真姫「違う…違うのよ…」

シェアする

真姫-アイキャッチ21
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:10:46.89 ID:VomG1vGXO
にこ「でさぁ、それがね」

絵里「え?そうなの?流石にこね」

穂乃果「花陽ちゃん、ファイトだよ!」

凛「頑張るにゃ~」

真姫「……雨で練習もなし……暇ね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480335046

元スレ: 真姫「違う…違うのよ…」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:26:13.01 ID:VomG1vGXO
海未「こ、ことり。勘弁してください」

ことり「海未ちゃ~ん、お願い」

希「ん~…何か…何か面白い事が起こる気がする」

にこ「何を言ってるのよ」

真姫(部室に居ても暇ね…)

プゥ~

シーン

真姫(やばっ…イスを引いたらオナラみないな音が出ちゃったわ………どっち?思われてる?私がおならしたと思われてるの?何で一瞬静まり返ったの?)

にこ「…あっ、あの、絵里?絵里はあれなの?好きな食べ物はなんなの?」

絵里「え?急にどうしたの?」

真姫(え?にこちゃんはおならだと思ってるの?気を使って興味もない絵里の好きな食べ物を聞いたの?それとも私の考えすぎ?どっち?)
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:30:28.03 ID:VomG1vGXO
絵里「ん~私の好きな食べ物?最近ね、焼き芋にはまってるのよ」

にこ「そ、そうなの?」

絵里「でも、焼き芋って食べ過ぎるとおならが出ちゃうって言うでしょ?」

にこ「そ、そうなの?」

絵里「そうよ。有名な話よ?」

にこ「へ、へぇ~。ま、まあそんな話は…」

絵里「え?」

真姫(ち、ちょっとえりぃぃぃ。なんて事を言い出すのよぉぉ。もう完全に…完全ににこちゃんが私に気を使ってる図が出来上がっちゃったじゃない)

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:34:36.99 ID:VomG1vGXO
絵里「ね?海未?有名な話よね?」

海未「え?何がですか?」

絵里「お芋を食べ過ぎると」

穂乃果「花陽ちゃぁぁぁん!大丈夫?」

凛「か、かよちん?どおしたの?」

花陽「お…お…おな…」

真姫(え?まさか、花陽まで)

穂乃果「え?何?オナラ?」

にこ「ちょっ」

花陽「もう、お腹が一杯です」

凛「あ~、おにぎり10個目が限界だったにゃ~」

穂乃果「新記録更新せずだよぉ」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:41:21.92 ID:VomG1vGXO
海未「あなた達は何をやっているのですか!」

絵里「急に大きな声で叫ぶからビックリするでしょ?」

穂乃果「だって、暇なんだもん」

凛「ね?」

海未「だからと言って私達はアイドルなんですよ?なのに大食いなど」

絵里「そうよ。にこじゃないけど私達も少しはアイドルらしい行動を心掛けなきゃ。まあ、お芋にはまってる私が言える事じゃないんだけど」

穂乃果「え?絵里ちゃんお芋が好きなの?」

凛「お芋ばっかり食べるとおならが」

ことり「ね、ねえ?お芋のお話は今はいいんじゃないかな?」

にこ「そ、そうよ。今はお芋の話はいいわよ」

真姫(ことり…ことりも私がおならしたと勘違いしてるじゃない)

穂乃果「え?何でダメなの?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:47:02.55 ID:VomG1vGXO
ことり「そ、それは」

真姫(ど、どうしよう。言うべきかしら?今のはおならじゃなくてイスの音だって。でも、言ったら逆に言い訳に聞こえるかも)

希「お芋美味しいのにねぇ」

真姫(希!?)

