穂乃果「アイドルやめます」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:43:48.12 ID:wkHQKDVE.net
希「そんな...もう少し考え直して...!」

穂乃果「もう充分考えたよ」

真姫「穂乃果!」

にこ「希、真姫。静かにしなさい」

希「にこっち!」

真姫「にこちゃんはそれでいいの!?」

元スレ: 穂乃果「アイドルやめます」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:44:13.14 ID:wkHQKDVE.net
にこ「穂乃果」

穂乃果「なに?」

にこ「もう考え直す気はないんでしょ?」

穂乃果「うん」

にこ「...あっそう」
3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:44:43.75 ID:wkHQKDVE.net
にこ「...」スッ

希「!にこっ」

パァン!

穂乃果「...!」

にこ「...部室から出て行きなさい」

穂乃果「...」

にこ「二度と来ないで。あんたには失望したわ」
5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:45:09.55 ID:wkHQKDVE.net
穂乃果「...分かった」スッ

真姫「穂乃果!待ちなさい!」

穂乃果「今までお世話になりました」

希「穂乃果ちゃん!」

ガチャ バタン
6: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:45:47.71 ID:wkHQKDVE.net
真姫「にこちゃん...!」

にこ「あんた達も今日は帰って」

希「でも!」

にこ「いいから帰りなさい!」

真姫「にこちゃん私は」

にこ「言うことが聞けないなら力づくで追い出すわよ」

希「...分かった。帰ろ、真姫ちゃん」

真姫「希!」
7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:46:16.11 ID:wkHQKDVE.net
希「今日はいても無駄や。だから、ほら」

真姫「...!」

希「また明日来るからね、にこっち」

にこ「...」

希「行くよ、真姫ちゃん」

真姫「...分かったわ」
8: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:47:08.76 ID:wkHQKDVE.net
ガチャ

バタン

にこ「...」

にこ「...あのバカ...」
9: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:47:36.47 ID:wkHQKDVE.net
ーーーーー

絵里「...」ペラッ

絵里「暇ね...」

コンコン

絵里「はい」

希「来たよーえりち」

真姫「良かった。元気そうね」

絵里「希、真姫。来てくれたのね」
11: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:48:06.22 ID:wkHQKDVE.net
真姫「お加減はどう?」

絵里「大丈夫よ、暇を持て余してたところ。歩けないって退屈ね」

真姫「少しの辛抱よ。我慢しなさい」

希「はいこれ」ドサッ

絵里「わっ、これは?」

希「果物とチョコレート。食べるやろ?」
12: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:48:39.43 ID:wkHQKDVE.net
絵里「こんなに沢山...いいの?」

希「いいんよいいんよ。あと、今日のノート」

絵里「いつも悪いわね」

希「だからいいって」

真姫「怪我人が余計な気遣いするものじゃないわ」

絵里「ありがとう、2人とも」
13: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:49:29.91 ID:wkHQKDVE.net
希「どれくらいで治るんやったっけ?」

絵里「1ヶ月半くらいで退院できるって真姫のお父様が。その後長期間リハビリが必要みたいだけど」

希「ふむふむ、なるほど...」

絵里「ごめんなさい、入院中は迷惑かけるわ」

希「いいんやって。早く治して学校来てな」

絵里「ええ」
14: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:50:12.25 ID:wkHQKDVE.net
真姫「何かあったら遠慮なく言ってちょうだい。パパに頼んでみるから」

絵里「うん、分かったわ。ありがとう、真姫」

希「さてさて、じゃあウチらは...」

絵里「今日は2人なの?」

希「...!」

絵里「にこと穂乃果は?」

真姫「...」
15: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:51:04.96 ID:wkHQKDVE.net
絵里「?どうしたの?」

希「...にこっちは今日、こころちゃん達の面倒を見ないかんのやって。穂乃果ちゃんは急に店番頼まれたみたいで来れんて」

絵里「あらそう...残念だわ」

希「また明日連れてくるね」

絵里「そんなに毎日来なくてもいいのよ?大変でしょう」

希「そんなことないよ。誰も来んかったらえりちも寂しいやろ?」

絵里「もう...子供じゃないんだから」

希「ふふっ、えりちは寂しがり屋さんやからねぇ」

絵里「のーぞーみー」

希「あはは、ごめんごめん」
16: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:51:42.05 ID:wkHQKDVE.net
真姫「楽しんでるところ悪いけど、そろそろ面会終了時間よ」

希「わかった。じゃあえりち、また明日」

真姫「じゃあね、絵里」

絵里「ええ。今日はありがとう」

パタン
17: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:52:51.24 ID:wkHQKDVE.net
希「まだ少し面会時間あるかな?」

真姫「あと15分ほどね」

希「ちょっと海未ちゃんとことりちゃんの病室行こうか」
18: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:53:24.29 ID:wkHQKDVE.net
希「やっ、お二人さん」

真姫「大人しくしてた?」

海未「希、真姫」

ことり「来てくれたんだね、ありがとう」
19: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:54:11.81 ID:wkHQKDVE.net
希「お加減はどう?」

海未「退屈で仕方ありません。早く外出の許可が出ませんかね...」

真姫「何言ってんのよ。退院先延ばしにしたいの?」

ことり「聞いてよ2人とも。海未ちゃんってばまた勝手に動こうとして看護師さんに怒られてたんだよ」

海未「ことり!それは内緒だと...」

希「またー?海未ちゃん意外と短気なんやねぇ」
20: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:54:59.04 ID:wkHQKDVE.net
海未「動けないと分かってると余計に体を動かしたくなるというか...分かりません?」

真姫「分からないわね。退院したくないってなら分かるけど」

海未「そ、そんなことは」

真姫「だったら大人しくしてなさい。いい?」

海未「はい...」シュン

ことり「あははっ、怒られちゃったね」
23: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:55:51.83 ID:wkHQKDVE.net
真姫「全く...凛じゃないんだから」

海未「凛と一緒にしないでください!」

ことり「そういえば今日は2人なの?穂乃果ちゃんとにこちゃんは?」

希「今日は2人とも来れんのやって」

海未「そうですか...残念です」
24: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:56:41.83 ID:wkHQKDVE.net
ことり「携帯が使えないから不便だね~」

海未「そうですね。談話室に行けるようになるまで我慢です」

真姫「少し扱う程度なら別に何も言われないわよ?」

海未「そういうわけにはいきません。個室ならともかく、相部屋なのですから他の入院されてる方の迷惑になります」

ことり「うん、そうだね」

真姫「ありがとう。入院してる人が全員海未たちのような気遣いができればいいんだけど」

海未「いえ、当然のことです」
25: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:57:15.99 ID:wkHQKDVE.net
希「そろそろ時間かな?」

真姫「ええ、そうね」

希「じゃあウチらは帰るね。また来るから」

海未「ありがとうございます」

ことり「ありがとう、2人とも」

希「いーえ。じゃ、お大事に」

真姫「またね、2人とも」
26: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:57:47.08 ID:wkHQKDVE.net
希「凛ちゃんと花陽ちゃんのお見舞いは明日行こう」

真姫「そうね」

希「さて...行こうか」

真姫「ええ」

希「行く前にもう一度電話してみるね」スッスッ

真姫「出てくれればいいんだけど...」
27: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:58:23.97 ID:wkHQKDVE.net
プップップップップ

希「...」

『おかけになった電話は、電波の届かないところにあるか電源を...』

希「ダメ。繋がらない」

真姫「やっぱり...じゃあ直接行ってみましょう」

希「うん」
28: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:58:58.82 ID:wkHQKDVE.net
ーー

ピンポーン

「はーい」

ガララ

雪穂「どなたで...あ」

希「こんにちは、雪穂ちゃん」

真姫「久しぶりね」

雪穂「希さんに真姫さん。お久しぶりです」
29: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:59:31.17 ID:wkHQKDVE.net
希「穂乃果ちゃんはいる?」

雪穂「お姉ちゃんですか?いえ、まだ帰ってませんけど...」

希「まだか...」

雪穂「あれ、一緒じゃなかったんですか?」

真姫「どこにいるか心当たりない?」

雪穂「ええと...あ、海未さんたちのお見舞いに行ってるんじゃないですか?」
31: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:00:01.17 ID:wkHQKDVE.net
希「うーん...そうか、ありがとう」

雪穂「お姉ちゃんに用ですか?だったらお姉ちゃんの部屋にあがります?」

真姫「...どうする?」

希「いや、やめとこ」

雪穂「?」

真姫「ううん、それには及ばないわ。ありがとう」

希「急にお邪魔してごめんな。また今度お買い物に来るね」

雪穂「いえ...」

希「じゃあね、雪穂ちゃん」

雪穂「はい、さようなら」
32: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:00:41.75 ID:wkHQKDVE.net
真姫「まだ帰ってない...一体どこにいるのかしら」

希「仕方ない...明日話すしかないね」
33: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:01:06.43 ID:wkHQKDVE.net
ーーー

希「失礼します」

ヒデコ「東條先輩。どうしたんですか?」

希「穂乃果ちゃんはいる?」

ヒデコ「えっと...あれ?さっきまでいたんだけど...」

フミコ「穂乃果ならたった今教室を出ていきましたよ」
34: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:01:39.21 ID:wkHQKDVE.net
希「どこいったか分かる?」

フミコ「いえ、そこまでは...」

希「そう...ありがとう」

真姫「いた?」

希「いや、教室にはおらんかった」

真姫「生徒会室にもいなかったわ」
35: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:02:08.54 ID:wkHQKDVE.net
希「部室...はおらんよね」

真姫「そう、ね...一応行ってみましょうか」
36: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:03:06.05 ID:wkHQKDVE.net
ガチャ

にこ「あら、あんた達。遅かったわね」

希「にこっち」

にこ「昨日は悪かったわね。追い出して」

希「ううん、いいんよ」

にこ「じゃ、練習始めるわよ」
37: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:03:44.01 ID:wkHQKDVE.net
真姫「にこちゃん、あの...」

にこ「何?」

真姫「えっと...」

にこ「何よ、言いたいことあるならハッキリ言いなさい」

真姫「...絵里たちのお見舞い行かない?ほら、にこちゃんあんまり行ってないでしょ」

にこ「今から?お見舞いの品何も用意してないわよ」
38: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:04:42.27 ID:wkHQKDVE.net
希「ウチらが買ってきたのがあるから。それに、持っていかなくても顔だけでも出しに行こ」

にこ「うーん...今日は遠慮しとくわ。明日必ず行くから」

真姫「そう...じゃあまた明日に」

にこ「あんた達は今から行くの?」

希「うん。昨日、凛ちゃんと花陽ちゃんのお見舞いに行けんかったからね」
39: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:05:17.40 ID:wkHQKDVE.net
にこ「分かったわ。でもあんまり練習休まないようにね。体鈍るわよ」

希「じゃあにこっち、また明日ね」

にこ「ええ、また明日。絵里たちによろしく言っといてちょうだい」

希「うん」

パタン
40: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:05:43.79 ID:wkHQKDVE.net
希「...あの様子だと、来てないみたいやね」

真姫「そうね...まあ、可能性は低かったけど」

希「もしかしたら病院に行ってるかもしれんね」

真姫「どうかしら...」

希「万が一ってことがあるやん。とにかく行ってみようか」
41: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:08:39.43 ID:wkHQKDVE.net
凛「退屈だにゃ~...」

花陽「しょうがないよ。歩けるようになるまで我慢しなきゃ」

凛「暇だよー!スマホも使えないしー!」

花陽「明日からは談話室に行けるようになるから。ね?」

凛「むぅ~...」
42: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:13:33.43 ID:wkHQKDVE.net
希「ワガママ言って花陽ちゃんを困らせてるのはだーれだー?」

真姫「静かにしなさい。他の患者の迷惑になるでしょ」

凛「希ちゃん!真姫ちゃん!」

花陽「お見舞いに来てくれたの?ありがとう」

希「ふふっ、2人とも元気そうやね」
43: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:14:23.69 ID:wkHQKDVE.net
凛「元気じゃないよー!もう退屈で死にそうだにゃー!」

真姫「こら、凛。静かにしなさいって言ってるでしょ」

凛「わわっ、真姫ちゃん怖いよー」

真姫「りーんー?」

凛「ごめんなさーい」
44: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:14:50.99 ID:wkHQKDVE.net
希「お見舞いの品、ここに置いとくね」

凛「なになに?何持ってきてくれたの?」

希「お魚の缶詰」

凛「えっ」

希「カルシウムたくさん取って、早く治るようにって買ってきたんよ」

凛「い、いらない...」
45: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:15:16.96 ID:wkHQKDVE.net
希「なーんて、冗談!お菓子と漫画を持ってきたよ」

