ス・キ・し・て・る

シェアする

希-アイキャッチ23
~部室~

希「・・・」ペラ

希「んー」

にこ「希、難しい顔してどうしたのよ?」

希「わぁ!?」ガタンッ

にこ「ちょ!?」

希「もー、にこっち、おどかさんといてよ!」

pixiv: ス・キ・し・て・る by 燐聖

スポンサーリンク

にこ「驚いたのはこっちよ!」

にこ「難しい顔してるから声掛けてみたら急に大声出すんだもの」

希「ご、ごめん」アハハ

にこ「それで?どうしたのよ?」

希「んー?」

希「ちょっと自分の運勢占ってたんよ」

にこ「あら、珍しいわね」

にこ「あんたが自分を占うなんて」

にこ「なにかあったの?」

希「んー、こればっかしはにこっちでも教えられんよ」

にこ「何よ、教えてくれてもいいじゃない」

にこ「あ、もしかして恋占いとか?」ニシシ

希「え!?」

にこ「え、もしかして図星?」

希「そ、そんな事ある訳ないやん!?」

希「う、うちが自分のこ、恋占いだなんて・・・」

にこ「ハァ・・・あんた分かり易すぎよ」

希「うー・・・誰にも言わんといてね?」

にこ「言わないよ、でもその変わりとして」

希「ん?」

にこ「誰が好きなのか教えなさい!」

希「え!?」

希「そ、そんなん言えるわけないやん!?」

にこ「なら、約束はできないわよ?」

希「うー・・・にこっちのいじわる・・・」

にこ「それで?誰なの?」

希「こ、ことりちゃんです・・・」

にこ「うっそ!?ことり!?」

希「ちょ!?にこっち声大きい!!」

にこ「ご、ごめん」

にこ「でもまさか、ことりとはねぇ」

にこ「てっきり絵里かと思ったわ」

希「何でエリチが出てくるんよ」

にこ「だってあんた達いっつも一緒に居たし、結構噂もたってたし」

希「確かに生徒会やってた頃はいつも一緒に居たし、仲も良かったけど」

希「エリチは唯の親友よ、それ以下でもそれ以上でもないんよ」

にこ「ふーん、で、何でことりの事好きになったわけ?」

希「そ、そこまで言わなくてもええやん!?」

にこ「何よ、この際だから話しちゃいなさいよ」

にこ「この私が恋愛相談にのってあげってるんだから」

希「にこっち・・・」

希「ありがとうな」

にこ「いいのよ、あんたと私の仲でしょ」

希「えっとな、ことりちゃんの事は元々知ってたんよ」

にこ「まぁ理事長の娘だしね」

希「最初は唯純粋に可愛い子だなって思ってただけなんやけど」

希「μ'sで活動するようになってからは、ことりちゃんの事が色々分かってきて」

希「気づいたら何時も目で追うようになってたんよ」

希「そしたら、ことりちゃんの留学騒動があって」

にこ「あーあったわね」

希「その時思ったんよ」

希「ことりちゃんと会えなくなるなんて嫌やって」

希「そんで、穂乃果ちゃんがことりちゃんを連れ戻してきてくれて」

希「留学騒動も落ち着いてμ'sの活動が再始動してからは」

希「今まで以上にことりちゃんのこと見てまうようになって」

にこ「気づいたら好きになってたと」

希「うん・・・」

希「でも、ことりちゃんには穂乃果ちゃんや海未ちゃんが居るから」

希「うちが告白したところで無様に終るだけやから」

希「占いだけでもいい結果にならないかなって思ってやってみたんよ」

にこ「なるほどね、それで?占いの結果はどうだったのよ?」

希「女帝の正位置、意味は幸福・幸運・成功」

にこ「だったら告白すればいいじゃない」

希「でも、所詮は占い、当たると限ったわけでもないし・・・」

希「もし告白して失敗して、ことりちゃんに軽蔑されたら、うち・・・」

にこ「あんたも大概面倒ね・・・」

にこ「あんたが好きになった子はそんな事で軽蔑するような子なの?」

にこ「少なくとも私はそうは思わないわ、もちろんμ'sの皆だってそんな子達じゃない」

にこ「それは希もわかってるでしょ?」

希「にこっち・・・」

希「せやな、μ'sの皆は本当に優しい子らばかりやもんね」

にこ「そうよ、だから少しは勇気だしてみてもいいんじゃないかしら?」

にこ「もし失敗したら私の胸貸してあげるから」

希「ふふ、にこっち、貸せるほど胸ないやん」

にこ「なんですって!?」

希「でも、ありがとうな、にこっちのお蔭で勇気出てきたわ」

希「うち頑張るから、にこっち応援してな!」

にこ「当たり前でしょ!」

にこ「さっきはあんな事言ったけど、きっと成功すると思うから」

にこ「後悔、するんじゃないわよ?」

希「うん!」

希「にこっち、本当にありがとう!」

希「ほな、行ってくるわ!」タッタッタッタ・・・

にこ「全く、世話の焼ける子ね」

にこ「っと、確か向こうには絵里が居たわね」

にこ「メールして席外してもらいましょ」

にこ「・・・送信っと」

にこ「希、頑張りなさいよ」


~被服室~ -希が占いをしてる頃-


ことり「」チクチクチク

絵里「」カタカタカタ

ことり「はぁ・・・」ヌイヌイヌイ

絵里「」カタカタカタ

ことり「はぁ・・・」チクチクヌイヌイ

絵里「ことり?どうしたの?」

ことり「え?」プス
ことり「いたっ!」

絵里「ことり!?大丈夫?」

ことり「う、うん大丈夫だよー」

ことり「針でちょっと指刺しちゃっただけだから」

絵里「はい、絆創膏」

ことり「ありがとう♪」

絵里「でも、珍しいわね裁縫で失敗なんて」

絵里「それにさっきからため息ばかりだし」

