希「十二月十一日は」花陽「百円玉記念日」

シェアする

花陽-アイキャッチ19
1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:03:14.14 ID:kcsiZYqo.net
【昨年】

花陽(ココア買おうっと)

チャリン

花陽(中3)「あ(百円…落としちゃった)」

コロコロ…カラン

花陽「えぇー!?」ガクッ

花陽(このフタって、なんで穴あいてるんだろう…っていうか、位置が悪すぎるよ)トホホ

花陽(わざわざフタを持ち上げて探すなんてしたくないし…しょうがないよね)

花陽(今日はもうココアを飲んだつもりで諦めよう…それに家に帰れば買わなくても飲めるし)

凛(中3)「かーよちん♪」ドン

花陽「ピャァ!?…り、凛ちゃん…やめてよぉ」

凛「えへへ…ごめんにゃ」

花陽「もう!私が諦めてなかったら今ので二百円だよ!?」プンプン

凛「な、何の話…?」

「…」

【後日】

花陽「あれぇ?…自信あったんだけどなぁ」

凛「かよちん。どうだったー?」

花陽「思ったより悪かったの…ほら」

凛「って、全部凛より上じゃん!?」

花陽「でも、これとこれとこれは100点取れる自信あったのに…まさか全部90点台なんて」ガクッ

凛(うぅ…その点数で落ち込まれると凛の立場が無いにゃ)ゲンナリ

【12月24日】

花陽(今日は凛ちゃん家で、みんなでクリスマス♪)

花陽ママ「あら、そうなのー?わかったわー」

花陽「お母さん?どうしたの?」

花陽ママ「予約してたケーキの値段、間違えてたみたいで…100円足りないんだって。ちょっと行ってくるわー」

花陽「うん…じゃあ先に凛ちゃん家に行ってるね」

花陽(100円足りないなんて…凛ちゃんのお母さんも、そそっかしいところあるんだなぁ)クス

元スレ: 希「十二月十一日は」花陽「百円玉記念日」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:05:42.05 ID:kcsiZYqo.net
【星空家】

凛「ゲームでもして待ってるにゃ」

花陽「私、お茶いれてくるよ」

凛「お構いなくー」

花陽「ふふふ…それってお客さんの台詞だよね?」

凛「あれー?足りると思ったのにー><」

花陽「どうしたの凛ちゃん?」

凛「ポイントが100足りなくて、高橋光成の覚醒MAXにできないにゃ」

花陽「そうなんだ…じゃあ1試合やろうよ」

カーン

凛「あー!?」ガクッ

『失投を逃しませんでした!逆転の3ランホームラン!』

花陽「やっぱりピッチャー交代したほうが良かったんじゃないかなぁ?」

凛「まだ100球しか投げてないのにー」

花陽「まあ、ルーキーだし…」

凛ママ「ただいまー」

花陽ママ「お邪魔します♪」

凛ママ「ケーキの到着よ!頭が高ーい!」

りんぱな「ははぁーっ!」

花陽ママ「母だけに?」

凛「ちょっと寒くないかにゃー?」

花陽(クリスマスって美味しい物がいっぱいだから大好き♪…えへへ)

花陽ママ「あらー?強力粉が足りないわ…」

凛ママ「あ、この間使ったんだった…」

花陽「どれくらい足りないの?」

花陽ママ「ちょうど、あと100gね。家に帰ればあるけど…」

凛ママ「まあ料理はほかにもいろいろあるし…とりあえず食べましょ♪」

ママりんぱな「メリークリスマース♪」
3: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:10:30.92 ID:kcsiZYqo.net
【今年・初詣】

花陽(私は自信あるけど…凛ちゃんと二人で100%合格できるように、お賽銭は百円にしようかな)

花陽「あ、あれぇ?…百円玉が全然ない…」

凛「どうしたのー?」

花陽「凛ちゃん、百円玉ある?」

凛「百円?ちょっと待っててー」

凛「10円…五円…50円…なかったにゃ」

花陽「そっかぁ…」

凛「50円玉じゃダメなのー?」

花陽「あ…いいかも。二人で100だもんね。50円玉ならあるし…」

凛「凛もあったよ♪」

チャリン カランカラン

花陽(凛ちゃんと一緒に…)

凛(おいしいラーメンが食べたいにゃ♪)

