にこ「暇ね」

シェアする

にこ-アイキャッチ47
1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:08:25.33 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「めっずらしいことに部室にはにこ一人か」

にこ「となると、暇ね」

にこ「……」

にこ「>>3するわ」

元スレ: にこ「暇ね」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:08:52.35 ID:DTE5cKCY.net
オセロ
4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:10:48.74 ID:yUhrOkuH.net
にこ「あ、丁度いいところにオセロがあるわ」

にこ「さあ…」

にこ「勝負よ!」

にこ「……」

にこ「誰とよ……」2%
5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:11:57.23 ID:yUhrOkuH.net
にこ「ああー!もういい!」

にこ「次よ!>>7
7: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:14:14.57 ID:NyXCV987.net
こっくりさん
8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:16:19.01 ID:yUhrOkuH.net
にこ「なーんか、嫌な記憶があるけどこっくりさんをやるわよ」

にこ「んじゃとりあえず何を聞いてみようかしら?」

にこ「>>10
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:17:49.37 ID:ZyaYowTd.net
メンバーのにこに対する好感度
11: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:24:09.90 ID:yUhrOkuH.net
にこ「みんながにこの事をどう思ってるかを調べるわ!」

にこ「まずは穂乃果よね」

にこ「あいつはしょっちゅう引っ付いてくるから高いはずよ」

にこ「さあ、私に教えなさい!こっくりさん!」

こっくりさん「>>13

(コンマ後の数字で)
13: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:25:35.69 ID:KqGsql0l.net
ちくわ
16: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:29:30.81 ID:yUhrOkuH.net
にこ「69……」

にこ「な、なんか微妙ね」

にこ「……つ、次!海未!」

こっくりさん「>>18

(コンマの後の数字)
18: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:30:16.57 ID:IRb/cqed.net
はっ
20: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:34:05.09 ID:yUhrOkuH.net
にこ「ちょ!?あ、あいつ…」

にこ「もう少し尊敬とかしなさいよ!」

にこ「私、一応先輩よ!?」

にこ「ぐぬぬ」

にこ「気を取り直して、ことりね」

こっくりさん「>>22
22: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:35:10.89 ID:L5E7/wm/.net
いけ!
23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:39:49.08 ID:yUhrOkuH.net
にこ「高!?」

にこ「あ、あんま話してないのに…」

にこ「そう、そんなににこの事が……」

にこ「いやー!流石ことり!見る目があるわねー!」

にこ「じゃあ次は花陽ね」

にこ「花陽はにこの事を一番に尊敬してるはずよ!」

こっくりさん「>>25

(コンマ後のry)
25: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:41:28.02 ID:KqGsql0l.net
いいぞ。
27: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:44:54.58 ID:yUhrOkuH.net
にこ「」

にこ「2?」

にこ「……….…」

にこ「まじ?」

にこ「あー、待って。涙出てきた」



にこ「よし、気を取り直して次は凛よ!」

こっくりさん「>>29

(コンマry)
29: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:45:45.93 ID:fe2TH1/H.net
>ω</
33: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:49:56.93 ID:yUhrOkuH.net
にこ「高!?」

にこ「ま、まあ普段を見ればわかる気がするわね」

にこ「よし、あいつには後でラーメンを奢るわ」

にこ「ふふ、流石凛はわかってるわね!」

にこ「じゃあ、次は真姫ちゃんね」

こっくりさん「>>35

(コry)
35: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 11:50:31.04 ID:yHiUWqoY.net
このチョロさ
47: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:18:58.17 ID:yUhrOkuH.net
にこ「……」

にこ「ふー」

にこ「今日も寒いわね」

にこ「ふふ、可笑しいわね」

にこ「外はこんなに晴れてるのに」

にこ「中は大雨ね」


にこ「はい!次!」

こっくりさん「>>49

(ry)
49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:21:45.91 ID:4JC+Vz/1.net
どっちだ
53: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:30:07.51 ID:yUhrOkuH.net
にこ「お題を言い忘れてたわ」

にこ「許してにこ☆」

にこ「じゃあまずは絵里ね」

こっくりさん「>>53

(ry)
54: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:31:28.85 ID:yUhrOkuH.net
訂正

>>56

コンマ後の数字
56: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:32:15.88 ID:/CXJKCBA.net
当然ウチやんね、違っとったらワシワシやよ
60: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:36:38.90 ID:yUhrOkuH.net
にこ「おお!意外と絵里も私に興味があるのね!」

にこ「ふふふ、流石にこね!」

にこ「じゃあ遂に最後ね…」

にこ「にこ、あいつは強敵よ」

にこ「わかってるわ!今こそあいつを制するのよ!」

にこ「こっくりさん!お願いしますう!!」

こっくりさん「>>62

(rx)
62: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:37:19.00 ID:9djJu/ih.net
うちやんね
73: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:42:53.15 ID:yUhrOkuH.net
にこ「」

にこ「?」

にこ「!?」

にこ「……」

にこ「…………ふえぇぇ」グスン
76: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:45:45.44 ID:yUhrOkuH.net
にこ「仲がいいと思ってた奴らが一番悪いって」

にこ「はあ」

にこ「世の中何があるかわからないもんね」

ガララッ

>>78
78: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:46:19.09 ID:U2+rK9x3.net
まきちゃん
79: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:49:32.75 ID:yUhrOkuH.net
ガララッ

真姫「あら、にこちゃん。いたのね」

にこ「ま、真姫ちゃんね……」ビクッ

真姫「何?」

にこ「あ、いや。何でもないわよ……」

真姫「あっそ」

にこ(にごぉぉ……な、なんかメッチャ息苦しいにごぉぉ……)
80: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:52:25.14 ID:yUhrOkuH.net
真姫「ふう」

にこ「あ、あれ?何処か行くの?」

真姫「別ににこちゃんに言う必要ないでしょ」

にこ「え?あ、ごめん…」

にこ(怖!?真姫ちゃん怖!!?)
81: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:54:57.51 ID:yUhrOkuH.net
にこ「うぅ…私、あいつらになんかしたかしら」

にこ「全く覚えがないんだけどなあ…」

にこ「はあ」

にこ「ふわぁ…暇過ぎて眠くなって来たわ…」

にこ「寝よ…」

ガララッ

>>83
83: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:55:31.66 ID:9VKJSSJc.net
のんたん
84: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 12:59:13.84 ID:yUhrOkuH.net
希「……」

にこ「すうすう…」

希「…ッチ」

希「にこっちが悪いんやで?」

希「にこっちがうちの絵里ちに手を出すから……」

希「それにしてもよく眠ってるやん」

希「憎いなぁ……」

希「ふふ……」
85: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 13:01:34.49 ID:yUhrOkuH.net
希「泥棒ネコのにこっちにはお仕置きが必要やん?」

希「じゃあ、にこっちの代わりにうちが聞くね?」

希「>>87
87: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 13:04:32.85 ID:UydbEo0b.net
エリちからの好感度
93: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 13:45:08.40 ID:yUhrOkuH.net
希「ちょうどこっくりさんがあるやん」

希「こっくりさん、こっくりさん」

希「うちに対する絵里ちの好感度はどんなもん?」

希「もし、にこっちより低かったら……ね?」

にこ「すやー」Zzz

こっくりさん「>>96

(ry)
96: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 13:46:37.45 ID:L5E7/wm/.net
いけ!
100: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 13:51:15.41 ID:yUhrOkuH.net
希「ふ…」

希「ふふふ…」

希「やっぱりそうなんやね…」

希「絵里ちはうちよりもにこっちが……」

希「そっかそっか」

希「じゃあ」

希「消えて」


にこがピンチに気づくor気づかないまま寝てる>>102
102: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 13:52:53.98 ID:kN61C0OI.net
絵里「そこまでよっ!」
104: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:12:16.48 ID:yUhrOkuH.net
絵里「待ちなさい希!」

希「え、絵里ち?」

絵里「あなた、何してるの?」

希「う、うちはただにこっちに……」

絵里「そのナイフを突き刺さそうとした訳?」

にこ「すやすやー」Zzz

希「ち、ちが……違うんや」

希「にこっちの近くに置いてあったから危ないからうちが拾っただけなんよ」

希「あ、あははは」

絵里「……そう」

希「じゃあうちはこれで、絵里ちまたね♪」
105: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:16:37.78 ID:yUhrOkuH.net
絵里「ふう、危なかったわね」

にこ「すう」Zzz

絵里「たまたま通りかかったから良かったけど次は助けられるかわかんないわよ?」

絵里「お願いだから私の前からいなくならないでね?」

絵里「穂乃果もことりも海未も、それに凛も心配するから」

絵里「もちろん、私もね?」

絵里「じゃあ、私は行くから……」

にこ「すやすやー」Zzz
108: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:20:21.60 ID:yUhrOkuH.net
にこ「ふわー!あーよく寝た」

にこ「机で寝てたせいで体が痛いわねぇ…」

にこ「さて、帰りましょうかね」

にこ「て、うわ…外真っ暗…」

にこ「急いで帰らないと!」

ガララッ

>>110
110: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:21:43.18 ID:KxOXFinS.net
花陽
112: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:26:07.78 ID:yUhrOkuH.net
ガララッ

にこ「あら?……花陽?」

花陽「あ、にこちゃん」

にこ(ほ、花陽は好感度低くても普通に接してくれるわね)

花陽「どうしたの?こんな時間まで部室にいて」

にこ「ん?いやーちょっと眠くなっちゃって」

花陽「あ、じゃあ今まで寝てたの?」

にこ「ええ。みんなには内緒よ?」

花陽「そっかー」




花陽「ずっと寝てればいいのに」ボソッ
113: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:28:20.38 ID:yUhrOkuH.net
にこ「ん?なんか言った?」

花陽「え?ううん、なんでもないよ」ニコッ

にこ「そう?じゃあ、私は先に帰るわね」

花陽「うん♪」




花陽「凛ちゃん待ってて。必ず取り返してみせるから」
115: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:32:46.49 ID:yUhrOkuH.net
にこ「あーそれにしても今日は本当に冷えるわ」

にこ「こう、全身が冷えると言うか背筋が凍ると言うか……あ、意味違うか」

にこ「全く、今日は暇な1日だったわね…」

にこ「でもまあ、何事もなく終わって良かったわ」

にこ「あ、明日凛とことりと絵里にお菓子でも作って渡そうかしら!」

にこ「なーんてね」


>>117

誰が来るかでお願いします。
117: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:33:35.17 ID:pjClQcuS.net
まき
119: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:50:59.14 ID:zQ2i3S7F.net
真姫「見つけた」

にこ「げっ、真姫ちゃん…」

真姫「何よ」

にこ「別になんでも……」

真姫「はあ、まあいいわ。ちょうどにこちゃんに言いたいことがあったの」

にこ「へ?私に?」

真姫「ええ」

ガシッ!!

にこ「痛!ちょっ、何髪を掴んでんのよ!!」

真姫「あんまり調子に乗らないで」

真姫「皆にこちゃんのこと嫌いなのよ?」

にこ「は、はあ?」

真姫「調子に乗って、私の親友までおかしくしたら許さないから」

真姫「それだけ、じゃあね」

にこ「なに……意味わかんないわよ……」
125: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 14:56:09.76 ID:zQ2i3S7F.net
穂乃果「あれ?今日にこちゃんおやすみ?」

海未「おかしいですね?いつもは一番にいるんですが」

ことり「えー…風邪引いちゃったのかな?」

凛「にゃ!?それは大変だよ!は、早くお見舞いに行かないと!」

花陽「でも、今から練習が…」

真姫「そうよ、体調管理がしっかり出来ていない証拠よ」

希「本当にいつも迷惑ばっかかけるなあ…」

絵里「……大丈夫かしら」
127: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 15:02:07.34 ID:zQ2i3S7F.net
穂乃果「と、いうわけで、皆で行ったらにこちゃんに迷惑掛かるから誰が行くか決めよう!」

ことり「はい!私行きます!」

凛「にゃー!凛が行くにゃー!」

絵里「じゃあ、私も行こうかしら」

海未「いやいや、一人だけにしましょうよ」

穂乃果「じゃあここにクジがあるんで出た人一人で行こう!」

希「へえ……ええやん」

花陽「花陽もいいと思います」ニコッ

真姫「……」カミノケクルクル

穂乃果「じゃあ……この人だー!」

>>129
130: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 15:03:30.26 ID:IRb/cqed.net
りん
134: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 15:16:02.74 ID:zQ2i3S7F.net
凛「あ!やったー!凛だー!」

花陽「……」

穂乃果「じゃあ凛ちゃんお願いね♪」

凛「はーい!」

花陽「や、やっぱり花陽もついて行っちゃダメ?」

凛「でもぉ……ううん、やっぱりにこちゃんに迷惑をかけるから凛一人で行くね!」

花陽「えぇ…」
135: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 15:51:43.80 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「……」

