>>3のシチュエーションでSS書く

シェアする

穂乃果-アイキャッチ23
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 19:55:03.40 ID:g2T9QElR.net
穂乃果「ファイトだよ!」

元スレ: >>3のシチュエーションでSS書く

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 19:56:22.33 ID:gWZ9oN7c.net
ことえりりん
6: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:07:44.27 ID:g2T9QElR.net
ことり「わぁ、このメンバーだけっていうのも珍しいね」

凛「用事が重なった顛末だにゃ」

絵里「そうね、でも練習はしっかりしないと、ライブも近いしね」

凛「お店の手伝いに行っている穂乃果ちゃんに会いに行きたいよ~」

絵里「ふふっ、それは練習後にね♥」

凛「わーい、絵里ちゃん話がわかる~!」

ことり「そうだ、ことり、凛ちゃんに着て欲しい衣装があるの」

絵里「あら」

凛「凛に?」
7: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:11:20.80 ID:g2T9QElR.net
ことり「部室に仕舞ってあるから取ってくるね♥」タッタッタ

凛「どんな衣装なのかなあ」

絵里「ふふっ、素敵な衣装であることは決まっているわね」

凛「絵里ちゃん知ってるの?」

絵里「知らないけど、ことりちゃんが作る衣装なんだもの、素敵に決まってるわ♥」

凛「そうだよね! じゃあ、ことりちゃんが来るまで柔軟するにゃ!」

絵里「手加減しないわよ!」
8: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:15:52.58 ID:g2T9QElR.net
凛「いたっ! いたたた! 痛いにゃー!」

絵里「最近柔軟サボってたんじゃない? ずいぶんと硬くなってるわよ」

凛「そ、それは……」

絵里「ほらっ、キリキリ伸ばす!」

凛「て、手加減してほしいにゃ!」

絵里「ブーブー言わない!」

凛「あうー、これならお夜食のラーメン我慢して柔軟しておけばよかった」

絵里「……太るわよ?」

凛「柔軟はサボってるけど、ダンスはさぼってないから平気だにゃ」

ことり「おまたせ~♥」ハァハァ 
9: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:21:56.08 ID:g2T9QElR.net
凛「そんなに急がなくてもよか……っ!」ガクゼン

ことり「だって、新作の衣装すぐに着て欲しかったんだもの」

絵里「ハラショー! ずいぶんとフリルが付いているのね」

凛「そ、それって、ゴスロリ?」

ことり「そう! ゴシックロリータ、略してゴスロリ♥」

絵里「ゴスロリん……」ボソッ

凛「うわーん! そんなフリフリな衣装着られないよぉ!」

絵里「そんなことないわよ、ウェディングドレス綺麗だったじゃない♡」

凛「絵里ちゃんはスタイルが良いからそんなこと言えるんだよぉ」

ことり「凛ちゃんのスタイルが変わってなければ可愛く着られる仕様だよ♪」
10: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:27:44.23 ID:g2T9QElR.net
凛「う……そう、そうだにゃ! 実はお夜食のラーメンを食べ過ぎちゃって」

絵里「太っちゃった?」

凛「そうにゃ! いや、そうです! 制服のウェストがちょっときついんだよねぇ」

絵里「じゃあ、なおさら衣装を着ないといけないわね♪」

凛「どうして!?」

絵里「折角作った衣装なんだもの、着てあげなきゃ勿体ないわよ♥」

ことり「そうそう、衣装さんが泣いちゃうよぉ? もったいないオバケが出ちゃうかも♥」

凛「うわーん、ゴスロリは怖いけど、お化けはもっと嫌だにゃあ!」

絵里「そ・れ・に」ムギュ

凛「ひゃ!」

絵里「うーん、触った限りだとあんまり太ったようには感じないわね」
12: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:32:42.21 ID:g2T9QElR.net
絵里「もっと触ったらウェストのサイズも分かるかしら」コショコショ

