にこ「刑事矢澤にこよ!」

シェアする

にこ-アイキャッチ21
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:16:53.55 ID:Nax/DWs2.net
絵里「にこー、この前の事件の報告書できた?」

にこ「あ、忘れてた」

絵里「ちょっと、しっかりしてよ」

にこ「はいはい、ごめんごめん」

絵里「...にこ?」

にこ「わー!すぐ書きます!」

絵里「全く...」

元スレ: にこ「刑事矢澤にこよ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:17:33.13 ID:Nax/DWs2.net
にこ「...相変わらず石頭なんだから」カキカキ

絵里「何か言ったかしら?」

にこ「いや何も」

プルルル

絵里「はい、捜査一課」

絵里「...はい、了解」

ガチャ

絵里「にこ、事件よ。3丁目で傷害事件が起こったわ」
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:18:13.07 ID:Nax/DWs2.net
にこ「りょーかい...3丁目ってまさか」

絵里「ええ、多分またよ」

にこ「あー...行くわよ穂乃果」

穂乃果「ぐがー...ぐがー...」

にこ「またこいつは...」

絵里「はぁ...」
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:18:43.04 ID:Nax/DWs2.net
穂乃果「うぇへへ...もう食べられない...」

にこ「ったく...」ガサガサ

にこ「...」スッ

穂乃果「...ん...」クンクン

穂乃果「!パン!」ガバッ

にこ「事件よバカ。さっさと準備しなさい」
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:19:17.71 ID:Nax/DWs2.net
穂乃果「え?あれ?」キョロキョロ

絵里「...穂乃果」

穂乃果「あれ?あ...」

穂乃果「...えへっ」

絵里「...!」プルプル

にこ「あーあ...」

絵里「さっさと行きなさーーーい!!」

穂乃果「はいぃい!行ってきます絵里ちゃん課長!」
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:19:55.09 ID:Nax/DWs2.net
ーー

にこ「被害者は全身打撲。気を失って道端で倒れてるところを通行人に発見されたらしいわ」

穂乃果「わー、変な顔だなぁ」

にこ「全く、毎度毎度やりすぎなのよあんたは」

海未「も、申し訳ありません...つい、頭に血が上って」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:20:25.61 ID:Nax/DWs2.net
にこ「ま、確かに後ろからいきなり抱きついたあっちが悪いんだけどね。まさか返り討ちに合うとは露ほども思ってなかったでしょうし」

にこ「自分で自分を守れるのは頼もしいけど...限度があるでしょうが」

海未「はい...気をつけます」

穂乃果「ねぇねぇ、海未ちゃん。あの変な顔した人形は何?」

にこ「ま、次は気をつけるようにね。やり過ぎなければ正当防衛になるんだから」ベシッ

穂乃果「あたっ」

海未「はい、分かりました」
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:21:01.31 ID:Nax/DWs2.net
にこ「痴漢された方にこんな注意するのはアンタだけよ、海未。おかしな話だわ」

海未「返す言葉もありません...」

穂乃果「海未ちゃん、お茶お代わりー!」

にこ「あんたさっきからうるさいわよ!遊びに来たんじゃないのよ!」

海未「ふふっ、今持ってきます」

にこ「いいのに...」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:21:27.43 ID:Nax/DWs2.net
海未「いえ、いつもご迷惑をかけてますので...これくらいは。にこもどうですか?」

にこ「じゃあ...頂くわ」

海未「分かりました。少し待っててください」

穂乃果「ありがとー!」

にこ「もう...また絵里に怒られるわよ」

穂乃果「大丈夫大丈夫!」

にこ「何が大丈夫なのよ...」
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:21:54.36 ID:Nax/DWs2.net
ーー

ガラガラ

花陽「いらっしゃいませー」

にこ「やってるー?」

穂乃果「花陽ちゃーん!久しぶりー!」

花陽「にこちゃん、穂乃果ちゃん。久しぶりだね」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:22:23.17 ID:Nax/DWs2.net
にこ「ごめんね、最近顔出せなくて」

花陽「ううん。忙しかったんでしょ?」

にこ「ええ、ちょっと捜査が難航してね。やっと解決したのよ」

花陽「それはそれは...大変だったね」

穂乃果「今日凛ちゃんは?」

花陽「配達に行ってるよ。今日は注文が多くて」
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:22:49.81 ID:Nax/DWs2.net
にこ「繁盛してて何よりだわ」

花陽「ありがとう。何にする?」

穂乃果「私ねー、焼肉定食!」

にこ「あ!こら!500円までって言ったでしょうが!」

穂乃果「気にしなーい気にしなーい」

にこ「奢られる分際で何言ってんのよ!」
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:23:19.84 ID:Nax/DWs2.net
花陽「うふふっ、いいよ500円で」

にこ「いや、そういうわけには」

花陽「いいからいいから。いつも頑張ってるんだし、ね?」

にこ「...悪いわね、花陽」

穂乃果「花陽ちゃん太っ腹ー!」

にこ「あんたはもう!」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:23:49.80 ID:Nax/DWs2.net
ーー

にこ「ただいま戻りましたー」

穂乃果「ましたー!」

絵里「おかえり。どうだった?」

にこ「いつも通り海未のやりすぎだったわ」

絵里「やっぱり...ちゃんと注意してくれた?」

にこ「ええ。またやるかもしれないけど」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:24:33.81 ID:Nax/DWs2.net
絵里「自分を守れるのは頼もしいんだけどね...やり過ぎるのが玉に瑕だわ」

にこ「あの子刑事になればいいと思うんだけど」

絵里「家を継ぐらしいわよ。園田家は日舞の家元だから」

にこ「大和撫子ってやつかしら。中身は男より男らしいのに」

絵里「ふふっ、そうね」
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:25:24.11 ID:Nax/DWs2.net
穂乃果「ねーねー!今日飲みに行かない?」

にこ「それより仕事。その溜まった書類どうにかしたらね」

穂乃果「ぶー!にこちゃんだってやってなかったくせに!」

にこ「私はたまたまよ!あんたはいつもでしょうが!」

穂乃果「こんなの無理だよー!手伝ってー!」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:26:00.24 ID:Nax/DWs2.net
にこ「自業自得よ。早くやんなさい」

穂乃果「えー...」

にこ「終わらしたら飲みに連れてってあげるから」

穂乃果「はーい」

にこ「絵里もどう?」

絵里「私?」

にこ「ええ。偶には付き合いなさいよ」

絵里「...そうね。たまにはいいかも」

にこ「そうこなくっちゃ」
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:26:30.02 ID:Nax/DWs2.net
穂乃果「おー!絵里ちゃんも一緒だ!」

