真姫「女の価値は顔じゃないわ…。オシャレかどうかよ!」絵里「…」希「…」

シェアする

にこ-アイキャッチ48
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:11:11.00 ID:IeTPxnAL.net
海未「それで、次のセンターについてですが……」

にこ「え?んもー、しょおがないわねぇ、このにこにーが、あんた達のために、」

穂乃果「絵里ちゃんにお願いしようと思うんだ!」

絵里「ええ!?私!?」

海未「今回は卒業が近い三年生を中心に据えた編成です」

凛「センターは当然、ファンクラブができるほど人気の絵里ちゃんだにゃー!」

にこ「ぐぬぬ……」



花陽「……」ジーッ

元スレ: 真姫「女の価値は顔じゃないわ…。オシャレかどうかよ!」絵里「…」希「…」

スポンサーリンク
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:20:54.08 ID:IeTPxnAL.net
真姫「何よ、相談って」

花陽「あのね」

花陽「一度でいいから、にこちゃんを一番人気にしてあげてほしいの」

真姫「はぁ?」

花陽「にこちゃん、アイドルへの情熱は人一倍だから」

花陽「たまには人気を独り占めにしたって、いいと思うの」

真姫「私はイヤよ。にこちゃん絶対に調子にのるもの。それに……」

花陽「それに?」

真姫「にこちゃんって、誰かが自分のためにズルいことするのは気に入らないのよ。自分はズルいことするくせにね」
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:28:04.99 ID:IeTPxnAL.net
花陽「ダメでしょうか……」

真姫「にこちゃんは今のままで十分よ」

花陽「ううう……でも、でもやっぱり!にこちゃんには報われてほしいです!」

希「花陽ちゃんは優しいなぁ」

花陽「の、希ちゃん!聞いてたの!?」

真姫「本当に神出鬼没ね……」

希「メンバーに変革の時。カードがそう告げたんや」

希「それより、花陽ちゃんの希望を叶えてあげられるかもしれないよ?」

花陽「!!」
13: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:36:40.94 ID:IeTPxnAL.net
希「……」スッ

花陽「それは?」

希「にこっちの願望が一つ成就されるボタンや」

真姫「ああ。二流のSS書き手が自分の都合のいい展開にするために多用する、ご都合主義丸出しのアイテムね」

希「見栄っ張りなにこっちのことや、願うところは花陽ちゃんとそう変わらないやろね」

花陽「……」ソロソロ

希「ただし!」

花陽「!」ビクッ

希「押すとにこっちの内面の、重要な美質が代わりに一つ損なわれる」

希「それでも、押す?」

花陽「……」
15: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:47:38.27 ID:IeTPxnAL.net
真姫「そんな怪しげなアイテムをどこで仕入れてきたのよ」

希「アマゾンや」

真姫「川?」

花陽「それより希ちゃん、にこちゃんの何が無くなっちゃうの?」

希「それはボタンのみぞ知るところ。押してのお楽しみや」

真姫「無責任ね……」

真姫「使うにしても、にこちゃんの了承を得てからの方がいいんじゃないの?」

花陽「……」

ポチッ
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:52:24.30 ID:IeTPxnAL.net
希「お、即決やね」

花陽「わ、私ね」

花陽「どんなにこちゃんだって、尊敬できるから」

花陽「どんな手段に頼ってでも、にこちゃんの希望を叶えてあげたい」

花陽「にこちゃんをモテモテのセンターにしてあげたい!」

真姫「知らないわよ……」
17: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:00:03.65 ID:IeTPxnAL.net
翌朝……


花陽「新しい一日、新しいご飯!」

花陽「この朝ごはんの一時が、私のお気に入りです!」

花陽「今日はオーソドックスに、焼き海苔と生卵で美味しくいただきましょう!」

『――次のニュースです』

花陽「?」

『人気スクールアイドル・μ'sのメンバー、矢澤にこさんの決めポーズが今、若者の間でブームになっています。現場より中継でお送りします』

『はい!こちら秋葉原駅前です!ご覧くださいこの数!数百人規模の若者が、一斉ににっこにっこにー……』



花陽「」カチャーン ←箸を落とす音
18: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:04:57.58 ID:IeTPxnAL.net
花陽「たっ、たたたたた大変です!」

凛「こっちも大変だにゃー」

真姫「なんなのよ、この大群衆は……」

凛「みんなにこちゃんがお目当てみたい」

ニッコニッコニー!!