凛「ひゃあ♪ くすぐったい、くすぐったいよぉ!」

絵里「ええのんか、ここがええのんかぁ?」

凛「希ちゃんが憑依しちゃってるにゃ!」

絵里「えーい、このわしわしー♥」

ことり「ふふっ! ねえ凛ちゃん、ここにはことりたちしか居ないよ?」

凛「え?」

ことり「だ・か・ら、この衣装を着た凛ちゃんを知るのは私たちだけ」

凛「ほんと? スマホでパシャリしたりしない?」

ことり「しないしない、神様に誓って♥」

絵里「同じく誓います♥」
13: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:39:16.61 ID:g2T9QElR.net
凛「じゃあ、着替える、ね、の、覗いちゃダメだよ」

ことり「はーい、後ろ向いてまーす」

絵里「逃げちゃダメよ?」

凛「逃げないよぉ」

絵里「そうか、その手があったかって顔をしているわ」

凛「ぎくっ! え、絵里ちゃんするどい~」

絵里「はぁ、これはしっかりと見ていないといけないわね」

凛「絵里ちゃんはヘンタイさんになっちゃうの?」

絵里「ことりちゃんも、おめめ瞑らない!」

ことり「まだー? ああ、凛ちゃん着方が分からなかったら言ってね」

凛「とほほ……これは観念するしかないみたいだにゃあ」
14: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:46:58.27 ID:g2T9QElR.net
凛「クックック……隣はなにをする人ぞ?」左目横ピース

ことり「うわぁ! 似合ってるよ凛ちゃん!」

凛「クックック、当然だ、我は真祖だからな」

絵里「何の真似なの?」

凛「は、恥ずかしいよぉ、スカートがこんなにひらひらで」

ことり「ひらひらなのがいいんじゃない♥」

絵里「そうね、普段の活発な凛ちゃんとは違った雰囲気が出てるわ」

凛「ううっ、スパッツ履きたいにゃ」

絵里「だぁめ♥ これは柔軟をサボってた罰よ♪」

ことり「もう、罰当たりんちゃん♪」
15: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:51:50.97 ID:g2T9QElR.net
~練習後~

凛「ハァハァ、この衣装で踊るのキツイにゃ」

絵里「そうでしょうね」

凛「絵里ちゃん気づいてたのぉ!?」

絵里「伊達に賢いと言われてないもの♥」

凛「うう、おーぼーだー!」

ことり「うーん、凛ちゃんに似合ってるからお披露目するのも良かったんだけどぉ」

凛「着ないよ! みんなの前では絶対着ないからね!」

ことり「ずいぶんと動きにくそうだったから、ゴスロリはお蔵入りね♪」

凛「良かったにゃあ……」

絵里「出来がいいから残念だけど、ね」
16: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 20:55:43.19 ID:g2T9QElR.net
凛「じゃあ、穂むらで買い物してくにゃあ!」

ことり「ああ! 待って待って! 衣装そのままだよ!」

凛「おおっと!」

絵里「ふふっ、そんなふうに油断してると、またフリフリの衣装を着せられちゃうぞ♥」

凛「うぇぇ! それは勘弁だにゃあ……」

どっとはらい 

風呂入って、お米といで、いろいろしたら再開します。
20: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 21:20:10.26 ID:g2T9QElR.net
ただいま戻りました

>>22 のシチュエーションでSS書きます
22: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 21:22:13.44 ID:KIaHNbqa.net
うみにこください
25: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 21:37:05.68 ID:g2T9QElR.net
海未「にこ、お願いごとがあるのですが」

にこ「ちょっと待って? 今ツメをみがくのでいそがしいから」フッ

海未「いえ、それは知っているのですが」

にこ「なあに、知っていてジャマしちゃうのかな?」

海未「今は私が新しいトレーニングメニューを説明しているところでしてね」

にこ「知ってるよぉ、ニコ、ちゃんと聞いているもん」

海未「ではこちらを向いて下さい、そんなあからさまに興味ないと言わんばかりの態度は傷つきます」
26: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 21:42:11.55 ID:g2T9QElR.net
にこ「だってトレーニングメニューって興味ないんだもん」

