千歌「コタツ鞠莉」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:49:55.52
鞠莉(今日は訳あって千歌っちの家でミーティングすることになったわ!)

鞠莉「……」ピンポーン

ガララッ

千歌「あ、いらっしゃい鞠莉ちゃん!」

鞠莉「ハロー千歌っち!」

千歌「わざわざ来て貰っちゃってゴメンね」

鞠莉「ノープロブレムよ♪元はと言えば、私達が無理を言ってミーティングを今日にして貰ったわけだし」

千歌「鞠莉ちゃんもダイヤさんも、ぎっしりスケジュールが詰まってるから仕方ないよ」

元スレ: 千歌「コタツ鞠莉」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:51:07.86
千歌「ところで……」

鞠莉「なぁに?」

千歌「まだ少し用事が残っててね……」

鞠莉「成る程。終わるまで待ってるわ☆」

千歌「重ね重ねゴメンね……」

鞠莉「ノープロブレム♪のんびり待たせて貰うわ」

千歌「ありがとう!じゃあミーティング部屋に案内するね」

鞠莉「千歌っちの部屋じゃないの?」

千歌「今、私の部屋の暖房が調子悪くてね……ちょっとミーティングには使えないかなーって」

鞠莉「成る程ね」
3: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:52:14.94
美渡「あ、千歌……ちょっと……」

千歌「美渡ねぇ?どうしたの?」

美渡「千歌達に貸す予定だった部屋、貸してあげられないかも……」

千歌「えぇ……」

美渡「ゴメンね。部屋が足りなくなっちゃってさ……」

千歌「うぅ…わかったよ美渡ねぇ」

美渡「鞠莉さんもごめんなさい……」

鞠莉「いえ、本日はお邪魔させて頂きありがとうございます」ペコリ
4: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:53:02.17
千歌「と、いうわけでミーティングは私の部屋で行うことになったのだ!鞠莉ちゃんどうぞこちらへ」ガラッ

鞠莉「失礼しマース」

鞠莉(oh…これは確かに寒いわね)

千歌「部屋、寒くて申し訳ないけど……」

鞠莉「ノープロブレム☆こう見えても寒さには強いの」

千歌「もし良かったらそこのコタツで暖を取っててね。それと鞠莉ちゃん、緑茶は飲む?」

鞠莉「ええ、頂くわ♪お気遣いありがとね」
5: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:54:07.02
千歌「はい、どうぞ」コトッ

千歌「それと、もし良ければみかんも」

鞠莉「ありがとう♪頂きマース」

千歌「じゃあ、用事済ませてくるね。何かあったら遠慮なく言ってね」

鞠莉「わかったわ。千歌っち、いってらっしゃい♪」フリフリ
6: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:55:02.58
鞠莉(ダイヤ、まだ来ないわね……少し早く来すぎたかしら)

鞠莉(うーん……ちょっと眠くなってきたわ……)

鞠莉(ジャパニーズ・デスク『KOTATSU』……話には聞いたことがあるけど、実際に使うのは初めてね)

鞠莉(部屋の寒さと、コタツの程よい暖かさが相まって気持ちいいわ♪)

鞠莉(……ちょっと横になろうかしら)ゴロン

鞠莉(もう少し奥に潜って……)モゾモゾ

鞠莉「……」

鞠莉「オォゥ……グレェイト……」

ーーー
ーー
7: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:56:00.49
ダイヤ「こんにちは、千歌さん。遅れてしまって申し訳ございませんわ……」

千歌「いらっしゃいダイヤさん。気にしないでください。私もついさっき用事が終わったところですから……」アハハ

ダイヤ「そうでしたか……。ところで鞠莉さんはもう来ていますの?」

千歌「はい。鞠莉ちゃんのこと待たせちゃってて……」

ダイヤ「そうですか……鞠莉さんにもお詫びしなければなりませんね」
8: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:56:44.53
ガラッ

千歌「鞠莉ちゃん、お待たせしました~……あれ?鞠莉ちゃん?」

ダイヤ「……?鞠莉さんはここにはいませんの?」

千歌「う~ん……トイレかな?」

ダイヤ「まあいいですわ。鞠莉さんを待ちましょう。それよりこの部屋……いささか寒いですわね」ブルブル

千歌「あ、ごめんなさい。今この部屋、暖房が壊れてて……」アハハ…

千歌「その代わりにコタツを用意したので、ここで暖を取りながらミーティングを、と思いまして……」

ダイヤ「わかりましたわ。では失礼いたします」ゴソゴソ
9: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:57:45.34
ダイヤ「……ピギィ!!??」ビクッ

