にこ「恋は愛を呼ぶ」

シェアする

にこ-アイキャッチ11
1: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:18:03.82 ID:SqBq/YwA0
にこまき百合注意!

絵里は(ほとんど)出ません

書き溜めある上に短いので、すぐ終わります。

クリスマスの話です。時期?知るか!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484385483

元スレ: にこ「恋は愛を呼ぶ」

スポンサーリンク
3: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:20:22.40 ID:SqBq/YwA0
書き忘れ!

会話はラスト少しだけ。

基本的に、にこ視点の地の文です。
2: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:19:03.60 ID:SqBq/YwA0
唐突だけど、にこには今、彼女がいる。

同じ高校で、同じμ'sというスクールアイドルのメンバーの1年生、西木野真姫。

お互い、初めて会ったときからずっと意識していたけど、なかなか進展できずに半年くらいの時が過ぎて……。

結局、そんなにこたちを見かねた同じユニット、BiBiのリーダー、絢瀬絵里が機会を作ってくれて、晴れて真姫とは恋人になれた。

にこ「はぁ……」

今日は付き合い初めて最初のクリスマス。

そんな一大イベント真っ只中の街で、にこは1人、白いため息を吐く。

そう、にこはついさっき、今日のコーデが理由で真姫とケンカをしてしまい、逃げ出してしまったのだ。

周りを見渡して、にこより背が高く、綺麗な赤髪の彼女を捜すけど、そこに彼女の姿はなくて……。
4: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:20:54.64 ID:SqBq/YwA0
にこ「何でいっつも、にこはこうなのよ……」

小さく呟く。

自分から電話を掛けたいけど、にこの意地っ張りな気持ちが行動に移させない。

きっとそれは真姫も同じ。

真姫も意地っ張りだから。

自分の性格が恨めしく思える。何もできないにこ自身にイライラする。

でもでこかで、電話を掛けてくれない真姫にも、イライラしてしまう。
5: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:21:24.07 ID:SqBq/YwA0
街には溢れんばかりの人がいて、当然カップルなんかもたくさんいる。

そんな街を、大分長い間1人で歩いた。

陽が傾いてきた今も、まだ1人で歩いていく。

ふと店に目をやると、クリスマスの装飾らしき物が道端に1つ、ポツンと落ちている。

なんだか今のにこと同じように思えて、それを拾い上げると、隣にいるはずの真姫がいないという事実に、寂しさが募る。
6: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:21:58.23 ID:SqBq/YwA0
にこ「真姫…会いたい……」

涙が流れてくる。

本当は会いたい気持ちでいっぱいなのに、全然素直になれなくて。

どんどん日も暮れてきて、空にはポツポツと星が姿を現している。

そんな場所に、たった1人取り残されたにこ。

そんなにこの会いたい気持ちは、にこの足を勝手に歩かせる。

あの日、にこと真姫が恋人になれた場所。

デートの待ち合わせも、いつもそこで。

今日だって、そうだった……。

あまり人が来ない、思い出の詰まった、公園に。
7: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:22:25.97 ID:SqBq/YwA0
歩いていたはずのにこの足は、いつの間にか走り出していて、「早く早く」と、あの場所へとにこを急かす。

いつもレッスンをこなしてるにこでも、流石に疲れてきた。

それに今年は特に寒い冬だって、ニュースでも言ってた。

そんな中、にこは精一杯お洒落をして、ミニスカートで走っている。

こんなことなら、真姫が言ったように暖かくしてくればよかった。

でも、息を切らしても、息が真っ白になっても……にこの足は動きを止めず、真っ直ぐ走る。

そして、見えてきたのは、いつの間にか降りだした雪のせいで、白く染まり始めるあの公園。

にこは最後の力を振り絞り、なんとかゴールテープを切る。
8: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:23:13.89 ID:SqBq/YwA0
にこ「ハァハァ……着いた」

本降りになった雪に身体を冷やしながら、真姫に会える、そんな予感を信じて待つ。

ふと、耳を澄ますと、ザッザッという、積もった雪を踏みしめて、にこと同じように息を切らしながら、真っ直ぐ公園に向かって走ってくる足音がする。

にこの涙腺は、壊れてしまったのかもしれない。

それくらいの涙が、両目から流れてくる。

弱さを見せたくなくて、なんとか止まってほしいけど、にこの想いを無視して、どんどん溢れて止まらなくなる。
9: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:23:42.88 ID:SqBq/YwA0
真姫「にこちゃん!!」

やっぱり、この場所はにこたちの……2人の場所なんだ。

この場所に真姫は来てくれたんだ。

にこ「真姫ぃ!!」

会えたのが嬉しくて、にこは自分より大きい恋人の胸に飛び込む。

真姫「…泣いてる?」

にこ「泣いてないわよ……」

泣き顔を見られたくなくて、必死に顔を埋(うず)める。

そんなにこのほっぺたを、真姫が両手で包んで上を向かせ、にこの唇にキスを落としてくる。

真姫「んっ……相変わらず意地っ張りなんだから、にこちゃんは」

にこ「真姫に言われたくないわよ!」

真姫「そうね……。にこちゃん、さっきはごめんなさい」

にこ「…ううん。にこの方こそ、ごめん。勝手にどっか行って……」
10: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:24:16.01 ID:SqBq/YwA0
にこの方が意地っ張りなのかもしれない。なんて思いながら、にこたちはもう一度キスをする。

今度は、さっきより深く、お互いを感じるキスを。

にこ「んぅっ…はぁっ……。会いたかった」

真姫「奇遇ね、私も丁度にこちゃんに会いたかったの」

にこ「にこの方が会いたかったの!」

お互い顔を見合わせる。

にこの思った通り、会いたいって気持ちは同じだったんだなって。

そう思うと、どうしてか笑えてくる。

にこにつられて、真姫も笑いだす。

そして、にこのほっぺたを、また真姫が両手で優しく包む。
11: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:25:24.09 ID:SqBq/YwA0
真姫「にこちゃん、ほっぺ冷たいのね」

にこ「ずっと外にいたからね」

真姫「暖まる場所、行く?」

にこ「暖まる場所?どこよ、そこ」

真姫「私の家。私だってずっとにこちゃんを捜してたんだから、その分、一緒にいてもらうわよ」

にこ「え、それって――」

真姫の人差し指で、唇を塞がれる。

真姫「皆まで言わないの。まぁ、今日は帰れると思わないことね」

真姫は悪戯っぽくそう言うと、にこの手を引いて、目的地までつれて行く。

そのときの真姫は、耳まで真っ赤にしていた。

そして実感した。にこの真姫への恋心と、真姫のにこへの恋心が、にこと真姫、2人の間の愛を呼んだんだなぁって……。

な~んて、また凛に「寒くないかにゃ?」て言われちゃうかもね。
12: ◆WbIzH9j2h9Y5 2017/01/14(土) 18:28:12.96 ID:SqBq/YwA0
以上です。

本当に短かかった……。

関係ない?ですが、久々に3日にラブライブの映画を見て、号泣しました。

μ'sバンザイ!

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「恋は愛を呼ぶ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「恋は愛を呼ぶ」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)