花丸「善子ちゃん、ここを膝で押し付けられるの好きだよね」グリグリ 善子「ひゃっ////ぁっ…ゃめ//ずっ…はなまる…っ…///」

シェアする

よしまる-アイキャッチ6
34: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 09:03:24.26 ID:LWqzrU4m.net
花丸(今日は練習がお休みだから、図書委員の仕事をしながら、暇を潰してます)

花丸(本棚にバーコードの付いてないお本があったので、確認のために読んでいるんだけど)

花丸(なんだかよく分からないずら。大人の恋愛?さっきから不思議な表現に困っています)

花丸「ここを触ったら気持ち良いのかな?」サワサワ

花丸「よく分からないや」

善子「おっはヨッハネー」ガラッ

花丸「善子ちゃん。どうしたの?」

善子「暇だから遊びに来ただけよ」

花丸「部活ないと途端にやることなくなるよね」

善子「でも、そんな時だからこそ堕天力を高める機会。ここにも意外と面白い本があるのよ」

花丸「あ、そうだ。この本なんだけど、善子ちゃん分かる?」

善子「なになに?悪魔に関する本かしら?」

フムフム

善子(ーって///これ官能小説じゃない///)ヒェ-!

元スレ: 花丸「善子ちゃん、ここを膝で押し付けられるの好きだよね」グリグリ 善子「ひゃっ////ぁっ…ゃめ//ずっ…はなまる…っ…///」

スポンサーリンク
35: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 09:04:09.96 ID:LWqzrU4m.net
花丸「あっ、善子ちゃん知ってる?」

善子「うぇ!?いや…知ってるというか…何と言うか///」

花丸「特にこの部分が分からなくて」

善子(自分を慰めてるシーンじゃない///)

花丸「もし知ってたら教えて欲しいな」

善子「無理よっ!」ダッ

花丸「待って」ダキッ

善子「ちょおっ!」

花丸(つい反射的に捕まえてしまったずら)

善子「はーなーしーてー!」ジタバタ

花丸(善子ちゃんは細いし、軽くて力もそんなに無いみたい)

花丸「ねっ?気になって先が読めないから協力してほしいずら」

善子「協力って!?」
36: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 09:04:32.86 ID:LWqzrU4m.net
花丸「ここを触ったらどうなるのかって」

善子「無理無理無理!ほんっとむ…」

花丸「えいっ」サワッ

善子「ふひゃあっ///」ビクンッ

花丸(おおっ、びっくりしたずら)

善子「は、はなまるぅ♡」クテッ

花丸(急に力が抜けたみたい。お小水の後みたいな感じで良いのかな?)サワサワ

善子「んっ///やぁっ♡…なでないでぇ///」

花丸「こうかな?」サワッ

善子(くっうぅ///なんで上手いのよぉ♡)ブルッ

善子「あっ///!?やっ♡…待って待って!」

花丸「どうしたずら?」サワサワ

善子「ほんとっ、まずいからぁっ///」ヌルッ

花丸「!?」パッ

善子「はぁはぁ」クテ-

花丸「ご、ごめん善子ちゃん。おトイレ行きたかったんだね」

善子「ふぇ?」

花丸「とりあえず大丈夫だからおトイレ行って良いずら」

善子「えっ///ちょっ///これはっ」

花丸「我慢しないで」グイグイ

善子(中途半端に追い出されてしまったわ)

善子「///」クチュッ

善子(こんなの我慢できるわけないじゃない!)

この後の流れは
善子おトイレで堕天
善子Mに目覚めて花丸にお願い
花丸Sに目覚める

>>1がやるんだゾ
38: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 16:40:08.92 ID:pIZl7cQP.net
トイレ

善子(だ、誰も見てないわよね)ガチャ

善子(うぅ、まさか学校でオナニーすることになるなんて…)スルスル

ヌルッ

善子(うわぁ///こんなに溢れてるなんて、ほんとに感じちゃってたのかな)

善子(花丸の指…で♡)クチッ

善子「ーっ///」ニュルッ

善子(すっごい///…気持ちよすぎるぅ♡)ニチッニチッ

善子(声、出てないわよね?)ニチックチュッ

善子(んっ♡ふぁ…っひ///)クチュックチュッ

善子(はあっ、は…なまるっ♡はなまるぅっ♡」ビクンッ

善子「はっ///…あ、あぅ♡」ヒクッヒクッ

善子(今までにないくらい気持ちいい♡気持ちいいのに…)

善子(まだ…足りない///)
40: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 17:42:59.68 ID:pIZl7cQP.net
図書室

花丸(さっきの善子ちゃん、可愛かったな。それに色っぽいと言うか…)

花丸(この本にはそういうことが書いてあったのかなぁ)

花丸(あっ、そう言えば善子ちゃんのおしっこ?付いちゃったんだ)

花丸(でも、これ…)スン

花丸(おしっこと言うより、善子ちゃんの匂いを凝縮したような///)スンスン

花丸(ちょっと癖になりそうずら♡)

ガラッ

善子「はな…まる///」モジモジ

花丸「あっ、善子ちゃんおトイレ大丈夫だった?」

善子「う…うん///あのね?…そのぉ♡」

花丸「?」

善子「さっきの…続き///」

花丸「さっきの?」

善子「だ…だからっ♡協力…したでしょ?」ピラッ

グッショリ

花丸(こ、これは!?本にあった出来上がってる状態ずら!?と…とりあえず)

花丸「奥に控え室があるから、そっちに」

善子「///」コクッ
43: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 19:00:23.40 ID:pIZl7cQP.net
控え室

花丸「じゃあソファに座って」

善子「うん///」ポフッ

花丸(あれ?慌てて控え室に来たけど、これって、マルが連れ込んだみたいになってる?)

