穂乃果「μ’sの1レスSS集」

シェアする

μ's-アイキャッチ15
1: 1.米コレ(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 20:48:05.73 ID:uR8T28Vl.net
絵里「花陽、何のゲームをしてるの?」

花陽「お米コレクション

元スレ: 穂乃果「μ’sの1レスSS集」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 20:50:29.72 ID:uR8T28Vl.net
絵里「花陽、何のゲームをしてるの?」

花陽「お米コレクション"米コレ"だよ!昨日リリースされたんだ~」

絵里「そ、そんなゲームがあるのね…」

花陽「うん!色んなお米が出てくるんだよ」


『N インディカ米を手に入れました』
『N ジャスミンライスを手に入れました』
『N バスティマライスを手に入れました』
『N アルボリオライスを手に入れました』


絵里「…ねえ花陽、日本のお米はないの?コシヒカリとかあきたこまちとか…」

花陽「課金しないと出てこないよ」

絵里「えっ…?あくどい商売ね…」

花陽「でもね!直営店で買ってきたお米についてたシリアルコードを使えば…」


『UR 【氷温熟成米】南魚沼産コシヒカリを手に入れました』


花陽「たっ、炊き時間30秒ごとに40%の確率でSCORE700アップ!?すごぎます!!」

絵里「…上手い商売ね」
  
4: 2.君の名は(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 20:51:51.06 ID:uR8T28Vl.net
絢瀬家

雪穂「お誕生日おめでとー!」

亜里沙「ケーキ食べようよ!」


絵里(亜里沙と雪穂ちゃん…。パーティーしてるの…?)

絵里「でも…今日は誰の誕生日だったかしら…?」

絵里「…あっ」

雪穂「絵里さん、お帰りなさい!」

亜里沙「ほら、お姉ちゃんもおめでとうって言って!」

絵里「え、ええ」

絵里「お誕生日おめでとう、えーっと…」

絵里(…忘れたわけじゃないの)

絵里(よーく覚えてるわ。あなたにもスピーチを聞いてもらったこと)

絵里(でも…)


亜里沙と雪穂の友達「……」


絵里(お名前が…わからないの)

絵里(あなたは誰なの…?)
  
5: 3.カーテンでさ…(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 20:53:24.88 ID:uR8T28Vl.net
穂乃果「ターザンごっこ…したくない?」

凛「…したい」

穂乃果「…やろうよ」

凛「でも…こんな小さいカーテンじゃ楽しくないよ」

穂乃果「……」

凛「……」

穂乃果「…真姫ちゃん」

凛「!」

穂乃果「真姫ちゃんの家なら…できそうじゃない?」

凛「…できそう」

穂乃果「聞いてみよっか…」

 

真姫「ターザン…?カーテンなんか使わなくても、別荘に行けばそれ用のツルがあるけど…」

穂乃果、凛「……」

穂乃果「違うよ…」

凛「そうじゃないんだよ…」

真姫「…意味わかんない」
  
6: 4.ことりちゃんが訴えられた!?(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 20:56:10.61 ID:uR8T28Vl.net
海未「結婚詐欺の疑いで告訴されました。原告はチーズケーキです」

穂乃果「どういうこと!?」

海未「実は…」

~~~~~

海未「ふふっ…ことりは本当にチーズケーキが好きですね」

ことり「だーい好き!もう結婚しちゃいたい♡」

チーズケーキ「私も!結婚しよっ♡」

ことり「えっ」

~~~~~

海未「ということがありまして…」

穂乃果「なるほど!ことりちゃんの冗談を真に受けたチーズケーキから訴えられちゃったんだね」

ことり「そんなつもりじゃなかったのに~~!!」

穂乃果「ことりちゃん、女はみんなそう言うんだよ」

ことり「そ、そんなぁ…」

マカロン「心配いりません」

ことり「マカロンさん!?」

マカロン「結婚詐欺は金品を騙し取られて初めて成立します。今回の件でことりさんが罪に問われることは無いでしょう You are not guilty.」

ことり「すごい!甘くておいしくて見た目もかわいい上に法律にも詳しくてバイリンガルだなんて!マカロンさんダイスキ♡」ギュッ

マカロン「全く…誰にでもそんなことを言うから面倒に巻き込まれるんですよ。ふふっ…」


マカロン(やっぱり"ことマカ"なんだよロンなぁ…。チッズ冷えてるロンかぁ?)

