絵里「くねくね?」

シェアする

絵里-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:12:01.50 ID:tnyBqwxL.net
夏休み 田舎

にこのおばあちゃん家

にこのおばあちゃん「いらっしゃい、よく来たね」

絵里「しばらくお世話になります」ペコリ

おばあちゃん「ゆっくりしていっておくれ」

にこ「あと一人、遅れてくるニコ!」

おばあちゃん「ふふ、そうかい」ニッコリ



客室

絵里「広いわね.....」キョロキョロ

にこ「そう? 田舎じゃ普通でしょ」

絵里「これで普通......」キョロキョロ

にこ「にしても、希のやつ遅いわね」ゴロゴロ

絵里「まさか寝坊するなんて......」ゴロゴロ

にこ「ま、希らしいけど」ゴロゴロ

元スレ: 絵里「くねくね?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:15:53.66 ID:tnyBqwxL.net
絵里「ねね、少し外を歩かない?」ワクワク

にこ「ええ~......」

ーーーーーー

ーーー



田んぼ付近

絵里「はえ~...おっきい.......」

絵里「........」チラッ

にこ「なんでにこの胸を見るわけ?」ジロッ

絵里「いや......って、あれ?」

にこ「? どうしたのよ?」

絵里「あそこ......」ユビサシ




くねくねくねくねくねくね.......
4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:17:16.28 ID:tnyBqwxL.net
絵里が指差した方を見ると、白い物体がくねくねと動いていた

ベネット「ただの案山子ですな」

絵里「あ、あんなにくねくね動く案山子があるの?」

にこ「風で揺れてるだけよ」

絵里「で、でも.......風、吹いてないわよ......?」

にこ「.........」

絵里「......というわけで~」ゴソゴソ


絵里「ジャジャーン! 双眼鏡~!」テテテテー

絵里「これでアレを見ましょう!」ワクワク

にこ「なんでそんなもの持って来てるのよ......」

絵里「細かいことは気にしな~い♪」


絵里「さ、アレは何かしら~?」スッ

にこ(田舎に来てテンション上がってるわね......)


絵里「ぁ........」
5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:18:46.64 ID:tnyBqwxL.net
双眼鏡を覗いた瞬間、絵里の顔が真っ青になり、冷や汗をだくだくと流し始めた

絵里「.............」ボトッ

にこ「え、絵里......? な、何が見えたのよ......?」 

にこがおそるおそる尋ねると、絵里はゆっくりと口を開いた......



絵里「わカらナいホうガいイ........」
7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:20:23.72 ID:tnyBqwxL.net
にこ(! 絵里の声じゃない.....!)ゾクッ

絵里「............」ヒタ...ヒタ...

にこ「あ...ちょっと...!」

にこ「.......い、家に帰った......?」

にこ「........」チラッ

落ちた双眼鏡「ヒロッテ」

にこ(絵里は......何を見たの......?)

にこは双眼鏡を拾い、覗こうとした......



にこのおじいちゃん「にこ!!!」タタッ

にこ「!」ビクッ


にこ「お、おじいちゃん...?」

おじいちゃん「あの白い物体を見てはならん!見たのか!にこ、その双眼鏡で見たのか!」

にこ「い、いや...まだだけど.......」

おじいちゃん「そ、そうか...よかった......」ドサッ

そう言うと、おじいちゃんは安心した様子でその場に泣き崩れた......
8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:21:39.44 ID:tnyBqwxL.net
おばあちゃん家

にこ「え、絵里......?」

絵里「チカはかしこいチカーチカチカチカーケタケタケタケタケタケタケタ」クネクネクネクネクネクネ

絵里は、狂ったように笑いながら、くねくねと裸で乱舞していた......
そこに、かつての賢いかわいいエリーチカの姿はなかった

にこ「え、絵里! どうしたのよ!」

絵里「チカァ?チカチカチカケタケタケタケタケタケタケタ」クネクネクネクネクネクネ

にこ「ひっ......」

おばあちゃん「......絵里ちゃんは、ここに置いといた方が暮らしやすいじゃろう...」

おじいちゃん「ああ、あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん...うちに置いといて、何年か経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ...」

にこ「そ、そんな.......」




『こんにちはー!』
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:23:35.99 ID:tnyBqwxL.net
にこ「! この声は...!」タタッ