海未「だもんじゃありません、この間も柔軟をサボって絵里に叱られたではないですか」

にこ「体育会系の二人にはかなわないよ、まったくぅ」

海未「そこはせめてしっかり者と言ってください」

にこ「はいはい、しっかりものしっかりものぉ」

海未「にこがこのような筋力トレーニングを嫌がる傾向にあるのは事実ですが」

にこ「わぁん、ニコお説教キライ! そうだ、穂乃果ちゃん、こんど遊びに行こうよ!」

穂乃果「え、穂乃果!? 穂乃果はちょっと今はいそがしいなあ」

海未「話を聞いてください、にこ、これは大事な話なんです」
27: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 21:48:38.29 ID:g2T9QElR.net
海未「良いですか、これは筋力が低いにこの為を思ってのメニューなんです」

にこ「ニコ、ちゃんとみんなのメニューにもついて行ってるし、問題無いと思うけど」

海未「確かに、にこはきちんとメニューについていってはいますね」

にこ「でっしょ~、ニコ、きちんと努力しているもん♥」

海未「ですが、私はきちんと見ています」

にこ「なにを?」

海未「じつはちゃっかり腕立て伏せの回数をごまかしていることをです!」

にこ「えっえっー? ニコわかんなーい」

海未「わかんなーい、じゃありません、ではここで腕立て伏せ50回してみてください」
28: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 21:56:32.53 ID:g2T9QElR.net
にこ「うっわあ、海未ちゃんおーぼー! 今日は会議で筋トレはオフの日じゃない」

海未「そうですが、毎日きちんとこなしているなら、これくらいの回数余裕のはずです」

にこ「やってもいいけどぉ、ただでするのはイヤ」

海未「私も付き合いますから、やってみて下さい」

にこ「ん? 今付き合うって言ったよね♥」

海未「腕立て伏せをです、他意はありません」

にこ「んー、そうだ、きちんと50回こなせたら今度のオフの日ニコの家まで来てよ」

海未「にこの家にですか? それはかまいませんが」

にこ「言ったね? じゃあ、腕立て伏せ50回 はーじまーるよー♥」
29: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:04:07.32 ID:g2T9QElR.net
~にこの家~

こころ「お姉さま、今日はお客様が来るの?」

ここあ「来るのー?」

にこ「そうニコ、でも、お客様じゃないニコよ?」

こころ「お客様じゃないなら、なんなのー?」

ここあ「なんなの?」

にこ「そ・れ・は、今日一日限定のお手伝いさんだよ♥」

こころ「お手伝いさん!」

ここあ「すっごい!」

にこ「もうそろそろ来るはずだから、座って待ってるニコよ♪」
30: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:09:36.27 ID:g2T9QElR.net
ピンポーン

にこ「あ、来たみたいね、ふたりとも大人しくしているのよ」

こころ「はい、お姉さま」

にこ「はーい、今行きまーす」パタパタ

ガチャ

にこ「海未ちゃん、わぁ、可愛い! その衣装すっごく似合ってるよ♪」

海未「なぜ私はメイド服などを着ているのでしょう……」

にこ「ニコが腕立て伏せと腹筋と背筋をきちんとこなしたからだよ♪」

海未「よもや、全部無難にこなすなんて思いませんでした」

にこ「伊達にアイドルじゃないんだよ☆」

海未「では、お邪魔させていただきます」
31: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:15:02.36 ID:g2T9QElR.net
こころ「うわー海未さんだー」

ここあ「メイド服着てるー」

海未「ど、どうも……」

にこ「そうじゃないでしょ、ご挨拶ニコよ」

海未「うぅ……き、今日一日ご奉仕させていただきます園田海未です、どうぞよろしく」

にこ「よくできました♥」

こころ「ご奉仕ってー?」

ここあ「なにするのー?」

にこ「何でもお願いしていいんだよ」

海未「出来る範囲でお願いします……」
32: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:19:29.62 ID:g2T9QElR.net
こころ「じゃあ、ご本読んでほしいなー」

ここあ「あ、ずるーい、ここあは遊んでほしいなー」

にこ「ふふっ、じゅんばんじゅんばん♡ 今日は一日海未ちゃんを使えるから」

海未「この格好ですら恥ずかしいのに、私はなにをさせられるんでしょう……」

にこ「メイドさんは笑顔を忘れちゃダメなんだぞ♪」

海未「善処します」

こころ「じゃあ、ジャンケン、ジャンケンしよぉ」

ここあ「いいよぉ、勝ったほうが海未さんにごほーしして貰えるんだぁ」

にこ「はいはい、存分に使ってあげてね」
34: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:26:42.11 ID:g2T9QElR.net
\ギンガヲカケルロケットダンノフタリニハ!/