にこ「情けないわね…」

にこ「仲間が怖いから行きたくないなんて」

にこ「我ながら弱い人間ね、私」

にこ「はあ…」

コンコンッ

にこ「ん?誰かしら?」

ガチャッ

>>137
137: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 15:52:53.23 ID:l/ibLhYl.net
ここは凛
140: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 16:20:03.19 ID:zQ2i3S7F.net
凛「やっほーにこちゃん!元気かにゃ?」

にこ「り、凛!?」

凛「にゃ?」

にこ「あ、いや…気にしないで」

凛「ふーん?変なにこちゃん」
141: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 16:29:31.05 ID:yUhrOkuH.net
にこ「ねえ凛」

凛「ん?なに?にこちゃん」

にこ「皆、にこがいなくてどうだった?」

凛「そりゃ皆心配してたにゃ!!」

にこ「え?」

凛「絵里ちゃんなんかすっごくソワソワしてたにゃ」

凛「それに穂乃果ちゃんが迷惑をかけちゃダメだからって決めてくれたにゃ」

にこ「穂乃果が?」

凛「うん!」
142: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 16:32:48.72 ID:Rcfga3fZ.net
凛「皆心配してるにゃ」

凛「早くにこちゃんの風邪が治りますように」ヨシヨシ

にこ「あんたは…にこの事、嫌い?」

凛「ん?」

凛「なに言ってるにゃ!」

凛「凛はにこちゃんの事大好きにゃ!」
144: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 16:41:27.86 ID:zQ2i3S7F.net
凛「にゃ!?きゅ、急に抱きついてどうしたの!?」

にこ「お願い……なにも聞かないで」

凛「?」

凛「もー、にこちゃんは甘えん坊さんだにゃー」ヨシヨシ

凛「今日は凛に甘えるにゃ!」

にこ「うん…」グスッ
146: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 16:45:13.18 ID:zQ2i3S7F.net
穂乃果「で、今日も休みなんだね」

海未「みたいですね。まあ、風邪が治っても油断はしてはダメですからね。しっかり治してからの方がいいでしょう」

ことり「心配だなー……」

凛「……」

花陽「あれ?凛ちゃんどうしたの?」

凛「え?ああ、何でもないにゃ」
147: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 16:48:53.34 ID:zQ2i3S7F.net
希「で?今日は誰がお見舞いに行く?」

穂乃果「じゃあ、またクジで」

凛「ま、待って!もう一回凛が行くにゃ!」

穂乃果「え?でも…穂乃果も行きたいし…」

希「うちも心配やし…だから、平等でクジにしようやん?」

凛「う、うん…」

穂乃果「じゃあ……この人!」

>>149
149: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 16:50:08.78 ID:yjmCKNqU.net
絵里ち
152: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:10:40.20 ID:zQ2i3S7F.net
絵里「あ、私ね」

希「……」

絵里「じゃあ今日は私が行ってくるわ」

穂乃果「うん!」

絵里「それと、凛」

凛「にゃ、にゃ?」

絵里「話があるから来てくれる?」

凛「う、うん」
153: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:17:20.57 ID:zQ2i3S7F.net
絵里「凛、多分にこから聞いたと思うけど」

凛「うん……真姫ちゃんが酷いことしたみたいだね……」

絵里「ええ」

絵里「そこでだけど凛は真姫と花陽を見てて欲しいの」

凛「にゃ!?か、かよちんも!?」

絵里「えぇ。私は希を見てる」

凛「希ちゃん?」

絵里「ええ、多分希が一番危ないわ」
155: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:21:31.87 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「はあ、流石に暇ね」

にこ「やる事ないとここまで暇なのね」

にこ「……どうなっちゃうんだろ私」

コンコンッ

にこ「ん?誰かしら…」

にこ「一旦、覗き穴で……」


>>157
157: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:23:54.35 ID:L5E7/wm/.net
花陽
158: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:26:39.82 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「あれ?花陽?」

ガチャ

にこ「なに?どうしたの?」

花陽「あ、ごめんね?今日は花陽がにこちゃんのお見舞いなんだ」

にこ「ふーん、まあいいわ。入りなさいよ」

花陽「うん……お邪魔します……」
159: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:30:16.68 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「まあ何もないけどゆっくりしてきなさいよ」

花陽「うん、でも用事はすぐ終わるから」

にこ「え?まあ、そうよね」

花陽「そういえば、昨日凛ちゃんと何してたの?」

にこ「凛と?そうねぇ…話したりあいつから戯れてきたりしたわね」

花陽「へぇ……」
160: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:33:02.76 ID:zQ2i3S7F.net
花陽「ねえにこちゃん」

にこ「ん?何よ」

花陽「お願いがあるんだけど……いいかな?」

にこ「あんたが?珍しいわね」

にこ「いいわよ、私で良ければ聞いてあげるわ」

花陽「うん!じゃあ」

花陽「死んで?」
168: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:46:55.80 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「は、はあ?」

花陽「聞こえなかったかなあ…?」

にこ「ふざけないで!なんで私があんたなんかに!!」

花陽「凛ちゃんと二人っきりって言うだけでも本当はイラつくんだけどね?」

花陽「凛ちゃんがにこちゃんに戯れてたって言うのが本当に許せない」

花陽「お願いだから凛ちゃんの前から姿を消してよ」スッ

にこ「ほ、包丁!?」

花陽「えへへ、さよならにこちゃん」


>>169
171: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:50:10.17 ID:f/OGK7AY.net
誰か来るとかかな
だったら絵里
175: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 17:55:35.78 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「だめ…も、もう無理…」

花陽「あははは、いつまで逃げてるのにこちゃん?」

にこ「来るなあ!お願いだから来ないで!」

花陽「にこちゃん」ガシッ

花陽「捕まえた…♪」

にこ「嫌…嫌ああああああ!!!」
181: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 18:07:33.18 ID:Rcfga3fZ.net
絵里「……」

花陽「え、絵里……ちゃん?」

絵里「凛から聞いたの」

絵里「花陽が何処にもいないって」

花陽「凛……ちゃん?」

絵里「私がまだ大人しい間に消えて」

花陽「うぅ…」

>>182

花陽が大人しい手を引くor暴れる
182: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 18:08:27.91 ID:9HynsxP4.net
ここは一旦手を引いてやろう
186: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 18:13:15.33 ID:Rcfga3fZ.net
絵里「どうするの?今なら凛にも黙っていてあげるわ」

花陽「わ、分かった……じゃあ、またね……にこちゃん」

バタンッ

にこ「絵里、絵里!絵里!!」

絵里「落ち着いて?もう大丈夫だから」

にこ「ああ……ああああ……」ガタガタ

絵里「にこ…」
188: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 18:17:57.44 ID:Rcfga3fZ.net
にこ「……ねえ、なんで私がこんな目に会うの?」

絵里「ごめんなさい…」

にこ「なんであんたが謝るのよ」

絵里「希に関しては多分、私のせいだから…」

にこ「理由は」

絵里「……希が私の事が好き」

にこ「私が狙われる理由にならないじゃない」

絵里「ええ…そうよね」
189: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 18:21:29.30 ID:Rcfga3fZ.net
絵里「じゃあ、私はそろそろ帰るから」

にこ「え?」

絵里「もうすぐこころちゃん達も帰ってくるでしょ?」

にこ「でも…」

絵里「何かあったら絶対に電話して」

絵里「玄関も開けちゃだめよ」

にこ「絵里……やだ……行かないでよ…」

絵里「……わかった。着替えを持ってくるだけだから」

にこ「本当?」

絵里「ええ、本当よ」
191: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 18:24:11.71 ID:Rcfga3fZ.net
穂乃果「あ、絵里ちゃん出てきた!」

穂乃果「でも本当に行くの?」

穂乃果「うーん、約束を破るのは……」

穂乃果「わかったよぉ…」

穂乃果「じゃあ行くよ>>193
193: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 18:25:09.74 ID:rqYKKtb+.net
ことりちゃん
196: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 19:26:50.93 ID:Rcfga3fZ.net
穂乃果「でも、いきなり二人で来て大丈夫かな?」

ことり「大丈夫だよ!きっと喜ぶよ!」

穂乃果「な、なんかテンション上がってるね…」

ことり「だって、にこちゃんのお家だよ!」

穂乃果「まあ確かに」

ことり「じゃあ早速」ピンポーン
204: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:54:38.98 ID:Rcfga3fZ.net
ピンポーン

にこ「ひっ!!」ビク

にこ「だ、誰…」ソー

にこ「穂乃果とことり?」

にこ「良かった…花陽じゃない…」

にこ「ま、待って!真姫ちゃんの例もあるわ!油断しちゃだめ!」
205: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:58:39.59 ID:Rcfga3fZ.net
穂乃果「あれ?いないのかな?」

ことり「でも、風邪だよね?」

穂乃果「でも、出てこないし…」

ことり「絵里ちゃんに聞いてみる?」

穂乃果「……うん」
206: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:02:36.82 ID:Rcfga3fZ.net
にこ「ほ、どうやら穂乃果達は帰ったみたいね」

にこ「お願いだから早く帰って来てよ…」

にこ「絵里……凛……」

にこ「誰でもいいから助けて…」

ピンポーン

にこ「ひっ!?ま、また!?」

にこ「だ、誰?」

>>208
208: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:04:16.32 ID:QFl6SlZF.net
海未
210: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:07:30.97 ID:Rcfga3fZ.net
海未「にこ、いますか?」

にこ「う、海未!?」

にこ「でも……油断しちゃだめ……」

海未「……?」

海未「にこ、目の前にいるのでしょ?」

にこ「な!?」

海未「なんとなくわかりますよ」

にこ「うっ……」ガタガタ
211: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:16:52.74 ID:Rcfga3fZ.net
海未「何があったのか教えてください」

にこ「……ねえ、あんたは私の事嫌い?」

海未「何を…」

海未「好きか嫌いかと言うと正直、どちらでもないです」

海未「貴女に合わせるのは疲れますし、時に何を言っているのかわからない時がありますが」

海未「貴女から学ぶことも多いですし、何よりスクールアイドルとしても先輩ですから尊敬してますよ」
213: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:19:00.94 ID:Rcfga3fZ.net
にこ「……」

海未「ですが、これだけは信じてください」

にこ「何……」

海未「穂乃果とことりは信じてあげて下さい」

海未「では…」

にこ「……」グスッ
215: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:22:10.03 ID:Rcfga3fZ.net
にこ「私……最低ね」

にこ「仲間を疑って……」

にこ「冷静になりましょう」

にこ「絵里に電話して危ない人を教えて貰うわ!」

にこ「じゃあ早速」

プルルルル!

にこ「うわ!?で、電話?誰!」

>>217
217: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:23:22.00 ID:Bi0OQQpF.net
ことりちゃん
221: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:29:30.73 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「こ、ことり!?」

にこ「……よし、電話なら」

にこ「もしもし…」

ことり『あ!にこちゃん♪』

にこ「何か用?」

ことり『用と言うか、元気かなーって』

にこ「……うん、元気よ」

ことり『そっか、良かった♪』

ことり『またことりにお料理教えてね?』

ことり『じゃあ、またねー』
222: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:32:13.65 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「ことりはシロ……」

にこ「海未も私を襲う気はない…」

にこ「じゃあ、穂乃果は?」

にこ「あいつは信じたい…けど」

にこ「……だめだめ!にこはこんな事じゃ挫けない!」

にこ「やれる事をやるわ!」

prrr
223: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:40:28.23 ID:zQ2i3S7F.net
穂乃果『あ、にこちゃん!どうしたの?』

にこ「ね、ねえ変な事聞いていいかしら?」

穂乃果『変な事?』

にこ「あ、あんたはにこの事嫌い?」

穂乃果『へ?』

穂乃果『やだなー、嫌いなわけないじゃん!』

穂乃果『穂乃果はにこちゃんの事好きだよ?』

穂乃果『あ!も、もちろん友達としてだよ!』

穂乃果『……あれ?にこちゃん?』

にこ「……」グスッ…
224: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 22:20:31.02 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「ううん、なんでもないわ」

にこ「ありがと、変な事聞いちゃったわね」

穂乃果『そんな事ないよ、にこちゃんが元気になってくれてよかった!』

にこ「……ねえ、ことりにもありがとって言っといてね」

穂乃果『うん!あ、そういえばにこちゃん』

にこ「ん?何よ」

穂乃果「あのさぁ」



穂乃果「絵里ちゃんが電話に出ないんだけど何か知ってる?」
228: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 22:39:59.17 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「は、は??」

穂乃果『いや、だからー絵里ちゃんがね電話に出ないの』

にこ「いや、私は知らないわ……」

穂乃果『そっかー……わかった!ありがと!』プツッ

にこ「……絵里が電話に……出ない……」

にこ「絵里!!」ピッ

prrrrr

にこ「お願い!電話に出てよ!!」

プッ

にこ「も、もしもし!!絵里!!!」

希『絵里?ちゃうよ、うちや。希ちゃんやで?にこっち……』
230: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 22:51:16.77 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「え?でも、それ……絵里の携帯……」

希『ん?ああ、そういえばこれ絵里ちの携帯だったわ』テヘ

希『まあ今はうちが借りてるんだけどね』

にこ「え、絵里は……絵里はどこ……?」

希『ん?うちの横にいるよ?』

希『ね?絵里ち……』
231: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:03:09.99 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「お、お願い……声を聞かせて……」

希『声?あーもういちいちわがままばっかやなぁ』

希『はい、絵里ち。にこっちやで』

絵里『……にこ?』

にこ(声が……弱い!?)