玄関

にこ「希!」

希「いやー、寝坊しちゃって......」アハハ

にこ「そんなことはいいのよ! 絵里が...絵里が!」

希「ちょ、どうしたん? 泣いとるけど...絵里ちに胸の事で弄られたん?」ヨシヨシ

にこ「違うわよ!ていうか、それはアンタの方でしょうが! いいからこっちに来なさい!」グイッ


居間

絵里「エリチカお家に帰るチカケタケタケタケタケタケタケタ」クネクネクネクネクネクネ

希「絵里ちっていつもこんな感じやん」ハハッ

にこ「んなわけないでしょ!!」

希「じょ、冗談じょうだーん......やっほーやっほー.....」

希「と、ところで、なんでおかしくなったの?」

にこ「それは.......」

ーーーーーー

ーーー

11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:24:54.66 ID:tnyBqwxL.net
希「なるほどなぁ......」

にこ「........」

希「.......にこっち、その白い物体がいる場所に案内して」

にこ「は、はぁ? あ、あんた正気?」

希「当たり前やん?」

にこ「........分かったわ」


田んぼ

にこ「ここよ......ほら、あそこにいるでしょ」

くねくねくねくね......

希「おー、あれか~」

にこ「もういいでしょ、早く帰って絵里のそばにいてあげーー」




希「破ァーーー!!!!」ズビビビビビビー!!!
13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:28:45.71 ID:tnyBqwxL.net
ちゅどーん!

にこ「............は?」ポカーン

木っ端微塵になったくねくね「」チーン

希「これで大丈夫やね」

にこ「え、え? い、今......なんかビームみたいなのが左腕から......てか、左腕が......」ボーゼン

希「さ、早く家に帰ろう?」




にこ「絵里!!」ダダッ!

絵里「に、にこ? そんなに慌ててどうしたのよ?」

にこ「も、元に戻ってる......!」

絵里「元に?」

希「やっほー、絵里ち」

絵里「あ、希、やっと来たのね」

希「ついさっきね」
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:31:37.07 ID:tnyBqwxL.net
にこ「そ、それより...! あの左腕の...何て言うの?銃?みたいな所から出たビームみたいなのはなんなのよ!」

絵里「ビーム?」

希「まあまあ、そんなことはええやん」

にこ「よくないわよ!!」

希「あ、ウチは東條希です。これからしばらくお世話になります」ペコリ

にこ「って、聞きなさいよ!」

おばあちゃん「い、今...と、東條って....」

にこ「お、おばあちゃん...?」

おじいちゃん「東條.....それに左腕からビーム......もしかして.......」

にこ「ふ、二人とも.....?」

希「にこっちー、ウチお腹すいた~」グイグイ

にこ「ちょっ......」

希「なあ~なあ~」グイグイ

絵里(なんだかおいてけぼりチカ......)ショボーン
16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:34:46.62 ID:tnyBqwxL.net
次の日 朝



絵里「ん~! やっぱり空気が美味しいわね~!」ノビー

絵里「今日は良いことありそう♪」


『ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ...』


絵里「え?」

絵里(何かしら......?)キョロキョロ

絵里「あ.....」

絵里(庭の生垣の上に白い帽子が......移動してる?)

絵里(ってことは...誰かが被ってるのよね?)


『ぽぽっ...ぽ...』
17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:36:44.36 ID:tnyBqwxL.net
絵里(あ、姿が見え....って、えええっ!?)

絵里(お、大きい.....二メートル以上はあるわね.....)

絵里(しかも女性......)

『ぽっ、ぽぽ、ぽ...』

絵里「見えなくなっちゃった......」

絵里「超厚底ブーツでも履いてたのかしら?」

絵里「それとも、女装した男性だったり?」クスッ

ぐぅ~

絵里「あ......」
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:38:02.33 ID:tnyBqwxL.net
食卓 朝食

絵里「さっき身長が二メートル以上ある人を見たんですよ~」モグモグ

おばあちゃん「へぇ、それはずいぶん大きいのぉ」クスッ

にこ「見間違いでしょ」モグモグ

絵里「ち、違うわよ! 本当に見たんだから! 白いワンピースを来た女性...いや、男性.....?」

希「絵里ちは意外と抜けとるところがあるしな~」ケラケラ

絵里「もう......」パクッ


絵里「あ、そういえば......」

にこ「? なによ?」

絵里「さっき見た人、変なことを言ってたのよねぇ.....」

希「変なこと?」

絵里「ええ、『ぽぽぽ』って......」



おじいちゃん「いつ見た!?」ガタッ!
21: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:39:20.48 ID:tnyBqwxL.net
にこえりのぞ「!」ビクッ

おじいちゃん「どこで見た!?」

にこ「お、おじいちゃん...?」

おじいちゃん「垣根よりどのくらい高かった!?」ズイッ

絵里「え、えっと......」ビクビク

ーーーーーー

ーーー



おじいちゃん「なんてことだ......」

絵里「あの、何か.....?」

おじいちゃん「.........」スタスタ

にこ「あっ、おじいちゃん!」
22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:40:38.69 ID:tnyBqwxL.net
希「どこかに電話してるみたいやね」

