穂乃果「I say fight!」

シェアする

カバー1-アイキャッチ
2: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:04:02.20 ID:NV/mHOlX.net
気がつくと足が止まっていた

まっすぐゴールに向かうその姿に目が釘付けになって

そうしているうちにあの人がこっちに気がついて、微笑んで手を振ってくる

ただそれだけのことで、どうしようもなく顔が熱くなる

元スレ: 穂乃果「I say fight!」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:08:17.66 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「ごめーん!遅くなっちゃった」

にこ「遅い!水飲みに行くだけでどれだけかかってるのよ」

絵里「だから私をわけてあげるって言ったのに…」

穂乃果「ううん、大丈夫。ごめんね」

海未「それでは、穂乃果も戻りましたし、練習を再開しましょう」


穂乃果(今日もかっこよかったなぁ…)
5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:12:20.22 ID:NV/mHOlX.net
希「何か良いことでもあったん?」

穂乃果「うん!ちょっとね」

希「ええな~。恋する乙女って感じで」

穂乃果「あはは、やだなぁ希ちゃん。そんなんじゃないよ」

希「ん~、そうなん?でも…」


海未「希!穂乃果!始めますよ」

穂乃果「あっ、はーい!」
7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:17:16.03 ID:NV/mHOlX.net
~~~

海未「さて、それでは練習も終わりましたし帰りましょうか」

穂乃果「あっ、ごめん!私、用事があるから皆は先に帰ってもらっていいかな?」

ことり「どうしたの?用事があるなら待ってるよ?」

穂乃果「ううん、大丈夫。また明日ね!」


凛「行っちゃったにゃ…」

絵里「生徒会の仕事…ってわけじゃないわよね?」

希「………」
8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:22:28.07 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「まだ練習してる…」

穂乃果(あの人に初めて会った日から、私の頭の中はあの人でいっぱいだ)

穂乃果「これって、やっぱり希ちゃんが言うように…」


希「ウチがどうかした?」


穂乃果「うわーーーっ!?」

希「そんなお化け見たみたいに驚かなくてもええやん」

穂乃果「だ、だって…」

希「大丈夫、バラしたりしないよ」

穂乃果「希ちゃん…!」ウルウル

希「言ってくれたらウチもサポートしてあげられたのに」

穂乃果「ごめん。でも、なんかこういうのって友達に話すの照れくさくて」

希「気持ちはわかるけどね」
9: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:27:32.77 ID:NV/mHOlX.net
希「で、穂乃果ちゃんのお目当てはどの人?」

穂乃果「えっと、あのバスケットコートにいる…」

希「ああ、あの子かぁ…もう話したりはしたん?」

穂乃果「うんっ!この前の校外活動の時にね」

希「そっかぁ、あんまりまだ進展はないんやね」

穂乃果「うん…」


希「よし!ここはお姉さんが一肌脱いであげよう!」

穂乃果「えっ、いいの!?」

希「明日、楽しみにしておいてな~」

穂乃果「??」
12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:45:39.56 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果(希ちゃんにお昼休みになったらここで待つように言われたけど…何だろ?)


瑞希「穂乃果ちゃん?」


穂乃果「……へっ?」

瑞希「この前の校外イベント以来だね。…あっ、昨日の放課後のも会った内に入るかな」

穂乃果「えっ、えっ!?瑞希さん!?どうしてここに…」

瑞希「希に穂乃果ちゃんと三人でお昼食べようって誘われたんだけど…」

ピリリリリ

瑞希「ん?…あちゃー。希、レポート忙しくて来られなくなったって」

穂乃果「えっ…」

穂乃果(これって、もしかして…)ドキドキ

瑞希「じゃあ、二人で食べに行こっか」ニコッ

穂乃果(二人きりー!?)
15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:51:07.06 ID:NV/mHOlX.net
瑞希「へぇー、穂乃果ちゃんもパン派なんだ」

穂乃果「はい…///」

瑞希「イイよね!試合の合間にもパパッと食べられるし、何より美味しいし…」

穂乃果「わかりますっ!」バッ

瑞希「わぉ」

穂乃果「このランチパックも新しい味なんですけど、すっごく甘くて美味しいんですよ!」