ニッコニッコニー!!

真姫「迷惑ね、これじゃあ学校に入れないじゃない」

凛「ハロウィンの渋谷みたいだにゃー」

花陽「あ、あわわわわ……」
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:13:07.54 ID:IeTPxnAL.net
穂乃果「すごいねー、にこにーブーム」

海未「学舎の前で困りますね。節度をわきまえていただきたいものです」

ことり「なんだかビートルズの来日みたいだね」

花陽「……」ガクガクガクガク

真姫「で、どうするのこれ」

希「当のにこっちはどこにいるんやろうね」

凛「どっかでもみくちゃにされてるんじゃないかにゃー?」

真姫「他人事みたいに言わないでよ……」


絵里「た、大変よぉ!」
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:16:05.08 ID:IeTPxnAL.net
穂乃果「ぅ絵里ちゃん、大変なのはよくわかってるよ」

海未「そろそろ警官隊に出動していただかなくてはいけないかもしれませんね」

絵里「そうじゃないのよ!」

絵里「にこが、にこがおかしくなっちゃったのよ!」

凛「にゃ?」



にこ「……はよーっす」

7人「!?」
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:20:25.79 ID:IeTPxnAL.net
海未(な、なんですかこれは……)

穂乃果(髪、ボッサボサ……)

凛(目の下、すごいクマだにゃ……)

真姫(制服、シワだらけじゃない……)

希(アイドル以前に、女の子としてないわ……)


にこ「……あによー、あんた達」ポリポリ

絵里「ちょっと、ナチュラルにお腹かかないで!」オタオタ
22: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:26:00.46 ID:IeTPxnAL.net
にこ「くあー」ドッサ

穂乃果「……に、にこちゃん?いつものリボンはどうしたの?」

にこ「あれ?めんどいからやめたわ」

絵里「めんどくさいって……外にはあなたのファンが詰めかけてるのよ?」

にこ「知らないわよ、誰か代わりに対応して」

にこ「そーだ、海未。あんた代わりに顔見せてきなさいよ」

にこ「お得意の投げキッスでのーさつしてくれば、ファンも納得するんじゃない?」

海未「悩殺って……は、破廉恥です!//」
23: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:32:47.39 ID:IeTPxnAL.net
にこ「……」モッチャモッチャ

絵里「背中丸めてバナナを食べるのはやめなさい、お猿みたいよ」

にこ「ふぁーい」

海未「大口開けて欠伸するのはおやめなさい!」

にこ「うっさいわねー」カミグシグシ


真姫「……ちょっと希!」

希「にこっちから失われた美質、一目瞭然やね」

希「女子力や」

真姫「本当に、どうするのよ……」

花陽「」

ビッターン

凛「か、かよちーん!!」
39: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:14:09.20 ID:yYKsqstv.net
絵里「……さて、それではミーティングを始めましょう」

海未「テーマは次回のライブについて、なのですが……」チラッ

花陽「……」チラッ

真姫「……」チラッ

希「……」チラッ



にこ「……?」ボーッ
40: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:14:50.13 ID:yYKsqstv.net
穂乃果(いつもならここでにこちゃんが、しょうがないわね~ってふざけるのに……)

凛(ボケの切り込み隊長がこうだと、凛の調子まで狂っちゃうにゃ……)

ことり「はい♪まずは改めてセンターについてなのですが、」

海未(ことり!)ホッ

穂乃果(ナイスアシスト、ことりちゃん!)
41: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:19:53.49 ID:yYKsqstv.net
ことり「……というわけで、私もンミチャーやハノケチェンと同じく、次回のセンターは卒業間近の三年生がいいと思います♪」

凛「はい、はい!凛もことりちゃんと同じ意見です!」チラッ

花陽(チャンスだよ、にこちゃん!)チラッ

希(にこっち!)チラッ

真姫(にこちゃん!)チラッ

にこ「……しょーがないわねー」

穂乃果(キタ!)



