絵里「エリーチカが驚く初耳学!」

シェアする

絵里-アイキャッチ32
絵里「『かしこい かわいい エリーチカ』の
『かしこい』を見せつけてあげただけの話よ」ドヤッ

今夜のエリチカ学は…

絵里「……………♪」ポチッ

【知ってた】

一同「「「えーっ!?」」」

エリーチカの頭脳が炸裂!!

しかし!

絵里「ハラショー…!」

絵里「完敗ね…」

エリーチカを追い詰めた出題とは!?

全国のラブライバーが出題者!

エリーチカが驚く初耳学!

pixiv: 絵里「エリーチカが驚く初耳学!」 by ひろちゃま

スポンサーリンク


パチパチパチパチパチパチパチ!!

海未「『エリーチカが驚く初耳学!』、進行を務めます初耳コンシェルジュの園田海未です。宜しくお願いします」

穂乃果「わー海未ちゃーん!」

ことり「海未ちゃんだ海未ちゃんだー♪」

にこ「しかし、絵里の冠番組とは…先を越されたわね」

絵里「うふふ…お先に失礼したわ、にこ♪」

にこ「うぐぅっ」

希「まあまあ、にこっち」

海未「それではこの番組の内容を説明します。
この番組は、最近やたらとポンコツ扱いを受けている絵里の汚名返上の為、我々や視聴者と絵里との間で知識勝負をする番組です」

花陽「ポンコツ扱い…」ニガワライ

絵里「…まあ、確かに私もちょっと心外に思っているところではあるわ」

海未「この番組では、絵里が聞いたことのなさそうな豆知識、"初耳学"の候補を集め、それを元に出題VTRを作成しています。
みなさんにはそれを観て頂き、絵里にはVTRの最後で出される問題に、お手元の2つのボタンを使って回答して頂きます」

絵里「この、赤と青のボタンね?」

海未「はい。青いボタンは"初耳ボタン"、出題された知識について絵里が知らない時に押してください。
こちらが押された場合、当該知識を初耳学に認定し、みなさんには解説VTRを観て頂きます」

絵里「分かったわ。じゃあ、知ってる場合はこっちの赤いボタンを押せばいいのかしら?」

海未「その通りです。そちらの"知ってたボタン"を押した場合、絵里は当該知識についてその場で解説してください。
絵里が正しく解説することができれば絵里の勝利となり、解説VTRの放映は省略されます。番組内容の説明は以上です」

絵里「OK、負けないわよ!」

凛「はいはーい!じゃあ凛から出題するにゃー!」

真姫「えっ?これそういう番組なの?」

海未「いえ、大元の出題は全てこちらのVTRで行う予定ですが…」

凛「まあ、気にしないの気にしないの!
じゃあ絵里ちゃん、この前真姫ちゃんが音楽室で、『まほうつかいはじめました!』を独りピアノの弾き語りで熱唱してたのは知ってるかにゃ?」

真姫「なっ!?////」

にこ「…ほーう?」ニヤニヤ

真姫「ししししししてないわよ!?っていうか凛あんた!!////」

凛「ふふーん♪」

絵里「…ほーう?」ニヤニヤ ポチッ

【初耳】

真姫「エリーもノリノリでボタン押してんじゃないわよーっ!?////」

(真姫が暴走しています。しばらくお待ちください)

-------------------------

海未「…えー、希と凛が真姫を取り押さえてくれたところで」

真姫「○×△□♪♡#%$&〜!!」

ことり「あはは…」ニガワライ

海未「最初の出題に参りましょう。絵里、これ知っていますか?」

〜出題VTR〜
ナレーション: 高坂雪穂

世代を問わず多くの人に親しまれているスポーツの一つ、テニス。
現在ロンドンではATPワールドツアー・ファイナルが行われており、日本の錦織圭選手を含む世界のトッププレーヤーたちが王座をかけて鎬を削っています。