海未「寝てしまいましたね」

にこ「起きてると騒がしいのに、寝ていると天使みたいだニコ」

海未「今日一日、双子の相手をさせられましたが……」

にこ「させられましたがー?」

海未「ずいぶんと苦労させていただきました」

にこ「慣れればラクショーよ」

海未「ハラショー……」

にこ「なあに、絵里ちゃんの真似? 似てなーい♪」

\ホワイトホールシロイアシタガマッテルゼ!/

海未「にこ」

にこ「なあに?」
35: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:35:16.14 ID:g2T9QElR.net
海未「正直にこの事を見損なっていました」

にこ「ははっ、本当に正直だ、その正直さ加減に免じてその認識は許したげる」

海未「なんでも軽々とこなしているように見えますから、実は苦労をしていないのではないかと」

にこ「ニコは、苦労なんてしてないよ♪」

海未「そうでしょうか」

にこ「だってニコは毎日が楽しいもん」

海未「そうですね、私も毎日が楽しいです」

にこ「海未ちゃんだって傍から見たら大変そうだなあって思うよ?」

海未「え? 私は言われたことを無難にこなしているだけですが」

にこ「μ'sの活動にお稽古事に、ニコは真似できないなあ♥」
37: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:46:15.00 ID:g2T9QElR.net
海未「私もにこの生活は真似出来そうにありません」

にこ「うふふ」

海未「どうしました?」

にこ「実は似たもの同士なのかもしれないね、ニコたちって」

海未「……そうでしょうか」

にこ「そこはうんって頷くところ!」

海未「冗談です、毎日色々大変ですが、楽しいです」

にこ「楽しいことが、いっぱいあるもんね」

海未「だから平気なのかもしれません」

にこ「うん」

海未「また、来ます」

にこ「チビ達のお世話は大変だよ♪ 今日以上に苦しいかも☆」

海未「望むところです」
38: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:52:45.32 ID:g2T9QElR.net
~後日~

にこ「い~っぱい写真があるからみんな選んでね♪」

海未「ちょ、これは以前訪れた時の写真ではありませんか、破廉恥です!」

ことり「ことりは衣装を提供しただけだけど、こんなに可愛く着こなしてくれるなんて♡」

海未「うわあああ、見ないで下さいことり! あ、穂乃果も!」

にこ「写真のデータはPCにあるから、破いても無駄だよ♪」

海未「もう! にこに関わるのは懲り懲りです!」

にこ「にしししし、腕立て50回の恨みは激しいのだ♡」

どっとはらい 

もう一ネタくらい行けるかな、と思います。

安価3↓ のシチュエーションでSS書きます。
41: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 23:05:48.72 ID:dZGe4PLs.net
のぞにこ
にこ攻めお願いします
44: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 23:20:25.53 ID:g2T9QElR.net
にこ「にっこにっこにー♪ みんなー、今日もおっはようー! って、希ちゃんだけ?」

希「ああ、にこちゃん」

にこ「ちぇー、せっかく海未ちゃんをいじる格好のネタが出来たのにお預けかぁ」

希「あんまりいじると嫌われちゃうよ?」

にこ「だいじょうぶだいじょうぶ、加減は心得ているもん♪」

希「はぁ、にこちゃんは元気でエエなあ」

にこ「あれ、そういえば希ちゃんちょっと元気ないかも?」

希「分かる? いやまあ、分かるようにしていたんだけどね」

にこ「あからさまにショボーンってしてるもん、どうしたの?」
45: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 23:24:05.54 ID:g2T9QElR.net
希「実はね、占いで出たんよ」

にこ「希ちゃんの占いは当たるって女の子から評判だもんね、それで?」

希「実は」

にこ「実は?」

希「にこちゃんに巧みに言葉責めをされないと死ぬって」

にこ「……ワンモア」

希「にこちゃんに言葉責めをされないと死ぬねん」

にこ「はあはあなるほどなるほど、話は分かった」

希「憂鬱や……」
46: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 23:29:01.39 ID:g2T9QElR.net
にこ「って分かるわけないよ!」