にこ(センターは絵里、あんたが勤めなさい)

穂乃果「」ガクッ
42: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:23:52.23 ID:yYKsqstv.net
海未「……理由を聞かせていただけますか、にこ?」

にこ「なんとなく?ファン多いし、理由なんてよくね?」

海未「にこ」

にこ「……わーったわよ」ガシガシ


花陽(ああ、とうとう言葉遣いまで……)
43: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:33:36.50 ID:yYKsqstv.net
にこ「ほら、うちらってアイドル以前に、オトノキの学生じゃん?」

真姫(じゃん、って……)

希(一人称ウチはウチだけの特権なのに……)

にこ「オトノキ代表のスクールアイドルなんだから、生徒会長がセンター勤めるのって別に不自然でもなんでもなくね?」

にこ「ついでに、途中で絵里が穂乃果にバトンタッチする演出でも入れたら、なんかもー泣く子続出すると思うんだけど、どーよ」

海未(……それはそうなのでしょうが)

絵里(それをにこの口から聞きたくなかったというか……)

ことり「うん♪いい演出だと思うよ♪」
44: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:39:02.34 ID:yYKsqstv.net
海未「えー、では次回のセンターは絵里、ならびに穂乃果ということで……」

絵里「あ、ありがとうございます……」

パチパチパチ……

凛(しまらないにゃ~)

花陽(にこちゃん、せっかく人気No.1になったのに……)

海未「では続きまして、次回の衣装ならびに作曲・作詞についてなのですが」チラッ

穂乃果「……」チラッ

凛「……」チラッ

真姫「……」チラッ

花陽「……」チラッ

絵里「……」チラッ

希「……」チラッ

にこ「……今日はなーんか意見求められてばっかね」
45: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:45:59.72 ID:yYKsqstv.net
にこ「衣装はことり、あんたに一任していい?」

ことり「まかせて♪」

にこ「穂乃果と花陽はことりのバックアップをすること。特に穂乃果、あんた寝ちゃダメだかんね」

にこ「海未はいつものように作詞お願い。凛と希が協力してくれると思うから」

にこ「真姫ちゃんは絵里をつけるから、作曲にはげんで。……はい以上」

海未「ま、待ってください」

絵里「にこは何をするの?」

真姫「そうよ、一人だけ楽をしようだなんて許さないんだから」

にこ「なに言ってんの?私は……」



にこ「事務仕事よ。部長として」
46: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:52:57.62 ID:yYKsqstv.net
にこ「終わり次第、真姫ちゃんの作曲班に参加するから。それでいいっしょ?」

海未「……確かに、大事ですからね、事務仕事」

ことり「ハノケチェンも、こないだやり残した書類の整理終えないとね♪」

穂乃果「こ、ことりちゃん!」

海未「ああっ、そうでした!」

海未「穂乃果!あなたは全体練習に加わる前に――」

にこ「あーじゃあ、その生徒会の書類とやらもそこ置いといて」

にこ「テキトーに処理しとくから、後で目だけ通しておいて」

穂乃果「あ、ありがとう……」

絵里(あら?)

絵里(今のにこって、実は理想の部長なんじゃないかしら?)

絵里(……いやいや、ないわよ!)

絵里(あのボサボサの頭!そしてあの口調!)