にこ「大丈夫!?どうしたの!!」

絵里『……ごめんね。そっちに行けなくて……』

にこ「そんな……」

絵里『にこ……仲間を頼って……』

希『はい、お電話の時間終了やで』

希『じゃあねにこっち……』プツッ

ツーツーツー

にこ「何……何なの……」
234: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:21:06.59 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「どうしよう……絵里が……」

にこ「いや……いやよ!!」

にこ「でも今、希の家に行ったら確実に私がやられる……」

にこ「下手すれば希だけじゃなく花陽もいるかも……」

にこ「怖い……怖いよ……」

にこ「絵里が……いなくなるのも嫌だけど痛いのも嫌だよ……」

にこ「どうしよう……」

にこ「あ……こっくりさん……」
235: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:28:11.23 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「お願い……教えて」

にこ「私はどうすればいいの?」

にこ「お願い……どうすれば助けられるの!」

にこ「私は絵里を助けに行くべき?行かないべき?」

にこ「教えて!こっくりさん!!」

こっくりさん「>>237
237: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:35:29.65 ID:SqlPNwnq.net
誰かと一緒に行く
238: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:49:36.88 ID:zQ2i3S7F.net
にこ「だ、誰かと一緒に行く……?」

にこ「そんな……誰かって……」

にこ「うぅ……考えてる時間がもったいないわ!!」

にこ「こうなったらもう適当よ!!>>240
240: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:51:58.53 ID:q8DhgwXw.net
244: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:46:22.48 ID:TQcHhZFd.net
にこ「こうなったら、凛よ!!」

にこ「お願い……電話ぐらい出なさいよ……」

プッ

凛「えーっと、もしもし?」

にこ「凛!!あ、あのね!!」

凛「シーッ!小さい声で話すにゃ」

にこ「え?な、なんでよ……」

凛「ここに今かよちんと真姫ちゃんが一緒にいるにゃ」

凛「だから小さい声でお願いにゃ」

にこ(うっ……考えてみれば1年組はいつも一緒にいたわね……)

にこ「わ、わかったわ……ごめん」

凛「ううん、にこちゃんも気を付けてね」

にこ「ええ……」

プーップーップーッ
246: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:59:47.64 ID:TQcHhZFd.net
にこ「どうしよう……」

にこ「は、早くしないと絵里が……」

にこ「そ、そうよ!凛以外に頼みましょう!!」

にこ「誰か……誰か!!」prrrr

>>248「はい、もしもし」
248: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:01:52.78 ID:VgvTDS2T.net
間違って花陽にかけちゃう
251: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:18:25.37 ID:TQcHhZFd.net
にこ「って、何私やってんのよ!!」

にこ「や、やばい!切らないと……」プッ

にこ「ふう……」

prrrr

にこ「ひぇええええ!?」ビクッ

にこ「あ、あれ?凛だ……」

凛『な、なにしてるにゃにこちゃん!!かよちんがすごい怒ってるにゃ!!』

にこ「ご、ごめん……」

凛『なんとかできたけど……あんまり変なことしないでね』

にこ「う、うん……」
252: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:19:39.45 ID:TQcHhZFd.net
にこ「あーもう!何やってるのよ私はー!!」

prrr

にこ「もう!次は誰!!……!!」

にこ「……の、希」
253: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:21:47.49 ID:TQcHhZFd.net
希『はぁーい、にこっちー大人しくしとるかなー?』

にこ「あんたいい加減に絵里を開放しなさいよ!!」

希『え?なんでそんなことにこっちに言われないといけないの?』

希『彼女でもなければ好きでもないのに勝手な事言わないでよね』

にこ「だ、だけど!」

希『あ、そうそう。絵里ちがね、にこっちに話があるんだって』

にこ「え?絵里が?」
255: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:34:51.32 ID:TQcHhZFd.net
希『うん♪はい、絵里ち』

絵里『はぁ……はぁ……に、にこ?』

にこ「そうよ!大丈夫!?」

絵里『ええ……だけど、お願い。絶対に私を助けに来ないで』

にこ「な、なんで……」

絵里『来たらあなたは希に……』

希『こーら、余計なことは喋らんといて』ジュゥゥゥ

絵里『あああああ!!!!熱い熱い!!!痛い!!!』

にこ「ちょっと!!何してんのよ!!!」

希『何って、お仕置きやん?』

にこ「あんた……最低ね……」

希『必死に助けようとしてくれた仲間を見捨てて家で隠れてる人に言われたくないわぁ』

にこ「くっ」

絵里『ぜ、絶対に来ちゃだめよ!!にこ!!』

希『こら、絵里ち!うるさいよ!!』

絵里『いああああああああ!!!!』

プツッ

にこ「……何なのよ」

にこ「もう……何をどうすれば……」

にこ「うぅぅ……もうやだ……」

ピンポーン

にこ「次は何……」

にこ「もう誰でもいいわ」

にこ「私を助けて……絵里を助けてよ……」

ガチャッ

>>257
257: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:36:30.59 ID:fSRpt9/x.net
亜里沙
261: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 02:12:02.05 ID:TQcHhZFd.net
亜里沙「にこさん!?」

にこ「亜里沙ちゃん?」

亜里沙「どうしたんですか!お姉ちやんは……」

にこ「絵里は……うぅ……」

亜里沙「わかりました。私も雪穂と一緒に探してきます」

にこ「お願い、無理はしないで……」

亜里沙「はい!」
265: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 08:36:55.55 ID:TQcHhZFd.net
亜里沙「はぁ、はぁ!」

亜里沙「ほ、穂乃果さんいますか!!」

雪穂「あれ?亜里沙じゃん。どうしたの?」

亜里沙「穂乃果さんは!!」

雪穂「お姉ちゃん?ちょっと待ってて」

雪穂「お姉ちゃーん、亜里沙が呼んでるー」
266: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 08:38:43.81 ID:TQcHhZFd.net
穂乃果「それでどうしたの?」

亜里沙「あ、あの!!にこさんが!!」

穂乃果「!!」

穂乃果「にこちゃんがどうしたの!!」

亜里沙「すごく怯えているみたいで……一緒に居てあげてください」

穂乃果「亜里沙ちゃんはどうするの?」

亜里沙「私は……お姉ちゃんを探します」

穂乃果「……うん、わかった」
267: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 08:57:30.77 ID:vmM+XQXM.net
にこ「うぅ……」

にこ「あれから何度も希からの電話が……」

にこ「もう嫌だよ…」

ピンポーン

にこ「……また」

にこ「誰?」

ガチャ

>>270
270: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 09:06:24.09 ID:kt6Q6utc.net
ほのか
273: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 09:42:25.16 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「にこちゃん!」

にこ「穂乃……果?」

穂乃果「どうしたの……」

にこ「絵里が……私のせいで」

穂乃果「……何があったの?」

にこ「うぅ……」

穂乃果「にこちゃん、お願い教えて」
274: 更新遅くなります。(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 09:46:29.88 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「そんな事が……」

にこ「絵里が死んじゃうよぉ……にこのせいで……私のせいで……」

穂乃果「違う!にこちゃんのせいじゃないよ!」

穂乃果(でも、どうすれば……)

穂乃果(にこちゃんを連れて絵里ちゃんを助けに行く?それともにこちゃんの傍にいるべき?)

穂乃果(決めた!これだ>>276)
276: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 09:54:21.81 ID:N/9LIDjD.net
絵里放置
280: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 13:58:43.04 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果(だめだ…今闇雲に行ったところで返り討ちだよ……)

穂乃果「せめて後一人いれば…」

穂乃果「そ、そうだ!海未ちゃんに連絡して」

prrr

穂乃果「で、出ない……」

穂乃果「なんで……海未ちゃん……」
281: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:08:48.59 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「どうしよう……凛ちゃんかことりちゃんに伝えないと」

穂乃果「それに今のにこちゃんを一人に出来ないし……」

穂乃果「うーどうしよう!!」

ピンポーン

穂乃果「あれ?誰だろう?」

穂乃果「はーい」ガチャ


>>282
282: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:09:32.00 ID:QGfgom7A.net
うみりん
284: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:21:50.99 ID:vmM+XQXM.net
海未「失礼します!」

凛「お、お邪魔します!!」

穂乃果「わわっ、どうしたの?二人共」

海未「そんなこと、こちらが聞きたいですよ」

凛「うん……」

穂乃果「え?」
285: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:26:16.15 ID:vmM+XQXM.net
凛「急にかよちんがロープを持ち出して来て……」

凛「なんとか走って逃げ切れたんだけど」

海未「はい、途中で凛とばったりあったら次は私も追われる羽目に…」

穂乃果「理由はやっぱり?」

海未「はい、にこに協力するようなら大人しくして貰うと」

穂乃果「凛ちゃんも?」

凛「うん…でも、かよちん。凄い悲しそうに私を見てって……」

穂乃果「……そっか」
286: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:30:39.02 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「よし、海未ちゃん!お願いがあるんだけど!」

海未「お願いですか?」

穂乃果「うん、今から穂乃果と一緒に希ちゃんの家に行って欲しいの!」

海未「希の?それは何故…」

穂乃果「今、そこに絵里ちゃんが捕まってるんだ」

海未「え、絵里が!?」

穂乃果「早く助けないと手遅れになるかも……」

海未「……わかりました。私も行きます」
287: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:35:31.45 ID:vmM+XQXM.net
海未「では、凛はここにいて下さい」

凛「はいにゃ!」

海未「何かありましたら連絡してください」

凛「うん、海未ちゃん達も気をつけてね?」

海未「はい」


穂乃果「にこちゃん、行ってくるね」

にこ「だ、だめよ……もし、あんた達まで帰って来なくなったらどうするのよ!」

穂乃果「大丈夫!こう見えても穂乃果は強いんだよ?」

にこ「いや……お願いだから行かないで……」

穂乃果「ごめん……でも、絵里ちゃんも心配なの」

穂乃果「すぐ帰って来るから」

にこ「いやぁぁ……」ウゥッ
289: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:37:54.73 ID:vmM+XQXM.net
海未「一応、ことりに連絡をしときました」

海未「すぐこちらに来るそうです」

凛「うん、わかった」

海未「凛、私達が帰らなかったら……」

凛「だめ!にこちゃんの為にも絶対に帰ってきてね!」

海未「そうですね。にこの為ですから」

穂乃果「じゃあ、行くよ」
290: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:41:02.25 ID:vmM+XQXM.net
凛「にこちゃん、きっと大丈夫だから泣き止んで?」

にこ「なんで……なんであいつらが希の所に……」

凛「二人も絵里ちゃんが心配なんだよ?」

凛「大丈夫、にこちゃんは凛が守るにゃ」

ピンポーン

凛「ん?ことりちゃんかな?」

凛「まずは覗き穴で……っと」

>>292

(誰がいたか)
292: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:46:45.58 ID:BNYXmBU3.net
ことり
293: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:54:06.59 ID:vmM+XQXM.net
凛「ことりちゃん!」

ことり「あ、凛ちゃん。お待たせ」

凛「はー良かった……」

ことり「でも、ここに来る途中にかよちゃんと真姫ちゃんにあったから気をつけてね」

凛「ええ!?」

ことり「私はお洋服を買いに行くって理由で見逃して貰ったんだぁ」

凛「ま、まあなんとなくわかるにゃ…」
294: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:55:59.19 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「着いたね…」

海未「はい…」

穂乃果「チャイム鳴らすべきかな?」

海未「いや、鳴らさずに突撃するべきです!」

穂乃果「うーん、どうしよう」

>>296
296: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 14:59:14.89 ID:SS3kD6JZ.net
天井裏から奇襲
297: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 15:06:31.90 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「て、天井裏からドーンって…」

海未「いや、ここマンションですよ?」

「クスクス」

ほのうみ「!?」

希「まさか敵さんの前で漫才なんてなあ」

穂乃果「希ちゃん!」

希「外で話すのもあれやし、中に入ろうか」

穂乃果「……」

希「流石にうちも二人も相手する気はないから安心して?」

海未「……行きましょう」
298: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 15:10:11.54 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「ね、ねえ希ちゃん」