凛「おおー!さっすが希ちゃん!」

真姫「でも凛はいらないのよね。花陽、全部もらっていいわよ」

凛「わー、ウソウソ!いります!」

真姫「全く...ちゃんと病院食の魚も食べなさいよ?」

凛「はーい」
46: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:15:47.95 ID:wkHQKDVE.net
希「お加減はどう?」

花陽「体調は問題ないよ。明日からは談話室に行ってもいいって」

真姫「良かったじゃない。退屈も幾分かマシになるわね」

希「じゃあ明日は談話室に集まろうか。えりちたちも呼んで」

花陽「うん。なんだかみんなに会うの久しぶりだね」
47: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:16:49.57 ID:wkHQKDVE.net
凛「おー!楽しみだにゃ!」

希「えりちたちも暇してたからね。喜んで来るよ」

凛「...ねーねー真姫ちゃん。真姫ちゃんのお父さんに頼んで、病室でもスマホでゲームしてもいいように出来ない?」

真姫「ダメ。あんただけ特別扱いは出来ないわよ」

凛「そこをなんとか!」

真姫「ダーメ」
51: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:17:34.34 ID:wkHQKDVE.net
凛「そんなぁ、真姫ちゃんのケチ!」

真姫「...」ムニー

凛「いひゃいいひゃい!」

真姫「よく動く口ね。縫合してもらおうかしら」

凛「ひゃあーーー!」

希「まあまあ、真姫ちゃん。ほら、凛ちゃんもワガママ言わんの」

真姫「全くあんたは...」

凛「いたた...ほっぺ千切れるかと思った」
52: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:18:06.31 ID:wkHQKDVE.net
真姫「はい、2人とも。昨日と今日の分のノートよ」

花陽「ありがとう。ごめんね、いつも持ってきてもらって」

真姫「いいわよ、これくらい」

凛「のーと...」

真姫「しっかり写して勉強しとくのよ?するかしないかじゃ、学校に来れるようになった時に全然違うから」

花陽「うん」

凛「うんうん」

真姫「わかってるの、凛?」

凛「分かってる分かってる」
53: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:18:42.35 ID:wkHQKDVE.net
真姫「花陽、凛のことよろしく頼むわね。もしサボるようなら私に報告して」

凛「だ、大丈夫だよ!多分...」

真姫「信用ならないわね...」

花陽「凛ちゃん、頑張ろうね」

凛「はーい...」

真姫「分からないところがあったら、来た時に教えるから」

花陽「うん、ありがとう真姫ちゃん」
54: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:19:10.41 ID:wkHQKDVE.net
希「じゃあ、そろそろ...」

凛「今日にこちゃん達は?」

希「今日は来れないから明日来るって」

凛「そうなの?わかった!」

花陽「2人にもよろしく言ってて。今日はありがとう」

真姫「ええ、分かったわ」
55: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:19:40.38 ID:wkHQKDVE.net
希「じゃあまた明日ね」

凛「うん!バイバーイ!」

花陽「じゃあね、希ちゃん真姫ちゃん」

真姫「凛、大人しくしとくのよ」

凛「はいはーい」
56: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:20:20.71 ID:wkHQKDVE.net
海未「...」カリカリ

希「海未ちゃん」

海未「希、真姫。今日も来てくれたんですね」
57: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:21:36.72 ID:wkHQKDVE.net
希「ことりちゃんは...」

海未「今は眠ってしまってますね」

真姫「気持ちよさそうね」

海未「元々ことりはよく寝る子ですから」

希「じゃあ起こさんように静かにしとこうか」
58: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:22:12.88 ID:wkHQKDVE.net
真姫「海未は勉強してるの?」

海未「ええ。入院してる間に置いていかれないように」

希「そういえば、授業のノートはどうしてるん?」

海未「クラスメイトに頼んで持ってきてもらってます。穂乃果はアテになりませんからね」

希「あはは...」
59: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:22:54.50 ID:wkHQKDVE.net
海未「あの、一つ聞きたいことが」

真姫「なに?」

海未「穂乃果の様子はどうですか?」

希「...!」

海未「あまり顔を出してくれないので...様子が気になって」
60: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:23:39.37 ID:wkHQKDVE.net
海未「...やはり、責任を感じてるのでしょうか。そんなことはないと言ったのですが」

海未「事実、穂乃果に責任は全くありません」

真姫「...海未」

海未「...ことりが」

希「ことりちゃんが?」
61: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:24:57.79 ID:wkHQKDVE.net
海未「希たちやクラスメイトが来た時は明るく振舞ってますが...相当精神的にきているみたいで」

海未「特に、穂乃果のことが心配でたまらないみたいなんです」

海未「幼なじみとして情けないのですが、今回のことを穂乃果などう考えているか分からないのです」

海未「穂乃果の性格からして、思い詰めすぎて突飛な行動に出るとも限らない...なので、穂乃果に顔を出すように言ってくれませんか。面と向かって話せば、少しは穂乃果がどう考えているか分かると思いますから」

希「...」

真姫「...」

海未「お願いします」
62: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:25:51.79 ID:wkHQKDVE.net
希「...分かった。近いうちに必ず連れてくる」

海未「ありがとうございます」

希「ことりちゃんのことよろしく頼むね、海未ちゃん」

海未「はい」
63: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:27:06.17 ID:wkHQKDVE.net
パタン

希「ことりちゃんが...」

真姫「今の穂乃果のことを伝えたら、ことりの精神的な負担はかなりものになってしまうわね」

希「急がないかんね」

真姫「ええ...」
64: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:27:36.17 ID:wkHQKDVE.net
真姫「もう帰るの?」

希「えりちにプリントとノート渡して帰るよ」

真姫「そう。じゃあ私はここで」

希「うん。また明日ね」
65: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:28:19.66 ID:wkHQKDVE.net
ーー

希「昨日の夜穂乃果ちゃんに電話かけてみたんやけど...やっぱ出なかった」

真姫「さっき教室に行ってみたけど、いなかったわ」

希「まずいなぁ...会えもしないんじゃどうにも...」

真姫「今日、お見舞いの後もう一度穂乃果の家に行ってみましょ」

希「そうやね」
66: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:28:42.71 ID:wkHQKDVE.net
ガチャ

にこ「お待たせ」

希「お、にこっち」

真姫「遅かったわね」

にこ「ちょっとね。さ、行きましょう」
67: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:29:11.29 ID:wkHQKDVE.net
ーー

凛「てやっ!革命!」

海未「わわっ、手持ちが一気に弱く...」

絵里「ふふふ、甘いわよ凛」

凛「絵里ちゃんジョーカー持ってたのー!?」

花陽「まだです!」

絵里「え、スペ3!?」
68: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:29:33.56 ID:wkHQKDVE.net
花陽「これで上がりです!」

凛「あー、都落ちだにゃー...」

ことり「えへへ、私もあーがり♪」

海未「そ、そんな!」
69: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:30:22.57 ID:wkHQKDVE.net
にこ「あら、案外元気そうね」

凛「にこちゃん!」

希「楽しそうで何より」

真姫「あんまりはしゃぎすぎないようにね」

花陽「希ちゃん、真姫ちゃん」
70: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:30:58.58 ID:wkHQKDVE.net
絵里「久しぶりね、にこ」

にこ「なかなか顔出せなくて悪かったわ」

海未「いえ、気にしないでください」

にこ「これ、お見舞いの品」

凛「おー、これなーに?」

にこ「サンドイッチを作ってきたわ。まだ夕飯までに時間はあるからいいでしょ?」

花陽「わぁ...美味しそう」
71: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:31:53.16 ID:wkHQKDVE.net
にこ「あ、ここって飲食禁止じゃないわよね?」

真姫「大丈夫よ」

絵里「ありがとう、にこ」

にこ「いーえ」

凛「ちょうどお腹すいてたんだー。いただきまーす」

花陽「はむ...美味しい!」

海未「さすがにこですね...とても美味しいです」

にこ「ふふん、まあね」
72: 1です(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:34:38.22 ID:zWM9WJmC.net
凛「あむ...あれ?」

花陽「どうしたの凛ちゃん?」

凛「穂乃果ちゃんは?」

にこ「!」ピクッ
73: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:35:30.09 ID:zWM9WJmC.net
希「あ、えと、穂乃果ちゃんは今日も用事で来れないって」

凛「そうなの?つまんないなー」

にこ「...」

絵里「にこ?」
74: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 14:36:11.34 ID:zWM9WJmC.net
にこ「...ちょっとお手洗いに」

にこ「...!あんた...」

希「にこっち?...あ」

穂乃果「...」

希「穂乃果ちゃん...!」
80: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:15:51.28 ID:iYErPdK8.net
穂乃果「みんな...」

凛「穂乃果ちゃん!」

絵里「久しぶりね、穂乃果」

真姫「穂乃果あんた一体どこに」

穂乃果「みんな、話したいことがあるんだ」

にこ「!」
81: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:16:20.99 ID:iYErPdK8.net
海未「...穂乃果?」

ことり「話したいこと...?」

希「穂乃果ちゃん、ちょっと待って。それはー」

穂乃果「私ね」

希「穂乃果ちゃん!」

真姫「穂乃果!」

穂乃果「アイドルやめたから」
82: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:16:49.70 ID:iYErPdK8.net
凛「...え?」

花陽「今...なんて...」

穂乃果「アイドルやめたって言ったんだよ」

絵里「あなたなにを言って」

海未「なにふざけた事を言っているんです?」

穂乃果「ふざけた態度に見える?」

ことり「なんで...なんで穂乃果ちゃん!」
83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:17:18.94 ID:iYErPdK8.net
穂乃果「だってもう9人でラブライブには出られないんだよ?」

ことり「っ!」

絵里「それは...!」

穂乃果「皆の怪我治るのは早くても3ヶ月。ラブライブの本戦は来月」

穂乃果「そしてその怪我は私のせい」

海未「だからそれは!」

穂乃果「私のせいだよ。私のせいで海未ちゃんたちはラブライブに出られないんだよ」
84: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:17:49.43 ID:iYErPdK8.net
凛「違うよ!穂乃果ちゃんのせいなんかじゃない!」

花陽「そうだよ!誰もそんなこと思ってない!」

穂乃果「思ってるかどうかなんて関係ないよ」

絵里「穂乃果、前に言ったでしょ?私たちは確かにラブライブには出られない...でも、だから私たちの分まであなた達が頑張ってって」

絵里「出られないのは物凄く無念だけど...そんなことをいつまでも言っても仕方ない。できる限りのサポートはするから、あなた達は...」
85: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:19:31.94 ID:iYErPdK8.net
穂乃果「無理だよ」

穂乃果「私のせいなのに...私のせいで出られないのに、その私がラブライブに出るなんて無理だよ」

希「穂乃果ちゃん、あのね...」

穂乃果「もういいから。もう私はアイドルやめるから。皆の分は、にこちゃんたちがしっかりやってくれるから...」
86: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:20:02.12 ID:iYErPdK8.net
にこ「何勝手に言ってくれてんのよ」

真姫「にこちゃん...!」

穂乃果「にこちゃん、私は」

にこ「もう喋らないで、聞きたくない」

希「にこっち!」

にこ「これ以上私を失望させないで。もう黙って帰って」

真姫「にこちゃん!」
87: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:20:29.93 ID:iYErPdK8.net
穂乃果「...」クルッ

海未「待ちなさい穂乃果!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「...さよなら、みんな」

希「待って穂乃果ちゃん!」

穂乃果「...!」ダッ

希「穂乃果ちゃん!」ダッ
89: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 16:21:56.33 ID:iYErPdK8.net
絵里「にこ!あなた一体何を!」

にこ「無理よ。あの子にはもうアイドルはできない」

にこ「あの子に誰かを笑顔にすることは、もうできない」
102: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:21:01.34 ID:ew6MpB0a.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーー

海未「今日はここまでです。お疲れ様でした」

「「お疲れ様でした!」」

海未「気をつけて帰ってください」

「「はい!」」
103: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:21:51.80 ID:ew6MpB0a.net
海未「ふう...」

海未母「お疲れ様でした、海未さん」

海未「お母様」

海未母「お風呂湧いてますよ。汗を流してきなさい」

海未「はい、ありがとうございます」
104: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:22:47.02 ID:ew6MpB0a.net
チャプ...