絵里(しっかりしなさい、エリーチカ!)
47: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 19:58:49.34 ID:yYKsqstv.net
真姫「……どう思う?」

花陽「だ、だ……大丈夫だよ!」

花陽「私、どんなにこちゃんも尊敬できるから!」

花陽「ほら!ネットニュースもにこちゃんの話題でいっぱい!」

花陽「やっぱりにこちゃんはすごいです!」

希「花陽ちゃん」

希「泣きたいときは、泣いてもええんよ?」
48: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 20:03:10.22 ID:yYKsqstv.net
海未「希、作詞について相談があるのですが……」

希「わかった。今行くね」

希「ところで、海未ちゃん」

希「海未ちゃんは、今のにこっちについてどう思う?」

海未「……」



海未「働き者で建設的な意見が多くて、理想的な部長ではないでしょうか」トオイメ

希「言葉に力がこもってへんよ?」
49: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 20:06:07.95 ID:yYKsqstv.net
真姫「……私達も作業にかかりましょう」

花陽「真姫ちゃん……」グスッ

真姫「なによ、今更嘆いたって仕方ないでしょ」

花陽「真姫ちゃんはそれでいいの?」

真姫「私は元々、にこちゃんなんてどうでもいいし」フイッ


~~~~~


真姫「」カキカキ

ボキッ

真姫「……」カチカチ

真姫「」カキカキ

ボキッ

真姫「」イラッ

真姫「」カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ

絵里(こ、怖い……)
50: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 20:08:27.10 ID:yYKsqstv.net
その頃……


にこ「」セッセ

にこ「」カキカキ

にこ「……ふぅ」トントン

にこ「部室に一人だけって、落ち着くわー」



にこ「……さて」

にこ「♪」ゴソゴソ
51: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 20:13:33.01 ID:yYKsqstv.net
数時間後……

希「お疲れさん、どう?」

ことり「私はバッチリだったんだけど、花陽ちゃんがね……」

花陽「」ブツブツ

穂乃果「おにぎりを一つしか食べなかったんだよ……」

海未「私達も今一つでしたね……」

絵里「た、助かったわ……」

凛「絵里ちゃん、なんで泣きそうなの?」

真姫「あーもう、にこちゃんったら!」

真姫「後で合流するとか、嘘ばっかり!」ツカツカツカ

ガチャッ

真姫「ちょっとにこちゃん!?……ヴェッ」

海未「な、なんですかこの臭いは……!?」
52: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 20:17:51.59 ID:yYKsqstv.net
にこ「おーみんな、お疲れ」モグモグ

凛「にこちゃん、何食べてんの!?」

にこ「柿ピーとさきいかと、あとサラミと……」

穂乃果「ツマミくさっ!」

花陽「臭いが服についちゃうよぉ!」

絵里「換気よ、換気!」

にこ「神経質ねー」

にこ「あ、チーかま食べる?」

ことり「食べる食べる♪」
53: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 20:25:36.91 ID:yYKsqstv.net
花陽「」キッ

希「花陽ちゃん、なんか思い付いたね?」

花陽「……決めました」

花陽「にこちゃんのために、心を鬼にします!」

花陽「ここはあえて、ありのままのにこちゃんをお客さんに見てもらいます!」

花陽「きっと結果は惨憺たるものになるでしょう……そこでにこちゃんに、己を見つめ直してもらいます!」

希「なるほど、ショック療法やね」

真姫「それで、具体的に何をするのよ」



花陽「サイン会です!」
56: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:16:17.27 ID:+KztA3MQ.net
数日後……

「きゃーっ、にこにー!」

にこ「さーよーなーらー」

「握手して、握手!」

にこ「行くとこあるから、また今度」

「サインしてーっ!」

にこ「オトノキの生徒は対象外でーす」

「こっち見て、こっち見て!」

にこ「楽しくなあれー」

ガチャバタン

カチャッ

「ああん、待ってぇー!」
57: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:20:43.29 ID:+KztA3MQ.net