希「んー?なんやぁ?」

穂乃果「絵里ちゃんは何処かな……」

希「……会いたい?」

穂乃果「うん…」

希「そっかー」

希「じゃあ、まずはお茶からにしよ?」

海未「……何も入れてませんよね?」

希「やだなーうちはそこまでお金持ちやないで?」

海未「……」


>>300

お茶を飲むor飲まない。
300: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 15:13:14.19 ID:rFONnVMO.net
あえて飲む
302: 仕事なんで更新遅れます。(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 15:17:04.49 ID:vmM+XQXM.net
海未「穂乃果、ここは私だけ飲みますので貴女は」

穂乃果「え?あ、うん」

希「なんやー海未ちゃんだけ?」

穂乃果「ご、ごめんね?さっき、ジュース飲んだばっかだから」

希「なら、しゃーないか……」

希「じゃあ、絵里ちやったよな?」

希「絵里ちはここに……いるよ」ガララッ

ほのうみ「!?」
305: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 17:11:58.10 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「絵里ちゃん!!」

海未「こ、これは……ひどい」

絵里「うっ……あ、あれ……穂乃果と、海未?」

穂乃果「傷だらけじゃん……なんでこんな酷いことを!」

希「ひどい?うちの気持ちを裏切ってにこっちと仲良くしてた絵里ちはひどくないのかな?」

海未「だからと言ってこれはあまりにも……」ガクッ

海未「うっ……体が……」

希「おやあ?もう効いてきたんやな♪」
306: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 17:17:32.53 ID:vmM+XQXM.net
海未「そんな……くすりを!?」

希「当たり前やん」

希「負ける戦いはしない主義やで?」

希「てなわけで、残るは穂乃果ちゃんだけどさ」

穂乃果「ひっ!?」ビクッ

希「うちに協力してくれれば海未ちゃんにも絵里ちにもひどい事はもうせーへんよ?」ニコッ

穂乃果「き、協力?」

希「そう……にこっちを消す協力……」

穂乃果「そ、そんな……」

希「早く決めないと~」ガンッ

海未「あぐっ!!」

穂乃果「わ、わかった!言うよ!!」

穂乃果「わ、私は!>>308

希に付くor付かない
308: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 17:20:37.97 ID:H0EATNLh.net
つくふりをする
312: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 17:35:13.05 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「希ちゃんに協力する…」

希「お?ほんま?いやー穂乃果ちゃんが付いてくれて嬉しいわー」

穂乃果「だから、海未ちゃんと絵里ちゃんには酷いことをしないで!!」

希「わかってるよ、そんな怒鳴らんでも」

穂乃果(私がなんとかしないと!!)
313: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 17:39:01.65 ID:vmM+XQXM.net
希「んじゃ、最初のお願いをしようかな」

穂乃果「……」

希「嫌って言ったら……」

穂乃果「わかってるから早く教えてよ!」

希「おー怖」

希「じゃあ、早速だけどにこっちの首を持ってきて」

穂乃果「……は?」
316: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 18:12:17.53 ID:vmM+XQXM.net
穂乃果「何…それ」

希「だーかーらー」

穂乃果「ヤダよ!なんでそんな!」

希「えー?じゃあ仕方ないか」

ガンッ!

海未「あぐう!!」

希「まだまだ!!」ガンッガンッ

海未「い、痛い!痛い!!や、やめてくだ…あぐう!!」

穂乃果「あ……ああ……」ガンッガンッガンッ!

希「さあ、どうする?次はー多分、死ぬよ?」

穂乃果「わ、私は…… >>318
318: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 18:16:27.17 ID:UFVgSQDT.net
つくふりをする
319: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 19:17:28.39 ID:TQcHhZFd.net
穂乃果「わかった……だからもうやめて……」

希「じゃあよろしくね♪」

穂乃果「……ごめんね、海未ちゃん」

海未「ぐっ……だ、ダメです……穂乃……果」

希「いやー楽しみやなあ!」
320: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:04:06.74 ID:TQcHhZFd.net
にこ「穂乃果は無事かしら…」

ことり「きっと大丈夫だよ!それより、お菓子作って見たよ♪」

にこ「あんたは自由ね…」

ことり「にこちゃんが暗いからね、少しだけでもいいから元気になって欲しいからね」

にこ「ご、ごめん」

にこ「あれ?そういえば凛は?」

ことり「あれ?さっきおトイレに行ったような……」

にこ「ふーん…」
321: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:20:51.12 ID:TQcHhZFd.net
にこ「……凛、長くないかしら」

ことり「うーん、何してるんだろ?」

にこ「私様子を見てくるわ」

ことり「あ!待って。ことりが見てくるからにこちゃんはここでお菓子を食べててください♪」

にこ「え?まあ……わかったわ」


ことり「凛ちゃーん大丈夫?」コンコンッ

凛「にゃ!!」ビクッ

凛「だ、大丈夫!大丈夫にゃ……」

ことり「……ふーん」

凛「……も、もう出るにゃ」

ことり「わかったよ♪」

ことり「ふふ、凛ちゃんも我慢できないんだね♪」クスクス
322: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:28:59.43 ID:TQcHhZFd.net
にこ「はぁ、穂乃果と海未は大丈夫かしら……」

にこ「それになんで私の命をあいつらは狙いだしたのかしら……」

にこ「よくよく考えればおかしい話よね?」

にこ「この前までは練習も一緒にしていたし、ライブも出てた」

にこ「私をやるつもりならいつでもできたはず……」

にこ「なんか引っかかるわね……」グーッ

にこ「……うっ///命を狙われてもお腹は減るのね……」

にこ「ことりのクッキー、凄いうまそう」

にこ「ちょっとだけ貰おうかなー……」

にこ「いや!ことりと凛が戻ってきたら食べましょう!」グーッ

にこ「……でも、おなか減ったし」

にこ「よし!!>>324
324: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:35:01.10 ID:BMbJO6Xr.net
我慢
329: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:58:03.45 ID:TQcHhZFd.net
にこ「ダメダメ!こういう時ぐらいは自分を持たないと!」

ことり「あれ?にこちゃん、まだ食べてなかったの?」

にこ「ええ、みんなが戻ってきたら食べようと思ってね」

ことり「そっか……ちょっと残念」

にこ「え?」

ことり「あ、なんでもないよ。なんでも……」

ガチャッ

にこ「あ、凛。戻ってきたのね……って、なんか顔赤くない?」

凛「にゃ、にゃ!?き、気のせいだよ……にこちゃん」

にこ「???」
330: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:04:25.88 ID:TQcHhZFd.net
にこ「よし、じゃあ揃ったしいただきますか」

ことり「うん♪いただきまーす」パクッ

凛「いただきまーす!」パクッ

にこ「……」

ことり「あれ?にこちゃんは食べないんですか?」

にこ「……いや、穂乃果と海未が大変な思いしてるのに私こんなことしてていいのかなって」

ことり「にこちゃん……」

凛「……ん?ひうっ!?」ビクッ

にこ「へ?どうしたの凛!!」
332: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:08:05.91 ID:TQcHhZFd.net
凛「な、なn……これ……!体が……熱いにゃぁぁぁ……」ビクビクッ

にこ「ど、どうしたのよ!!何?何があったの!!!」

ことり「ふふ♪」

にこ「まさか……あんたの仕業なの……」ガタガタ

ことり「大丈夫だよにこちゃん……これは全然害にならないよ……」

にこ「やめて!!来ないで!!お願い!!!」ガタガタ

ことり「大丈夫、すぐ気持ちよくなるし……それにきっとにこちゃんも幸せになるよ……」

凛「に、にこちゃぁぁぁぁん……(♡)」
333: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:14:30.74 ID:TQcHhZFd.net
にこ「嘘……凛まで……ひっ!!」ビクッ

凛「ねえ……にこちゃんも一緒にぽかぽかしよ?ね??」

にこ(まさか……このクッキー、なんかの薬が入ってるの!?)

にこ「お、追いついて凛!!」

ことり「うーん?おかしいなぁ?凛ちゃんが食べたクッキーはそんなに効力が強くないはずだけど?」

にこ「は、はあ!?」

ことり「実はちょっとテストも兼ねて作ったの♪」

ことり「少ない物と多い物……あとはまあ適量のものかなぁ?」

にこ「くっ!!どういうことよ!」

凛「にこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃん……」ハフハフゥ

ことり「……凛ちゃんは初めからにこちゃんに欲情してたんじゃないのかな」

にこ「はあ?……ひう!!あ、あんたどこに手を……」

凛「にこちゃんの太もも……スベスベにゃ……」ハァハァ

にこ「や、やばい……だ、誰か助けて!!」

ことり「ふふ、楽しそうだねにこちゃん♪」

にこ「いや……見てないで助けてよ!!」

ピンポーン

ことり「あれ?誰だろう?」トコトコッ

ことり「はーい」

ガチャッ

>>335

(誰がいたか)
335: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:16:54.15 ID:la/SYsUP.net
理事長
340: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 22:12:26.24 ID:TQcHhZFd.net
ことり「あ、お母さん?」

ことりママ「もう、東條さんから電話があって見に来てみれば……」

ことり「あ、いや……これは違うの」

ことりママ「もう時間も遅いし帰るわよ?」

ことり「ま、待って!それじゃあにこちゃんの家族が帰ってくるまで……」

ことりママ「あら?にこさんのご家族は西木野さんから聞いたけど旅行に行ったとか……?」

ことり「え……?」

ことりママ「まあとりあえず帰るわよ。ことり」グイッ

ことり(まずい……まずいよ……これだけはにこちゃんに知らせたらまずいよ!!)

ことり(ど、どうしよう!!)

ことり(そうだ!!>>342
342: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 22:17:50.95 ID:/1PWGOWZ.net
事情を話して手伝ってもらおう
344: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 00:31:41.27 ID:a90EcOfs.net
ことり「あ、あのねお母さん」

ことりママ「何?」

ことり「今、にこちゃんは命を狙われてるの」

ことりママ「あら……」

ことり「それで今私たちが守ってるの」

ことりママ「そう……なの」

ことり「信じてくれた?」

ことりママ「はあ、やっぱりそうなのね」

ことり「え?」

ことりママ「東條さんが言ってたの」

ことりママ「ことりが皆に嘘を言っているって……」
350: 寝ます、続きは明日。(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 05:15:26.46 ID:a90EcOfs.net
ことり「なっ!?」

ことりママ「よくわからなかったけど……そういう事だったのね」

ことり「違うの!本当にお願いだから!!」

ことりママ「だめよ」

ことり「くっ……ごめんね……にこちゃん」
352: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 11:00:49.39 ID:a90EcOfs.net
にこ「はぁはぁ……しつこいわね!!」

にこ「って、あれ?ことり、帰るの?」

ことり「……うん」

にこ「そう……まあ気をつけて帰るのよ?」

ことり「にこちゃん……あんなことしたのに心配してくれるの?」

にこ「は?当り前じゃない」

にこ「別に命を狙われたわけじゃないし……あんたの好意だし……」

にこ「な、仲間なんだから当たり前でしょ!!」

ことり「にこちゃん///うん!ことり、すぐ帰ってくるからね!」

にこ「ええ、気を付けないさいよ。まだ、花陽とか真姫とかにも会うかもしれないんだから」

ことり「ふふ、それよりにこちゃんは後ろを気を付けた方がいいよ?」

にこ「え?」

凛「にこちゃん……」ハァハァ

にこ「そ、そうだった!!」
353: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 11:09:03.38 ID:a90EcOfs.net
ことりママ「じゃあ帰るわよことり」

ことり「うん」

ことりママ「……ねえことり?」

ことり「ん?どうしたのお母さん」

ことりママ「変なこと言うけど……こっくりさんってことり知ってる?」

ことり「あの、こっくりさんが色々教えてくれるっていう?」

ことりママ「ええ……」

ことり「それがどうしたの??」

ことりママ「……こっくりさんってね狐とか子供の霊を呼び寄せて遊ぶ物って昔聞いたことがあるの」

ことり「う、うん」

ことりママ「終わった後に霊に取りつかれちゃうとか使ったお金は不幸になるとか」

ことり「……お母さん、それって」

ことりママ「ええ……あなた達の部室を見させてもらったらこっくりさんが置いてあったの」

ことりママ「にこさんがまさか……」

ことり「そんな!?」


>>355「見つけた……」ザッ
359: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 12:19:55.76 ID:JBovLONI.net
真姫ちゃん
360: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 12:41:24.09 ID:a90EcOfs.net
真姫「見つけた」


ことり「ということはこっくりさんの呪いを解く方法があれば今の状況が……」

ことりママ「ええ、私も今それを探しているのだけど……だから、ことりにも手伝ってほしくて」

ことり「そういうことだったんだね!」

ことり「私も頑張って探すよ!!」

ことりママ「ええ!一緒に頑張りましょ!」ザクッ


ことりママ「……え?」

真姫「そんなことはさせないわ」

ことり「お母さん!?」

真姫「邪魔をしないで。あなた達が動いたところで無駄なの」

真姫「それとも、ここで消える?」
362: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:10:13.18 ID:a90EcOfs.net
真姫「今ならまだ助かるけど、今後もにこちゃんに協力するようなら……」

ことり「ま、待って!!」

真姫「ふう、あまり時間を取らせないで」

真姫「あまりゆっくりしてると……」

ことり「わ、わかったから……」

ことり「わ、私は……>>364
364: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:31:09.25 ID:AuILtlf0.net
大天使コトリエル
あなたには屈しない
368: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:48:48.50 ID:a90EcOfs.net
ことり「私は!あなたには屈しません!!」

真姫「ならさらに深く突き刺してあげるわ」グッ

真姫「あれ?」

真姫(ナイフが……これ以上深く刺さらない!?)

