サザエ「ラブライブ?」

シェアする

ロゴ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:35:02.73 ID:wWC8+lbT.net
サザエ×ラブライブ!

元スレ: サザエ「ラブライブ?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:35:57.74 ID:wWC8+lbT.net
『カツオ、隠れライバー』


【学校】

カツオ「おはよー!」


中島「それでさ…」

かおりちゃん「へー!すごいー!」

カツオ「ん?何の話をしてるの?」

中島「あ、磯野!聴いてくれよ!
今度の日曜、近くのショッピングモールにμ'sが来るんだって!」

カツオ「え、μ'sが!?」

花沢さん「あら。磯野君、μ'sを知ってるの?」

カツオ「え!あ、いや、知らないよ。何それ?」

中島「μ'sっていうのは、今1番人気のスクールアイドルなんだ!」

早川さん「そのμ'sが、イベントの為に、この町へ来るそうよ!」

カツオ「…へぇー。そうなんだ」

かおりちゃん「磯野君も一緒に観に行かない?」

カツオ「…僕は、遠慮しておくよ。そういうの、興味ないし」

中島「そっか。つまんねぇー野郎だな。
じゃあ僕たちだけで観に行こっか!」

かおりちゃん「うん!」



カツオ(μ'sが、この町に…!)
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:36:51.30 ID:wWC8+lbT.net
【家】

ガラガラガラ

カツオ「ただいまぁー!」

サザエ「おかえり。カツオ、冷蔵庫にプリン置いてあるから」

カツオ「後で食べる!」

ダッダッダッダッ



サザエ「どうしたのかしら?
帰ってきたら一目散に部屋へ駆け込んで…。
何か、怪しい…」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:37:35.90 ID:wWC8+lbT.net
カツオ「まさか、ライブ以外でμ'sに会えるなんて…!」

カツオ「こうしちゃいられない!
当日の為に、物販のお金を用意しないと…!」


サザエ「何を用意するって?」

カツオ「うわぁ!姐さん!」

サザエ「私に隠し事は通用しないわよ!
さ、白状しなさい!」

カツオ「隠し事って…。僕は何も隠してないよ」

サザエ「ウソおっしゃい!
今、お金を用意しなきゃとか言ってたでしょ」

カツオ「そ、それは…」

サザエ「…言わないと、プリンはなしよ?」

カツオ「そ、そんなぁー!ヒドイよ姐さん!」

サザエ「さ、そろそろ言う気になったかしら?」

カツオ「………わかったよ。全部話す」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:38:00.41 ID:wWC8+lbT.net
サザエ「μ's?」

カツオ「そう。今1番人気のスクールアイドルグループなんだ。
メンバーは9人。ちょうど野球ができる人数」

サザエ「ふーん。で、カツオはそのμ'sのファンなのね?」

カツオ「うん!
μ'sのCDは全部買い揃えてるし、
イベントやライブの情報も欠かさずチェックしてるんだ!」

サザエ「あー!最近テストで100点ばかりをとって、父さんから
おこずかいを貰ってると思ったら、そういうことだったのね!」

カツオ「μ'sの為なら、僕は200点だってとれるよ!」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:38:36.84 ID:wWC8+lbT.net
カツオ「姐さん。お願いがあるんだけど」

サザエ「聞かなくてもわかるわよ。
どうせ、お金のことでしょ」

カツオ「さすが姐さん!
僕の予想では、イベント後に、
物品販売かサイン入りCDの即販会があると思うんだ。
だから、その分のお金を…!」

サザエ「はいはい。それで、いくらぐらい必要なの?」

カツオ「大体、1000円くらいかな…?」

サザエ「1000円!?そんなにするの?」

カツオ「本当は1000円でも足りないくらいなんだよ?
だけど僕は、それを抑えて、たったの1000円を要求してるんだ」

サザエ「…わかったわ。大事に使いなさいよ?」

カツオ「わーい!姐さんありがとー!」

サザエ「ほんと、調子いいんだから」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:39:24.32 ID:wWC8+lbT.net
【夜】

「いただきまーすっ!」

波平「知っておるか?
今度の日曜、近くのショッピングモールに有名人が来るらしいぞ」


カツオ(μ'sのことだ…!)


マスオ「あぁー!僕も聞きました!アイドルグループですよね?
確か名前は、み、みゅー…」

サザエ「μ'sでしょ」

マスオ「そうそう。μ'sだ!サザエ、知ってるのかい?」

サザエ「ええ。さっき、カツオが…」


カツオ(姐さん!)