にこ「あーっ、部室に一人ってホント楽でいいわー」

バンッ

花陽「……にこちゃん!」

にこ「……なーんだ、花陽。いたの?」

花陽「いたの?じゃありません!」

花陽「ファンの子が交流を求めているのに、あんなそっけない対応!」

花陽「今のにこちゃんは、アイドルの風上にも置けないよ!」

花陽「私が、にこちゃんの性根を叩き直すから!」

にこ「ところで花陽」

にこ「いつまで壁ドンしてるの?」

花陽「!?」パッ

花陽「……あうぅ///」
58: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:33:54.55 ID:+KztA3MQ.net
にこ「……」ブッスー

穂乃果「頑張ってね、にこちゃん!」

にこ「なんで私よー」

真姫「しょうがないでしょ。にこちゃんが人気No.1なんだから」

にこ「海未あたりが代わりにやればいいっしょ?」

海未「いけません。ファンの皆さんを裏切ることになります」

希「たとえ代理がえりちでも、暴動がおこるやろね」

絵里「いい!?絶対にお客さんの前で欠伸なんかしちゃダメよ!?」

花陽「サインと握手、252人分!」

花陽「きちんと達成するまで、帰ることは許しません!」

にこ「ダル……」

凛「ついこないだまでは、考えられなかったセリフだにゃ~」

ことり「ちなみに、会場はオトノキのグラウンドです♪」
59: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:43:06.01 ID:+KztA3MQ.net
サイン会の会場……


にこ「らっしゃっせー」

「にこちゃーん!キイーッ!」

にこ「ありっとあしたー」


絵里「……どう見える?」

希「まるでやる気のないコンビニ店員やね」

真姫「それより、あのボサボサの髪はなんとかならなかったの?」

花陽「いえ、あれでいいんです!」

花陽「お客さんはアイドルにとって、鏡のようなもの!」

花陽「現実を突きつけられたら、さすがのお客さんも、そしてにこちゃん自身も目が覚めるはずです!」

穂乃果「普通に大盛況だけど……」


にこ「お次の方どぞー」
60: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:53:44.87 ID:+KztA3MQ.net
「にっこにー!」

にこ「はーい」

「にこちゃん、私がずっと守ってあげるからね!」

にこ「じゃあ、あんた代わってくれない?」

「にこちゃん、大変でしょ!これあげるね!」

にこ「あざーす。いただきまーふ」モグモグ

「きゃー♡バナナ食べてるー♡」

ことり「列を守って、順番にお進みくださーい」

ことり「立ち止まっての交流はご遠慮させていただいてまーす♪」



絵里「ああああ、あれほど途中で飲食しちゃダメって言ったのに……」

海未「……なんだか、アイドルというより」

凛「上野動物園のパンダ扱いだにゃ~」
61: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:00:56.95 ID:+KztA3MQ.net
「にこにー、あれやって!あれ!」

にこ「にっこにっこにー(棒)」

「きゃー♡」


穂乃果「あんなやる気のないにっこにっこにー、初めて見たよ……」

海未「……まあ、ともかく252人分の握手とサインは済みましたね」

ことり「まるでローリングストーンズの来日公演みたいな盛況だったね♪」

絵里「ともかく、お疲れ様。頑張ったわね」

にこ「もうこんなイベントはお断りだかんね」

花陽「……」ポチポチ


花陽「!!」

花陽「な、なんですかこれは!」
62: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:07:53.05 ID:+KztA3MQ.net
@love_nico:憧れのにこにーのサインもらったなう。家宝にする(画像付)


穂乃果「ファンのツイッターだね」

凛「よっぽど嬉しかったんだね。早速ツイッターにアップしてるにゃ」

絵里「でも……にこ!」

希「これは、あんまりやん?」

花陽「乱雑に書きなぐった2521……こんなのサインとは言えません!!」

にこ「な、なに?」

にこ「効率化を図っただけっしょ?」
63: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:11:49.06 ID:+KztA3MQ.net
絵里「効率化、って……」

花陽「にこちゃん、いい加減に目を覚まして!」

花陽「にこちゃん自身が言ったんだよ!」

花陽「アイドルのお仕事は、お客さんを――」

にこ「笑顔にすること、でしょ?」


にこ「きちんと252人、笑顔にしたんだから、いくない?」

花陽「!!」