穂乃果「だよね?美味しいよね?」

希「食べ過ぎると大変やけどねぇ」ニヤリ

真姫(…楽しんでる。あの音に気がついて楽しんでるわ)

穂乃果「何で大変なの?」

希「それはねぇ…ね?凛ちゃん?」

凛「ん?食べ過ぎるとおならが出ちゃうにゃ~」

絵里「そうなのよね」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:51:33.83 ID:VomG1vGXO
ことり「だ、だからお芋の話は…」

にこ「そうよ。やめようって言ってるじゃない」

穂乃果「だから、何で?」

にこ「それは…アイドルだからよ」

凛「アイドルは焼き芋の話はダメなの?」

希「あっ!もしかしておならの話がダメなん?」

にこ「だ、だからやめなさいって言ってるでしょ!」

凛「安心してよ。アイドルだって人間だもん。おならくらいするよ。ね?かよちん?」

花陽「え?わ、私に聞くのぉ?」

凛「にこちゃんだってするに決まってるにゃ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 21:58:06.41 ID:VomG1vGXO
にこ「なっ。あんた…ケンカ売ってんの?」

凛「べ、別にそんな事は…うぅ…ごめんなさい」

絵里「ちょ、ちょっとにこ?何もそこまで…」

海未「そうですよ。確かにデリカシーはなかったですが」

にこ「べ、別に私は…」

穂乃果「凛ちゃん大丈夫?」

凛「うぅ」

真姫(ど、どうしよう…私のせいで凛が…)

絵里「にこ?凛に謝りなさい?」

にこ「なっ!だ、だって」

絵里「言い過ぎたんだから謝るのは当然でしょ?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:05:05.00 ID:VomG1vGXO
ことり「え、絵里ちゃん?もう、やめようよ?こんな事をしても何にもならないよ?ね?」

絵里「で、でも」

真姫(私のせいで今度はにこちゃんが責められて絵里がたしなめられて…言わなきゃ…にこちゃんは私を庇ってくれたって…話せば全て分かってくれるわよ)

真姫「あ、あの」

花陽「うぅ」

海未「花陽?どうしたのですか?」

花陽「お、お腹が…」

海未「おにぎりをあんなに食べてるからでしょう」

穂乃果「は、花陽ちゃん…大丈夫?」

凛「うぁぁぁぁん。凛のせいで…凛のせいで今度はかよちんがぁぁぁ」

花陽「り、凛…ちゃん…泣かないで?…食べられるって言った私がいけないの」

穂乃果「そんな事ないよ。穂乃果が…穂乃果が言い出したから…お芋の話だって穂乃果がほじくりかえさなければ…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:11:16.39 ID:VomG1vGXO
にこ「…ほ、穂乃果?」

穂乃果「うぅ…凛ぢゃん…泣かないでよぉ…うぁぁぁぁん」

海未「ほ、穂乃果」

絵里「え?穂乃果まで泣かないでよ」

真姫「うぅ…うぅぅ」

絵里「え?真姫?どうして真姫まで泣き始めるの?」

真姫「私が…私がぁ…イスを引いた音が…おならの音みたいになっちゃって…ヒック…にこちゃんが私を庇ってくれてたのに…私は…私は自分の事ばっかりで…うぅ…私のせいでにこちゃんが責められて…うぅ…凛まで泣き始めちゃってぇ…」

絵里「そうだったの?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:18:26.43 ID:VomG1vGXO
にこ「…真姫」

ことり「…真姫ちゃん」

真姫「にこちゃんと…ことりが…ヒック」

穂乃果「ぞうだったの?なのに…なのに穂乃果は無神経にお芋のばなじを…うぁぁぁぁん」

凛「凛もにゃぁぁぁ」

希「うぁぁぁぁん」

絵里「え?希?どうして希まで?」

希「ウチは…ウチは真姫ちゃんがイスを引いた時オナラみたいな音が鳴ったの気がついてたのに…ちょっと面白そうだったから…わざと…まさか…こんな事になるとは…」

絵里「ええ?なにやってるのよ」

海未「ど、どうするんですかこの状況」

ことり「うぁぁぁぁん」

絵里「ことりも?」

ことり「皆が泣くからぁ」

絵里「ええ?」

海未「…ことり」

にこ「…まさかこんな事になるとは」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:21:23.22 ID:VomG1vGXO
穂乃果「うぁぁぁぁん」