希「これから言葉責めされると思うと憂鬱や」

にこ「言葉責めが確定事項!? ちょっと待って希ちゃん」

希「なんや?」

にこ「占いで出たのよね?」

希「うん」

にこ「なにを占ったらそんな結果が出るの?」

希「いや、元々は相性を占ってたんよ」

にこ「ニコと希ちゃんの?」

希「いや、エリちの」

にこ「絵里ちゃんの!?」
47: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 23:34:57.74 ID:g2T9QElR.net
希「うちとエリちの相性はもともと抜群でね」

にこ「ノロケは照れちゃうニコー♡」

希「なんでにこちゃんが照れるん? ええけど」

にこ「いいんだ……」

希「それでさらに仲を深めるにはどうしたらええか……そう占ってん」

にこ「ふんふん、なるほど」

希「それにはにこちゃんの言葉責めが効果的やて」

にこ「繋がらないよ!? 相性と言葉責め全然つながらない!」

希「でも、カードがウチにそう告てん」

にこ「はあ」

希「スピリチュアルやね」
48: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 23:42:29.64 ID:g2T9QElR.net
にこ「スピリチュアルじゃないニコ……」

希「まあ、それでウチは死にたくないから、甘んじて言葉責め受けようと思うてん」

にこ「でも、いきなり言われても困るニコ」

希「せやんな、でもここに悪口雑言辞典があんねん」

にこ「用意いい!?」

希「これを読みながらウチに巧みに言葉責めして欲しいんよ」

にこ「どれどれ……?」

希「あんまりひどい言葉は使わんといてな?」

にこ「どれも酷い単語ばかりなんだけど……」

希「そこはあれや、天使のにこちゃんの器量で」
49: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 23:53:24.57 ID:g2T9QElR.net
にこ「ぶ……ぶーす」

希「ははっ、にこちゃん全然感情がこもってないよ」

にこ「ぶ……ぶようじん!」

希「不用心!? なにが?」

にこ「ぶ……ぶさいく!」

希「ほうほうええ感じやん♡ その調子でお願い」

にこ「ぶ……ぶたさん!」

希「なんでさっきから一言だけなん?」

にこ「ぶ……こんなの言えないニコ~!」

希「え。え。すん止めされる方が気になるんやけど!」
50: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 00:01:28.19 ID:xFuhQrSm.net
にこ「うわーん! 希ちゃんのろくでなしー!」

希「……」

にこ「ひとでなし!」

にこ「おっぱいボイン!」

にこ「おっぱいオバケ!」

にこ「肩幅!」

にこ「あれやん、おっぱいが大きいと肩凝るよね!」

にこ「とかいってみたいよー! うわーん!」

希「にこちゃんのウチの認識って胸しかないん?」

にこ「ぐす……ひっく、もう悪口良い?」

希「占いは当たるも八卦外れるも八卦やからなあ」
51: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 00:13:59.19 ID:xFuhQrSm.net
にこ「そうだよね、占いを信じるか信じないかは自由だよね!」

希「そうやね、にこちゃんが頑張ってくれたから、ウチはもう平気なんよ」

にこ「でも、さっきの罵詈雑言辞典借りて行くね?」

希「え、どうして?」

にこ「これを使って、にししし、希ちゃんを巧みに責めちゃうニコ♡」

希「うっわ、怖い怖い」

にこ「こんどはもっと怖い思いさせちゃうニコよ!」

どっとはらい

ごめん……にこ攻めにならなかったですorz

スレが残ってたらまた明日も来ます
53: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 12:34:41.80 ID:xFuhQrSm.net
ただいま戻りました。

安価↓ のシチュエーションでSS書きます
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 12:36:00.57 ID:wUY8DuEY.net
ことにこ
55: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 12:53:39.59 ID:xFuhQrSm.net
にこ「ずいぶんと暑くなってきたニコ♡」

