希「ウチとえりちが付き合ってるって噂が流れてる」

シェアする

希-アイキャッチ22
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:51:31.17 ID:5E/3DIEd0
希「そんな風に思われること、した覚え無いんやけどなぁ」

希「なんでそんな噂が流れているのか……」

希「スピリチュアルやね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427806290

元スレ: 希「ウチとえりちが付き合ってるって噂が流れてる」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:53:14.88 ID:5E/3DIEd0
にこ「……」

にこ「で?」

希「なんでそんな噂が流れるてるか、その原因が知りたいんよ」

希「それで、にこっちに相談してるってわけや」

にこ「そう……」

にこ「希、ホントにわかんないのよね?」

希「もちろん! 不思議で仕方ないんよ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:54:25.59 ID:5E/3DIEd0
にこ「まぁ、普段の行動を思い返してみれば分かるんじゃない?」

希「いやでも、思い当たる節がないんやけど」

にこ「本人はそう感じていても、周りからは違うかも知れないじゃない?」

にこ「だから私が客観的に判断してあげるってわけ」

希「おおっ! 流石にこっち!」

にこ「ふふっ、でしょ! 流石スーパーアイドルにこね!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:55:04.19 ID:5E/3DIEd0
にこ「ほら、思い返してみなさい」

希「普段の行動なー」

希「うーん……」

――――――
――
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:56:07.84 ID:5E/3DIEd0
希「えりち、おはよ」

絵里「おはよう、希」

絵里「はい、今日のお弁当」ポン

希「ホントにごめんな、最近毎日……」

絵里「もー、謝らなくていいのよ。私がやりたいからやってるだけなんだし」

絵里「まぁでも、ちゃんと自炊しなきゃだめよ? 栄養のバランスだって片寄っちゃうし、料理ができた方が特だしね」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:57:39.56 ID:5E/3DIEd0
希「それだと、ウチがちゃんと自炊できるようになったら、えりちはお弁当作ってくれなくなるってことやろ?」

希「それは……」

絵里「バカね、希は」

希「え?」

絵里「希が食べたいんだったら、いつでも作ってあげるわよ」

絵里「当たり前でしょ?」

希「えりち…… うん!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:58:40.24 ID:5E/3DIEd0
希「ウチ自炊できるようにがんばる!」

絵里「ハラショー! その意気よ希!」

希「そうしたら今度は、ウチがえりちにお弁当作るからね」

絵里「ええ、楽しみにしてるわ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 21:59:48.99 ID:5E/3DIEd0
――――――
―――




希「普通やん」

にこ「どこがよ!?」

にこ「もう付き合ってる雰囲気漂わせまくりよ!」

にこ「てか、お弁当作ってもらってたのね! そりゃ中身も似るわけだわ!」

希「えりちが気をつかってくれてなー」

希「そんで毎回おいしんよ!」

希「中身もなるべく同じにならないようにしてくれて、えりち頑張ってくれてるんやなぁって……」

希「ホントに感謝やね」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:01:18.42 ID:5E/3DIEd0
にこ「これ完全にノロケじゃない!」

希「いやでも、お弁当作ってきてもらうって、そこまででもないやろ?」

にこ「毎回は普通じゃないわよ!」

にこ「なにそれ!? もう二人は夫婦なの!?」

にこ「そんな領域まで行く勢いよ!」

希「夫婦って……」

希「そ、そんなわけないやん!///」

希「ウチとえりちがそんな……///」

にこ「なんでそこで照れるのよ!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:02:17.38 ID:5E/3DIEd0
にこ「他にもしてんでしょ、そんな感じの行動」

にこ「それが原因、わかった!?」

希「他にも……なぁ……」



―――――
―――
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:29:56.39 ID:5E/3DIEd0
希「えーりち」ワシワシ

絵里「! の、希!///」

絵里「もうっ! ちゃんと仕事しなさいよ!」

希「さっきからずーっと仕事しっばなしやん? だからリラックスせんと、な?」

絵里「まぁ、確かに疲れてはいるけど……」

希「そうそう、えりちでそうなんだからウチはもっと疲れてるんよ」

絵里「いや、希の方が仕事してないわよね!?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:32:24.04 ID:5E/3DIEd0
希「やりなれてないことって、とっても疲れるやん」