凛「うぁぁぁぁん」

希「うぁぁぁぁん」

真姫「うぅ…ヒック…うぅ」

ことり「えーん」

花陽「お、お腹が…」

絵里「ちょ、ちょっと皆落ち着いて」

うぁぁぁぁん

にこ「もう、私も泣きたいわ」

海未「やめてください」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:30:28.92 ID:VomG1vGXO
ガチャ

教師「お前たち騒がしたぞ」

穂乃果「うぁぁぁぁん」

凛「うぁぁぁぁん」

希「うぁぁぁぁん」

真姫「うぅ…うぅ…ヒック」

花陽「お腹…」

海未「花陽大丈夫ですか?」

にこ「保健室に行く?」

絵里「あっ…先生…」

教師「…一体何が」

絵里「これは…」

教師「…絢瀬…ちょっと職員室に…」

絵里「え?これってどう説明すればいいの?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:32:27.34 ID:VomG1vGXO
「釣り」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:36:23.33 ID:VomG1vGXO
凛「ねえ?どうして凛達はこんな所で釣りをしてるの?」

海未「それは…今日の夕飯の食材を…」

凛「だから、何でそんな事に生ったの?」

絵里「キャンプの計画を全部穂乃果に任せたら食材は現地でって…」

凛「穂乃果ちゃんに任せるのが間違ってるにゃ~」

海未「そんな事を言っても仕方ないでしょう?」

絵里「そうよ」

凛「でも~凛はお魚好きじゃないし」

海未「好き嫌いはよくありませんよ?」

凛「そんな事を言ったって嫌いな物は嫌いにゃ~」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:40:56.98 ID:VomG1vGXO
海未「…」

絵里「…」

凛「つまらないにゃ~」

海未「…」

絵里「…」

凛「ねえ?つまらないよ」

海未「…」

絵里「…」

凛「ねえってば」

海未「…」

絵里「…」

凛「海未ちゃん!絵里ちゃん!」

海未「凛!静かにしなさい!」

絵里「そうよ?集中してるんだから」

凛「え~、せっかく遊びに来てるのにぃ…」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:44:18.73 ID:VomG1vGXO
海未「話は後でいくらでも出来ますから今は我慢しなさい」

凛「そもそも釣りって喋っちゃダメなの?」

絵里「そんな事はないけど…」

凛「全然魚は釣れないし…喋ったら怒られるし…そもそも魚は嫌いだし…踏んだり蹴ったりにゃ」

絵里「…」

海未「…」

凛「…凛トイレ行ってくる」

海未「…どうぞ」

絵里「気を付けるのよ?トイレは少し遠いからね?」

凛「うん」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:46:49.89 ID:VomG1vGXO
海未「…」

絵里「…」

ピクン

海未「あっ!魚が!」

絵里「え?来たの?」

海未「はい!これは…」

絵里「頑張って」

海未「ふん」

バシャッ

海未「釣れました!」

絵里「ハラショー!流石海未ね!」

海未「ふふっ。やりました!」

絵里「結構大きいんじゃない?」

海未「そうでもないですよ」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:50:56.38 ID:VomG1vGXO
海未「釣れたら安心して…私もトイレに行ってきますね」

絵里「え?私一人?」

海未「すいません」

絵里「いえ、大丈夫よ。早く行ってきなさい」

海未「それでは失礼します」

絵里「…」



絵里「…なかなか釣れないわね」

凛「ここからトイレ遠いにゃ~」

絵里「あら?お帰りなさい。海未と会わなかった?」

凛「え?会わなかったよ?」

海未「そうなの?」

凛「あ~トイレまでの道が二つあるからきっとそこですれ違いになったのかな?」

絵里「そうなのね」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:54:10.02 ID:VomG1vGXO
凛「あ~、絵里ちゃんお魚釣ったの?」

