千歌「梨子ちゃんがちかりこ物のエロ本を隠し持ってた……」

シェアする

千歌-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:07:25.60 ID:zH/fq/+P.net
千歌「知ってた」

曜「まあ知ってたよね」

元スレ: 千歌「梨子ちゃんがちかりこ物のエロ本を隠し持ってた……」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:08:27.62 ID:zH/fq/+P.net
千歌「意外性の欠片もないよね」

曜「あ。ようりこ本もあった」

千歌「それはちょっと意外かも」

千歌「それ、どんな内容?」

曜「食いつくなあ」

曜「えっと。私が梨子ちゃんに壁ドンしてる」

千歌「意外でも何でもなかった」
4: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:10:07.47 ID:zH/fq/+P.net
曜「そっちのちかりこ本は?」

千歌「わたしの誘い受け」

曜「あー」

曜「梨子ちゃん好きそう」

曜「今度その本みたいに誘ってあげたら? 喜ぶよきっと」

千歌「うーん。わたし、よしりこ派だからなあ」

曜「そっかあ」
5: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:11:31.32 ID:zH/fq/+P.net
千歌「曜ちゃんはどのカップリングが好きなの?」

曜「カップリングって言うかさあ」

曜「この前に衝動買いしたのは、梨子獣姦本」

千歌「鬼か貴様」

曜「梨子ちゃんのカバンにこっそり忍ばせてみようかなあ」

千歌「悪魔か貴様」

曜「いや実は買ったのちょっと後悔しててさ」

曜「どうやって処分しようか悩んでるんだよね」

千歌「だからって犬が苦手な本人に送り付けるのはどうかと」

曜「だよねえ……」

千歌「うん……」
7: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:13:07.92 ID:zH/fq/+P.net
曜「……実はここに、よしりこ本もあるんだけど」

千歌「そういうのはもっと早く言おうよ!!」

曜「食いつきすごい」

曜「あ。でもこれ非エロだ」

千歌「節操なしに見えた梨子ちゃんも、善子ちゃんが相手だとプラトニック?」

曜「でも女の子なら誰でもいいみたいだよ」

曜「ほら。まりりこ本もある」

千歌「え。まりりこ本なんて実在するの?」

曜「ギルキスなのに絡みないからね。かなりレアだよこれ」

千歌「ねえ曜ちゃん。奥に他にもまだまだあるよ?」

曜「隠し場所が匠の技だね。気付かなかったよ」
8: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:14:59.07 ID:zH/fq/+P.net
曜「ダイりこ、かなりこ、りこまる、りこルビ……しっかり全員分かあ」

千歌「ここにも、りこハー本があったよ」

曜「うーん隙のないラインナップ」

千歌「梨子推しには垂涎ものだね」

曜「所有者は本人だけどね」

千歌「あれ。ちょっと待って」

曜「ん?」

千歌「ここにある本、みんな絵のタッチが同じじゃない?」

曜「あ、本当だ。同じ作者かな」

千歌「まさか。わたし達が活動始めたのなんて、ついこの間だよ」

千歌「そんな短期間にこれだけの本が出せる同人作家なんていないよ」

曜「確かに。この短期間に9冊も出せる人は稀有だね」
9: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:16:40.77 ID:zH/fq/+P.net
千歌「作者のペンネームとか書いてない?」

曜「ああ。これペンネームかな」

千歌「だれ?」

曜「コーリチウ・ラクサ」

千歌「ああ」

千歌「なるほどね。うん。わかるよ。わかる」

曜「そうだね。納得だね」

千歌「そう言えば梨子ちゃんは絵を描くの好きだっけ」

曜「作曲のかたわら、ピアノのコンクールに出つつ同人活動までするとは恐れ入るなあ」

千歌「実は曜ちゃん並みにハイスペックなんじゃない?」

曜「芸術面なら私じゃあ敵わないと思うよ」

曜「ピアノやってて手先器用だし手芸やってるし美的センスあるし、衣装づくり覚えたら私より上手いかも」
11: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:18:39.66 ID:zH/fq/+P.net
千歌「わたしの周りはすごい人ばっかりだなあ」

曜「千歌ちゃんだってすごいんだよ?」

千歌「どの辺が?」

曜「教えない」

曜「千歌ちゃんのすごい所は、私だけの秘密なんだヨーソロー」

千歌「何それ。誤魔化してるだけじゃないの」

曜「絶対に、違う」

曜「千歌ちゃんがすごいって言ってくれる私が、千歌ちゃんをすごいって言うんだよ?」

曜「すごい私を信じてよ。すごい千歌ちゃん?」

千歌「……なんだか煙に巻かれた気分」

曜「細かいことはいいんだヨーソロー」
13: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:20:46.76 ID:zH/fq/+P.net
曜「それよりこのコーリチウ・ラクサ先生の同人誌だよ」

