穂乃果「踏まれたい」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 20:43:00.84 ID:PKYaZS53.net
穂乃果「ねぇ、海未ちゃん」

海未「どうしました?」

穂乃果「踏んでくれない?」

海未「何をですか?」

穂乃果「私を」

海未「…」

海未「今度は一体何に影響されたのですか」

元スレ: 穂乃果「踏まれたい」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 20:44:17.78 ID:PKYaZS53.net
穂乃果「えーっとね、雪穂が持ってた漫画」

海未「は、破廉恥なやつでしょうか」

穂乃果「そんなんじゃないけどさ、それに出てくる男の子が女の子に踏まれてすごく嬉しそうだったんだ」

海未「よくわかりませんね」

穂乃果「でしょ?だから穂乃果も経験してみれればわかるのかなーって」

海未「気は進みませんし、もうすぐ部室に誰か来てしまうかもですよ」

穂乃果「誰かが来る前にお願い!」

海未「はぁ、分かりました」

海未「じゃあ、ちょっと四つん這いになってください」

穂乃果「う、うん」ドキドキ
3: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 20:50:35.05 ID:PKYaZS53.net
海未「こ、こうでしょうか…」グイッ

穂乃果「んー、あんまり…」

穂乃果「寝そべるからもっと強くやってみてよ」

海未「…わかりました」

海未「よっと…」グイーッ

穂乃果「おぉっ?」

海未「どうでしょう?」

穂乃果「気持ちいい…かも…」

海未「え」
4: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 20:56:04.66 ID:PKYaZS53.net
海未「ま、まさか穂乃果が変態さんだったなんて…」

絵里「あなたも十分変態よ」

真姫「イミワカンナイ…」

海未「な、二人ともいつからそこに」

真姫「穂乃果が四つん這いになったあたりから」

穂乃果「ほぼ最初からだね…」
6: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:03:08.39 ID:PKYaZS53.net
海未「あう…もうお嫁にいけません…」グスン

穂乃果「いやいや、そんな大したことじゃ…」

絵里「海未もやりたくてやったわけじゃないんでしょう?」

海未「それはそうですが…」

真姫「穂乃果が踏まれて気持ちいいって言ったのは?」

穂乃果「背中踏んでもらったらマッサージみたいで気持ちよくて…」

絵里「まだ踏まれたいの?」

穂乃果「うーん、そうかも」
9: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:14:14.28 ID:PKYaZS53.net
絵里「よし、三人で踏みましょう」

真姫「どこが『よし』なのよ」

絵里「三人で踏めば痛がって穂乃果もたぶんやめるでしょ」

海未「あまり気が進みませんが…」

穂乃果「穂乃果は構わないよ?」

穂乃果「それにこの三人に踏んでもらうって中々貴重だよね」

真姫「?」
12: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:21:04.20 ID:PKYaZS53.net
穂乃果「じゃあ、お願いします」

海未「何故仰向けなのですか…」

穂乃果「急にみんなの足裏を見たくなって」

穂乃果「あ、海未ちゃんは素足がいいかな」

海未「い、嫌です!」

穂乃果「別に減るもんじゃないじゃん」

海未「それはそうですが…」

真姫「面倒だからさっさとやりましょう」

海未「うぅ…」スッ
14: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:27:36.02 ID:PKYaZS53.net
穂乃果「おぉ、みんなの足裏…」

穂乃果(なんだろう、興奮してきた)

穂乃果「真姫ちゃん」

真姫「なに?」

穂乃果「匂い嗅いでもいい?」

真姫「ば、馬鹿じゃないの!」

海未「それより何処を踏めば…片足立ちで疲れてきました…」

穂乃果「海未ちゃんは胸で…絵里ちゃんには足を踏んでもらおう!」

真姫「私は?」

穂乃果「顔」

真姫「ヴェェェ」
18: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:32:52.56 ID:PKYaZS53.net
絵里「よっ…」グイッ

穂乃果「あ、絵里ちゃん上手…」

絵里「ふふふ、任せなさい」

海未「穂乃果のお胸…」クイッ

海未(柔らかい…)

穂乃果「んっ//もう、海未ちゃんのえっち…///」

海未「ほほ、ほ、穂乃果が胸を踏めと言ったのでしょう!」
20: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:41:28.63 ID:PKYaZS53.net
真姫「顔って絶対嗅ぐ気よね…」スッ