海未「ふう...」

海未「明日はお休みですね...何をしましょう」
105: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:23:39.16 ID:ew6MpB0a.net
海未「お風呂頂きました」

海未母「お夕飯もう少しでできますよ」

海未「はい。...少し散歩に行ってきます」

海未母「外に出るなら湯冷めしないようにしなさい」

海未「分かってます。行ってきますね」
106: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:24:43.82 ID:ew6MpB0a.net
ーー

海未(これくらい着れば大丈夫でしょう)

海未「...」

海未(...空が高い...秋真っ只中ですね)

海未「...あら、あの背中は」
107: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:26:23.78 ID:ew6MpB0a.net
花陽「...」

海未「花陽」

花陽「え?...あ、海未ちゃん」

海未「お仕事帰りですか」

花陽「うん。海未ちゃんは?」

海未「お稽古が終わって夕飯まで散歩でもと」
108: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:30:53.90 ID:ew6MpB0a.net
花陽「そうなんだ。お疲れ様」

海未「花陽もお疲れ様です」

花陽「あの、良かったらこれからスーパーにお買い物に行くんだけど、少し付き合ってくれない?」

海未「ええ、いいですよ」

花陽「ありがとう!」
109: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:31:43.89 ID:ew6MpB0a.net
花陽「ふう...買った買った」

海未「こんなに沢山...一日分ですか?」

花陽「まさか。数日分まとめて買ったんだよ」

海未「そうですよね。驚きました」

花陽「最近少し忙しくてね。今日みたいに早く帰れる日にまとめて買っておくようにしてるんだ」
110: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:32:58.54 ID:ew6MpB0a.net
海未「ええ...ところで、花陽」

花陽「なに?」

海未「最近凛と真姫とは会っていますか?」

花陽「うーん、2人とも私より忙しいから...月に1回会えればいい方かな」

海未「そうですか...」
111: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:33:25.59 ID:ew6MpB0a.net
花陽「ことりちゃんは年末帰ってくるの?」

海未「はい、何とか仕事を終わらせて帰ってくるそうです」

花陽「そっかぁ...ことりちゃんも頑張ってるんだね」

海未「ええ」
112: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:33:53.22 ID:ew6MpB0a.net
花陽「...あ、私こっちだ」

海未「もうこんな所まで来ていたのですか」

花陽「ふふっ、話してるとあっという間だね」

海未「では、また」

花陽「うん。今度ご飯食べに行こうね」

海未「ええ、ぜひ」
113: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:35:31.02 ID:ew6MpB0a.net
ーー

海未「行ってきます」

海未母「お休みの日までランニングしなくてもいいのに...」

海未「日課ですから」

海未母「無理しないように」

海未「はい」

タッタッタッタ...

海未母「さて、海未さんが帰るまでに朝ご飯を作りましょう」
114: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:35:59.31 ID:ew6MpB0a.net
海未(今日はいい天気ですね...)

海未(なんだか気分がいいです...少しいつもとは違う道を走ってみましょうか)

海未「えーと...どこに行きましょう」

海未「...」

海未「...久しぶりにあそこに...」
115: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:37:29.80 ID:ew6MpB0a.net
タッタッタッタ

タッタッタ

タン

海未「ふー...」

海未「案外まだ登れるものですね」
116: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:38:03.54 ID:ew6MpB0a.net
海未「いつ以来でしょう...神田明神に来るのは」

海未「ふむ...」
117: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:38:29.21 ID:ew6MpB0a.net
パンパン

海未「...」

海未「...さて、帰りましょう」

「何お願いしたん?」

海未「!」
118: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:38:57.00 ID:ew6MpB0a.net
海未「あなたは...」

「ふふ、変わってないね」

海未「...希」

希「久しぶり、海未ちゃん」
120: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:42:35.05 ID:ew6MpB0a.net


希「すみません、ウチまで朝ご飯一緒に頂いて...」

海未母「いいんですよ。娘のお友達は娘も同然」

希「そんな...ありがとうございます」

海未母「少し待っていてください。食後のお茶を入れてきます」
121: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:43:21.67 ID:ew6MpB0a.net
海未「改めて...お久しぶりです、希」

希「うん。ウチが大学卒業してからだから、六年ぶりかな?」

海未「めったに連絡も寄越さずに...何をしていたのですか」

希「まあまあ、そう急がずに。ゆっくり話すから」

海未「希...」
122: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:43:48.22 ID:ew6MpB0a.net
希「海未ちゃん、今日空いてる?」

海未「ええ。今日はお休みです」

希「それは丁度いい。良かったら、ウチとお出かけせん?」

海未「お出かけ...ですか」

希「うん。ウチとデートしよう」
123: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:44:37.22 ID:ew6MpB0a.net
ーー

希「へえ、こんなオシャレなカフェができてたやね」

海未「何飲みます?」

希「コーヒーで」

海未「じゃあ私もそれで...あの、すいません」

ハーイ

海未「ホットコーヒーを2つ」

カシコマリマシタ ショウショウオマチクダサイ
124: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:47:06.91 ID:ew6MpB0a.net
海未「それで?」

希「ん?」

海未「目的はなんですか」

希「目的?海未ちゃんとデート」

海未「誤魔化さないでください。急に帰ってきて、何をするつもりですか」
125: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:47:37.75 ID:ew6MpB0a.net
希「やだなぁ、ウチが何か企んでるみたいな言い方やん」

海未「間違ってないでしょう」

希「ウチとのデートはつまらんかな?」

海未「だから論点をずらさないでください。ちゃんと答えてくれないなら帰ります」
126: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:48:10.49 ID:ew6MpB0a.net
希「相変わらず融通が効かんなぁ...分かった言うから」

希「ウチが戻ってきたのは皆に会うため」

海未「皆?」

希「決まってるやん。μ'sの皆よ」
127: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:50:33.34 ID:ew6MpB0a.net
海未「...何故?」

希「それはまだ言えない。取り敢えず皆に会うことが今の目的」

海未「それは不可能でしょう。皆忙しい身です。それに...」

希「いーや、意地でも会うよ。その為にわざわざ戻ってきたんやから」

希「既にいろいろ準備はしてる。それに、時間もないから」
128: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:50:59.89 ID:ew6MpB0a.net
海未「一体何の話を...」

希「今話せるのはここまで。皆に会ったらまた話すから」

海未「...分かりました。これ以上詮索しません」

希「お、もっとしつこく聞いてくると思っとったけどなぁ。案外簡単に引き下がるんやね」
129: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:51:33.47 ID:ew6MpB0a.net
海未「どうせ教えてくれないのでしょう。あなたから聞き出すのは骨ですからね」

希「あはは、えらい言い草やね」

海未「本当のことですから」

希「ふふ...ありがとう海未ちゃん」

海未「いえ...」
130: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:52:00.52 ID:ew6MpB0a.net
希「この後どこ行こうか」

海未「特に行きたいところもないですが...」

希「じゃあさ、ショッピングに行こ」

海未「お買い物ですか」

希「うん。冬物の服買いに行かん?」

海未「そうですね...分かりました、行きましょう」
132: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:52:47.22 ID:ew6MpB0a.net
ーーーー

「今日はここまで。お疲れ様」

真姫「お疲れ様でした」
133: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:53:20.34 ID:ew6MpB0a.net
真姫「ふう...」

~♪

真姫「LINE?」

真姫「誰かしら...」

真姫「...!」
134: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:53:53.35 ID:ew6MpB0a.net
絵里「はぁい、真姫」

真姫「急に来ないでよ。びっくりするじゃない」

絵里「ごめんなさい、ちょっと驚かせようとして」
135: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:54:18.60 ID:ew6MpB0a.net
真姫「日本に帰ってきてたのね」

絵里「ええ、つい昨日」

真姫「昨日...聞いてないわよ。なんで連絡してくれなかったの」

絵里「急に決まったの。仕事でね」

真姫「相変わらず忙しいわね」

絵里「ま、立ち話もなんだし...1杯どう?」
136: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:54:55.90 ID:ew6MpB0a.net
ーーー

絵里「За здоровье!」

真姫「無理してロシア語で言わなくても...」

絵里「む、無理なんかしてないわよ」
138: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:55:51.38 ID:ew6MpB0a.net
真姫「...ん、美味しい」

絵里「うん、美味しいわね」

真姫「За здоровье...ザ・ズダローヴィエ。『健康の為に乾杯』って意味だったかしら」

絵里「ふふ、さすが真姫ね。ロシアでは必ず『何かの為に乾杯』って言うわ。友情や、出会いを祝して」
148: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:00:49.40 ID:1RugJ6JE.net
真姫「健康の為に乾杯...医者に対する皮肉かしら」

絵里「やっぱり大変なの?」

真姫「ええ、病気を治す方が体を壊しそうね。意味がわからないわ」
149: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:01:32.65 ID:1RugJ6JE.net
絵里「もう医者になったんだったかしら」

真姫「まだ研修中よ。研修終わってやっと一人前の医者」

絵里「医者はなるまでも長いのね...」

真姫「これでも短いと思うわよ」
150: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:02:00.29 ID:1RugJ6JE.net
真姫「絵里はどうなのよ。相変わらずあっちこっち飛び回ってるの?」

絵里「まあね。外国相手が主な取引先だから」

真姫「仕事は順調なの?」

絵里「ボチボチ...ってところかしら。やっと軌道に乗り始めたって感じね」
151: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:02:31.30 ID:1RugJ6JE.net
真姫「そういえば、この前雑誌で取り上げられてるのを見たわ。話題の美人女社長って」

絵里「やめてよ恥ずかしい...それに真姫に言われても嫌味にしか聞こえないわよ」

真姫「謙遜しなくていいのに」

絵里「もう、からかわないで」

真姫「あら、顔が赤いわよ。酔った?」

絵里「真姫!」

真姫「ふふ、ごめんなさい」
152: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:03:13.72 ID:1RugJ6JE.net
絵里「花陽や凛とは最近どうなの?」

真姫「月に一度会うかどうかね。なかなか時間が取れなくて」

絵里「そう...海未は?」

真姫「海未とは...3ヶ月前に偶然会って以来かしら。たまたまランニング中の海未に病院の前で会ったわ」

絵里「海未も相変わらずね」
153: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:03:38.21 ID:1RugJ6JE.net
絵里「海未も相変わらずね」

真姫「ええ...ねぇ、絵里」

絵里「何?」

真姫「...希とは」
154: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 01:04:51.96 ID:1RugJ6JE.net
~♪

真姫「ごめんなさい、私だわ」

真姫「知らない番号...誰?」

真姫「...もしもし」

『もしもし、真姫ちゃん?』

真姫「なっ...」

絵里「...?」

『今、時間いいかな?』

真姫「希...!」
163: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:32:15.18 ID:lZkpPUqn.net
希「ジンライムで」

カシコマリマシタ

絵里「随分久しぶりね、希」

希「うん。元気そうで良かった」

絵里「希こそ」
164: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:32:42.58 ID:lZkpPUqn.net
希「真姫ちゃんも...」

真姫「...」

希「どうしたん、真姫ちゃん?」

真姫「単純に驚いてるだけよ。絵里は知ってたの?」

絵里「ええ、昼に急に連絡受けて」

真姫「なんで黙ってたのよ...っていうのは愚問ね」

絵里「そうよ。希に言われてたの」
165: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:33:18.82 ID:lZkpPUqn.net
希「そんなにビックリした?」

真姫「当たり前じゃない。連絡も寄越さずに一体この六年間何を...」

真姫「...いや、何しに帰って来たの?」

希「あはは、やっぱそういう質問になっちゃうか~」

真姫「どうせ何してたかなんて教えてくれないんでしょ。なら急に帰ってきた目的を教えてちょうだい」

希「うーん、ウチってそんなに何か企んでるように見えるんかなぁ」
166: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:33:46.09 ID:lZkpPUqn.net
絵里「私も聞いてないわね。希、どうして急に帰ってきたの?」

希「まあ、別に話すようなことでもないんやけど」

希「皆に会いに来たんよ」

真姫「皆って...」

希「うん、μ'sの皆に」
167: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:34:14.59 ID:lZkpPUqn.net
絵里「どうして?」

希「どうしてだと思う?」

真姫「...教える気はないようね」

希「あらら」

絵里「あなたがそういう態度をとる時は何を聞いてもはぐらかさらるからね」
168: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:34:52.28 ID:lZkpPUqn.net
希「二人とも大人になって...張り合いがなくなったねぇ」

真姫「無駄なことはしたくないから」

希「そっかぁ。ま、教える気が無いことはないよ」

真姫「まどろっこしい言い方ね」

希「皆に会うことが出来れば理由も説明するから」
170: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:36:16.54 ID:lZkpPUqn.net
絵里「皆に会うって...私が帰ってくるのは急に決まったのよ?いなかったかもしれないじゃない」

希「それはあれやん、スピリチュアルパワーよ」

絵里「希...」

希「まあまあ、細かいことはええやん。今日は飲も」
171: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:37:12.60 ID:lZkpPUqn.net
真姫「全くあなたは...」

絵里「昔から変わらないわね、ホントに」

希「ふふっ、褒め言葉として受け取っておくね」
172: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:37:43.46 ID:lZkpPUqn.net
ーーーー