【二月】

凛ママ「福は内!」パラパラ

凛「お庭は外ー!」パラパラ

花陽「えーと…歳の数だけ食べるんだっけ」

花陽ママ「そうね。今年は2016粒♪」

花陽「に、にせん!?」

凛ママ「いや、その年じゃないわよ…」

凛「そんなに入ってないにゃ」

花陽「私と凛ちゃんは15ずつだね」

花陽ママ「私たちは…あら、足りないわー」

花陽「撒きすぎちゃったね…(100粒も残ってなかったみたい)」

凛ママ「これでいいのよ。気持ちはいつまでも若く!」

凛「サバ読んだらいけないにゃー」

凛ママ「凛?サバが食べたいの?」ニコ

凛「い、いらないよー!><」

花陽ママ「うふふ。サバ寿司じゃなくて、恵方巻を食べましょ♪」
4: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:12:26.27 ID:kcsiZYqo.net
【三月】

凛「どうしよー!?><」

花陽「どうしたの凛ちゃん?」

凛「ラッピングとか、ちゃんとしたら結構お金かかるんだよねー」

花陽「足りないの?」

凛「あと100円あれば…」

花陽「百円ね…あれ、(また)百円玉ないや」

花陽「じゃあ、はい。五百円」

凛「えー!?でも悪いよ…」

花陽「私の分もあるんでしょ?」

凛「もちろんにゃ」

花陽「じゃあ使ってほしいな♪」

凛「かよちん…ありがとー!かよちんの分は一番頑張るからね!」

花陽「凛ちゃんが作るの?」

凛「うん。お母さんも手伝ってくれるから大丈夫にゃ!」

花陽(一緒に作るのもいいけど、先に知ってたらつまんないからって…バレンタインとホワイトデーのお菓子は毎年別々に作ることにしてるんだ)

花陽(凛ちゃんは女の子にモテるから、結構もらったみたい…でも私が一番なんて嬉しいな。エヘヘ♪)

【四月】

凛「かよちん!遅刻しちゃうよー?」

花陽「も、もうちょっとだけ…」

\♪キャナイドゥーアイテーキベービ/

花陽(A-RISE…やっぱりいいなぁ♪)キラキラ

ドタバタ

凛「あと100メートル、全力で走れば間に合うよー!」

花陽「…む、無理…」ゼーハー

キーンコーンカーン…
5: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:15:50.99 ID:kcsiZYqo.net
教師「二人そろって遅刻?…放課後、グラウンド100周ね」

花陽「ひゃ、百!?」

凛「凛はともかく、かよちんが死んじゃうよー><」

教師「冗談よ。でも二度目は大目に見ないからね?」

花陽「はい…」
凛「はーい…」

花陽「百字以上の反省文を提出だって…」

凛「それくらいなら簡単だよねー♪」カキカキ

凛「かよちんはUTX高校のスクールアイドルA-RISEが大好きです。A-RISEは全国のスクールアイドルで一番人気があるんだって。今朝も秋葉原までA-RISEを見に行って遅刻しました。凛は遅刻しちゃうよって言ったのに、かよちんはA-RISEに夢中で…」

花陽「り、凛ちゃぁん…」

パラララ シュタタタ

絵里「希!占いなんてしてる場合じゃ…」

希「まあ、まあ…理事長に訊かれて何も答えられなかったんやし。これから何をすればいいか、ヒントになるかもしれないやん?」

絵里「でも占いなんかで…」

スッ… パタ

絵里「それは…金貨のカード?」

希「そう。小アルカナ、ペンタクルの10…逆位置や。意味は…損失」

絵里「廃校のこと?」

希「まあ、ウチらにとって目下最大の損失はそれやろな。二枚目のカードは…」スッ

パタ

希「大アルカナ、愚者のカード…これも逆位置」

絵里「0って書いてあるけど…」

希「うん。愚者は78枚のタロットカードの中で唯一、0のカードや。0は逆さにしても0やけど…」

絵里「…けど?」

希「愚者はあくまで人やから。人は地上で生活している以上、上下の違いには明確な意味があるん」

絵里「そうね…」

希「意味は…失敗、見落とし、消極的…といったところやな」

絵里「積極的に行動しなければ、廃校の運命は変えられないってことでしょ?」

希「そやね。…にしても、10と0か。まるで対極のようなカードやな」

絵里「損失に失敗って、ろくな結果じゃないわね」

希「まあね…でも、この組み合わせにも何か意味があるのかも」
6: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:21:12.04 ID:kcsiZYqo.net
絵里「10と0ね…10の努力で結果は0なんてことにならなければいいけど」

