希「クイズ!星空凛の100のコト優勝記念」

シェアする

ほのりん-アイキャッチ1
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 13:09:23.66 ID:kHvQLP3A0
凛「という事で今日は○○商店街に来てまーす」

穂乃果「いや~でかい商店街だねぇ」

凛「今日は食べ歩きにゃ」

穂乃果「今日は希ちゃん居ないんだね」

凛「二人に任せるって言ってたよ?」

穂乃果「凛ちゃんと二人っきり?」

凛「嫌なの?」

穂乃果「…」

凛「え?…本当に嫌なの?」

穂乃果「…」

凛「…ねえ?穂乃果ちゃん?何か言ってよ」

穂乃果「………めちゃくちゃ楽しみ!」

凛「穂乃果ちゃーん」

穂乃果「それじゃあ、行こうか!」

凛「食べ歩きスタートにゃ~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480133363

元スレ: 希「クイズ!星空凛の100のコト優勝記念」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 13:31:33.29 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「ん~ここの商店街はなんて言うか風情があるって言うか…ねえ?下町の感じがあるよね?」

凛「…穂乃果ちゃんどうしたの?」

穂乃果「いや、例によってヒフミトリオがカメラを回してくれてるからさ…それっぽい事を言わないと」

凛「あの三人はいつも頭が下がるね」

穂乃果「そうだねぇ…とりあえず何か食べようか?」

凛「あっ!あそこのお惣菜屋さんはどうかな?」

穂乃果「うん。ちょっと行ってみようか?」

凛「あの~、こんにちは~」

穂乃果「こんにちは」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 14:18:57.89 ID:kHvQLP3A0
店員「はい、いらっしゃい」

穂乃果「ん~………何にしようかなぁ」

凛「どれも美味しそうだよね」

穂乃果「えっと…おすすめとかありますか?」

店員「そうだねぇ。うちのメンチカツはこだわってるよ」

穂乃果「そうなんですか?じゃあ、穂乃果はメンチカツにしようかな」

凛「凛はカレーコロッケ」

穂乃果「え?」

凛「ダメかな?」

穂乃果「いや…いいけど…メンチカツにすれば?」

凛「凛はカレーコロッケが食べたいにゃ」

店員「カレーコロッケも美味しいよ」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 14:26:10.35 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「それじゃあ、頂きます」

凛「頂きま~す」

穂乃果「わあ、美味しい」

凛「カレーコロッケも美味しいにゃ」

店員「お嬢ちゃん達芸能人か何かかな?」

穂乃果「え?」

店員「いや、カメラを回してるしお嬢ちゃん達可愛いから」

穂乃果「え~そんなぁ…可愛いなんて…」

凛「おじさんもかっこいいよ!」

店員「あ、ありがとう」

穂乃果「…凛ちゃん」

店員「お嬢ちゃん達芸能人じゃないの?」

穂乃果「芸能人ではないんですけどスクールアイドルと言うのをやっていて」

店員「あ~今流行りのね。家のせがれも好きだよ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 15:22:36.35 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「よかったら今度ライブ見に来て下さいね」

店員「そうだねぇ」

凛「ねえ、穂乃果ちゃん。メンチカツ一口頂戴?」

穂乃果「ん?いいよ?はい!」

凛「パク…ん~…美味しいにゃ~。穂乃果ちゃんも一口食べる?」

穂乃果「うん。パクっ…ん、ん~これもすっごく美味しい」

店員「そう言って貰えると僕も嬉しいよ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 15:32:24.75 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「ん~美味しかったね?」

凛「そうだね。凛がカレーコロッケにして良かったでしょ?どっちも食べれたから」

穂乃果「そうだね。凛ちゃんは天才だ!」

凛「もっと褒めて欲しいにゃ」

穂乃果「よっ!天才!貴婦人!大統領!」

凛「褒め言葉か分からないけど嬉しいにゃ~」

穂乃果~ 凛~

穂乃果「ん?誰か呼んだ?」

凛「凛じゃないよ」

穂乃果「…それは分かってるよ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 15:35:13.73 ID:kHvQLP3A0
海未「こっちですよ」

穂乃果「あっ!海未ちゃん」

凛「何してるの?」

海未「いえ、私もしばらくご一緒します」

穂乃果「え?今日は凛ちゃんと二人じゃなかったの?」

海未「二人だけでは心配なので…」

凛「ただ食べ歩きするだけだよ?」

海未「少しの間ですから」

穂乃果「いや、別に嫌って訳じゃないから良いんだけどさ」

凛「そうだね」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 15:42:02.36 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「さて、どこか美味しそうにお店は」