18: >>17間違えました(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:56:31.97 ID:NV/mHOlX.net
瑞希「…ぷっ、あはははっ!やっと元気な穂乃果ちゃんに戻った」

穂乃果「えっ?」

瑞希「さっきから妙に大人しかったから、緊張させちゃったかと思って心配したよ」

穂乃果「えへへ…ごめんなさい」

瑞希「穂乃果ちゃんは元気なほうが可愛いんだからさ」

穂乃果「か、可愛くなんてないですよ!」

瑞希「え~?私もスクールアイドルやバスケ部で色んな学校行くけど、穂乃果ちゃんほど可愛い子なんて、そうそういないと思うよ?」ナデナデ

穂乃果「///」カアァッ
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:00:39.05 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「あぁ~!結局、あの後一度もちゃんと瑞希さんの顔見られなかったよ!」ボフンッ

穂乃果(これってやっぱり、好き…なんだよね)ドキドキ

穂乃果(仲のいい友達はたくさんいたけど、こんな気持ちになった人は今までいなかったな…)

穂乃果「瑞希さん…」


穂乃果(瑞希さんと出会ったのは、つい最近のことだ)

穂乃果(音ノ木坂のスクールアイドル達が校外活動として、地域の子供達に歌とダンスの他に余興を披露する時…)
20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:04:42.93 ID:NV/mHOlX.net

ーー
ーーー

かさね「ええっ、μ'sも桃太郎の劇やるの!?」

ことり「うん…まさか被るなんて思ってなくて…」

理華「順番の関係上、どうしても私達が不利になるな」


穂乃果(どうしよう…私達が同じのを選んじゃったせいで…)


紗菜「どうするのよ!今からやること変えるなんて出来ないし…」

コツンッ

瑞希「………」

紗菜「って、何するのよ!」

瑞希「今さら文句言ったって仕方ないでしょ。ちゃんと確認しなかった私達が悪いんだし」
21: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:09:03.13 ID:NV/mHOlX.net
紗菜「でも…っ!」

瑞希「ねえ、穂乃果ちゃん…だっけ?」

穂乃果「は、はいっ!」

瑞希「μ'sのやる劇は"普通の"演劇だよね?」

穂乃果「そうですけど…」

瑞希「オッケー。…理華!」

理華「ん?」

瑞希「実験室に液体窒素を持ってたよね?それ持って来て!煙の演出に使えるから」

理華「…なるほど、了解だ」
22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:13:15.18 ID:NV/mHOlX.net
瑞希「それから、かさね!」

かさね「はーい?」

瑞希「きびだんごの小道具を…こんな風にしてもらえるかな?」

かさね「えっ、でもこれって…」

瑞希「いいの。それで」

瑞希「"普通"が出来ないなら…とびっきり"私達らしい"ものを見せて、喜んでもらえるか賭けてみる!」

瑞希「みんなでやればきっと成功すると思うから。ねっ!」ニッ

かさね「…わかった、すぐに直してくるよ!」ビシッ

紗菜「仕方ないわね…私は何をすればいいの?」

瑞希「うん。紗菜はーーー」


穂乃果(すごい…さっきまでへこんでたメンバーが、一瞬で元気になっちゃった…)
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:17:06.84 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「すごいな…」


海未「穂乃果、そろそろ衣装に着替えてください!」

にこ「アンタが主役なんだから早くしなさいよ!」


穂乃果「あっ、うん!今行くよー!」
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:20:51.44 ID:NV/mHOlX.net
~~~

穂乃果(あれ~?劇が終わった後、ゆっくり着替えてたらみんなとはぐれちゃったよ…)キョロキョロ

瑞希「あっ、穂乃果ちゃんだ」

穂乃果「!」

瑞希「今日はありがとね。楽しかったよ」

穂乃果「はい!よかったです、上手くいったみたいで」

瑞希「うん!子供達もすごく楽しんでくれたよ」

穂乃果「でも…ごめんなさい!私達が別の題材で余興を考えてたら、何事もなく出来たのに」

瑞希「いいって、いいって!…それより穂乃果ちゃん」

穂乃果「?」


瑞希「穂乃果ちゃんの桃太郎、すっごく可愛かったよ」


穂乃果「えっ…?」
25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:25:28.46 ID:NV/mHOlX.net
瑞希「あの桃太郎になら、バスケットボール柄のきびだんごが無くてもついて行っちゃうんだけどな~…」