おばあちゃん「........」ブルブル

にこ「お、おばあちゃん大丈夫!?」

絵里「え、え...?」オロオロ



おじいちゃん「......ばあさん、あとを頼む。俺はKさんを迎えに行ってくる」

おばあちゃん「.........」コク

絵里「な、なにか悪いことしちゃったのかしら.......?」

にこ「おばあちゃん......」

おばあちゃん「.......八尺様に魅入られてしまったみたいだよ、おじいちゃんがなんとかしてくれる。心配しなくていい」

にこ「八尺様......?」


それからおばあちゃんは、おじいちゃんが戻って来るまでぽつりぽつりと話してくれた
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:41:54.08 ID:tnyBqwxL.net
この辺りには「八尺様」という厄介なものがいる。
八尺様は大きな女の姿をしている。名前の通り八尺ほどの背丈があり、「ぼぼぼぼ」と男のような声で変な笑い方をする。
人によって、喪服を着た若い女だったり、留袖の老婆だったり、野良着姿の年増だったりと見え方が違うが、女性で異常に背が高いことと頭に何か載せていること、それに気味悪い笑い声は共通している。
昔、旅人に憑いて来たという噂もあるが、定かではない.....とかなんとか。


おばあちゃん「..........」

にこ「し、信じられない...」

絵里「チカァ......」ブルブル

希「んー......」


ガチャ!
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:43:09.10 ID:tnyBqwxL.net
おじいちゃん「Kさんを連れてきたぞ!」

にこ「お、おじいちゃん.....えっと、そのお婆さんが.......」

K「えらいことになったのう。今はこれを持ってなさい」スッ

絵里「こ、これは......?」

希「お札やね」

にこ「お札って......」

絵里「に、にこぉ...希ぃ...」ブルブル

にこ「な、情けない声出すんじゃないわよ......きっと大丈夫よ......」

おじいちゃん「Kさん、二階に......」

K「分かった」
26: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:44:43.13 ID:tnyBqwxL.net
しばらくしてーーー

おじいちゃん「絵里ちゃん、二階に来てくれるかな?」

絵里「は、はい......」


二階 部屋

おじいちゃん「もうすぐ日が暮れる。いいかい、明日の朝までここを出ちゃいかん。俺もばあさんもにこも希ちゃんも絵里ちゃんに話しかけることはない。そうだな、明日の7時になったら部屋を出ていい」

絵里「わ、分かりました......」

K「今言われたことは良く守りなさい。お札も肌身離したらダメじゃよ。何かおきたら仏様の前でお願いしなさい」

絵里「は、はい......」

おじいちゃん「それじゃあ.....」

絵里(うぅ......この部屋に一人......)ブルブル

にこ「..........」




にこ「しょうがないわねー」
28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:46:17.84 ID:tnyBqwxL.net
絵里「え......?」

にこ「にこが一緒にいてあげるわよ」

おじいちゃん「にこ!?」

にこ「感謝しなさいよー」

絵里「に、にこ.....!」パァ

おじいちゃん「な、ならん! お前まで呪われるかもしれないんだぞ!」

にこ「この部屋から出なければ大丈夫なんでしょ?」

おじいちゃん「しかし......」

K「.....分かった。 ただし、さっき言われたことは絶対に守りなさい」

にこ「あったり前田のクラッカーよ!」

希「にこっち、絵里ちのこと頼んだよ」

にこ「任せなさい!」フフン

ーーーーーー

ーーー

29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:47:30.76 ID:tnyBqwxL.net
部屋

絵里「にこ、本当にありがとう!」ギュー

にこ「わ、分かったから離れなさいよ...! 暑いんだから...!」ググッ

絵里「そ、そんなに嫌がらなくても.......あ」ブルッ

にこ「? どうしたのよ?」

絵里「......と、トイレ///」モジモジ

にこ「あー、ほら、さっさとやってきなさいよ」ユビサシ

おまる「」ドーン!

絵里「うぅ.....///」
30: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:48:45.24 ID:tnyBqwxL.net
にこ「...........」

絵里「...........///」モジモジ

にこ「あーもう! 早く行ってきなさいよ!」

絵里「だ、だって......///」

にこ「だってじゃないわよ!」

絵里「うぅ......あ、そ、そうよ! テレビ見ましょう!テレビ!」

にこ「はぁ? テレビ?」

絵里「て、テレビを見てれば気が紛れるわ!」

にこ「........まあ、いいけど」ピッ

テレビ『あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!』

絵里「チカァァアアアアアアア!!!???」ビクッ

にこ「ん、今ホラー映画やってたのね」

絵里「...ぁ.......」チョロ...