絵里「もしかして、何か悩み事かしら?」

ことり「え!?そ、そんなことないよ!?」

絵里「嘘、バレバレよ?」

ことり「うぅ~・・・」

絵里「私で良ければ相談に乗るわよ?」

ことり「絵里ちゃん・・・」

ことり「じゃあ聞いてくれる?」

絵里「ええ、聞かせてちょうだい」

ことり「ことりね、好きな人がいるの」

絵里「え!?」

ことり「え?」

絵里「あーいや、恋愛相談だとは思わなくて」アハハ

ことり「やっぱり、駄目・・・かな?」ウルウル

絵里「ううん、先に聞いたのは私だもの」

絵里「最後までしっかり聞くわ!」

ことり「ありがとう、絵里ちゃん!」

絵里「それで?好きな人がいるって話だったわね」

ことり「うん・・・」

絵里「因みに、その好きな人は誰か聞いていいかしら?」

ことり「うん、えっとね」

ことり「希ちゃんなの」

絵里「ハラショー・・・予想外だったわ・・・」

絵里「てっきりことりは、穂乃果か海未が好きなのかと」

ことり「穂乃果ちゃんと海未ちゃんのことは大好きだよ?」

ことり「でもその好きは友達としての好き」

ことり「希ちゃんのことは、一人の女性として好きなの」

ことり「でも、希ちゃんには絵里ちゃんがいて・・・」

絵里「ん?ち、ちょっと待って!」

ことり「?」

絵里「なんでそこで私が出てくるの?」

ことり「だって2人ってそうゆう関係っていう噂を聞いて・・・」

絵里「ことりもその噂聞いてたのね・・・」

絵里「でも安心して、私と希は付き合ってないし付き合う気もない」

絵里「希のことは好きだけど、それは友達としてだから」

ことり「そうだったんだ・・・よかったぁ」

絵里「でも、そう思ってたのによく私に相談したわね?」

ことり「うーん、希ちゃんのことを同じ様に好きな人だったら」

ことり「気持ち分かってもらえるかなって思って」エヘヘ♪

ことり「それに、本当に付き合ってたらきっぱり諦めるつもりだったの」

絵里「ことり・・・」

ことり「でも、付き合ってないのならことりにもチャンスがあるって事ですよね!」

絵里「そうね、でも心配は要らないと思うわよ?」

ことり「え?」

絵里「私達一緒に帰ることが多いじゃない?」

ことり「うん」

絵里「その時の希の話ね、ことりの事ばっかなのよ」

ことり「え!?///」

絵里「『今日もことりちゃん可愛かったな~』とか『今日ことりちゃんがな~』とかね」

絵里「希のこと恋愛的に見てなくても妬けてきちゃうぐらいにね♪」

絵里「まぁ、本人は気づいてないみたいだけどね」

ことり「そうだったんだ///」

絵里「そ、だから晴れて両想いってことよ♪」ハラショー!

ことり「そっかぁ///」

絵里「だから思い切って告白しちゃいなさい!」

絵里「両想いなんだから失敗なんてありえないわよ」

ことり「で、でももしそれが絵里ちゃんの勘違いだったら・・・」

絵里「何?私の事が信用できないって事かしら?」

ことり「そ、そんなことないよ!!」

ことり「で、でも・・・」

絵里「大丈夫、必ず成功するわ」ギュ

ことり「絵里ちゃん・・・」

ことり「うん、ありがとう」

ことり「ことり、頑張ります!」

絵里「ハラショー!」ピコン

絵里「ん?にこからメール?」

ことり「にこちゃん?」

絵里「ちょっとごめんね?」メールカクニン

絵里「あら、今から希がこっちにくるみたいよ?」

ことり「え!?い、今から!?///」

絵里「ふふ、じゃあ後は頑張ってね♪」スタスタ・・ガチャ、バタン

ことり「うぅ///」



絵里「ことりと希に幸運が訪れますように」



絵里「さて、私はにこのところに行きましょうか♪」


~被服室~ 


コンコン

ことり「は、は~い」

希「やっほーことりちゃん」

ことり「あ、希ちゃん///」

希「ん?ことりちゃん何か顔赤いけど大丈夫?」

ことり「え!?あ、ううん、ナンデモナイノナンデモ///」

希「そ、そっかならええんやけど」

ことり「そ、それよりどうしたの希ちゃん?」

希「うん、あんな」

希「ことりちゃんに大事な話があって来たんよ//」

ことり「だ、大事な話?」

希「うん、えっと・・・///」

ことり「///」

希「スーハー・・・スーハー・・・」

希「よしっ」

希「ことりちゃん!」

ことり「は、はい!///」

希「うち・・・私、東條希は南ことりさんの事が好きです!///」

希「私と付き合っていただけませんか?///」

ことり「///」ポロポロ

希「ご、ごめっ!?」

希「な、泣く程嫌やったんか・・・」

ことり「ううん、違うの」ポロポロ

希「え?」

ことり「嬉しくて、泣いちゃったの」

ことり「本当に両想いだったんだって思ったら・・・」

希「そ、それって」

ことり「うん、ことりも希ちゃんが好き///」

ことり「えへへ、だからこれからよろしくお願いします♪」

希「ことりちゃん・・・」

希「ことりちゃあん!」ダキッ

ことり「きゃっ」

ことり「えへへ、あったかい///」ギュ

希「ことりちゃん」

ことり「希ちゃん」




ことのぞ「愛してる♡ 」チュッ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ス・キ・し・て・る』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。