絵里「普段から仕事してない証拠ね」

希「そんなんは知らんもん」

希「と言うことで、疲れたからおやすみー」ボスッ

絵里「って、いきなり膝にこないでよ」

絵里「はぁ……もう、起きたらちゃんと仕事するのよ?」

希「はーい!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:33:02.63 ID:5E/3DIEd0
絵里「しょうがないんだから」ナデナデ

希「えへへ、えーりち」

絵里「はいはい、希」

希「んー……気持ち……いい」

希「……」Zzz Zzz
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:34:56.18 ID:5E/3DIEd0
―――――
―――




希「普通やん」

にこ「どこがよ!?」

にこ「もうイチャイチャしすぎよ! 完全に恋人じゃない!」

にこ「生徒会室が硝子の花園になってるわよ!」

にこ「そら流れるわ! 付き合ってるって噂も流れるわ!」

希「ちょっ、にこっち落ち着いて」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:36:07.55 ID:5E/3DIEd0
にこ「学校で平然と膝枕する仲だったとはね、全くの予想外だったわ!」

希「だって疲れてたんやもん」

にこ「なら机に突っ伏しなさいよ! 普通寝るスタイルだったらそれでしょうよ!」

にこ「わざわざ膝枕チョイスする必要ないでしょ!」

希「えりちの膝枕気持ちいいし……」

にこ「気持ちいい……って!」

にこ「前もやったことあるってこと!?」

希「う、うん」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:36:55.86 ID:5E/3DIEd0
にこ「あんたら……」

希「なんなんにこっち、その目は」

にこ「いや……因みにそのときはどうだったの?」

希「えりちが家に泊まりに来たときなんやけど……」



―――――
―――
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:37:40.79 ID:5E/3DIEd0
希「はー、おいしかった!」

絵里「それならよかったわ」

希「んー、なんか眠くなってきたなぁ……」

絵里「それなら枕持ってくるわね」

希「んー……いや、その必要はないやん」

絵里「え? でも、床だと眠りにくいでしょ?」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:38:58.54 ID:5E/3DIEd0
希「せやね。だから……」

希「とうっ!」ガバッ

絵里「ちょっ! 希!?」

希「んー、えりちの膝気持ちええなぁ……」

絵里「あの、希?」

希「柔らかくてスベスベで……あー、最高やん」

絵里「洗い物が残ってるんだけど」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:40:28.62 ID:5E/3DIEd0
希「そんなのは後でいいやん」

希「それよりうちは、えりちの膝枕を堪能するんやもん!」

絵里「はぁ、……もう、しょうがないわね」ナデナデ

希「んー……撫でられるのも……至福やぁ……」

希「えり……ち……」

希「……」Zzz Zzz
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:41:15.85 ID:5E/3DIEd0
―――――
―――




希「ってことなんやけど」

にこ「……」

希「にこっち?」

にこ「……っぜ…に…」

希「え、なんて?」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:42:12.18 ID:5E/3DIEd0
にこ「完全に付き合ってんじゃない!」

希「うお!?」

にこ「家に行って! イチャついて! 二人きりで!」

にこ「これが恋人でなくてなんなのか!」

希「友達やって」

にこ「友達じゃないわよ! その範囲外よ! 上の段階にシフトしてるわよ!」

希「そう言われても……」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:53:47.29 ID:5E/3DIEd0
にこ「でも、これで分かったでしょ?」

にこ「その行動が、周りにそう思わせる原因だって」

希「んー、まさかそうだったとは……」

希「至って普通だとばっかり……」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:35:15.94 ID:hk44wA3q0
にこ「……まだ他にもあるんでしょ? この際だから教えなさい!」

希「そう言われてもなぁ……」

希「あ、その泊まりに来たときの続きなんやけど……」



―――――
―――
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:37:03.51 ID:hk44wA3q0
希「膝枕ありがとうな、えりち」

絵里「どういたしまして。希がよかったのなら、私も嬉しいわ」

絵里「そうだ希、お風呂いいかしら?」

希「ん、もしかして一人で入るつもりなん?」

絵里「そのつもりだけど?」

希「折角のお泊まりなんやし、一緒に入らん? その方が楽しいやん!」

絵里「そうね……ええ、いいわよ。一緒に入りましょう」

希「やった! ほな、さっそく準備や!」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:38:03.91 ID:hk44wA3q0
風呂場