「じゃあねー、先生ー」

凛「はーい、また明日ね」

凛「ふう...さて、明日の授業の準備しなくちゃ」
173: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:38:43.97 ID:lZkpPUqn.net
ガララ

凛「お疲れ様です」

「あ、星空先生」

凛「はい?」

「お客様がお見えになってますよ」

凛「お客様...?」
174: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:39:21.63 ID:lZkpPUqn.net
凛「失礼します」

希「やっ、凛ちゃん」

凛「え...」

希「久しぶりやねぇ」

凛「希...ちゃん?」
175: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:39:52.01 ID:lZkpPUqn.net
希「うん、希ちゃんだよ~」

凛「な...今までどこいってたの!?連絡もせずに...!」

希「おっとっと。落ち着いて落ち着いて」

凛「あ...ごめん」

希「ううん、ええんよ」
176: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:40:24.54 ID:lZkpPUqn.net
凛「それで...どうしたの急に」

希「アポ取りに来たんよ」

凛「アポ?」

希「うん。学校の先生って忙しいやろ?だからアポ取りに」
177: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:42:04.04 ID:lZkpPUqn.net
凛「アポとるなら電話してくれれば...」

希「直接来た方がびっくりするやん?」

凛「えー、なにそれ...」
178: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:42:43.65 ID:lZkpPUqn.net
希「凛ちゃん近いうち空いてる?」

凛「近いうち?うーん...」

希「なるべく早い方がええんやけど」

凛「そうだなぁ...明後日の夜とかなら」
179: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:43:20.82 ID:lZkpPUqn.net
希「よし、じゃあご飯食べに行こ」

凛「え?あ、いいよ」

希「うん?どうしたん?」

凛「いや、随分急だなぁって」

希「あんまり時間が無くてね」

凛「そうなの?」

希「あ、凛ちゃん。もう一つお願いがあるんやけど」

凛「なに?」
180: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:43:56.37 ID:lZkpPUqn.net
ーーー

凛「ごめんね、待った?」

希「ううん、全然」

凛「どこに食べに行くの?」

希「それは行ってからのお楽しみ。それより、呼んでくれた?」

凛「うん。多分もうすぐ来ると思うけど...」
181: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:45:10.55 ID:lZkpPUqn.net
花陽「ごめん凛ちゃん!仕事が長引いちゃって...」

凛「あ、来た来た」

花陽「待った?」

凛「ううん。私も今来たところ」
182: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:45:50.80 ID:lZkpPUqn.net
花陽「よかった...あれ、そちらの人は?」

凛「えっと...」

希「久しぶりやね、花陽ちゃん」

花陽「え、なんで私の名前...え?」

希「ふふっ、驚いた?」

花陽「希ちゃん!?」
183: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:48:37.98 ID:lZkpPUqn.net
花陽「こ、ここって...」

凛「この前テレビでやってた高級和食屋さんだ!」

希「さ、入ろうか」
184: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:49:12.79 ID:lZkpPUqn.net
花陽「す、凄い...!高級食材ばっかだ...」

凛「ぜ、0が一個多くない?」

花陽「ほ、ホントに奢ってもらっちゃっていいの?」

希「うん。今日はウチの奢り!好きなもの食べ」

花陽「今度必ずお返しするからね!」

希「お返しなんていいんよ。急に呼び出したお駄賃と思ってくれれば」
185: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:49:51.29 ID:lZkpPUqn.net
花陽「そういうわけには...」

凛「私これー!」

花陽「凛ちゃん!それ一番高いやつだよ!」

希「あははっ、凛ちゃん相変わらずやなー」
187: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:52:33.34 ID:lZkpPUqn.net
ゴユックリドウゾ

花陽「それにしても驚いたなぁ...いつ帰ってきたの?」

希「三日前くらいかな」

花陽「連絡してくれればよかったのに」

凛「ねー?希ちゃんったら急に学校に来たんだよ。ビックリした」

希「ごめんな。皆を驚かそうと思ったんよ」

花陽「ほんとに驚いたよ...」
188: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:53:47.02 ID:lZkpPUqn.net
凛「でも、どうして急に帰ってきたの?それに、何で六年も全然連絡してくれなかったの?」

希「帰ってきたのは皆に会うためよ」

花陽「皆って...μ'sの?」

希「うん」

凛「何で?」

希「それはまだ教えられんかな」
189: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:54:20.19 ID:lZkpPUqn.net
凛「教えてよ。何か理由があるんでしょ?」

希「まあまあ。まだって言ってるやん。ちゃんと教えるから」

花陽「今は言えないってこと?」

希「うん。まだ会ってない子たちもいるからね」
190: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:57:11.47 ID:lZkpPUqn.net
凛「全員に会うつもりなの?」

希「もちろん」

花陽「...悪いけど、それは無理じゃないかな?ほら、絵里ちゃんやことりちゃんは
海外にいるし」

希「えりちは昨日会ったよ。真姫ちゃんにも」

凛「絵里ちゃん日本に帰ってきてるの?」
191: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:57:43.34 ID:lZkpPUqn.net
希「うん。一昨日帰ってきたって」

花陽「皆帰ってきてるなら連絡してくれればいいのに...」

凛「ことりちゃんは?」

花陽「確か海未ちゃんが年末に帰ってくるって言ってたけど...」
192: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:58:51.48 ID:lZkpPUqn.net
凛「じゃあ年末まで待つの?」

希「まあ、少なくとも年明けまではここにいるよ」

花陽「年明けまでって...またどこか行っちゃうの?」
193: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 21:59:14.44 ID:lZkpPUqn.net
希「ま、それはまだ分からんね」

花陽「希ちゃん、一体何をしようとしてるの?」

希「さっきも言った通り、それは全員に会ってから。さ、食べよう。ご飯冷めるよ」
194: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:00:41.87 ID:lZkpPUqn.net
ーーー

海未「ランニング行ってきます」

海未母「はいはい、気をつけて」

タッタッタッタ

海未「ふっ、ふっ、ふっ...」

海未(流石に夜は冷えますね...)
195: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:01:07.69 ID:lZkpPUqn.net
海未「ふっ、ふっ、ふっ...」

海未(...ん?)

「...」キョロキョロ

海未(公園に怪しい人物が...)

「...」キョロキョロ

海未(警察に通報しま...ん?)
196: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:01:43.61 ID:lZkpPUqn.net
「...誰もいない...今!」ダッ

海未「あの」

「ひゃい!?」

海未「もしかして...」

「あ、あの、今はプライベートで」

海未「にこ...ではありませんか?」
197: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 22:02:04.70 ID:lZkpPUqn.net
にこ「へ?」

海未「やっぱり...お久しぶりです」

にこ「海未...?」
202: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:05:32.38 ID:vEWf5oPj.net
にこ「悪いわね、家に上げてもらって」

海未「いえ、いいんですよ」

海未母「お茶入れましたよ」

にこ「ありがとうございます」

海未母「ゆっくりしていってくださいね」

にこ「はい」

パタン
203: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:05:56.87 ID:vEWf5oPj.net
海未「お久しぶりです、にこ」

にこ「ええ、半年振りくらいからしら?」

海未「そうですね。テレビではよく見ますけど」

にこ「ふふ、まあね」
204: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:06:27.22 ID:vEWf5oPj.net
海未「先程は、何故あんなところに?」

にこ「ちょっと下手こいちゃってね...ファンに顔バレしちゃって、大変なことになってたの」

海未「そうなんですか。トップアイドルは大変ですね。無理はしてませんか?」

にこ「大丈夫。見ての通りピンピンしてるわ」

海未「それは何よりです」
205: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:06:51.94 ID:vEWf5oPj.net
にこ「あんたはどうなの?元気にしてた?」

海未「ええ。毎日生徒と稽古の日々です」

にこ「相変わらずストイックな生活送ってるわね」

海未「昔からですから」

にこ「ふふ、そうね」
206: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:07:25.11 ID:vEWf5oPj.net
海未「...にこたちが高校を卒業してから十年。時が経つのは早いものですね」

にこ「ええ...あっという間だったわ。皆とは会ってるの?」

海未「花陽とは偶に会います。今度ご飯を食べに行くと約束しました。にこもどうですか?」

にこ「予定が合えばいいけど...まだ分からないわ」

海未「そうですか...」

にこ「中々付き合えなくて悪いわね」
207: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:08:00.60 ID:vEWf5oPj.net
海未「いえ、忙しい身ですから。仕方ないことです」

にこ「ことりや絵里は...海外に行ってるんだったわね」

海未「絵里は今日本に帰ってきているみたいです」

にこ「そうなの?」

海未「昨日連絡がありました。それに...」

にこ「それに?」

海未「希が、帰ってきています」
208: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:08:26.39 ID:vEWf5oPj.net
にこ「...希が?」

海未「ええ。一昨日会いました」

にこ「あいつ今何してんのよ」

海未「それは分かりません。教えてくれませんでした。ただ...」

海未「私たちに会いに戻ってきたと」
209: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:08:56.07 ID:vEWf5oPj.net
にこ「私たちって」

海未「ええ、μ'sの皆です」

にこ「何で今更...」

海未「理由は皆に会うことが出来たら話すと...」

にこ「ってことは私にも会いに来るつもりかしら」

海未「はい、おそらく」

にこ「...何するつもりよ、一体」
210: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:09:47.96 ID:vEWf5oPj.net
ピンポーン

海未「来客...すみません、少し外します」

にこ「構わないわよ」

海未(こんな時間に誰でしょう)
211: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:11:04.45 ID:vEWf5oPj.net
ガララ

海未「はい、どちら様ですか...」

ことり「う~みちゃん♪」

海未「ことり!」

ことり「えへへ、ビックリした?」
212: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:11:54.21 ID:vEWf5oPj.net
海未「何で...帰ってくるのは年末だと」

ことり「日本で大きな仕事が入ってね。さっき帰ってきたの」

海未「そうだったんですか...あ、すみません、上がってください」

ことり「うん。お邪魔します」
213: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:12:33.25 ID:vEWf5oPj.net
海未母「あら、ことりちゃん。久しぶりですね」

ことり「ご無沙汰してます、おばさん」

海未母「日本に帰ってきてたのですね」

ことり「はい、ついさっき。あ、これお土産です」
214: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:13:09.20 ID:vEWf5oPj.net
海未母「ありがとう。お母様は元気?」

ことり「はいっ」

海未「それは良かった。よろしく伝えてください」

ことり「分かりました!」

海未「客間に行きましょう。丁度来客中だったんです」

ことり「あら、お客さんいたの?」

海未「ええ」
215: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:13:39.10 ID:vEWf5oPj.net
スーッ

にこ「お帰り...あら?」

ことり「にこちゃん!」

にこ「ことりじゃない!帰ってきてたのね」

ことり「うんっ、ついさっき帰ってきたんだぁ」
216: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:14:06.41 ID:vEWf5oPj.net
海未「全く...何故皆連絡もなしに帰ってくるのです」

ことり「ふぇ?皆?」

海未「ああ、ことりは知りませんでしたね。実はー」
217: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:14:29.67 ID:vEWf5oPj.net
ことり「えー、絵里ちゃん帰ってきてるんだ」

海未「はい。絵里も仕事だそうで」

ことり「それに...希ちゃんも」

にこ「らしいわね。何だか私たちに会って回ってるらしいわよ」
218: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:15:16.40 ID:vEWf5oPj.net
ことり「私たちって、μ'sの?」

海未「そうみたいです。理由は教えてくれませんでしたが...」

ことり「μ'sの皆...」

海未「...」

にこ「...連絡はついたの?」
219: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:15:38.54 ID:vEWf5oPj.net
海未「いえ...全く」

にこ「そう...」

ことり「一体どこいっちゃったの...」

ことり「...穂乃果ちゃん...」
220: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:16:12.78 ID:vEWf5oPj.net
海未「泊まっていけばいいですのに...」

にこ「それも悪くないけど、明日朝から仕事だからね」

ことり「私も。お泊まりはまた今度ね」

海未「今度時間を作ってゆっくり会いましょう」
221: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:16:34.50 ID:vEWf5oPj.net
にこ「ええ、何とかしてみるわ」

ことり「うんっ、楽しみだね」

海未「では二人共、お気を付けて」

にこ「またね」

ことり「バイバイ、海未ちゃん」
222: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:17:35.28 ID:vEWf5oPj.net
ーーー

マネージャー「今日の予定は頭に入ってる?」

にこ「はい、まずは昨日言われたイベントの打ち合わせですよね」

マネージャー「ええ。イベント会社やスポンサーの方達に失礼のないように」

にこ「分かってます」

マネージャー「着いたわよ」
223: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:18:05.71 ID:vEWf5oPj.net
ガチャ