サザエ(あ、ごめん…。ついうっかり…)
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:40:16.11 ID:wWC8+lbT.net
タラちゃん「カツオにいちゃんも、みゅーずを知ってるですか?」

カツオ「う、うん。今、うちのクラスで話題だからさ…」

ワカメ「私のクラスでも、その話題で持ちきりよ!」

波平「ほう。そんなに有名なのか。母さんは知っとるか?」

フネ「いえ、私も」

マスオ「僕たちの世代よりも、若い世代に人気なんですね!」

サザエ「ほんとねー?」

カツオ「う、うぅ…」



タマ「ミャアオー」

タラちゃん「タマも、みゅーずを知ってるみたいですぅ」

ワカメ「タマもμ'sのイベントに行きたいのかしら?」

タマ「ミャオアー?」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:41:24.69 ID:wWC8+lbT.net
【翌日、学校】

「おまえ、μ'sで誰推し?」

「俺はやっぱ、凛かな。おまえは?」

「俺は花陽推し~!」

「おまえ、花陽推しかよ!似合わね~!」

「おまえこそ、凛推しとかダサすぎ!」

「なんだとぉ!」



カツオ(ふん、にわかめ。
推しで争ってるような奴らは、みんなにわかだ)

カツオ(本物のファンなら、誰推しだろうと仲良くできるからね)
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:42:02.97 ID:wWC8+lbT.net
中島「ねえねえ!みんなはμ'sで誰推し?」

花沢さん「私はにこちゃんね。あの可愛らしさには敵わないわ!」

早川さん「私は海未ちゃんよ。
大和撫子って感じがして、かっこいいから!」

かおりちゃん「私は…、ことりちゃんかしら。
あの可愛らしい声に包まれたいわ!」


カツオ(かおりちゃんは、ことりちゃん推しか…。
確かに、あの掴み所のない愛らしさには惹かれるものがあるよね)


花沢さん「中島君は誰推しなの?」

中島「僕?僕はね~。そうだな~。みんな可愛いからな~!」


カツオ(早く言えよ!)


中島「うーん。やっぱり僕は、穂乃果ちゃんだね!」


カツオ(中島は穂乃果ちゃん推しなのか…)

カツオ(僕と、同じじゃないか…!)
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:43:02.42 ID:wWC8+lbT.net
中島「磯野。おまえはμ'sで誰推しなんだ?」

カツオ「え、僕?」

花沢さん「昨日も言ってたじゃない。
磯野君はμ'sを知らないって」

カツオ「う、うん。全然知らないや」

中島「そっかー。磯野は希か絵里推しだと思ったんだけどなー」

カツオ「え?どうして?」

中島「だって、さ。………ぐふふ…」


カツオ(こ、こいつ!希ちゃんと絵里ちゃんのことを、
やらしい目で見てるのか…!)

カツオ(このエロガッパめ…!)
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:44:02.11 ID:wWC8+lbT.net
【家】

ワカメ「どうしたの、お兄ちゃん?
帰ってきてから、ずっと不機嫌よ」

カツオ「あのクラスの連中は駄目だ。まるでわかってない!」

ワカメ「それ、何の話?」

カツオ「…趣味嗜好の話」

ワカメ「ふーん。私のクラスもね、最近は喧嘩ばっかりなの」

カツオ「喧嘩?なんでまた、そんなことが?」

ワカメ「私にはよくわからないんだけど、
ずっと、オシがどうとかって、言い合ってるの」

カツオ「ワカメのクラスもか!」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:45:37.26 ID:wWC8+lbT.net
ワカメ「オシって何かしら?
それは、喧嘩しなきゃいけないくらいに、大事な物なの?」

カツオ「………ワカメ。推しっていうのは簡単に言うと、
自分が好きなものを、はっきりと主張することだ」

ワカメ「好きなものを?
じゃあどうして、喧嘩になっちゃうの?」

カツオ「自分が好きなものと、相手が好きなものが違うとな…。
例えば、犬が好きな子と、猫が好きな子がいても、
お互いに話が合わないだろう?
推しも、それと同じなんだ」

ワカメ「それなら、その話をしなければいいじゃない」

カツオ「それが、そうもいかないんだ。
マグロのトロが好きな人と、赤身が好きな人がいたら、
二人が話しているのはマグロの話なのに、肝心な所が食い違う。
そんな風に、推しの話も、お互いに食い違って、
結局、喧嘩になっちゃうわけさ」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:47:21.77 ID:wWC8+lbT.net
カツオ「でもな。本当のファンなら、
例え推しが違ったとしても、受け入れられるはずなんだ」