凛「あっ!」

穂乃果「何かあった?」

凛「美味しそうなお饅頭屋さんがあるにゃ」

穂乃果「え?…お饅頭屋さん?」

海未「行ってみますか?」

凛「うん」

穂乃果「行くの?」

凛「嫌なの?」

穂乃果「まっ…いっか。敵情視察だね」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:14:01.99 ID:kHvQLP3A0
海未「ごめんください」

店員「…はい」

穂乃果「あのぉ」

店員「…」

穂乃果「お饅頭を買いたいんですけど…」

店員「…」

穂乃果「あの…」

凛「…寝てる?」

海未「いや…目が開いてるじゃないですか」

店員「…」

穂乃果「あの…」

店員「一個100円だよ」

穂乃果「あ、じゃあ一つ下さい」

店員「…あんだって?」

穂乃果「いや、一つ下さい」

店員「120円だよ?」

穂乃果「え?さっきは100円って…」

店員「…消費税だよ」

海未「では、108円では…」

店員「…買うの?買わないの?」

穂乃果「…あっ…買います…」

店員「毎度」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:27:22.27 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「それじゃあ…頂きます…パクっ…んむ…ん?抹茶?」

海未「本当ですね…抹茶あんですか」

凛「ん~後は熱いお茶が欲しいにゃ」

店員「…ん」

凛「あっ…お茶…いいんですか?」

店員「…」

凛「頂きます」

穂乃果、海未「ありがとうございます」

海未「このお茶…かなり美味しいですね」

穂乃果「そうなの?」

海未「ええ」

凛「お饅頭とよく合うにゃ~」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:29:20.46 ID:kHvQLP3A0
店員「………あんた達アイドルか何か?」

穂乃果「あっ…スクールアイドルをやっていて」

店員「………サイン」

穂乃果「あっ…そんな芸能人とかではないですけど」

店員「…大丈夫」

穂乃果「じゃあ…」

凛「お店の名前で良いですか?」

店員「………ん」

海未「では…」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:33:47.56 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「あそこのお饅頭美味しかったねぇ」

海未「そうですね。抹茶あんはあんまりたべた事がなかったのですが」

穂乃果「海未ちゃんはオーソドックスなお饅頭が好きだもんね」

凛「オートバックス?」

穂乃果「…違うよ」

凛「そっかぁ」

海未「穂乃果は凛の扱いが上手いですね」

穂乃果「仲良しだもんね?」

凛「うん」

海未「仲の良い姉妹見たいです」

穂乃果「そうかな?」

凛「え?凛と姉妹に思われるのは嫌?」

穂乃果「………」

凛「え?嫌なの?何か言ってよ」

穂乃果「凄く嬉しいよぉ」

凛「本当?凛も嬉しいにゃ~」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:45:01.65 ID:kHvQLP3A0
凛「穂乃果ちゃんも将来穂むらを継ぐの?」

穂乃果「ん~そうなるのかなぁ」

凛「じゃあ、穂乃果ちゃんと結婚する人は和菓子職人にならなくちゃいけないの?」

穂乃果「いや…そうとは限らないけど」

海未「まだ、結婚なんて先の話です」

凛「そうだけど…穂乃果ちゃんがどんな人と結婚するのか気になるにゃ」

穂乃果「ん~でも穂乃果と結婚したら旦那さんは大変かも」

海未「そうですね。ズボラでがさつでおおざっぱですからね」

穂乃果「そこまで言う事ないじゃん」

海未「本当の事じゃないですか」

穂乃果「海未ちゃんの意地悪」

海未「だってそうでしょ?宿題は忘れるし朝は寝坊するし…だいたい、和菓子職人の朝は早いでしょう?」

穂乃果「仕方ないじゃん。起きるって難しいんだもん」

海未「私は普通に起きれます」

穂乃果「海未ちゃんはね」

凛「まあまあ、せっかく楽しくやってるんだからケンカしちゃ嫌にゃ」

穂乃果「あっ…ごめん」

海未「…申し訳あにません、つい…」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:53:48.44 ID:kHvQLP3A0
海未「あっ!」