絵里「穂乃果は早くそれを片付けなさい。じゃないと置いていくわよ」

穂乃果「分かった!すぐに終わらせるね!」ガリガリガリ

にこ「そんなに急いで書かないの!また誤字で突き返されたいの?」

穂乃果「大丈夫大丈夫!」

にこ「ほら、もう間違ってる!」

穂乃果「もー!にこちゃんうるさい!」

にこ「何ですってー!」

絵里「...もう、騒がしいんだから」
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:27:05.38 ID:Nax/DWs2.net
ーー

にこ「ただいま」

希「おかえり、にこっち。ご飯できてるよ」

にこ「ごめん、絵里たちと飲んできたわ」

希「そう...じゃあお風呂入る?」

にこ「ええ」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:27:41.87 ID:Nax/DWs2.net
希「じゃあさ、偶には一緒に入ろ?ほら、最近忙しかったしマッサージでも...」

にこ「いいわよ。一人で入ってくるから」

希「...分かった」
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:28:19.28 ID:Nax/DWs2.net
にこ「上がったわよー...よいしょ」ドサッ

希「ねぇねぇ、にこっち。次の休みはいつ?」

にこ「えっと...明後日だったかしら」

希「じゃあさ、お出掛けしよ?久し振りに」
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:28:54.93 ID:Nax/DWs2.net
にこ「悪いけど休みの日は寝かせてくれない?疲れてるのよ」

希「ちょ、ちょっと駅までショッピングとか」

にこ「無理無理。あんな人が多いところに行ったら疲れるわ」

にこ「もう寝るわね。おやすみ」

希「...」
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:29:25.41 ID:Nax/DWs2.net
ーーー

にこ「...」ボーッ

穂乃果「にこちゃん、これ...」

にこ「...」ボーッ

穂乃果「にこちゃん?おーい」

にこ「...」ボーッ

穂乃果「にこちゃん!!」

にこ「うわぁ!」ビクッ
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:29:55.28 ID:Nax/DWs2.net
穂乃果「どうしたの?ボーッとして」

にこ「びっくりした...何でもないわ」

穂乃果「そう?それならいいけど」

にこ「...ねぇ、穂乃果」

穂乃果「何?」

にこ「ことりとは上手くいってる?」
28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:30:33.01 ID:Nax/DWs2.net
穂乃果「どしたの?急に」

にこ「いや、何となく」

穂乃果「うーん、そうだなぁ...ことりちゃんも忙しいからねぇ。最近はあんまり話せてないかな」

にこ「そんなんで上手くいってるの?」

穂乃果「うん。お互い仕事のことは割り切ってるし」
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:31:18.47 ID:Nax/DWs2.net
にこ「休みの日はどこか出かけたりするの?」

穂乃果「休みが被ることなんてほとんどないから、時間がある時はなるべく一緒に買い物行ったりするよー」

にこ「...そう」

穂乃果「希ちゃんと上手くいってないの?」

にこ「ちょっとね...」
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:32:33.41 ID:Nax/DWs2.net
絵里「にこ、穂乃果。事件よ」

にこ「今度は何?」

絵里「通り魔事件よ」
47: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:42:36.73 ID:TpkHJiKp.net
ーーー

にこ「お加減はどう?」

穂乃果「来たよー!」

凛「おー、にこちゃん!穂乃果ちゃん!」

花陽「二人とも...」

にこ「良かった。元気そうね」
48: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:43:03.01 ID:TpkHJiKp.net
穂乃果「凛ちゃん、大丈夫?」

凛「うん」

にこ「怪我の具合は?」

真姫「肩と腕を何ヶ所か切りつけられてるわね。幸い傷はそんなに深くないから3週間ほどで治るわ」

穂乃果「おー、真姫ちゃん」

にこ「いたのね」
49: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:43:35.44 ID:TpkHJiKp.net
真姫「さっきからいたわよ」

にこ「あ、そう。気づかなかったわ」

真姫「にこちゃんこそいたのね。ちっちゃくて気づかなかったわ」

にこ「なんですって?」

真姫「何よ」

穂乃果「ま、まーまーにこちゃん。事情聴取の最中だよ」
50: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:44:13.59 ID:TpkHJiKp.net
にこ「...ふん。質問に戻るわ凛」

にこ「襲われた時は1人だったの?」

凛「うん。夜、配達帰りに襲われたの」

にこ「そう...犯人の人相とかわかる?」

凛「えっとね、女の人だったよ」

にこほの「女?」

凛「うん、女の人だった。顔はマスクで分かんなかったけど」

穂乃果「女の通り魔...」
51: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:44:55.63 ID:TpkHJiKp.net
にこ「服装は?」

凛「黒っぽい服着てた。あと、帽子にマスクしてたよ」

にこ「切りつけられた状況とかは覚えてる?」

凛「えっと...昨日配達か終わって、かよちんと別れてからいつもの帰り道歩いてたらいきなり曲がり角から人が出てきて...」

凛「その人が急に包丁出してね、それで切りつけられたの」

にこ「なるほど...」
52: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:45:32.22 ID:TpkHJiKp.net
穂乃果「花陽ちゃん大丈夫?」

花陽「うん...本当にびっくりしたよ...一枚誰が」

にこ「花陽、凛。私たちが必ず犯人を捕まえるから。待ってなさい」

穂乃果「うん!犯人をとっちめてやるからね!」

凛「おー、頼もしいにゃー!」

花陽「お願いします、二人とも」
53: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:46:26.59 ID:TpkHJiKp.net
にこ「任せときなさい。行くわよ、穂乃果」

穂乃果「おー!」

真姫「そんなちんちくりんで通り魔なんか捕まえられるの?」

にこ「うっさいわね!」
54: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:47:07.25 ID:TpkHJiKp.net
ーー

にこ「じゃあ聞き込みするわよ」

穂乃果「ふぁい」モグモグ

にこ「何でパン食べてんのよ。やる気ある?」

穂乃果「ありまふ!」ポロッ

にこ「口から出たわよ。早く飲み込みなさい」
55: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:47:44.86 ID:TpkHJiKp.net
にこ「ーそうですか。はい、ご協力ありがとうございます」

にこ「んー、中々有力な情報は得られないわね」

穂乃果「ふぉうだねー」モグモグ

にこ「あんたいい加減にしなさいよ」

穂乃果「んぐ...次はどこ行くの?」

にこ「付近のコンビニとかで防犯カメラをチェックしに行くわ」
56: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 10:48:30.36 ID:TpkHJiKp.net
イラッシャイマセー

にこ「すみません、音ノ木坂署の者なんですが...」

穂乃果「お、新しいパンが出てる!」

にこ「くぉらぁ!穂乃果ぁ!」

にこ「あ、すみません。防犯カメラを少し拝見させてもらいたいんですが...はい、ありがとうございます」

穂乃果「これと、からあげクンのレギュラー1つ!」

にこ「...」バッシーーン

穂乃果「あいたぁ!」
58: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 12:57:44.12 ID:EoKWG7lm.net
にこ「ご協力ありがとうございました」