ワカメ「でも、みんな喧嘩ばっかり」

カツオ「自分と違う推しの人を受け入れられないのは、
ファンじゃないからだ。つまり、にわかなんだ。
にわかに、μ'sを語る資格はない!」

ワカメ「そっか!あの人たちは、にわかなんだ!」

カツオ「そう。だからもう気にすることはない」



ワカメ「あれ?今お兄ちゃん、μ'sって言わなかった?」

カツオ「せ、石けんの方だよ」

ワカメ「…変なお兄ちゃん」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:48:02.42 ID:wWC8+lbT.net
【夜】

「いただきまーすっ!」

波平「今度の日曜日、みんな予定は空いとるか?」

マスオ「はい。僕は大丈夫です」

ワカメ「私も空いてるわ」

タラちゃん「ぼくもひまです」

タマ「ミャアオー」

タラちゃん「タマもひまです」


サザエ「私も、特に予定は無いけど…」

カツオ「………」

波平「もしよければ、家族みんなで、
みゅーずとやらを観に行こうとおもってな」

カツオ「え…」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:49:01.99 ID:wWC8+lbT.net
サザエ「あら、いいじゃない!」

マスオ「いいですね!僕も、気になってはいたんです」

ワカメ「やったー!μ'sに会えるー!」

タラちゃん「わーいですぅ!」

フネ「久しぶりに家族揃ってのお出掛けですね」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:50:03.47 ID:wWC8+lbT.net
カツオ「………」

波平「どうした、カツオ?
あまり乗り気ではないか」

サザエ「どうしたのよ?こういう時、1番喜びそうなのに」

カツオ「そ、そんなわけないよ!」

マスオ「カツオ君は、アイドルはあまり好きじゃなかったかい?」

カツオ「そういうわけじゃないけど…。
そ、その日は、中島たちと、野球する予定だからさ!」

波平「そうか。残念だな」

ワカメ「えー!私、μ's観に行きたいー!」

タラちゃん「ぼくもみたいですぅ!」

サザエ「じゃあ、カツオ抜きで観に行きましょう」

フネ「それだと、折角の一家団欒が…」


カツオ「僕は姐さんの意見に賛成だよ!」

波平「カツオ。いいのか?」

カツオ「もともと、アイドルに興味があったわけでもないし…」

サザエ「カツオ…」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:51:02.39 ID:wWC8+lbT.net
ワカメ「…」

カツオ「…」

ワカメ「お兄ちゃん。もう寝た?」

カツオ「…起きてるよ」

ワカメ「お兄ちゃん、本当にいいの?」

カツオ「何が?」

ワカメ「μ'sよ。本当に観にいかなくて、いいの?」

カツオ「いいんだよ。

………一人で観に行くから」

ワカメ「え?何か言った?」

カツオ「いいや、何も。おやすみ」

ワカメ「…おやすみ」
24: >>1(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:14:06.54 ID:6RZNB0Yk.net
【日曜日、イベント当日】

カツオ「それじゃあ、行ってきます!」

サザエ「あ、カツオ!」

カツオ「な、何さ!?」

サザエ「………精一杯、楽しんでらっしゃい」

カツオ「姐さん…」



カツオ(やっぱり、姐さんには全部、お見通しだな…!)
25: >>1(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:16:03.57 ID:589JuN6t.net
カツオ(ふぅ…。一旦落ち着こう)

カツオ(イベントは12時から。まだ時間は2時間もある)

カツオ(…改めて、作戦を確認しておこう)


カツオ(まずは、サングラスとマスクと帽子の着用。
知り合いにバレたら、二度と学校に行けなくなるからね…)

カツオ(ショッピングモールの大広間に着いたら、
ステージの前列のポジションを確保しておく。
プロライバーなら、数時間前からのポジショニングは当たり前だ)

カツオ(それからは、イベントが始まるまで、ひたすら待つ!)

カツオ(イベントが始まっても、落ち着きを持って興奮すること。
決して暴れたり、目立つような動きはとらないこと。
もしかしたら、知り合いや家族にバレるかもしれないからね…)

カツオ(そして、イベント終了後。
速やかにCD物販ゾーンで商品を購入し、家へと帰る!
買ったものはすぐに、誰も見つけられない場所へ隠す!)


カツオ(ここまで脳内シミュレーションできたら問題ない!)