希「それじゃ、ウチが髪を洗うよ」

絵里「ええ、お願い」

希「えりちって髪綺麗やなー」ワシャワシャ

絵里「そう? ありがとう」

絵里「希も綺麗よ。艶があってサラサラしてて、理想の髪って感じね」

希「ホントに? ありがとう、えりち」ワシャワシャ

希「それじゃ流すよー」バシャー
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:38:59.91 ID:hk44wA3q0
絵里「ふー、サッパリした」

希「ほな、次は体いくでー」

絵里「え、体も?」

希「背中流すのは日本人として当たり前やん!」

絵里「んー、じゃあお願いね」

希「任しとき!」

希「ほい」ワシャワシャ

絵里「ひゃん!///」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:41:59.21 ID:hk44wA3q0
絵里「希! なんで手で洗ってるのよ! んっ///」

希「だって、こんな綺麗な肌を目の前にして触らないなんて……ありえないやん!」ワシャワシャ ワシャワシャ

絵里「でも、あっ/// そんっ/// 恥ずかしい、しっ///」

希「あーっと、てが滑ってしまったわー」ワシワシ

絵里「えっ! 希んんっ/// そこ、ちがあああっ/// んんっっ/////」

希「ヤバイ、柔らかくてプルプル……最高、最高やん……」ワシワシ ワシワシ

絵里「もっン/// のぞ、ミィ!/// やァメェ!//」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:42:58.31 ID:hk44wA3q0
希「ふぅ、……えりち、ありがとう」

絵里「はぁ…はぁ……そ、そう……」

希「それじゃ流すよー」ジャー

絵里「はぁ……希、もうやらないでよ?///」

希「えー、それは約束できんなー」

絵里「そう……なら……」

希「あの、えり……ち?」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:43:46.64 ID:hk44wA3q0
絵里「こっちからワシワシよ!」ワシワシ

希「え、ちょ! えりちっンッ/// あかん/// えりちからはだめーーー!///」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:44:28.90 ID:hk44wA3q0
―――――――
―――



希「こんな感じで」

にこ「……は?」

希「え?」

にこ「なんなのよそれ!」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:45:41.33 ID:hk44wA3q0
にこ「風呂場でなにやってんのよあんたたちは!」

にこ「もうこれ、あれじゃない! 恋人達がやる感じのあれじゃない!」

にこ「お泊まりだからテンション上がったっていうの!?」

にこ「バカじゃないの! もう信じられない! 知り合い同士がそんなことしてたとか、これからあんた達とどう接すればいいわけ!?」

にこ「にこわかんない! 冗談じゃなくにこわかんないわよ!」

希「いや、にこっち落ち着いて」

にこ「これが落ち着いていられるかぁーーーー!」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:46:49.25 ID:hk44wA3q0
にこ「てか、それだけじゃないわよ!」

にこ「なんで……」

希「なんで?」

にこ「なんであんたの描写は省略されてんのよ! 絵里だけに恥かかせてんじゃないわよ!」

希「だってそんなん、恥ずかしいにきまってるやん!///」

にこ「言われた絵里はどうなのよ!? 恥さらしもいいとこじゃない!」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:47:38.20 ID:hk44wA3q0
希「だってえりちからするなんて思わなかったんやもん……」

希「それに積極的やったし……///」

希「そんな恥ずかしいこと、自分から伝えられるわけないやん!!///」

にこ「酷すぎでしょそれ!」

希「それに、これはただのスキンシップ! ウチがワシワシすなんてよくあることやん」

にこ「いや、その範疇超えてるでしょ! 実際に、自分がスキンシップされたとこは省いてんじゃない!」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:49:14.19 ID:hk44wA3q0
希「スキンシップでも、恥ずかしいもんは恥ずかしいんや!!///」

にこ「いや、でも……」

希「にこっち、それ以上追求するんなら……」スッ

希「ワシワシMAXやよ!」

にこ「さーて、次の話はなにかなー希ちゃーん?」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:50:25.38 ID:hk44wA3q0
希「んー、そうやねー……」