にこ「え?」

絵里「...........」チョロロロロロロ

にこ「...........」

絵里「...........」チョロ...チョロロ...マキ



絵里「にこ...気持ち悪い......」

にこ「知らないわよ!」フキフキ
31: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:50:07.30 ID:tnyBqwxL.net
深夜一時すぎ

絵里「あと六時間......」

にこ「......なんだか嫌な時間ね」


コツコツ


にこえり「!」ビクッ

にこえり「..........」

絵里「ね、ねぇ...今、誰か窓を......」

にこ「か、風の音でしょ......」




おじいちゃん?『おーい、大丈夫か? 怖けりゃ無理せんでええぞ』
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:51:22.53 ID:tnyBqwxL.net
にこ「っ......こ、この声.....」

おじいちゃん?『どうしたー? こっちに来てええぞ』

絵里「に、にこ! もう部屋を出ていいって!」タタッ

にこ「ま、待ちなさい!」

絵里「え?」ピタッ

にこ「そいつはおじいちゃんじゃない! おじいちゃんの声に似てるけど.....違うわ!」

絵里「ち、違うって.......ひっ!?」ビクッ

にこ「なっ...も、盛り塩が......真っ黒に...!?」





『ぽぽっぽ、ぽ、ぽぽ...』
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:52:55.95 ID:tnyBqwxL.net
にこ「!?」ビクッ

絵里「ぁ......あ、ああ.....!?」ブルブル


トントン、トントン


絵里「ま、まど、窓....! に、にこぉ.....!」ガクガク

にこ「え、絵里! お札をしっかりと握ってなさい!」

絵里「ぅ.....!」ギュッ




『ハイパーわしわしMAXやー!』
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:54:21.59 ID:tnyBqwxL.net
『んぽぉぉおおおおおおおおお!?!?///』アヘェ

にこ「は......?」

絵里「チカ......?」

シーン......

にこ「........え?」

ドタドタドタ!

ガチャ!

希「にこっち! 絵里ち! もう大丈夫!」

にこ「の、希!」

希「八尺様はもうおらんよ」ニッコリ

絵里「ほ、本当!」パァ!

希「東條希、嘘つかない」

絵里「やったーー!!」ピョンピョン

にこ(て、ていうか...どうやってわしわししたのよ......)


八尺様、完!
39: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:57:42.52 ID:tnyBqwxL.net
次の日の夜 森の入り口近く

希「なあーなあー、本当にカブトムシやクワガタ沢山おるん?」

にこ「本当よ」

希「わーい♪」キャッキャッ

絵里「な、なにも夜に来なくてもいいじゃない......」ブルブル

にこ「怖いなら家で待ってなさいよ」

絵里「それはぁ.......あれ?」

希「ん? 絵里ち?」

絵里「ねぇ、何か聞こえない?」




カサカサ......パキッ...パキッ...
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 22:59:33.79 ID:tnyBqwxL.net
にこ「ネズミとかでしょ?」

希「絵里ちは怖がりやな~」ニヤニヤ

絵里「う......」

にこ「さ、行くわよ」



二十分後...

にこ「......ストップ」

希「あ、にこっちも気付いた?」

にこ「まーね」

絵里「ふ、二人とも......?」ブルブル

にこ「希、ちょっとだけ歩いてみて」

希「任せとき!」テクテク

絵里「?」
44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:00:59.79 ID:tnyBqwxL.net
希「にこっち、どう?」テクテク

にこ「やっぱり......」

絵里「ね、ねぇ...ど、どうしたの......?」

にこ「ちょっと耳をすましてなさい」テクテク

絵里「?.......あ」

希「絵里ちも気付いたみたいやね」

絵里「え、えぇ......私たちの動きに合わせてるわ......」

希「どうやら、ウチらが動くと向こうも動いてるみたいやね」

にこ「でも、近付かれてる気配はないし...」

のぞにこえり「...........」




絵里「監視されてるのかしら......?」
45: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:02:10.20 ID:tnyBqwxL.net
にこ「監視......」

希「気配から察するに、たぶん複数じゃなくて一人がずっとついてきてる感じやね」

絵里「ど、どうする......?」

にこ「......下手に正体を探るのは危険ね」

絵里「じゃあ.......」

にこ「このまま進むわよ......」

希「せやね」

絵里「........」ゴクッ

ーーーーーー

ーーー

46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:03:37.16 ID:tnyBqwxL.net
禁止区画

にこ「誘導されたみたいね......」キョロキョロ

絵里「ゆ、誘導!?」ガーン

希「いつの間にか、立ち入り禁止の場所まで来てしまったやん?」

絵里「どど、どうするのよ.....?」

にこ「後ろには正体不明の奴がいるから戻れない......」

希「なら柵を越える?」

絵里「ええっ!?」

にこ「立ち入り禁止だけど、そうするしかないわね」

絵里「わ、分かった.....」

希「気を付けて越えるんよー」ヨジヨジ
48: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:05:06.50 ID:tnyBqwxL.net
柵の中

にこのぞえり「.........」

絵里「ね、ねぇ...な、なんだか変じゃないかしら......? 息苦しいような.....」

にこ「でも、柵を越えたしまったんだから、先に進むしかないでしょ...」

希「せやね」

スタ、スタ.....