花陽「テニスかあ…かっこいいなあ」

ことり「真姫ちゃんとか、テニスやったことあるのかな?」

真姫「○×△□♪♡#%$&〜!!」

絵里「…って希!凛!いつまで押さえてるのよ!」

テニスの祖先となる競技は8世紀頃のフランスで生まれ、
1873年にウェールズ(今のイギリスの一部)できた「スフェリスティキ」というスポーツが現在のテニスの原型といわれています。

真姫「はぁはぁ…けっ、こう…はぁ、古い、の…ね、はぁはぁ…。」

ことり「…真姫ちゃん大丈夫?」

そういえばμ'sでも、部活系アイドルをやろうとしてた時…。

穂乃果『あなたのハートにリターンエース!高坂穂乃果です!』

お姉ちゃんがテニス部の役(?)をしていましたね。

絵里「穂乃果って実際テニスやったことあるの?」

穂乃果「ちゃんとやったことはないけど…なんか割と簡単にできそうな気がする!」

希「そうなんかなあ…」

にこ「穂乃果は15(fifteen)を50(fifty)と間違えて、
負けてるのに勝ってると勘違いしてそうよね」

穂乃果「ひどい!?」ガ-ン

さあ、ではここでテニスに関するこんな問題!
絵里さんが知らなかったら、初耳学に認定です!

絵里「来なさい!」

テニスでは得点を決める度に、
獲得点数が0→15→30→40と増えていきますよね。
でもこの数え方、なんかややこしいと思いませんか?

ほのりん「「確かに…」」

テニスの得点「40」は…



【???】



【元々「45」だった】

ことり「えっ!?」

絵里「………」

元々15刻みで進んでいた得点が、なぜ変わってしまったのか?
そもそも、なぜ15点刻みだったのか?

さあ絵里さん、知っていたら詳しく説明してください!

絵里「………………」






絵里「……………♪」ポチッ

【知ってた】

一同「「「えーっ!?」」」

希「知っとるんや…」

花陽「でもどういうこと?」

絵里「まず、元々点数が15点刻みでカウントされていた理由。これはいくつか説があるわ」

絵里「元々大きな時計を得点板として使っていて、
長針が指す分数を点数として使っていたという説」

絵里「14世紀頃、プレーヤー同士が賭けをする時に使ったコインが、
4枚で60スウだったという説…あ、スウっていうのは通貨単位よ」

絵里「あとは、テニスの起源といわれる修道院での生活時間が、
15分単位で定められていたという説…などなど。
こういう説から、得点が15点単位なこと以外にも、
60点(4回)で1ゲーム獲得っていうのも頷けるでしょ?」

ことり「なるほど…!」

絵里「じゃあなぜ45が40になってしまったのか?
…もしかしたら、穂乃果や凛でも同じようなことを考えたかもしれないわね」

ほのりん「「え?」」

絵里「一言で言うと、『"forty-five"って言うのが面倒だったから』なの」

一同「「「えー!?」」」

にこ「…まあ、確かに"fifteen"や"thirty"と比べると
長い気がしないでもないわね」

絵里「でしょう?だから、"45"も"thirty"に合わせて、
"forty"と略したの。元々は俗称でしかなかったけど、
いつしか表記も読みに合わせて"40"に変わった…と言われているわ」