ことりママ「油断したわね。西木野さん」

真姫「嘘……なんで!!」

ことりママ「嫌な予感がしたのだけど的中したみたいね」スッ

ことりママ「スクールアイドル雑誌よ……」

ことり(……あ、今週はμ's特集だったなぁ)

ことりママ「残念だけど、これであなたは手詰まり」

ことりママ「観念しなさい!!」
369: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:51:13.15 ID:a90EcOfs.net
ことり「これで真姫ちゃんは確保できたね……」

真姫「ぐっ……」

ことりママ「あとは東條さんだけかしら?」

ことり「ううん、まだかよちゃんが残ってる」

ことりママ「小泉さんも……」

ことり「ねえ真姫ちゃん、かよちゃんはどこにいるの?」

真姫「……」

ことり「困ったなぁ……あ、そうだ!>>371をしよう!」
371: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 15:00:26.26 ID:DOZqPtkM.net
鍋に
379: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 15:52:09.76 ID:a90EcOfs.net
ことり「じゃあお鍋に♪」

真姫「は、はあ!?」

ことりママ「じゃあ、小泉さんがどこにいるか教えてくれるかしら」

真姫「……す、好きにすればいいじゃない!鍋だろがなんだろうがいいわよ!!」

ことり「……」ダッテ

ことりママ「……」アラアラ

ことり「じゃあ、そうさせてもらうね♪」

真姫「……え」ゾクッ
380: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 15:58:03.96 ID:a90EcOfs.net
ことりの家 



真姫「あ、熱い!熱い!!」

ことり「そう♪いい湯加減でよかったぁ♪」

真姫「ふざけないで!!!こ、こんなことしたって私は喋らないわよ!!!」

ことり「ん?それでもいいよ?」

真姫「は、はあ!?」

ことり「あなたがそこで力尽きようが自力で探そうと思えば探せるもん♪」

ことり「ただ、私は楽をしたいだけ」

ことり「それと、これ以上にこちゃんを傷つけるようなやつを一人残らず消す」

ことり「ただそれだけだから、今ここで真姫ちゃんが茹っても私は気にしないよ?」

真姫「な、なにそれ!!」

ことり「だけど、教えてくれれば……ふふ、髪の毛みたく赤くなった肌で済むんだけどね」

真姫(こ、こいつ……!!)

ことり「さあ、どうするの!話すの!話さないの!!」

真姫(だめだ……ことりに勝てない……こうなったら……!>>382
382: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 15:59:50.13 ID:rkx3EtFZ.net
自白
385: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:59:45.69 ID:a90EcOfs.net
真姫「わかった!!わかったから出して!!!」

ことり「ふん、つまんないの」


真姫「はぁ……はぁ……くっ……」

ことり「で?どこにいるの」

真姫「は、花陽は……今、にこちゃんの家に向かってる……」

ことり「ふうん」

真姫「は、早く行かないとにこちゃんが死んじゃうわよ?」

ことり「そうなんだぁー」

真姫「な!?な、なによその反応!!」

ことり「いや、だって」

ことり「にこちゃんの家に行ったところでかよちゃんは何もできないし」

真姫「どうして……そう言い切れるの?」

ことり「だってあそこには凛ちゃんがいるもん」

真姫「なっ!?」

ことり「凛ちゃんの目の前では嫌われるような行為は避けるはずだよ?」
387: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 17:07:02.58 ID:a90EcOfs.net
にこ「はぁ、はぁ……」

凛「にゃあ……」

にこ「よ、ようやく落ち着いたかしら……」

凛「にゃひひ……にこちゃぁん……」

にこ「はぁ……早く海未でも穂乃果でも絵里でもいいから戻ってこないかしら」

にこ「このままじゃにこの体力が持たないわよ……」

にこ(まあ精神的な物も削られてる気がするけど)

にこ「まあ、でもあんたのおかげで少しは気分も紛れてきたかもね」ヨシヨシ

凛「ふへへ……撫でられるの気持ちいにゃ♪」

にこ「そいつはよかったわ」ナデナデ

ピンポーン。

にこ「うっ……、もう何回目のチャイムかしら」

にこ「頼むから穂乃果達でお願いします……!」

にこ「ドアの前にいるのは……誰?」ノゾキアナヲミル

>>388
388: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 17:08:21.65 ID:3kzYI6ty.net
花陽
393: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 18:11:07.42 ID:a90EcOfs.net
にこ「う、嘘……花陽!?」ガタッ

凛「にゃ?にこちゃん……どうしたの?」

にこ「げっ、あんたまで出てきたらややこしくなるでしょ!!」

コンコンッ

花陽「にこちゃん……いるんでしょ?」

にこ(こ、ここは居留守を決め込むわ……)

コンコンッ

花陽「ねえ、いるんだよねぇ?」

にこ(いいいいないから早くいなくなってよぉ!!)ブルブル

シーンッ

にこ(……あれ?いなくなったかしら?)

ドンドンドンドンッ!!!

にこ「ひぃ!!」ビクッ

花陽「いるのはわかってるんだよぉお!!早く出てきてよぉお!!!」

にこ「や、やだ!やだああ!!!」ビクビクッ

凛「……」スッ


ガチャッ
394: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 18:17:14.34 ID:a90EcOfs.net
花陽「にこちゃ……あれ?り、凛ちゃん?」

凛「……」

花陽「あれ?なんでにこちゃんのお家に凛ちゃんがいるの?え??」

凛「にこちゃんが怖い思いをしているから心配になって来たにゃ」

凛「まさか、それがかよちんのせいだなんて……」

凛「凛……悲しいよ……」ウゥ

花陽「あっ!!ご、ごめんね。泣かないで凛ちゃん!!」

凛「かよちんがこんなことするわけないにゃ!!どうしてこんなひどい事を!!」

花陽「あああ……ご、ごめんなさい……ごめんなさい……」ガタガタガタ

にこ「な、なに?何事なの??」ビクビク

凛「お願い!かよちん、もうこんなことはやめてよ!!」ガシッ

花陽「凛ちゃん……でも……うぅぅ……」

にこ(花陽が動けない……今がチャンスなんじゃ……)

にこ(そうよ今が!!>>396 捕まえるチャンスor恨みを晴らすチャンス)
396: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 18:18:31.24 ID:r1utwzn8.net
397: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:21:52.64 ID:a90EcOfs.net
にこ「いい凛!そのまま抑えてて!!」

花陽「り、凛ちゃん!!お願い離して!……でも、このままでもいいかもしれない……///」

にこ「よし、ロープ!」


にこ「これでもう動けないわね!」

花陽「……私を捕まえてどうするの」

にこ「まあ、確かに……」

凛「でも、これで襲われることはないにゃ!」

にこ「だけど、いつかは抜けてくるだろうし……」

凛「じゃ、じゃあ……その前に///」モジモジ

にこ「あーそれはまた今度ね」

凛「え!?ほ、本当!?////」カァー

花陽「ギリィッ……」イラッ

にこ「さて、本当に捕まえたけどどうしよう……」

>>400
400: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:30:24.90 ID:MVrJqtq2.net
にっこにこにーの練習
405: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:30:07.18 ID:a90EcOfs.net
にこ「にっこにっこー♪」

花陽「……」

にこ「あなたのハートににこにこにー♪」

花陽「……そんなの見たくないんだけどなぁ」イライライライラッ

にこ「うっ……棘が鋭いわね……」

凛(まあこれはにこちゃんが悪いにゃ……)

にこ「花陽を捕まえたところで何か状況が変わるわけでもないし……」

凛「いっその事、ことりちゃんの家に行くとかどうにゃ?」

にこ「ふむ……それもありかもしれないわね」

にこ(さて、どうしたものか……>>407

(家にとどまって何かをするorことりの家にいく)
406: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:32:30.44 ID:fsk/fPcj.net
尋問する
408: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:59:56.78 ID:a90EcOfs.net
にこ「いい花陽?今から聞くことにしっかり答えるのよ」

にこ「答えてくれたら解放してあげる」

花陽「……うん」

にこ「じゃあまず、なんで私の命を狙うの?」

花陽「それはにこちゃんが花陽の凛ちゃんを取るからだよ」

にこ「……はぁ、じゃあ次」

にこ「希と手を組んでいるのよね」

花陽「そうだね。同じ目的だから手を組んでるよ」

にこ「なら、今穂乃果と海未は無事なの?」

花陽「それは知らない」

にこ「……絵里は無事なの?」

花陽「それも知らない」

にこ「……くっ」

花陽「はい、答えたよ?早く解放してよ!」

にこ「……こいつ」

にこ(どうしよう……>>410

(解放するor解放しないorその他)
410: 名無しで叶える物語(ちゃんぽん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 23:04:33.39 ID:ochYrQe4.net
腹パン
414: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:50:55.32 ID:LBqL6xvt.net
にこ「この!あんた今の自分の立場わかってんの!!」

花陽「立場?ふふ、凛ちゃんがいなければ今頃私にズタズタにされていたくせに」

にこ「!!」ムカァ!

にこ「あんたがこんなことするから!!」ドスッ!

花陽「グゥ!!ガッ……はぁ……はぁ……」ゲホゲホ

にこ「ふ、ふふ……動けないもんだからいい感じに腹に入ったわね……」

花陽「そ、その程度?こんなの平気だよ……」

にこ「まだ言うか!ならもう一発食らわせてやるわ!!」ドス!

花陽「ガッ!……うぅ……」ブルブル

にこ「はぁ……はぁ……。ほら、絵里達は無事なの?なんで狙うの?教えなさいよ!!」ドスッ!

花陽「グフ!……い、言わないよ……だって……知らないもん……」

にこ「「いい加減にしなさいよあんたぁ!!!」

凛「に、にこちゃん!それ以上はだめにゃ!!」ガシッ

にこ「離しなさいよ凛!!こいつが……こいつが何も言わないから!!」

凛「それでもだよ。今はかよちんを縛って何もさせないのが一番だよ」

凛「あとはことりちゃんたちに任せよう?」

にこ「……そ、そうね。頭に血が上ってたわ」
416: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:57:31.76 ID:LBqL6xvt.net
凛「かよちん、ごめんね?当分はこのままだけどトイレとかお風呂の時は凛が一緒にいくからね?」

花陽「ううん、大丈夫だよ。ありがと、凛ちゃん♪」

花陽「でもよかった……凛ちゃんがまだにこちゃんに手を出されてなくて……」

凛「えへへ、にこちゃんはそういうところしっかりしてるから大丈夫にゃ」

花陽「……でも気を付けてね。油断したらにこちゃんはすぐに手を出してくるはずだよ!」

凛「……どっちかと言うとそっちの方が……」ボソッ

花陽「え?何か言った?」

凛「な、なんでもないにゃ!///」ビクッ

花陽「……」
418: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 02:07:54.33 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「……はぁ、どうしよう」

穂乃果「にこちゃんの首を持って来いって言われたけどそんなことできないよ……」

穂乃果「今は海未ちゃんと絵里ちゃんは大丈夫だろうけど……」

穂乃果「でも、このままじゃ誰も救えないよ」

穂乃果「うーん……どうすればいいのかなぁ」

穂乃果「海未ちゃんも絵里ちゃんも大事だけど、にこちゃんも大事な仲間なんだからそんなことできないよ……」

穂乃果「うぅぅ……どうしよう……」

(どうする?>>421
421: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 02:18:46.76 ID:2eDrObKt.net
ほのパパを頼ろう
422: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 02:34:19.39 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「お母さんはこういう話信用しないだろうし……」

穂乃果「雪穂は巻き込みたくない……となると」

穂乃果「やっぱりお父さんかなぁ?」

穂乃果「携帯出るかなぁ……」

prrrr

ほのパパ「……」ナンダ

穂乃果「あ、お父さん?」

ほのパパ「……」イマナンジダトオモッテルンダ

穂乃果「ごめん……でも今そういう場合じゃないんだよ!」

ほのパパ「?」

穂乃果「と、とりあえず事情を話すね」
424: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 02:38:22.59 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「っと言うわけ」

ほのパパ「……」フム

穂乃果「それで今は希ちゃんに協力しないと絵里ちゃんと海未ちゃんが危ないの」

ほのパパ「……」ソウダナ

ほのパパ「……」ナラコウシヨウ

穂乃果「え?>>436をすればいいの?」
436: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 05:26:07.41 ID:vP42QaYr.net
ほのパパが希をシメる
440: 安価10の位ミスってました。(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 09:38:34.21 ID:LBqL6xvt.net
ほのパパ「……」ワカッタオレガノゾミチャンノイエニイク

穂乃果「で、でもそんなこしたら私が言ったってバレちゃう!」

ほのパパ「……」マアナントカナル

穂乃果「ほ、本当かなぁ」
441: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 09:42:38.90 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「心配になってきたけど……お父さん大丈夫かなぁ」

ほのパパ「……」ノゾミチャンイルカイ?