絵里「......ま、待って、足音が聞こえないわ......」

希「柵を越えてからバッタリ聞こえなくなったね」

にこ「.........」

絵里「もも、もしかしてだけど、私たちをつけているモノは...ずっとここにいたんじゃないかしら...? あの柵、出入口みたいなものはないみたいだし、それで近付けなかったんじゃ......」

にこ「そんなわけないでしょ...、私たちが音の動きに気付いた場所ですら、ここからじゃ見えないのよ? それなのに、森に入った時点から私たちの様子が分かるはずないわよ」

絵里「それは......」

にこ「ほ、ほら!変なこと考えてないで行くわよ!」

絵里「.........」
49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:06:08.09 ID:tnyBqwxL.net
三十分後...

にこ「柵が見えたわよ! あれを越えればここから出られるわ!」

絵里「た、助かったわね......って、あら......?」

希「どうしたん?」

絵里「あれ...なにかしら?」ユビサシ


絵里が指差した方には、特定の六本の木に注連縄が張られ、その六本の木を六本の縄で括り、六角形の空間がつくられていた。
柵にかかってるのとは別の、正式なものっぽい紙垂もかけられてた。
そして、その中央に賽銭箱みたいなのがポツンと置いてあった。
50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:07:21.32 ID:tnyBqwxL.net
にこ「怪しいわね.....」

絵里「......宝箱?」

にこ「宝箱?」

絵里「ほら、お宝があるから立ち入り禁止にしてたのかもしれないじゃない?」

にこ「そんなわけないでしょ......」

絵里「そ、そうかしら?」

にこ「まあ、でも興味はあるけど」

絵里「でしょう? ちょっと行ってみましょう」


そう言うと、絵里は縄をくぐって六角形の中に入り、箱に近づいて行った。


にこ「やけに行動が早いわね......」

希「............」

にこ「ん? 希、何考えてるのよ?」

希「ううん、何でもないよ。ウチらも行こっか?」

にこ「そうね」
51: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:09:38.13 ID:tnyBqwxL.net
絵里「サビだらけね.....」

にこ「野晒しで雨にやられんでしょ。それより、箱にチョークか何かで家紋?みたいなのが書かれてるけど.....」

絵里「いくつも書かれてるわね......でも、同じのはないみたいよ」

希「そうみたいやね」

絵里「ちょっと開けてみましょうか」カパッ


箱の中には四隅にペットボトルのような形の壺?が置かれてて、その中には何か液体が入ってた。
箱の中央に、先端が赤く塗られた五センチぐらいの楊枝みたいなのが、
変な形(/\/\>)で置かれてた。
52: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:10:53.73 ID:tnyBqwxL.net
にこ「何よこれ? 爪楊枝?」

希「ペットボトルみたいなのも入ってるみたいやね」

絵里「ここまで来て爪楊枝とペットボトルだけなんて、ちょっとガッカリね......」

希「絵里ち、その爪楊枝の形を変えたら宝箱がでるかもよ~?」ニマニマ

絵里「え?」

希「ゲームでよくあるやん、仕掛けを解いたら宝箱がでてくること♪」

絵里「いや、ゲームはあまりしないから分からないけど......まあ、希が言うなら...」

にこ「やるだけ無駄よ、無駄」

希「いいやんいいやん♪ たいした手間はかからないし♪」

絵里「じゃあ、ちょっと形を変えてみましょうか......」

そう言って、絵里が爪楊枝の形を変えた瞬間ーー



チリンチリリン!!チリンチリン!!
53: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:12:14.32 ID:tnyBqwxL.net
にこ「どわあっ!?」ビクッ

絵里「チカッ!?」ビクッ


にこ達が来た方とは反対、六角形地点のさらに奧にうっすらと見えている柵の方から、物凄い勢いで鈴の音が鳴った。


にこ「い、一体なによ!?」


音がした方に懐中電灯を向けると......


