にこ「おっぱいが盗まれた!」

シェアする

BiBi-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:08:17.67 ID:OuO7YzqO.net
凛「どうしたのにこちゃん。頭打ったの?」

花陽「何か変なものでも食べちゃったのかな...」

にこ「違うわよ!盗まれたの!私の胸が!」

海未「にこ、疲れているのですね。今日は帰って休んでください」

ことり「にこちゃん、無理しちゃだめだよ」

穂乃果「送ってってあげようか?」

にこ「だーかーら!違うってば!」

元スレ: にこ「おっぱいが盗まれた!」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:10:52.94 ID:OuO7YzqO.net
絵里「胸が盗まれたって...いやそんなことあるわけないでしょう」

真姫「うちで診察してあげようか?」

にこ「違うの!ほら見て!ぺったんこでしょ?」

希「えーと...」

にこ「ふんす」ムネハリ

希「いつもと変わらんけど」

にこ「そんなはずないでしょう!」
5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:13:26.10 ID:OuO7YzqO.net
にこ「ほら、試しにいつものやってみなさい!」

希「いつもの?」

にこ「ワシワシよワシワシ。特別やらせてあげるから」

希「ワシワシはそんな身構えてやるもんじゃないんやけど...」

にこ「いいから!早く!」

希「じゃあ...」ワシワシ

にこ「どう?」

希「おお...ホントや。揉みごたえがない」

にこ「でしょ?」

凛「元々ないんじゃ...」

にこ「うるさい」
6: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:16:54.44 ID:OuO7YzqO.net
穂乃果「ほんと?希ちゃん」

希「うん。明らかにいつもと手応えが違う」

海未「ええ...信じられませんね」

穂乃果「にこちゃん、ちょっと見せてくれる?」

にこ「え、見せるの?」

穂乃果「うん。目で見た方が早いから」

にこ「...分かったわ。ちょっと待って」
7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:19:56.84 ID:OuO7YzqO.net
シュルル パサッ

にこ「...はい」

絵里「つ、つるんってしてる...」

凛「僅かな膨らみもない...」

ことり「というかあの...先端もないね」

真姫「ほんとね。見事にまっ平だわ」

花陽「ホントに盗まれたの...?」
11: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:25:12.38 ID:OuO7YzqO.net
にこ「どう?信じた?」

海未「あの、一つ聞いてもいいですか」

にこ「何?」

海未「どうして盗まれたと表現したんですか?無くなった、ならともかく」

希「そうやね。おっぱいが無くなりはしたけど、盗まれたかどうかは分からんやん」

にこ「えーと...あんた達が部室に来る前の話なんだけど」

にこ「ちょっと部室でうたた寝してたのよ。そしたらなんか体をまさぐられてる感じがして...起きたらちょうど誰かが部室から出ていくところだったの」

にこ「で、違和感があったから見たら...胸が無くなってた。十中八九その出て行ったやつが盗んでいったんだわ」
12: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:27:44.80 ID:OuO7YzqO.net
希「なるほどなぁ...でもおっぱいが盗まれるなんてありえるんやろうか」

にこ「実際に盗まれてるんだからありえるんじゃないの」

絵里「スピリチュアルね...」

希「ちょ、先に言わんといて」

ことり「でも、盗まれたのがほんとだとして...一体誰が盗んだんだろう」

海未「胸など盗んでどうするんですかね」
13: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:31:26.10 ID:OuO7YzqO.net
花陽「と、とにかくにこちゃんのお胸を盗んだ人を見つけないと」

にこ「一応聞いとくけどあんた達じゃないわよね」

凛「違うよー!どうせ盗むなら希ちゃんとか絵里ちゃんのにするにゃ!」

穂乃果「にこちゃんのを盗んでもね...」

にこ「喧嘩売ってるの?」

絵里「まぁまぁにこ、落ち着いて。二人の言うとおり私達がするわけないじゃない」

にこ「...ほんとに?」

真姫「何よ、信用出来ないの?」

にこ「...分かったわよ。疑ってごめん」
15: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:34:09.28 ID:OuO7YzqO.net
海未「一体誰が...」