穂乃果「ありがとうございました!」

ウィーン

にこ「これで五件目...怪しい人物なんて映りこんでないわね」

穂乃果「映らないように移動したのかな?」

にこ「ってことは道に詳しい地元に住んでる人物か、もしくはかなり良く調べて犯行に及んだってことね」
59: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 12:58:10.51 ID:EoKWG7lm.net
穂乃果「後者だと計画的犯行ってことになるね。行き当たりばったりじゃななくて、最初から凛ちゃんを狙った犯行だとか」

にこ「さぁ...もう少し調べてみないと分からないわね。とりあえず署に戻るわよ」

穂乃果「あーい」
60: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 12:58:47.97 ID:EoKWG7lm.net
ガチャ

にこ「ただいまー」

絵里「...はっ、おかえり」

穂乃果「あー!今絵里ちゃん寝てたでしょー!」

絵里「ね、寝てないわよ」

にこ「ヨダレのあとついてるわよ」

絵里「へ?うそ」

にこ「嘘」

絵里「に、にこ!」
61: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 12:59:14.56 ID:EoKWG7lm.net
穂乃果「私に怒るくせに自分は寝ちゃうんだー。へー」

絵里「し、仕方ないじゃない。昨日あんまり寝てないんだから」

穂乃果「へー、ふーん」

にこ「その辺にしときなさい。ブーメランになるわよ」
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:20:12.34 ID:w/xThjzk.net
絵里「どうだった?」

にこ「ダメね。収穫なし」

絵里「そう...」

にこ「もう少し範囲を広げて調べてみるわ」

絵里「ええ、よろしくね」

穂乃果「どへー、疲れたー」
68: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:20:40.77 ID:w/xThjzk.net
にこ「あんたは食べてばっかでしょうが」

穂乃果「いやいや頑張ったよ。ほら、こんなにカロリー消化するくらいには」ゴミガサガサ

にこ「何で捨ててないのよ...」

絵里「...穂乃果?」

穂乃果「げっ、しまった」

絵里「そう、こんなに頑張ったのならご褒美あげないといけないわね」

穂乃果「いやぁ~、それには及ばないかな~」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:21:06.30 ID:w/xThjzk.net
絵里「...いい加減にしなさい!」ゴチン

穂乃果「あいたぁ!」

絵里「あなた暫く買い食い禁止」

穂乃果「そ、そんなぁ...」

絵里「わかった?」

穂乃果「はーい...」

にこ「アホね」
70: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:21:31.38 ID:w/xThjzk.net
ーーー

にこ「ただいま」

希「おかえり!ご飯できてるよー」

にこ「ああ...じゃあ食べましょうか」

にこ「いただきます」

希「いただきまーす」
71: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:22:08.86 ID:w/xThjzk.net
にこ「...」モグモグ

希「なぁなぁにこっち。来週何の日か覚えてる?」

にこ「来週?何かあったかしら」

希「覚えてないん...?」

にこ「ちょっと忙しくてね。何だったかしら」

希「にこっち、来週は」
72: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:23:45.86 ID:w/xThjzk.net
ブブブブ

にこ「私だわ...穂乃果?」

にこ「もしもし」

『にこちゃーん!ヘルプー!』

にこ「一体何よ...」

『日報書いてたらパソコンが真っ黒になっちゃった!』
73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:24:16.35 ID:w/xThjzk.net
にこ「あんたはもう...」

『なんかパッてなった!パッて!』

にこ「全然分からないし...絵里はどうしたのよ」

『絵里ちゃん出掛けちゃった。電話も出ないし、にこちゃん助けて!』

にこ「あーもー、わかったわよ。すぐ行くから待ってなさい」

ピッ
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:24:43.80 ID:w/xThjzk.net
にこ「ごめん、ちょっと行ってくるわ」

希「...うん、わかった。ご飯どうする?」

にこ「遅くなりそうだから片付けてていいわよ。じゃ、行ってくる」

ガチャ

バタン

希「...にこっち」
75: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:25:16.15 ID:w/xThjzk.net
ーー

にこ「ほら、直ったわよ」

穂乃果「おー!ありがとー!」

にこ「もー全くあんたは...」

穂乃果「ごめんなさい...」

にこ「絵里はどこいったのよ」

穂乃果「分かんない。ちょっと出てくるとしか」
76: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:25:41.52 ID:w/xThjzk.net
にこ「あ、そう。じゃ、私は帰るわね」

穂乃果「えー。手伝ってよにこちゃん」

にこ「何であんたの仕事手伝わなきゃいけないのよ。自分でやりなさい」

穂乃果「ぶー、けちー...」

にこ「けちで結構。希が待ってるのよ」

穂乃果「あ...ごめん」

にこ「じゃ、またね」
77: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:26:11.77 ID:w/xThjzk.net
ブブブブ

にこ「また...今度は誰?」

にこ「って、絵里?」

にこ「もしもし、何?」

『にこ!今どこ?』

にこ「署にいるけど」

『じゃあ、穂乃果も一緒ね。すぐに来て』

にこ「一体何?」

『また通り魔による犯行よ』
78: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:26:46.43 ID:w/xThjzk.net
ーー

絵里「来たわね、二人とも」

にこ「海未がやられたってホント!?」

絵里「ええ」

穂乃果「怪我の具合は?」

絵里「横腹を深く刺されてるわ。今真姫の病院で治療中よ」
79: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:27:44.95 ID:w/xThjzk.net
にこ「海未がやられるなんて...」

絵里「第一発見者は海未のお母様。玄関先で血塗れで倒れてる海未を発見したらしいわ」

穂乃果「海未ちゃん...」

にこ「付近の目撃情報は?」

絵里「今捜査員に当たらせてるけど...怪しい人物の情報は上がってきてないわね」
80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:28:16.12 ID:w/xThjzk.net
プルルル

絵里「はい、絢瀬」

絵里「ええ...ええ、分かったわ」

ピッ

絵里「海未の治療が終わったわ。傷は深いけど命に別状はないみたい」

穂乃果「じゃあ直ぐに病院にー」

にこ「待ちなさい。今行っても会えるわけないでしょ」

穂乃果「そ、そっか」
81: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:28:54.10 ID:w/xThjzk.net
絵里「二人も聞き込みに行ってちょうだい。私は海未のお母様から話を聞くから」

にこ「分かったわ」

絵里「よろしくね」

にこ「って、ちょっと待って」

絵里「何?」

にこ「そもそもあんた何でここにいるのよ。課長が現場にいるなんておかしいわよ」

絵里「ちょっと用があってね。いいから行ってちょうだい」

にこ「なんか気になるわね...まあ、いいけど」

にこ「行くわよ穂乃果」

穂乃果「あいあいさー!」
82: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:29:21.19 ID:w/xThjzk.net
絵里「...」