絵里「ひっ.......」



怪物が、にこ達の方をジッと見ていた。

そいつは、腕は六本で左右に三本ずつ、上半身は裸で下半身のない女性の姿をしていた。
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:13:21.58 ID:tnyBqwxL.net
絵里「ぁう......」ヘタリ

にこ「え、絵里!」

希「...........」スタスタ

にこ「ちょっ!? の、希! そいつに近づいたら危ないわよ!」

希「まあまあ、心配しなくて大丈夫や」

にこ「な、何言って......」

希「ウチに任せとき!」タタッ

にこ「あっ! ちょっと!.....もう、なんなのよ......」

絵里「にににににこっ、ののの希が....ころ、殺され...!」

にこ「いざとなったならビームとか出すから平気でしょ......多分」

絵里「び、びーむ?」



希「おーい!」タタッ
56: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:14:52.97 ID:tnyBqwxL.net
絵里「チカアアアアアア!!??」ビクー

にこ「なっ、ななな、何でそいつも連れてきてるのよ!?」

希「ふふ、この子は襲ったりしないから大丈夫だよ」

絵里「ほ、本当......?」ビクビク

希「うんっ、紹介するね。姦姦蛇螺のかんちゃん!」

かんちゃん「........」ペコリ

にこえり「..........」ポカーン

希「じゃあ、何して遊ぼうか?」

にこ「い、いやいや! 遊ばないわよ!」

希「え~?」

にこ「そいつはバケモンなのよ! 遊ぶなんて出来るわけないでしょ!」

かんちゃん「........」シュン
57: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:19:02.68 ID:tnyBqwxL.net
希「にこっち、仲間外れは良くない。にこっちにはそれがよく分かるやろ?」

にこ「う、うっさいわね!そんなことはどうでも良いのよ!こいつが本当に襲わないって保証はないでしょ!」

希「にこっちは疑い深いなあ」

にこ「当たり前でしょ! こっちは命がかかってんのよ!」

希「本当に危なかったら、もうかんちゃんはこの世におらんよ」

にこ「は、はぁ?」

かんちゃん「?」

希「ほら、ウチのスーパーのんたんビームで木っ端微塵や」

かんちゃん「!?!?」コワイヨ!

希「ていうか、そもそも箱に近付けないようにするし」

にこ「それは......」

希「ウチが危ないと分かってて、絵里ちに触らせたりすると思う?」

にこ「.........」

かんちゃん「......」シナイヨネ
58: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:20:17.66 ID:tnyBqwxL.net
絵里「た、確かにそうよね......」

希「分かってくれたみたいやね」

にこ「......まあ、襲わないのは分かったけど.....」

かんちゃん「......!」パアッ!

希「よーしっ! じゃあ、向こうの柵までかけっこやー!」タタッ

にこ「はぁ!?」

かんちゃん「♪」テケテケテケテケ

絵里「負けた人ジュース奢りー!」タタッ

にこ「あっ! こら! ま、待ちなさーい!!」タタッ



姦姦蛇螺、完!
60: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:24:36.42 ID:tnyBqwxL.net
数日後の夜

絵里部屋

絵里「ふぅ、今日はにこの祖母の家から帰ってきたからクタクタ.....」

絵里「乗り換えが多くて大変だけど、良いところだからまた行きたいわね」

絵里「かんちゃんとまた遊びたいしね♪」

絵里「んん...ふわぁ.....もう寝ましょう......」ムニャムニャ

絵里「おやすみなさーい......」zzz

ーーーーーー

ーーー



ガタンゴトン、ガタンゴトン......

絵里「........ん?」パチッ

絵里「ここは......」キョロキョロ

絵里(どうやら、電車の中みたいだけど......)

絵里「もしかして......夢?」

絵里「夢を自覚するなんて初めてかも......」

絵里「.........それにしても」チラッ

男の人「..........」

女の人「..........」

絵里(私の後ろに座ってる人達、なんだか顔色が悪いわね......)



『次は活けづくり~、活けづくりです。』
61: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:26:08.52 ID:tnyBqwxL.net
絵里(活けづくり? 魚の?)


『ぎゃあああああああああ!!!!!!』


絵里「!」ビクッ

絵里「な、なに!?」バッ!


私が後ろを振り向くと、地獄のような光景が広がっていた。


男の人「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!」

小人「ウキ...ウキ...」ザクッザクッ


絵里「ぁ.....ああっ...!?」
62: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:27:13.65 ID:tnyBqwxL.net
電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに四人のぼろきれのような物をまとった小人がむらがっていた。
よく見ると、男の人は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様になっていた。
強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけていた。


女の人「..........」

絵里(な、なんでこの人は取り乱してないのよ...!)ガクガク

絵里「........ぁ」


気が付くと、一番後ろの男の人はいなくなっていた。
しかし赤黒い、血と肉の固まりのようなものは残っていた。
うしろの女性は相変わらず、無表情に一点をみつめていた。



『次はえぐり出し~、えぐり出しです。』
63: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:28:22.77 ID:tnyBqwxL.net
絵里「!」ビクッ


アナウンスが流れると二人の小人が現れて、ぎざぎざスプーンの様なもので後ろの女性の目をえぐり始めた。


女の人「アアアアアアアアアアアアアアア!!!!!????」


絵里「っ.....!」


女の人「いだいぃぃぃ!!!!いだっあ、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!」


絵里「早く覚めて早く覚めて早く覚めて.......!」ブツブツブツブツ



『次は挽肉~、挽肉です。』
66: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:31:23.43 ID:tnyBqwxL.net
絵里「ひっ!?」ビクッ

絵里「覚めて覚めて覚めて覚めて.......お願いだから覚めて!!」ガタガタガタ

小人「..........」

絵里「っ!?!?」ビクッ

絵里「ひひひ、膝の上に......!」ガクガク

小人「.........」チャ

ウィーン...

