果南「暇だし>>2でもしよっか」

シェアする

果南-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:41:43.89 ID:8yOXxHZD.net
曜「突然だね」

千歌「果南ちゃんならきっとできるよ!」

元スレ: 果南「暇だし>>2でもしよっか」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:42:04.11 ID:yFouZnf7.net
イメトレ
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:49:02.66 ID:8yOXxHZD.net
果南「…」シュインシュインシュインシュインシュイン

曜「果南ちゃんのイメージトレーニングが凄すぎて気を纏いだした!?」

千歌「さすが果南ちゃん!」

果南「…来る」

千歌「え?」

シュウウウウウウウウ!!!!

千歌「うわ!」

曜「曜ちゃんのイメージしてた>>8が具現化した!?」

千歌「ほんとにすごいや果南ちゃん!」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:49:22.30 ID:CL4KKlPC.net
なんかの肉
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:56:06.71 ID:8yOXxHZD.net
ベチャ!!


なんかの肉「」

果南「いただきます」モグモグ

曜「なんの躊躇いもなく謎の肉を食べる果南ちゃん…」

千歌「かっこいい!」

曜「絶対真似しちゃダメだよ」

千歌「はーい」

果南「細胞が進化したよ」ズドドドド

千歌「すっごおーーい!」キラキラ

果南「あ、細胞の進化によって>>13の能力(特技)を使えるようになったみたいだね」

曜「…」
13: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 21:56:51.85 ID:IbUqqcnB.net
釘パンチ
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:06:08.13 ID:8yOXxHZD.net
果南「試し撃ち」ズババババババババババババババババババババババババババババババババババババババァアアアッ!!!

千歌「試し撃ちで36連ツイン釘パンチする人間初めて見たかもっ!」キラキラ

善子「バぁ"ああ"ああ"あああ"あ"ああああああああ"ああ"あ"あッ!!!!!!!」ビビビビビビビビ

曜「ツイン釘パンチの余波が善子ちゃんに直撃した!?」

千歌「ヨハネに余波が当たる」

曜「そういうのいいから」

千歌「あ、ちなみに今のはヨハネと余波を」

曜「いいから」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:16:15.20 ID:8yOXxHZD.net
善子「」ピクピクッ ピクッ

果南「あはは…まいったね」

曜「なに笑ってるの」

千歌「ど、どうしよう…!」オロオロ

果南「とりあえず善子にも肉食わせようか」

善子「」ブス

果南「…」

果南「よいしょ」ドンッ

善子「……カッ……ァ」

曜「肉を押し込んで直接胃へ流し込んだ…」

千歌「やさしいね」

曜「は?」

善子「…」ムクッ

千歌「あっ」

善子「力が…あふれて…!」ゴゴゴゴゴ

曜「うっわ…」

善子の能力>>21
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:18:32.47 ID:dAiaSx2E.net
ヨハネと分離できる
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:37:03.70 ID:8yOXxHZD.net
善子「これが…」

ヨハネ「誰だ…我を誘いし者は」

曜「中二成分が強すぎてガチの喋り方になってる…」

果南「せいっ!」ズ略ァッ!!!

ヨハネ「ぬ"ぁあ"ああ"ああ"ああっ!!?」ビ略

ズパアァァアアアアアン!!!!

千歌「うわぁあああ!!?善子ちゃんのヨハネちゃんが砕けちったぁあああっ!!?!?」

果南「弱…」

曜「なんで倒しちゃったの!?」

果南「善子はこの世に1人いれば充分でしょ?」

曜「そうかもしれないけど!!」

善子「…」

善子「じゃ、私これから勉強するから帰るね」

千歌「偉いっ!」

曜「あー…中二病じゃなくなって真面目になっちゃったよ」

果南「やったね」

曜「おい」

テレレレッテッレッテーー

果南「あ、レベルアップしたみたい」

曜「色々混ざり過ぎてない?」

果南「これで>>26が使えるみたいだね」
26: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:39:13.66 ID:dguNlfTs.net
スピキュール
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:56:26.10 ID:8yOXxHZD.net
燃える果南「」ボォオオオオオオ

曜「うわこれやっばい」

千歌「怖いよぉ…」ガタガタ

果南「…」シュウウ

曜「え、ど…どうしたの?」

果南「ほら、私って濡れてないと死ぬでしょ」

果南「これ凄い勢いで体乾いちゃうからヤバい」

曜「あぁ…」

千歌「せいやっ!」バシャ!!