絵里「...ふう」
83: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:29:47.60 ID:w/xThjzk.net
ーーー

にこ「ーそうですか。ありがとうございした」

にこ「はぁ~、全然手掛かりないわね」

穂乃果「そうだねぇ...」モグモグ

にこ「あんた...買い食い禁止って言われたでしょうが」

穂乃果「はっ!そうだった!絵里ちゃんには内緒してて~」

にこ「別にチクりゃあしないわよ」
84: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:30:23.04 ID:w/xThjzk.net
穂乃果「海未ちゃんが襲われて一週間...これだけ頑張って何一つ情報が得られないなんて...」

にこ「一体どうなってるのかしら...よし」

穂乃果「ん?」

にこ「海未の病院に行くわよ」
85: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:30:52.91 ID:w/xThjzk.net


にこ「こんにちは」

受付「はい。今日はどうされましたか?」

にこ「いえ、診療に来たんじゃないんです。私、こういう者で」

受付「警察...わかりました。少々お待ちください」
86: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:31:34.02 ID:w/xThjzk.net
穂乃果「海未ちゃん大丈夫かな...」

にこ「大丈夫ではないでしょ。お腹刺されてるんだし」

穂乃果「お、ローソンがあるよ。ちょっとからあげクンを...」

にこ「待たんかいコラ」グイッ

穂乃果「ぐえっ」
87: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:32:02.48 ID:w/xThjzk.net
真姫「なーにしてるのよ」

にこ「真姫」

穂乃果「おー、真姫ちゃん」

にこ「用は分かってるでしょ?」

真姫「海未でしょ?付いてきて」
88: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 18:32:38.03 ID:w/xThjzk.net
真姫「いい?面会時間は15分。それ以上は海未の負担になるからダメよ」

にこ「分かったわ」

スーッ

にこ「海未」

海未「ああ...二人とも」

穂乃果「海未ちゃん、大丈夫?」

海未「ええ、何とか...」
92: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:22:39.49 ID:w/xThjzk.net
にこ「早速で悪いけど、幾つか質問させてもらうわね」

海未「はい」

にこ「襲われた状況を簡単に教えてくれる?」

海未「ええと...あの日稽古を終えて、日課のランニングに行こうと思って」

穂乃果「稽古の後ランニング...相変わらずストイックだねぇ」

にこ「うるさい。海未、続けて」
93: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:23:02.32 ID:w/xThjzk.net
海未「それで...玄関から外に出た瞬間に、横から人影が飛び出してきて...」

海未「とっさのことで抵抗も出来なくて...お腹に衝撃を感じたところまでは覚えてるんですが」

海未「次に気がついたら病室でした」
94: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:23:35.41 ID:w/xThjzk.net
にこ「犯人がどんな格好してたとか覚えてる?」

海未「確か...黒っぽい格好をしてたような」

穂乃果「ふむ...」

海未「あと、多分女性だったと思います。確信はありませんが」

にこ「女性...まさか」

穂乃果「凛ちゃんを襲った犯人と同一犯かな」

にこ「可能性はあるわね」
95: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:24:05.52 ID:w/xThjzk.net
真姫「そろそろ時間よ」

にこ「分かった。キツイとこありがとうね」

海未「いえ...」

にこ「行くわよ穂乃果」

穂乃果「うん。海未ちゃん、必ず犯人捕まえるからね」

海未「...ええ、お願いします」

パタン
96: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:24:44.95 ID:w/xThjzk.net
真姫「さて、私も行くわね。後で回診に来るから」

海未「はい」

真姫「大人しくしとくのよ。ま、動けないだろうけど」

海未「分かってます...」

真姫「じゃあね、海未」

パタン

海未「...」
97: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:25:10.72 ID:w/xThjzk.net
ーーー

絵里「なるほど...同一犯ね」

にこ「まだ可能性の話だけどね」

絵里「でも十分に考えられるわ。その線で調べていくのもアリね」

にこ「そうね...ねぇ、絵里」

絵里「何?」
98: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:25:56.96 ID:w/xThjzk.net
にこ「あんた目の下すごいクマだけど、寝てないの?」

絵里「ああ...そうね。最近少し寝不足かも」

穂乃果「すっごい濃いね。人相悪いよ絵里ちゃん」

絵里「ほっといてよ。それより捜査を続けてちょうだい」

にこ「はいはい。無理するんじゃないわよ」

絵里「ええ、ありがとう」

穂乃果「次はどうするの?」

にこ「あんた少しは自分で考えなさい」

穂乃果「ふぁ~い」
99: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:26:23.51 ID:w/xThjzk.net
ーーー

にこ「ただいま」

シーン

にこ「...希?」

にこ「いないのかしら...」

にこ「希ー?」
100: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:27:15.94 ID:w/xThjzk.net
にこ「電気もついてないし...出掛けてるのかしら」

にこ「だったら連絡くらいしなさいよね...」

ドン!

にこ「わっ!」

にこ「このっ!」ブン!

ドタン!

にこ「誰よ!一体...」

希「たた...」

にこ「!希...!」
101: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:27:48.65 ID:w/xThjzk.net
希「ひどいなぁ、にこっち。投げ飛ばすなんて」

にこ「あんた何してんのよ!」

希「えへへ...」

にこ(!この臭い...)

にこ「あんた...酒飲んでるの?」

希「んー?」フラフラ

にこ「ほとんど飲めないくせに何で...」
102: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:28:15.85 ID:w/xThjzk.net
希「よっ」ガバッ

にこ「わっ、ちょ」

希「んむっ」ブチュッ

にこ「んん!」

希「あむ...ちゅ...れろ...」

にこ「んっ...ちょ...」
103: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:28:48.22 ID:w/xThjzk.net
希「ちゅ...にこっ...ち...」

にこ「んむ...ちょ!」ドン!