ガチャッ

希「おや?穂乃果ちゃんのお父さん??」

ほのパパ「……」チョットゴメンヨ

希「え?ぐえっ!!」ギュウ!

ほのパパ「……」ナゼウチノムスメニアンナコトヲオネガイシタ

希「ぐっ……べ、別に……協力するって……言ったから」

ほのパパ「……」アマリチョウシニノラナイホウガイイ

ほのパパ「……」イツデモキミノクビヲヘシオルノハカノウダトイウコトヲワスレルナ

希「うぅ……」

穂乃果「……」ソーッ

穂乃果「あれ?お父さん強い!?」
442: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 09:48:16.65 ID:LBqL6xvt.net
ほのパパ「……」イエ、ナゼニコチャンヲネラウカ

希「うぐっ……に、にこちゃんは……うちの絵里ちを奪った」

ほのパパ「……」ソレダケジャナイハズダ

希「……こ、これは言えない」

ほのパパ「……」イヤ、イワナクテハダメダ

希「こ、これを話したら私があの人に狙われる!!」

ほのパパ「……」アノヒト?

希「言っても信じてもらえないかもしれないけど……き、狐の恰好をした人……」

ほのパパ「……」フム

希「ああ……もううちはだめや……これを聞いた穂乃果ちゃんのお父さんもやばいよ……」

希「呪いっていうのはねどんどん広がるもんなんだよ……」

ほのパパ「……」ムッ!

ほのパパ「……」コノイエノナカニ……ナニカイル!?
443: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 09:50:40.92 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「な、何かって?」

ほのパパ「……」ワカランガデモイマイクノハキケンスギル

穂乃果「お、お父さんよくそんなことわかるね」

ほのパパ「……」マアナ。ナガネンダンゴニギッテレバコレグライ

穂乃果「……関係あるのかなぁ?」

ほのパパ「……」トリアエズノゾミチャンヲアンゼンナバショニツレテイクゾ

穂乃果「うん」

穂乃果(どこに連れて行こうかなぁ>>445
445: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 09:57:31.44 ID:KXEStBPG.net
穂むら
448: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 10:33:12.86 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「とりあえず穂むらに連れてきたけど……」

ほのパパ「……」ホノカ

穂乃果「ん?どうしたの?」

ほのパパ「……」シバラクハアノイエニイカナイホウガイイ

穂乃果「で、でも!海未ちゃんと絵里ちやんがあそこで捕まってるんだよ!」

ほのパパ「……」ソレデモダ

穂乃果「嫌だよ!仲間を見捨てるなんて私出来ないよ!!」

穂乃果(でも……一人で行っても危ないだろうし……どうする?>>450

行くor行かないorそのほか
450: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 10:40:30.25 ID:Mpq7HqM/.net
明神に頼る
452: 更新遅くなります。(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 11:14:41.96 ID:ous7ngoa.net
穂乃果「……はあ、神社にでも行ってこよ…」

穂乃果「神頼みもたまには悪くない!てね」


穂乃果「さて、お賽銭っと」

穂乃果「ぱんぱんっ」

穂乃果(にこちゃんと皆が早く仲直りしますように!)

>>454
454: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 11:38:38.57 ID:KRulAyzC.net
(・8・)やっぱり"ことほの"なんだよちゅんなぁ…
457: 更新遅くなります。(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 12:00:43.67 ID:ous7ngoa.net
(・8・)「ハロー穂乃果ちゃん」ピカーン

穂乃果「え…じ、神社の中からこ、ことりちゃん?が!?」

(・8・)「穂乃果ちゃんの願いしかと聞きました」

穂乃果「じゃあ!」

(・8・)「ですが、残念ながらあまりにも強力な呪いが彼女の周りに渦巻いているのです」

穂乃果「そ、そんなあ…」

(-8-)「申し訳ありません…」

穂乃果「す、少しでもなんとか出来る方法はないんですか?」

(・8・)「少しくらいならなんとか出来ますが……」

穂乃果「その方法は!」

(・8・)「じゃあ、ことほのを見せて下さい」

穂乃果「へ?」

(・8・)「やっぱり、ことほのなんだよちゅんなあ」
461: 更新遅くなります。(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 12:38:13.55 ID:ous7ngoa.net
穂乃果「ことほのってなんだろ…」

(・8・)「はーやーくー」

穂乃果「うーん、ことって言うからことりちゃんが必要だよね?」

穂乃果「とりあえず、ことりちゃんも呼んでおこうかな」ピッ


ことり「うわー…本当に似てる…」

穂乃果「それでことほのって何すればいいの?」

(・8・)「そりゃーもう、>>463です」
463: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 12:41:21.22 ID:a3LJ+66F.net
ことりに餌やり
464: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 12:49:17.10 ID:ous7ngoa.net
(・8・)「はい、というわけでここにチーズケーキを用意しました」

穂乃果「はあ…?」

(・8・)「これをことりにあげるちゅん」

穂乃果「え?あ、うん?」

穂乃果「じゃあ、ことりちゃんあーん」

ことり「あーん♪」

(・8・)「は?」

穂乃果「え?何?」

(・8・)「あーダメダメ。そんなんじゃダメですよ」

穂乃果「えぇ…」

(・8・)「もっと密着して!!そこで顔が近過ぎるぐらいにしてからあーんだよ!!!」

穂乃果「あ、はい…」
465: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 12:56:47.12 ID:ous7ngoa.net
穂乃果「こ、ことりちゃん…///」

ことり「穂乃果ちゃん……///」

穂乃果「あ、あーん…///」

ことり「んっ…美味しいよ…穂乃果ちゃん///」

(・8・)「ああー!!ちゅんちゅんするんじゃー!!」
466: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 13:03:44.72 ID:ous7ngoa.net
穂乃果「じゃあ!これで!」

(・8・)「は?」

穂乃果「え?少しはなんとかしてくれるって……」

(・8・)「あ、あー!……こ、これだけじゃダメです!」

穂乃果「えぇ!?」

ことり(というか、元から胡散臭い気が……)

(・8・)「じゃ、じゃあ>>468
468: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 13:04:37.16 ID:++sd8Dm1.net
トッリをぎゅー
470: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 13:20:32.73 ID:ous7ngoa.net
(・8・)「じゃあ、トッリをぎゅってしてください」

穂乃果「え?あ、うん」

ぎゅっ

(・8・)「!?」

(・8・)「これが…穂乃果ちゃんの温もり!?」

(・8・)「柔らかい……ちゅん」

穂乃果「あ、あの…恥ずかしいから静かにしてね?」
472: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 13:43:15.48 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「じゃあこれで叶えてくれるよね!」

(・8・)「ちょっと手助けするぐらいですけどね」

(・8・)「ふむ…やはり、強力な呪いがありますね」

(・8・)「じゃあ、穂乃果ちゃんにこれをあげます」

穂乃果「これは…お守り?」

(・8・)「これがあれば穂乃果ちゃんには呪いがあまり効かなくなります」

穂乃果「それじゃあ、こっちのは?」

(・8・)「それはにこちゃんに、一度だけ身を守るお守りです」

穂乃果「おお!」
473: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 13:55:26.13 ID:ous7ngoa.net
(・8・)「最後に穂乃果ちゃん」

穂乃果「ん?何?」

(・8・)「仲間を信じてあげて下さい」

(・8・)「今まだ誰も死なずに来ているのです」

(・8・)「必ず…にこちゃんを守って下さいね」

穂乃果「うん、わかった!」
475: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 14:00:40.55 ID:ous7ngoa.net
ことり「これで少しは希望が見えたかな」

(・8・)「わかりません。ですが、あの狐は常ににこちゃんを狙ってます」

ことり「やっぱりか…」

(・8・)「その様子…なるほど」

(・8・)「ここに私がいる理由もなくなりましたね」

ことり「うん、さあにこちゃんを助けるよ!」
477: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 14:04:42.96 ID:ous7ngoa.net
穂乃果「お守りを貰ったのはいいけど…」

穂乃果「先に海未ちゃん達を助けるべきか先ににこちゃんにもう一つのお守りを渡すべきか……」

穂乃果「うーん……」

穂乃果「そうだ!>>480

(助けに行くorにこのとこにいくorその他)
480: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 14:07:02.28 ID:y3h+o/ub.net
にこのとこ
481: 更新遅くなります(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 14:15:32.83 ID:ous7ngoa.net
穂乃果「じゃあにこちゃんにお守りを渡してこよっと」

穂乃果「一応希ちゃんがいないから二人は安全だしね」

穂乃果「よし、行こう!」
482: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 15:40:24.13 ID:ous7ngoa.net
にこ「はあ、結局なんもわからずずまいよね?」

凛「うん、もう少し何かわかるといいんだけどねえ」

にこ「そうね、せめて穂乃果当たりが帰って来てくれればわかるんだけど…」

コンコンッ

にこ「ん?誰かしら?>>484
484: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 15:51:51.01 ID:KRulAyzC.net
ほのパパ
488: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:06:31.71 ID:92EkiqqP.net
にこ「あれ?穂乃果のお父さん?」

ほのパパ「……」ヤァ

にこ「どうしたんですか?」

ほのパパ「……」ウチノオマンジュウナンダガ

にこ「わあ!ありがとうございます♪」

ほのパパ「……」アト、コチラデノゾミチャンハホゴシテルヨ

にこ「え!?な、なら今なら絵里を助けにいかなきゃ!ありがとうございます!」

にこ「り、凛!行くよ!」

凛「ま、待って!穂乃果ちゃんを待った方がいいよ!」

ほのパパ「……」スマナイオレハモドラナイトイケナイカラ

にこ「む…どうしよう」

>>490

行くor行かない(穂乃果を待つ)orその他
489: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:15:47.75 ID:1fJ9cybZ.net
ことほのりんを連れて迎えに行く
492: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:43:13.83 ID:92EkiqqP.net
にこ「わかったわ。穂乃果を待ちましょう」

凛「にこちゃん!うん!待とう!///」


しばらくして…

穂乃果「にこちゃん、お待たせ!」

にこ「来たわね。それじゃあ、今から希の家に向かうわよ!」

凛「うん!でも、かよちんはどうするの?」

にこ「は?いいわよそんな奴無視よ!」

凛「え?あ、うん。じゃあ、かよちん行ってくるにゃ」


花陽「……」

>>494

逃げるor大人しくしてるorその他
494: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:48:24.00 ID:YcdCjR79.net
性的な意味で襲い掛かる
496: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:41:04.06 ID:LBqL6xvt.net
花陽「ゴソゴソッ」

にこ「よし、じゃあそろそろ行くわよ」

凛「うん!えっと、傷薬にお菓子に……」

にこ「なんでお菓子を入れるのよ!」

穂乃果「あはは、にこちゃんの元気が戻ってよかったよぉ」

にこ「あ……そ、そうね!心配かけたわね」

凛「えへへ♪元気になってくれてうれしいにゃ♪」

花陽「……」ユラリ……

穂乃果「ん?あ!!」

にこ「え?ひっ!!!」


花陽「>>498(誰を襲う?にこor凛or穂乃果)」
498: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 20:42:30.28 ID:o7bz0xtJ.net
にこ
500: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:00:42.35 ID:LBqL6xvt.net
花陽「……」ダッ!

にこ「え!?き、きゃあ!?」

凛「え!に、にこちゃん!!」

穂乃果「わ!だ、だめ!逃がさないよ!!」

花陽「ごめんね凛ちゃん。でも、邪魔をしないで!」バッ

穂乃果「わっ!ふ、布団!?」

凛「わぷ!!」
501: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:06:13.09 ID:LBqL6xvt.net
花陽「……」

にこ「うっ……ここは……」

花陽「あ、ようやく起きた?」

にこ「ひっ!!は、花陽……こ、ここは……」

花陽「そうだよ。学校の部室だよ」

にこ(わ、私の家から学校まで担いできたわけ!?)

にこ(あ、ありえない……どういうこと?)

