善子「今日はズラ丸が風邪で休みなんだから、アンタが止めなさいよね!」ルビィ「が、頑張るびぃ!」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ4
49: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:36:38.36 ID:KBl4hJim.net
善子「ふ、ふふ…」

ルビィ(あっ…)

善子「堕天使ヨハネ、華麗に降・臨☆」

ルビィ「わぁぁ♪」

善子「……って止めなさいよ!」

ルビィ「ぅゅ……で、でもヨハネちゃんな善子ちゃん、カッコいいし……」

善子「えっ…///」

元スレ: 善子「今日はズラ丸が風邪で休みなんだから、アンタが止めなさいよね!」ルビィ「が、頑張るびぃ!」

スポンサーリンク
50: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:37:35.36 ID:KBl4hJim.net
善子「ルビィ…あなた素質あるわね」

善子「休みの日遊びに来ない?」

ルビィ「で、でもお姉ちゃんが…」

善子「ダイヤなら大丈夫よ
きっとカッコ良くなったルビィに惚れるわよ」

ルビィ「ほ、本当!?善子ちゃん!!」
51: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:38:48.62 ID:KBl4hJim.net
善子(と、友達がくるなんてずら丸以来ね!)ワクワク

善子(まだかしら…約束の一時過ぎてるのに…)

善子(まさか…ドタキャン!?まさかね…)


ルビィ「おじゃましまーす」ガチャッ

善子(きたぁ!)パァー

善子「あら、遅かったじゃない」

善子「約束の時間を一分も過ぎてるわよ」

ルビィ「ごめんね、善子ちゃん
お母さんがお土産にってたくさん用意してくれて…」

ルビィ「これどうぞ!」ドッサリ

善子「あ、ありがとう
供物としてはりっぱね」
52: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:39:21.14 ID:KBl4hJim.net
ルビィ「善子ちゃんのお部屋ってなんだか真っ黒だね」

善子「そうよ、どうかしら?」

ルビィ「ルビィは凄くいいなって思うよ!」

善子「…!!
この良さを分かってくれるのはルビィだけよ!!」
53: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:39:53.06 ID:KBl4hJim.net
ルビィ「ねえ善子ちゃん、前に着てた堕天使の衣装を着てるところまた見たいな」

善子「そ、そう? ちょっと待ってて、すぐ着替えてくるから」

ルビィ「待ってるね」
54: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:41:18.08 ID:KBl4hJim.net
善子「堕天使ヨハネ、ここに降臨」

ルビィ「わー」パチパチ

善子「どうかしら? 」

ルビィ「やっぱりカッコいいな、よし……ヨハネちゃん」
55: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:41:43.66 ID:KBl4hJim.net
善子(ヨハネ、いい響きだわ)

善子「もっと褒めてもいいのよ?」

ルビィ「ヨハネちゃんのリトルデーモンになりたいで~す」

善子「ほっ、本当に!?」
56: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:42:07.89 ID:KBl4hJim.net
善子「なりなさい、さあなりなさい、今すぐなりなさい」

ルビィ「ちょっ、ちょっと落ち着いてヨハネちゃん」

善子「はっ! 私としたことがつい取り乱してしまったわ」

ルビィ「ところでリトルデーモンってなにするの?」
57: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:42:45.42 ID:KBl4hJim.net
善子「なにって、そうね私のことを応援して讃えてくれたらいいのよ」

ルビィ「えっと、それって要するに」

善子「ぶっちゃけてしまえばファンのことね」

ルビィ「じゃあたまに言ってるカンパニーっていうのは?」

善子「それは私とリトルデーモンで構成された集合体よ」

ルビィ「ということはファンクラブ?」

善子「そうともいうわね」
58: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:43:17.44 ID:KBl4hJim.net
ルビィ「な~んだ、それならルビィはもうずっと前からヨハネちゃんのリトルデーモンだよ」

善子「えっ?」

ルビィ「だってあの自己紹介の時からヨハネちゃんのファンなんだから」

善子「ルビィ、そんなこと言ってくれるの貴方だけよ」
59: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:45:19.88 ID:KBl4hJim.net
ルビィ「エヘヘ、あれ? 袖のところ少し破れてるよ」