64: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:21:19.37 ID:+KztA3MQ.net
花陽「……」ツカツカ

ガシッ

希「花陽ちゃん、あかんよ」

花陽「は、離して!」

花陽「こんなアイドル活動を舐めきった人、もう私の尊敬したにこちゃんじゃ――」

希「うちらが余計なことしなければ、こんなことにはならなかったやん?」

花陽「!……」

凛「か、かよちん落ち着いて……」

絵里「ほら、にこも!」

絵里「せっかく企画してくれた花陽に、ちゃんと謝って!」

にこ「はぁ?私悪くないし」



真姫「……納得いかない」
65: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:27:47.34 ID:+KztA3MQ.net
海未「……真姫?」

真姫「さすがに、納得いかないわ」

真姫「いくらにこちゃんが何もしなくても可愛いからって」

真姫「このにこちゃん人気が、道具を使った結果だからって」

真姫「いくらなんでも、納得できないわよ!」

真姫「私だって、μ'sに入ってからいっぱい努力してるのに!」

真姫「流行に遅れないように、読み慣れないファッション誌まで買ってるのに!」

真姫「こんな、髪ボサボサで制服ヨレヨレの、ダメダメにこちゃんにまで負けるなんて、納得できない!」
66: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:33:55.11 ID:+KztA3MQ.net
海未「み、皆さん落ち着いてください!」

海未「真姫も花陽も、クールダウンしましょう!」

海未「そしてにこ、あなたも頭を冷やしてください!」

花陽「……」

にこ「……」

真姫「……そうね」

真姫「ただ、これだけは言わせて」

真姫「女の子の価値は、顔なんかで決まらないわ……」

真姫「オシャレかどうかよ!どれだけ努力したかで決まるのよ!」

絵里「……」

希「……」

穂乃果「……」

凛「……」

ことり「にこちゃんが貰った花束、部室に飾っとくね」
71: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 07:59:28.07 ID:vw/RdEO7.net
後日……


凛「さーて、朝練がんばるにゃ~!」

穂乃果「……」

海未「そう、ですね」

凛「にゃ……」

絵里「希と真姫、それに花陽は?」

ことり「今日もパスだって」

絵里「……そ」

にこ「もー。三本余しちゃった」

にこ「せっかくコンビニ寄るついでに全員分のスポドリ買ったってのに」

海未「あ、ありがとうございます」

にこ「あと、インフルの注射。早めにズブッとやってビュルッと中に出してもらいなさい」

にこ「注射のききめって、すぐには表れないらしいから」

絵里「にこ、下品よ」

海未「本当に、容姿へのこだわりと恥じらいさえ元に戻れば、理想の先輩なんですけどね……」ハァ
72: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:05:36.58 ID:vw/RdEO7.net
希「……」カタカタ

検索ワード『スピリチュアルスイッチ リセット やり方』


スピリチュアル・リセットボタン

うっかり行使しちゃったスピリチュアルパワー。
よからぬ結果をキレイさっぱりリセットします!


希「!」

希 「……」カタカタ


現在お取り扱いしておりません

希「……」ハァ
73: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:08:13.84 ID:vw/RdEO7.net
希「……」トボトボ

希「!」

こころ「……」

ここあ「……」

こたろう「……」


希「……な、何してるん?」

こころ「家出です」

希(原因はにこっちやろなぁ……)
74: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:12:55.56 ID:vw/RdEO7.net
こころ「……」バクバク

ここあ「……」モグモグ

こたろう「……」ガツガツ

希「おいしい?」

ここあ「おいしい!」

こころ「最近のお夕飯は出前やファーストフードばかりで……」

こころ「人気アイドルのおねーさまに暇がないのはわかるんです。でも……」

こころ「美味しいご飯を作ってくれる、昔のおねーさまの方が好きでした……」

ここあ「それだけじゃないんだよ!お掃除もお洗濯も、ぜーんぶ投げやりになっちゃって!」

こたろう「ねぐれくとー」

希「ごめんなぁ、みんな」



希「本当に、ごめんね……」グスッ
75: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:15:46.51 ID:vw/RdEO7.net