にこ「もう少し健全なの頼むわよ」

希「全部健全やん!」

希「あ、この前なんやけど……」



―――――
―――
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:51:21.12 ID:hk44wA3q0
希「今日は買い物に付き合ってくれてありがとうな」

絵里「全然。私も楽しかったしね」

希「うん、そんでなえりち」

希「別にウチの荷物持ってくれなくてもいいんよ?」

絵里「いいのよ、私が持ちたいだけだから」

絵里「いつも支えてくれることに対しての小さな恩返しよ」

希「いや、でも、えりちにはウチもよく助けられてるし……」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:52:07.79 ID:hk44wA3q0
絵里「んー、じゃあこうしましょうか?」ガサッ

希「えりち?」

絵里「ほら、こうして半分ずつ持てば、ね?」

希「……うん!」

希「えへへ、えーりち」

絵里「フフッ、何よ希?」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:52:57.54 ID:hk44wA3q0
希「またえりちと仲良くなれた気がしてな?」

希「なんか嬉しくなったんよ」

絵里「それなら私だって」

絵里「希との仲が深まったなぁって思ってたわよ」

希「それなら、ウチらはまだまだ仲良しになれるやん」

絵里「ええ、私と希の仲は限界知らずなんだから」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:53:36.79 ID:hk44wA3q0
希「これからもよろしくな、えりち」

絵里「こちらこそよろしく、希」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 22:54:30.22 ID:hk44wA3q0
―――――
―――




希「これは普通やね」

にこ「どこがよ!?」

にこ「買い物袋を二人で持つとか恋人じゃない! いや、夕飯の買い物帰りの夫婦よ! 子供でもいたらそれはそれは幸せな家庭ね!!」

にこ「そんな雰囲気が辺りを包んでるわよ!」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 23:14:19.03 ID:hk44wA3q0
にこ「てか、あんたらこれ以上仲良くなる気なの!?」

にこ「今のままでもう十分よ!」

にこ「それに限界知らずってなに!?」

にこ「知っときなさいよ! 制限かけなさいよ!」

にこ「止めどなく周りに幸せオーラ溢れさせてんじゃないわよーー!」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 23:14:46.46 ID:hk44wA3q0
希「ちょ、にこっち叫びずぎやん」

にこ「叫びたくもなるわ! 身近にこんな夫婦がいたなんて!」

にこ「幸せの形がここにあったってね! 平和はここにあるぞってね!」

希「にこっち……テンションおかしなってない?」

にこ「おかしくならない方が異常よ!」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 23:15:50.25 ID:hk44wA3q0
希「それでも一旦落ち着き」

にこ「はぁ、はぁ……」

にこ「そうね、すごい疲れたし……」

希「んー……にこっちがこんなに取り乱すとはホンマ……」

希「スピリチュアルやね!」

にこ「クソ……突っ込みを入れる元気もない……」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 22:57:02.88 ID:qsJI272M0
希「あー、そう言えばこんなこともあったなぁ」

にこ「よく出てくるわねぇ」

希「この前のことなんやけど」



―――――
―――
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 23:10:57.17 ID:qsJI272M0
希「はー……まさかウチになるとはなー」

希「文化祭の水着コンテストのクラス代表なんて……」

絵里「希がクラスの投票で一位だったからね」

希「絶対えりちが一位だと思ったんやけどなー」

絵里「一票差」

絵里「かなりの接戦だったわね」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 23:12:08.55 ID:qsJI272M0
希「……因みにえりちは誰に入れたん?」

絵里「それは勿論、希よ」

絵里「希は?」

希「フッフッフ、ウチはな……」

希「にこっちに入れたんや!」

絵里「!?」
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 23:24:38.73 ID:qsJI272M0
絵里「一票はにこ自身だと思っていたけど、もう一票は希だったのね……」

希「まーでも、まさかそのせいでウチが代表になるとは思っても見なかったわー」

希「ウチがえりちに入れてれば同率」

希「その時はにこっちに託されるわけやけど」

絵里「それでも、代表は希に決まってたと思うわよ?」

希「へ? なんで?」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 23:26:39.59 ID:qsJI272M0
絵里「だって、水着コンテストで一番必要なものを持ってるじゃない!」ワシッ