絵里「いや、これは海未が…」

凛「さっすが絵里ちゃんにゃ~」

絵里「いや、だからね?」

凛「凄く大きいね」

絵里「ま、まあね」

凛「なんか尊敬しちゃうにゃ~」

絵里「いや…海未が」

凛「やっぱり絵里ちゃんはやる時はやるんだね」

絵里「だ、だから…」

凛「謙遜する事はないよ。褒められてる時は素直に受け入れるの」

絵里「そ、そう?」

凛「そうにゃ」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 22:58:13.90 ID:VomG1vGXO
海未「…ここのトイレは遠いですね」

凛「あっ!海未ちゃん!ねえ、見て?お魚大きいにゃ~凄いにゃ~」

海未「そんな…たいした事ないですよ」

凛「え?何でそんな事を海未ちゃんが言うの?」

海未「え?ああ…すいません」

凛「別に良いけど…あんまり良くないよ?」

海未「す、すいません」

絵里「り、凛」

凛「あ~、凛もこんな大物釣りたいにゃ~。どうすれば釣れるかな~」

海未「あ、ではコツを…」

凛「絵里ちゃん教えて?」

海未「え?」

絵里「え?」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 23:37:42.85 ID:VomG1vGXO
凛「だから絵里ちゃん釣りのコツを教えてよ」

絵里「え…いや…」

海未「り、凛?私が教えて差し上げますよ?」

凛「え?いいよ。絵里ちゃんに教えて貰うから」

海未「ええ?どうしてですか?」

凛「当たり前だよ」

海未「当たり前なのですか?」

凛「うん。当たり前だよ」

海未「何故?」

凛「だって絵里ちゃんの方が…いいもん」

海未「え?…そんな…いや、絵里がどうこうではないのですが…そんなはっきりと…」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 12:37:36.73 ID:D1XrAwhFO
凛「仕方ないでしょ?」

海未「そ、そんな…」

絵里「いや、あの…凛?海未に教えて貰ったら?」

凛「だから、凛は絵里ちゃんがいいよ」

海未「どうしてですか?私に何か問題があるんですか?凛は…その…私の事が嫌いなのですか?」

凛「…好きだよ?」

海未「ならどうして…」

凛「釣は絵里ちゃんの方が良いにゃ」

海未「そんな…私には何が足りないのでしょうか…この中で唯一魚を釣り上げたのに…」

凛「え?」

海未「え?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 13:48:21.65 ID:D1XrAwhFO
凛「この魚を釣ったのは絵里ちゃんでしょ?」

海未「いえ…私ですが?」

凛「え…?」

絵里「…え?」

凛「嘘吐いたの?」

絵里「え?いや…」

凛「海未ちゃんが居ないのを良いことに…凛に嘘を吐いたの?」

絵里「いや…私は…」

海未「…絵里」

絵里「だからね」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 13:53:09.27 ID:D1XrAwhFO
凛「酷いよ絵里ちゃん…凛は絵里ちゃんの事を信じてたのに」

絵里「いや…それは凛が勝手に…」

凛「絵里ちゃんのバカァ」

絵里「そ、そんな」

凛「もう…もう、凛の憧れの絵里ちゃんはどこにも居ないにゃ」

絵里「わ、私はここに居るってば」

凛「そう言う事じゃないの」

海未「凛っ!」

凛「えっ?」ビクッ

海未「もうやめなさい…もう…」

凛「でも…」

海未「…絵里だって人間なんです…つい魔が差して嘘を吐く事だってあります」

凛「海未ちゃん…」

絵里「いや…だから…そもそも」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 13:57:09.61 ID:D1XrAwhFO
海未「いいんです、絵里。…ただ…私はずっとかっこいい絵里に憧れてました…少しショックです」ザッ