善子「うそっ!? 本当だ、どこでやっちゃったんだろう……」

ルビィ「ソーイングセットある?」

善子「ええ、こういうことやってるとある程度は自分でやらないといけないこともあるから」

ルビィ「ルビィに任せてくれないかな?」
60: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:45:59.50 ID:KBl4hJim.net
善子「ルビィ裁縫なんてできるの?」

ルビィ「メンバーじゃお姉ちゃんくらいしか知らないけど実は得意なんだよ、ヨハネちゃんは二人目だね」

善子「姉妹以外で初めて知っただなんて光栄ね」

ルビィ「それじゃササっとやっちゃうね」チクチク

善子「すごい手際の良さだわ」
61: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:46:47.67 ID:KBl4hJim.net
ルビィ「できた!」バッ

善子「こんなに早く……ルビィ! こんな才能放っておくなんて勿体無いわ!Aqoursの衣装も貴方が手掛けたらどう!?」

ルビィ「でっ、でも曜さんの邪魔になったら悪いし……」


善子「そうやってすぐに遠慮するところ悪い癖よ、もし言い出せないなら私から言ってあげるから」

ルビィ「えぇ……でも、うん、ヨハネちゃんがそこまで言うならやってみようかな?」

善子「そうしなさい! きっと衣装の幅も広がって私達もっともっと羽ばたいていけるわ!」
62: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:48:52.21 ID:KBl4hJim.net
ルビィ「…や、やっぱりルビィ臆病だし…もしかしたらまた直前で怖くなっちゃうかも…」

善子「はぁ…仕方ないわね、手を出しなさい」

ルビィ「ふぇ…?」

善子「私の堕天パワーをルビィ少しだけ貸してあげるわ、リトルデーモンだけの特別なんだかね!感謝しなさい!」

ルビィ「え…?ふぇ…//あ、ありがとう…善子ちゃん…手、あったかい…//」

善子「だからヨハネ!少し貸すだけだからね!返しなさいよ!」

ルビィ「うん!ルビィ、頑張れそうな気がする!」
63: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:50:12.80 ID:KBl4hJim.net


ルビィ「よ、曜ちゃん」

曜「ん?なにー?ルビィちゃん!一緒にヨーソロー!する?」

ルビィ「そ、そうじゃなくてね?あ、あのぉ良かったら曜ちゃんの衣装作り…て、手伝わせて欲しいな…って…」

曜「え!ほんと!渡りに船だよー!流石に9人分の衣装はキツかってさー次のライブに間に合うかなぁーって不安だったんだよー!」

曜「ね!ね!今日から手伝える!?いやぁーそれにしてもルビィちゃんが裁縫できたなんて!もっと早くから頼れば良かったよー」

ルビィ「う、うん!善子ちゃんとお姉ちゃんにしか言ったことなかったんだけど…ルビィも…みんなの役に立ちたいから…」

曜「…そっか、ルビィちゃん、すごいね!」

ルビィ「すごいだなんて…ルビィの力じゃなくて、善子ちゃんのお陰なの…あ!そうだ善子ちゃんにお礼言ってこなきゃ!」

曜「うん、私、部室で待ってるから行ってきなよ!」
64: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:51:02.36 ID:KBl4hJim.net


ルビィ「よし、ヨハネちゃーん!」

善子「だから!…じゃなかったルビィ、上手く言えたみたいじゃない」

ルビィ「うん!善子ちゃんのお陰だよ!すごい!本物だったんだ!堕天パワー!」

善子「あ、あったりまえじゃない!堕天パワーはすごいんだから!」

善子「……実はね、ルビィ、私…ルビィに堕天パワー…貸してないわ」

ルビィ「え!?…でもルビィ…曜ちゃんに言うときすっごくドキドキしたけどいつもと違ってちゃんと言えたよ…?」

善子「それはルビィが強くなったからよ!堕天パワーなんてなくても、しっかり気持ちの伝えられる強い心を育めていたの…今までそれに気づかなかっただけ」

ルビィ「…ルビィね、本当に心臓が飛び出そうなぐらいドキドキしてたんだよ?もうこの場から逃げちゃいたいってくらい…お顔も真っ赤になってまともに前も見れてなかったと思うの」