穂乃果「…」スンスン

真姫「ちょっ!」

穂乃果「なんだろう…」

穂乃果「ちょっと酸っぱい気がするけど、真姫ちゃんのだと思うと良い匂い…」

真姫「やめて!さっきの時間体育だったんだから蒸れてるのよ!」

穂乃果「ほう…」
23: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 21:46:12.68 ID:PKYaZS53.net
グイッグイッグイッ…

穂乃果「んっ…あっ…//」スンスン

海未「穂乃果が嫌がるどころかなんだか余計に喜んでる気がします」

真姫「気がするんじゃなくて喜んでるのよ」

絵里「おかしいわね…」

真姫「足はともかく顔と胸は普通じゃないと思うわ」

絵里「海未に胸を踏まれて、真姫の脚の匂いを嗅いで喜ぶ私たちのリーダー…」

海未「私たちは穂乃果を大変なものに目覚めさせてしまったのでしょうか…」

絵里「私だけ穂乃果に喜ばれてない…」

真姫「そっち?」

絵里「…」チラッ

絵里(こうなったら太ももの付け根を…)
26: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:01:03.86 ID:PKYaZS53.net
絵里「そぉいっ」グッグッ

穂乃果「んあっ!?絵里ちゃん!そこは…//」

海未「何やってるんですか?」

絵里「マッサージだけど?」

海未「くっ!」

海未「穂乃果ここが一番ですよね?」クイクイッ

穂乃果「う、海未ちゃん!先っちょだけ指で弄らないでっ!//」

真姫「…」

真姫「ほら、私は椅子に座るけど両足を穂乃果に向けてあげる」

真姫「片足は素足だから好きなほう嗅いでいいのよ?」

穂乃果「ありがとうございます!」
32: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:19:19.82 ID:PKYaZS53.net
真姫「ねぇ、蒸れた靴下と素足とどっちがいいの?」

穂乃果「ふぁ、どっちもいいよぉ」スンスン

真姫「あらあら、夢中になっちゃって…甘えんぼさんね」

海未「どうですか穂乃果、こういうのは」ススッ

穂乃果「だめっ、胸の先が海未ちゃんの脚と下着に擦れて…」

絵里「ほら、こっちも忘れないで?」グリグリ

穂乃果「ひぁっ//えりちゃ…///」
33: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:21:33.53 ID:PKYaZS53.net
穂乃果「も、もうダメっ!なんか来ちゃうかもっ…!」

海未「何が来ちゃうんでしょうね?」

絵里「さぁ?私たちには良く分からないわね」

真姫「ほら、そんなことよりもっと嗅いでもいいのよ?」

穂乃果「あっ…んっ…//」スンスン

穂乃果「っー//」


ガチャ


ことり「みんなお疲れさま~」

ソルゲ組「あ」

穂乃果「」ビクンビクン
39: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:32:32.59 ID:PKYaZS53.net



ことり「もう、ビックリしたんだからね!」

ことり「部室来てみればみんなで穂乃果ちゃんをいじめてるようにしか見えなかったんだから…」

絵里「ごめんなさい…」

海未「面目ありません…」

真姫「調子に乗りすぎました…」

穂乃果「あのね、穂乃果が頼んだことだから…」

ことり「穂乃果ちゃんも駄目だよ、そういうことはちゃんと私にも相談してもらわないと!」

穂乃果「え?うん、ごめんなさい…」
40: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:34:47.02 ID:PKYaZS53.net
ことり「それで、穂乃果ちゃんは踏まれることに目覚めちゃったの?」

穂乃果「正直幸せでした」

絵里「潔いわね」

海未「は、恥ずかしいです…」

ことり「そっか、雪穂ちゃんの漫画がきっかけ?」

穂乃果「うん」

穂乃果(あれ?それことりちゃんに話したっけ?)
43: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:39:39.70 ID:PKYaZS53.net
ことり「今回は頼んだ相手も悪かったよね」

海未「申し訳ありません、私が最初に断ればよかったんです」

ことり「でも、穂乃果ちゃんはたぶん色んな人にお願いしそうだから…遅かれ早かれ誰かに踏まれてたとは思うの」

ことり「でもよりによって頼んだのが…」

ことり「音ノ木で踏んで欲しい生徒の上位ランクに君臨するであろうこの三人だったと」

絵里「何そのランキング」
44: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:41:34.16 ID:PKYaZS53.net
ことり「とりあえず今日のことはこれ以上不問にするけど、もうやっちゃダメだよ?」