希「わざわざ部室にまで侵入して、よっぽどにこっちの胸が欲しかったんかな」

花陽「それだけにこちゃんが好きだとか...?」

にこ「好きな相手のおっぱい盗るって狂ってるわよ」

ことり「世の中にはいろんな趣味の人がいるから」

にこ「それじゃ済まされないでしょ」

穂乃果「一体誰が盗んだんだろうねぇ...」
17: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:35:27.06 ID:OuO7YzqO.net
にこ「...あ、ちょっとお花摘みに行ってくる」

凛「おっぱい無くてもトイレには行きたくなるの?」

にこ「関係ないでしょ」

ガチャ バタン

8人「...」
18: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:38:19.50 ID:OuO7YzqO.net
穂乃果「ちょっと希ちゃん!何してるの!」

真姫「バレそうになってたじゃない!」

絵里「あなたダミーパイはどうしたのよ」

希「ご、ごめん...手が滑って起こしてしまったんや。ダミーパイ付ける余裕がなかった」

凛「もー...どうするのこれ」

海未「このままではいずれバレてしまいますね...」

真姫「だから睡眠薬で眠らした方がいいって言ったのに...」

花陽「そ、それはちょっと危ないから」
20: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:42:03.99 ID:OuO7YzqO.net
ことり「にこちゃんのおっぱいは?」

希「ちゃんとガラスケースに入れてるよ。ほら」トン

絵里「なんて素晴らしいのよ...」

花陽「はわわ...神々しいです...」

海未「やはりにこぱいはどんな宝よりも価値がありますね」

穂乃果「これも『パイメス』を作ってくれた真姫ちゃんのおかけだね!」

凛「さっすが真姫ちゃん!」

真姫「ふふん、当たり前でしょー?」
23: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:47:26.28 ID:6NLrFd+y.net
穂乃果「じゃあ早速『鑑賞』する順番を...」

希「ここは実行したウチが最初に」

真姫「ミスしたくせに何言ってるのよ。ここはにこちゃんを一番愛してる私が」

凛「にこちゃんを一番愛してるのは凛だよ!だから凛が持って帰る!」

海未「何を言っているんですか。にこを最も愛してるのは私です」

ことり「みんな、寝言にしては目が開きすぎたよ~」

花陽「違います!にこちゃんを一番好きなのは私です!だから私が最初に」

穂乃果「違うよー!私だよー!」

ギャーギャーワーワー!
26: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:54:50.70 ID:6NLrFd+y.net
ガチャ

にこ「何騒いでるのよ」

8人「!」ビクッ

にこ「何?どうしたの?」

希「い、いやなんでもないんよ」

にこ「そう?ならいいけど」

8人「...」ドキドキ

希(あ、危なかった...)

海未(バレるところでしたね...あれ?)

穂乃果(どうしたの?)

海未(にこぱいがなくなってます...!)

凛(ホントだ!なんで...)

絵里「あ、私ちょっと用事があるの思い出したわ」

にこ「あらそうなの?」

絵里「ええ、ちょっと抜けるわね」ソロー

花陽(...ん?)

ことり(なんか様子が...
28: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:59:35.26 ID:6NLrFd+y.net
希「えりち、ちょっと待って」

絵里「な、なに?」

希「さっき消しゴムなくしたんよ。もしかしたらえりちのカバンに入ったかも」

絵里「へ?いや、カバンは閉めてたからそれはないんじゃないかしら」

希「いやいや、空いてたから。ほら見せて?」ガシッ

絵里「いやいやいや...」グイッ

希「いやいやいやいや...」グイッ

絵里「いやいやいやいやいやいや...」グイッ

希「いやいやいやいやいやいやいやいやいや...」グイッ

のぞえり「...!!」

にこ「何してるのよあんた達」
30: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:09:38.74 ID:OuO7YzqO.net
絵里「...!」ダッ!

希「あ!」

穂乃果「逃げた!」

海未「追いますよ!」

凛「待つにゃーー!」

真姫「やってくれるわね!」

ことり「逃がさないよ絵里ちゃん」

花陽「ルール違反です!」

ダダダダダダダダダ...