希「ま、まあ占いはポジティブに考えないと。廃校の可能性を10から0に減らしていくくらいのつもりで…」

希(…損失の見落とし?…いや、消極的のほうが鍵になりそうな気もするなあ)

凛「もー。そんなに深く考えてもしょうがないよ。凛はもう終わったよー?」

希「…?」

花陽「ま、待って…もう少し…」

希(一年生がこんな時間まで…何してるんやろ?)

凛「先に提出してこよーっと」

ガラッ タタタ…

花陽「り、凛ちゃん…あ」

希「こんにちは」

花陽「は、はい。こんにちは(先輩…三年生だ)」

希「作文?」

花陽「は、はい…あんまりポジティブな作文じゃないですけど…」

希「そうなん?何か重いテーマ?」

花陽「い、いえ…ただの遅刻の反省文です…」

希「ふーん…(真面目そうな子やけど)なんで遅刻しちゃったん?」

花陽「そ、それは…ちょっとUTXに…」モジモジ

希「ああ、UTXに友達がいるん?」

花陽「そ、そうじゃなくて…」

希(損失…遅刻…時は金なり?…いや、失敗のほうかな?)

希「邪魔しちゃってごめんね。でも反省ってポジティブにも考えられるんやないかな?」

花陽「え…?」

希「わざと遅刻したわけやないやろ?…だったら同じことをしても、こんなふうにやれば遅刻しなくて済む!ってアイデアを考えて書くとかできるやん?」

花陽「な、なるほど…」

希「ふふふ…まあ、頑張って」

花陽「あ、ありがとうございました…先輩」

希「ウチは東條希。生徒会の副会長やってるん。何か困ったことがあったら気軽に相談してよ♪」

花陽「は、はい。私は、小泉…花陽っていいます」

希(小泉さんか…何となくやけど、この子は占いの結果に関係ありそうな…廃校の運命を変える鍵になりそうな気がする)
7: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:23:50.23 ID:kcsiZYqo.net
【後日・一年教室】

穂乃果「スクールアイドルの高坂穂乃果です!」

花陽(音ノ木坂にもスクールアイドルが…可愛いし、応援しよう♪)ワクワク

「…」

【放課後】

穂乃果「す、すごい!?」

ことり「たった一日で、こんなに入ってるなんて…」

海未「とにかく確認してみましょう」

ドサ

穂乃果「えーと…なにこれ?」

ことり「百円玉…だね」

海未「おそらく硬貨の上に紙を置いて、鉛筆でこするようにして文字を写し出したのでしょうね…」

穂乃果「これが私たちのグループ名?」

ことり「まあ、ほかのも見てみようよ」

海未「こっちも同じです…」

穂乃果「百円玉ばっかりじゃん!いったい誰のイタズラ!?」

海未「ですが、全部同じとは限りませんし…面倒でも一枚ずつ確認するしかないでしょうね」

ことり「アハハ…こんなにあると、だいぶ時間かかりそうだね」

穂乃果「もー!練習もしなくちゃいけないのに!」プンプン

海未(コピーではないようですし、こんないたずらを大勢でやるとも考えにくい…相当な手間をかけてまで、誰が何のために…?)

ことり「これで百枚…」ハァ

穂乃果「あったよー!一枚!」

海未「やっと、まともなグループ名が…」

穂乃果「今日から私たちはμ'sだ♪」
8: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:27:15.35 ID:kcsiZYqo.net
【後日・秋葉原】