ことり「そうだねえ」

にこ「ニコは夏はあんまり好きじゃないけど~お休みがあるのはいいこと♪」

ことり「そっかぁ、もうすぐ夏休みになっちゃうんだね」

にこ「ライブに練習にアルバイトに、夏は勝負の季節だニコ!」

ことり「ニコちゃん」

にこ「なあに?」

ことり「受験勉強はだいじょうぶなの?」

にこ「ことりちゃん……」

ことり「どうしたの?」

にこ「理事長の権力で大学推薦決まらないニコ?」

ことり「そんな権力お母さんにないよ!?」
56: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 12:59:58.54 ID:xFuhQrSm.net
にこ「ニコはあんまり勉強って柄じゃないニコ」

ことり「でも、ことりたちは学生だし、しっかり勉強しないと」

にこ「μ'sの活動が評価されて、推薦決まらないかな~」

ことり「廃校阻止の目標についてはかなり前進してると思うけどぉ」

にこ「あーあ、あれもこれも穂乃果ちゃんにμ'sに誘われたから~」

ことり「それを聞いたら穂乃果ちゃん泣いちゃうよ?」

にこ「とにかくお勉強は苦手だニコ」

ことり「うん、それは知っているけど……」

にこ「世渡り上手なニコニーでも、大学受験の壁は大きいニコ」

ことり「必死で目を背けてるみたいだけど……だいじょうぶ?」
57: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 13:09:15.61 ID:xFuhQrSm.net
にこ「今はみんなの髪の毛をどうするかってソッチのほうが大事だし」

ことり「うん、いつも助かってるよ、ヘアアレンジ」

にこ「そうニコ! アレンジニストとしてμ'sの専属になるのはどう?」

ことり「お給料も出ないし、そもそもお仕事じゃないよ」

にこ「そっかぁ、良い案だと思ったんだけどなあ」

ことり「夏休みには、夏期講習もあるって聞いたよ?」

にこ「ああもう、なんで今日はママモードなの! ことりちゃん!」

ことり「ご、ごめんね、今日進路調査の紙が配られたものだから」

にこ「ニコニーはもちろんアイドル♡ 夏には事務所からオファーが来る予定ニコ!」

ことり「あ、お母さんから聞いたよ、そう書いて親が呼び出されたって」

にこ「ニコニーの魅力もわからないなんてオトノキも古いニコ♡」
58: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 13:14:26.89 ID:xFuhQrSm.net
にこ「まあ、それは冗談として」

ことり「冗談だったんだ……」

にこ「ニコニー、意外と内申はいいニコよ?」

ことり「そ、そうなんだ」

にこ「まあ、予想だけど」

ことり「予想なの!?」

にこ「せんせーからも、もっと真面目にしなさいとか言われてないし」

ことり「こっち向いて言って?」

にこ「うー……ま、まあ、良いニコ!」

ことり「あ、ごまかした」
59: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 13:18:55.58 ID:xFuhQrSm.net
にこ「じゃ、じゃあ、ことりちゃんは将来はどうするつもりなの?」

ことり「ことり? そうだなあ、とりあえず進学を目標に考えてるけど」

にこ「おお! どこの大学志望だとか決まってるの?」

ことり「服飾の専門学校に通いたいなって」

にこ「じゃあ、ニコもアイドルの専門学校に通うニコ☆」

ことり「今決めたの!? しかも目標が雑だよ!?」

にこ「ニコニー、事務所とかに色々写真を送ってるけど全く音沙汰がないニコ♡」

ことり「やめて! 湿っぽくなっちゃうから!」

にこ「にししし、ねえ、ことりちゃん」
60: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 13:29:47.11 ID:xFuhQrSm.net
ことり「なあに?」

にこ「ニコニーの心配をしなくて良いニコ」

ことり「え?」

にこ「ことりちゃんは優しいから、ちょーっと成績の悪いニコが気になるニコね」

ことり「うん……ことりたちも来年は受験生でしょ、そう考えたら、ニコちゃんたちが気になって」

にこ「ふふっ、絵里ちゃんにも言われたニコ♪ 受験勉強は大丈夫なのって」

ことり「う、うん、あんまりだいじょうぶそうには見えないから……」

にこ「のぞみんにも言われたニコ♡ 受験で苦労する未来が見えるって」

ことり「ね、ねえ、ほんとうにだいじょうぶなの? ことりなんだか不安になってきたよ?」

にこ「ニコニーはみんなのアイドルニコ! アイドルに必要なのは?」
61: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 13:41:24.74 ID:xFuhQrSm.net
ことり「ひ、必要なもの? え、笑顔とか?」