ガタッ

希「しばらく、うちにいてええよ」

こころ「ありがとうございます……」

希「ちょっと出かけてくるね」

ここあ「どこ行くの?」

希「にこっちのこと」

希「火と戸締まりにだけは、気をつけてね」

こたろう「いってらー」
76: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:19:07.36 ID:vw/RdEO7.net
秋葉原にて……

希(ネットショッピングサイトにもない、となると)

希(この電化製品の街を、しらみ潰しに探す他ないやん?)

希「……」ハァ

希「こんなボタンなんか使わなければ……」


「今更悔いたって、仕方ないでしょ」
77: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:23:14.10 ID:vw/RdEO7.net
希「……真姫ちゃん」

真姫「協力してあげても、いいけど?」カミノケクルクル

真姫「一人よりは、二人」

花陽「――二人よりは三人、です!」

希「花陽ちゃんも……」

花陽「私のお願いのせいで、にこちゃんがああなっちゃったの」

花陽「希ちゃんが一人で責任を背負うこと、ないよ!」

真姫「みんなでお金を出しあえば、最後はきっと手にはいるわよ」

希「……そうやね」
78: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:26:59.54 ID:vw/RdEO7.net
にこ「……」セッセセッセ

にこ「……んーっ」クビゴキゴキ

にこ「座って事務仕事ばっかってのも、疲れるわぁ」

にこ「来年はラブライブ大会かぁ。こんなバラバラの状態で、優勝なんてできんのかしら」

にこ「……ま、考えるまでもないか」

にこ「そもそも、なんでアイドルなんて志したんだっけ」
79: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:33:06.77 ID:vw/RdEO7.net
トントン

にこ「!」

にこ「どーせしつこい追っかけよね」

にこ「サインも握手もめんどいから、パス」

にこ「居留守つかおっと」

トントン

トントン

トントン

にこ「……はいはい、今開けますよ」

ガチャッ


ことり「こんにちは、にこちゃん♪」
80: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 08:56:37.80 ID:vw/RdEO7.net
ことり「どうぞ、召し上がれ」

にこ「いただきます」パクッ

にこ「!」

ことり「美味しいでしょ?」

にこ「……美味いわね」

ことり「にこちゃんのために、奮発しちゃった♪」

ことり「おつまみもいいけど、たまには甘いお菓子だって悪くないよね♪」

にこ「……見返りは何よ」

ことり「見返り?そうね……」

ことり「ことりのチーズケーキを食べたにこちゃんには、」


ことり「今からお人形さんになってもらいます♪」
81: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:00:11.56 ID:vw/RdEO7.net
ことり「♪~」

ことり「にこちゃんの髪、ほんとにキレイ」

にこ「だから櫛を入れろ、って言うんでしょ?」

にこ「聞き飽きたから、それ」

ことり「ううん、私は何もお願いしないよ?」

ことり「ただ、ありのままを言ってるだけ」

ことり「……はいっ、できた♪」

ことり「うん、やっぱりにこちゃんにはリボンが似合うよ!」

にこ「へーへー」

ことり「さて、次は……」
82: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:01:26.86 ID:vw/RdEO7.net
ピシッ

希「……ん?」

花陽「どうしたの、希ちゃん?」

希「なんでやろ。なにもしてないのに、にこっちのスピリチュアルスイッチにヒビが入った」

真姫「不良品だったんじゃないの?」
83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:09:43.98 ID:vw/RdEO7.net
ことり「こっちかなー、それともこっちがいいかなー」

にこ「衣装くらい、早く決めてよ」

ことり「……女の子って」

にこ「うん?」

ことり「大変だよね。普通の女の子であることを維持するために、血の滲むような努力をしなきゃいけないんだもん」

ことり「朝のお支度なんて、いくら時間があっても足りないくらいだし」

ことり「だからね。私、にこちゃんの気持ちもわかるの」

ことり「衣装係をしていたって、たまには何もかも全部を投げ出したくなる時があるんだよ」

ことり「でもね。そんな時は――」