凛「どうしたの?」

穂乃果「何かあった?」

海未「ちょっと気になるお店が」

凛「寄ってみる?」

海未「良いのですか?」

穂乃果「せっかくだから行けばいいよ」

凛「そうにゃ」

海未「では、お言葉に甘えて…」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 17:02:12.92 ID:kHvQLP3A0
凛「…ここって」

穂乃果「…そうだね」

海未「登山ショップですね。まさか、商店街にこんなお店があるとは」

凛「…そうだね」

穂乃果「…びっくりだね」

海未「見てください。このウェア。可愛いでしょ?」

穂乃果「…そうだね」

凛「…」

海未「ちょっと試着してきてもよろしいですか?」

穂乃果「…うん。どうぞ」

凛「…がんばってね~」

海未「もう、何を頑張るのですか?それでは試着してきます」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 17:04:43.01 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「いつも衣装の試し着とか嫌がるのにね」

凛「今日はすっごいノリノリだったね」

穂乃果「うん」

凛「穂乃果ちゃん、海未ちゃんに何か言ってよ。今日は食べ歩きだよ?」

穂乃果「無理だよ。あんなに楽しそうな海未ちゃんに言えないよ」

凛「そうだよね」

海未「ジャーン。どうでしょう?似合いますか?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 17:17:23.34 ID:kHvQLP3A0
穂乃果「うん。良いんじゃないかな」

凛「凛もそう思う」

海未「本当ですか?…買ってしまいましょうか…え?………8万円?」

穂乃果「そんなにするの?」

凛「びっくりだね」

海未「…」

穂乃果「…諦めも肝心だよ?」

海未「…せっかく穂乃果と凛が勧めてくれたのに」

凛「え?いつ勧めたってけ?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 17:19:22.89 ID:kHvQLP3A0
凛「海未ちゃん落ち込んでたね」

穂乃果「そうだねぇ」

凛「また今度登山に行きましょうって言ってたけど…穂乃果ちゃんにだよね?」

穂乃果「え?どうして?凛ちゃんにでしょう?」

凛「…あんまり考えないようにしよう?」

穂乃果「だね」

凛「さあ、食べ歩きを再開するにゃ」

穂乃果「うん」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 11:27:11.92 ID:mCI+OVAg0
穂乃果「と言っても結構お腹いっぱいなんだよね」

凛「確かに…ちょっと運動でもしてお腹を空かせなきゃね」

穂乃果「お腹いっぱいなのに運動出来るの?」

凛「出来るよ」

穂乃果「そう」

凛「うん…あっ、バッティングセンターがあるよ!」

穂乃果「え?商店街の中に?」

凛「これだけデカイ商店街だからね」

穂乃果「行ってみる?」

凛「うん。テンション上がるにゃ~」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 23:16:00.28 ID:6X3nTe3NO
穂乃果「穂乃果、野球ってあんまりやった事がないんだよね」

凛「凛もそんなにはだけど多分出来るよ」

穂乃果「まあ、凛ちゃんはね。スポーツ少女だからね」

ちょっと、あんた達~

穂乃果ちゃん~ 凛ちゃん~

穂乃果「ん?」

凛「この声は?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 23:29:34.23 ID:6X3nTe3NO
にこ「ん?この声は?と聞かれたら」

絵里「答えてあげるが世の情け」

にこ「世界の破壊を防ぐため」

絵里「世界の平和を守るため」

にこ「愛と真実と笑顔を貫く」

絵里「ラブリーチャーミーなスクールアイドル」

にこ「にこにー」

絵里「絵里」

にこ「銀河を駆けるBiBi団の二人には」

絵里「ホワイトホール、白い明日が待ってるわ!」

にこ「にっこにっこに~」

穂乃果「…」

凛「…その口上って結構前に変わってるよ?」

絵里「だからやめようって言ったのに~」

にこ「何を言ってるのよ?大成功じゃない」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 23:32:42.53 ID:6X3nTe3NO
穂乃果「海未ちゃんの次は絵里ちゃんとにこちゃんかぁ」

凛「かよちんの真似して凛ちゃーんなんて言うから誰かと思ったにゃ」

絵里「びっくりさせようと思って…」

穂乃果「まあ、色んな意味でびっくりしたよね?」

凛「そうだね…今日は真姫ちゃんは?」

絵里「本当はBiBiで来る予定だったんだけど」

にこ「昨日になって嫌だって言い出したのよ」

凛「さっきの見たら気持ちはわかるにゃ~」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 23:41:00.93 ID:6X3nTe3NO
絵里「それにしても二人はなんでバッティングセンターにいるの?今日は食べ歩きじゃないの?」