チーズケーキ「ぐぬぬ…」
8: 5.二人きりの…(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 20:57:47.32 ID:uR8T28Vl.net
真姫「ねえ海未…そんなに心配しなくても大丈夫よ?」

海未「いえ、もう大分暗いですし…妙な噂もあります」

海未「元はと言えば遅くなったのも作詞が長引いたせい、私が原因ですから。真姫を一人で帰らせるわけにはいきません」

真姫「はぁ…固いんだから」

真姫(でも…海未のそういうところ、結構信頼してるのよね…)


海未「真姫、赤信号ですよ」

真姫「いいじゃない、人も車もいないんだから」

海未「ダメです」

真姫「…はいはい」


海未「靴の紐がほどけてますよ。気を付けてください」

海未「ここは私有地です。近道だからといって通り抜けてはいけません」


真姫(こういうところはメンドクサイけど…)


真姫「ねえ海未、正直作詞係って辛くない?部活とか家のことでも忙しいんでしょ?」

海未「いえ、とても楽しいですよ」

海未「一人で歌詞を考えることもそうですが…」

海未「真姫と二人きりの、曲作りの時間が特に」

真姫「……」

真姫(私も好きよ…海未との時間)
  
10: 6.夏休み(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:04:59.30 ID:uR8T28Vl.net
にこ「ねえねえ、真姫はどっか旅行とか行くの?」

真姫「そうね、ハワイに行くわ」

にこ「ハワイ!?…いいな~にこもハワイ行きたいにこ~」

真姫「…ごめん、パパに聞いてみないと一緒に行けるかは…」

にこ「ちがっ…冗談よ冗談、家族旅行を邪魔する気なんてないし」

にこ「絵里は?何か予定ある?」

絵里「私はブックオフに行くわ」

にこ「いや、そういうんじゃなくて…」

絵里「一緒に来ても…いいわよ」

にこ「行かないわよ!?」

 

絵里「にこ、3巻は…」

にこ「…まだ読んでる」

行った
  
14: 7.のぞみんのスピリチュアルトーク(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:09:38.45 ID:uR8T28Vl.net
やあみんな、今日はウチの嫌いな食べ物の話をするんよ。

あれはウチがまだ中学生の頃やった。
オカルトグッズの霊験を確かめてたウチはひょんなことから恐竜時代へとタイムスリップしてしまったんよ。

空を見ればプテラノドン、陸を見ればティラノサウルス、海を見ればエラスモサウルス。辺り一面恐竜地獄。
ここでウチは死ぬんや…本気でそう思った。

ウチの勘違いやった。

恐竜たちに悪気はなかったんよ。もちろん言葉なんて通じない。でも、想いは伝わった。ウチが心を開いたら、恐竜たちも心を開いてくれて…色んな恐竜たちと仲良くなったんよ。

だけど…幸せは長くは続かなかった。

みんなも知ってると思うけど、恐竜は氷河期に絶滅してしまったんよ。その氷河期の原因が…そう

キャラメルや

タイムスリップしたウチの服のポケットの入ったキャラメル…。そのキャラメルが恐竜時代の大自然に触れたことで野生に帰り、獰猛な野生のキャラメルとなってしまった。
獰猛な野生のキャラメルたちはマントル内のキャラメル濃度を引きあげることで地球の公転軌道を操り太陽から遠ざけることで氷河期を引き起こしたんよ。

ウチはなんとか元の時代に帰ることで生き延びることができた。けど、友達の恐竜たちは…

それ以来ウチはキャラメルが嫌いになった。もちろん、全部のキャラメルが悪いわけやない。それでも…ウチはあのキャラメルが許せないんよ。

これがウチの話の全てや……。


えっ、恐竜絶滅の原因って隕石なの?そーなの?