ことり「ことりに、うんと甘えていいんだよ」

ことり「髪を整えてあげることと、衣装を選ぶことくらいしかしてあげられないけど……」



ことり「――はい、できた♪」
84: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:11:36.74 ID:vw/RdEO7.net
ことり「やんやん、完璧♪」

ことり「今日のにこちゃん、いつも以上に可愛いよっ♪」

にこ「……これが、私?」

ことり「うんっ!」

にこ「私……可愛い?」

ことり「にこちゃん、とっても可愛い♡」



にこ「……ア」
85: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:14:56.93 ID:vw/RdEO7.net
パリーンッ

希「!!」

花陽「どう、真姫ちゃん!?」

真姫「さっぱりね。安易にスピリチュアルパワーを使っちゃう事例って、少なくないみたいね」

花陽「……これで空振りが8回」ハァ

真姫「希、そっちはどうなのよ」

希「……」

花陽「希ちゃん?」

希「これは、もしかすると……」



希「μ'sの全員を、緊急召集や!」
86: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:18:04.07 ID:vw/RdEO7.net
絵里「ほんとなの、にこが元に戻ったって……」

希「ウチの勘だと、ほぼ間違いなしや!」

希「何もしてないのに、スピリチュアルスイッチが割れた……」

希「これは吉兆や!」

穂乃果「よくわかんないけど……」

海未「藁にもすがりたい気分です!今は希の勘に賭けます!」

ガチャッ
87: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:20:09.31 ID:vw/RdEO7.net
真姫「にこちゃん!?」

希「にこっち!」

絵里「……あ」

海未「おや」クスッ

穂乃果「……わあっ!」

凛「わぁああ……」

花陽「……に、にこちゃん……」ウルッ



にこ「……お待たせ、みんな」

にこ「悪い夢から醒めたわ」

にこ「にっこにっこにー!!」

ことり「……」ニコニコ
88: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:31:20.49 ID:vw/RdEO7.net
後日……


海未「それでは、次回のライブの衣装コンセプトについて、皆さんの意見を聞きたいと思います」

にこ「え?んもー、しょおがないわねぇ~!」

にこ「このにこちゃんが考えてきた、とっておきのコンセプトを披露してあげるわよ♡」

真姫「キモチワルイ」

にこ「ぬゎによー!」

にこ「だいたい、なんで私に相談もなしにセンターを絵里と穂乃果にしたのよ!」

にこ「どう考えてもセンターは私でしょ!?」

凛「……にこちゃん、やっぱり覚えてないんだね」

絵里「おぼろげな悪夢としてしか、記憶に留まってないらしいわね」

穂乃果「忘れたままにしようよ……」

絵里「そうね……あれはにこ本人にとっても、私達にとっても辛い時だったものね……」


にこ「それにしても、この部屋なんかおツマミ臭くない?」スンスン
89: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:39:05.86 ID:vw/RdEO7.net
にこ「いい、あんた達!」

にこ「女の価値は顔じゃないわ……。オシャレかどうかよ!」

絵里「……あら、どこかで聞いたセリフね」クスッ

希「……スピリチュアルやね」

真姫「……//」カミノケクルクル

ことり「じゃあみんなでオシャレになっちゃおー♪」

にこ「言っとくけど妥協は許さないんだからね♪」

真姫「ちょっと、いつからにこちゃんは衣装担当になったのよ!」

真姫「少しは作曲の手伝いをしなさいよ!」

希「真姫ちゃん、妬かない妬かない」ニヨニヨ

真姫「妬いてない!//」

花陽「……ハッピーエンド、です!」



おしまい
90: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 09:43:39.89 ID:vw/RdEO7.net
2期2話を見返して思い付いたSS。
きちんと書き溜めてから投下する予定だったけど、結局いつもの行き当たりばったりな即興になってしまいました。
でもやっぱり、乗っ取りは一から構想を練るに限る。


これでようやく、移動中の電車でのんびり本が読めるぞーい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「女の価値は顔じゃないわ…。オシャレかどうかよ!」絵里「…」希「…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。