クリスティーナ「瑞希さーん!向こうでみんな待ってますよー!」


瑞希「あ、今行くー!」

瑞希「それじゃあね、穂乃果ちゃん」

ポンッ

穂乃果「あ、はい!さよなら…」

穂乃果(その後に大事な自分達の出番だったのに、ちゃんと私のこと見てくれてたんだ)ドキドキ

穂乃果(なんだろ、ドキドキ止まらなくて…去り際に触れられた頭が熱い…)

穂乃果「瑞希さん…か…」


ーーー
ーー
26: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:29:51.01 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「私もいつか告白とか…しちゃうのかな?」

穂乃果「~~~///」バタバタバタ


~~~

海未「…さて、それでは今日の朝練はこのくらいにしましょうか」

凛「疲れたにゃ~」

花陽「はい、凛ちゃん。ドリンクだよ」

凛「ありがとー!かよちん」ギュッ

花陽「えへへ、凛ちゃん暑いよぉ…」
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:33:45.18 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「希ちゃん、希ちゃん」

希「ん?」

穂乃果「ちょっとこっち、いいかな?」コソッ

希「はいはい」


海未「……」


希「えっ?瑞希ちゃんに告白?」

穂乃果「うんっ!最近ずっと瑞希ちゃんのこと考えてて落ち着かなくて…」エヘヘ

穂乃果「それに、グズグズしてたら他の子に先を越されちゃうかもしれないしね!」
28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:37:36.75 ID:NV/mHOlX.net
希「そっか…」

希(どうしよう、行かせてええんかな…カードが『今日はまだその時ではない』って言ってるんやけど…)

穂乃果「じゃあ早速、LINEで呼び出して…」

ガシッ

穂乃果「えっ…」

海未「………」

穂乃果「う…海未ちゃん!?」

バッ

穂乃果「いつから聞いてたの!」

海未「ごめんなさい。ですが、穂乃果の様子が気になったので」

穂乃果「もう!穂乃果は別に大丈夫だよ!そんないつもいつも保護者みたいに心配しなくたって…」
29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:41:19.47 ID:NV/mHOlX.net
海未「穂乃果」

穂乃果「……何?」

海未「その告白、一日待ってください」

穂乃果「ええっ、何で!?」

海未「お願いします」

穂乃果「嫌だよ!私、やるって決めたらすぐに」

海未「お願いしますっ…!」バッ

穂乃果「え、ちょっと、海未ちゃん!?頭上げてよぉ!」
30: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:45:09.88 ID:NV/mHOlX.net
海未「……っ!」

穂乃果「…わかったよ。告白は明日にする」

海未「穂乃果…」

穂乃果「でも、後でちゃんと教えてね。理由」

海未「わかりました。約束します」


希(思わぬ形だったけど、今日告白するのは避けられたみたいやね)
31: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:50:12.36 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「で、結局夜になっちゃった」

穂乃果(どうしたんだろ、海未ちゃん。もしかして、自分が付き合ったことないから私に抜け駆けさせないように…とか?)

穂乃果(…違うよね。海未ちゃんがそんなことするわけ)


海未「穂乃果っ!」


穂乃果「えっ…ええっ!海未ちゃん!?どうしたの、こんな遅くに」

海未「夜風が気持ちいいので、少し散歩でもしませんか?」

穂乃果「待ってて、今行くから!」
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:54:29.06 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「夜にお出かけって、なんだかワクワクするね~」

海未「そうですね」フフッ

穂乃果「…ねえ、海未ちゃん」

海未「はい?」

穂乃果「何で今日、私が告白するのを止めたの?」

海未「………」

穂乃果「ごめんね。後で聞く…なんて言ったけど、やっぱり気になっちゃって」エヘヘ
33: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:58:32.57 ID:NV/mHOlX.net
海未「…穂乃果」

穂乃果「んー?」


海未「私は穂乃果のことが好きです」


穂乃果「……えっ」

海未「幼馴染みとしてでなく、一人の女性として好きです」

穂乃果「ちょ、ちょっと待って。海未ちゃん」

海未「私は穂乃果を誰よりも大事にします。誰よりも幸せにしてみせます」

海未「ですから…私とお付き合いをしてください」ペコリ