……。

…コホン。

実は、その隕石の正体こそ火山の噴火によって宇宙まで打ち上げられたキャラメルで…
  
16: 8.音ノ木坂小学校(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:11:16.84 ID:uR8T28Vl.net
海未「高坂さん、どうして矢澤さんとケンカしちゃったの?」

海未「先生いつも言ってます!人の嫌がることをしちゃダメ!です」

ほのか「はい…」

海未「二人はいつも仲が良かったのに…何があったんですか?」

ほのか「だって…」

ほのか「にこちゃんが…ことりちゃんとお話してたから」

海未「えっ?」

ほのか「ことりちゃんは…ほのかのものなのに」

海未「まさか…」

ほのか「ねえせんせー、ほのかね…」

ほのか「恋…しちゃった」

海未「はゎゎゎ///」

ほのか「せんせー!?」


私には何もできませんでした。本当なら、高坂さんに恋のアドバイスをしなければならなかったのでしょうが…。

私、園田海未が立派な教師になるためにはまだまだ時間がかかりそうです…
  
20: 9.キャンプ場で(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:18:09.74 ID:uR8T28Vl.net
真姫「絵里…?そこで何してるの?みんな向こうにいるわよ」

絵里「…ホタルを見つけたの」

真姫「ホタル…?」


ホタル「…」ピカピカ


真姫「きれい…」

絵里「ホタルの光って…いいわね」

真姫「そうね…」

ブーン

絵里「あっ…飛んで行っちゃった…」

真姫「じゃあ、そろそろ戻るわよ」

絵里「……」

真姫「絵里?何して…」

絵里「……」ブルブル

真姫「…ライトなら持ってきたわよ」ピカッ

絵里「よかった…」

真姫「はぁ…」
  
21: 10.アルパカさんは飽きっぽい(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:20:31.45 ID:uR8T28Vl.net
ことり「アルパカさ~んご飯だよ~」

白アルパカ「……」プイッ

ことり「あれ…どうしたんだろう?お腹空いてないのかな…」

花陽「うーん…こっちのエサをあげてみよっか」

白アルパカ「メェー」モグモグ

ことり「食べてる…」

花陽「きっと、古い方のエサに飽きちゃったんだね。たまにあるんだ」

ことり「そういえば…昔はよくボールで遊んでたのに今ではやらなくなちゃったし…。飽きっぽい性格なのかな?」

花陽「うん。赤ちゃんも生まれたのに、ちゃんと子育てできるのか心配だよね」

ことり「アルパカさん!飽きっぽいのはダメですよ!」

茶アルパカ「メェーー!!」

ことり「ほら、茶アルパカさんも怒って…えっ?」

ことり「茶アルパカさんが…別人になってる…?」

花陽「恋人にも飽きちゃったんじゃないかな。それで別のメスを連れ込んで…」

ことり「えぇ……」


白アルパカ「メェー!!メェーー!!」

茶アルパカ「メッ//メェッ//メッ//メェ//」


花陽、ことり「……」
  
24: 11.スピリチュアルやん?(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:22:53.79 ID:uR8T28Vl.net
穂乃果「あぁ…腰が痛いなぁ」

希「そんな穂乃果ちゃんにはこれ!スピリチュアル全身マッサージ器!」

穂乃果「マッサージ器?」

希「うん、スピリチュアルなパワーが全身の凝りをほぐしてくれる優れものなんよ」ピッ


ブルブルブルブル


穂乃果「あ゛ぁ~゛あ゛~き~も~ち~い~」

希「そうやろ?」

穂乃果「でもこれ…どこがスピリチュアルなの?」

希「うん?」

穂乃果「普通のマッサージ器…」

希「うん?なんて?」

穂乃果「……」

希「……」

希「スピリチュアルやん?」

穂乃果「…そうだね」
   
25: 12.おかしい(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:25:24.68 ID:uR8T28Vl.net
にこ「おかしいと思うんだけど!」