凛「海未ちゃんどこ行くの?」

海未「今は…一人にしてください」ダッ

凛「海未ちゃん…」

絵里「海未!」

凛「…海未ちゃんがああ言うから…凛も今回の嘘はなかった事にするけど…凛もずっと絵里ちゃんに憧れてたんだからね…」ダッ

絵里「ちょっ、り、凛」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 13:59:33.32 ID:D1XrAwhFO
絵里「………何で…こうなるの…」

希「えりち~」

絵里「希…」

希「どう?釣れた?…あれ?海未ちゃんと凛ちゃんは?」

絵里「…それが」

ピクン

希「あっ!竿が…ヒットしとるよ?」

絵里「そんな事より今は私の話を聞いて…そして誤解をといてぇ」

希「え?」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 21:31:50.49 ID:D1XrAwhFO
「仲間に入れて」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 12:53:34.23 ID:tRmDzH19O
にこ「フフフ」

希「なに一人で笑ってるん?…気持ち悪いよ?」

海未「…」

にこ「いや、このマンガが物凄く面白くって」

希「あっ、そうなん?どんなやつ?」

にこ「これよ」

海未「あっ!」

希「あっ。これうちも好き」

にこ「そうなの?」

希「うん。めっちゃおもろいよね?」

海未「あの…」

希「どしたん?」

海未「実はそのマンガ…」

穂乃果「おっはようございま~す」

にこ「あっ、穂乃果」

希「あ、穂乃果ちゃん」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 12:56:12.91 ID:tRmDzH19O
穂乃果「その言い方やめてよ。アホって聞こえるから」

にこ「あながち間違いじゃないわよ」

穂乃果「失礼だなぁ…あっ!そのマンガ…面白いよね?」

にこ「穂乃果も読んだことあるの?」

穂乃果「うん。穂乃果も好きだよ!」

海未「じ、実はわた」

穂乃果「でも、部室でマンガなんか読んでたら海未ちゃんに怒られちゃうよ?」

にこ「え?」

希「そうなん」

海未「いえ…」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 13:00:00.97 ID:tRmDzH19O
穂乃果「海未ちゃん真面目だから学校に関係ないものとか持ってきてると怒るの。それにもともと海未ちゃんは漫画とか読まないしさ」

にこ「あ~なるほど」

海未「いや、そんな事は…」

希「まあ、でも今日は土曜日やしここは教室じゃないし…多目に見て?うるさくはしないから」

海未「いや、ですからね」

にこ「それはそうと、穂乃果は新刊は読んだの?」

穂乃果「まだだよ?」

にこ「実は…ジャーン」

穂乃果「あっ!今日発売だっけ?」

にこ「そうよ。内容言っちゃおうかしら」

穂乃果「わ~やめて~」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:08:48.24 ID:tRmDzH19O
にこ「どうしようかな~」

穂乃果「や~め~て~よ~」

希「にこっちの意地悪~」

にこ「じゃあ、にこちゃん可愛い!って言えたら勘弁してあげる」

穂乃果「え~」

希「そんなの卑怯やん」

にこ「いや、卑怯って…」

海未「にこちゃん可愛い!」

にこ「え?」

穂乃果「え?」

希「え?」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:13:11.00 ID:tRmDzH19O
にこ「あ、ありがとう」

海未「…いえ」

穂乃果「え?海未ちゃんどうしたの?」

希「具合悪いの?」

にこ「なんでよ。にこの事可愛いと言っただけでしょうが」

穂乃果「いや、だからだよ」

にこ「はあ?」

穂乃果「いや、ぶっちゃけにこちゃん可愛いけど…可愛いけど可愛いって言っちゃいけないじゃん?」

にこ「え?…そんな事言ったら…穂乃果も可愛いわよ?」

穂乃果「え?穂乃果、可愛い?」カァァァ

にこ「うん」カァァァ
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:19:44.01 ID:tRmDzH19O
希「いや、二人は何言ってるん?今は海未ちゃんが…」