穂乃果「はい、我慢します…」

ことり「私もまわりに喋らないから三人ももうやらないこと!」

ソルゲ組「はい…」

ことり(ふぅ…影響受けやすい穂乃果ちゃんを私が踏んであげる予定だったのになぁ…)

ことり(今度は雪穂ちゃん経由でどういうフェチ的なの読ませよう…)


おしまい
64: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 20:44:33.93 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「はぁ、みんなにおかしな子だと思われちゃったよね…」トボトボ…

穂乃果「思わず部室から出てきちゃったよ」

穂乃果「でも三人に踏んでもらって幸せだったなぁ」

穂乃果「…」エヘヘ…

穂乃果「思いだしたらまた落ち着かなくなってきちゃった…」

ことり「穂乃果ちゃーん!」

穂乃果「あ、ことりちゃん」
65: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 20:47:21.64 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「どうしたの?」

ことり「穂乃果ちゃんが部室出て行ったから心配になっちゃって」

穂乃果「だ、大丈夫…だよ?」

ことり「あやしい…」ジー

穂乃果(そういえばことりちゃんの脚もキレイでムチッとしてるよね…)ジー

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ねぇ、ことりちゃん」

ことり「ん?」

穂乃果「部室に戻らない?」
67: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 20:51:05.96 ID:tIaZWAhA.net
ガチャ


花陽「あ、お疲れさまです」

穂乃果「花陽ちゃんだ!」

ことり「あれ?海未ちゃんたちは?」

花陽「さっきまでいたんですけど…」

花陽「『穂乃果が誰かに踏まれていないか心配です』って言って探しに行きましたよ?」

穂乃果「あははは…」
68: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 20:58:10.01 ID:tIaZWAhA.net
ことり「穂乃果ちゃん、部室に戻ってきたけど何か忘れ物?」

穂乃果「んー、海未ちゃんたちがいればよかったんだけど、プランタンっていうのもいいよね」

花陽「うん?」

ことり(まさか…)

穂乃果「私を…」

穂乃果「踏んでください!」
69: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:01:15.95 ID:tIaZWAhA.net
花陽「え?えええええ!?」

花陽「ど、どういうことですか?」

ことり「穂乃果ちゃん…」

ことり(イエスッ!イエスッ!)

穂乃果「いやー、やっぱりこんなに可愛いみんなに囲まれるとさ」

穂乃果「どうしても我慢できないよね!」ファイトダヨッ!
70: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:07:33.70 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「ことりちゃんの肉付きの良い脚!」

穂乃果「花陽ちゃんの黒ストッキング!」

穂乃果「もう最高だよ!」

花陽「ひいぃっ…」

ことり「やっぱり目覚めちゃった?」

穂乃果「バッチリだね」

花陽「どういうことですか…?」
71: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:13:37.18 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「花陽ちゃん、女の子に踏んだり踏まれたりってとても素敵なことなんだよ」

花陽「わけがわかりません…」

穂乃果「きっと踏んでみればわかるよ!」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん何処踏んで欲しいの?」

穂乃果「うーんとね…」

穂乃果「そうだ!やっぱり膝枕がいい!」

花陽「あ、それならいいかも…」
72: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:14:10.00 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「じゃあ、まずはことりちゃんからね!」

ことり「どうぞ!」

穂乃果「お邪魔しまーす♪」ピトッ

穂乃果「あ~、ことりちゃんの脚気持ちいいよぉ」ナデナデ

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!//」

穂乃果「触っちゃだめ?」ウワメヅカイ

ことり「い、いいよ?//」

穂乃果「ありがとう!」クンクン

ことり「匂いは恥ずかしいかな…//」
73: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:26:51.72 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「次は花陽ちゃんを…」

花陽「膝枕ですよね?」

穂乃果「いや、やっぱり太ももで挟んで欲しいかな」

花陽「へっ?」

穂乃果「そのスベスベもちっとしたストッキングに挟まれたい」

花陽「え?え?」

ことり「いいな~、花陽ちゃん」

穂乃果「そういうわけでスカートの中へお邪魔します!」ジリジリ

花陽「ダレカタスケテー!」

穂乃果「チョットマッテテー」ズサァッ
74: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:30:56.64 ID:tIaZWAhA.net
モッギュー