ことり「えっ?」

にこ「なんで私たちが衣装づくりやってんの?」

花陽「そ、それは…」

 

ことり、にこ「かわいい衣装が好きだからーーー!!!!」


にこ「見て見てことり!上がシルバー下がブルーのギラギラした衣装を作ってみたの!かわいくない?」

ことり「かわいい~~」

にこ「嘘つくんじゃないわよ!どこがかわいいのよこんなの!」

ことり「ホントだ~この色使いよく見たらペプシマンみたいだよ~…なんでペプシマン作っちゃったの!!?にこちゃんのあんぽんたん!!!」

花陽(にこちゃんとことりちゃんは…)


ことり、にこ「あははははっ!!ペプシマンかわいいーー!!!」


花陽(徹夜でずっと作業したせいで…おかしくなっちゃたみたいです)
  
26: 13.雨のおかげ(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:32:40.00 ID:uR8T28Vl.net
ザァザァー

花陽「すごい雨…だね」

海未「すみません花陽、わざわざうちまで来てもらったせいで…」

花陽「ううん、私も海未ちゃんに、このアイドルのDVDを見てほしかったから…。作詞の参考にもなると思うしそれに…」

花陽「すっごく…面白いから」

海未「花陽がそこまで言うなんて楽しみです」

花陽「じゃあ、私はそろそろ行くね」

海未「…家に帰るんですか?」

花陽「うん、今日はなんにも予定がないんだ」

海未「でしたら…」

海未「これ…今から見ませんか、一緒に」

花陽「…えっ?」

海未「この雨の中帰るのも大変でしょうし…どうせなら」

花陽「海未ちゃん…!」

 

花陽「それでね、このグループは一回解散したんだけど去年再結成して…」

海未(アイドルの話をする花陽は…本当に、楽しそうです)
  
27: 14.雌雄(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:34:24.43 ID:uR8T28Vl.net
凛「オスのカブトムシには角が生えてるのに…メスのカブトムシにはないんだよね」

ことり「そうだね」

凛「ライオンのたてがみも…オスにあるけどメスにはないよね」

ことり「うん」

凛「じゃあさ…」

凛「トサカが生えてることりちゃんは…オスなのかな?」

ことり「……」

ことり「トサカはオスにもメスにもあるよ。でも、オスのトサカの方が大きいんだ」

凛「へぇー…」

凛「あっ!じゃあこの間見たことりちゃんはオスだったのかも!」

ことり「えっ?どこで見たの…?」

凛「ボクシングジム」

ことり「オスだ~」
  
28: 15.新鮮ミルク(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:39:11.66 ID:uR8T28Vl.net
穂乃果「あれっ?牛乳ないの?」

雪穂「さっき飲み切っちゃった」

穂乃果「えー…コーヒー牛乳にしようと思ったのにミルクがないじゃん」

雪穂「買ってくれば?」

穂乃果「やだよ…外寒いし」

雪穂「じゃあ知ーらない」

穂乃果「あっちょ…」

穂乃果「…そうだ!」

 

穂乃果「ねえねえおかーさん…」

穂乃果母「あんた何考えてんの!!//」


雪穂「最っ低ー…」
  
29: 16.それが君の(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:41:28.71 ID:uR8T28Vl.net
最近、ファンのみんなが穂乃果たちにプレゼントを持ってきてくれることがあるんだ。

さっきも花陽ちゃんたちはお花をもらって、絵里ちゃんと海未ちゃんなんかラブレターで告白されてたんだよ!

でも、穂乃果は……。


みんな誰を探してるんだろう?真姫ちゃんかな?ことりちゃんかな?希ちゃんかな?