果南「ありがと、千歌」ビチャビチャ

曜「水かけられては喜ぶの多分果南ちゃんぐらいだね」


「…どうやら、ここにもいたようですわね」

果南「あ、ダイヤ」

ダイヤ「…『能喰』をしたものが」

曜「おーっとなんかいいだしたぞこの生徒会長」

ダイヤ「どうやって『能喰』を行ったのかは分かりませんが…目覚めてしまったのならばたたき込むしかありませんわね」

ダイヤ「この内浦では私が頂点だということを」ズアッ!!

果南「…………?」

果南「1番は私だけど…」

曜「重みが凄い」

ダイヤ「私の能力は>>31ですわ」

ダイヤ「それでも勝てるとでも?」

千歌「ひえぇ…」プルプル
31: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 23:00:26.27 ID:9fJmRWKB.net
あらゆる液体をコーヒーに変える能力
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 23:15:57.05 ID:8yOXxHZD.net
果南「…本気で言ってるの?」

ダイヤ「もちろん…大真面目ですわ」

千歌「これダイヤさん負けるよね」

曜「そういうの言っちゃダメ」

ダイヤ「ッ!!」パキッ


ダイヤは持っていたペットボトルの蓋を開け


ダイヤ「ハァッ!!」バシャ!!


それを果南目掛けて投げつけた


果南「苦っ」ビチャ

ダイヤ「まだまだですわぁああ!!」ブァアアアッ!!

500mlサイズのペットボトルを3本


果南「ちょ、苦いってダイヤ」ビシャビシャビシャ

ダイヤ「どうですか!私の能力はぁっ!」ブンブン!!


同じサイズのペットボトルを2本


ダイヤ「この程度ですか果南さんッ!?」

果南「しつこい」ヒュ!!


呆れた果南からの豪速ビンタ

パァアアアン!


ダイヤ「でごふっ!!?!?」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 23:29:35.22 ID:8yOXxHZD.net
曜「言わんこっちゃない」

千歌「ねー」


ダイヤ「ぐ…、っ、が…!」

果南「もう諦めなよダイヤ…残念だけど最強の座は譲れない」

ダイヤ「ふ…ふふ…」

ダイヤ「知ってますか…?コーヒーには『カフェイン』と言われている成分が含まれています…」

果南「流石に知ってるよ…」

ダイヤ「カフェインには『脳の覚醒』『解熱効果』『筋肉の疲労回復』…様々な効果が人体に影響されますわ」



ダイヤ「でもそれは『適量』の場合」

果南「…あれ」グラッ


曜「果南ちゃんがよろけた!?」

 
果南「なに…これ」

ダイヤ「カフェインは大量に摂取すると人体に悪影響を起こしますわ」

ダイヤ「神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、嘔吐」

ダイヤ「もちろん口から摂取することで本来はこの効果が現れ始めます」

ダイヤ「しかし果南さん…あなたは体に接触した液体を吸収する謎の特性をもっています」

ダイヤ「カフェイン濃度の高いコーヒーを生成して果南さんにぶつけるだけで…果南さんはカフェインの急性中毒症の症状が現れることでしょう」ズボッ

果南「ぅ…!」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 23:42:13.54 ID:8yOXxHZD.net
ダイヤ「今、私は果南さんの口の中に指を入れています」

ダイヤ「この意味がわかりますか?」

果南「…?」

ダイヤ「口内を傷つけるのは簡単です」

ダイヤ「もし私がちょいっ…と、傷つけてて血に触れたとしましょう」

ダイヤ「私の能力はあらゆる『液体』を『コーヒー』に変換することができます」

ダイヤ「もうわかりますわよね?」

果南「…っ」


千歌「…な、なんでダイヤさんが勝ってるの?」

曜「さ、さぁ…」


ダイヤ「最強の座は私ですわ」

ダイヤ「今までも、これからも…依然変わりなく」

果南「…」ボアッ!!!

ダイヤ「あっつ!!!!」



千歌「あっ」

曜「『スピキュール』…」


ダイヤ「あああああ!!私の黒髪がああああ!!!」メラメラメラ

果南「あー、早く消化しないと名前だけじゃなくて頭までぴっかぴかに輝いちゃうね」

ダイヤ「ぁ"ぁああ"ああ"ああ!!!」ダッダッダッ


千歌「あ…逃げた」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 23:47:00.35 ID:8yOXxHZD.net
果南「いやー中々ダイヤ強かったよ」

曜「もうよっぽどのことが起きないと驚かないや」

千歌「うん」


バラバラバラバラバラ!!!