絵里「ななっ、何よその機械!? まさ、まさか.....それで私をミンチに.....!?」

ウィーン...!

絵里「だ、誰か...誰か助けて...!」ガクガク

小人「オマ...エ...ヲ...タスケニ...クル...ヤツ...イナイ...ウキ」ニヤ


絵里「いやああああああああああああ!!!!」




『いるやんっ ここにひとり!!』

『破ァーーー!!!!』
68: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:33:00.70 ID:tnyBqwxL.net
パアアアアアアアアアア......

絵里「...........あ、あれ?」パチッ

絵里「ここ、は......?」キョロキョロ

絵里「あっ!」タタッ


チョコレートの家「ハッピーバレンタイン!」

絵里「チョコレートの家があるわ!」

絵里「いただきまーす♪」モグモグ

絵里「うーん♪ 幸せ~♡」モグモグ

ーーーーーー

ーーー



絵里部屋 早朝

絵里「ふへへ......♪」Zzz

希「なんとか間に合ったみたいやね」

希「さて.....まだ朝早いし、ウチもねよーっと♪」モゾモゾ

希「おやすみ~」Zzz


猿夢、完!
70: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:35:15.08 ID:tnyBqwxL.net
学校 トイレ

絵里(練習中なのにお腹壊しちゃうなんて......腹ショー...)ギュルルルッ!?

絵里「うぐぅ......」ギュルル?

ーーーーーー

ーーー



絵里「......ふぅ、ハラショーだわ」スッキリ

絵里「.......あら?」

絵里「か、紙がないわ......」タラー

絵里「ど、どうしたら......」


『赤い紙が欲しいか?』


絵里「へ?」


『青い紙が欲しいか?』


絵里「も、もう、希のイタズラでしょう?」


『赤い紙が欲しいか? 青い紙が欲しいか?』
71: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:36:57.26 ID:tnyBqwxL.net
絵里「......の、希の声にしては低すぎるわね......」タラー

絵里「まるで男の人のような声.......」ダラダラ

絵里「.........」ゾォー...

絵里「だ、誰! い、今すぐ出ていきなさい!」

『赤い紙が欲しいか? 青い紙が欲しいか?』

絵里「ひっ.....い、いらないわよ!」

『ならば、白い紙をやるやん?』

絵里「へ......?」



『破ァーーー!!!!』
72: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:38:01.63 ID:tnyBqwxL.net
ちゅどーん!


絵里「.........え?」

コンコン

希『絵里ちー、紙いる?』

絵里「え、あ...うん......」



赤い紙、青い紙、完!
74: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:42:03.12 ID:tnyBqwxL.net
屋上

絵里「ねえ、にこ」

にこ「ん? なに?」

絵里「練習が終わったら、一緒に人形博物館に行かない?」

にこ「人形博物館? ああ、最近できた?」

絵里「そうそう、ちょうどチケットが二つあるのよ」

にこ「ふーん、珍しいわね、絵里がにこを誘うなんて」

絵里「ほら、私たちって二人きりで遊んだことがあまりないじゃない? たまには二人きりで遊びたいなーって......ダメ?」

にこ「いや、別にいいわよ」

絵里「本当? 約束よ♪」
75: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:43:17.56 ID:tnyBqwxL.net
練習後

部室

穂乃果「帰りにマックに寄って行こー!」

凛「さんせーい!」

コンコン、ガチャ

先生「ちょっと良いか?」

穂乃果「あ、先生」

先生「お前達、今日は寄り道せずに帰るようにな」

ことり「何かあったんですか?」

先生「なんだ知らないのか? 近くで殺人事件が起きたんだよ」
77: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:44:42.02 ID:tnyBqwxL.net
花陽「さ、殺人...!?」

先生「まだ犯人は捕まってないから、注意して帰るようにな」

ガチャン.....

