ことり「ねぇ、にこちゃん?」※SS

シェアする

ことり-アイキャッチ11
1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:02:25.67 ID:j2MM9dGq.net
ことり「ねぇ、にこちゃん?」

にこ「ん?」

ことり「どうしてまだ私のサイン飾ってるの?」

にこ「ことりの?
あぁ、ミナリンスキーのサインね」

ことり「うん、もう正体だってわかってるのにどうしてなのかなって」

にこ「…別にいいでしょ」

ことり「う、うん…」

にこ「さ、練習行くわよ」

ことり(私…本当は知ってるよ、にこちゃんが私のサイン大切にしてくれてること)

元スレ: ことり「ねぇ、にこちゃん?」※SS

スポンサーリンク
8: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:09:07.73 ID:j2MM9dGq.net
>>4
書き忘れてました
アニメとは少し違う時空でやってます
2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:05:17.35 ID:j2MM9dGq.net
ことり(私がにこちゃんに初めてあったのは私が1年生、にこちゃんが2年生の時…)

ことり「メイド喫茶お願いしまーすっ」

にこ「……」ジーッ

ことり「?どうしました?」

にこ「メイド喫茶って女の子でもはいれるの?」

ことり「はいっ、ぜひ!」

にこ「じゃあ…」

ことり「有難うございます!」

にこ「…ん」

ことり(にこちゃんは私がまだバイトを始めたばっかの時、お客さんとしてきてくれたんだ…)
6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:08:22.43 ID:j2MM9dGq.net
にこ「それでね…」

ことり「うんっ!」

にこ「スクールアイドル…って言うのをやってるんだけど…」

ことり「スクールアイドル…?」

にこ「あぁ、学校でアイドルをやる、みたいな感じ」

ことり「そうなんだ」

にこ「…まぁ、あんまり人は来てくれないんだけど何人か部員も集まってきてね」

ことり「おぉ~」

にこ「だからやってる事は違うけど人をたくさん呼べるあなたは凄いなぁ…ってね」

ことり「そ、そんなことないですよ~」

にこ「少しでも多くの人に注目してもらえるだけでもすごい事じゃない」
10: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:12:15.47 ID:j2MM9dGq.net
ことり「それでにこさんはスクールアイドルで何をしようと?」

にこ「さんは付けなくてもいいわよ
…私がスクールアイドルをやろうと思ったきっかけは…」

ことり「きっかけは?」

にこ「アイドルになりたかったから」

ことり「アイドル?」

にこ「可笑しいわよね、高校生にもなって…」

ことり「そ、そんなことないですよ!
アイドルっていいですよねいろんな衣装着れて…」

にこ「!わかってくれるの!?」

ことり「はいっ!私裁縫やってて服とかのデザイン考えるのすっごい好きなんです!」

にこ「そう…やっぱり好きなものには憧れるものね…」

ことり「?」
11: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:14:20.75 ID:j2MM9dGq.net
にこ「もしこのまんま成功できなかったらどうしよう…ってたまに思うのよね」

ことり「……」

にこ「私は人を笑顔にさせるアイドルになりたい!
…けど現実はそんなに甘くないのよね」
ことり「…でも…」

にこ「でも?」

ことり「一生懸命やることに意味があると思います…!」

にこ「そう…そうね」
12: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:16:26.56 ID:j2MM9dGq.net
ことり「私…応援してますからっ」

にこ「ありがとう…っ」

しばらくしてにこちゃんがまた店に来た時は少し寂しげだったんだ…

ことり「どうしたの…?」

にこ「……なんでもないわ」

ことり「でも…」

にこ「…っ…」

ことり「相談なら…乗るよ?」

にこ「あのね……」

ことり「うんっ…」

にこ「部員のみんな……やめちゃったのよね」
13: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:18:20.41 ID:j2MM9dGq.net
ことり「えっ…」

にこ「私の理想が高すぎたのかしら…みんなやめちゃってね…」

ことり「そう…だったんですか…」

にこ「…私のやってきた事ってなんだったんだろ…ってね」

ことり「……」

にこ「もう…続ける自信も…」

ことり「にこちゃん…」

にこ「…ん?」

ことり「にこちゃんは…それでいいの?」
14: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:19:53.97 ID:j2MM9dGq.net
にこ「それでいいって…?」

ことり「にこちゃんはアイドルになりたいんじゃないの…?ここで諦めたら…」

にこ「わかってるわよ!…わかってるけど…」

ことり「……ごめん」

にこ「…ううん…」

ことり「………」

にこ「……今日はもう帰るわ…」

ことり「……うん…」
16: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:24:26.58 ID:j2MM9dGq.net
そう言ってからしばらくにこちゃんはメイド喫茶に来ることはありませんでした

多分…アイドルへの夢を諦めちゃったの…かなぁ

私、にこちゃんのために出来ること…ないかな…

そんな事があってから半年後…

にこ「…また、来たわよ」

ことり「にこちゃん!」

にこ「……」

ことり「久しぶりだね…」

にこ「…そうね」
19: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 01:02:13.48 ID:j2MM9dGq.net
ことり「……」

にこ「……私ね」

ことり「うん」

にこ「アイドル…続けようと思うの」

ことり「…!」

にこ「…メンバーは1から集め直しだけど、やっぱり私はアイドルが好き」

ことり「よかったぁ」

にこ「?」

ことり「にこちゃんがアイドル続けてくれると思ってこれ…」

にこ「これは?」

ことり「衣装…作ってみたの」

にこ「っ…」

ことり「これ着て…頑張って?」

にこ「うん…ありがとう…っ」

ことり「うんっ」

にこ「…ねぇ、サイン貰ってもいい?」

ことり「えっ、サイン?」

にこ「うん…あなたはアイドルじゃないけど…私のライバルだから」

ことり「ライバル…うんっ、いいよ?」キュッキュ

にこ「ありがとう…じゃあ私はこれで…」

ことり「あ、待って!」

にこ「?」
20: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 01:05:57.99 ID:j2MM9dGq.net
ことり「あのね…私もサイン欲しいなっ」

にこ「私の?」

ことり「うんっ、にこちゃんのファン1号!」

にこ「……ばか…っ」

ことり「?」

にこ「ぅ…うぅ…っ…」

ことり「にこちゃん…大好き…っ」ギュッ

にこ「ありがとう…っ」

ことり「うんっ…」

にこ「いつかきっと…有名になってみせるわ…っ」キュッキュ

ことり「私の宝物にするねっ」

にこ「うんっ……じゃあまた…」

それから1年が過ぎて…

ことり「えへへ、にこちゃん大好きっ」ギュッ

にこ「な、何よいきなり!」

ことり「だって私は…」

にこ「?」

ことり「ううん、なんでもない」

にこ「変なことりね」

ことり(だって私は…にこちゃんのファン1号なんだもの)

おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「ねぇ、にこちゃん?」※SS』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。