希「わっ!」ドテン

にこ「なに...するのよ...」ゴシゴシ

希「にこっち...しよう?」
104: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:29:18.81 ID:w/xThjzk.net
にこ「あんたどうしたのよ...様子がおかしいわよ」

希「いいからしよ!」

にこ「希?」

希「にこっちは、ウチのこと嫌いなん?」

にこ「何を...」
105: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:29:44.98 ID:w/xThjzk.net
希「答えてよ!ウチのこと好きなん?嫌いなん?」

にこ「それは」

希「ウチは...」フラッ

ドサッ

にこ「希!?」
106: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:30:18.94 ID:w/xThjzk.net
希「...すー...すー...」

にこ「何だ...寝たのね」

希「...すー...すー...」

にこ「...希」
107: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:30:55.72 ID:w/xThjzk.net
ーーー

不良A「ギャハハハハハハ!!」

不良B「オメーまじかよ!」

不良C「バッカじゃねーの?アッハッハッハ!」

コツ コツ コツ

A「んん?」
108: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:31:56.33 ID:w/xThjzk.net
絵里「あーあー...こんなに散らかして」

B「あん?誰だテメー」

絵里「ちょっとあなた達に訊きたいことがあるんだけど。いいかしら?」

C「はぁ?訊きたいこと?」

A「っていうか誰だよ」

B「こりゃまたすげー美人だなおい」
109: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:32:45.74 ID:w/xThjzk.net
絵里「私が誰かなんてどうでもいいわ。質問に答えてくれればいいのよ」

C「なんだぁ?随分上から目線だな」

B「それが人にものを頼む態度か?」

絵里「...」

A「そうだなぁ...答えてやってもいいけどよ。その代わり...」
110: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:33:22.44 ID:w/xThjzk.net
ガッ!

絵里「!」

A「ねぇちゃんがお礼してくれるなら考えてやるよ」

B「ギャハハ!いいねぇ!」

C「こりゃ上玉も上玉だせ!パツキンだしよ!」
111: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:33:52.76 ID:w/xThjzk.net
絵里「...ったく、仕方ないわね」

A「!いっ!」

絵里「手荒な真似はしたくなかったんだけ、ど!」ギリィィィ!!!

A「いてぇいてぇ!!腕がああああ!!」

絵里「騒ぐんじゃないわよ。男でしょうが」
112: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:34:19.41 ID:w/xThjzk.net
B「てめぇやんのかぁ!」

C「このアマァ!!」

絵里「ふん!」ブン!

A「うわぁ!」ビュン!

B「ぐっ!」ドゴン!

C「ぐあっ!」ドゴン!

絵里「大人しくしなさい。じゃないと全員動けなくするわよ」
113: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:34:46.72 ID:w/xThjzk.net
A「何だてめぇ...」

絵里「まだ足りなかったかしら?」

A「わ、分かった。答えるから」

絵里「いい子ね。それでいいのよ」
114: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:35:59.67 ID:w/xThjzk.net


絵里「それだけ?」

A「ああ」

絵里「他に知ってる事は無い?」

B「知らねぇよ。今言ったことが全部だ」
115: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:36:57.47 ID:w/xThjzk.net
絵里「そう。ありがとう」クルッ

絵里「早く帰りなさいよ。未成年が出歩いていい時間はとっくに過ぎてるわ」

絵里「じゃあね」

C「...」スッ

絵里「ああ、一つ言っておくけど」
116: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/25(金) 23:38:00.80 ID:w/xThjzk.net
C「!」

絵里「これ以上何かするつもりなら...しょっぴくわよ」ギロッ

C「ひっ!」ビクッ

絵里「分かったなら早く帰るのよー」フリフリ

コツ コツ コツ...

A「...今日は帰るか...」

BC「おう...」
119: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:51:26.37 ID:4d2/HSOZ.net
ーーー

にこ「おはよー...」

穂乃果「にこちゃんおはよ!」

にこ「朝からテンション高いわねー」

穂乃果「んふふ!今日は朝の占いで一位だったんだー!」

にこ「あ、そう...」

穂乃果「ちなみに蟹座は8位だったよ」

にこ「わざわざ言わなくていいわよ...ふぁ~あ」
120: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:52:00.18 ID:4d2/HSOZ.net
穂乃果「あれ、寝不足?」

にこ「ちょっとね...聞き込み行くわよー」

穂乃果「はーい」
121: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:52:28.33 ID:4d2/HSOZ.net


穂乃果「そうですか...ご協力ありがとうございました」

穂乃果「ここもだめか...うーん」

にこ「...」

穂乃果「にこちゃーん、次に...」

にこ「...」

穂乃果「にこちゃん?」
122: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:53:02.35 ID:4d2/HSOZ.net
にこ「...ああ、ごめん。どうだった?」

穂乃果「ダメだったよ。それらしき人物なんて見なかったって」

にこ「そう...」

穂乃果「次に行こうか」

にこ「ええ」
123: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:53:55.90 ID:4d2/HSOZ.net
穂乃果「ねぇ、にこちゃん」

にこ「何?」

穂乃果「ちょっとお願いがあるんだけど」

にこ「昼ごはんなら今日は奢らないわよ」

穂乃果「違うよー!」

にこ「違うの?だったら何よ」
124: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:55:10.26 ID:4d2/HSOZ.net
穂乃果「...今日さ、少し早く帰っていい?」

にこ「用事でもあるの?」

穂乃果「うん、ことりちゃんが帰ってくるんだ」

にこ「あらそうなの。それは早く帰ってやんなきゃね」
125: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:55:44.04 ID:4d2/HSOZ.net
穂乃果「いいかな?この忙しい時に...」

にこ「今日くらいいわよ」

穂乃果「ありがとー!にこちゃん!」ダキッ

にこ「こら!抱きつくな!」
126: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:56:13.50 ID:4d2/HSOZ.net
穂乃果「じゃあ、お先に」

にこ「ええ。ことりによろしく言っといて」

穂乃果「うん!」

タタタタ...

にこ「...さて、私はもう少し頑張りますかね」
127: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:56:41.08 ID:4d2/HSOZ.net
ーーー

穂乃果「ただいまー!」

穂乃果「...ありゃ?」

穂乃果「まだ帰ってきてないのかな...」
128: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:57:19.68 ID:4d2/HSOZ.net
~♪

穂乃果「ことりちゃんだ」

穂乃果「もしもし?」

『あ、穂乃果ちゃん?』

穂乃果「うん!どうしたの?」
129: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:58:00.90 ID:4d2/HSOZ.net
『ごめんね~、ちょっと仕事が遅れちゃって...帰るの遅くなりそう』

穂乃果「ありゃりゃ...そうなの」

『ほんとにごめんね。なるべく早く帰るから』

穂乃果「ううん、いいよ。待っとくから」

『ありがう。じゃあまた後でね』

穂乃果「はーい」

ピッ
130: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:58:32.88 ID:4d2/HSOZ.net
穂乃果「あらー...どうしようかな」

穂乃果「外食の予定だったけど...よっし、偶にはご飯作ってみよっと」

穂乃果「そうと決まればお買い物~っと」
131: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:59:10.68 ID:4d2/HSOZ.net
ーーー

ことり(ふう...やっと終わった)

ことり「穂乃果ちゃんが待ってるから早く帰らないと...」タッタッタッ

ことり「ふぅ、ふぅ、ふぅ...」タッタッタッ
132: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 00:59:58.28 ID:4d2/HSOZ.net
ザリ

ことり「ん?」

「...」

ことり「あれ?あなたは」

ドスッ

ことり「...え?」
133: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 01:00:49.83 ID:4d2/HSOZ.net
ズボッ

ことり「...あ...」

ドサッ

「...」

スタスタスタ...
137: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:30:40.55 ID:4d2/HSOZ.net
ーー

にこ「ふぅ...今日も大した収穫なし...」

にこ「もう帰ろうかしら...」

にこ「...ん?」

にこ「この路地...」
138: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:31:14.16 ID:4d2/HSOZ.net
にこ「狭いわね...」

ギャハハハハ!