海未「レアなの出たみたいです…」

穂乃果「海未ちゃん!」

ことり「私もやってみようかな♪」

穂乃果「ことりちゃんまで!?」

ことり「…あれっ、百円玉が全然ない」

穂乃果「紙に写したのなら嫌になるほど見たけどね…あ、私もないや」

海未「私も今使ったのが最後ですね…」

穂乃果「って、そんなことしてる場合じゃないよ!ほら、早く配っちゃおう」

海未「ですが、これは多すぎます…百枚はありますよ」

ことり「三人で分ければ33枚くらいになるけど…」

【音ノ木坂】

海未「…変ですね」

穂乃果「そんなことないよ。その調子で頑張って!」

海未「いえ、そうではなく…配っているのに全然減っていない気がするんです」

ことり「そういえば…」

穂乃果「えー?…いや、残り三十枚ちょっとだよ?」

海未「私もそれくらいです」

ことり「私も…」

穂乃果「じゃあ、合わせて100枚くらいだよね?」

ことほのうみ「…」

穂乃果「全然減ってないよ!?」

海未「だからそう言ってるじゃないですか…」

ことり「でも、そんなことって…確かにたくさん配ったはずなのに…」

花陽「あ、あの」

穂乃果「あ…小泉さん」

花陽「ライブ…見に行きます…」

海未「では一枚二枚と言わず、これを全部」

穂乃果「海未ちゃん!」
9: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:33:10.74 ID:kcsiZYqo.net
花陽「えーと…ぴったり百枚」

穂乃果「ホントに三人合わせて百枚あったんだ…」

ことり「きりがないし、残りは明日にしようよ」

【五月・新入生歓迎会当日】

希「ウチは帰ろうかな」

絵里「…」

花陽「あ、あの…副会長さん」

希「小泉さん。なに?」

花陽「ら、ライブ…よかったら、一緒に…」

希「μ'sのライブ?」

花陽「は、はい。一緒に…見に行きませんか…?」

希「デートのお誘い?」

花陽「えっ!?…で、デート…?」

希「あれ、違った?」

花陽「い、いえっ…違いません!」

希「ふふふ。小泉さんが誘ってくれるなんて嬉しいなあ。じゃあ行こうかな♪」

花陽(よかったぁ…副会長さんって優しくて素敵だよね♪)ドキドキ

【講堂】

ガヤガヤ

穂乃果「わあ、結構埋まったね♪」

ことり「百人くらいは居るかなぁ?」

海未「…」ガクブル

穂乃果「大丈夫だよ海未ちゃん。みんな音ノ木坂の生徒なんだから…みんな私たちの味方だよ♪」ギュ

海未「穂乃果…そ、そうですね…」

ことり(でも…いきなりこんなに上手くいくものなのかなぁ?)

\アイセー♪/
10: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:34:47.73 ID:kcsiZYqo.net
絵里「どうするつもり?」

穂乃果「あ、あれぇ?…もうみんな帰っちゃったのかなぁ?」

花陽「イエニカエッチャッタノ!?」

絵里「何を言ってるの?」

ことり「お客さん、百人くらい来てたのに…」

海未「残っているのは…四人?」

希「いや、ウチらが来たときからそれくらいやったけど…」

凛「凛を含めて三人だったかなー?」

海未「どういうことでしょう…?」

ことり「三人で同じ幻でも見てた…とか?」

穂乃果「そ、そんなぁ…」ガクッ

希(見落とし?…いや、見落とすっていう規模やないし。三、四人が百人に見えた…なんて、おかしな話やな?)

【後日・穂乃果の部屋】

穂乃果「穂むらまんじゅう。おいしいよ♪」

海未「ちなみに、一個でちょうど100kcalです」

花陽「へー」

ことり「誰が撮ってくれたのかしら?」

海未「再生数は…私たちでちょうど100ですか」

穂乃果「少なっ!?」

ことり「アハハ…まあ、誰も見てないよりはマシだと思うけど…」

穂乃果(あのとき…講堂に居たはずの100人が、動画を見て私たちを知ってくれるのかなぁ?)