にこ「...え、何なの?」ポツン
32: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:19:22.11 ID:OuO7YzqO.net
希「くっ、見失った...!」

真姫「何してるのよ!役に立たないわね!」

希「ご、ごめん」

真姫「大体あなたがミスしなければ...!」

希「それは関係ないんとちがう?」

海未「落ち着きなさい。あなた達が争ってもしょうがないでしょう」

花陽「そうだね。今は早く絵里ちゃんを見つけないと」

凛「絵里ちゃんめ...にこキチ同盟から除名だねこれは」

穂乃果「許されないことをしてしまった絵里ちゃんには思い罰を与えないと」

ことり「さーて、どこにいるのかなー?」
33: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:23:04.04 ID:OuO7YzqO.net
海未「手分けして探しましょう。まだ校舎内にいるはずです」

希「分かった」

凛「絶対とっちめてやる!」

穂乃果「にこパイの罪は重い...!」

真姫「覚悟しなさい絵里。じごくをみせてやるわ」

ことり「荒縄と猿ぐつわと...」ガチャガチャ

花陽「低温蝋燭も持っていこうよ」
34: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:31:40.55 ID:6NLrFd+y.net
希「さて...どこにいるんやろ」

凛「生徒会室の方かな」

希「行ってみようか」

凛「にこパイは凛が一番に持って帰るんだから」

希「ん?」

凛「にゃ?」
35: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:33:11.11 ID:6NLrFd+y.net
希「いやいや、今なんて?」

凛「凛何か変な事言ったかな?」

希「一番に持って帰るとか聞こえたような」

凛「え?それの何がおかしいの?」

希「聞き捨てならんなぁ...一番はウチや」
36: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:35:49.56 ID:OuO7YzqO.net
凛「ミスしたくせに一番に持って帰るの?」

希「確かにミスしたけど、にこパイを取ったのはウチやん。だからウチが一番に持って帰る権利あるんよ」

凛「そんなの関係ないよ。大体、凛がやった方が上手くやってたにゃ」

希「凛ちゃんにそんなの出来るわけないやろ~?」

凛「」ピクッ
38: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:38:07.92 ID:OuO7YzqO.net
凛「何...喧嘩売ってるの?」

希「やる気?受けて立つよ」

凛「...二度とにこパイが拝めなくしてやるにゃ」

希「それはこっちのセリフや!」

凛「にゃーーー!」バッ

希「やぁーーーー!」バッ

ボコスカボコスカドコドコ...
39: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:40:51.02 ID:OuO7YzqO.net
穂乃果「絵里ちゃんめ...どこいったんだろう」

海未「こっちの方にはいなさそうですね...」

穂乃果「全く...今日はにこパイを堪能しようと思ってたのに」

海未「今日の稽古後の楽しみを取り返さなければ...」

ほのうみ「ん?」
40: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:43:32.73 ID:OuO7YzqO.net
穂乃果「海未ちゃんが楽しめるのは明日以降でしょ?今日は私が『鑑賞』するんだよ」

海未「寝ぼけているのですか?穂乃果が明日以降でしょう」

穂乃果「あらら?ついに頭まで筋肉になっちゃったのかな?」コメカミトントン

海未「...!」ブン!

穂乃果「おっとっと」ヒョイ

バリーーーン!
42: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:45:31.80 ID:OuO7YzqO.net
穂乃果「あーあ、ダメだよガラス割っちゃ」

海未「このガラスの二の舞になりたくなければ発言を撤回しなさい」

穂乃果「海未ちゃんこそ引き下がりなよ」

海未「ほほう...どうやら分からせてあげる必要があるようですね」

穂乃果「ふん...臨むところだよ」

海未「覚悟!」ヒュン

ドゴーーーン...
45: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:51:44.31 ID:OuO7YzqO.net
真姫「さて、どこにいるのかしら...」

ことり「...」

花陽「...」

真姫「空き教室とかに逃げ込んで...」ガララ

ことり「...」チラッ

花陽「...」コクッ
46: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 18:54:32.42 ID:OuO7YzqO.net
真姫「ここは...」ガララ

バッ!