ルビィ「それでもね、そのとき感じたの。善子ちゃんがルビィの背中をトン、って押してくれる感じがしたの」

ルビィ「だからね、もし私が強くなれたのだとしたらそれは善子ちゃんの…みんなのお陰なんだと思う…」

ルビィ「堕天パワーじゃなくたって…善子ちゃんはルビィに力を貸してくれたの…だから…!」

善子「…ッバカ!リトルデーモンのくせに…そんなこと言われたら…な…ぃちゃうじゃない…」

ルビィ「ルビィは…ヨハネちゃんのリトルデーモンで善子ちゃんの親友だから…気持ちはもう隠さないよ」

ルビィ「善子ちゃん…ありがとう…そして大好きです…」
65: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:52:45.13 ID:KBl4hJim.net
善子「さあ、上がって」

ルビィ「お邪魔します」

善子「今日来てもらったのは前回うやむやになったルビィの堕天使化計画を進めるためよ」

ルビィ「えっ? だけどルビィはもうヨハネちゃんのリトルデーモンだよ?」

善子「いいえ、そんなところで満足してもらっては困るわ、ルビィには私と堕天使コンビを組んでもらうつもりよ」
66: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:54:05.25 ID:KBl4hJim.net
ルビィ「えぇっ!? ルビィにできるかなぁ……」

善子「大丈夫よ、このヨハネを見てかっこいいと思えるのだもの、素質ありよ」

ルビィ「そうかなぁ」

善子「自信を持ちなさい、堕天使となったルビィを見せてAqoursの皆を驚かせてやるのよ」

ルビィ「そこまで言うなら、うん、やってみるよ」
67: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:54:47.69 ID:KBl4hJim.net
善子「準備はいい?」

ルビィ「大丈夫、皆はもう屋上にいるみたい」

善子「練習の成果、見せてあげるのよ」

ルビィ「この日の為にこっそりと作った衣装もバッチリ、うん、行こう!」
68: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:56:53.68 ID:KBl4hJim.net
善子「聞きなさい皆の衆!」バァン

7人「っ!?」ビクッ

善子「今日この日より我が同志となった堕天使を紹介するわ」

ルビィ「同志ヨハネと運命を共にする堕天使ルビィよ、以後お見知り置きを」

善子(フッ)ドヤァ

ルビィ(決まった)ドヤァ

7人「……」ポカーン
69: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:58:07.91 ID:KBl4hJim.net
善子(あら?)

ルビィ(反応がない?)

花丸「ルビィちゃん、なにしてるずら?」ジトー

ルビィ「ルビィちゃんではないわ、ルビィ様と呼びなさい」

花丸「じゃあルビィ様、なにしてるずら?」ジトー

ルビィ「なにって、決まっているわ……」

ダイヤ「二人共、少し話があるのでちょっとあちらへ」ニコリ
70: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:59:01.32 ID:KBl4hJim.net
結局あの後ダイヤさんの説教を受けるハメになってしまったわ
だけどルビィの熱意が通じて度を越したことはしないという条件付きではあるけど
堕天使としての活動をすることを許されたの
そうと決まれば二人でヨハネとルビィのカンパニーをもっともっと盛り上げていきましょう
だから
71: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 10:59:55.65 ID:KBl4hJim.net
善子ちゃんといると毎日がドキドキワクワク
今までルビィの知らなかったステキでシゲキに満ちた世界を見せてくれるの
だけどこんなにも面白いことを一人占めしちゃうのは悪いかなぁって
少しだけ、本当の本当にちょっとだけ思うんだ
だから
72: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 11:00:52.12 ID:KBl4hJim.net
「あなたも、私達のリトルデーモンになってみない?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「今日はズラ丸が風邪で休みなんだから、アンタが止めなさいよね!」ルビィ「が、頑張るびぃ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。