凛「運動してお腹を空かそうと思ったの」

にこ「なるほどね」

穂乃果「ねえ?希ちゃんは近くにいるの?今日は穂乃果達に任せるって言ってたのにさ」

絵里「さあ?」

にこ「穂乃果達がバッティングセンターに入ったから合流してくれって連絡が来ただけよ?」

穂乃果「ヒフミから希ちゃんに連絡行ってるのかなぁ?」

にこ「あのね、そんな事は気にしないの。いい?時にアイドルは食べ歩きリポートもする時があるんだから、ちゃんとこなさなきゃいけないのよ?」

絵里「にこはプロ根性が凄いわね」

にこ「当たり前でしょ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 07:40:16.85 ID:VomG1vGXO
凛「とりあえずさ、にこちゃんバッティングやってみなよ」

にこ「え?にこが?」

穂乃果「せっかく来たんだからさ」

にこ「いや、主役はあんた達で…」

凛「良いから、ね?」

穂乃果「ね?」

絵里「良かったわね」

にこ「まあ、別に良いけど」

凛「じゃあ、ここね?」

140km

にこ「えっ」

凛「早く入るにゃ~」

にこ「ちょ、ちょっと」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 23:26:38.03 ID:VomG1vGXO
バスン

にこ「ヒイッ」

穂乃果「にこちゃんファイトだよ」

凛「せめてバットをふるにゃ~」

絵里「球を良く見て」

にこ「えい」

スカッ バスン

にこ「えい」

スカッ バスン

凛「ん~にこちゃんは野球が下手くそだにゃ」

穂乃果「がっかりだねぇ」

絵里「ドンマイよ」

にこ「あんた達ね~140って凄く早いのよ」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 23:30:58.80 ID:VomG1vGXO
絵里「じゃあ、次は私が」

穂乃果「絵里ちゃんがんば~」

にこ「え?140をやるの?」

絵里「もちろん」

凛「じゃあ、コイン入れるよ?」

絵里「オッケ~」

シュッ カキーン

穂乃果「おお!」

にこ「…え?」

凛「…流石にゃ~」

絵里「なるほどね~」

シュッ カキーン

絵里「ふん」

シュッ カキーン

穂乃果「絵里ちゃん凄いよ」

凛「ほとんど当たってたにゃ~」

にこ「ま、まあまあね」

凛「じゃあ、次は凛が」

シュッ カキーン パッパラ~

穂乃果「え?ホームラン?」

絵里「ハラショー」

にこ「…嘘」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 23:33:23.13 ID:VomG1vGXO
穂乃果「いや~凛ちゃんも絵里ちゃんも凄かったね~」

凛「いやぁ~」

絵里「そんなに手放しで褒められると恥ずかしいわ」

にこ「ふん」

穂乃果「さあ、食べ歩きを再開しようか」

絵里「ええ!」

凛「あーっ!」

にこ「何よ?」

凛「美味しそうなおでん屋さんみっつけた」

穂乃果「どこ?」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 14:04:58.63 ID:D1XrAwhFO
凛「こんにちは~」

おでん屋「いらっしゃい」

凛「おでんください!」

おでん屋「はい!どれにしましょう?」

凛「凛はね~たまごとちくわが食べたいにゃ」

おでん屋「あいよ。お嬢ちゃん可愛いから大根もサービスしちゃおう」

凛「わ~ありがとにゃ~。おじさん大好きにゃ~」

おでん屋「それは困っちゃうなぁ。ほら、巾着もおまけしてやろう」

凛「おじさんありがとう」

穂乃果「凛ちゃん…凄いね」




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 14:08:30.39 ID:D1XrAwhFO
絵里「じゃあ、私は大根を頂こうかしら」

おでん屋「あいよ。大根ね」

絵里「ありがとうございます」

穂乃果「穂乃果はちくわぶ!」

おでん屋「二人にもたまごをサービスだ」

穂乃果「え~いいの?」

絵里「何だか、すいません」

おでん屋「良いんだよ」

にこ「じゃあ、にこはぁ~がんもどきが欲しいにこ!」

おでん屋「はい」

にこ「え?」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 14:10:52.33 ID:D1XrAwhFO
凛「いや~美味しいねぇ」