真姫「むぐっ!」

ことり「騒がないでね」グルグル

花陽「大人しくしとけば痛くないから」ガポッ

真姫「!!」

ことり「よし、拘束完了」ポイッ

真姫「ん!」ドテン

花陽「じゃあね真姫ちゃん」

ガララ ピシャッ

真姫(やられた...!)
49: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:22:15.00 ID:OuO7YzqO.net
絵里「はぁ...はぁ...」

絵里「なんとか持ち出せたわね...」

絵里「早く家に帰らないと...捕まったら殺されるわ」

絵里「」ソー

絵里「...よし」



「「絵里ちゃん」」

絵里「!!!」

ことり「見つけたよ...♪」

花陽「探したんだから」

絵里「よりにもよって...!」
56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 21:51:44.84 ID:Icd2ILm9.net
ことり「体育倉庫に隠れたのが間違いだったね」

花陽「逃げ場はないよ」

絵里「この2人はまずいわね...」

ことり「さぁて...」シュルル

花陽「...」バチバチ

絵里「荒縄にスタンガン...」

ことり「にこパイは返してもらうよ」

花陽「...」ダッ!

絵里「くっ!」
57: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 21:55:05.59 ID:Icd2ILm9.net
凛「にゃー...」ピクピク

希「ふう...中々手強かった」

希「けどまだまだやね、凛ちゃん」

希「さてさて、えりちはどこかな」

パリーン!

希「!」

穂乃果「どこ狙ってるの~?」

海未「くっ!ちょこまかと...!」
58: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 21:57:35.36 ID:Icd2ILm9.net
穂乃果「ほらほらほら」ヒョイヒョイ

海未「この!この!」ブンブン!

ドゴン!バキッ!パリーン!

希「おとと...あぶないあぶない。あの2人の喧嘩に巻き込まれるとただじゃすまんからね」

希「違う道通って行こ」スタコラサッサ
59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:00:56.42 ID:Icd2ILm9.net
海未「はぁ...はぁ...」

穂乃果「どうしたのー?もう疲れちゃった?」

海未「穂乃果...!」

穂乃果「もうダメかな?じゃあ...」ダッ!

海未「!」

穂乃果「トドメだよ!」

ガシッ!

穂乃果「!」

海未「...甘い」

穂乃果「何!?」
62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:10:45.17 ID:Icd2ILm9.net
海未「これくらいで疲れるわけないでしょう。屁でもないですよ」

穂乃果「演技だと...!?」

海未「にこパイは私が最初に『鑑賞』します。大人しく次を待ちなさい」

穂乃果「くっ...園田ァァ!!」

ドッ!

穂乃果「ぐふっ...!」ドサッ

海未「...ふふっ」
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:18:50.83 ID:Icd2ILm9.net
絵里「ぐっ...」ピクピク

ことり「さてさて...にこパイはと」

花陽「んーと...あった」ゴソゴソ

ことり「はぁ~あ♡やっぱりにこパイは...」

ことり「...ん?」

花陽「どうしたの?」

ことり「違う...」

花陽「え?」

ことり「これにこパイじゃない!ダミーパイの方だよ!」
65: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:21:45.81 ID:Icd2ILm9.net
花陽「そんな!じゃあ本物のにこパイは」

バチィ!

花陽「ぐふっ...」ドサッ

ことり「花陽ちゃん!」

絵里「本物はここよ」バッ!

ことり「なっ!自分のおっぱいのしたに付けてる!!」

絵里「ふふふ...にこパイの着け心地は最高よ」

ことり「なんてことを...!!これは極刑にあたいするよ...!!」ザワザワ

絵里「悔しかったら私から奪ってみなさい」
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:24:33.28 ID:Icd2ILm9.net
(・8・)「ザコのクセに調子に乗るなちゅん!!」

絵里「本性を見せたわね!」

(・8・)「にこパイをかえせええええええええ!!!」

絵里「にこパイは私のものよ!!」

バチバチバチィ!!!
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:28:38.32 ID:Icd2ILm9.net
にこ「あいつら全然帰ってこないわね...何してるのかしら」トコトコ

にこ「ん?わっ、なにこれ!?」

にこ「まるで戦闘の後みたい...一体誰が」

ドンドンドン!!

にこ「!」ビクッ

ドンドンドン!!

にこ「な、なに?」
72: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:31:18.05 ID:Icd2ILm9.net
ドンドンドン!!

にこ「あそこの空き教室から...?」

ドンドンドン!!

ドーーン!