にこ「おはようございます。今日はよろしくおねが...?」

絵里「あ、おは...!?」

マネージャー「ど、どうしたの?」

にこ「...絵里!?」

絵里「にこ!」

マネージャー「え、知り合い?」
224: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:18:41.35 ID:vEWf5oPj.net
にこ「何で...」

ガチャ

ことり「おはようございます!今日は...え?」

にこ「ことり!?」

絵里「一体どうなってるの...?」
225: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:19:11.66 ID:vEWf5oPj.net
にこ「なるほど...あんた達の会社がスポンサーだったのね」

絵里「ええ...驚いたわ。まさかにこが出るイベントだったなんて」

にこ「ってことは...」

ことり「うん。衣装は私の会社のだよ」
226: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:20:34.73 ID:vEWf5oPj.net
にこ「何ていうか...不思議な縁ね」

絵里「そうね」

ことり「凄い巡り合わせだね...」

マネージャー「再会を喜ぶのもいいですけど、そろそろイベント会社の方が来られますよ」

にこ「あ、はい」
227: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 23:21:00.75 ID:vEWf5oPj.net
ガチャ

にこ「おはようございま...」

「や、三人とも」

にこ「なっ、あんた」

ことり「うそっ」

希「今日はよろしく」

絵里「希...!?」
233: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:00:32.86 ID:kQhP+hip.net
にこ「あんたイベント会社に就職してたのね...」

希「うん。隠しててごめんな」

絵里「じゃあこのイベントは」

希「ウチが企画したんよ」

ことり「そうだったんだ...この三人が集まったのは偶然じゃなくて...」

希「そうそう。ウチがスポンサーと出演依頼だしたんよ。引き受けてくれて良かった」
234: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:02:03.35 ID:kQhP+hip.net
にこ「あんた一体何しようとしてるのよ。全然分かんないんだけど」

絵里「ただの仕事の話っていう訳では無いわよね?」

希「そうやね...にこっちとことりちゃんにも会えたし、そろそろちゃんと目的を言おうか」

希「まだ会ってない子もいるけど」

ことり「...」
235: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:02:31.10 ID:kQhP+hip.net
希「イベントの内容は聞いてる?」

絵里「ええ。人気のアイドルたちによるライブステージ...でもタダのライブじゃない」

ことり「応募で選ばれたファンの人達が、そのアイドル達と一緒に踊ることができるっていうイベントだよね」

希「そう。今回の企画は、ファンとアイドルが一緒に踊ることができるっていうファンからしたら夢のようなステージになってるん」

希「狙いとしては、握手会やお渡し会のような従来の触れ合いとは違った形でファンとアイドルの距離をより身近に感じてもらう為」
236: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:02:57.88 ID:kQhP+hip.net
にこ「何ていうか...思い切った企画よね。初めて聞いた時は耳を疑ったわ」

希「既に応募は始めてるよ。物凄い数の応募数になってる。一番人気はにこっちやね」

ことり「おお~にこちゃんすごい!」

絵里「さすがにこね」

にこ「ふっふーん、まあね。一体どんな有望な子がこのにこにーと...」
237: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:03:21.94 ID:kQhP+hip.net
希「まあ、にこっちと踊る人たちはもう決まってるんやけど」

にこ「へ?」

絵里「え、もう応募は締め切ってるの?」

希「いや、まだよ」

ことり「じゃあなんで?」
238: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:05:58.55 ID:kQhP+hip.net
希「...これこそウチが戻ってきた目的」

希「このステージで、μ'sのライブをするよ」
239: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:06:28.82 ID:kQhP+hip.net
ーーー

雪穂「ありがとうございましたー」

「雪穂ー、そろそろ閉める準備してー」

雪穂「はいはーい」
240: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:06:54.36 ID:kQhP+hip.net
ガララ

雪穂「あ、いらっしゃいませ」

希「こんばんは」

雪穂「え...」

希「久しぶり、雪穂ちゃん」

雪穂「希さん...」
241: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:07:27.06 ID:kQhP+hip.net
ほの母「お茶どうぞ」

希「ありがとうございます」

希(頭が真っ白...それに、だいぶ老けてる...)

ほの母「それで...私たちににお話ってなにかしら」
242: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:07:54.23 ID:kQhP+hip.net
希「穂乃果ちゃんのことです」

ほの母「...!」

雪穂「お姉ちゃんのこと...」

ほの母「もしかして、穂乃果の居場所を聞きに来たの?残念ながらそれは分からないわよ」

希「いえ、そうではありません」
244: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:08:23.07 ID:kQhP+hip.net
ほの母「だったら何が聞きたいの?」

希「これを見てください」ペラッ

ほの母「これは...?」

雪穂「どこかの住所...ですか?」

希「これは穂乃果ちゃんが今住んでいる場所です」
245: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:08:58.10 ID:kQhP+hip.net
ほの母「え?」

雪穂「お姉ちゃんが?」

希「はい。すみません、勝手に調べさせてもらいました」

ほの母「穂乃果が...」
246: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:09:45.04 ID:kQhP+hip.net
雪穂「一体どうやって調べたんです?」

希「警察、探偵、興信所...あらゆる手を使ってやっと見つけました。詳しくは伏せさせてください。そういう約束なので」

ほの母「ここに穂乃果が...すぐに行かないと」

希「待ってください。ここからが本題です」
247: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:10:38.33 ID:kQhP+hip.net
雪穂「本題?」

希「うん。すぐに行きたい気持ちはは最もです。だけど...」

希「穂乃果ちゃんを連れ戻すのはウチに任せてくれませんか」

雪穂「希さん...?」

ほの母「どうして?」
248: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 13:11:32.72 ID:kQhP+hip.net
希「理由は穂乃果ちゃんを連れ戻したら話します。だから...」

希「お願いします。必ず連れ戻してきますから」
266: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:43:39.84 ID:BWoV8tgx.net
真姫「そう...希が」

花陽「希ちゃんの目的ってμ'sでライブすることだったんだ」

絵里「ええ...」
267: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:44:37.36 ID:BWoV8tgx.net
凛「飲み物なに頼む?私ハイボール」

真姫「私もハイボールで」

花陽「えっと、日本酒」

絵里「私はビール」

凛「じゃ、呼ぶよ。すいませーん!」

ハーイ
268: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:45:11.34 ID:BWoV8tgx.net
絵里「希の話についてどう思う?」

花陽「私は...あんまり賛成できないかな。確かに皆でライブっていうのは魅力的だけど...」

花陽「その希ちゃんの話だと、一般で応募したにこちゃんのファンにちょっとね...
269: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:47:10.85 ID:BWoV8tgx.net
真姫「私も花陽の意見と同じね。希の目的は公私混同もいいところだわ。にこちゃんと踊りたくて応募したファンの人たちはどうなるのよ」

真姫「それに時間的にも無理ね。皆働いてる身なのよ?」

絵里「やっぱりそう思うわよね。にこも...」
270: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:47:40.16 ID:BWoV8tgx.net
ーーー
ーー

絵里「μ'sでライブ...?」

ことり「本気なの?」

希「うん。その為に頑張ってこの企画作ったんやから」

絵里「それは不可能じゃないかしら。時間的にもだし...それにこれは」

希「そこを何とかお願いできんかな。責任はウチが全部持つから...」
271: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:48:36.01 ID:BWoV8tgx.net
にこ「話にならないわね」

ことり「に、にこちゃん」

希「にこっち...」

にこ「論外よ論外。あんたアイドル舐めてんの?仮にもスクールアイドルだったくせに」

希「そ、そんなことは」

にこ「そんなことあるわよ。こんなファンを裏切るような真似を私にしろと?出来るわけないじゃない」
272: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:49:20.95 ID:BWoV8tgx.net
にこ「それにあんた、全員集まると思ってるの?」

希「...」

にこ「とにかくこれじゃ無理よ。考え直してきなさい」スクッ

マネージャー「ちょっと!どこいくの?」

にこ「外の空気吸ってきます」

ガチャ

バタン
273: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:49:58.76 ID:BWoV8tgx.net
マネージャー「も、申し訳ありません」

希「いえ...」

希「やっぱダメか...まぁそうやろなぁ」

絵里「...希」

希「ん?」

絵里「私も...少し考えさせてくれないかしら」

ことり「ごめんね、私も...」

希「...うん、わかった」

ーー
ーーー
274: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:51:59.39 ID:BWoV8tgx.net
海未「そうだったんですか...」

ことり「にこちゃんは出ていったまま戻ってこなくて、結局今日は解散になっちゃった」

海未「希には悪いですが、それはにこが言ったことが正しいですね。ファンにとっては願ってもないことですから、それが実は最初からできない話だったなんてあんまりですからね」

ことり「うん...そうだね」
275: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:53:00.32 ID:BWoV8tgx.net
海未「μ'sで再び...ですか」

ことり「海未ちゃん」

海未「はい?」

ことり「海未ちゃんは、どうしたい?」
276: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:53:32.84 ID:BWoV8tgx.net
ーー

絵里「はぁ~飲んだわね~」

真姫「ちょっと絵里、大丈夫?」

絵里「だいじょーぶよ」

花陽「フラフラだよ...」
277: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:54:09.12 ID:BWoV8tgx.net
凛「...」

真姫「凛?どうしたの?」

凛「へ?いや、どうもしてないよ」

絵里「あ、まさか凛酔ってるのね~?」

凛「酔ってるのは絵里ちゃんでしょ...」
278: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:54:53.36 ID:BWoV8tgx.net
絵里「酔ってないってば~」

真姫「はいはい...」

花陽「絵里ちゃん、しっかり掴まって」

絵里「わぁ~花陽柔らかいわねぇ」

花陽「わっ!え、絵里ちゃん!」

真姫「完璧に酔ってるわね」

アハハ ハナヨ~マキ~ モウ シッカリシテ

凛「...」
279: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:55:28.76 ID:BWoV8tgx.net
ーーー

タンタンタン

タン

希「...着いた」
280: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 22:56:10.39 ID:BWoV8tgx.net
希「...」スッ

ピンポーン

希「...」

シン
281: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:00:19.94 ID:BWoV8tgx.net
希「...」

ピンポーン

シン

希「...いないのかな」
282: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:01:12.61 ID:BWoV8tgx.net
トトト...

希「!」

ガチャ

「はい...」

希「あ、あの...」

希「...え?」

「どちら様...ですか...?」

希「ほの、か...ちゃん?」
283: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:01:51.87 ID:BWoV8tgx.net
穂乃果「...?なんで私の名前...」

穂乃果「...!希ちゃ...」

希(よく見たら...うん、穂乃果ちゃんや...やつれ過ぎて別人みたいやけど...)

希「久しぶりやね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「...ど、どうして...ここに」
284: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:02:42.90 ID:BWoV8tgx.net
希「迎えに来たんよ、穂乃果ちゃん。一緒に帰ろ?」

穂乃果「...何言って...」

希「ほら、音ノ木坂に戻ろう。実はね、今皆で...」
285: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:03:33.54 ID:BWoV8tgx.net
穂乃果「帰って!」

希「!」

穂乃果「帰って!戻りたくなんかない!」

希「穂乃果ちゃん、あの」

穂乃果「今更皆に会えるわけないよ...」

希「そんなこと」
287: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:04:38.01 ID:BWoV8tgx.net
>>286修正

穂乃果「とにかく帰って。もう来ないで」

希「ほのっ」

バタン!

希「...!」
288: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:05:11.41 ID:BWoV8tgx.net
アリガトウゴザイマシター

希「」ゴクゴク

希「...ふう」

希(思ってたよりひどい状態やったなぁ...)