海未「いや、私は何も問題ないですよ?」

にこ「そう?」

穂乃果「なら良いんだけど」

海未「それよりも、にこ。その漫画の最新巻を…」

穂乃果「ごめん、海未ちゃん。没収はしないで。穂乃果が読んだらしていいからまだしないで」

海未「いや、ですから…」

にこ「穂乃果が読んだらって私のでしょ。何勝手な事を言ってるのよ」

希「そうやん。ウチが読んでその後穂乃果ちゃんよ?そしたら没収でも何でもしてええから」

にこ「だから、勝ってな事ばっかり言ってんじゃないわよ。承知しないわよ」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:25:14.26 ID:tRmDzH19O
穂乃果「お~、その承知しないわよってこの漫画のヒロインの名台詞」

希「狙ったん?」

にこ「ち、違うわよ。たまたまよ…たまたま」

希「ウチはヒロインよりもライバルの方が好きやな~」

穂乃果「穂乃果はやっぱり主人公の子が好きだよ」

海未「あっ!私は…」

にこ「でも、私は主人公達の担任の方が好きね」

希「お~マニアックやね~」

バタン

真姫「ふう。おはよう」

穂乃果「あっ、真姫ちゃん」

希「遅かったね」

真姫「まだ4人しか来てなかっのね」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:36:02.12 ID:tRmDzH19O
穂乃果「うん」

真姫「と言うか穂乃果がもう来てるって珍しいわね…ことりが居ないのに」

穂乃果「今日は別々だったんだ」

真姫「へぇ~…あっ、その漫画…」

にこ「何?あんたは漫画なんて読まないでしょ?」

真姫「まあ、普段は読まないけど…これだけは読んだのよ。面白いわよね?」

穂乃果「へえ~真姫ちゃんがねぇ」

希「意外やけど真姫ちゃん良いセンスしとるよ」

海未「あっ、私もですね」

真姫「少し前まで漫画ってあんまり良いイメージがなかったんだけど…私の思い違いだったのよね。何でもそうだけど、見もしないでやりもしないで、イメージだけで批判的に見るのは損かもしれないわね」

穂乃果「そうだよ。真姫ちゃんは偉い。海未ちゃんにも見習って欲しいよ」

海未「ですから…」

真姫「それは普段の穂乃果に問題があるのよ」

穂乃果「え~穂乃果と漫画は関係ないじゃん」

真姫「穂乃果が節度を守らないからよ。テスト期間中に漫画読んだりとか…だから海未も漫画に良いイメージを持たないんじゃないの?」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:43:40.32 ID:tRmDzH19O
穂乃果「ん~」

海未「いや、私の話を…」

希「まあ、でも海未ちゃんが漫画を読んでる姿は想像つかないね」

にこ「すまして小説とか読んでるイメージだものね」

海未「そんな事は…」

穂乃果「海未ちゃん。穂乃果ちゃんとテスト勉強とかやるからさ。漫画を読むのくらい大目に見てね?」

海未「はあ」

真姫「そうよ。やる時はやる。ファイト一発よ」

穂乃果「おお~、主人公の憧れの先輩の名台詞だ」

希「真姫ちゃんもなかなか読み込んどるね」

真姫「ふふっ、まあね」

海未「あっ…あの」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:47:19.90 ID:tRmDzH19O
穂乃果「何?どうしたの?」

海未「穂乃果が…」

穂乃果「え?」

海未「穂乃果が勧めてきたんでしょう?」

穂乃果「え?何の話し?」

海未「穂乃果がこの漫画面白いから読んでみなよって勧めてくれたんじゃないですか。だから、試しに読んだら面白かったのに…なのに…あなたが勧めたのに何故さっきから私を仲間に入れてくれないのですか」

にこ「え?」

希「…そうなん」

穂乃果「…あっ、ごめん」

海未「…もういいです」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 21:47:55.59 ID:tRmDzH19O

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「違う…違うのよ…」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「違う…違うのよ…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。