千歌「ダイヤさん!!??」

ダイヤ「こ、コタツに…何か…いますわっ……!!」モゾモゾ

千歌「それってもしかして鞠……」ダイヤ「アワワワ……あ、あ、脚を掴まれましたわぁぁぁ!!??」

千歌「ダイヤさんそれ鞠莉ちゃ……」ダイヤ「っ……!!??や、やめなさい!!ひっ…あははは…ひぃ!!」ジタバタ

千歌「ダイヤさん!!??」
10: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:58:39.43
ーーー
ーー

千歌「……」

ダイヤ「……」

鞠莉「……」

鞠莉「ハローダイヤ♪」

ダイヤ「こんにちは鞠莉さん。これは…どういうことか説明して頂けます……?」ワナワナ

鞠莉「私がコタツに潜ってたら、ダイヤが入ってきて……私がダイヤに挨拶のスキンシップをしただけよ☆」

ダイヤ「挨拶のスキンシップ?明らかにくすぐられた気がしたのですが!?」クワッ

鞠莉「oh…ソーリーソーリー……ダイヤの肌が柔らかくてスベスベだったからつい、ね☆」テヘペロ

ダイヤ「鞠莉さん、貴女って人は……」ワナワナ
11: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 05:59:38.80
千歌「あはは……鞠莉ちゃん、まさかコタツに潜っているとは思わなかったよ」

鞠莉「コタツがこんなにエキサイティングなデスクだとは知らなくて、探求心に火が付いちゃったの☆」

千歌「もしかして、鞠莉ちゃんはコタツを使ったことがなかったの?」

鞠莉「イエス♪話には聞いたことがあるけど、使うのは今回が初めてだわ」

鞠莉「布団に覆われた世界に入ってみると、常夏のビーチさながらの心地よい暖かさ……」

鞠莉「さらに潜れば、海に沈む夕日さながらのシャイニー☆な景色……」

鞠莉「コタツの魅力は私の想像を遥かに超えていたわ♪」

千歌「うんうん!冬のコタツは最高だよね!」
12: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:00:34.49
ダイヤ「はぁ……熱弁ですわね。それよりも鞠莉さん、いい加減コタツから出てきませんこと?」

鞠莉「Why?この夢のような世界を手放すのは惜しいわ……」

ダイヤ「いえ、せめて普通の姿勢に戻って頂きたいのですが」

千歌「鞠莉ちゃん、顔だけ出してるからこたつむりみたいだね。あ、鞠莉ちゃんだからコタツ鞠莉か」

鞠莉「こたつ鞠莉?キュートなネーミングね♪尚更このままで居たくなったわ☆」

ダイヤ「鞠~莉~さ~ん~?(威圧)」

鞠莉「oh……アメリカンジョークよダイヤ♪」モゾモゾ

ダイヤ「はぁ……ではいい加減ミーティングを始めますわよ。折角千歌さんに頂いた時間を無駄にするわけにはいきませんわ」

鞠莉「ソーリー千歌っち……ちゃっちゃと済ませましょう☆」

千歌「気にしない気にしない!それではミーティング開始なのだ!」
13: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:03:34.36
ーーー
ーー

~次の日・教室~

千歌「……」ウトウト

曜「千歌ちゃん、眠そうだね」ヒソヒソ

梨子「そうね…お母さんに聞いた話だと、十千万は昨日1日中人の出入りが激しかったって」ヒソヒソ

曜「そっかー……昨日用事が無ければ手伝いに行きたかったんだけど」ヒソヒソ

梨子「私も用事が無ければね……」ヒソヒソ
14: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:04:13.97
千歌「ふぇ……?よーちゃん梨子ちゃんどーしたの?」

曜「千歌ちゃん眠そうだねーって話をしていたの」

梨子「千歌ちゃん、今日は放課後の練習はパスした方が良いと思うけど……」

曜「私もそう思うよ。無理をしちゃうと後々大変だよ、千歌ちゃん」

千歌「2人とも、ありがと……うん、今日は早めに帰って休むね」

ーーー
ーー
15: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:04:55.55
~放課後・部室~

曜「と、いうわけで千歌ちゃんは本日の練習には出られないのであります」

曜「さらに梨子ちゃんも、ネムネム千歌ちゃんの付き添いで下校をした模様でございます」

曜「私渡辺曜による報告は以上です」ビシッ

鞠莉「oh……千歌っちは、私達が帰った後も用事があったのね……」

ダイヤ「だから千歌さんは自分の家でのミーティングを勧めたのですね……申し訳ないことをしましたわ……」

果南「千歌はつい無理しちゃうところがあるからね……」
16: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:05:41.58
果南「ところで、今日の練習はどうするの?」

ダイヤ「それは……」チラッ

よしまるびぃ「ヨハズラピギィ~」グデー

果南「あの3人も結構疲れてるように見えるけど……」

ダイヤ「ルビィ達は昨日、3人で東京に遊びに行っていたのですわ……」

果南「成る程ね」

ダイヤ「実質半分弱しか動けそうにありませんわね……今日は各自自由に練習ということで、解散にしましょうか」

果南「それがいいかもね」
17: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:07:30.86
ダイヤ「コホンッ……皆さん、本日は部での練習は無しとしますわ。代わりに各自自由に練習を行うこと」