カツオ(要は、誰にもバレなければいいんだ)

カツオ(慎重に、慎重に………)
27: >>1(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:16:49.84 ID:589JuN6t.net
「ね、ねえ。…そこの君」

カツオ「え?」

「この近くに、ショッピングモールってあるかな?」

カツオ「はい、ありますよ」

「そっか!よかったー。ありがとね!」



カツオ(変な人だな…。
サングラスにマスクに帽子をかぶって、いかにも怪しいよ)

カツオ(………って、僕も同じか…)
28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:17:32.15 ID:589JuN6t.net
怪しい人「…あれ?道、どっちだったっけ…?」

カツオ「………あの、ショッピングモールに行くんですよね?
よければ案内しましょうか?」

怪しい人「え、ほんとに!?いいの?」

カツオ「僕もちょうど、ショッピングモールに
向かうところだったので」

怪しい人「ありがとー!助かるよ!
これで、イベントに間に合うはず…!」

カツオ「え…?」
29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:18:46.31 ID:589JuN6t.net
カツオ(今、この人、イベントって言った…?)


カツオ「あなたも、μ'sのイベントを観に行くんですか?」

怪しい人「え?………あー、うん。そうだよ。
今から、μ'sを観に行くの!」

カツオ「奇遇ですね。僕も、μ'sを観に行くところなんです!」

怪しい人「えー、ほんとにー?
そんな怪しい格好して?」

カツオ「あなたの格好も怪しいですよ」

怪しい人「…あ、そっか。私も変装してたんだった…。えへへ!」



カツオ(この人も、身内にバレたくないから変装してるのかな)

カツオ(…それにしても、どこかで見たことあるような………)
30: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:25:34.98 ID:589JuN6t.net
カツオ「この商店街を抜けると、近道になるんです」

怪しい人「へー、そうなんだ。
君は、この辺の人?」

カツオ「はい、そうです。
生まれた時からずっと、この町で暮らしてます」

怪しい人「…いい町だね」

カツオ「そうですか…?」

怪しい人「うん!絶対にいい町だよ!
私、そういうのわかるもん!」
31: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:26:12.81 ID:589JuN6t.net
カツオ(このお姉さん、可愛い声だなぁ…)


怪しい人「あ、信じてないなー?ほんとなんだからね!」

カツオ「え?あ、はい!」


カツオ(このお姉さん、きれいだな………)
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:27:04.76 ID:589JuN6t.net
怪しい人「ねえねえ。変なこと聞くけど、君はμ'sで、誰が好き?」

カツオ「えっと、僕が誰推しなのかってことですか?」

怪しい人「あー、そうだね。推しだよ、推し」

カツオ「僕は、…穂乃果ちゃん推しです」

怪しい人「え、ほんと!?やった!」

カツオ「どうしてお姉さんが喜んでるの…?」

怪しい人「え?あ、あはは…。ついつい…」
33: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:27:47.50 ID:589JuN6t.net
カツオ「お姉さんは、誰推しなんですか?」

怪しい人「え、私?」

カツオ「はい。誰推しですか?」

怪しい人「そうだね。私は………。みんな、好きだよ」

カツオ「箱推し、ですね」

怪しい人「箱…、うん。たぶんそれ!」


カツオ(箱推しか…。平和案だな…)
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:28:43.65 ID:589JuN6t.net
カツオ「着きましたよ。ここがショッピングモールです」

怪しい人「ああ、よかった。ちゃんと着いたー!
案内してくれてありがとう!それじゃ、私は行くね」

カツオ「え?イベント会場はこっちですよ?」

怪しい人「ごめんね。
…みんなが、呼んでるから」


「穂乃果ちゃん~!早く~!」
「遅いですよ!急いでください!」
「穂乃果ー!」


カツオ「………え?ホノカって…、ええ!?」

穂乃果「騙しててごめんね?
それじゃ、今日は楽しんでいってね!」


「ほら、急いで!」
「あー!待ってよ~!」



カツオ「今の人…、穂乃果ちゃん………!?」
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:29:25.43 ID:589JuN6t.net
ワカメ「わー!人がいっぱい!」

マスオ「すごい混み合いですね!」

波平「ステージも何も見えないじゃないか!」

タラちゃん「ここに、みゅーずがいるですか?」

サザエ「ええ。12時になったら始まるわよ」

ワカメ「んー!見えないわー!」

波平「仕方ない。わしが肩車してやろう」

ワカメ「ありがとー、お父さん!」

波平「ふ、ふぐあああ!」

フネ「あなた!」
37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:30:41.30 ID:589JuN6t.net
「それでは、今大人気のスクールアイドル、μ'sの登場です!」


カツオ(………結局、あんまりいい場所につけなかった…)


穂乃果『みんなー!今日は私たちの為に集まってくれて、
ほんとうに、ありがとーーー!』

「うおおおおおおおお!!!」


カツオ(穂乃果ちゃんだ…!)


