花陽「花陽と雨の日の贈り物」

シェアする

りんぱな-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:11:57.78 ID:yj0mB5Ik.net
花陽「わわっ!りんちゃん!?どうしたの?」

りん「かよちぃいん…」


私の大親友の星空凛ちゃんが突然はなよの元に倒れこんできまきた。


凛「か…かよちん…お…お腹が空いて動けないにゃ…」

花陽「ええっ!?おなかがすいちゃったのぉ!?」

元スレ: 花陽「花陽と雨の日の贈り物」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:15:32.10 ID:yj0mB5Ik.net
どうやらお腹が空いて動けない様子です。ふふっまだお昼前なのにりんちゃんたら食いしん坊さん。

…かく言う花陽も少し小腹が空いてます。

こんな時はこれ!


花陽「はい!りんちゃん!こんなこともあろうかと、オニギリをいつもよりたくさん持って来たよ!」

凛「か…かよちんは天使にゃ…」

花陽「そ…そんな大げさだよぉ」

花陽「はい、りんちゃん。一番美味しい塩むすびだよ。」

凛「ありがと!かよちんだぁいすき!」

花陽「ふふっ、私もだぁいすき!」
4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:18:29.47 ID:yj0mB5Ik.net
凛「おいしいにゃー!!かよちんのオニギリはいつ食べても美味しいにゃ!」

花陽「ありがと、りんちゃん!」

凛「えぇーっと…何時すらかつ、うまし、況や空腹時うまいや…あってる?」

花陽「もうりんちゃんったらさっきの授業でやっばっかりじゃん」

凛「そんなこと言ってもりんには難しすぎるにゃ~」
6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:21:48.97 ID:yj0mB5Ik.net
りんちゃんはどうやら先ほどやったばかりの漢文の句型が気に入って使いたがってる様子です。

反語って言うんだったかな?りんちゃんも勉強してるのかな?いや、りんちゃんだもんね…

でも、やっぱりこんなりんちゃんもかわいいなぁ…
外の天気は台風のせいでどんよりだけど私の周りはポカポカ陽気です。

次の日、台風は見事に音乃木坂に直撃…学校は休みになってしまいました…
普通の学生なら喜ぶだろうけど、
私はりんちゃんやみんなに会えなくなるからちょっとやだなぁ…
7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:25:56.47 ID:yj0mB5Ik.net
そんなことを考えている時一本の電話が来ました。

プルるるる…ガチャ


花陽「はい、小泉です。もしもーし?」

凛「もしもし!星空です!はなよちゃんいますか?」

花陽「えぇ!?りんちゃん!?私だよ?どうしたの突然?」

凛「ごめんね、かよちん、突然。昨日かよちんからオニギリもらったでしょ?そのお返しがしたいから、かよちんの家に行ってもいいかなー…なんて…ちょうどお母さんもお父さんもいないから…」

花陽「お返し?いいよぉーそんなのーー!」

凛「いや!りんがお返ししたかっただけだにゃ!もしかして…迷惑だった?」
8: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:29:10.85 ID:yj0mB5Ik.net
花陽「そんなことないよぉ!私もいまちょうどりんちゃんのこと考えてたんだ~りんちゃん来ないかな~なんて…ね?///」

凛「か…かよちん///」

花陽「私の家もちょうどいまお母さんもお父さんもいないから…」

凛「じゃあ今からかよちんの家にいくにゃー!」

花陽「大丈夫?まだ風が強いよ?」

凛「大丈夫、大丈夫!ぼうふうけいほうも解除されたしね!」

花陽「気をつけてね~」
9: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:32:48.34 ID:yj0mB5Ik.net
本当は家から出ちゃいけないのに、はなよたちは悪い子です
でも、りんちゃんの頼みだし仕方ないよね?

暴風警報も解除されたし問題ありませんよね?


