穂乃果「いつも通り待ってるよ。あの場所で待ってるよ」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ57
1: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:14:36.07 ID:s6aqrB0b.net
にこ「……私たち、全てやり切ったのよね」

花陽「うん。ドーム大会もきっと開かれると思う」

穂乃果「この1年…長いようで短かったね。あっという間だった」

凛「っ……」

希「凛ちゃん大丈夫よ。うちらはずっとμ'sやから…体がどこにあっても心は繋がってる。そやろ?」

海未「…そうですね」ニコ

元スレ: 穂乃果「いつも通り待ってるよ。あの場所で待ってるよ」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:20:07.83 ID:s6aqrB0b.net
ことり「……3月31日かぁ」

絵里「このカレンダーは私達のこと、嫌いなのかなって思っちゃうわね」

穂乃果「どうして?」

絵里「だって…永遠に今日が続いてくれたら、私達はここに居られるでしょう?」

花陽「……4月…か」

真姫「…花陽?あなた、」

花陽「ううん。私の気持ちは変わらないよ」
3: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:24:40.26 ID:s6aqrB0b.net
凛「最後って…どういう感じなんだろう。その時を迎えたら、全部無くなっちゃうのかな。気持ちとか…皆のこととか」

にこ「さぁね」

ことり「…無くならないよ。絶対に」

希「お、ことりちゃんが強気やなぁ」

ことり「…えへへ♡その為に集まってるんだもん」
5: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:29:24.43 ID:s6aqrB0b.net
海未「もうこうして…絵里たちと衣装を着ることもないのですね」

絵里「僕らはひとつの光。この衣装は…何だか特別なもののように思えるわ」

真姫「曲のイメージと、個人カラーを組み合わせたの。私と海未、ことりの合作みたいなものよ」

海未「私は…この曲の作詞をした事が一生の誇りになると思います」

にこ「…なら、脱ぐ?ほら。汚しちゃうかもしれないし。制服もあるじゃない」

穂乃果「あぁ…どうしよっか」

花陽「やだ…!」
8: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:33:45.06 ID:s6aqrB0b.net
花陽「ごめん…でも、この衣装のままがいいの。制服でも良いのかもしれないけど…最後まで、全員がスクールアイドルでいたいからっ」

にこ「……そうね。花陽の意見を汲みましょ」

海未「し、しかし…」

ことり「私は全然いいよ?むしろ…私が作った衣装だから、そういう風に言ってもらえて嬉しいな♪」

希「ふふっ。ならそーしよか?」

絵里「えぇ。…あとは?何かやり残した事はないの?」

穂乃果「うーん…」
10: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:41:00.74 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果「やり残した事かぁ。にこちゃんはある?」

にこ「…特にないわね。少し前は、ここまで来れると思ってなかったから」

穂乃果「そうだね。でも…ここまで来なかったら、こうやって終わる事も無かった。後悔してない?」

にこ「ばーか。後悔するわけないでしょ」

穂乃果「…うん。絵里ちゃんは?」

絵里「私は…そうね。亜里沙と高校時代を過ごしたかったなって思ったり」

希「そやなぁ…。でもえりちと亜里沙ちゃんは3つ違いやろ?」

絵里「そう、ね…」
12: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:46:28.55 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果「そういう希ちゃんは?」

希「うち?…にこっちと同じ。なーんにもないよ」

穂乃果「希ちゃんにとっては…特別なものだもんね。私達9人がスクールアイドルとして、輝いてた時間が」

希「そやねぇ…μ's。9人の女神。時間は待ってくれ無かったけど、こうして最後までやりきれた。この事実だけで満足なんよ」

海未「いかにも希らしい答えですね。まぁ…私も同じです。ことりもそうでしょう?」

ことり「うんっ。それにNYに行ってライブをした後、私達はみんなの前でμ'sを終わりにするって言ったもんね」
13: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:52:27.85 ID:s6aqrB0b.net
にこ「…ごめん。もう1回だけ聞いてもいい?真姫、凛、花陽。あんた達は本当に納得してるの?」

真姫「もう、しつこいのよ。私達はμ'sを永遠のものにしたい。そう言ったでしょ」

凛「……怖いけど…でも、μ'sに誰かが入ったり抜けたりして…凛達が過ごした時間が薄れちゃう方がもっと怖いよ」

花陽「No brand girlsって歌があるよね。歌詞の通り、私達は無名のスクールアイドルだった。でも、皆のお陰でここまで来れたの。ここから見る景色を、変えたくない。いつまでも皆に愛されるグループでいたい」


にこ「…そう。穂乃果、聞こえた?」
14: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:58:10.52 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果「うん。…しっかり届いたよ」


穂乃果(季節は巡るから、何もかも変わっていく…)

穂乃果(それが自然なことだってわかってる。でもこころはすこし寂しがってしまうんだ)

穂乃果(この想いをどこまで追いかければいいんだろう)


穂乃果(一緒にいると決めた出会いから、だいぶ遠い所へ来たね…でも)


穂乃果(あぁ、きっとみんな…同じキモチ)
16: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:06:14.21 ID:s6aqrB0b.net
真姫「引っ張ったりしてちゃんと確認しなさいよ」

凛「…かよちん。手、繋いでもいい?」

花陽「凛ちゃん。もちろんだよ?」


絵里「……ここをこうすればいいのよね」

希「…えりち」

絵里「えっ…?」

希「ちょっと貸して。うちが最後に確認してあげる」ニコ

絵里「あ…え、ぇ」ニコ


海未「作詞の紙はどうしましょうか」

ことり「うーん…ここにしまっておく?」

海未「そうですね。あ…ことり、新しいテープありますか?」

ことり「あるよ~」
17: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:13:44.69 ID:s6aqrB0b.net
にこ「いつも何気なく過ごしてる部室も…カーテン閉めて掃除したら、こんな風になるのね」