花陽「ねえにこちゃん」

にこ「な、なによ……」

花陽「にこちゃんにお腹殴られたのすっごい痛かったなぁ……」

にこ「あ……ご、ごめ……」

花陽「いやだよ♪」

花陽「悪いことをしたらお仕置き……当り前だよね」

にこ「いや……ああ……いや!来ないで!!」ビクビク

花陽「大丈夫……痛い事はしないよ……多分ね」
502: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:14:58.93 ID:LBqL6xvt.net
にこ「いや!触らないで!!」

花陽「へえ、なんで触られるのが嫌なの?」

花陽「花陽はただ、にこちゃんの太腿を触っているだけだよ?」ナデナデ

にこ「うくっ……やめてよ……」

花陽「だーめ」

花陽「あとさぁ……その服邪魔だよね?」

にこ「え?」

花陽「にこちゃんが服着るなんてちょっと生意気だよね?」

にこ「なっ!あ、あんた言っていることが無茶苦茶!!」ビリッ

花陽「黙ってなよ。あまり騒ぐと間違えて突き刺しちゃうよ?」スッ

にこ(な、ナイフ……)ガタガタ

花陽「そう、そうやって大人しくしてて……」ビリビリッ

にこ「いや……いやぁ……」ガタガタ

にこ(誰か助けて……)
503: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:21:07.02 ID:LBqL6xvt.net
にこ(くっ!ダメよ!!こんなところで屈したら……)

にこ(こいつの思うつぼ!逃げなきゃ!!)

花陽「ほら、にこちゃんの下着がもう丸見えだよ?」

にこ「ひっ!///」

花陽「何赤くなってるの?もっとひどい姿になるっていうのに」

にこ「な、なにする気よ……」

花陽「何って、全裸にするだけだよ?」

にこ「はあ!!ふざけないでよ!!」

花陽「ふざけてないよ?……でも、もし抵抗するなら……わかってるよね?」

にこ(くっ……どうする……どうしよう!!)


>>505

(逃げるor諦めて花陽の言う通りにする)
505: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:30:33.96 ID:1fJ9cybZ.net
逆に押し倒す
508: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:39:39.82 ID:LBqL6xvt.net
にこ「こ、この!」ガバッ

花陽「きゃっ!!何するの」

にこ「あ、あんたにやられるぐらいならわ、私からやってやるわよ!」

花陽「ふーん、にこちゃんにできるの?」

にこ「うっ……」

花陽「あはははははは!!!押し倒しおしたのはいいけど次どうすればいいのかわからないんだ!!!」

にこ「う、うるさいわね……」

にこ(どうする……どうしてやればいい……>>509
510: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:40:10.42 ID:LBqL6xvt.net
すんません2重になったんで>>512
511: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:40:47.98 ID:1fJ9cybZ.net
ぎゅっと優しく抱きしめる
518: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:50:19.62 ID:LBqL6xvt.net
にこ「こ、こうかな……」

花陽「……はあ、抱きしめられてもしょうがないんだけど」

にこ「うっ……」

花陽「やる気あるの?」

にこ「……う、うるさいわね……」

花陽「じゃあ教えてあげようかにこちゃん?」

にこ「え?なにを……んぅっ!!」チュウ

花陽「ほら……ちゃんと口開けてくれないと……」

にこ「んんっ!んうぅっ!!」フルフル

花陽「ほら、口を開けてくれないと……ナイフがおなかに刺さるよ」
にこ「ひっ……あー……んぶっ!?」ガバッ

にこ(何?花陽の舌が口の中に!?)

にこ(いや!!気持ち悪い!!いや……いやあ!!)ブルブル

にこ「や、やめて!!」ドンッ

花陽「……」

にこ「はぁ……はぁ……///」


花陽「>>520

(次の行動続けるかor始末するかorそのほか)
521: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:53:31.70 ID:Fzxr0AfQ.net
続ける
524: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:02:19.85 ID:LBqL6xvt.net
花陽「ほら、脱いでよにこちゃん」

にこ「いや!!やめてよ!!見ないで!!!」

花陽「なんで?今は花陽の所有物。なにしたって構わないよね?」

にこ「ふ、ふざけないで……!」キッ

花陽「ふふ、怖い怖い」

花陽「でも、可愛い下着だねにこちゃん」

にこ「いや!返してよ!!」

花陽「だーめ」

花陽「ふふ、にこちゃんのここ可愛い……」

にこ「は、はあ!?って、どこ見てるのよ!」

花陽「……なんかしょっぱい様なそんな匂いがするね」クンクンッ

にこ「いや……何してるのよ!や、やめて……やめてよぉ……」

花陽「だめ♪始まったばっかだよ……にこちゃん」

花陽「ああ……殺したいぐらい可愛いよ……」

花陽「次だよ>>526
526: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:05:23.83 ID:1fJ9cybZ.net
ぎゅっと優しく抱きしめる
541: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:39:37.30 ID:LBqL6xvt.net
花陽「ふふ……私はにこちゃんが憎い」

にこ「え……?」

にこ(なにこいつ……急に優しく抱き着いてきた……?)

花陽「あのね、私今でもにこちゃんをここでバラバラにしたいぐらい憎いの」

花陽「でも……私の中にもう一人の私がいるみたいで……」

花陽「そのもう一人の私が必死に私自身を止めてくるの!!」

花陽「でも……もういい!今ここでにこちゃんを……ぐっ!!」ガクッ

にこ「ちょ、ちょっと……花陽?」

花陽「に……にこちゃん……?」

にこ「だ、大丈夫?」

花陽「……いい?今言う事をしっかり聞いて?」

にこ「え?」

花陽「……全ての元凶は希ちゃんの家にいる」

花陽「止める方法は……ごめん。わからない」

花陽「早く行って!!もう……おさえ……」

にこ「ちょっと!は、花陽!!」

花陽「……早く……にげ……て」ガクッ

にこ「ど、どうしよう……でも私全裸なんだけど……あーえっと……」


にこ「とりあえず衣装があったからそれで……(イメージ僕らは今の中での衣装)」

にこ「……まだ、花陽は起きてないわよね?」

にこ「じゃあどうしようかしら……>>543
542: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:40:42.88 ID:5cAa9QyQ.net
希の家に行く
546: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:59:17.17 ID:LBqL6xvt.net
にこ「もういいわ!こうなったら希の家に行くわよ!」ダッ

花陽「……にこちゃん」ユラッ

にこ「げっ!も、もう起きたの!?」

花陽「逃げちゃだめなんだよ……」

にこ「くっ!今はあんたに構ってる暇はないのよ!!」ダッ

花陽「逃がさないよにこちゃあああああああん!!!!」ダッ

にこ「や、やばい!捕まったらやられる!!」

にこ「でも!逃げ切るしかない!」ダダッ
548: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:02:20.62 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「おーい!にこちゃーん!どこー?」

凛「まさかあんな一瞬でいなくなっちゃうなんて……」

穂乃果「花陽ちゃん、あんなに足早くなかったよね?」

凛「うん……」

穂乃果「もしかしたら……いや、変なことは考えないでおこ……」

凛「どうしたの?」

穂乃果「ん?えっとね、にこちゃんにお守りを渡すの忘れてたんだ……」

凛「え!?」

穂乃果「ご、ごめん!今、にこちゃんが花陽ちゃんに攻撃されたら……」

凛「ま、まずいにゃ!!は、早く探さないと!!」

穂乃果「う、うん!じゃあ>>550に行こう!」

(どこに行くか)
549: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:07:29.96 ID:+7Jq2X/S.net
希宅
552: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:37:34.42 ID:LBqL6xvt.net
穂乃果「じゃあ希ちゃんの家に行こう!」

凛「うーん……でもいるのかな?」

穂乃果「それは行けばわかるよ!」

凛「確かに……じゃあそうしようか!」
553: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:41:26.60 ID:LBqL6xvt.net
にこ「はあ……はあ……」

花陽「どこ行ったの!にこちゃああああん!!」ガンッガンッ!

にこ「あいつ……まるで壊れた機械のように色んな物を殴りつけてる……」

にこ「やばい……見つかったら確実にやられる!!」

にこ「なんとかバレないように動かないと……」ソーッ

にこ「よし、玄関まで来れたわ!急いで逃げないと……」ガチャガチャ

にこ「うそ……開かない?」ガチャガチャ

にこ「な、なんで……?」

花陽「えへへへ……にこちゃん……みぃぃぃつけたぁぁぁあぁあああ」
554: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:44:05.60 ID:LBqL6xvt.net
にこ「やばい……うそでしょ……」

花陽「音がしたから来たら……にこちゃん……」

花陽「これでようやく切り刻む事ができるねぇ!!!」ダッ

にこ「ひぃ!!」ガンッ!

にこ「あ、危なかった……やばい……やばいよ……こんなの相手にできない……」

花陽「ねえにこちゃん……そろそろ死んでよおおおおおおおおおお!!!!」

にこ(い、一か八かよ!!>>556
556: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:49:26.00 ID:UwXyn8l/.net
熱い抱擁(性的な意味ではなく)
559: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 00:09:07.55 ID:4cFBZGLC.net
にこ「こうなったら動きを止めるために!!」ダッ

花陽「ははは!そんな事だろうとおもってたよ!!」

にこ「え?」グサッ


にこ「……え」

花陽「あはははははは!!!!」

にこ「うそ……でしょ……」ガク

花陽「やった……やったよ……私やったよぉおお!!」

にこ「あ……う……」ドサッ

花陽「やった……えへへへへ!これで凛ちゃんは花陽のものだ!!」アハハハ

にこ(そんな……ここ……までなの?)ウゥ

にこ(いや……死にたくない……死にたくない……よ)ドサッ

花陽「じゃあ……次は穂乃果ちゃん達だね」エヘヘ
560: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 00:13:02.56 ID:4cFBZGLC.net
穂乃果「ん?」

凛「どうしたの?穂乃果ちゃん」

穂乃果「いやぁ……誰かに呼ばれたような?」

凛「えー?空耳じゃないかにゃ??」

穂乃果「だといいけどさ」

穂乃果「あ、あれ?」

凛「またどうしたにゃ……」

穂乃果「いや、にこちゃんに渡すはずだったお守りが……粉々に」

凛「にゃ!?……なんでだろう??」

穂乃果「まさか……花陽ちゃんに!?」

凛「い、急ぐにゃ!!」ダッ
563: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 01:03:38.28 ID:4cFBZGLC.net
にこ「……つぅ」ムクリッ

にこ「あれ……私?」

にこ「やっぱり、お腹から血の跡が……ん?血の跡??」

にこ(お腹に傷がない……?)

にこ「まったく……何がどうなってるのよ」
564: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 01:06:23.08 ID:4cFBZGLC.net
ことり「危なかったぁ……まったく、にこちゃんも無謀なことするんですから!」

ことり「さて、これで私が手を貸せる方法はなくなったわけですね」

ことり「後は……希ちゃんを元に戻して狐に対抗しないと」

ことり「次に心配なのは穂乃果ちゃん達……無事でいてくれたらいいんだけど……」

ことり「……って、ことりだけやる事多いね」ハァ
565: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 01:12:31.66 ID:4cFBZGLC.net
にこ「もう……何が何だかわからないけどこのチャンスを大事にしないと」

にこ「『次はない』わね……」

にこ「花陽はどこかしら?またあいつに追いかけられたら面倒なことになるわね」

にこ「……玄関のドアは開かない、そうなると窓から出るしかないわよね」

にこ「じゃあ一旦部室に戻って窓から出ましょうか」

ガタッ……。

にこ「……」ピクッ

にこ「嘘……まだいたの!?」

ドアの向こうにいるのは>>567
567: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 01:25:13.91 ID:n/cHY+kg.net
ホッノ
569: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 07:15:21.46 ID:4cFBZGLC.net
穂乃果「にこちゃん!!」

にこ「穂乃果!!」

穂乃果「よかった……無事で」

にこ「え、ええ……よくここがわかったわね」

穂乃果「うん、実はことりちゃんが教えてくれたんだ」

にこ「ことりが??」

穂乃果「そう。でもなんでことりちゃんが知ってたんだろうね?」

にこ「……まあ、いいわ」

にこ「そうよ!ゆっくりしている暇はないわ!早く脱出して希の家に向かうわよ!」

穂乃果「そうだね!早く終わらせよう!」
570: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 07:21:27.52 ID:4cFBZGLC.net
にこ「ついに来たわね……希の家よ」

穂乃果「うん、でも穂乃果は2回目だね」

にこ「そんなの今はどうでもいいの!」

にこ「さあ……開けるわよ」

穂乃果「う、うん……」

ガチャッ……

>>572

中に何があるか。or誰がいるか。
572: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 07:29:21.65 ID:USYqC0MZ.net
ツバサ
574: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 12:27:59.51 ID:4cFBZGLC.net
ツバサ「ん?矢澤さんに穂乃果さん」