花陽「りんちゃんがうちに来るのもなんだか久しぶりだな…あ、部屋の掃除しとかなきゃ。」

花陽「風がまだ強いなぁ…りんちゃん大丈夫かなぁ…」


しばらくしたら、家のチャイムが鳴り響きました。
私はりんちゃんが来たと思いドアを開けました。
しかし、そこにいたのはりんちゃんはりんちゃんでも今にも泣きそうになっているりんちゃんでした。
10: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:34:35.90 ID:yj0mB5Ik.net
花陽「どどど、どうしちゃったの!?りんちゃん!?」

凛「うわああああんかよちぃあいいいん!!」

花陽「よしよし、何があったの?はなよに話してごらん?」

凛「うっうっ…かよちん…」


りんちゃんが突然泣きながら家に来たのにはもちろん理由がありました。
ここにくる途中でせっかく作って来た私へのお返しを落としてしまったようです。
まだ風が強かったので流されたとりんちゃんは言っています。

あぁかわいそうなりんちゃん…
そんなに気を落とさなくてもりんちゃんの気持ちはしっかり伝わってるよ!
11: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:37:15.85 ID:yj0mB5Ik.net
凛「かよちん、ほんとにごめんね…りんが不甲斐ないばっかりに…」

花陽「全然大丈夫だよぉ!りんちゃん!元気だして!」

凛「かよちんは優しいにゃ~」

花陽「ところでりんちゃんは何を持ってたの?」

凛「えっとね…りんね…かよちんに喜んでもらおうと思って、かよちんの大好きなオニギリを作ってきたんだ…でも…りん…」ウルウル

花陽「りんちゃん…ありがとう!!りんちゃんのその気持ちだけでも私はうれしいよ!!」

凛「でも、せっかくのオニギリがーーーー…」

花陽(りんちゃんが悲しんでる…あっそうだ!確か…)
13: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:39:28.05 ID:yj0mB5Ik.net
花陽「りんちゃん!!もう一度作ろう!」

凛「え?もう一度?何をにゃ?」

花陽「オニギリだよ!!今からご飯を炊いて、もう一度私たちでお弁当を作ろう!」

凛「でも、それじゃあお返しの意味が…」

花陽「りんちゃん!私はりんちゃんのその気持ちだけで十二分にお返ししてもらったよ!やろう!もう一度!」

凛「か…かよちん…わかったにゃ!りん、もう一度やるよ!!」

花陽「りんちゃん!」

凛「かよちん!」ダキッ
15: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:41:52.27 ID:yj0mB5Ik.net
なんだかほのかちゃんみたいな口調になっちゃった。
ほのかちゃんとうみちゃんとことりちゃんの絆パワーもすごいけど、私達だって負けてなんかないよね?りんちゃん?

さて、突然のりんちゃんの訪問とトラブルにより急遽オニギリを作ることになった花陽たち。
りんちゃんが泣きそうになってた時はどうしようかと思ったけど、元気を取り戻してくれて良かった♪
りんちゃんが家に来てくれて花陽はとっても幸せです。なんだか楽しい日になりそう♪
16: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:43:16.27 ID:yj0mB5Ik.net
花陽「よし、りんちゃん!じゃあなんのオニギリを作ろうか?」

凛「え?かよちんのいつもの塩オニギリじゃないのかにゃ?」

花陽「今日はなんだか違うオニギリが食べたい気分なのです!」

花陽「りんちゃんの好きなものを入れていいよ」

凛「え?ほんと!?じゃあじゃあ、りんはラーメンオニギリにするにゃ!!」

花陽「それじゃあオニギリにならないよぉ」


こういうことで花陽はりんちゃんとオニギリを作ることになりました。りんちゃんのオニギリ楽しみだなぁ。
17: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:45:26.97 ID:yj0mB5Ik.net
凛「か…かよちん?オニギリってこれであってる?」

花陽「ふふふ、りんちゃん、もっとこうやって握ると綺麗な三角になるよ」

凛「わわわ…さすがかよちんにゃ…」

花陽「私はこんぶでもいれてみようかな…」

花陽「りんちゃんは何を入れるの?」

凛「りんは内緒だよ~」

花陽「えぇ!?内緒にしちゃうのぉ!?」
18: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:47:59.44 ID:yj0mB5Ik.net
オニギリタイムはあっという間に過ぎてしましたした。
時計は12時ちょっとすぎを指してちょうどいい時間。

じゃあ早速りんちゃんとオニギリパーティーです!