希(あれじゃ連れ戻すのは困難やね...)
289: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:09:16.32 ID:BWoV8tgx.net
希「...はぁ」

希「...やっぱ無茶だったんかなぁ...全然ダメや...」

希「...」
290: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:10:14.82 ID:BWoV8tgx.net
~♪

希「電話...」

希「...!」

希「...もしもし?」

『もしもし、希ちゃん?』
291: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:10:59.75 ID:BWoV8tgx.net
凛「急に呼び出してごめんね」

希「いや、いいんよ。どうしたん?」

凛「希ちゃんの帰ってきた理由聞いたよ」

希「!そう...」
292: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:11:40.46 ID:BWoV8tgx.net
希「凛ちゃんはどう思う?」

凛「...正直、無茶苦茶だと思った。にこちゃんが怒るのは最もだよ」

希「...」

凛「絵里ちゃんや真姫ちゃん、かよちんが戸惑うのも仕方ない。急にこんなこと言われても、困るからね」

凛「私も戸惑ってるし」
293: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:12:13.45 ID:BWoV8tgx.net
希「じゃあ...凛ちゃんも」

凛「でもね、嬉しかった」

希「!」

凛「戸惑ったし無茶苦茶だと思ったけど、それ以上に嬉しかった」

凛「もう一度、皆で踊れるかもって」

希「凛ちゃん...」
294: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:12:51.75 ID:BWoV8tgx.net
凛「...十年前のあの日」

凛「にこちゃんを...穂乃果ちゃんを止められなかったのをずっと後悔してた」

凛「そりゃ、希ちゃんや真姫ちゃんの方が悔しかったと思うけど」

凛「ずっと...ずっとあの時止められたらって心に引っかかってるんだよ」
295: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:13:31.04 ID:BWoV8tgx.net
凛「それに何より...」

凛「凛、皆ともう一度踊りたい!」

希「凛...ちゃん...」

凛「もう一度だけでいいから...皆と一緒に」
296: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 23:13:59.27 ID:BWoV8tgx.net
凛「皆を説得するのは大変だけど...手伝うよ」

希「...ありがとう、凛ちゃん」
317: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:30:56.90 ID:N99ucWRW.net
ーーー

真姫「ふう...」

真姫(疲れたわね...)

真姫「...ん?」
318: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:31:43.76 ID:N99ucWRW.net
タッタッタッ

海未「ふっ、ふっ、ふっ...」

真姫「海未」

海未「え?...真姫」

真姫「こんばんは。久しぶりね」

海未「久しぶりです。今終わったのですか?」
319: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:32:13.91 ID:N99ucWRW.net
真姫「ええ。海未は...稽古後のトレーニング?」

海未「はい」

真姫「相変わらずね」
320: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:33:25.23 ID:N99ucWRW.net
海未「真姫」

真姫「ん?」

海未「良かったら、夕飯に付き合ってくれませんか?」
321: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:34:00.81 ID:N99ucWRW.net
海未「希の話は聞きましたか?」

真姫「ええ」

海未「どう思います?」

真姫「はっきり言って無理ね。時間的にもだし、やり方も無茶だわ」
322: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:34:26.18 ID:N99ucWRW.net
海未「私もそう思います。皆忙しい身ですし、希の提案はにこのファンに対して失礼です。しかし...」

真姫「しかし?」

海未「真姫、もう一度聞きます。希の提案について、どう思いますか?」
323: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:35:00.67 ID:N99ucWRW.net
真姫「どうって、さっき言ったじゃない」

海未「そうではなく、あなた自身の気持ちを聞いているんです。時間やその他の問題は別として」

真姫「...!」

海未「やりたいかどうか、です。もう一度μ's全員でライブがしたいですか?」

真姫「...それは」
324: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:35:52.04 ID:N99ucWRW.net
海未「この前ことりに聞かれました」

真姫「なんて答えたの?」

海未「...私は」

海未「私は、やりたいです」

真姫「海未...」

海未「真姫はどうですか?」

真姫「私は...」
325: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:37:00.19 ID:N99ucWRW.net
ーーー

真姫「ただいま」

真姫母「おかえり。お風呂湧いてるわよ」

真姫「ありがとう」
326: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:37:28.90 ID:N99ucWRW.net
ガチャ

真姫「...ふう」

真姫「...」

真姫「」スッ トスン

真姫「...」
327: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:38:42.97 ID:N99ucWRW.net
ポロン♪

真姫「...愛してるばんざーい ここでーよかーったー」

真姫「私たちの今が ここにあるー」
328: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:40:13.60 ID:N99ucWRW.net
真姫「愛してるばんざーい 始まったばーかーりー」

真姫「明日もよーろしくねー まだー」

真姫「ゴールじゃなーい」
329: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:40:58.14 ID:N99ucWRW.net
ポロン...

真姫「...」
330: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:41:28.47 ID:N99ucWRW.net
ーーー

真姫「悪いわね、急に呼び出して」

希「ううん」

真姫「話は聞いたわ。全く、無茶苦茶言うんだから」

希「無茶苦茶なのは自分でも分かってる。でも、どうしてもやりたいんよ」
331: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:42:00.83 ID:N99ucWRW.net
真姫「このことは会社は知ってるの?」

希「いや、何も言ってない」

真姫「バレたらまずいんじゃないの、それ」

希「うん。最悪クビやね」

真姫「何でそこまでして...」
332: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:45:13.70 ID:N99ucWRW.net
希「...ずっと、ずっと後悔してる。あの日、穂乃果ちゃんがウチらの前から去ってから」

希「ちゃんと...ちゃんと、穂乃果ちゃんを
立ち直らせてたら。にこっちと衝突する前にちゃんと穂乃果ちゃんと話ができたら!」

希「あんなことには...穂乃果ちゃんがアイドルを辞めなかったんじゃないかって」

真姫「希...」
333: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:45:50.17 ID:N99ucWRW.net
希「やり直せるなんて思ってない。過ぎ去った時はもう戻らない」

希「だけど、あれがμ'sの終わりなんて嫌だ」

希「終わるなら、九人で笑って終わりたい」

希「...ただの自己満足だって分かってる。けど、どうしても自分の中でケジメを付けたかった」
334: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:48:56.99 ID:N99ucWRW.net
希「ごめんな...こんな、こんな自己中なことで皆を困らせて」

真姫「そんなことないわ」

真姫「......私も同じよ。何も出来なかった」

真姫「穂乃果を止めることが出来なかった」

真姫「この十年...ずっとずっと、あの時が頭からはなれることは無かったわ」
336: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:52:17.83 ID:N99ucWRW.net
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー

絵里「皆、ちゃんと付いてきてる?」

穂乃果「もう疲れたよ~」

花陽「はぁ...はぁ...」

凛「かよちん、大丈夫?」

海未「少しペースを落としましょうか」
337: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:53:22.87 ID:N99ucWRW.net
ことり「あれ、希ちゃんたちは?」

凛「あ、あんな後ろに!」

絵里「何してるのよ?」

希「にこっちー、さっきまでの威勢はどうしたん?」

にこ「はぁ...うる...さいわね...はぁ...はぁ」

真姫「だから最初に飛ばしすぎるなって言ったのに」

にこ「はぁ...はぁ...大体、走りすぎなのよ...」

希「これはダメやね...」
338: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:54:14.84 ID:N99ucWRW.net
海未「何をしているのですか...」

絵里「少し休みましょうか」

海未「ええ」

穂乃果「おー、やっと休めるー!」

凛「かよちん、休憩だって」

花陽「うん...はぁ~」
339: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:54:57.55 ID:N99ucWRW.net
ブオオオオン

プップー

海未「ここは道幅の割にスピードを出す車が多いですね」

絵里「ここで止まるのは危ないわね...少し移動しましょうか」
340: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:55:26.88 ID:N99ucWRW.net
穂乃果「...ん?」

凛「どうしたの?」

穂乃果「あそこ...」

絵里「あら、猫...かしら」

海未「あんな道の真ん中に...危険ですね」
341: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:56:26.92 ID:N99ucWRW.net
花陽「動かないね...怪我でもしてるのかな」

穂乃果「ちょっと行ってくる」タタッ

絵里「あ、穂乃果!」

海未「待ちなさい、危ないですよ!」

穂乃果「大丈夫大丈夫!」
342: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:57:01.44 ID:N99ucWRW.net
穂乃果「ととと...」

穂乃果「こんな所にいたら危ないよ」

ミャ~ン?

穂乃果「さ、安全な場所に...」

ニャッ

穂乃果「あ!」
343: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:58:08.56 ID:N99ucWRW.net
トトトトト...

穂乃果「うそ、動けたの?」

穂乃果「な~んだ...」

海未「穂乃果、後ろ!」

穂乃果「ん?」

絵里「危ない!」
344: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 01:59:20.64 ID:N99ucWRW.net
穂乃果「へ?」

プーーーーー!!

穂乃果「...え」

キィィィィィィィィィィ!!!
345: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:00:15.10 ID:N99ucWRW.net
穂乃果「...あれ」

穂乃果「なんで私...」

希「えりち!!海未ちゃん!」

にこ「ことり!花陽!凛!しっかりしなさい!」

真姫「早く119番に!」

穂乃果「なんで皆が...」

穂乃果「え?」
346: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:01:30.80 ID:N99ucWRW.net
希「皆命に別状はないって」

穂乃果「そう...良かった」

穂乃果「...私、何で」

希「...かなりスピード違反してたみたい。しかも脇見運転してた」
347: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:02:47.15 ID:N99ucWRW.net
希「穂乃果ちゃんに気づいて、慌ててハンドル切ったんやって。車は穂乃果ちゃんは避けれたけど...」

希「そのまま、えりちたちの所に突っ込んだ」

にこ「私たちは...後ろにいたから助かったの」
349: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:04:49.39 ID:N99ucWRW.net
穂乃果「...私のせいだ」

希「え?」

穂乃果「私のせいで、皆が」

にこ「あんた何言って...」
350: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:05:21.58 ID:N99ucWRW.net
「どういうこと!?」

穂乃果「!」

希「真姫ちゃんの声や」

にこ「診療室からね」
351: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:08:09.15 ID:N99ucWRW.net
「今言った通りだ...残念だが」

「何とかしてよパパ!!医者でしょ!!」

「真姫ちゃん!落ち着いて!」

「...すまない」
352: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:08:46.04 ID:N99ucWRW.net
ガチャ

真姫「...っ!」

真姫母「真姫ちゃん待って!」

バタン

にこ「真姫!」

希「真姫ちゃん」
353: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:09:55.86 ID:N99ucWRW.net
真姫「...皆の怪我、なんだけど」

真姫「運動できるようになるまで...最低でも三ヶ月かかるって」

にこ「そ、それって」

真姫「ええ...」

真姫「五人は、ラブライブに出場できないわ」

穂乃果「...!」

希「そんな...」
354: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:10:55.40 ID:N99ucWRW.net
ーー

ガララ

海未「!穂乃果」

ことり「穂乃果ちゃん」

穂乃果「二人とも...」

海未「無事でよかったです」

ことり「うん...ホントに、ホントによかった」
355: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:12:08.34 ID:N99ucWRW.net
穂乃果「...」

海未「穂乃果?」

穂乃果「...わたしの、せいだ」

穂乃果「私のせいで...皆が」

ことり「そんなこと」

穂乃果「そんなことある!」

海未「!」

ことり「穂乃果ちゃん...」
356: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:12:56.64 ID:N99ucWRW.net
穂乃果「私が...私が海未ちゃんの注意を聞かずに飛び出しから...!」

海未「...確かにそうですが、あなたの行動は命を助けようとした上でのことです。それに、今回の事故は車側の違反によるものです」

海未「あなたが責められることではありません」

穂乃果「でも...でも!」
357: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 02:14:21.26 ID:N99ucWRW.net
ことり「誰も穂乃果ちゃんのことを責めてなんかないよ。だからそんなに自分を追いつめないで」

穂乃果「でも!海未ちゃんたちはラブライブに出られないんだよ!」

穂乃果「皆で...出られないんだよ」
372: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:07:34.47 ID:n2niuQdU.net
穂乃果「九人で出られる最初で最後のチャンスなのに...」

海未「いいですか、穂乃果」

海未「自分を責めないでください。貴女が今すべきことは、ラブライブに向けて全力を尽くすことです」

海未「私たちの分は貴女に託します...だから」
373: 1です(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:08:11.14 ID:n2niuQdU.net
海未「しっかり、前を向いてください。いいですか?」

穂乃果「...海未ちゃん...」

ことり「海未ちゃんの言う通りだよ。お願い、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ことりちゃん...」

穂乃果「...私は...」
374: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:08:38.77 ID:n2niuQdU.net
ーー

絵里「そっちの様子はどう?」

希「練習再開したよ。えりち達の分まで頑張るって」

絵里「そう、安心したわ」
375: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:09:12.22 ID:n2niuQdU.net
希「えりち」

絵里「何?」

希「大丈夫?」

絵里「...大丈夫よ」

希「無理せんでええんよ」

絵里「大丈夫。私の分は、あなた達に託したから」

絵里「絶対に、優勝してね」

希「...うん!」




にこ「...」
376: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:09:49.52 ID:n2niuQdU.net
ガララ

にこ「絵里ー、にこにーが来てあげたわよ!」

絵里「にこ!」

希「おー、にこっち!」

にこ「病室で腐ってるんじゃないでしょうねー?ほら、お見舞いの品よ」

絵里「ありがとう、にこ」

にこ「ふふん、ありがたく頂きなさい」

希「いただきまーす!」

にこ「ってこら!あんたのために持ってきたんじゃないわよ!」
377: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:10:23.31 ID:n2niuQdU.net
真姫「凛、花陽。何か不都合とか無い?」