曜「了解でございます!」ビシッ

よしまるびぃ「ヨハ~ズラ~ピギィ~」

鞠莉「それだったら、今日はこの部室をマリーの貸し切りにさせて頂けないかしら♪」

ダイヤ「一体全体どうしてですの?」

鞠莉「それはヒ・ミ・ツ☆」

ダイヤ「理由を明かせないなら許可は出来ませんわ!またシャイ煮研究会なんてされたらたまりませんから」

果南「あー、あったねそんなこと」

鞠莉「あれは悪かったわ……でも今回は十中八九みんなの為になると思うわ☆ダイヤ、お願いよ」
18: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:08:22.78
果南「ここまで言ってるんだし、信用しあげても良いんじゃない?」

ダイヤ「……わかりました。果南さんに免じて許可しますわ。たーだーし……!」

鞠莉「果南、ダイヤ、ありがと~☆」ギュッ

果南「どういたしまして♪」ギュッ

ダイヤ「ちょっ……//まだ話の途中ですわぁ!!」ギュッ

ーーー
ーー
19: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:09:27.22
~翌日~

曜「千歌ちゃん梨子ちゃん、おはヨーソロー!」ビシッ

千歌「おはヨーソローよーちゃん!」ビシッ

梨子「曜ちゃんおはよう」ニコッ

曜「今日は千歌ちゃん元気そうだね!よかったぁ」

千歌「うん、お陰様で元気100倍千歌パンマンだよ!!」

梨子「ふふっ、千歌ちゃん可愛い」

曜「ですなぁ~」ウンウン
20: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:10:07.41
~放課後~

千歌「今日も練習頑張るのだ!」

曜梨子「「おー♪」」

千歌「いざ、部室へ!」

曜梨子「「全速前進ヨーソロー♪」」

ガラッ

「チカッチ!フツカブゥリデスカ?」
「ミカンオイシイズラー」
「アクマノカジツヨコレハ」
「ソンナヨシコチャンニハコレアゲルビィ」「ヨハネ!」

千歌「失礼しましたー!!」ピシャッ
21: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:12:43.75
曜「どうしたの?千歌ちゃん」

千歌「んー…なんか、部屋の様子が違ったから…部室…間違えてないよね?」

梨子「間違えてないよ?」
千歌「うーん……確かに中に居たのはAqoursのメンバーだったけど……」

ダイヤ「千歌さん、部室はここで間違いありませんわ」

千歌「あ、ダイヤさん……だけど……」

果南「まあ戸惑うのも無理ないよね。私達も初めはびっくりしたもん」

曜「え?ナニナニ?」

梨子「部室で何かが起こっているみたいね」

千歌「勇気をだして……再度突入するのだ!」ガラッ
22: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:13:28.45
曜「こ、これは……」

梨子「一体どういうことなの……?」

千歌「こ、コタツ鞠莉さんだ……」

鞠莉「ハァ~イみんな☆コタツ鞠莉が9人でも十分くつろげるようなコタツを用意したわ♪」

ダイヤ「はぁ……今朝来てみたらこの有り様ですわ」

果南「昨日部室を貸し切りにしたのは、このでっかいコタツを搬入するためだったんだね」

鞠莉「いいからいいから♪早くカモォーン☆」

ーーー
ーー
23: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:15:04.29
花丸「善子ちゃん、みんなが来たから奥に詰めるずら」

善子「ヨハネ!それとヨハネの脚は魔界の呪文で束縛されていて動かないわ……」

ルビィ「痺れちゃったの?」

善子「ち、地上ではそうとも言うかしら……」

曜「賑やかだねぇ~さっそくお邪魔しまーす」

梨子「私も失礼しまーす……」
24: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:16:15.95
千歌「鞠莉ちゃんもコタツ教に入信したんだね!」

鞠莉「ええ、千歌っちのお陰よ♪素晴らしいものは共有しないとね♪」

ダイヤ「言うなれば布教ですわね」フフッ

果南「そのうち全教室にコタツ設置したりして」

鞠莉「果南、ナイスアイディア!」

ダイヤ「ブッブッブーですわ!!何を言ってますの!?」

鞠莉「oh…イッツアメリカナンジョークよダイヤ☆」

ギャーギャーギャーギャー
25: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:17:41.56
……
…………

やっぱりコタツはいいものね☆みんなで入ればココロもカラダもホットになるわ♪
この温もりは私にとって、大事な大事な宝物。
いつか……Aqoursがその役目を終えて皆が離ればなれになっても……
この温かさを思い出せばまた一つになれる気がするから……
26: 名無しで叶える物語 2017/01/23(月) 06:18:28.50
これにて完結ずらぁ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「コタツ鞠莉」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)