花陽「ほ、穂乃果ちゃん!やめて!」

穂乃果「あ~花陽ちゃんのストッキングに挟まれて気持ちいい…」

穂乃果「このまま気を失ってもいいや…」

花陽「だ、ダメですよぉ…」

穂乃果「匂いもいいよね、なんだか足裏とは違っていけない匂いが…」

ことり「女の子の大事なところに近いもんね♪」

花陽「うぅっ…//」
75: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:31:28.17 ID:tIaZWAhA.net
ことり「ねぇ、穂乃果ちゃんお楽しみのところ悪いんだけど、花陽ちゃんのスカートからちょっと出てきてもらってもいい?」

穂乃果「えー…」モゾモゾ

穂乃果「どうしたの」ヒョコ

海未「穂乃果、随分とお楽しみのようですね」

絵里「ホントに…人が心配して探していたのに…」

真姫「覚悟は出来てるんでしょ?」

穂乃果「…」

穂乃果「う、うん…ごめんね…//」
77: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:36:01.80 ID:tIaZWAhA.net
海未「ほら、穂乃果、罰として仰向けになって私の脚を舐めてください」

穂乃果「ふぁい」ペロッ

海未「いいですよ…そう、舌先で丁寧に…」ゾクゾク

絵里「私はまた股関節付近をフットマッサージしてあげるわ」

ことり「あくまでもマッサージだよね」

絵里「ええ、そうよ…」グイッ

穂乃果「あぁああああぁぁ…//」

真姫「だらしないわね…ほら、私のと海未のどっちが美味しい?」
78: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:40:37.30 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「どっちもいいよぉ」ペロペロ

ことり「完全に変態さんになっちゃたね♪」

ことり「でもそんな穂乃果ちゃんもいいよね」ペロ

穂乃果「あ、穂乃果の脚…」

ことり「穂乃果ちゃんの脚だって美味しいよ?」

穂乃果「ことりちゃん…」

花陽「わ、私はどうすれば…」

ことり「脚の先で穂乃果ちゃんのおへそをなぞってみて」コソコソ

花陽「はい…」スッ

穂乃果「んっ!」ビクッ

花陽「き、気持ちいいんですか?」

穂乃果「花陽ちゃんそれだめ…」ピクピク

花陽「へぇ…」ゾクッ
79: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:43:13.96 ID:tIaZWAhA.net
花陽「絵里ちゃん、ちょっと代わってもらってもいい?」

絵里「あら、花陽、良い面構えになったわね…」

花陽「穂乃果ちゃんが悪いんですよ…」グイッ

穂乃果「んあっ!花陽ちゃん…ちょっと強い…ムグァ」

海未「いけませんね、後輩まで巻き込んでしまうなんて…」

海未「これはお仕置きです、お口全体で私の脚をキレイにしてください」

真姫「海未、次は私よ?」

海未「もちろんいいですよ」ニコッ
80: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:45:30.24 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「ひぃふぁふぁせ…」ゴモゴモ

絵里「まともに言葉も喋れないの?」

ことり「花陽ちゃん、刺激が足りないみたい♪」

花陽「これも穂乃果ちゃんのためですからね」ググックリクリ

穂乃果「へぁっ!!?」ビクッ

真姫「ふふっ、仰け反っちゃったわよ?」

絵里「花陽のマッサージが上手いのよ」

ことり「ねぇ、もう限界…?」

穂乃果「んんっ!!」コクコク
81: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:46:47.97 ID:tIaZWAhA.net
真姫「仕方ないわね、ほら」スッ

真姫「私の一日履いた靴下、穂乃果の顔に巻いてあげる」

ことり「よかったね、穂乃果ちゃん」

ことり「海未ちゃんの脚を舐めながら真姫ちゃんの靴下の匂いを嗅いで…花陽ちゃんに責められちゃう…」

ことり「今から私と絵里ちゃんの脚でお胸も弄ってあげるね♪」クリッ

穂乃果「ふぁっ!ぁっ!//」
82: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:51:30.28 ID:tIaZWAhA.net
花陽「穂乃果ちゃんっ…!」ググッ

穂乃果「んんっ!//」

海未「穂乃果…後輩にダメにされちゃうんですね…」

穂乃果「んあっ!んんっ!!」ビクッ

穂乃果「んんっ!!!」

穂乃果「っー!!?」ピクン!

穂乃果「うー…」ヒクヒク…
83: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:53:17.65 ID:tIaZWAhA.net
穂乃果「はぁはぁ…」

海未「…やりすぎましたでしょうか…」

絵里「かもね…」

穂乃果「あのね…」

真姫「?」

穂乃果「今度は一人ずつ楽しみたいかな…//」


おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「踏まれたい」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。