花陽「うん、大丈夫だよ」

凛「なーんでスマホ使えないのー?暇だにゃー!」

真姫「他の患者の迷惑になるでしょ。談話室に行けるようになるまで我慢しなさい」

凛「そんなぁ...」

花陽「凛ちゃん、我慢しようね?」

真姫「ワガママ言わないのよ」

凛「はーい...」
378: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:11:01.36 ID:n2niuQdU.net
真姫「...あのね」

花陽「?」

真姫「...ラブライブのことなんだけど」

花陽「真姫ちゃん」

真姫「な、なに?」

花陽「絶対に優勝してね」

凛「負けたら許さないよ!」

真姫「あなた達...」

真姫「...ふふっ、もちろんよ!」
379: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:11:29.88 ID:n2niuQdU.net
ーーー

にこ「さっ、練習始めるわよ!」

希「おー!」

真姫「張り切ってるわね、にこちゃん」

にこ「あったりまえよ!ラブライブまでもう時間もないんだから」

にこ「それに、絶対に優勝しないといけないからね」

希「うん!」

真姫「そうね」
381: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:12:00.29 ID:n2niuQdU.net
希「ん?」

穂乃果「...」

希「...穂乃果ちゃん?」

穂乃果「私...」

真姫「穂乃果?」
382: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:12:32.73 ID:n2niuQdU.net
穂乃果「私、出れないよ...」

にこ「は?何言ってんのよ」

穂乃果「だって、私のせいで皆があんな怪我をしたんだよ?なのに、その私がラブライブに出るなんて」

希「穂乃果ちゃんのせいじゃないよ。誰もそんなこと言ってないやろ?」

穂乃果「でも!私が飛び出したから...」

真姫「穂乃果がやったことは決して間違ってないわ。あれが最善ってわけではないけど」

穂乃果「でも皆は怪我して...」
383: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:14:13.33 ID:n2niuQdU.net
にこ「でもでもうるさいわね」

希「にこっち!」

にこ「過ぎたことをいつまでも言ってんじゃないわよ。そんなことしてもあの子達の怪我が治るわけじゃない」

穂乃果「...」

にこ「あんたリーダーでしょうが。だったらしっかり前向きなさい」

にこ「私達は五人のためにも優勝しなきゃいけないだから」
384: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:14:41.12 ID:n2niuQdU.net
穂乃果「...できない」

にこ「!あんた...」

穂乃果「できない!私は踊れない!だって...」

にこ「いい加減にしなさい!そんなこと」

穂乃果「っ!」ダッ

にこ「穂乃果!」

希「穂乃果ちゃん!」

真姫「どこ行くのよ!」
385: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:15:10.45 ID:n2niuQdU.net
ーー

希「穂乃果ちゃん今日も来んね...」

真姫「やっぱり家に行きましょうよ。直接引っ張って来ましょ」

希「無理矢理連れてきても...」

真姫「だったらどうするのよ。もう時間ないのよ?」

希「そうやけど...」

にこ「穂乃果...」
386: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:16:03.09 ID:n2niuQdU.net
ガチャ

穂乃果「...」

希「穂乃果ちゃん!」

真姫「やっと来たわね...」

にこ「...穂乃果、あんた」
387: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:17:36.90 ID:n2niuQdU.net
穂乃果「にこちゃん、希ちゃん、真姫ちゃん」

穂乃果「ごめん、私...無理。やっぱり踊れない」

希「な、何で!?」

真姫「あなた自分を責めすぎよ!」
388: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:18:08.96 ID:n2niuQdU.net
穂乃果「私、決めたから」

希「決めた...?」

真姫「何を?」

にこ「...!」
390: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 00:18:47.37 ID:n2niuQdU.net
穂乃果「アイドルやめます」
399: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:55:26.32 ID:qT1dnWkM.net
ーーーーーーーー
ーーー

真姫「あの時、どうして止めなかったんだって自分を攻めてる自分がずっといる」

真姫「何で口じゃなくて、身体を使って止めなかったんだって」

希「真姫ちゃん...」
400: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:55:56.02 ID:qT1dnWkM.net
真姫「希」

希「ん?」

真姫「十年前のケジメをつけるわよ」

希「...うん!」
402: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:58:53.74 ID:qT1dnWkM.net
海未「よかったです、真姫」

真姫「!海未」

ことり「やっぱり、皆やりたいよね」

希「ことりちゃん」

海未「私たちもやります」

ことり「最高に可愛い衣装作るね!」

希「...ありがとう、二人共」
403: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:59:22.49 ID:qT1dnWkM.net
ーー

ピンポーン

花陽「はーい」

凛「こんばんは、かよちん」

花陽「...凛ちゃん」

凛「ちょっと散歩しない?」
404: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:59:51.37 ID:qT1dnWkM.net
凛「寒いねー」

花陽「そうだね」

凛「おー、綺麗な星空!ふふっ」

花陽「...凛ちゃん」

凛「あのね、かよちん」

花陽「な、なに?」
405: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:00:43.06 ID:qT1dnWkM.net
凛「私、やるよ」

花陽「!」

凛「ライブするよ」

花陽「凛ちゃん...!」

凛「かよちんはどうなの?」
406: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:01:15.13 ID:qT1dnWkM.net
花陽「で、でもにこちゃんが...にこちゃんのファンに」

凛「そうじゃなくて」

凛「かよちんはやりたいの?」

花陽「!」

凛「凛はμ'sのみんなともう一度踊りたい」

凛「かよちんはどう?」
407: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:01:59.85 ID:qT1dnWkM.net
花陽「...私は...」

凛「...」

花陽「...うん、やりたい」

花陽「私もμ'sの皆でもう一度踊りたい!」
408: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:02:30.89 ID:qT1dnWkM.net
凛「そう...」

凛「だって、希ちゃん」

花陽「え?」

『花陽ちゃん、ありがとう!』

花陽「電話...いつの間に」
409: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:03:08.59 ID:qT1dnWkM.net
『そうこなくっちゃ、花陽』

花陽「真姫ちゃんもいたんだ...」

『私たちもいますよ』

『がんばろうね、花陽ちゃん!』

花陽「海未ちゃん、ことりちゃん...うん!」
410: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:03:37.35 ID:qT1dnWkM.net
凛「あ、ちょっとまだ切らないでね」

『うん?どうしたん?』

凛「えーりちゃん♪」

絵里「...バレてたのね」

花陽「絵里ちゃん」

凛「呼んだのに隠れるなんてひどいよー」

絵里「だって...」
411: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:04:17.70 ID:qT1dnWkM.net
凛「で、どうなの?」

絵里「私は...えっと...」

凛「答えは『やりたい』か『やりたくない』だよ」

絵里「でも、希の提案は...」

絵里「...いや、そうじゃないわね」

『えりち...』

絵里「大人になると言い訳が先に出てくるようになってダメね。歳はとりたくないものだわ」

凛「昔からな気がするけどなー」

絵里「う、うるさいわね」
412: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:04:43.12 ID:qT1dnWkM.net
凛「じゃ、絵里ちゃん」

絵里「ええ...希」

『うん』

絵里「よろしくね」
413: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:05:14.25 ID:qT1dnWkM.net
ーー

希「さて...もう少しで帰ってくるかな」

海未「まさか全員で待ち伏せとは...」

絵里「怪しいにも程があるわねこれ...」

花陽「うう...寒い」

真姫「大丈夫?花陽。コート貸すわよ」

花陽「ううん、大丈夫。ありがとう」

ことり「ここ数日冷えるねー」
414: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:06:39.95 ID:qT1dnWkM.net
凛「そうだね......あ」

希「帰ってきたね...皆」

希「ちょっと静かに見ててな」

絵里「?何するつもりよ」
415: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:11:01.02 ID:qT1dnWkM.net
にこ「ふう...疲れた」

にこ「...ん?」

絵里「お疲れ様、にこ」

海未「夜分にすみません」

にこ「な、なによあんた達。全員揃って」
416: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:11:28.09 ID:qT1dnWkM.net
希「にこっち」

にこ「希...あんたこれまさか」

希「...」ガバッ

ことり「!希ちゃん!?」

凛「土下座っ...」

にこ「何してんのよ...顔上げなさい!」

海未「希...」

希「一生のお願いやにこっち。ウチらともう一度ライブして下さい」

希「十年前の...ケジメを付けよう」

にこ「あんた...」
417: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:12:00.47 ID:qT1dnWkM.net
にこ「...できないわ」

凛「にこちゃん...」

にこ「あんたのやり方は強引すぎんのよ。ファンを馬鹿にしてる。そんなことしたらアイドル失格よ」

希「そこはウチが何とかするから...だから!」

にこ「とにかく無理よ。帰って」
418: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:12:32.78 ID:qT1dnWkM.net
海未「にこ!あなたはー」

希「にこっちは、μ'sでライブしたくない?」

にこ「...」

希「アイドルとしてとかそんなのを抜きにして、矢澤にこ自身はやりたかどうか訊いてるん」

希「十年前に全員で踊れなかったライブを」

にこ「...!」

希「どう、かな?」
419: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:12:57.69 ID:qT1dnWkM.net
にこ「...したくないっていったら?」

真姫「にこちゃん!」

にこ「したくないって言ったら諦めるの?」

希「...わかった。訊き方を変えるね」
420: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:13:36.40 ID:qT1dnWkM.net
希「にこっち、ウチはμ'sの皆が大好き」

にこ「...!」

希「にこっちはどうかな?」

にこ「...何よそれ...」

にこ「~~~~っ!!」ガシガシ

にこ「ほんっっっっとにあんたは昔から...!」

希「にこっち」
421: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:14:11.53 ID:qT1dnWkM.net
にこ「立ちなさい希」

にこ「何とかするって言ったわね?じゃあイベントでの私のステージを増やしなさい。私のソロと一般のファンと踊る分と」

にこ「μ'sで踊る分とで、3回」

にこ「それが条件よ。いい?」

希「...うん!うん!分かった!」
422: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:14:41.66 ID:qT1dnWkM.net
にこ「全く...」

凛「にこちゃんにこちゃーーーん!!」ガバッ

にこ「わぷっ!」

凛「良かったにゃーーー!!」スリスリ

にこ「ちょ、こら!」

花陽「凛ちゃん喋り方戻ってる...」

凛「あっ...えへへ、つい」

海未「ふふっ、やはり凛はそうでなくては」

ことり「うん、そうだねっ」
423: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:15:05.46 ID:qT1dnWkM.net
絵里「希、大丈夫なの?タイムテーブルはもう決まってるんでしょ?」

希「大丈夫じゃないけど、何とかするって言ったからね。やるよ」

真姫「何かあったら言ってちょうだい。手伝うから」

希「うん、ありがとう」
424: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 01:15:31.81 ID:qT1dnWkM.net
にこ「...さて」

にこ「まだ一人残ってるでしょ?」

海未「...ええ」

にこ「希、案内よろしく」

希「分かった」

にこ「リーダーを連れ戻しに行くわよ」
435: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:40:37.06 ID:Z/dHmyY/.net
ーーー

穂乃果「...はぁ」

穂乃果「...寒い...」

穂乃果「ん?」

穂乃果(アパートの前に誰か...)