一同「「「へぇ〜…!」」」

海未「絵里、その説明…」

ダンダ-ン

海未「お見事です!」

一同「「「おお〜!」」」
パチパチパチパチパチパチ

絵里「うふふっ♪」

穂乃果「絵里ちゃんすごーい!」

絵里「このくらいどうってことないわよ、
『かしこい かわいい エリーチカ』の
『かしこい』を見せつけてあげただけの話よ」ドヤッ

にこ「うわー!!」

凛「なんか腹立つにゃー!!」

絵里「何とでも言いなさい、全部わたしが返して見せるわ!」

真姫「…エリーってこんなキャラだっけ?」ヒソヒソ

希「あはは…」

海未「それでは次の出題に参りましょう。絵里、これ知っていますか?」

〜出題VTR〜

♪カ-ベ-ハ-ハイ! ハイ! ハイ! コワセ-ルモ-ノサ-

大熱狂のμ'sライブ!その興奮を自宅で再現できるのが…

カチッ ウィ-ン

そう、Blu-ray Disc!
2002年に規格が策定され、現在日本での普及率は53.2%まで達しています
(平成26年度 内閣府消費動向調査)。

穂乃果「みんなの家ってブルーレイある?」

ことり「わたしの家はまだDVDだよー」

凛「凛も!」

真姫「うちはあるわよ」

にこ「うちにもあるにこっ♪」

希「にこっち〜?」ワシワシノカマエ

にこ「すっすみませんDVDです」

絵里「なんで意味もなく見栄を張るのよ…」

DVDと比べてより鮮明な映像と音声が楽しめるブルーレイ。
しかし、なぜ画質・音質に差が出るのでしょうか?

DVDのディスク裏面には非常に小さな凹凸でデータが記録してあり、
DVDプレーヤーはこれにレーザー光を当て、
その反射具合で凹凸を読み取って映像を再生しています。

Blu-ray Discの場合、
技術の発達のおかげでより小さな凹凸をつけることができ、
さらにより波長の短い青紫色のレーザーを使うことで
より狭い範囲をピンポイントで読み取れるように!
この為、同じ面積でもより多くの情報を記録できるのです。

ディスク1枚に記録できるデータ量は、
DVDが約4.7GBに対し、BDはなんと約50GB!
10倍以上もの情報量が詰め込まれているのです。

希「青い光で狭い範囲を狙い撃ち…海未ちゃんみたいやね」

ことり「ディスクの凹凸撃ち抜くぞー、ラブアローシュート♪」

海未「なっ!?ことり!?////」

それではBlu-ray Discに関する出題!
絵里さんが知らなかったら、初耳学に認定です!

絵里「よしっ!」

μ'sをはじめとするスクールアイドルファンのみなさんなら、
Blu-ray Discという言葉を見かけることも多いと思いますが…
この書き方、なんだか変だと思いませんか?

"Blu-ray Disc"という名前には…



【???】



【わざと"Blue"のeをつけていない】

にこ「!?」

花陽「書き間違いじゃないんだ…!」

絵里「………」

先述の通り青い光で読み取るディスクなんだから、
"Blue-ray Disc"でもいいような気がしますが…

さあ絵里さん、知ってた?それとも初耳?

絵里「………………」






絵里「……………っ」ポチッ

【初耳】

一同「「「イェーイ!!」」」
パチパチパチパチパチパチ

海未「絵里が初耳だったので、初耳学に認定です」

【"Blu-ray Disc"という名前にはわざと"Blue"のeをつけていない】
パチパチパチパチパチパチ

絵里「完敗ね…全然気にしたことなかったわ」

凛「でも意外だにゃ…絵里ちゃん、こういう細かい間違い見つけるの得意そうなのに」

絵里「?どうして?」

凛「だって絵里ちゃん、生徒会で書類校正とかやってそうだから!」

絵里「ううっ」クラッ

ことり「絵里ちゃん!?」

真姫「凛!下手なこと言うのやめなさい!」

凛「えっ???」

希(あかん…生徒会の信用大丈夫なんかな…)

〜解説VTR〜

海未『"Blu-ray Disc"の"Blu"にeがついていない理由とは?』

海未『もし"Blue-ray Disc"だと、
Blueという言葉を迂闊に使えない
世の中になってしまうかもしれないんです』

テレテッ テレテッ♪
【初耳学 1個目】

Blu-ray Disc製造元の社員さんに話を聞いてみました。

社員『"Blue-ray Disc"だと、"青光円盤"という一般名詞とみなされ、
商品名として認められず、
商標登録の申請が通らない可能性があるんです』

絵里「あ〜!!」ナットク

穂乃果「えっ??」

商標とは、簡単に言えば「誰が作ったものなのか」を表すマークのこと。

花陽「商品の名前についてる、あのRを○で囲んだ印のこと?」

真姫「そう、それよ」

例えば我らが高坂家、穂むらが「ほむまん」を商標登録すると、
似たようなお饅頭とほむまんを明確に区別することができ、
間違いなく穂むらで作ったあの「ほむまん」であることを
明確に示す証明とすることができます。