にこ「ん?」

不良A「またかよオメー!」

不良B「馬鹿じゃねーの?ギャハハ!」

不良C「馬鹿じゃねーよ!アッハッハッハ!」
139: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:32:17.16 ID:4d2/HSOZ.net
にこ「あー、なるほど。ここ少し広場になってるのね」

不良A「あん?なんだこのガキ」

不良B「おいおーい、嬢ちゃーん。こんなとこに来たらダメでちゅよ~?」

不良C「帰ってママのおっぱいでも飲んでましょうね~」
140: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:33:04.22 ID:4d2/HSOZ.net
にこ「ねぇ、あんた達いつもここにいるの?」

A「あん?」

B「ガキの相手なんざしてらんねぇよ」

C「嬢ちゃん、とっとと帰りな。あぶねぇぞ」

にこ「ガキにガキって言われるとはね...はい」

A「んん?」

にこ「警察よ。ちょっと質問させてもらえる?」
141: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:34:02.62 ID:4d2/HSOZ.net
A「...ぶっ」

ABC「ギャッハッハッハッハッハッハ!!」

B「そうかーケイサツなんだねー」

C「立派でちゅねー」

にこ「はぁ...」
142: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:34:43.60 ID:4d2/HSOZ.net
にこ「...ん?」

A「その手帳はママに買ってもらったのかな?」

B「どこで買ったのー?トイ○らス?」

にこ「...ねぇ」

C「んん?」

にこ「今日ここに黒っぽい服の女来なかった?」

A「は?」

にこ「答えなさい。来たでしょ?」
143: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:35:26.13 ID:4d2/HSOZ.net
B「...知らねーな」

C「何だいきなり」

にこ「いや今日だけじゃないわね。ここ最近何回か来てるでしょ?」

A「...ガキは知らなくていいんだよ」

にこ「答えろっつってんでしょ」ギロッ

B「!」

C「このガキ...」
144: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:36:09.07 ID:4d2/HSOZ.net
にこ「答えないとしょっぴくわよ」

B「しょっぴく?」

C「てめぇ...まさかパツキンのねぇちゃんの知り合いか?」

にこ「パツキン?まさか絵里のこと?」

A「おいおいマジかよ...」

にこ「絵里は私の上司よ。なんであんた達が知ってんの?...ってまさか」

B「じゃあアンタは本物の警察官ってことかよ」

にこ「ええ。絵里がここに来たの?」
145: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:36:34.81 ID:4d2/HSOZ.net
A「ああ、つい一昨日な」

にこ「詳しく聞かせてちょうだい」
146: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:37:22.15 ID:4d2/HSOZ.net
ーーー

穂乃果「ことりちゃん遅いな...」

~♪

穂乃果「電話...ん?」

穂乃果「はい、高坂」

穂乃果「...え?」
147: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:37:53.20 ID:4d2/HSOZ.net
ドタドタドタ

穂乃果「はぁ...はぁ...」

真姫「穂乃果」

穂乃果「ことりっ...ことりちゃんは!」

真姫「出血がひどいわね...一命は取り留めたけど意識が戻らないわ」
148: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:38:24.04 ID:4d2/HSOZ.net
穂乃果「...!」ダッ

真姫「待ちなさい穂乃果!」

穂乃果「止めないで!ことりちゃんが!」

真姫「まだダメよ。今行っても会えないわ」

穂乃果「何でっ...!」

真姫「とにかく落ち着きなさい」

穂乃果「...!」
149: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:38:49.90 ID:4d2/HSOZ.net
真姫「あんたが焦っても仕方ないでしょう」

穂乃果「...そう、だね」

真姫「気持ちはわかるけど...今はことりを信じるしかないわ」

穂乃果「...うん」

穂乃果「ことりちゃん...」
150: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:39:53.23 ID:4d2/HSOZ.net
コツ コツ コツ

穂乃果「!」

絵里「穂乃果」

穂乃果「絵里ちゃん...何で」
151: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:40:41.01 ID:4d2/HSOZ.net
絵里「海未に用があって来ててね。そしたらことりが運ばれてきて...驚いたわ」

穂乃果「海未ちゃんに?」

絵里「ええ。ことりの事については連絡入ってるでしょう?」

穂乃果「うん...また通り魔だって。何でことりちゃんが」
152: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:41:08.01 ID:4d2/HSOZ.net
絵里「穂乃果。ことりがこんな時に悪いだけど私に付いてきて」

穂乃果「付いていく?どこに?」

絵里「それは...」
153: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:41:50.02 ID:4d2/HSOZ.net
ーーー

「...」

「...ふう、寒い」

コツ コツ コツ

「!」
154: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:42:45.59 ID:4d2/HSOZ.net
絵里「急に呼び出して悪いわね」

「...いや...」

絵里「久し振りね、元気?」

絵里「...希」
155: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 13:43:19.41 ID:4d2/HSOZ.net
希「うん、元気よ」

穂乃果「...希ちゃん...」

希「久し振りやね...」

希「絵里ち、穂乃果ちゃん」
159: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:03:00.93 ID:DjF5KWRM.net
希「で、用ってなんなん?」

絵里「単刀直入に聞くわ。通り魔の犯人はあなたね」

希「...何で?」
160: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:03:35.40 ID:DjF5KWRM.net
絵里「凛が襲われた場所と海未が襲われた場所は同じ通り。ことりが襲われた場所はその通りから二つの雑居ビルと民家を挟んだ一本となりの通り」

絵里「この二本の通りの間には路地とも言えないビル同士の狭間の小さな通り抜けられる道があるわ」

絵里「ここは危険だから立入禁止なんだけど...最近不良少年達の溜まり場になってるの」

絵里「凛や海未達を襲ったあなたはこの路地にすぐに逃げ込んで、着けていた帽子やマスクを通り抜ける間に外して、反対側から出ていたの」
161: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:04:59.20 ID:DjF5KWRM.net
絵里「犯行時刻の直後に周辺の住民からあなたの目撃証言が取れたわ」

絵里「あなたは地元の方達とは仲がいいからね。怪しいとは思われない」

希「...」

絵里「でも、路地に溜まっていた少年達から聞けたわ。あなたがここ数日、あそこで帽子とマスクを外して歩いていくのを何回か見たと」
162: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:05:28.71 ID:DjF5KWRM.net
絵里「そして、三人を切りつけた凶器だけど...」