穂乃果「凛ちゃんのおかげでサービスして貰えたね」

にこ「何で私だけ…」

絵里「結局サービスしてくれたじゃない」

凛「にこちゃんはあざとすぎるんだよ」

にこ「いや…それは…」

穂乃果「普通で良いんだって、普通で」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 07:39:33.52 ID:tRmDzH19O
穂乃果「いつかさ、穂乃果達が大人になったらさおでん屋さんで一杯やってく的な事しようよ」

凛「μ'sの皆で?」

絵里「それは楽しそうね」

にこ「え~親父くさくない?」

穂乃果「え?にこちゃんは来ない?」

にこ「いや…行くわよ」

穂乃果「じゃあ、決定ね」

凛「お酒は飲めるかわからないけど楽しみにゃ~」

絵里「ふふっ、そうね」

にこ「絵里はロシアの血を引いてるから強そうだけどね…」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 07:43:12.24 ID:tRmDzH19O
穂乃果「さあ、とりあえずまたどこかのお店に入ろうか?」

にこ「さっきから言いたい事があったんだけど…」

凛「どうしたの?」

にこ「食べ歩きリポートなのにあんた達は何を食べても美味しいしか言ってないじゃない」

穂乃果「え?」

凛「言われて見れば…」

絵里「まあ…でも、美味しいって言うのが一番嬉しいって前に小田原で…」

にこ「それはそれよ。今回は食べ歩きが主なんだからダメでしょ」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 07:42:03.73 ID:nHS8E4wRO
穂乃果「そんな事言われても…にこちゃんは出来るの?」

にこ「当たり前でしょ」

凛「じゃあ、そこら辺はにこちゃんに任せておくにゃ」

絵里「大丈夫なの、にこ?あんまり無理しない方」

にこ「いや、あんた達もやるのよ」

凛「そんな事を言ってる間にも時間が過ぎてくにゃ」

穂乃果「そうだよ。どっか入らなきゃ」

絵里「ねえ、見て?あそこのカフェ。お洒落じゃない?」

穂乃果「本当だ!じゃあ、入ってみようか?」

にこ「食べ歩きじゃないの?」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 20:52:03.30 ID:nHS8E4wRO
カランコロン

店員「いらっしゃいませ」

穂乃果「あっ!4人大丈夫ですか?」

店員「はい。大丈夫ですよ。こちらへどうぞ」

穂乃果「んしょっと」

凛「凛、カフェとかあんまり来たことないよ」

穂乃果「穂乃果も!」

絵里「私は希とテスト勉強をする時とかに行ってたわ。μ'sに入ってからはなかなかだけど」

穂乃果「へ~」

凛「にこちゃんはお洒落だと思われたいからカフェに行こうとか思ってそうにゃ」

にこ「なっ、お、思ってないわよ」

絵里「これは図星ね」

にこ「なっ、あんただって思ってるんじゃないの?」

絵里「思ってるわよ?カフェってお洒落じゃない?」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 21:24:27.51 ID:nHS8E4wRO
にこ「しょ、正直ね」

絵里「だって、お洒落じゃない?カフェって凄くお洒落じゃない?」

にこ「あんたって将来意識高い系になりそうね」

絵里「なあに、それ?」

穂乃果「そんな事よりも早く注文しなきゃ」

凛「そうだよ。時間なくなっちゃうにゃ」

絵里「じゃあ、私はチョコレートコーヒー」

穂乃果「え?そんなのあるの?」

絵里「ええ」

穂乃果「それじゃあ、穂乃果はオレンジジュース」

にこ「コーヒーじゃないの?」

穂乃果「うん」

凛「ねえねえ、にこちゃん。見て?ウインナーコーヒーだって…知ってる?」

にこ「え?…も、もちろんよ」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 21:32:58.08 ID:nHS8E4wRO
凛「ウインナーが入ってるのかな?」