…穂乃果のところには、誰も来てくれません。

ひどいよね!みーんな穂乃果を通り過ぎて行っちゃうんだよ!

一人ぐらい…こっちに、来てくれてもいいのに……なんてね、あはは…。


……。


なんだか、不思議な気分……

穂乃果はここにいるのに、ここにはいないみたいで…

全部、自分をすり抜けていって…

まるで、透明になったみたい……


 
真姫「穂乃果いるの!?あなたここにあったドリンクを勝手に飲んだでしょ!あれは"透明人間になる薬"なのよ!!」

 

なってた。
   
30: 17.クオーター(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:53:49.36 ID:uR8T28Vl.net
凛「絵里ちゃんのエビ反りって本物のエビみたいだよね!どうやったらそんなに反れるの?やっぱりバレエをやってたから?」

絵里「それは…」

エビ「初めまして」

絵里「私のおばあさまがエビだからよ」

凛「…ん?」

絵里「エビ反りが得意なのも当然よね」フフッ

凛「ちょ、ちょっと待って!?おばあちゃんがエビって…」

絵里「忘れちゃったの?私はクオーター、エビと人の血を引いているの。ロシアンハーフのエビ人間と日本のエビの間に生まれた子供が私」

絵里「つまり4分の1だけロシアの血と人間の血が入ったダブルクオーターってことね」

凛「4分の3はエビなの!?もうどっちかっていうとエビだよ!?」

絵里「えっ私エビなの!?」

エビ「そうエビ、今まで黙っていてごめんねエビ。エリーチカは本当はエビーチカだったんだよぉエビ」

凛「絵里とエビ…語感が似てる…!」

絵里「そうだったのねエビ…」

凛「すごいこと聞いちゃった…絵里ちゃんが人間じゃなかったなんて…」


ガラッ

にこ「凛!?ちょっと聞いてよ!ことりって鳥と人間のハーフだったんだって!」

凛「人外ばっかりだにゃぁ…」
  
31: 18.モノマネ(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 21:54:40.49 ID:uR8T28Vl.net
花陽「モノマネの練習をしてるんだけど…似てるのかどうか自分でもわからないんだ。ことりちゃん、私が何のマネをしてるか当ててもらってもいいかな?」

ことり「うん!いいよ♪」

花陽「じゃあ行くよ~」


花陽「う゛~う゛~」ノソノソ

ことり(四つん這いになって鳴いてる…動物さんかな?)

花陽「う゛がぁ~~」ガブガブ

ことり「噛みついてる…ワンちゃん?」

花陽「ち゛がう゛よ~」

ことり「じゃあ…オオカミさん?」

花陽「う゛う゛ん゛」

ことり「なんだろう~?」


花陽「うーん…やっぱり似てないのかな。正解は、四足歩行タイプのゾンビでした~」

ことり「ゾンビ~?見たことないからわからないよ~」

花陽「そっか~じゃあ見に行こうよ~」

 

花陽「真姫ちゃんの家の地下に…いっぱいいるから」

ことり「…え?」
  
33: 19.ほのほのくまのほのじろう(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:02:54.91 ID:uR8T28Vl.net
穂乃果「雪穂見て見て!μ'sをモデルにした子ども向けアニメがやってるよ!」

穂乃果「この子はくまのほのじろう!」

ほのじろう『おなかすいたー!』

穂乃果「ほのじろうの妹、ハナちゃん!」

ハナ『ほのかおねぇちゃーん』

雪穂(花陽さんが妹なんだ…でもなんか、お姉ちゃんを取られた感じ…)

穂乃果「トリのことりっぴぃ!」

ことりっぴぃ『ほのじろうちゃ~ん、あそぼう~』

雪穂(かわいいなー)