「穂乃果ちゃん」

穂乃果「...希ちゃん...」
436: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:41:03.65 ID:Z/dHmyY/.net
希「こんばんは」

穂乃果「もう来ないでって言ったでしょ」

希「お話しようと思ってな」

穂乃果「私はしたくない」クルッ

真姫「悪いけど、逃がさないわよ」

穂乃果「真姫ちゃん...!」
437: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:41:35.23 ID:Z/dHmyY/.net
にこ「辛気臭い顔してるわね」

穂乃果「にこ...ちゃん...」

にこ「なーに?私の顔なんか見たくなかったかしら」

穂乃果「...何しに来たの?」

希「さっきも言ったやろ?お話しに来たんよ」

真姫「そこの公園までついてきてもらうわよ」

穂乃果「...」
438: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:47:18.53 ID:Z/dHmyY/.net
にこ「連れてきたわよ」

海未「穂乃果!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「皆...」
439: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:47:43.81 ID:Z/dHmyY/.net
絵里「穂乃果!」

花陽「よかった...」

凛「穂乃果ちゃん、久し振り!!」

穂乃果「何で...何しに一体」
440: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:48:17.13 ID:Z/dHmyY/.net
希「穂乃果ちゃん、ライブするよ」

穂乃果「...え?」

にこ「ライブよライブ。μ'sでライブするのよ」

穂乃果「ライブ...?μ'sで?」

真姫「ええ、そうよ」
441: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:48:53.61 ID:Z/dHmyY/.net
穂乃果「何言って......ははっ、無理に決まってるじゃん」

海未「穂乃果...?」

穂乃果「無理だよ。今更私に踊れるわけない」

穂乃果「だって逃げたんだよ?」

穂乃果「あの時、私逃げたんだよ?今更どのツラ下げて皆とライブしろって言うの?」

希「...」
442: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:49:21.18 ID:Z/dHmyY/.net
穂乃果「大体、私のせいで十年前ラブライブ出られなかったんだよ。最初で最後のチャンスを潰したんだよ」

穂乃果「どう考えても踊る資格なんて無いよ」

凛「穂乃果ちゃん!だからあれは穂乃果ちゃんのせいじゃ」

穂乃果「私のせいだよ。私が先走ったから」

穂乃果「私は私のせいで皆を事故に巻き込んだのに、皆から逃げたんだ。その私に皆と同じステージに立てるはずがない」
443: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:50:03.54 ID:Z/dHmyY/.net
ことり「ちがう...違うよ!私たちがちゃんと穂乃果ちゃんと話せば」

穂乃果「違わないよ。どっちにしろ私は...」

絵里「あなた...何でそんなに」

穂乃果「じゃあね、私帰るから。もう二度と...」

希「穂乃果ちゃん」

穂乃果「何?もう...」

希「ごめんね」
444: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:50:37.63 ID:Z/dHmyY/.net
穂乃果「...何で、謝るの」

希「ごめんね、あの時止めてあげられなくて」

穂乃果「...!」

真姫「ごめんなさい、穂乃果。あなたが苦しんでるのに何も出来なくて」

穂乃果「...やめてよ」

絵里「私たちも、支えてあげられなくて...ごめんなさい穂乃果」

穂乃果「やめてよ!」
445: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:51:04.56 ID:Z/dHmyY/.net
海未「穂乃果、もう自分を許してあげてください...貴女は苦しむ必要なんてないんです」

ことり「穂乃果ちゃんが苦しんでるところを見るのは辛いな...いつもの元気な穂乃果ちゃんがやっぱり好き」

穂乃果「やめてっ...」

花陽「穂乃果ちゃんは優しいから...私たちのことで、こんなになるまで悩んでくれたんだね。ありがとう」

凛「凛は優しい穂乃果ちゃんが大好きだよ!でも、落ち込んでる穂乃果ちゃんは好きじゃないかな」
446: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:52:03.14 ID:Z/dHmyY/.net
穂乃果「...やめて...よ。そんなこと言われたら私...」

にこ「十年前とは違うのよ。今は全員で踊れるんだから、何を気にする必要があるの?」

穂乃果「...でも...!」

にこ「顔を上げてしっかり周りを見なさい。下ばかり見ててもどうしようもないわよ」

穂乃果「...うぐっ...ひぐっ...」

にこ「...ごめんね、思いっきりひっぱたいて。痛かったわよね」

穂乃果「にこ...ちゃん...!」
447: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:52:23.48 ID:Z/dHmyY/.net
絵里「ほら、涙を拭いて...綺麗な顔が台無しよ」

穂乃果「絵里ちゃん...!」

絵里「思ってること、全部吐き出しちゃいなさい」
449: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:54:28.76 ID:Z/dHmyY/.net
>>448抜けた

穂乃果「...怖かったの...ずっと...!事故がらあってから...!みんなに、内心で恨まれてるんじゃないかって...」

穂乃果「そんなこと...あるわけないんだけど...でも、怖くて」

穂乃果「怖くて...逃げちゃって...余計皆と会うのが怖くて、音ノ木坂から逃げ出して」

穂乃果「ずっと...ずっと、皆と会うのが怖かった!」

絵里「そう...辛かったわね。でもほら見て」

穂乃果「...!」

絵里「怖い顔してる子なんているかしら?」
450: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:55:03.62 ID:Z/dHmyY/.net
凛「穂乃果ちゃん怖かったって!海未ちゃんが鬼みたいな顔してたんじゃないの?」

海未「何ですって?凛、向こうで少し話をしましょうか」

凛「にゃにゃっ!?ほらほら!」

花陽「凛ちゃん、今のは凛ちゃんが悪いよ...」

ことり「ほらほら、海未ちゃん。怒らないで」
451: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:55:30.54 ID:Z/dHmyY/.net
にこ「なーにしてんのよ、あんた達」

凛「にこちゃんは怒ってもちっちゃいから怖くないよねー」

にこ「何ですってーー!!」

凛「わー!にこちゃんが怒ったー!」
452: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:56:59.68 ID:Z/dHmyY/.net
絵里「ふふっ、ほらね?」

穂乃果「みんな...」

穂乃果「...ありがとう...」
453: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:57:25.07 ID:Z/dHmyY/.net
希「穂乃果ちゃん」

希「μ'sで、もう一度ライブしよう」

穂乃果「...いいの...?」

穂乃果「皆と一緒に踊って...」
454: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:57:59.48 ID:Z/dHmyY/.net
海未「あなたがいないと誰がセンターを務めるんですか?」

凛「そーだよ!」

真姫「しっかりしなさいよ、穂乃果」

ことり「頑張ろう、穂乃果ちゃん!」
455: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:58:27.39 ID:Z/dHmyY/.net
ポン

穂乃果「!」

にこ「頼んだわよリーダー」

穂乃果「......うん!」

絵里「揃ったわよ、希」

希「...ありがとうな、皆」
456: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:59:14.37 ID:Z/dHmyY/.net
ーーーー

ガララ

雪穂「いらっしゃいま...」

穂乃果「...雪穂」

雪穂「...せ...」

穂乃果「久しぶり、だね」
457: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 01:59:40.34 ID:Z/dHmyY/.net
雪穂「お姉ちゃん...?うそ...」

ほの母「雪穂ー、ちょっと配達言ってくれない?」

ほの母「ってどうしたの?」

穂乃果「お母さん」

ほの母「......!」
458: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 02:00:13.21 ID:Z/dHmyY/.net
穂乃果「ただいま、お母さん」

ほの母「穂乃果...?」

穂乃果「うん、穂乃果だよ」

ほの母「本当に...穂乃果...?」

穂乃果「...あの、今まで連絡もしないで」

ギュッ

穂乃果「!」

ほの母「...今までどこいってたのよ...!このバカ娘...!」ポロポロ

穂乃果「おかあさん...」
459: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 02:00:41.70 ID:Z/dHmyY/.net
ほの母「よかった...帰ってきてくれて本当によかった...!」

穂乃果「うん...!勝手に飛び出してごめんなさい...!」

雪穂「急に出て行って...急に帰ってきて...全くこの姉は...」

雪穂「......おかえりなさい、お姉ちゃん」
462: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:18:52.99 ID:BrYFW3qG.net
ーーー

希「はい...はい...申し訳ありません」

希「はい...よろしくお願いします」

ピッ

希「ふう...」

希「よし、何とかなった...」
463: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:19:25.92 ID:BrYFW3qG.net
絵里「希」

にこ「待たせたわね」

希「えりち、にこっち」

絵里「どうだった?」

希「大目玉喰らっちゃった」

にこ「ま、しょうがないわね。無茶苦茶なことした代償よ」

希「ふふっ、そうやね」

絵里「さ、行きましょうか」
464: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:19:52.01 ID:BrYFW3qG.net
海未「では、練習を始めましょうか」

真姫「よくここを使わせてもらえたわね」

ことり「懐かしいなぁ...高校時代に戻ったみたい」

希「そうやねぇ」

花陽「凛ちゃんのおかけだね」

凛「ううん、これくらいのことはさせてよ」
465: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:20:20.56 ID:BrYFW3qG.net
にこ「しっかし凛が教師になるなんてね...人間どう変わるか分からないわね」

絵里「ええ...しかも音ノ木坂の教師なんて」

凛「えへへー、頑張ったんだよー!」
466: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:20:44.99 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「...」

海未「穂乃果、どうしました?」

穂乃果「えっと...皆立派に働いてるんだなぁって」

にこ「そう言えば、あんた今何してんのよ」

穂乃果「...ふ、フリーター...」

真姫「定職にもついてなかったのね...」
467: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:21:13.98 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「...戻ってきたのはいいけど、これからどうしようかな...」

花陽「お家を継ぐことはできないの?」

穂乃果「私が居なくなっちゃったから雪穂が継ぐみたいで...今更言い出せないよ」

希「ウチのコネで紹介ならできると思うよ?やってみようか」

穂乃果「そ、そこまでしてもらうわけには」
468: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:21:55.38 ID:BrYFW3qG.net
絵里「じゃあうちの会社に来なさいよ」

穂乃果「えっ?」

絵里「人手不足なのよねうちの会社。丁度営業をやってくれる人材が欲しかったのよ。穂乃果なら適任だわ」

穂乃果「そ、そんな...」

絵里「穂乃果の為じゃないわ。私の為よ。どう?」
469: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:22:25.89 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「えっと...」

にこ「早く決めなさい。練習時間無くなるわよ」

穂乃果「......よろしくお願いします」

絵里「ええ、一杯働いてもらうわよ穂乃果」
470: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:22:54.47 ID:BrYFW3qG.net
凛「おおー、穂乃果ちゃんが絵里ちゃんの部下になっちゃった!」

ことり「ああ~ん、いいなぁ絵里ちゃん。私も穂乃果ちゃんと働きたいなぁ」

絵里「ふふっ、早い者勝ちよ」

海未「穂乃果の職も決まったところで、練習を始めますよ。準備はできてますか?」

「「はい!!」」
471: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:23:23.88 ID:BrYFW3qG.net
ーーー

『矢澤にことファンの夢のステージでした!続いてはー』

にこ「ふう...」

海未「お疲れ様です、にこ」

にこ「ありがとう。ちゃっちゃと着替えてくるわね」

凛「にこちゃん大丈夫?疲れてない?」

にこ「現役舐めないでよ。これくらいなんてことないわ」

絵里「頼もしいわね」
472: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:23:57.45 ID:BrYFW3qG.net
真姫「それにしても、まさかこの年でアイドルの衣装を着ることになるとは思わなかったわ」

花陽「すっごい可愛いけど...少しはずかしいかも」

希「気合い入っとるなぁ」

ことり「えへへ、頑張りましたっ」
473: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:24:23.40 ID:BrYFW3qG.net
にこ「ごめん、待たせたわね」

海未「いえ...穂乃果」

穂乃果「うん」
474: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:24:48.10 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「...」

穂乃果「皆、今まで本当にごめんね。そして、ありがとう」

穂乃果「大好きだよ」

穂乃果「最高のライブにしよう!行くよ
!」
475: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:25:19.76 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「1!」

ことり「2!」

海未「3!」

真姫「4!」

凛「5!」

花陽「6!」

にこ「7!」

希「8!」

絵里「9!」
476: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:25:47.31 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「μ's!ミュージック」

「「スタート!!」」
477: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:26:19.28 ID:BrYFW3qG.net
ワァァァァァ

『では、続いてのステージです』


穂乃果「...皆さんこんにちは。私達」

「「μ'sです!!」」
478: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:26:56.00 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「矢澤にこのファンの方達、先に謝っておきます。すみません」

穂乃果「このステージは私がセンターを務めさせてもらいます」

穂乃果「...では、最後までお付き合い下さい。歌う曲は」

穂乃果「Kira-kira Sensation」
479: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:27:23.26 ID:BrYFW3qG.net
ーーーーーー

ほの母「忘れ物はない?パスポートは持った?」

穂乃果「うん!大丈夫だよ」

ほの母「しっかりね。絵里ちゃんの迷惑にならないようにしなさいよ」

穂乃果「分かってる」

ほの母「こまめに連絡ちょうだいね」

穂乃果「うん、わかってる!」
480: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:27:53.05 ID:BrYFW3qG.net
穂乃果「行ってきまーす!!」

ほの母「あ、待って!」

穂乃果「なに?」

ほの母「これ、餞別よ。食べて英気を養いなさい」

穂乃果「ほむまん...」

ほの母「じゃ、行ってらっしゃい」

穂乃果「...ありがとう。行ってきます!」
481: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:28:19.71 ID:BrYFW3qG.net
タタタッ

雪穂「帰っきたと思ったらすぐにまた...ほんとに落ち着きがないんだから」

雪穂「頑張ってね、お姉ちゃん」
482: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:28:50.85 ID:BrYFW3qG.net
プルルルル

穂乃果「もしもし」

『穂乃果?今どこ?』

穂乃果「今から電車に乗るよー」

『わかったわ。気をつけてきてね』

穂乃果「うん!」
483: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:29:48.44 ID:BrYFW3qG.net
ピッ

穂乃果「...よし!」

タタタッ...

ー終ー
485: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 13:31:01.28 ID:BrYFW3qG.net
以上です
見てくれてどうもありがとう
色々変なところあってすみません

ではでは
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「アイドルやめます」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。