にこ「え!?な、なんでツバサさんがここに!」

ツバサ「いや、ちょっとね……」

穂乃果「あ、あの……ここに絵里ちゃんと海未ちゃんはいませんでしたか?」

ツバサ「残念ながら二人の姿は私が来た時にはもうなかったわ」

にこ「そう……ですか」

穂乃果「どこに行ったのかな?」

ツバサ「それはわからない。だけど、この部屋を見る限りただ事ではないみたいね」

にこ「ええ」

ツバサ「……まあ原因も何となくわかったわ」

穂乃果「?」

ツバサ「矢澤さん、一つアドバイスしてあげる」

にこ「え?」

ツバサ「狐は油揚げが好きよ?」

にこ「……は?」

ツバサ「じゃあね、後は頑張って頂戴」

にこ「あ……はい?」
575: またダブった・・・。(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 12:29:54.94 ID:4cFBZGLC.net
にこ「狐は油揚げが好き?」

穂乃果「狐を追い返すためのヒントかなぁ?」

にこ「でも倒さないといけない相手に好きなもん送る?」

穂乃果「うーん……」

にこ「まあとりあえずどうしようかしら?>>577
577: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 12:34:53.47 ID:QqeHwJig.net
近くの豆腐屋さんで油揚げと豆乳ドーナツを買う
580: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:11:18.93 ID:4cFBZGLC.net
にこ「とりあえず言われた通りに油揚げを買いましょ」

穂乃果「うん」


にこ「よし、油揚げを買ったわよ」

穂乃果「にこちゃんにこちゃん!」

にこ「はぁ……何よ?」

穂乃果「これも買ってー!豆乳ドーナツ!」

にこ「……なんで私が買わないといけないのよ」

穂乃果「に、にこちゃんにもあげるから。ね?」

にこ「……まあ仕方ないわね」
581: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:15:24.03 ID:4cFBZGLC.net
にこ「もぐもぐ……でも、絵里達どこに行っちゃったのかしら?」

穂乃果「うーん……狐って謂うぐらいだから神社かなぁ?」

にこ「いや、もしかしたら私の家か希がいる穂むらかも……」

穂乃果「うん……あ、そうだ!凛ちゃんと合流しないと!」

にこ「ああ、そういえばそうね」

にこ「じゃあ>>583ね」

(凛と合流or神社行くor帰宅するor穂むら行くorそのほか)
583: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 18:21:23.07 ID:qrBLF/9D.net
凛と合流
586: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:34:16.40 ID:4cFBZGLC.net
凛「もー!どこ行ってたのさ!穂乃果ちゃん!!」

穂乃果「あ、あはは……ごめんごめん」

にこ「それで、凛は今まで何してたのよ」

凛「ん?えっとね、穂乃果ちゃんがいなくなった後、凛一人で希ちゃんの家を覗いたんだ」

にこ「は!?あ、あんたも無茶するわねぇ……」

凛「えへへ。じゃなくて、そのあと大変なんだよ!!」

にこ「今以上の大変な事なんてあるわけ?」

凛「う、うん!」

穂乃果「それで、その大変って一体?」

凛「あ、あのね……狐の事なんだけど……」

にこ「それが何よ?」

凛「じ、実は絵里ちゃんに憑依しちゃってるみたいで……」

にこ「は?」

穂乃果「えぇ……」

凛「それで今は多分神社に向かったみたい……」

にこ「じゃあ……神社に向かう?」

穂乃果「それより、もう少し準備してからの方がいいかな??」

にこ「うーん……じゃあ>>588で」
588: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:44:53.29 ID:NRAcSkSj.net
トッリをことりと同化させて大天使コトリエルから女神コトピシャスにしてからGO
614: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 10:19:37.28 ID:1Gv77E1T.net
ことり「遂に、ここまでたどり着いたね」

(・8・)「後はにこちゃんや穂乃果ちゃん達を信じるだね」

ことり「ううん、まだやる事があるよ」

(・8・)「……」

(-8-)「なるほどね…本当に無茶をする子だよね君は」

ことり「えへへ、でも大好きなにこちゃんの為だもん、やれる事はしてあげたいから」

(・8・)「ことほのも忘れちゃやだちゅん!」

ことり「うん!穂乃果ちゃんも大好きだもん!」

(・8・)「じゃあ……行くよ!」

ことり「お願い!」
615: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 10:25:38.60 ID:1Gv77E1T.net
にこ「それじゃあ、神社に向かうとしますか」

穂乃果「そうだね。もう特にすることもないだろうし行くべきだね」

凛「よーし!皆を元に戻すにゃー!」

ことり「ま、待ってー!わ、私も行くよー!」ダダッ

穂乃果「こ、、ことりちゃん!?」

ことり「私もお手伝いします!」

にこ「でも、危ないと思うけど……もしかしたら、暴力とかも……」

凛(むしろなんで凛が戦闘要員になってるんだろう……?)

穂乃果「まあ、そうなったらことりちゃんも穂乃果が守るよ!」

にこ「……その心配はない様な気がするけど」

にこ「ついてくるなら心強いわ。ありがと、ことり」

ことり「うん///頑張るね!」
616: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 10:31:54.44 ID:1Gv77E1T.net
にこ「さて……神社に来たけど……!!」

穂乃果「あ、あそこにいるのは……!!」

凛「>>618にゃ」

(誰がいたか)
618: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 10:54:34.66 ID:N3ZBB43p.net
こっくりさん
623: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 14:57:21.87 ID:Drhdodp7.net
凛「あ!こっくりさんにゃ!」

にこ「と言うか、あれはモロバレね」

穂乃果「ぅ絵里ちゃん……」

にこ「まさか尻尾まで生えてるとはねぇ」

絵里?「む?ようやく来おったか。ちと、遅すぎる気がするが…」

にこ「うわ…絵里らしなくない喋り方…」

絵里?「なんじゃ、もう一人の奴にするべきじゃったか」

穂乃果(狐海未ちゃん……見たい!///)
624: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 15:02:16.46 ID:Drhdodp7.net
絵里狐「んで、どうするつもりじゃ?」

にこ「どうもこうもないわ!早くこんな呪いを解きなさいよ!」

絵里狐「なら、ちゃんとした手順で遊びを終わらせるのじゃな」

にこ「ど、どういう事よ」

絵里狐「そうじゃなあ……せっかくここまで来たのじゃなから命は勘弁してやろう」

絵里狐「今お主らの持つ中でわしの欲しい物を当てよ」

絵里狐「さすれば呪いを解こうぞ」

にこ「本当ね…」

絵里狐「ああ、狐は嘘は言わん」

にこ「じゃあ……>>626
626: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 15:04:41.57 ID:M1I/8OTZ.net
油揚げ
627: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 15:15:49.48 ID:Drhdodp7.net
にこ「じゃあ、油揚げを」

絵里狐「おお!わしの好物じゃ!!」

絵里狐「じゃあ、約束通り呪いは元に戻そう」

にこ「ほ、本当に!?」

絵里狐「うむ。ほい、呪いは解いたぞ」

にこ「よかったぁ……あ、そういえば海未は?」

絵里狐「ここじゃ」

にこ「じゃあ海未も返してよ」

絵里狐「なんでじゃ?わしは願い事を叶えた」

絵里狐「もし、もう一つ欲しいのなら同等の物を寄越すのじゃ」ニヤ

にこ「ぐぬぬ…」

にこ「ど、どうしよう……>>630かな?」
630: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 15:34:20.99 ID:yi4Q8z80.net
女神コトピシャスの浄化の力
639: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 19:57:27.47 ID:Drhdodp7.net
にこ「そ、そんな物ある訳…」

ことり「私が持ってますよ」

にこ「は?こ、ことり?」

穂乃果「何言ってるのさ!」

ことり「大丈夫だよ、心配してくれてありがとう」

絵里狐「ほう、小娘。わしの求む物を持ってると?」

ことり「はい♪」

絵里狐「して、それは何じゃ?」

ことり「渡すのは私自身です」

絵里狐「ほぅ……」

にこ「な、何馬鹿な事言ってんのよ!」

穂乃果「だ、ダメだよことりちゃん!」

凛「か、考え直すにゃ!」

ことり「大丈夫、私に任せて!」
640: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 22:05:00.96 ID:1Gv77E1T.net
絵里狐「小娘。自分を差し出すと言う事は命を貰ってもよいとのことだな?」

ことり「それはちょっと困ります」

絵里狐「ふむ、ではわしにどうしろというのじゃ?」

ことり「このまま元いた場所に帰ってもらいます」

絵里狐「ふ、ふふ……ははは!!愚かな!」

絵里狐「わしに挑んで無事で済むと思うなよ!小娘!!」

ことり「大丈夫です。初めからそんなことは思っていません」


にこ「……ねえ、これってバトルのジャンルだっけ」

穂乃果「うーん……まあ、今の間に海未ちゃんをこっちにっと」

凛「あれ?もう何気に全て収まった気がするにゃ……」
641: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 22:07:48.77 ID:1Gv77E1T.net
にこ「ていうか、なんか凄い戦いが目の前で繰り広げられてるんだけどさ」

にこ「ことりってあんなことできたのね」

穂乃果「ほ、穂乃果も初めて知ったよ……」

凛「ど、ドラゴンボ○ルにゃ……」

にこ「でも、若干ことりが押されてない?」

凛「大体どのバトル漫画も主人公が押されるのはデフォにゃ」

にこ「メタね」

穂乃果「で、でもこのままことりちゃんが倒れたらやばいよ!!」

にこ「そうね。じゃあ、>>643をするわよ」
643: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 22:15:24.59 ID:+KQHOj9t.net
クンニ
648: 死ぬ未来しか見えない。(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 23:42:38.48 ID:1Gv77E1T.net
にこ「クンニ……」

凛「にこちゃん、それをやったら二人から集中攻撃されそうにゃ」

にこ「じょ、冗談よ……」

穂乃果(こ、ここまで来て死なれても困るんだけど……)

にこ「さ、再度考えるわ!>>650
650: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 23:46:59.21 ID:UAfBR0f4.net
ことほの成分注入
652: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 23:49:13.75 ID:1Gv77E1T.net
にこ「穂乃果」

穂乃果「な、何かな?」

にこ「今から言うことを大声でことりに叫びなさい」

穂乃果「え?うん、わかった」

にこ「じゃあ」ゴニョゴニョ

穂乃果「ふんふん……えええええ!?////そ、そんなこと言わないとだめなの!?」

にこ「当たり前でしょ?ほら、早く!ことりが負けちゃうわよ!」

穂乃果「わ、わかったよぉ……」
654: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 23:53:00.77 ID:1Gv77E1T.net
ことり「くっ……つ、強い……」

絵里狐「ほっほっほ!いくら、力があろうてわしに勝てるわけなかろう!!」

ことり「だ、だめ!このままじゃ!!」

穂乃果「ことりちゃん!!!」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!?」

穂乃果「が、頑張って!負けないで!!穂乃果の大大大好きなことりちゃん!!」

ことり「!!!?」

穂乃果「こ、ことりちゃんが勝ったらいくらでもお洋服着てあげるからー!!!」

ことり「か、体から力が湧いてきます!!!」

ことり「行きます!!」

絵里狐「な!急に動きが!!」

ことり「狐さん!ここからいなくなれー!!」


ドーン
655: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 23:57:29.43 ID:1Gv77E1T.net
にこ「なんか地味に終わったわね」

凛「これが全力全開にゃ」

穂乃果「うぅ……///いやな約束しちゃったよぉ……///」

ことり「か、勝った……勝ったよ!!」

絵里狐「ま、まだじゃ……まだ終わって……」

ことり「そうです!まだ終わってないです!今ここで狐さんを封印します!」

絵里狐「な、なにを!?」

ことり「女神コトピシャスの浄化の力を今ここに!!」

絵里狐「う、うぐわぁあああああ!!!か、体が……体が消えていく!!」

にこ(何コトピシャスって?)ヒソヒソ

凛(わかんないにゃ。きっとことりちゃんが今考えたにゃ)ヒソヒソ

穂乃果(意外とことりちゃんああ言うの好きだからね)ヒソヒソ
656: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 00:00:44.86 ID:1rvyakhR.net
にこ「絵里!!だ、大丈夫!?」

絵里「うっ……こ、ここは……」

凛「よ、よかった……無事見たいにゃ」

穂乃果「海未ちゃんも無事みたい…」

絵里「ごめんなさい、にこ。あなたには凄い心配掛けたわね……」

にこ「ううん、もう大丈夫だからありがと……絵里」

絵里「これでまたμ'sが続けられるわね……」

にこ「そうね、また明日から練習が始まるわよ!」

穂乃果「これで一件落着だね!!」

凛「いやー一日が長かったにゃ!」



海未「私の活躍がほとんど0なんですが……」
657: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 00:02:34.65 ID:1rvyakhR.net
エピローグ

ガララッ

にこ「おっはよー……って」

にこ「はぁ、またみんないないのか」

にこ「また部室にはにこ一人か」

にこ「となると、暇ね」

にこ「……」

にこ「こっくりさん以外でなにかやろーっと」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「暇ね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。