穂乃果「ウサギのうみりん!」

うみりん『よろしくお願いします。にゃ!!です//』

雪穂「…うん?」

うみりん『今日も元気に遊ぼうにゃー!ですが宿題が…遊ぶにゃー!!』

穂乃果「うみりんは海未ちゃんと凛ちゃんが混ざってるんだよ」

雪穂「なんで混ぜちゃったの…?」


ヴェヴェ博士『ヴェェエエ』
  
34: 20.勝負!!(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:08:20.66 ID:uR8T28Vl.net
ツバサ「ねぇ穂乃果さん、私…やっとわかったの。A-RISEがμ'sに勝てなかった理由…」

穂乃果「それって…何なんですか…?」

ツバサ「抗菌力よ」

穂乃果「えっ」

ツバサ「薬用せっけんμ'sはせっけんの中でも殺菌効果が強いことで知られているわ。幅広いバイ菌に効く!ことが特徴なの…」

ツバサ「つまりA-RISEが勝つためにはそれ以上の抗菌力が必要…」

穂乃果「はー…」

ツバサ「そのために!私は生まれ変わった!!」

バサッ

カビ綺羅ーツバサ「浸透スピード3倍!カビの根まで素早く届く!」

穂乃果「あの…ふざけてるんですか?」

カビ綺羅ーツバサ「いいえ、もう新曲もできてるの。タイトルは『Jocking Party』よ」

穂乃果「本気だ…」
35: 21.だって~可能性感じたんだ~(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:11:34.31 ID:uR8T28Vl.net
これが私!高坂穂乃果!

勢いあまって階段から飛び降りてみたものの!着地地点に針の山を見つけて大ピーンチ!!

忘れてたー!変質者が入り込むことで有名な音ノ木坂には先週から地獄のトラップが仕掛けられてたんだったーー!

どうしよう~!このままじゃ串刺しだよ~~!!

 

……あれ?
私、飛んでる…?


「穂乃果(ちゃん)助けに来ました(来たよ)!!」


ことりちゃん!海未ちゃん!

そっかー!ことりちゃんには翼があるもんね!

でも、海未ちゃんはなんで飛べるの…日舞のおかげ?日舞ってすごい!


よーし!3人でスクールアイドルがんばるぞ~~!!
  
37: 22.世界は厳しい(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:13:13.04 ID:uR8T28Vl.net
ことり「う~~~全然衣装のアイデアが思いつかないよ~~」

ことり「私…もうダメかも。何もかも嫌になっちゃった」

穂乃果(ことりちゃん…スランプで落ち込んじゃってる…)

ことり「あっ、穂乃果ちゃん見て見て!かわいいマカロンさんだよ~。私も、マカロンさんみたいにぷわぷわしたいな~」

マカロン「それは誤解です」

ことり「マカロンさん!?」

マカロン「マカロンにはマカロンなりの苦労があるのです」

~~~~~

「どいてよ!その売り場はあたしのもんだ!」ドンッ

マカロン「うぅ…ひどいです」

2色マカロン「おらおら!2色マカロン様のお通りだ!単色が出しゃばってんじゃないよ!」

マーブルマカロン「あらまぁ、上下の色が違うだけの2色マカロンさんじゃありませんこと。随分とお元気ですのね」

2色マカロン「なっ…あんたは上下の模様が2色のマーブル状になっているマーブルマカロン!」

マーブルマカロン「どいてくださいます?そ・こ・は、私のゴールデンゾーンですの」

2色マカロン「くっ…覚えときな!」

~~~~~

マカロン「マカロンの価値はおしゃれかどうかで決まります。おしゃれこそ世の全て!世間の流行り廃りが私たちの生命線でありそこには熾烈な競争が待ち受けているのです」

ことり「私なんにもわかってなかった…ごめんなさいマカロンさん!私、これからも衣装作り頑張ります!」

マカロン「マカロン」
38: 23.微増(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:14:56.04 ID:uR8T28Vl.net
希「…ってわけで、今のにこっちは偽物と入れ替わってる。間違いないんよ」