にこ「そう! 笑顔! 笑顔ならいつの日もだいじょうぶ!」

ことり「そ、そうなのかな?」

にこ「だいじょぶだいじょぶ♪ ニコはしっかり万全なの♡」

ことり「じゃあニコちゃん、ひとつ聞いてもいい?」

にこ「どうぞどうぞ」

ことり「ニコちゃん、どうして期末テストも終わったのに勉強しているの?」

にこ「やだぁ、予習復習は欠かせないニコ♡」

ことり「まるで赤点を取ってしまった時の備えにも見えるんだけど」

にこ「ニコぉ♡」

ことり「ニコちゃん……」
62: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 13:46:20.80 ID:xFuhQrSm.net
にこ「うわああん! もしかしたら練習が出来なくなっちゃうかも~!」

ことり「あー、よしよし」

にこ「ことりちゃん!」

ことり「だいじょうぶだよ、ニコちゃんなら」

にこ「だ、だよねだよねー! ニコニーは火事場の何とかヂカラがあるから!」

ことり「補習になっても夏休みは練習できるよ♡」

にこ「うわああん! ことりちゃんのばかー!」

どっとはらい

Sidのコミカライズをもう一度読みなおしてからまた来ます
ここまで読んでいただきましてありがとうございました。
63: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 18:03:09.39 ID:xFuhQrSm.net
ニコちゃんと書くたびにニコちゃん大王を思い出します


安価↓ のシチュエーションでSS書きます。
64: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 18:15:33.35 ID:8UV98OjI.net
まきりんでえんじぇーの秘話
65: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 18:39:41.28 ID:xFuhQrSm.net
ネットから情報を集めているので大きく解釈が違っている場合があります
申し訳ありません。

凛「びーといんあんじぇ?」

真姫「エンジェルよ、ェンジェル!」

凛「えんじぇー?」

海未「今回二人に歌っていただく曲です」

凛「ええ!? こんな英語がいっぱいの歌詞歌えないよ!」

真姫「そもそもなんで凛となのよ……」

凛「ええ!? 真姫ちゃん凛と一緒じゃ嫌なの?」

真姫「べ、別にそんなんじゃないわよ、ただ、そんなに無い組み合わせだなって思っただけ!」
66: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 18:47:04.59 ID:xFuhQrSm.net
海未「いつもの通り作曲は真姫に任せるわけですが、
   今回は歌詞についても意見を聞こうと思いまして」

凛「凛は絶対反対にゃ、これを歌うのは無茶だよ」

真姫「まあ、凛の語学力じゃ、きちんとした発音で歌うのは無理でしょうね」

凛「そうにゃそうにゃ、って、今凛をバカにしなかった!?」

真姫「これくらいの英語で四苦八苦しているようじゃ、将来が心配ね」

凛「ぐるるるる……ふしゃー!」

海未「凛、落ち着いて下さい、真姫も挑発するようなことを言わないで下さい」

真姫「はーい」

凛「わかったにゃ」
67: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 18:54:38.98 ID:xFuhQrSm.net
海未「しかし困りましたね、この歌詞は穂乃果たちにも好評で」

凛「うっわー、外堀から埋められてるよー」

真姫「いいんじゃない? 私は完璧に歌える自信があるけど」

凛「それは凛の英語の成績が悪いと言ってるの?」

真姫「悪いとまでは言ってないけど、悪そうではあるわね」

凛「なにおう!? 凛もきちんと勉強して赤点を回避するくらいには
  成長を遂げているんだからね!」

真姫「この間の小テストで追試を受けたのはどこの誰だったかしら」

海未「はいはい、ふたりとも静かに!」
68: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:04:01.50 ID:xFuhQrSm.net
海未「ではこうしましょう、凛、これからは英語を勉強して下さい」