【翌日・一年教室】

花陽「いったい何d」

クスクス

教師「小泉さん。今のところ、繰り返し読んでください。あと百回」

花陽「えぇ!?」

凛「授業が終わっちゃうにゃ…」

教師「冗談です」

真姫「イミワカンナイ…」
11: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:37:01.96 ID:kcsiZYqo.net
【中庭】

真姫「あーあーあーあーあー♪」

花陽「あーあーあーあーあー…」

真姫「もっと大きな声で。続けて百回!」

花陽「な、なんで百回なのぉ!?」

【夕方・屋上】

花陽「アイドルへの想いは誰にも負けないつもりです!」


海未「まだまだメンバーは募集中ですよ♪」

穂乃果「百人くらいは欲しいよね!」

花陽「そんなに!?」

凛「友達百人できるかな♪ってやつですねー?」

穂乃果「そうそう♪」

花陽「百人でおにぎりを食べる歌…ですよね?」

海未「そうですね…でも、あの歌詞…妙なところがあると言われていますよね」

ことり「ああ、一人足りないっていう話?」

穂乃果「え?百人もいるのに足りないの?」

凛「凛知ってるよ。もし友達が百人できたら、自分を含めて101人になるはずだよねー?」

海未「ええ。ですがおにぎりを食べるくだりは“百人で”と歌っています」

穂乃果「ひゃーくにーんで食べたいな♪…ホントだ!?」

花陽「ひ、一人足りない…イエニカエッチャッタノ!?」

真姫「…いや、騙されないわよ。あれはあくまで歌の主人公が“友達百人できたらいいな”って想像してる歌でしょ」

海未「そうですね。百人でおにぎりを食べました、とは言っていません」

穂乃果「そっかぁ…じゃあ、言うほど変じゃないのかな」

花陽「そ、そうですよね…(よかった。怖い話とかじゃなくて…)」ホッ

真姫(…ま、私たち一年生は百人どころか、1クラスしか無いけど)
12: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:39:45.95 ID:kcsiZYqo.net
【六月】

穂乃果「どしゃ降りー」

ことり「降水確率100%って言ってたもんね」

真姫「本当にそんなこと言ってたの?」

海未「聞いたことのない数字ですね…」

凛「100%じゃどうしようもないにゃ」

花陽「そうだね…今日はもう帰ったほうがいいかも…」

希「…どう思う?」

にこ「知らないわよ。私には関係ないし」

希(四月からいろいろおかしなことが起こるんだよね…そのほとんどに共通するのが“100”や)

【某ファーストフード店】

穂乃果「買って返してよ!…ほら、このクーポンで今ならポテトのLサイズが100円!」

にこ「お買い得ね。…けど、甘いわ」

凛「ポテトは塩味だよー?」

にこ「バカね。そうじゃなくて…よく見なさい。ここに先着100食限定って書いてあるでしょ」

穂乃果「え!?…ホントだ」

花陽「100ってことは、この時間じゃ…たぶん」

ことり「…もう終わっちゃったって」

穂乃果「そんなぁ!?…って、関係ないよ!割引にならなくたって買って返してもら…う?」

真姫「…居ないわね」

穂乃果「逃げられた!?」

にこ(アホね。…フン)タタタ

【翌日・生徒会室】

穂乃果「…アイドル研究部?」

絵里「ええ。それ以外にも…すでにアイドルに関する部活動が全部で百も存在します」

穂乃果「ひゃく!?」

希「エリち」

絵里「まあ、それは冗談だけど…アイドル研究部があるのは本当よ」

海未(…生徒会長は何故そんな冗談を…?)
13: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:46:38.77 ID:kcsiZYqo.net
【アイドル研究部・部室】

にこ「ミナリンスキーさんのサインよ。百円で落札したの」

ことり「アハハ…百円…」ガクッ

海未「ことり?…どうかしましたか?」

穂乃果「ことりちゃんも欲しかったの?なんとかスキーさんのサイン」

にこ「ミナリンスキー」

ことり「い、いや別に…」

ザァァァ…

希「一人辞め二人辞め…百人いた部員も、今はにこっち一人だけ」

穂乃果「そんなに居たんですか!?」

希「いや、そんなわけないやん?」

ことほのうみ「…」

【翌日・屋上】

にこ「全然ダメ。あと百回!」

花陽「真姫ちゃんみたいなこと言ってる…」

【後日】

海未「はぁ…緊張しました」

穂乃果「海未ちゃんも100点♪」

ことり「これでみんな100点だね…こんなに続くなんて…」

にこ「この採点機能、壊れてんじゃないの!?」

【また後日】

花陽「ラブライブです!」

海未「そんな順位では…」カチ

ことり「今ちょうど100位だね」

穂乃果「全国で100位なら…20位以内も狙えるかも!?」

真姫「でも、そう簡単に上がるものなの?…ここより上は実力のあるグループばかりなんじゃない?」

花陽「確かに上位はなかなか大きな変動は無いよね…ずっとA-RISEが1位だし」

凛「毎年同じ高校が甲子園に出てる地域みたいな感じかにゃ」
14: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:48:49.27 ID:kcsiZYqo.net
【後日】