にこ「ひっ!?」

真姫「んーーー!!んー!」

にこ「真姫!?」

真姫「んんんん!!(にこちゃん!!)」
73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:34:12.55 ID:Icd2ILm9.net
にこ「どうしたのよ!?ぐるぐる巻きじゃない!猿ぐつわまで!待ってて、今解いてあげる」シュルシュル

真姫「ぷはっ...ありがとうにこちゃん」

にこ「一体誰がこんなことを?」

真姫「説明してる暇はないわ。じゃあね!」ダッ!

にこ「あ!待ちなさい!」

タタタタタ...

にこ「行っちゃった...何なのよ」
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:35:58.79 ID:Icd2ILm9.net
にこ「真姫は何をあんなに慌てて...ん?」

穂乃果「」チーン

にこ「穂乃果!」

穂乃果「」チーン

にこ「穂乃果!穂乃果、どうしたの!?」ユサユサ

穂乃果「」ピクッ
75: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:39:16.10 ID:Icd2ILm9.net
穂乃果(これは...にこスメル...)

穂乃果「にこちゃん!!!」ガバッ!

にこ「わっ!」

穂乃果「にこスメル...充電!」クンカクンカ

にこ「いや、ちょ!嗅がないで!」

穂乃果「ありがとうにこちゃん...これで、これで私は再び戦えるよ」

にこ「はぁ?」

穂乃果「待ってろ園田ァ!!!」ダッ!

にこ「はっ、えっ、ちょ」

にこ「イミワカンナイ...」
76: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:45:12.03 ID:Icd2ILm9.net
希「えりちはどこだー?」テクテク

バチバチバチィ!!!

希「!」

希「この気はことりちゃん...いや、(・8・)」

希「それともう一つの気はえりちか...二人とも本気やな」

希「ってことはどっちかがにこパイを持ってるな...よし」シュバッ!
80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 23:27:22.30 ID:Icd2ILm9.net
凛「うん...?」

凛「あ、そうか...希ちゃんにまけたんだ...」

凛「もう...凛ににこパイを最初に『鑑賞』する権利はない...海未ちゃんあたりの堪能済みにこパイしか『鑑賞』できない...」

凛「うぅ...ぐすっ...うぇえええん...」シクシク

にこ「どうしたのよ凛!」

凛「ふぇ...?」
81: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 23:29:14.13 ID:Icd2ILm9.net
にこ「誰に泣かされたの!?言ってご覧なさい!とっちめてやるわ!」

凛「にこ...ちゃん?」

にこ「誰よ私の可愛い後輩を泣かせたのは!」

凛(これは...奇跡?)

凛「...にこちゃん」

にこ「何?どうしたの?」

凛「もう...大丈夫」

にこ「え?」
82: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 23:33:02.97 ID:Icd2ILm9.net
凛(この宇宙ごと包み込むような優しさ...圧倒的母性...力が漲ってくる!)

ザッ

にこ「り、凛?」

凛「凛...もう負けないから」

にこ「へ?」

凛「絶対に...負けない!」ダッ!

ダダダダ...

にこ「...何が?」
83: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 23:34:57.58 ID:Icd2ILm9.net
海未「さて、絵里はどこに...」

バチバチバチィ!!!

海未「!体育倉庫から...なるほど、あそこですか」

海未「ん?あれは希」

シュバッ!

海未「これは私も急がなければ」ヒュン!
84: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 23:41:53.64 ID:Icd2ILm9.net
(・8・)「くっ...はぁ...はぁ...しつこいちゅん!」

絵里「ふふふ...にこパイと一体化した私に敵はいないわ」

(・8り「くっ...」

絵里「どうしたの?もう限界かしら?」

(・とり「はぁ...はぁ...」

絵里「そろそろ終わりにしましょうか。にこパイを最初に『鑑賞』するのは私よ」

ことり「...!!」
85: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 23:47:58.38 ID:Icd2ILm9.net
バリバリバリバリ!!!

絵里「!」

ドドオオオオオン!

絵里「紫の雷...これは」

希「そこまでやえりち」

絵里「希!」

ことり「希...ちゃん」

希「ことりちゃんを圧倒してる...何で」

絵里「ふふ...」

希「...!なっ、それ...」

ことり「そう...絵里ちゃんは...にこパイと一体化してるの...」

希「...死ぬ覚悟はできるんやな?」バリッ...

