぐるみ「状況を冷静に判断できるようになってきたわね」

ぬいぐるみ「私はかつて魔法少女に憧れた人の所有物。色々あって今では使い魔よ」

ぬいぐるみ「私の事は……そうね、その子の名前で呼ぶといいわ」

花丸「えと、その子はなんて名前ずら?」

ぬいぐるみ「マキよ。よろしく花丸」
6: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 16:52:27.17 ID:qVB4LrW3.net
よくじつ

とうこうなう

マキ「それで花丸。いい加減あなたの願いを聞かせてくれるかしら?」テクテク

花丸「うーん……それがね、考えれば考えるほど何にしようか迷っちゃって…」テクテク

マキ「別になんでもいいのよ?それに願い事は一回限りじゃないわ」

花丸「え、本当?」

マキ「ええ。だからほら、言って」

花丸「………」ジトー

マキ「なによ?」

花丸「いや……なんていうか、あとあととんでもない請求がきそうで…」

マキ「現代っ子ね。心配しないで。そんなこと絶対にないから」

花丸「でも……」

>>8「おはよう」


Aqoursメンバーでお願いします
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 16:55:55.82 ID:0Y6QWXVg.net
鞠莉
10: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 17:09:43.20 ID:qVB4LrW3.net
鞠莉「おはようマル。goodmorning♪」

花丸「おはようございます鞠莉さん」

鞠莉「ふふふ、今日もマルは元気ねー」ハグッ

花丸「わわっ…!?」

鞠莉「ふふふーん♪ふにふにで触り心地も最高ねぇ」スリスリ

花丸「ちょ、ちょっと鞠莉さんっ」

鞠莉「…さぁて、朝のマル分も補給できたし」パッ

花丸「マル分ってなにずら…?ていうかここで会うなんて珍しいずらね」

花丸「鞠莉さんちからだとこの道は遠回りだけど……」

鞠莉「そうなの。実はちょこーっと困ったことになってね」

花丸「困ったこと?」


鞠莉ちゃんが遠回りしてる理由
ひとつしたでお願いします
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 17:11:05.76 ID:CSTv86mU.net
野生のチンスコウが出た
14: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 17:23:50.91 ID:qVB4LrW3.net
鞠莉「野生のチンスコウが出たのよ」

花丸「ちんすこう……?沖縄のお菓子…だっけ?」

鞠莉「違うわ。野生のチンスコウよ」

花丸「ムムム…?」

鞠莉「私は何とかここまでこれたのだけど、果南は学校に来れないみたいなの」

花丸「よくわからないけど困ったずらね」

マキ「ちょうどいいじゃない」

花丸「マキちゃん?」

マキ「あなたが願えばその野生のチンスコウをなんとかできるわ」

花丸「はっ……!?そ、そんなことが本当に……?でも野生のチンスコウってなにずら?」

マキ「知らない。直接みてきたら?」

鞠莉「……マル?誰とお話ししてるの?」

花丸「え?鞠莉さんこれが見えないの?」ヒョイ
15: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 17:35:04.41 ID:qVB4LrW3.net
鞠莉「ん………どれ?」

花丸「これずら。このへんてこなぬいぐるみずら~」

マキ「言い忘れていたけど、私の姿も声もあなたにしか聞こえないわ」

マキ「適当に言い訳しておいたほうがいいわよ。でなきゃ変人に思われるわ」

花丸「え、そうなの…?」

鞠莉「……マル?大丈夫?」

花丸「………ていうのは冗談ずら。オラ用事思い出したから先いくね?」タッ

鞠莉「え、あ、ちょっとマル。そっち学校じゃないわよー?」




ちなみにマキはハロウィン回で真姫ちゃんが持っていたゴーレムのぬいぐるみです
16: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:03:53.49 ID:qVB4LrW3.net
花丸「それにしても野生のチンスコウっていったいなにずら…?」

花丸「携帯電話で調べるずら。えと……あいもーどっと……」ポチポチ

マキ「現代っ子ね。……現代っ子っていうのかしら?」

花丸「むむむ……沖縄のお菓子ってことしかわからないずら」

花丸「きになるずら。こうなったら直接見てみよう。えと…淡島のほう、だよね?」

マキ「そうなんじゃない?でも学校はいいの?」

花丸「……………」

花丸「えと、こっちを曲がれば淡島が見えるずら」

マキ「サボる気ね」



花丸「あれ……?あれって…もしかしてあれが……野生のチンスコウ…?」


>>18
野生のチンスコウの正体
18: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:11:30.89 ID:lB4+ScmS.net
文字通り野生のチンスコウ
果南の大好物
20: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:21:52.86 ID:qVB4LrW3.net
ウユウユ

ウヨウヨ

花丸「海面や砂浜にたくさんのちんすこうが……!?」

マキ「しかも動いてるわね。気持ち悪い」

果南「あ、マル」

花丸「果南さん………って果南さん!?」

果南「ん?どしたの?」モグモグ

花丸「いや、果南さんこそどうしたずら…!?」

果南「え?野生のチンスコウを食べてるんだけど」

花丸「食べれるずら!?」

果南「内浦の隠れた名産だよ?」モグモグ

花丸「そ、そうなの…?マル、全然知らなかったずら……」

果南「マルもどう?これなんか活きが良くて美味しそうだよ」

ウニウニ

花丸「うっ………」
21: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:36:40.94 ID:qVB4LrW3.net
花丸「マルは遠慮するずら……」