穂乃果「100点だった…」ガクッ

凛「凛も…」ゲンナリ

にこ「私もよ…」シクシク

希「100点なんてすごいやん!?…なんでみんな落ち込んでるん?」

真姫「三人とも全教科の合計が100点だったのよ」

ことり「すごい偶然ではあるけど…」

海未「あんなに勉強したのに…なぜこんなことに…」

花陽「じゃあ私たち、ラブライブには…」

七人「…」

希「ま、まあラブライブに出られないのは残念やけど…まだ廃校を阻止するって目標があるやん?」

穂乃果「そ、そうだよね!どのみち100位のままじゃラブライブには出られないんだから…とにかく勉強より練習だよっ!ライブとかやろうよ!」

【七月】

\ダイスキ♪/

花陽(生徒会長さんと副会長さんが加わって九人になったμ's…オープンキャンパスのライブも成功して何とか廃校は回避した…けど)

凛「あれから全然順位が上がってないにゃ」

海未「相変わらず100位のままですね…」

穂乃果「おかしいなぁ…ライブも好評だったし、絵里先輩がいるのに…どうして人気が出ないのかな?」

絵里「私のことはともかく…効果的な練習もできてるし、みんな実力は上がってるはずだけど…」

真姫「でも票が全然入ってないわけじゃないでしょ。順位も下がってないんだから」

にこ「仕方ないわねー。ここはひとつ、この宇宙ナンバーワンアイドル!にこにーの実力で…」

希「花陽ちゃん。…ちょっと」

花陽「はい?」

パタン

希「おかしいと思わない?」

花陽「順位のことですか?」

希「それもあるけど、ほかにもいろいろ…にこっち達のテストとか、五月の講堂でのライブとか…」

花陽「そうですよね…あまりにも変なことが起こりすぎてるような…」
15: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:51:33.57 ID:kcsiZYqo.net
希「ウチが知るかぎり、最初の異変はコレやな」カサ

花陽「それは…?」

希「これと同じ物が全部で99枚、グループ名募集箱に入ってたん」

花陽「穂乃果先輩たちがグループ名を募集したときの…?」

希「そう。一枚だけがウチの書いたμ'sで、ほかの99枚は誰が入れたかわからない謎の紙」

花陽「百円玉の…」

希「うん。百円玉の上に紙を置いて鉛筆でこすったような感じやね」

花陽「百円玉が99枚で…9900円?」

希「あと100円で一万円やね。なんで99枚しか無かったんやろな?」

花陽「どこかで一枚なくしたか、数え間違えたか…」

『予約してたケーキの値段、間違えてたみたいで…100円足りないんだって』

花陽「…あ」

希「それに、これ…ものすごくスピリチュアルな何かを感じるん。…ただ、力自体はそこまで…花陽ちゃん?」

花陽(クリスマスに凛ちゃんのお母さんが…ううん。それだけじゃない…もっと前のこと、何か忘れてるような…?)

花陽「百円…」

希「んー?」

チャリン

『百円…落としちゃった』

花陽「足りない一枚って…あのとき落とした…」ゾク

希「花陽ちゃん?…どうしたん?」

花陽「思い出したんです…どうして一枚足りないのか…どこで落としたのか」

希「落とした?」キョトン
16: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 00:57:37.32 ID:kcsiZYqo.net
【都内某所・自動販売機】

花陽(季節で商品が入れ替わって、今はホットココアはないけど…)

希「ここで落としたん?」

花陽「はい…あっ!?」

希「…お」

花陽「百円、落ちてる…」ヒヤアセ

希「誰かが拾ってくれたんかな?」

花陽「そんなこと…だって、もうあれから半年以上…」

希「平成何年発行とか、覚えてない?」

花陽(とりあえず拾ってみよう…)カチャ

「おもしろーい♪」コシコシ

花陽「!?」

「ほら。100円が、いっぱいふえたよー♪」キャッキャ

花陽(小学生くらいの、メガネかけた女の子が紙と鉛筆で百円玉を…あれって、小さい頃の私!?)