希「ちょっ! えりち!///」

絵里「だから自信もって、希」

絵里「あなたはとっても魅力的なんだから!」

希「えりち……うん、ありがとう」

希「ウチ、がんばるよ!」
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 23:29:32.56 ID:qsJI272M0
―――――
―――




希「いやー、まさかちょっと不安になっていたのを見抜かれるとは思わなかったわ」

希「えりちって意外と鋭いんよね」

にこ「……」

希「ん? どうしたん、にこっち?」

希「なんかさっきまでと反応違うやん?」

にこ「希……」
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 23:34:22.57 ID:qsJI272M0
にこ「なんであんたはこんなことを聞いてきたの?」

希「え?」

希「それは最初に言ったやん。噂がなんで流れたのかを知るために……」

にこ「にこが聞きたいのはその先、なんで原因を知りたかったのか……」

にこ「それであんたが何をしたいのかよ」
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 15:19:04.50 ID:U0MiqdvgO
希「……」

希「この前な、こんなことがあったんよ……」



―――――
―――
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 15:19:52.20 ID:U0MiqdvgO
希「お、あれはえりちと……生徒会の子? 何話してるんやろ?」


生徒会役員「生徒会長……副会長と付き合ってるって本当ですか!?」

希「!?」

絵里「いきなりどうしたのよ?」

生徒会役員「二人はもう付き合ってるって噂が流れてるんです!」

生徒会役員「もう校内ではかなり広まってきていて……」

生徒会役員「だから、本当かどうかハッキリさせないとって思って……」

絵里「そんな噂が流れてるなんてね……」

絵里「ハッキリ言っておくと、希とは付き合ってないわよ」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 15:20:45.09 ID:U0MiqdvgO
生徒会役員「ほ、本当ですか!?」

絵里「本当よ」

絵里「そんな嘘の噂が流れてるなら、早くなんとかしないとね……」



希「……」
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 15:21:34.90 ID:U0MiqdvgO
―――――
―――




希「だから、ウチはこの噂をなくしたい」

希「えりちの迷惑になるんやったら、一刻も早くなくすべきやって、そう考えたん」

にこ「……」
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 15:23:03.35 ID:U0MiqdvgO
希「だから、これからはえりちに甘えるのも控える」

希「えりちにお弁当を作ってもらうのも止める」

希「膝枕してもらうのも止める」

希「泊まりに来てもらう回数も減らす」

希「そうすればきっと、こんな噂……なくなるはずや」
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:05:31.31 ID:AJWScLXH0
にこ「……ホントにそんなんでいいわけ?」

希「いいに決まってるやん……」

にこ「全然よさそうな顔に見えないけど?」

希「……」

にこ「希……あんたの本当にやりたいことはなんなの?」

にこ「もう自分でわかってるんでしょ?」
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:06:07.74 ID:AJWScLXH0
希「……でも」

にこ「でもじゃないわよ!」

にこ「自分に嘘をついたって辛くなるだけじゃない!」

にこ「それを一番わかってんのはあんたでしょ!?」

にこ「今まで散々人の背中を押しといて、自分だけは諦めるなんてそんなの、にこが許さないから!」

希「にこっち……」
84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:07:06.15 ID:AJWScLXH0
にこ「だから希、自分に素直になりなさいよ」

希「……ウチは…」

希「ウチは、えりちのことが好きや」

希「だからえりちと……本当に付き合いたい!」

希「これが、ウチのやりたいこと……」
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:07:53.51 ID:AJWScLXH0
希「でも、この気持ちを伝えたら今までの関係も壊れるんやないかって思って……」


希「そしたらこんな噂が流れてきて」

希「反応を見たら、えりちに脈があるかわかるかもって。そしたら……」

希「えりちは早くこの噂をなくしたかったみたいでな。それが、ウチとの関係なんて望んでないように感じて……」

希「だから、ウチは……」

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:09:41.62 ID:AJWScLXH0
にこ「私からの感想、言ってもいいかしら?」

希「うん。いいけど……」

にこ「あのねぇ、希……」

希「……」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:10:46.17 ID:AJWScLXH0
にこ「そんなこと絶対にないから!!!!!!!!」