穂乃果『ん?』


カツオ(あ、こっち見た…)


穂乃果『ふふっ♪今日は一段と、盛り上がっていくよー!』

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
38: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:31:26.43 ID:589JuN6t.net
「今、俺穂乃果と目が合った!」

「はあ?俺のことを見てたに決まってんだろ!」

「なんだとぉ!」



『それぞれが好きなことで頑張れるなら~♪』

「はい!さい!はい!さい!」



カツオ「穂乃果ちゃん…!」
39: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:32:25.82 ID:589JuN6t.net
【家】

ワカメ「結局、全然見れなかったー」

タラちゃん「ぼくはみえたです!」

マスオ「僕が肩車してあげたからねぇ~!」

サザエ「何も見えなかったけど、楽しかったわー」

フネ「ええ。若いって、いいですね」

波平「…それより、カツオはどうしたんだ?」

サザエ「帰ってから、ずっと部屋に篭りっきりなのよ」

タラちゃん「しんぱいですぅ」

ワカメ「大丈夫よ。お腹が空いたら、部屋から出てくるわ」

サザエ「それもそうね」


ピンポーン


マスオ「こんな時間に、誰だろう?」

サザエ「はーい!今出まーす!」
40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:33:08.18 ID:589JuN6t.net
カツオ「………」


カツオ(あー!僕は何やってるんだ!)

カツオ(いい場所も取れなかったし、CD物販も買えなかったし…)

カツオ(…それに、まさかあのお姉さんが、
穂乃果ちゃんだなんて………)

カツオ(あー!僕のバカ!サインだけでも貰えばよかったー!)

カツオ(もう二度と、会う機会なんてないよな………)

カツオ(…今夜は、ライブの映像でも見よう)
41: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:33:52.57 ID:589JuN6t.net
カツオ(…それより、お腹空いたな。ごはん食べよう)



「………それじゃあ、よろしく伝えておいてください!」

「ええ。わざわざ家まで来てもらって、ありがとうね」

「いえいえ!それでは、失礼します!」

「また、ライブしに来てね!」

ガラガラガラ
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:35:27.24 ID:589JuN6t.net
カツオ「………誰か来てたの?」

タラちゃん「みゅーずのおねえちゃんですぅ!」

カツオ「え?μ'sの?」

タラちゃん「まんなかでおどってた人ですぅ!」

サザエ「穂乃果ちゃんが、わざわざ家まで出向いてくれたのよ」

カツオ「ええ!穂乃果ちゃんが!?それならそうと言ってよ!」

ワカメ「もう帰っちゃったけどね」

カツオ「なんで僕を呼んでくれなかったのさ!」

サザエ「だって、呼ばなくてもいいって言われたんだもの」

カツオ「………」

タラちゃん「これ、おねえちゃんからのプレゼントですぅ」

カツオ「え…?僕に?」

サザエ「あんた、道に迷ってる穂乃果ちゃんを助けたんだって?
偉いことするじゃない!
そのプレゼントは、お礼の品だそうよ」

カツオ「穂乃果ちゃんが、僕に…!」



ワカメ「お兄ちゃん。やっぱりμ'sのファンだったんだ」

サザエ「あの子も真剣なのよ。ほっといてあげましょ」
43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:36:10.12 ID:589JuN6t.net
カツオ(穂乃果ちゃんからのプレゼント!
何が入ってるのかな~?)

カツオ(あ、これは!今日買えなかったCD物販だ!
しかも、直筆サイン入り!)

カツオ(こ、これは、一生の宝物だよ…!)



カツオ(ん?まだ大きいのが入ってる。何だろう………)
44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:42:01.58 ID:589JuN6t.net
【数日後】

波平「ほう。カツオが勉強しておるぞ」

サザエ「なんでも、穂乃果ちゃんと同じ学校に行きたいそうよ」

波平「それはいい。目標があれば、勉強に身が入る」

サザエ「ちょっと、お父さん!
穂乃果ちゃんが通ってる学校は、女子校よ!?」

波平「なにぃ!?」



カツオ「待っててね!穂乃果ちゃん~!」



サザエ「性転換しなければいいけど…」
46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 20:44:28.17 ID:589JuN6t.net
「さーて、来週のサザライブ!はー?」

『ワカメ、生える』
『サザエの半コテ』
『マスオ、転売ヤーになる』

「の3本です」

「来週もまた見てくださいね~!ジャンケンポン!うふふふふ」




おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『サザエ「ラブライブ?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。