絵里「あなたがね」

希「抜かせ!」バリィ!
87: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 23:58:22.28 ID:Icd2ILm9.net
海未「はぁーーーーー!!」

のぞえり「!!」

ドッコオオオオオオオオオオン!!

海未「避けましたか...」

絵里「海未!」

希「相変わらず馬鹿力やね...あぶないあぶない」

海未「にこパイはどこですか絵里」

絵里「ここよ、ここ」バッ

海未「なっ...!」

絵里「私から奪ってご覧なさい」

海未「...万死に値する行為ですね、それは」
90: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:03:02.29 ID:S2cTwvYK.net
希「海未ちゃん、邪魔せんといて。このポンコツはウチが消すんや」

海未「何を抜かすんですか。私が葬り去ります」

希「邪魔するなら一緒に消すよ?」

海未「希こそ死にたいんですか?」

希「...どうやらもう一人消さないかんみたいやね」

海未「ふん、臨むところです」

絵里「あーら、私を忘れないでよ」

希「調子に乗るなぁ!」バリバリバリバリ!!!

海未「にこパイを返しなさいポンコツ!」オオオオオオ!!

絵里「上等よ!かかってきなさい!」バチバチバチィ!!!
91: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:08:14.69 ID:S2cTwvYK.net
ほのりん「待てーーーーー!!」

のぞえりうみ「!!!!」

希「凛ちゃん!」

海未「穂乃果!」

凛「良くもやってくれたね」

穂乃果「覚悟しな、園田」

絵里「な、何この力は...!」

穂乃果「私たちはにこスメルで最強のパワーを手に入れた...!」

凛「誰にも負ける気がしないにゃ」

希「くっ...なんて気や!」

海未「まずいですね...」
93: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:11:39.75 ID:S2cTwvYK.net
穂乃果「行くよ凛ちゃん」

凛「OK」

ガシッ

希「何する気や!」

ほのりん「奥義」キィィィィィン!

ほのりん「mermaid festa vol.2!!!」

ドオオオオオオオオオオオオオン!!!

のぞえりうみ「ぎゃああああああああ...」
94: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:14:03.19 ID:S2cTwvYK.net
穂乃果「ふう...」

凛「やったね」

穂乃果「さて、じゃあ」

凛「うん」

ドコォン!

穂乃果「どっちが最初に『鑑賞』するか」ググググ

凛「決めようか!」ググググ

シュババババババ!!

穂乃果「!力が...」

凛「抜ける!?」

真姫「ふふ...」

ほのりん「真姫ちゃん!!」
95: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:17:49.34 ID:S2cTwvYK.net
真姫「あんた達のおっぱいは貰ったわ」

穂乃果「な...んだ...と?」

凛「背後から気配もなく...」

真姫「私からパイメスを奪わなかったのは間違いだったわね」

真姫「力の源であるおっぱいが無いあなた達になす術はないわ」ヒュン

ドムドム!

穂乃果「ぐふっ!」

凛「おのれ...西木野...」

ドサドサ

真姫「やったわ...これで邪魔するものはいなくなった」
96: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:20:27.39 ID:S2cTwvYK.net
真姫「さてさて...ふふ、にこパイ...」

真姫「にこパイ...にこパイ...」ハァハァ

真姫「ついに私の手に!」ハァハァハァハァ

にこ「何してるの?真姫」

真姫「!!!」

にこ「それ...私のおっぱいでしょ?」

真姫「にこ...ちゃん?」

にこ「へぇ~やっぱりあんた達が奪ってたのね...へぇ~」

真姫「あの...」オロオロ
98: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:24:21.25 ID:S2cTwvYK.net
にこ「真姫」

真姫「は、はい」

にこ「しばらく話しかけないで」

真姫「ぐっはあああああ!!!」

にこ「ほら、早く返しなさい」バッ

にこ「ったく、何してくれてんのよ」ペタペタ

にこ「よし、元通りね。かーえろっと」

スタスタスタ...

真姫「に、にこ...ちゃん...」フラッ

ドサッ



こうして一つのおっぱいを巡った少女達の戦いは終わった。後にこのことを知った音ノ木坂学院の理事長南氏はこう言った。


理事長「廃校にします」
99: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 00:25:24.75 ID:S2cTwvYK.net
終わり
UR悪魔にこにーをガチャで当てたテンションで書いた
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「おっぱいが盗まれた!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。