『かよちんは、アイドルになりたいんだよねー♪』

はなよ「あきらめちゃうの…?」

花陽「え」

はなよ「なにもしないで…かんたんに、あきらめるんだ?」

花陽「そ、そんなこと…ないよ」

希「花陽ちゃん!」

花陽「!」ハッ

希「な、何が見えたん?…誰に向かって話してたの…?」

花陽(いない…私にだけ見えてた…?)

『あきらめちゃうの…?』

花陽(たぶん間違いない…これは、あのとき私が落とした…諦めて捨てた百円玉…)

花陽「そっか…だから…」

希「え…?」

花陽(いつも100っていう数字がつきまとって…私に思い出させようとしてたのかな。諦めたことを…諦めちゃいけないことを)
17: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 01:04:03.76 ID:kcsiZYqo.net
希「…そか」

花陽「アハハ…やっぱり信じられませんよね…こんな話」

希「ううん。そんなことないよ…ここに百円落ちてたこと、ただの偶然とは思えないし。投票箱も、講堂に百人来たって言ってたときも…なんか不思議な力を感じてた」

花陽「あれは、きっと私だったんです…百円を諦めた小さな後悔の気持ちが…」

希「そやね。アイドルになりたかった小さい頃の花陽ちゃんが、どこかで諦めてた気持ちと重なったのかも」

花陽「廃校を防ぐのも、アイドルになることも…小さなことでも諦めない気持ちをなくしちゃったら、そんな大きな目標は達成できないし…」

希「うん。自分に今できる精一杯の積み重ねが大事なのかもしれないね」

花陽(諦めないで…勇気を出して、一歩を踏み出すんだ。もう一度…)

『アイドルへの想いは誰にも負けないつもりです!』

花陽「あの…副会長…いえ、希先輩!」

希「なに?」

花陽「よかったら私と…そ、その…」

【夏合宿】

凛「凛は、かよちんのとーなり♪」

希「じゃあ、反対側はウチやな♪」

花陽「うん。…えへへ」

【七月】※回想

希「久しぶりにデートのお誘い?」

花陽「は、はい。…でも」

希「もちろんいいよ。いつ、どこへ行くん?」

花陽「えっと…一回だけじゃなくて、これから…ずっと私とデートしてほしいっていうか…つ、つまり…」

希「…花陽ちゃん」

花陽「あ…だ、ダメですよね…私なんかじゃ…ハハ…今のは忘れてください…」

希「あれ?諦めたらいけないんやなかったっけ?」クス
18: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 01:06:36.27 ID:kcsiZYqo.net
【秋】

花陽「わあ、すっごくキレイ!」

希「そやね。春のお花見もいいけど、紅葉を見ながらのお弁当も最高やろな♪」

花陽「食欲の秋だもんね!って、ちがうよぉ…」グー

花陽「あ…///」カァァ

希「ふふふ。まあ、腹が減っては何とやら…お弁当にも愛情がたっぷり詰まってるやろ?」

花陽「そうだよね…エヘヘ♪」

希(100位で足踏みしてたμ'sの順位も、だいぶ上がってきたし…)

花陽(μ'sは結局、第一回ラブライブには出られなかったけど…第二回大会が始まった。今回は私たちもエントリーして優勝をめざす…だから、これは束の間の休息だけど)

【十二月】

凛「真姫ちゃんは凄いにゃ…毎日凛たちと同じ練習してるのに、どうしてテストで100点なんて取れるのー?」

真姫「花陽だって本気出せば取れるでしょ。…最近、誰かさんに夢中で成績落ちてるんじゃない?」

花陽「あ、アハハ…これ以上落とさないように気をつけます…」

希「花陽ちゃん」フリフリ

花陽「希ちゃん!」

希「テストも終わったし、たまには遊びに行こ」

花陽「うん。…そうだ、今年のイヴは…」

凛「…」

凛(うらやましいにゃ…凛だって、本気出せば彼女くらい…)

凛(うぅ…心が寒いよ…コーンスープでも買おう…)チャリン

凛「あ…(百円、落っことしちゃったにゃ)」

凛(販売機の下に入っちゃったけど…まあいいや。めんどくさいし)

「…」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「十二月十一日は」花陽「百円玉記念日」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)