このとき、もし穂むら以外で「ほむまん」という商品を勝手に販売する店
があった場合、穂むらは販売の差し止めを請求したり、
それに従わない場合損害賠償を請求することができます。

しかし、もし穂むらが「饅頭」を商標登録するとどうなるでしょう?
穂むら以外のお店では、「饅頭」と名のつく商品を売ることが
一切できなくなってしまいます。そんなの横暴ですよね!
それを防ぐ為、一般名詞を商品名として商標登録することは原則認められていません。

ではBlu-ray Discの場合どうでしょう?
"Blue-ray Disc"とすると、そのまま「青い光の円盤」と訳すことができ、
一般的な名詞とみなすことができます。
例えば光について研究している物理学者が英語で論文を書くとき、
もし実験に円盤状の道具を使っていたら…論文中に"Blue-ray Disc"なんて
書いたら、論文の出版が差し止めになってしまうかもしれません!
こう考えると"Blue-ray Disc"の商標登録は認められないかも。

そこでわざとBlueのeを抜き、"Blu-ray Disc"と表記することで、
商品名であることを明確にし、商標登録が問題なくできるようにしているのです。

にこ「なるほど…!」

パチパチパチパチパチパチ

絵里「まさか私たちのライブを録画する道具から商標の勉強をするとは…
どんな知識が身近に隠れているか分からないものね」

真姫「じゃあエリー、私からも1問いいかしら?」

一同「「「おおっ!」」」

真姫「セブンイレブンっていうコンビニがあるわよね?
あの店名にも同じ工夫がされてるって、知ってるかしら?」

絵里「同じって…Blu-rayと?」

真姫「そうよ」

絵里「………………」

真姫「……エリー?」

絵里「………………ああっ!分かったわ!」ポチッ

【知ってた】

真姫「!?」

絵里「言われてみればセブンイレブンの看板、"ELEVEn"って、
最後のnだけ小文字なのよ!」

真姫「…正解」

一同「「「おおー!」」」

真姫「その様子だと元々知ってたわけじゃないのに分かるとは…さすがね」

絵里「うふふっ♪」

希「でも絵里ち、コンビニの話となれば海未ちゃんが黙ってないで?」

海未「…そうですね、それでは私からも1ついきましょうか」

一同「「「おおっ!」」」

絵里「来なさい!」

海未「では絵里、コンビニのおでんが最もよく売れるのは何月頃か、知っていますか?」

絵里「うーん…やっぱり1〜2月頃かしら?」

海未「………違います」ポチッ

【初耳】

一同「「「ええー!?」」」

穂乃果「そんな!?」

にこ「一番寒い時期なのに!?」

海未「確かに1〜2月の方が冷え込みは厳しくなりますが、
元々高かった体感温度がぐっと下がる10月頃の方が、
おでんのような温かいものを求める人々が多いのです。
最近は気候変動も激しいですから、一概には言えませんけどね」

絵里「ハラショー…!」

-------------------------

海未「さて、みなさん。今回の放送はここまでです」

海未「本SSの作者はなにぶん初めてSSを書くものですから、至らぬ点も多いかと思います。
最後までお読みくださり、誠にありがとうございます」

海未「もし気づいた点、改善点などあれば、お気軽にお聞かせ頂ければと思います。
ただし厚かましいお願いながら、最低限の言葉遣いは守ってくださいね」

海未「改めまして、最後までお付き合いくださりどうもありがとうございます。
もし次回があれば、その時もどうぞ宜しくお願い致します」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「エリーチカが驚く初耳学!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。