穂乃果「そうだね。にこちゃん、ここ手伝ってくれる?」

にこ「わかったわ」


ことり「真姫ちゃん。つきそう?」

真姫「……えぇ、大丈夫よ。今から増やすわ」

ことり「…でも全然わからないね」

真姫「もう少し時間を置かないとね」
18: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:18:10.68 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果「じゃあ、かんぱーい!」

カンッ


ことり「ココアは誰が選んでくれたの~?」

海未「あ、私です…炭酸が苦手なので」

花陽「そうだもんね。温かいから体がポカポカしてきちゃった…」

凛「……」

にこ「凛。全部飲みなさい」

凛「う、ん…わかってるよ。そうじゃないと…」

真姫「各自、片足を固定してあるわね?」

希「うちが確認しといたよ」
20: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:27:42.81 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果(願いを抱いて、紡いでいく夢の糸。素敵なことさ…ほら心は次の物語を探して)

穂乃果(私達は……光を…どこまで追いかけるんだろう……)

穂乃果(一緒に…見ると、決め…た、輝き…は……胸の……宝石に……)


凛「っぐ…ぅぅっ……」

花陽「っふ……はぁっ、はっ………」


穂乃果(あぁ……凛ちゃん。花陽ちゃん……初めてのliveを見に来てくれた時…本当に嬉しかっ…たんだよ)

穂乃果(2人はまだ1年生だけど……μ'sは先輩禁止、だからさ…許してくれる?…無理かな)
22: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:36:16.93 ID:s6aqrB0b.net
にこ「………ま、き……これ、…いつまで…っ」

真姫「……っぅん…大丈夫…あと、少し」

にこ「ーーっ…」

真姫「んっ……睡眠薬なんて、所詮は……気休め程度ね…」


穂乃果(にこちゃんは体が小さいから、もう耐えきれないのかな。壁側に倒れ込んだまま、慌ただしく脇腹だけが上下してる)

穂乃果(真姫ちゃんは…、そんなにこちゃんの隣にぴったりと寄り添ってるね。2人とも喧嘩ばっかりするくせに、仲良いんだから…あはは、これ言うと怒られちゃうかな)
23: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:42:19.56 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果(そこから少しのところにいるのは、絵里ちゃんに希ちゃん)

穂乃果(2人は中心の練炭から離れてる。私達より苦しく無かったらいいんだけど…)

穂乃果(…あれ)


絵里「い、………いやっ……私……」

絵里「やっぱり……、死にたく、な…」

希「…えりち。そんな事…いわんといて……?うちらは、…っひゅ……ずっと、一緒…やろ?」ギュッ

絵里「…のぞ、み……」


穂乃果(あぁ。絵里ちゃんは必死になってるけど、鎖が外れないんだね。真姫ちゃんが指示したのはこのためか…)


穂乃果「ぁ、ぁぁぁっ…く、るし…」
24: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:47:50.84 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果(息を吸うと、喉が焼けるようだった。それでも何度も呼吸をするけど、まるで息を止めてるような…酸素が足りないのかな)

穂乃果(口をパクパクするから唾液が顎をつたって流れ出て)


穂乃果(……あぁ、苦しい。頭が重くて意識が朦朧とする)

穂乃果(体が無意識に動いてるのがわかった。この部屋から出ようと、藻掻く)

穂乃果(みんなそうなのかな…鎖のジャラジャラとした音が部室中に響いてた)



穂乃果「はぁっ……んんっぐ…」


穂乃果(でも…これが私達の選んだ答え……)


カチャリ

穂乃果(へっ……足の鎖が、解けてる…、)
25: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:51:03.78 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果「なんで……なんで、っ、私のだけ……?」

穂乃果(あぁそうだ。真姫ちゃんに言われた通り、私は引っ張って確認しなかった……皆との話に夢中になって)


穂乃果(……ど、うし……。ぁ…だめだ……苦しい。苦しい。苦しい。苦しい。苦しい。苦しいんだよぉ…っ!!)

穂乃果(煙が目に染みて、涙が溢れてくる……)


フラッ


穂乃果(あの…扉を開ければ……もう、苦しくない…っっ)
26: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:53:48.74 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果「怖い……怖いよっ……」


穂乃果(このまま息が出来なくなっ…たら、私は……。違う。私は皆とひとつになるって約束した…、違う、死にたくなんて……違う!!μ'sでいられないなら、私達はっ…)



ガチャッ ガチャガチャ!!


穂乃果(そうだ……机の上に置いてある、鍵を……っ)


ガシッ


穂乃果「ーーーっ…!?」
27: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:55:55.40 ID:s6aqrB0b.net
海未「ほ……のか……っ!」

ことり「ふふ…っ……ダメ…だよぉ。けほっ…」

穂乃果「海未ちゃ……ことりちゃ、んっ…」

海未「あなたも……連れて、行きます、よ……」

ことり「っはぁっ…死ぬのが…怖いなら。私達が…殺してあげる…から」


ググッ


穂乃果(ぁぅ……っ、息が……)
28: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:59:03.18 ID:s6aqrB0b.net
穂乃果(いつも通り待ってるよ)


穂乃果(あの場所で、待ってるよ)



穂乃果(約束はないけど……きっと伝わる。そうだよね)


穂乃果(私達はずっと、μ'sでいる道を選んだ…)


穂乃果(あぁ。また…皆でいれるね。今度は時間に縛られなくていいんだ)


穂乃果(ずっと。ずっと。みんなと…)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「いつも通り待ってるよ。あの場所で待ってるよ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。