絵里「膝に猫」

シェアする

絵里-アイキャッチ27
1: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 00:14:51.75 ID:hephi+Ua0
のぞえり
ほのぼの
短い
むっちゃ亀更新





紅葉の盛りを過ぎたイチョウ並木が、
寂しげに震えていた。

「はあ……すごい」

絵里は思わず感嘆の声を上げる。

風に散らされようとも、
瓶の底にへばりつくように、
あたり一面に黄金の茵を敷く、
濡れ石のような落ち葉。

足元で、しゃくしゃくと音が鳴った。
11月も半ばに差し掛かり、
神田明神にささくれ立つような冬が訪れようとしていた。

「希、まだ境内の掃除中かしら?」

リスのように首を左右に振る。

「いないわね……」

彼女は日当たりの良い場所はないかと、
歩を進める。

「あそこのベンチで待ってよ……」

手作りだろうか。
簡易的な作りだった。

枯葉を手でさっと払い、
スカートが汚れぬようにハンカチを広げた。
トレンチコートにシワができぬよう、
多少伸ばしてから腰を据えた。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417619681

元スレ: 絵里「膝に猫」

スポンサーリンク
2: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 00:33:28.87 ID:hephi+Ua0
首元を覆うマフラーの隙間から風が入らないように、
彼女はコートの襟を立てていたのだが、
どうやら、その場所は風の通りがほとんどないようだった。

静謐を絵に描いたようだ。
森閑と佇む境内。
幼い頃にロシアの国立美術館で鑑賞した美術作品が、
ふっと脳裏をかすめた。

誰の作品だっただろうか。
覚えてはいないが。
吸い込まれるような青空の、
高い高い場所で、
一糸乱れぬ飛行機雲が伸びていたのを覚えている。

そして、その真下には、
鏡のように凪いだ海が広がっていた。

金の額縁に収まり、
当時の自分には、
その価値は分からなかったが。
4: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 00:49:53.53 ID:hephi+Ua0
しかし、写生されたワンカットに宿るアニマには、
幼いながらに心を震わせた。
今よりも、純粋だった。
絵の中に入ることに抵抗がない。
風や気温、湿度、匂いを感じ、
夢中になれた。

「……」

何もかも、自分の思い通りにできる。
自信があった。
絵里は瞼を閉じる。
その裏に、涙を拭うアヒルの子。
白鳥にはなれなかった。

「ニャア」

「え?」

気が付くと、膝の上に猫が飛び乗っていた。
5: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 00:55:36.21 ID:hephi+Ua0
尻尾をふさふさと振って、
こぶし二つ分程の子猫は喉を鳴らした。

「可愛い……」

頭を撫でると、首を傾けて腕に擦り寄った。

「ニャアア……」

後ろの茂みから声がした。
椅子の下から、黒い子猫が顔を出した。
厚手のブーツに身体をこすり当てる。

「あら……兄弟?」

心地よい膝の重み。

「これじゃあ、動けないわね」

思わず笑みがこぼれた。
6: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 01:01:15.30 ID:hephi+Ua0
「一緒に日向ぼっこしよっか……」

と、言いかけて背後の茂みから、
再度物音。
振り返ると、3匹の子猫。
とてとて、と危なっかしい。
ベンチへ跳躍し膝の上にいた三毛を、
押しのけるように転がり込んだ。

「ちょ、ちょっと……喧嘩は止めなさい」

彼らの頭上からそう諭すが、
聞いてはいない。
いつの間にか、膝の上には子猫が4匹。
あれよあれよと、足元に2匹。
膝の上の猫は、眠りの体制に入っていた。

「……」

陽光が眩しい。
7: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 01:07:35.54 ID:hephi+Ua0
猫は嫌いではない。
可愛いものは好きだ。
でも、誰か助けて。

「の、のぞみ……」

周囲に視線を転じるも、
それらしき影は見当たらない。

「……しょ、しょうがない」

彼らが飽きるまで付き合ってみよう。
小さな命が、夢中になって惰眠を貪る姿は、
どこか奇妙で非現実的だ。
毛むくじゃらな身体が、
呼吸に合わせて縮んだり膨らんだりしている。

確かに、この暖かさは卑怯だ。
8: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 01:16:06.12 ID:hephi+Ua0
そうやって、30分程そうしていただろうか。
目が覚めて、自分が眠ってしまっていたことに気がついた。
じっとしていたためか、身体が冷えてしまっていた。

「えりち……風邪引くで」

猫は一匹たりともいなくなっていた。
代わりに、希が心配そうにこちらを覗き込んでいる。

「あれ……」

「さっきまで、猫にようけ囲まれとったね」

「見てたの?」

「こっそりな」

「助けてよ、もお」

「猫に弄ばれるえりちもええなあって」

「なによそれ」

希が小さく微笑む。

「寒いやろ? お茶用意するな」

「掃除中じゃないの?」

希は手を振る。

「こんなん掃き寄ったら、夜になってしまうやん。一日1時間で十分」

竹箒とは逆の手で、私の手を掴む。
9: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 01:47:31.02 ID:hephi+Ua0
すっかり冷え切った絵里の手には、
じんわりと染み入る暖かさだった。

「猫も、えりちの膝の上できっと心穏やかになったと思うで」

「猫もそんな心境になるのかしら」

「えりちの膝の上やからな、当たり前やん」

それはどうか分からないけれど。
この瞬間を長く長く引き伸ばして、
ゆったりと湯船に浮かべて、
彼女といつまでも、
こんな風に味わっていたい。

そう思った。






おわり
10: ◆/BueNLs5lw 2014/12/04(木) 01:48:05.02 ID:hephi+Ua0
お粗末さま。
おやすみ

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
絵里「膝に猫」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「膝に猫」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。