凛「でも…いくらなんでも信じられないよ。にこちゃんがUFOに誘拐されたなんて…」

希「凛ちゃんもにこっちを見ればわかるよ。あれは絶対…にこっちやない」

凛「……」


凛(希ちゃんはああ言ってたけど…)

「あっ凛、おはよ」

凛(いつも通りのにこちゃ…)

凛「!?」

「どうしたのよ?そんな険しい顔して」

にこ(Bカップ)「なんかあったの?」


凛「偽物だ…!」
  
40: 24.わかんない(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:23:54.96 ID:uR8T28Vl.net
ことり「穂乃果ちゃんの~」

ことり「前髪のギザギザって…いいよね~」

花陽「わかるよ~すっごくかわいいよね~」

穂乃果「そ、そう?ありがとう//」


花陽「あと、あのギザギザってノコギリとしても使えそうだよね~」

穂乃果「えっノコギリ?」

ことり「わかる~押すと切れる方のノコギリだよね~」

花陽「そうそう、欧米のノコギリって感じで…」

ことり、花陽「かわいいよね~~」


穂乃果「ダメだ…全然わかんない」
  
41: 25.隠し子(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:25:48.08 ID:uR8T28Vl.net
ウミガメ「……」ノソノソ

海未「何故…部室にウミガメが…?」

ことり「迷子になっちゃったのかな?」

海未「どこから入り込んだのですか…」

ウミガメ「ウゥゥゥー……」ウルウル

ことり「海未ちゃん海未ちゃん!卵を産んでるよ!かわいい♡」

海未(かわいい…?前から思っていましたが、ことりの感覚はわからな…)

ことり「あぁ…」ウットリ

ことり「おやつに、しちゃいたいなぁ…」

海未「……」


あれはどういう意味だったのでしょうか。
ウミガメを食べるつもりでしょうか。いえ違うでしょう。

だとすると…

 


後日、部室の隅から小さなカメが見つかりました。何とも珍しいカメでして、なんと!頭からトサカが生えているのです!

私はたまらず、そのカメを家族のところへ帰してやりました。

 

トサカの生えたアルパカと、トサカの生えたチーズケーキと、トサカの生えた我が娘の待つ家へ…


『レズは子宝に恵まれる』
   
42: 26.花陽と二人の帰り道(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:27:46.35 ID:uR8T28Vl.net
花陽「うぅ…//」

絵里「もう…体調が悪いんだったら早く言えばよかったのに…」

花陽「だって…先に言っちゃったら、ライブをやらせてもらえないと思ったから…」

絵里「…花陽、私のことそんな風に思ってるの?融通の利かないお堅い先輩だって」

花陽「そ、そうじゃないんだけど…」

絵里「…乗って」

花陽「…え?」

絵里「家まで送るわ。そんなにフラフラしてちゃ危ないもの」

花陽「で、でも…」

花陽「重い…です、私//」

絵里「全然、重くないわよ」

花陽「絵里ちゃん…//」

絵里「でも…治ったら海未の特別メニューね」

花陽「や、やっぱり!?」
  
43: 27.知りすぎた(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:36:24.35 ID:uR8T28Vl.net
ことり「えぇ~!そんなことあるわけないよ~」

希「…いや、ウチは見たんよ、ことりちゃんのトサカが動くところをね」

希「そのトサカは生きてる…!ことりちゃんの生命力を吸って、ことりちゃんの体を操ってる…!」

希「トサカ!あなたはことりちゃんに寄生してる未確認生物なんやろ!?ウチはあなたの正体を知ってる!カードが教えてくれたんや!」

希「…なーんちゃって!そんなわけな「希ちゃん」

ことり「ちょっと…我慢しててね」

希「えっ?」

グサッ

 

凛「あっ希ちゃん!…髪型変えた?」

希「変えてないよ?」

凛「えっ?でも…ことりちゃんみたいなトサカが生えて…」

希「ウチはもともとこの髪型やん」

凛「…?」


ことり(勘がよすぎると…嫌われちゃうよ♪)
  