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:03:17.46 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「……ごめん、海未ちゃん。私…」

海未「…わかっていますよ」

穂乃果「えっ」


海未「今朝の穂乃果の表情は、明らかに私や他の友達に向けるそれとは違いました」

海未「私では穂乃果にそんな顔をさせることは出来ないとわかっていました」

海未「それでも、最後に想いを伝えずにはいられなかったのです」


穂乃果「海未ちゃん…」

海未「告白、頑張ってきてくださいね。…もし、穂乃果を泣かせるような人だったら本当に私が奪ってしまいますから」フフッ

穂乃果「うん。ありがとう、海未ちゃん」
35: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:07:41.41 ID:NV/mHOlX.net
彼方「おはよう瑞希ちゃん…ノート借りてもいい…?」

瑞希「うん。あんまり授業サボって保健室にいちゃダメだよ?」

彼方「えへへ、でも眠くなっちゃって…」

瑞希「そんなんじゃ、大学に行った時とか…」

ブーッブーッ

瑞希「あれ?LINEだ」

ーーー

穂乃果<お昼休み、校舎裏に来てください!

穂乃果<瑞希さんに大事なお話があるんです!

ーーー
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:16:05.61 ID:NV/mHOlX.net
彼方「どうしたの…?」

瑞希(ここ最近の様子を見る限り、告白とか?)

瑞希(いや、ないとは思うんだけど、昔からこのパターンに会う時って…)

彼方「また告白の呼び出しとか…?瑞希ちゃんかっこいいし、優しいから…遥ちゃんの次に」

遥「お姉ちゃん!」ギュッ

彼方「遥ちゃん…」ギュッ

瑞希「どっから湧いてきたの遥」

遥「お姉ちゃんのあるところ私あり、ですよ!瑞希さん!」

瑞希「ああ、そう…」
37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:21:49.10 ID:NV/mHOlX.net
遥「でも、勿体無いですね。告白されても断ってばかりで…その子がもし告白してきても付き合うつもりはないんですか?」

瑞希「すごくいい子なんだけどね、明るくてとっても元気で。一緒にいても楽しい」

彼方「だったら付き合っちゃえば…」


瑞希「でも、女の子同士だし…それに、恋愛の好きとかよくわからないんだよね」

遥「ふーん」

彼方「じゃあ、もし恋愛の好きがわかったら…瑞希ちゃんにも恋人ができるかもしれないんだね」

瑞希「あははっ、そうかもね」
43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:35:26.45 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果(ついにお昼休みになっちゃった)

穂乃果(瑞希さんまだかな…)

穂乃果「あっ、来た!」


瑞希「ごめん、穂乃果ちゃん。実験のディスカッションが長引いちゃって」タッタッタッ

穂乃果「大丈夫です!私、待つのは得意ですから!」

瑞希「あんまりそうは見えないけどな~」アハハッ

穂乃果「えーっ!?酷いですよぉ…」

瑞希「冗談冗談。それで、私に何か話したいことがあるんだっけ」
44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:39:48.61 ID:NV/mHOlX.net
穂乃果「あっ、はい!実は…」


ブーッブーッ

瑞希「うわっ、ごめんね!」

ピッ

瑞希「…先生から何か連絡みたい」

穂乃果「いいですよ。私はまた後にしますから行ってきてください」

瑞希「ホントごめんね!放課後にまたここに来て!」


穂乃果「はーい…」

穂乃果「…あはは、タイミング悪いなぁ」
45: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:43:08.76 ID:NV/mHOlX.net
ガラッ

瑞希「失礼します」


先生「ああ、吉川か。すぐ来てくれて助かるよ」

瑞希「何かあったんですか?」

先生「うむ。お前に大事な話があるんだ」

瑞希「?」

先生「実は……」
47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:48:07.71 ID:NV/mHOlX.net
~~~

瑞希「はぁ…マズイことになっちゃったな…」


ーー
ーーー

瑞希「えぇっ!バスケ部が廃部!?」

先生「まだ決定したわけじゃないが…バスケ部は元々人数が足りない部活だろう?」

瑞希「…はい」

先生「今まではお前が助っ人で入ることで、試合もギリギリできるし特別に許可されていたんだが…」

瑞希「最近、スクールアイドルのほうばかりで部活に顔を出していないから…ですか」

先生「お前が放課後に自主練をしていることはわかっているが、部活に行っていないのは事実と言って教頭が納得しなくてな…」
48: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 23:53:51.77 ID:NV/mHOlX.net
瑞希「…では、どうすればいいんですか」