希「!?」

にこ「今までの話を聞いてれば誰だってそう思うわよ! 絵里が希とそんな関係になりたくない?そんなバカなことあるわけないでしょ!」

にこ「さっきまでの話から、希が絵里のことが好きなのが伝わったように、絵里が希のことを好きな気持ちもしっかり伝わってきたわよ!」

にこ「だからそんな悩む必要なんてない!」

にこ「自分の思いを、早く絵里に伝えてきなさい!」
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:12:26.50 ID:AJWScLXH0
希「にこっち …………うん!」

希「それじゃウチ、えりちのことろに行ってくる!」

希「ありがとう!」

にこ「ええ、頑張りなさいよ」


タッタッタッ



にこ「はぁ、世話が焼ける友人ね……」
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:13:53.84 ID:AJWScLXH0
―――――



希「えりち!」バンッ

絵里「希!? どうしたの!? 今日はもう帰って大丈夫って言ったはずなのに」

希「えりちに……伝えたいことがあるんよ……」

絵里「伝えたいこと?」

希「大事な話だから、ちゃんと聞いててな?」

絵里「……ええ、わかったわ」
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:14:40.18 ID:AJWScLXH0
希「あのな……えりち……」

希「ウチな……」

希「………」

絵里「……希?」
92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:15:54.68 ID:AJWScLXH0




希「ずっと前からあなたのことが好きでした!」



希「だから私と……付き合ってください!!」


93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:16:52.70 ID:AJWScLXH0
絵里「……フフッ」

希「!? えりち……?」

絵里「まさか希から言われちゃうなんてね」

希「え? それってどういう…」

絵里「はい、私もあなたのことが好きです。こちらこそよろしくお願いします」
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:17:41.32 ID:AJWScLXH0
希「えりち……うわーん! よかったーー!」ポロポロ

絵里「え!? 希!? どうしたのいきなり!?」アタフタ

希「だって……グスッ……もしかしたら断られるんじゃないかって……不安だったんやもん……」

希「前にえりち……嘘の噂をどうにかしなきゃって……言ってたから……」

絵里「希……」

絵里「……」ギュッ
95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:23:35.06 ID:AJWScLXH0
絵里「ゴメンね、不安にさせて」ナデナデ

希「えりち……」

絵里「あれはね、嘘をなくさなきゃって意味だったの」

絵里「私から告白して、本当に希と付き合わなきゃって」

絵里「そういう意味で言ったのよ」

希「そうやったんね……」
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:24:09.26 ID:AJWScLXH0
希「でも、ちゃんとえりちと一緒になれて……」

希「ウチ、幸せ……///」

絵里「ええ、私もよ……///」
97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:25:38.78 ID:AJWScLXH0
―――――
―――



希「ってことで……にこっちのおかげで、めでたくえりちと付き合うことができたんよ!」

希「本当にありがとな、にこっち」

にこ「はいはい、よかったわね」

希「なんか反応薄くない?」

にこ「そりゃねぇ……」

にこ「元々付き合ってたようなあんたらが、正式に付き合うことになったって聞かされてもそんな驚かないでしょ」
98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:26:23.92 ID:AJWScLXH0
希「えー」

にこ「まぁでも、おめでとう希」

希「うん、ありがとうにこっち」
99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:28:57.33 ID:AJWScLXH0
にこ「まぁ、あんたらなら大丈夫だと思うけど。ちゃんと長続きしなさいよね」

希「当たり前やん!」

希「昨日だってちゃんと一緒に帰って、初めて手も繋いだんやから!」

にこ「って! 今まで繋いだことなかったんかーい!」

にこ「あんなイチャイチャしてたくせに、変なことは奥手なのね!」

希「だって、その頃はまだ付き合ってないし……///」
100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:30:03.61 ID:AJWScLXH0
希「それでな、付き合った記念に家でな……」

にこ「って、もうあんたらの話は聞き飽きたわーー!!」



おわり
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:31:06.11 ID:AJWScLXH0
読んでくださった方、ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「ウチとえりちが付き合ってるって噂が流れてる」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「ウチとえりちが付き合ってるって噂が流れてる」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。