44: 28.北風絵里と太陽穂乃果(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:37:47.22 ID:uR8T28Vl.net
穂乃果「太陽の方が強いよ!」

絵里「いいえ、北風よ」

北風と太陽は、どちらが強いか決めるために力比べをすることにしました。

にこ「ふんふーん♪」テクテク

穂乃果「じゃあ、あの旅人さんの服を脱がせた方が勝ちね!」

絵里「ええ!私から行くわ!」ビューー!

にこ「わっ!?何この風…寒っ!」

北風は力を込めて旅人に息を吹きかけます……が、旅人の服は脱げません。

絵里「そんな…」


穂乃果「今度は私の番だよ!」ピカピカー

太陽は燦々と輝き始めると、冷え切ったその場所がみるみる温かくなっていきました。

にこ「あー暑い!何なのよ今日は寒くなったり暑くなったり!暑い暑い暑い!」

穂乃果(ふふふっ…計画通りだよ!これで旅人さんは服を脱いで…)

穂乃果「…あれ?」

ところが、旅人は服を脱ぎません。

にこ「でも…おしゃれのためには我慢も必要よ!アイドルにこにーは~とびっきりのおしゃれガールなんだから~!」

絵里、穂乃果「……」


最強はおしゃれガールでしたとさ
  
45: 29.さすがにこね(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:45:56.06 ID:uR8T28Vl.net
絵里「…にこ?どうかした?」

にこ「いや…あんたのそれ、本心でにこを褒めてるのよね…?」

絵里「…そうよ?」

にこ「…うらやましいわ」

にこ「正直…人を褒めるのって難しいと思うの。相手を自分よりすごいって受け入れて、素直に負けを認めることってね…」

にこ「私は…嫉妬しちゃう。特に絵里、スタイルもダンスも完璧なあんたみたいなヤツにはね」

絵里「にこ…」

にこ「それなのに…絵里は、嫌みもなくにこを褒めてくれて」

にこ「そういうところ…尊敬してる…っていうか」

絵里「にこ…」

絵里「褒めてくれてるじゃない、私のこと」

にこ「…そういえばそうね」

絵里「さすがにこね」

にこ「……さすが絵里ね」
  
46: 30.フィナーレ・μ’sを継ぐもの(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:48:33.56 ID:uR8T28Vl.net
穂乃果「はぁ…もうμ’sの活動もおしまいかぁ…。6年間、色んなことがあったけど…楽しかったなぁ…」

千歌「大変です穂乃果さーん!」

穂乃果「あ、あなたは2代目主人公の千歌ちゃん!」

3代目主人公「今、未来の世界ではスクールアイドルファンの宇宙人がライブを見せろって暴れてるんです!」

穂乃果「宇宙人!?」

5代目主人公「私たちの舞台設定が火星だったせいで…迷惑かけちゃってごめんなさい」

4代目主人公「宇宙人を止めるためには最高のライブをしなきゃいけなくて…そのためにはμ’sが必要なんです!」

「「お願いします!μ’sの力を貸してください!」」

穂乃果「で、でも急にそんなこと言われても…「穂乃果!」

海未「もうみんな、準備はできていますよ」

穂乃果「海未ちゃん、みんな……!」

穂乃果(私は…もうμ’sはなくなっちゃうのかと思ってた。でも違ったんだ)

穂乃果(ラブライブ!はずっとずっと続いていって…未来の人たちもμ’sのことを知ってくれて…)

穂乃果(何年たっても、何十年たっても、μ’sはずっとここにいるんだ!)

穂乃果「みんな行くよ!」

穂乃果「いっけぇえええ!!」

「「「「「ラブライブ!!!!!」」」」」

   
47: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 22:49:22.99 ID:uR8T28Vl.net
おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「μ’sの1レスSS集」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。