絵里「今あなたが懐に隠し持ってる包丁ね。調べれば凛たちの血液が採取されるはずよ」
164: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:06:06.61 ID:DjF5KWRM.net
希「...ふ」

希「うふふ...ふふっ、流石やねぇえりち」

希「そうや。三人を襲ったのはウチ」

穂乃果「何で...」

希「なんで?そんなん決まってるやん。にこっちをウチの元に取り返す為よ」

穂乃果「取り返す?」
165: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:06:42.01 ID:DjF5KWRM.net
希「自分たちが悪いんよ。ウチからにこっちを奪うから...ウチの前からにこっちを連れてくから!」

絵里「...」

希「どうやった穂乃果ちゃん?大事な大事なことりちゃんがいなくなるもって恐怖は。ウチの気持ちが少しはわかったやろ?」
166: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:07:23.81 ID:DjF5KWRM.net
穂乃果「な、に...をおおおおお!!」ダッ

絵里「穂乃果!」

希「動くな!」バッ

穂乃果「!」

絵里「希!」

希「動いたら...喉を切って死ぬ」

穂乃果「...!」

絵里「何をして...」

希「ウチを逮捕していいのはにこっちだけや。それ以外の手にはかからん」
167: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:08:07.47 ID:DjF5KWRM.net
絵里「...穂乃果、にこを呼んで」

穂乃果「絵里ちゃん...!」

絵里「早くしなさい!」

穂乃果「分かった」

希「そうそう、それでいいんや」
168: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:09:26.16 ID:DjF5KWRM.net
絵里「...一つ聞くわ。ことりを襲った理由は分かった。でもなんで凛たちを襲ったの?あの子達は関係ないでしょう」

希「おおアリや。凛ちゃんはともかく、花陽ちゃんのお店にはにこっちがよく行くやろ?つまりにこっちを奪ってるのも同然」

絵里「にこは自分の意思で行ってるのよ。言いがかりも甚だしいわね」

希「そんなん知らん!とにかくあの2人がにこっちを奪ってることには変わりはない!」

絵里「希!話を...」

希「海未ちゃんも許せんかったからなぁ。ことあるごとに騒ぎを起こしてにこっちを呼びつけて」
169: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:10:05.39 ID:DjF5KWRM.net
絵里「...海未はね、襲われた時あなたのこと気づいていたのよ。でも、黙っていたのよ、にこの為を思って。だから私だけに話してくれたの」

希「へぇ、そりゃ飛んだ大きなお世話やねぇ。ウチはにこっちに逮捕されるためにやってたんやから」

絵里「逮捕されるためって...あなた何を」

希「だから言ったやろ?にこっちを取り返すためやって」

絵里「行動が支離滅裂よ。にこを取り戻すために犯罪を犯すなんて意味がわからないわ」
170: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:10:54.25 ID:DjF5KWRM.net
希「恋人が自分の為に犯罪を犯したとなれば、警察ににこっちの居場所はなくなる。そしたらにこっちは辞めざるをを得んくなるやろ?ついでに逮捕したのが自分っていうのが罪悪感に拍車を掛けさすんや。刑事を辞めたらもうにこっちをウチから奪う人間は居なくなる」

希「でな、ウチ閃いてん。どうせ犯罪を犯すなら、にこっちを奪ってた奴らにもウチと同じ思いをしてもらおうと」

希「海未ちゃんもホントは家族の誰かにするつもりやったんやけど...運悪く本人に遭遇してしまってな。ま、別に本人でもいいかなって思ってそのままやったんよ」

絵里「あなた...!」

希「後はにこっちに逮捕されるだけ...なんやけど、その前に」
171: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:11:56.81 ID:DjF5KWRM.net
希「」ダッ

絵里「!くっ!」ガシッ

穂乃果「絵里ちゃん!」

希「えりち...あんたをやらんと気がすまん...!」
172: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:12:33.97 ID:DjF5KWRM.net
穂乃果「絵里ちゃんを離せええええ!!」ダッ

希「ふん!」ドゴッ!

穂乃果「がふっ!」ドサッ

絵里「穂乃果!このっ!」ブン!

希「おっとっと」パッ
173: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:13:13.59 ID:DjF5KWRM.net
穂乃果「げほっ、げほっ...」

絵里「大丈夫?」

穂乃果「う、うん...平気」

絵里「気をつけて。希は腕っ節ではにこや私に劣らないわよ」
174: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:14:15.55 ID:DjF5KWRM.net
絵里「本当に昔から変わらないわね希。自分の思い通りにならないことはどんな手を使ってでも思い通りにする」

絵里「あなたの思考は危険すぎる。だからにこのあなたが結ばれるのは反対だったのよ」

希「なーに?それはにこっちをウチに取られた妬みかな?」

穂乃果「え?」

絵里「違う!あなたのその思考は周りを...にこを不幸にする!だから私は...!」
179: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:38:49.20 ID:DjF5KWRM.net
穂乃果「絵里ちゃん?今の希ちゃんの言ったことって...」

絵里「それは...その」

希「ウチが教えてあげるよ、穂乃果ちゃん」

絵里「希!」
180: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:43:54.53 ID:DjF5KWRM.net
希「絵里ちもな、にこっちのことが好きやったんや」

絵里「ちょっと!」

穂乃果「絵里ちゃんも?」

希「うん。にこっちもそれに気づいとった。でもなぁ」

絵里「...!」

希「にこっちはね、ウチを選んだんよ。絵里ちはウチに恋で負けた負け犬なんや」

穂乃果「え...」

絵里「...希...」
181: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:44:21.98 ID:DjF5KWRM.net
希「にこっちは絵里ちじゃなくて、ウチを選んだんや。なのに...なのにいつまでもにこっちにベタベタベタベタくっつき回って鬱陶しいんよ、自分」

希「そのタラタラの未練、今ここで断ち切ってあげる」ダダッ

穂乃果「来た!」

絵里「くっ...あなたって人は!」バッ
182: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:44:45.41 ID:DjF5KWRM.net
ガシッ!