穂乃果「まさか」

にこ「あ、あれよ?ウインナーを食べながら飲むんじゃないの?」

絵里「生クリームを浮かせたコーヒーをウインナーコーヒーと呼ぶのよ。オーストリアの首都ウィーンから取ってウインナーコーヒーって言うの」

穂乃果「へぇ~絵里ちゃん物識り~」

凛「賢いにゃ~」

絵里「そんな事ないわよ。前にカフェで希にからかわれたから勉強したの。コーヒーの」

にこ「あんたも知らなかったんじゃない」

絵里「高校生が知ってる訳ないじゃない」

にこ「開き直らないでよ」

凛「凛はやっぱり絵里ちゃん好きだにゃ~」

絵里「え?何?いきなり」

穂乃果「絵里ちゃんは割合が良いんだよねぇ」

絵里「え?何の話し?」

凛「うん。賢いのが4割くらいでちょうど良いんだよね」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 21:38:55.49 ID:nHS8E4wRO
絵里「そ、そう?」

にこ「何で嬉しそうなのよ」



店員「お待たせしました~」

穂乃果「あっ、オレンジジュース来た!」

凛「わーい。凛のも来たにゃ」

にこ「結局凛もリンゴジュースだし」

絵里「さて、私も頂こうかしら」

にこ「そうね」

絵里「あっつい」

にこ「猫舌?」

凛「にゃん」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 21:48:10.59 ID:nHS8E4wRO
穂乃果「結局あの二人は何をしに来たんだろうね?」

凛「にこちゃんなんてコメントがどうこう言ってたけど特に何もしてかなかったもんね」

穂乃果「そうだね。時間も後少しだしやっぱりこう言うのは凛ちゃんと二人がしっくり来るねぇ」

凛「そうだね。穂乃果ちゃんと二人だと好き勝手出来るもんね」

穂乃果「…え?」

凛「え?…穂乃果ちゃん…もしかして迷惑?」

穂乃果「……」

凛「え?何でまた黙るの?何か言ってよぉ」

穂乃果「めちゃめちゃウェルカムだよ」

凛「穂乃果ちゃーん」

穂乃果「凛ちゃーん」

凛「アハハwww」

穂乃果「アハハwww」




49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 21:52:58.01 ID:nHS8E4wRO
穂乃果「と言っても時間的に後一軒くらいなんだよね。行けるのは」

凛「そうなんだよねぇ」

穂乃果「実はね、行きたいお店があるの?」

凛「そうなの?どこ?」

穂乃果「どこって言うか…パン屋さんがないかな?」

凛「商店街だもん。きっとあるよ!」

穂乃果「そうだよね?じゃあ、パン屋さんでいい?最後のお店は?」

凛「うん。いいよ!でも、穂乃果ちゃんお腹は平気?」

穂乃果「パンは別腹だよ!」

凛「さすが穂乃果ちゃんにゃ~」

穂乃果「穂乃果にとってパンはスイーツだよ!」

凛「さっすがにゃ」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 21:55:15.32 ID:nHS8E4wRO
穂乃果「ん~どこかないかなぁ?」

凛「ねえ、穂乃果ちゃん?あそこは?」

穂乃果「え?あれってドーナツ屋さんって言うかミスド」

凛「でも、パン屋さんだよ?」

穂乃果「…凛ちゃん」

凛「え?ダメかな?」

穂乃果「…さすがに」

凛「…そっか」

穂乃果「行こうか!」

凛「だよね!」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 22:00:46.56 ID:nHS8E4wRO
カランコロン

穂乃果「久しぶりだなぁ、ミスド」

凛「凛も久しぶりにゃ」

穂乃果「凛ちゃんは何が好き?」

凛「凛はねぇ…エンゼルフレンチとエンゼルクリームが良いにゃ」

穂乃果「あ~いいねぇ。ゴールデンチョコレートも欠かせないし…ポンデリングも好きなんだけど…やっぱりオールドファションなんだな」

凛「え?オールドファションって普通のやつだよね?」

穂乃果「凛ちゃん!シンプルイズベストだよ!」

凛「そっかぁ。じゃあ、凛もオールドファションにするにゃ」

穂乃果「じゃあ、オールドファションを二つだね」

凛「うん」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 22:02:14.57 ID:nHS8E4wRO
穂乃果「さあ、凛ちゃん!オールドファションだよ!」

凛「美味しそうにゃ」

穂乃果「さあ、最後の締めは穂乃果のあのセリフでいいかな?」

凛「オッケーにゃ!」

穂乃果「じゃあ、いくよ?」

凛「うん」

パクっ

ほのりん「今日もパンがうまい!」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/01(木) 22:03:36.37 ID:nHS8E4wRO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「クイズ!星空凛の100のコト優勝記念」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「クイズ!星空凛の100のコト優勝記念」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。