果南「そう?おいしいのに……ぱくっ」

果南「じゃあ私はもう少し野生のチンスコウを味わおうかな」

果南「ぱく……もぐもぐ」

花丸「果南さんが砂浜のちんすこうを無心で食べてるずら…」

果南「」モグモグ

マキ「絵面がやばいわね」

花丸「え、えと…マルが願えばあれはいなくなるの?」

マキ「そうね、あれくらいなら一瞬よ」

花丸「じゃ、じゃあ……あの気持ち悪いのいなくなれ」


パッ


果南「はむっ……………あれ?」

果南「野生のチンスコウが……」キョロキョロ

花丸「ほ、本当にいなくなったずら……!」

マキ「いったでしょ?それとも信じてなかったの?」

果南「私のチンスコウが……私の……」ブツブツ
23: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:51:05.01 ID:qVB4LrW3.net
果南「ねぇマル?私のチンスコウしらなかな?」

花丸「はい?」

果南「さっきまであったんだ。あそこにたくさん。海にも漂ってたのに」

果南「私、あれが大好物だったんだ」

花丸「え、えと……?」

果南「マルは何か知ってる?もっともっと食べたいのに」

花丸「か、果南さんなんだかこわいずら……」

マキ「目のハイライトが消えてるわね」

花丸「ま、マキちゃんどうすれば…」

マキ「願えば元通り……にはならないわ。言い忘れてたけど、魔法は一日一回しか使えないの」

マキ「この場面は自力でなんとかしてちょうだい。なんでもラクしちゃだめよ」

花丸「ずらっ!?」

果南「マル?ねぇ聞いてるの?」ユサユサ

花丸(そ、そうだ…!あれを、あれをするずら…!)

花丸(あれで果南さんを……正気に!)


>>24 果南ちゃんを正気に戻す方法
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:54:46.10 ID:79KzzOPo.net
やめるずら♪ビシッ
25: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 19:00:39.35 ID:qVB4LrW3.net
花丸(善子ちゃんに効いたあのマルの宝刀を…!)

花丸「やめるずら♪」ビシッ

果南「…………」

花丸「尊敬してる先輩が拾い食いしてる所なんてみたくないずら」

果南「………ぅぇ」

花丸「?」

果南「うぇえぇぇ……っ」ポロポロ

花丸(泣き出したずらー!?)

花丸「え、えと…」オロオロ

花丸「と、とりあえず抱きしめるずら」ギュ

果南「ぅぅ……ぐすっ……」
26: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 19:08:26.57 ID:qVB4LrW3.net
30分後

果南「すぅ……」スヤスヤ

花丸「眠っちゃったずら……」

マキ「まるで子どもね」

花丸「ずら。でも……」ナデナデ

果南「うぅん……」

花丸「くすっ、こんな先輩も嫌いじゃないずら」



鞠莉「amazing!」
27: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 19:15:30.93 ID:qVB4LrW3.net
花丸「鞠莉さん?」

鞠莉「まさか野生のチンスコウに魅了された果南をこうも簡単に……」

鞠莉「いったいなにをしたの?魔法でも使った?」

花丸「え、えと…魔法を使ったような使ってないような……あはは…」

鞠莉「まぁいいわ。学校をescapeして来たかいがあったわ」

鞠莉「マル。お願いがあるの。聞いてくれる?」

花丸「オラに…?オラにできる事ならなんでもするけど…」

鞠莉「うふっ♪よかった。じゃあさっそくなんだけど──── 」

鞠莉「>>29してくれるかしら?」
29: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 19:34:02.03 ID:9sOiZWvh.net
人助け
30: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 19:55:33.38 ID:qVB4LrW3.net
鞠莉「人助けをしてほしいの」

花丸「人助け…?どうしてまた……」

鞠莉「考えてみてほしいの。例えば──── 」


────

善子「うぅ……」ドサッ

花丸「こんなもんずら」

モブA「あ、あの子、UFOに連れ去られそうになっていた女の子を助けたぞ…!?」

モブB「あの制服……どこの学校かしら?」

モブC「私知ってるわ。内浦の浦の星女学院よ!」

モブA「浦の星女学院…!」


────

鞠莉「て感じで広報活動を」

花丸「できないずら!」
31: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:20:16.97 ID:qVB4LrW3.net
鞠莉「いえ、できるはずだわ!魔法みたいに野生のチンスコウを消したもの!」

花丸「あれは……そうだけど…」

鞠莉「お願いマル!ボランティアだと思って!」

花丸「え…えと……そう、ずら…ね。人助けは嫌いじゃないけど……」

花丸「さすがにUFOは……」

鞠莉「じゃあUFO以外をおねがいね!」

花丸「ず、ずら……?」


そんなわけで、マルの魔法による人助けが始まりました

マルに中途半端な力を与えてくれたマキちゃんは、いつの間にかいなくなっていました


マキちゃんの事、少しだけ恨めしいけどちょっぴり感謝もしています

だって、こんなマルでも人の役に立てるんだなって。でも────




鞠莉「誘拐されそうになったルビィを助けたところ悪いんだけど、リリーが部室で盛ってるの!なんとかして!」

花丸「もう魔法使えないずらー!」
32: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:20:46.63 ID:qVB4LrW3.net
見てる人いなさそうなので終わります。
付き合ってくれてありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「もしも魔法が使えたのなら」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。