先生「近々、この辺りの高校が集まって小さな大会を開くそうなんだ。そこで少しでも、ベスト8でも構わないから結果を残せれば…」

瑞希「そんな!だってウチの部は…」

先生「出場資格なら心配いらない。学校同士の交流も兼ねているということで、5人いれば出場できるとのことだ」

瑞希「それでもベスト8なんて…!」

先生「私としてもバスケ部に潰れてほしくはない。なんとか、頑張ってくれ」

瑞希「……はい」

ーーー
ーー


瑞希「あっ、そろそろ穂乃果ちゃんと約束した時間だ」

瑞希(バスケ部のことだけでもキツイのに告白のお断りまであるとは…)

瑞希(正直、胃が痛い)
50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:00:38.99 ID:93Oil2jh.net
穂乃果「あっ、瑞希さん」

瑞希「お待たせ。放課後の練習は大丈夫なの?」

穂乃果「はい。海未ちゃんがお休みにしてくれたので!」

瑞希「そっか」

瑞希(…って、私も他人の心配してる場合じゃないや)

瑞希(これが済んだらすぐ体育館行って…)

穂乃果「………」

瑞希「ん、どうしたの?」

穂乃果「瑞希さん。呼び出しておいて悪いんですけど…」


穂乃果「私からのお話は、また今度にしますね!」
52: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:04:33.11 ID:93Oil2jh.net
瑞希「えぇ?どうして」

穂乃果「だって…瑞希さん、今すごく大変そうな感じがするから」

瑞希「そ、そんなこと…」

穂乃果「だから!私からのお話の代わりに、瑞希さんの悩みを話してください!」

瑞希「……っ!」

瑞希「…いいって。大したことじゃないし、心配してくれてありがと」ニコッ

穂乃果「えっ、でも…」

瑞希「もう結構遅いし、今日は帰ろっか」

穂乃果「……はい」
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:29:09.95 ID:93Oil2jh.net
~~~

穂乃果「ただいまー」


穂乃果「はぁ…」

穂乃果(あれから数日経ったけど、瑞希さんから相談されることはない)

穂乃果(お昼の約束も断られちゃうし…)


穂乃果「あはは、瑞希さんにお節介な子だって嫌われちゃったかな…」


穂乃果(でも、悩みを抱えさせたまま放っておくなんてさせたくない)


穂乃果「決めた!明日の放課後、もう一度瑞希さんに会って話を聞こう!」


穂乃果(だって、好きな人の力になりたいもん!)
55: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:37:23.66 ID:93Oil2jh.net
バスケ部部長「練習終わりっ!ありがとうございましたーーーっ!」

他バスケ部員「「ありがとうございましたーーーっ!!」」

瑞希(マズイな…しばらく1人で自主練ばっかしてたからか1対1の勝率も良くないし、リバウンドも甘くなってる…)

瑞希「ごめん、部長。この後まだ練習したいから鍵借りといていい?」

バスケ部部長「はいよー。あんまり無理しないでね」

瑞希「うんっ!大丈夫」

瑞希(本音を言えばみんなにも追加で練習してもらいたいとこだけど、今回の件は私のせいな部分が大きいし…)

瑞希「あっ、次のライブの振り付けも…」

瑞希「…夜やるか」
56: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:41:43.04 ID:93Oil2jh.net
~~~

穂乃果(最近、ずっとバスケ部で練習してるけど…この時間には1人で自主練してたハズ!)

穂乃果(かっこいい瑞希さんを少し観察してから声かけよっかーーー…な?)


瑞希「」


穂乃果「瑞希さん!?」
57: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:46:56.84 ID:93Oil2jh.net
瑞希「ん……」

瑞希(ここは…?)