千歌「あ…小原家のヘリ」

鞠莉「とう!」

シュタッ!

鞠莉「大変よ、かなぁん!!」

果南「ん、どうしたの鞠莉」

鞠莉「ここに>>46が接近してるらしいの!」
46: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 23:49:21.19 ID:D20RXdsC.net
地底人
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 00:03:26.19 ID:POLLs8E6.net
果南「地底人…?」

曜「流石に驚いていいよね?」

千歌「うん」

ボゴッ!!!


盛り上がる大地

現れた蟲のような甲殻を纏う生物


地底人「…」


千歌「き…気持ち悪い…」

果南「これが地底人かぁ…」

地底人「!?」


地底人が果南を認識

本能で理解した

『こいつはヤバい』


地底人「ピギィイイイィイイイイイイ!!!!!!!」

曜「ッ!!」

鞠莉「オゥ!?」


凄まじい轟音での威嚇


果南「うるさい」ズパァン!!

地底人「ピぷ!!」ベキャ!!!


絶命
48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 00:12:52.43 ID:POLLs8E6.net
果南「…なんだ大したことないじゃん」


ボゴッ…

鞠莉「違うのカナン!!」

鞠莉「この生物の恐ろしい所は個体個体の強さじゃないの!」


ボゴゴッ!!


鞠莉「『数』よ!!」

地底人「ズラ"ァア"ア"アアァア"ア!!!」

地底人「ダンスァアアアアアアア!」

地底人「ナァアアアアアアアアウゥウ!!」

果南「へぇ…」


地面から現れた地底人


その数ざっと30匹以上


果南「あー…こりゃちょっと手間かかるね」コキッコキッ

果南「っと」ビュン!!!


右ストレート!!  1匹絶命
回し蹴り!!    3匹絶命
手刀!!      2匹絶命
釘パンチ!!    8匹絶命
正拳突き!!    2匹絶命
スピキュール!!  残り絶命

この間、約20秒


果南「うん、いい感じだね!」

千歌「ワンパンマン…」

曜「言っちゃだめ」

鞠莉「…わぉ」
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 00:17:24.35 ID:POLLs8E6.net
鞠莉「でも…ダメなの、この地底人は地上の様子を偵察にきた偵察兵よ…」

鞠莉「もし仲間がやられたとなると地底人も本腰をいれて攻撃を仕掛けてくるに違いないわ」

鞠莉「レーダーで確認しただけでも5000万は軽く超えていたわ…」

鞠莉「それがもし一斉に攻めてきたとしたら…」

千歌「そんな…」

果南「うーん、私からしたら足元にも及ばないけど確かに他の人からしたら危ないかもね」

曜「ど…どうすれば…」

千歌「な、何とかならないの?」

鞠莉「地底だから重火器も使用できないし、出来たとしても地球へのダメージが大きすぎるの…」

果南「ねえ、地底人ってこの穴から来たんだよね」

曜「え、う…うん」

果南「鞠莉、しばらく学校休むけど許してね」

鞠莉「…かなん?」
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 00:23:41.21 ID:POLLs8E6.net
果南「大丈夫、すぐ帰ってくるからさ」



果南「ちょっと内浦救ってくるね」


ヒューン

千歌「果南ちゃああぁぁああんっ!!」

曜「ち、千歌ちゃん、危ないよ!」

千歌「いやあああ!!果南ちゃん!!果南ちゃああああん!!」

鞠莉「ちかっち」

鞠莉「かなんは帰ってくるって言ったのよ」

千歌「で、でも…」

鞠莉「この穴の周辺は封鎖しておきましょう…危険だものね」

鞠莉「大丈夫よ、果南を待ちましょう?」

千歌「…」

千歌「うん…」
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 00:33:05.67 ID:POLLs8E6.net
果南ちゃんが地底人盗伐に向かってから2週間

果南ちゃんの噂は広まり
内浦のみんなが果南ちゃんの帰りを待ち、
果南ちゃんの無事を願って祈りを捧げた

いつしか果南ちゃんは、こう呼ばれるようになった


『地底ダイバー』…と





ー ー ー ー ー ー

AM 03:00

モゴモゴッ…

「ふぅーー…」

「…」

「…あれ?」

「あはは…みんな冷たいなあ…」

「せっかく帰ってきたのにお迎えなしなんて」


ーーーfinーーー
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 00:33:41.52 ID:POLLs8E6.net
眠いから終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南「暇だし>>2でもしよっか」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。