花陽「では、ここは主催者であるはなよが音頭をとらさせていただきます。」

凛「よっ!かよちーん!」

花陽「えぇでは、スピーチとスカートは短い方がいいと言いますが…」

凛「かよちんノリノリにゃ」

花陽「…こんな日でもお集まりいただきありがとうございます!」

花陽「じゃあ…かんぴゃーい!あっ」

凛「はははっwwかよちん大事なところで噛んだにゃー」

花陽「い…言わないでよぉ」

花陽「コホン…では、改めてカンパーイ!」

凛「かんぱーい!」

アイシテルカンパーイ
19: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:50:09.64 ID:yj0mB5Ik.net
……………。

凛「かよちん!りんのオニギリ食べてみてよ!」

花陽「りんちゃんのオニギリ美味しそう♪じゃあいただきます」

花陽「あっこれ…ほんのりラーメン風味…‼お…おいしい…‼」

花陽「ごはんのあっさり感に後からさっとついてくるラーメンの
味…くどなくいくらでも食べられちゃう…‼」

凛「ふふっ、気に入ってくれた?」

凛「りん特製のラーメンふりかけをかけてみたにゃ!」

花陽「りんちゃん!おいしいよ!」

凛「ありがとーーーかよちーーん!かよちんのオニギリも美味しいよ!お米がなにか違う気がするにゃ!」

凛「なんだか…優しい味がするにゃ」

凛「かよちんの好きなものとりんの好きなもの…かよちんとりん…二人合わさったら最強にゃ!」

花陽「り…りんちゃん!」
20: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:50:42.28 ID:yj0mB5Ik.net
こうして楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。りんちゃんと私…確かに最強のコンビです!誰にも負ける気がしません!
今ならあのアライズにも勝てる…かも?

この後はりんちゃんと私でたくさんたくさんお話をしました。
なんだか味気ない日になっちゃうのかなと思ったけど、今日はとっても幸せな日なのです。
外も台風は過ぎ、少しづつ晴れ間が覗いています。
ポカポカのいい天気です。
21: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:52:33.81 ID:yj0mB5Ik.net
凛「すっかり長居しちゃったにゃ」

凛「かよちん今日は突然押しかけてごめんね、でも、りんどうしても渡したかったんだ…」

花陽「ううん、りんちゃん、私、すごく楽しかったよ。りんちゃんが来てくれてほんとに嬉しかった、それだけでほんとに十分なの。今日はほんとに楽しい一日をありがとう!りんちゃん!」

凛「か…かよちん…」

凛「りんはやっぱりかよちんのこと大好きにゃ!」

花陽「りんちゃん…わたしもだよぉ!」ダキッ
23: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:54:13.52 ID:yj0mB5Ik.net
こうしてはなよ達のつかの間の休日は過ぎて行きました。
台風の日だったけど、とってもいい日でした!


誰かが言ってました。いつ雨の日が悪い天気と決めたのか。と。
私は今ならすごくこの言葉の意味がわかります。雨の日だろうと風の日だろうと、楽しいことをする日はなんだって幸せな日なのです。だって花陽、今日はとっても幸せだったもん!

次はμ'sのみんなともオニギリパーティをやりたいな♪

それが雨の日だろうともね♪
24: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:54:57.12 ID:yj0mB5Ik.net
あ、そうそう。
あの後家を出たことがお母さん達にばれてこってり絞られました…
やっぱりルールはしっかり守らないとね。


おわり
25: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 00:56:11.98 ID:yj0mB5Ik.net
ちょっと時事ネタ
学校が休みになる条件がわからないけどたぶんこんな気がした

最後までみてくれた方ありがとう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「花陽と雨の日の贈り物」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。