希「!」

にこ「止まりなさい希」

絵里「にこ!」

穂乃果「にこちゃん!」
183: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:45:17.79 ID:DjF5KWRM.net
ザザザッ

警官A「確保します」

にこ「待ちなさい。私がいいと言うまで動かないで」

警官B「警部補、しかし」

にこ「いいから!」

警官A「...分かりました」
184: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:45:48.52 ID:DjF5KWRM.net
希「にこっち...やっと来てくれたんやね」

にこ「あんた...何してるのよ」

希「にこっち、ウチはな。にこっちを取り戻そうと思って」

にこ「取り戻すも何も私は誰にも取られてないわよ」

希「いいや、あそこにいる二人に取られてる。他にもいろんな人に...だからウチは取り戻す為に頑張ってん」
185: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:46:25.29 ID:DjF5KWRM.net
希「後はな、絵里ちを消せば...」

にこ「やらせないわよ。あんたは今ここで逮捕する」

希「まだや!まだ!にこっちの為に...!」

にこ「いい加減にしなさい!」グイッ

にこ「これ以上罪を重ねるんじゃないわよ...!」
186: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:46:52.17 ID:DjF5KWRM.net
希「にこっち...?何で...何でそんな目するん?ウチは...ウチはただにこっちの恋人として」

にこ「今の私たちは恋人じゃないわ」

希「!」

にこ「ただの犯罪者と刑事よ」
187: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:47:34.69 ID:DjF5KWRM.net
希「そんな!何でそんなこと言うん!?ウチほ恋人や!にこっちのこいび」

ガチャリ

にこ「23時14分。銃刀法違反の容疑で現行犯逮捕」

希「にこっち!まだ待って!にこっー」

にこ「連れて行きなさい」

警官AB「はっ!」
188: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:48:16.53 ID:DjF5KWRM.net
希「にこっちぃぃぃ!!ウチの、ウチの話をー!」

警官A「ほら、乗れ!」

警官B「暴れるな!」

希「まだや!まだウチは」

バタン

ブゥゥゥゥン...
189: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:49:04.19 ID:DjF5KWRM.net
プルルル

絵里「はい、もしもし」

絵里「!そう、よかった...」

絵里「ええ、また」ピッ

絵里「ことりの意識が戻ったわ」

穂乃果「ホント!?良かった...」

絵里「直ぐに迎えを呼ぶわ。早く行ってあげなさい」

穂乃果「うん!」
190: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:49:35.55 ID:DjF5KWRM.net
にこ「...」

絵里「にこ...」

にこ「ああ...返しそびれたわこれ」

絵里「それは...希のシュシュ?」

にこ「あの路地に落ちてたのよ」

絵里「そういえば、今日はお下げじゃなかったわ」
191: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:50:02.96 ID:DjF5KWRM.net
にこ「...」ゴソ

にこ「...結局渡せなかったわね」

絵里「それって...」

にこ「誕生日プレゼントよ。サプライズで渡そうと思ってたんだけど...」

絵里「...指輪?」

にこ「ええ...慣れないことをするもんじゃないわね」

穂乃果「にこちゃん...」
192: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:50:33.38 ID:DjF5KWRM.net
絵里「...にこ、やっぱり希は」

にこ「あの子は純粋なのよ。純粋で...子供なの」

にこ「ワガママが過ぎる子供」

にこ「でも、そういうところが私は好きなの」
193: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:51:10.09 ID:DjF5KWRM.net
にこ「あんたの時に厳しくて、そして誰よりも優しい性格も嫌いじゃないわ。むしろ好きよ」

絵里「にこ...」

にこ「でもね...私が本当にそばにいたいと思ったのはあの子よ」

にこ「希のそばに居てワガママを聴いてあげたかったの」

にこ「全然そばにいてあげられなかったけどね...」
194: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:51:40.61 ID:DjF5KWRM.net
ーーー

にこ「今までお世話になりました」

絵里「もう考え直してはくれないのね?」

にこ「ええ...悪いけど」

にこ「本日付で退職します」
195: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:52:11.75 ID:DjF5KWRM.net
絵里「...分かったわ、もう止めない」

にこ「...絵里」

絵里「寂しくなるわね...」

にこ「私のことは気にしないで、あんたはバンバン出世しなさい」

絵里「気にするに決まってるでしょ。同期が辞めて平気な顔出来るわけないじゃない」

にこ「それもそうよね...ごめんなさい」
196: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:52:43.19 ID:DjF5KWRM.net
絵里「いいえ...にこ」

にこ「ん?」

絵里「今までありがとう」

にこ「こちらこそ。ありがとう」

ガチャ

にこえり「!」

穂乃果「矢澤警部補!」

にこ「穂乃果...」
197: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:53:32.61 ID:DjF5KWRM.net
穂乃果「本日までのお務め本当ににお疲れさまでした!そして、今まで本当にお世話になりました!」

穂乃果「私、高坂穂乃果巡査部長!矢澤警部補から受け継いだ想いを...」

穂乃果「想いを...むね、に...ひぐっ」ポロッ

絵里「穂乃果...」
198: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:54:01.07 ID:DjF5KWRM.net
穂乃果「想いを...胸に、しっかり、刻んで!市民の平和を...平和を守ることを誓います!」ポロポロ

穂乃果「今まで...んふっ...ほんとに...!」

穂乃果「本当にありがとうございました!!」
199: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:54:51.19 ID:DjF5KWRM.net
にこ「...バカ。全然ちゃんと言えてないじゃない...」ツーッ

絵里「全く...穂乃果は...」ポロ

穂乃果「うぇ...ぐすっ...にこちゃーーーーーん!!」ガバッ

にこ「穂乃果!」ダキッ
200: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:55:18.51 ID:DjF5KWRM.net
穂乃果「にごぢゃーーん!ざみじいよぉぉぉ...」オーイオイオイ

にこ「しっかしなさい...これからは私がいなくてもしなきゃいけないんだから...」

穂乃果「うん...分かってる...!」
201: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:56:08.96 ID:DjF5KWRM.net
にこ「ドジ踏むんじゃないわよ?」

穂乃果「うん!」

にこ「居眠りするんじゃないわよ?」

穂乃果「うん!」

にこ「買い食いしすぎて絵里を怒らすんじゃないわよ?」

穂乃果「うん!」

にこ「ことりによろしくね。もう危険な目に合わせちゃダメよ」

穂乃果「うん!」

にこ「しっかり頑張りなさい!あんたはやれば出来るんだから!」

穂乃果「うん!うん!」
202: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:56:59.66 ID:DjF5KWRM.net
にこ「絵里。穂乃果をよろしく頼むわね」

絵里「ええ、任せてちょうだい」

にこ「じゃあまた会いましょう。絵里、穂乃果」

絵里「さようなら、にこ」

穂乃果「またね、にこちゃん!」
203: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:57:30.67 ID:DjF5KWRM.net
ーーー

にこ「はぁ~あ...泣き疲れた」

にこ「全く穂乃果は...」

にこ「...」

にこ「...ふう」
204: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:57:57.69 ID:DjF5KWRM.net
にこ「さて、夕飯の買い物して帰りましょう」

にこ「あ、やば。スーパーのタイムセール始まる!急がなきゃ」

タッタッタッタ...

ー終ー
205: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 01:58:35.32 ID:DjF5KWRM.net
終わり
いろいろガバガバな所は見逃して下さい
レスありがとう

ではでは
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「刑事矢澤にこよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。