曜「正直、ハイクオリティ過ぎてコメントに困る」

千歌「天才が変態だったらどうなるか、って見本だね」

曜「9冊だからねえ。リビドーが溢れてるよね」

千歌「あ。よりしこ本がもう1冊ある」

曜「10冊目かあ」

曜「さっきの続編?」

千歌「みたい。あ、でもエロ入った」

曜「前作が非エロだったから満足できなかったんだね」

千歌「アガペーはエロスに勝てなかったんだね」

曜「まあ梨子ちゃんだしね」

千歌「そうだね。梨子ちゃんだからね」
14: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:22:49.78 ID:zH/fq/+P.net
曜「微妙に話が変わるけど、そう言えばさあ」

千歌「なに?」

曜「浦女の夏服って1年生はノースリーブじゃん」

千歌「ああ。意味わからないけど、そうだね」

曜「梨子ちゃん、何で1年前に転校しなかったんだって滅茶苦茶ピアノ叩いてたよ」

曜「ボンボン鳴っててさ。音楽室が恐怖の館だったよ」

千歌「見たかったんだね、わたし達のノースリーブ」

曜「この本の1年生たちの脇が無駄に書き込まれてるのも、そういう事なのかなって」

千歌「うっわ。そう見るとよしりこ本(1巻)非エロなのにえっろ」
16: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:24:37.79 ID:zH/fq/+P.net
曜「善子ちゃんの脇はエロいよね」

千歌「いやお尻もエロいよ。あと太もも」

曜「言わずもがな胸もエロいけどね」

千歌「つまり?」

曜「存在がエロい」

千歌「わかる」

曜「こうやってコーリチウ・ラクサ先生の同人誌見てると、メンバーの魅力が剥き出しだよね」

千歌「メンバー全員が胸もあそこも剥き出しだけどね」

曜「ははは」

千歌「あはは」

曜「そろそろ片付けようか」

千歌「そうだね。梨子ちゃんが戻ってきちゃうね」

曜「よし。完璧」

千歌「さすがの隠ぺい工作。バレる要素ないね」
17: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:26:47.80 ID:zH/fq/+P.net
梨子「――お待たせー。アイスティーしかなかったけど、いいかな?」

曜「うん。そこに置いておいて」

千歌「遅かったね?」

梨子「ごめんね。のど渇いたよね。アイスティー飲んでいいからね」

千歌「うん。後でもらうから置いておいてよ」

梨子「遠慮しないでいいからね。飲んでね。アイスティー」

曜「梨子ちゃんの方こそそんなに気を使わなくて大丈夫だよ」

千歌「さっき梨子ちゃんの話してたの。梨子ちゃんの趣味の話」

梨子「そうなの? まあその話はアイスティーでも飲みながらゆっくりと」
18: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:27:53.60 ID:zH/fq/+P.net
千歌「よく絵を描くんだよね。普段はどんな絵を描くの?」

梨子「最近は人物画かなあ。あ、アイスティーはぬるくなる前に飲んだ方がいいよ?」

曜「じゃあメンバーの絵とか描いてたりするの?」

梨子「うん、みんな魅力的だから。それは置いといて、とりあえずアイスティー飲もうよ」

千歌「今度わたし達にも見せてよ」

梨子「人様にお見せできるようなものじゃないから……。まあまずはアイスティー飲んで一息つこう?」

千歌「本当に人様にお見せできるようなものじゃないよね」

梨子「え?」

千歌「ん?」
21: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:29:09.91 ID:zH/fq/+P.net
梨子「……ま、まあそれはいいとして。アイスティー飲もうよ。ね」

梨子「あ。それとも私が先に飲まないと落ち着かない? そうだよね。2人はお客様だもんね」

梨子「じゃあまずは私が飲むよ。飲む。もうすっごい飲む」

梨子「ごくごくごく。うん。おいしい。おいし過ぎて一気飲みしちゃった」

梨子「2人も飲んだ方がいいよ。自分が淹れた紅茶ながら、これはおいしいから。ね?」

曜「……」

千歌「……」

梨子「……」
23: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:31:01.00 ID:zH/fq/+P.net
曜「……じゃあ頂こうかな」

梨子「本当ッ!?」

千歌「食いつくねえ」

曜「もしかしてこのアイスティーに何かあるの?」

梨子「いやいやいや滅相もない」

梨子「あ。そう。最近紅茶にハマってて。淹れ方も勉強して、茶葉にもこだわってみたの」

梨子「友達に飲んでもらうのは初めてだから。ね。うん。感想とか気になっちゃって」

梨子「わかるよね」

梨子「ね」

曜「へえ。どこの茶葉なの?」

梨子「リプトン」

曜「は?」

梨子「違う。間違い。あれ、何だったかしら。ちょっとド忘れしちゃった。ふふ」
25: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:32:44.41 ID:zH/fq/+P.net
千歌「もう。梨子ちゃんはうっかりさんだなあ」