穂乃果「瑞希さんっ!」ズイッ

瑞希「おぉぅ、穂乃果ちゃん!?」

瑞希「どうしたの…てか、ここ保健室?」

穂乃果「体育館に行ったら瑞希さんが倒れてたんです!もう、心配したんですよ!?」

瑞希「ご、ごめん…」アハハ…
58: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:51:24.24 ID:93Oil2jh.net
穂乃果「保健の先生から聞きましたよ。瑞希さんが倒れたの、寝不足と疲れからみたいだって」

瑞希「色々忙しいんだよ。でも、大丈夫!今が頑張りどころだから」

穂乃果「どうして言ってくれないんですか!」

瑞希「……」

穂乃果「瑞希さん。私、瑞希さんみたいに無理して、なんでも1人で背負おうとしたせいで、一度何もかもダメにしちゃいそうになった人、知ってます」

瑞希「………」

穂乃果「私、瑞希さんにはそうなってほしくない!」
59: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:56:57.54 ID:93Oil2jh.net
瑞希「…どうしてそこまで気にかけてくれるの。ただの先輩と後輩だよ?」

穂乃果「瑞希さんにとってはただの先輩と後輩かもしれないけど…」


穂乃果「私は、瑞希さんのことが好きなんです!」


瑞希「……っ///」ドキッ

穂乃果「好きだから、1人で背負いこんで、辛い思いをしてほしくないんです!」

穂乃果「だから…」

穂乃果「これからずっと瑞希さんの側で、応援して、支えさせてください!」
60: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:08:40.15 ID:93Oil2jh.net
瑞希「………」


ギュッ


穂乃果「瑞希…さん?」

瑞希「私ね、今まで誰かと付き合ったことってなかったんだ」

瑞希「友達の好きと恋人の"好き"、スポーツのドキドキと恋愛のドキドキもわからないような運動バカだったから」

瑞希「でも、ここ最近1人の女の子のことを考えるたびに、今まで感じたことのないドキドキをするようになった」

瑞希「その理由が今初めてわかったよ」


瑞希「私、穂乃果ちゃんのことが"好き"なんだ」


穂乃果「!」

瑞希「きっと、これから辛い思いをすることがあっても」

瑞希「穂乃果ちゃんが側にいて、応援してくれたら、乗り越えられる気がする」

穂乃果「瑞希さん…」


瑞希「"好き"だよ。穂乃果ちゃん」


チュッ
61: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:14:46.86 ID:93Oil2jh.net
~~~

放送『さあ、怒涛の勢いで勝ち進んでおります音ノ木坂学院!残り時間わずかで同点です」

40-40

瑞希「時間ないよ!一本止めて…」

スパッ

40-42

瑞希「やられた…」

瑞希(時間的にもゴール下まで切り込めるか怪しいし、体力的にも延長はキツイか…)

瑞希(なら、ここは一か八かの3点シュートしか…)
62: >>61間違えました(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:15:47.37 ID:93Oil2jh.net
~~~

放送『さあ、怒涛の勢いで勝ち進んでおります音ノ木坂学院!残り時間わずかで同点です』

40-40

瑞希「時間ないよ!一本止めて…」

スパッ

40-42

瑞希「やられた…」

瑞希(時間的にもゴール下まで切り込めるか怪しいし、体力的にも延長はキツイか…)

瑞希(なら、ここは一か八かの3点シュートしか…)
63: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:20:28.86 ID:93Oil2jh.net
がんばれー!


瑞希「!!」


穂乃果「瑞希さーん!頑張れー!」


瑞希(…ズルいなぁ、穂乃果ちゃんは)

瑞希(そんな応援されたらっ!)シュッ

ズバァン

43-42

瑞希(やらないわけにいかないじゃん)


主審「試合終了ー!」ピィーッ
64: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:30:27.42 ID:93Oil2jh.net
穂乃果「すごい!音ノ木坂がベスト8進出だよ!」

穂乃果(ねえ、瑞希さん…)

穂乃果(今はまだ応援してあげることくらいしか出来ないけど)

穂乃果(これから、もっと…瑞希さんを隣で支えていけるようになるからね!)

穂乃果「あっ、控え室に戻るみたい」ダッ

穂乃果(だから今は…)

穂乃果「頑張ったね!って、思いっきり抱きしめてあげよう」


~完~
67: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:45:23.37 ID:93Oil2jh.net
以上です

桃太郎編の組み合わせに可能性感じた結果こうなりました

転入生の画像は名前と合わせて時間ある時にでも貼っておこうと思います。顔と名前一致しない人いると思うので
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「I say fight!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。