善子「そ…その、用意がいいのね///」

花丸(なにか期待されてる…)

善子「///」モゾモゾ

花丸(でも、改めて見ると善子ちゃんはやっぱり美人さんだなぁ。夕日に照らされて、紅潮した顔も魅力的だし)

善子「ねぇ///シてくれないの?」チラッ

花丸(だけど、もっと恥ずがらせてみたくなるずら)ゾクッ

花丸「してほしいって…何を?」

善子「あ…あなた分かってて呼んだんじゃないの?///」

花丸「んー…ちゃんと言ってくれないと分からないな」

善子「ち…ちゃんとって///」

花丸「どこをどうしてほしいの?」ボソッ

善子「うぅ///わ、私の…お…おま」

花丸「私の?」

善子「ぉま…んこを撫でて…欲しいのっ♡」

花丸「よく出来ました」ヌチャッ

善子「ーっはぁあっ♡」ビクビクッ

花丸「ちょっ!?声が大きいずら!」クチニユビ

善子「んぐっ///ふぇぁ♡」クチュッ

花丸「あはっ♡こんなに蕩けた顔して、すごい我慢してたんだね♪」ニチャッ…ニチャッ

善子「ふーっ///ふーっ///」コクコク
44: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 19:01:16.54 ID:pIZl7cQP.net
花丸「ちゃんと言えたから、ご褒美にイかせてあげる」グイッ

善子「っや♡…ひゅごいぃ///い…いいのぉ♡」スリッ…スリッ…

花丸「ふふっ、腰を浮かせて自分で動いちゃってるよ」ジュプッニュルッ

善子「は…にゃ…まるぅ♡…もう///」スリッ…スリッ…

花丸「いいよ♡いっちゃえっ♡」グチャグチャグチャッ!

善子「ぁあっ♡…っはぁーっ♡」ビクウッ

花丸「うわぁ♡足ぴーんって伸ばして♪すごいイったね?」

善子「へぁー♡あっ…はぁ♡」ヒクヒク

花丸「聞こえてない。意識飛びそうなのかな?善子ちゃんだけ楽しんでてズルいずら」トサッ

善子「はぇ?///」

花丸「私にも楽しませてよ」ヒザオシツケ

善子「んーっ♡にっ…やぁあ///」ビクンッ

花丸「あはっ♡これっ…本当にっ♡善子ちゃんを犯してるみたいでっ♡」グチュッ…グチュッ

善子「ふゃぁ///…やっ♡あぁっ♡」ガクガクッ

花丸「たまらないずらっ♪」グイグイッ

善子「はっ///はげしっ♡……イってる途中っ…なのにぃ♡」ビクッ

花丸「善子ちゃん、ここを膝で押し付けられるの好きだよね」グリグリ

善子「ひゃっ///ぁっ…ゃめ///…はなまるっ…♡」ビクビク

イッチ、タイトル回収したゾ
49: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 20:36:41.97 ID:pIZl7cQP.net
花丸「ん?やめるの?」パッ

善子「あっ///…ちっ…違うの♡これは…つい」

花丸「あーあ。また素直じゃないずら。もう終わりね?」

善子「やっ!待ってぇ///お…お願いだから」

花丸「」ニヤニヤ

善子「最後まで…シて///」

花丸「しょうがないずら。はい」ヒザダチ

善子「えっ?///」

花丸「マルの足を使って良いから自分で腰振ってね?」ニッコリ

善子「じ…自分で…なんて///」

花丸「ん?」

善子「あっ…わ…分かりました。んっ♡」クチュッ
50: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 20:52:04.15 ID:pIZl7cQP.net
花丸「あはっ♡ほんとに一人でヤりはじめたね。変態さんずら」

善子「んうっ♡変態でいい…からっ///」ニュッ…ニュルッ

花丸「そんなにイきたいの?」

善子「イきたいっ♡花丸のが……忘れられないのぉっ///」…グチュ…グチュ
51: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 21:05:17.02 ID:pIZl7cQP.net
花丸「よく出来ました♡イって良いよ♡」グッ

善子「っあっ///おしっ…つけられてっ♡…すごいぃ///」グチャッ…グチャッ

花丸「イっちゃえ♡」グリグリグリ

善子「ああっ♡ちょっ♡は、花丸っ♡」ビクッ ビクッ

花丸「耳…貸して」

善子「な、何……///」

花丸「愛してるよ♡」ポソッ

善子「なっ…」

花丸「はむっ♡」

善子「ひあぁっ///」

花丸「よひほひゃん♡」ハムハム

善子「イッくぅうー♡」 ビクッ…ビクンッ!
53: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 21:11:25.07 ID:pIZl7cQP.net
花丸「ふふっ♪お疲れ様♡可愛かったよ」ナデナデ

善子「はへっ♡はぁあ///」ヒクヒク

花丸「これからはマルのリトルデーモンだね?」

善子「んっ…うんっ///リトルデーモンになるぅ♡」

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「善子ちゃん、ここを膝で押し付けられるの好きだよね」グリグリ 善子「ひゃっ////ぁっ…ゃめ//ずっ…はなまる…っ…///」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)