曜「あはは」

梨子「ふふふ」

曜「まあいいや。じゃあ頂くね」

梨子「!? うん、うんっ!」

梨子「遠慮なくどうぞ! もうぐいっと!」

梨子「曜ちゃんの! 恰好いいトコ見てみたい!」

梨子「そーれイッキ! イッキ! イッキ!」

千歌「こだわりのお茶なら味わってほしいんじゃないの?」

梨子「大丈夫だから! もう全然大丈夫だから!」

曜「よくわからないけど……ごくごくごく」

梨子「っしゃあ!!」
26: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:34:25.34 ID:zH/fq/+P.net
千歌「曜ちゃんおいしい?」

曜「おいしいよ。身近な味。飲み慣れた懐かしい感じがする」

千歌「リプトンだからね」

曜「ティーパックだね、これ」

梨子「ところで、ぜんぜん関係ない話するけど眠くなったら言ってね?」

梨子「私のベッド使っていいから。ね」

梨子「いや本当に何の関係もないんだけどね。でももし眠くなったらいけないから」

梨子「ね。遠慮しないでね」

曜「うん。ありがとう」
28: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:36:27.17 ID:zH/fq/+P.net
梨子「千歌ちゃんもアイスティー飲んで? 曜ちゃんも飲んだから。大丈夫だから」

梨子「ね」

千歌「うーん。今はのど渇いてないし後でもらうね」

梨子「そう……」

梨子「……そう」

梨子「……早めに飲んでね?」

梨子「ホント。できるだけ早い方がいいから……」

千歌「ありがとう。梨子ちゃんは優しいね」

曜「ね。そんなに気を使ってくれなくていいのに」

梨子「うっ。お、お客様だからね。他意はないんだけどね。本当に」
30: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:38:07.01 ID:zH/fq/+P.net
曜「……」

曜「ところで、ぜんぜん関係ない話するんだけどさあ」

曜「――梨子ちゃん。眠くなったら、いつでも言ってね」

梨子「え? いや。私は眠くなんてならないけど」

梨子「眠く……あれ? おかしいな。何だか、眠い……」

梨子「何で。私、間違え、……zzz」

曜「……」

千歌「いつすり替えたの? 気づかなかったよ」

曜「人様に見せるものじゃない、ってタイミング」

千歌「ああ。もしかして、わたしナイスアシスト?」

曜「そうだね。あそこで隙を作ってくれたのは助かったよ」
31: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:39:51.72 ID:zH/fq/+P.net
曜「それにしても今回は睡眠薬だったかあ」

千歌「賭けはわたしの勝ちだね」

曜「媚薬で来ると思ったんだけどなあ」

千歌「ふっふっふ。梨子ちゃんを自由にできる権利はわたしのものなのだ」

曜「いいなあ」

千歌「さあ曜ちゃん。梨子ちゃんをベッドへ運んで」

曜「はいはい。ヨーソローですよお姫様」

曜「よっこいしょ。やっぱり梨子ちゃんは軽いや」

千歌「うむご苦労である。そしてわたしもベッドへダイブ!」

千歌「んー、いいにおい。梨子ちゃんの寝顔も可愛い」

曜「いいなあ」

千歌「えへへー」
34: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:41:59.69 ID:zH/fq/+P.net
千歌「……」

千歌「曜ちゃん。もういっこ命令」

曜「なんですかお姫様」

千歌「曜ちゃんもおいで。一緒にお昼寝しよう」

曜「いいの?」

千歌「うん。曜ちゃんも一緒がいい」

千歌「2人で梨子ちゃんを抱き枕にしちゃおう」

曜「……うんっ。ありがとう千歌ちゃん」

曜「それじゃあ失礼します。はー、やわらかくて気持ちいい」
36: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:44:02.17 ID:zH/fq/+P.net
千歌「梨子ちゃん、起きたらどんな反応するかな」

曜「尋常じゃなく取り乱すだろうね」

千歌「わたし達が寝てたらいろいろ触ってくるかな」

曜「あー。あるね」

千歌「先に起きて寝たふりしてようね」

曜「楽しみだね」

千歌「あは。これからもわたし達を楽しませてね。梨子ちゃん」

ようちか「「ね」」

梨子「zzz……えへへ」


おしまい
37: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:44:37.35 ID:zH/fq/+P.net
これにておしまいです
ご覧いただいた方、レス頂いた方、ありがとうございました
お目汚し失礼いたしました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「梨子ちゃんがちかりこ物のエロ本を隠し持ってた……」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。