凛「ええー! テストでもないのに勉強をするの!?」

真姫「当然ね、ライブまでにはしっかりとこなしてくれないと」

海未「そして真姫は、凛にしっかり英語を教えて下さい」

真姫「ウェェェェェ! どうして私がそんなことを!」

凛「真姫ちゃんのノートを移すのは慣れてるけど……」

海未「せっかく二人でデュエットするんですから
    この機会に二人の仲もさらに浸透していくようにして下さい」

真姫「はあ、まあいいわ。自分の予習復習も兼ねて英語を教えてあげる」

凛「か、歌詞の英語の部分だけでいいんだよ!?」
69: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:08:48.64 ID:xFuhQrSm.net
~後日~

真姫「まずは発声練習から」

凛「なんでなんでー!?」

真姫「歌うんだから当然でしょう、このところダンスばかりで発声が鈍ってると思うの」

凛「う……でも、大きな声は出ると思うんだ」

真姫「つべこべ言わない! あめんぼあかいなあいうえお!」

凛「あめんぼあかいなあいうえお!」

真姫「感激しちゃうなかきくけこ!」

凛「感激しちゃうなかきくけこ!」

真姫「真姫ちゃん素敵なさしすせそ!」

凛「ちょっと寒くないかにゃ」

真姫「冷静にツッコまないで!」
70: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:16:46.18 ID:xFuhQrSm.net
真姫「まあ、発声はこれくらいでいいでしょ」

凛「十年分は真希ちゃんを褒め称えた気がするにゃ」

真姫「どんどん褒めてくれていいのよ」

凛「お断りするにゃ」

真姫「さてと、それじゃあ、英語の練習を始めましょうか」

凛「うん!」

真姫「英語と一口に言ってもネイティブらしく発音しなくてもいいわ
    ていうか、テストじゃないしね」

凛「なんとなくそれっぽく言えればいいんだね」

真姫「そんなに難しい単語はないから、別にそれでもいいんだけど」

凛「いいんだけど?」

真姫「練習は手を抜かないわよ」
71: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:21:16.65 ID:xFuhQrSm.net
真姫「はい、アイノゥ!」

凛「アイノー!」

真姫「アイノゥ!」

凛「あ、アイノウ!」

真姫「ノンノン、アイノゥ!」

凛「ノンノン、アイノゥ!」

真姫「ベリグー!」

凛「あは、せんきゅー!」

真姫「ノンノン、Thank you!」

凛「とぅえんきゅう!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
72: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:28:34.68 ID:xFuhQrSm.net
真姫「まあ、こんなものでしょう」

凛「まじえんじぇー」

真姫「ふふ、だいぶ発音が良くなってきたわね♡」

凛「まさか小テストまで行うなんて! 聞いてないよ!」

真姫「勉強になったでしょう?」

凛「勉強にはなったけど……」

真姫「じゃあ私曲作ってるから、柔軟してていいわよ」

凛「ダンスの特訓までするの!?」

真姫「当然じゃない、今頃絵里ちゃんがステップを考えているところよ」

凛「鬼にゃ」

真姫「鬼でも悪魔でもいいから言われたことをやりなさい」
73: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:35:45.47 ID:xFuhQrSm.net
~また後日~

oh baby dance dance angelic

oh baby dance dance angelic

oh baby dance dance angelic!!

海未「うん、ふたりとも完璧ですね」

凛「ステップも発音も完ぺきにできたと自負しているにゃ」

真姫「ふぅ、ま、悪くはないわね」

海未「さて、この曲を披露する機会ですが」

真姫「ドキドキ」

凛「ドキドキ」

海未「こんどの路上ライブで歌ってもらいます!」
74: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 19:43:27.91 ID:xFuhQrSm.net
凛「路上……」

真姫「ライブ……」

海未「いやあ、今回は場所をとるのに苦労をしました、
   アキバはA-RISEのお膝元ですからね」

真姫「またメイド喫茶の前で歌うの?」

凛「メイドさんの格好は恥ずかしいにゃ」

海未「心配ありません、凛と真姫には特別な衣装を用意してあります」

真姫「衣装は別にいいんだけど」

凛「そうにゃ、問題は場所にゃ」

海未「ああ、アキバで大人気の」

凛「大人気の」

海未「ゴスロリカフェです」

凛「いーーーーーーーやーーーーーーーー!」

どっとはらい

あんまり秘話っぽくなかったですね、ごめんなさい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『>>3のシチュエーションでSS書く』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。