穂乃果「殺人事件なんてあったんだ......」

ことり「怖いね.....」

希「あれ? みんな知らなかったん?」

海未「希は知っていたのですか?」

希「うん、ご近所さんから教えてもらったんよ」

穂乃果「ど、どこで殺人事件があったの?」

希「ほら、近くに大きい家があるやん? そこの家のおじいさんとお手伝いさんが殺されたんよ」

花陽「そんな.......」

希「見つけられたときは、血だらけやったらしいよ~」

真姫「ヴェェ......」

希「でも、目撃者の話が変なんよ」

穂乃果「変?」

希「なんでも、窓から飛び出してきた犯人はーーー」



希「人形だったみたいなんよ」
78: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:45:57.57 ID:tnyBqwxL.net
花陽「に、人形.....?」

凛「いくらなんでもそれは嘘だにゃ~」

希「ふっふっふ......それがそうとも言いきれないかもよ?」

凛「にゃ?」

希「これはウチが神主さんから聞いた話なんやけどね......」

花陽「........」ゴクリ

絵里(え? 怖い話.....?)

ーーーーーー

ーーー

79: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:47:44.27 ID:tnyBqwxL.net
今から150年前、江戸に便七という膨大な知識と技術を持った、からくり人形師がいた。

彼のそれまでの経歴はまったくわからぬが、便七のつくった茶運び人形の中には、無礼な真似をした客に切りつけるというものすごいものもあったらしい。

また、彼のつくった鷹は空を自由に飛び、小鳥を獲ったという。

その天才からくり師が、晩年最も心血を注いだ人形のテーマが......


希「永久に動く機巧(からくり)や!」

穂乃果「永久に動くからくり?」

凛「きっとすごく長持ちの電池が入ってるんだよ!」

海未「いえ、昔のからくり人形は普通くじらのひげを使ったゼンマイで動くはずですが......」

希「ふっふっふ......そのからくり人形は普通とは違うんよ」ニヤリ

真姫「じゃあ、いったい何なのよ?」

希「それはーーー」




希「若い女の心臓の肉を巻きつけて動くんや!!」バーン!
80: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:49:11.31 ID:tnyBqwxL.net
花陽「誰か助けてー!!!」ピャーーー!!!!!

真姫「ヴェッ!? き、急に大声ダサナイデ!!」

穂乃果「そ、そのからくり人形は今どこにあるの......?」

希「最近出来た人形博物館に展示されてるよ」

穂乃果「えええええええっ!?」

花陽「展示されチャッテルノォ!?」

希「あそこの館長は殺されたおじいさんで、そのからくり人形を手に入れて展示してたんよ」

真姫「ど、どうせ嘘でしょ......」

希「あちゃー、バレちゃったか~」
81: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:50:30.15 ID:tnyBqwxL.net
海未「う、嘘だったのですか!?」

希「人形が人を殺すわけないやん」ケラケラ

ことり「そ、そうだよね......」ホッ

希「でも、呪いの人形が展示されてるのは本当なんよ」ニヤニヤ

花陽「ピャア......」

えりにこ「...........」


にこ「......どうするのよ?」

絵里「い、行きましょう...」

にこ「意外ね、怖くて行かないって言うかと思ったのに」

絵里「だ、だって有名なからくり人形が展示されてるのよ! 『あるるかん』や『プルチネルラ』とか!......あとはチケットが今日までだし......」

にこ「んじゃ、行くとしますか」

ーーーーーー

ーーー

82: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:51:53.78 ID:tnyBqwxL.net
人形博物館

絵里「夏休みなのに誰もいないわね.....」キョロキョロ

にこ「まあ夕方だし、しかも殺人事件が起きたからでしょ」

絵里「確かにそうね......あっ! 『あるるかん』よ!」

にこ「へぇー、これが.....」

絵里「カッコいいわね~♪」

にこ「そうねー」

絵里「あら? あっちの人形......」

にこ「ん?」チラッ


人形「.........」

にこ「キレイな人形...」

絵里「ええ、キレイね......キレイだけど、なんだかこの人形ーーー」


絵里「こわいわ」


きぃ......
83: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:55:01.84 ID:9DDInj5r.net
にこ「おっと、こっちは展示館じゃないみたいね。事務室がならんでるし」

絵里「そうみたいね、ほら、館長室とか書いてあるわよ」

にこ「? ねえ絵里、なんかガソリン臭くない?」スンスン

絵里「そう?」スンスン

にこ「にこの気のせいかしら......」スンスン

警備員「おい!」

にこえり「え?」クルッ

警備員「館内アナウンスを聞かなかったのか!? もう閉館だぞーーー」

ーーーーーー

ーーー

84: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:56:10.70 ID:9DDInj5r.net
警備員「しかたないなあ。裏口から出な!」

絵里「す、すみません......」


裏口近く

警備員「ほら、さっさと出ろ」

にこ「はーい」

警備員「たく、今の若い者は博物館に来ていちゃつきやがって」

すっ


ひゅっ

警備員「ひっ!?」



ゴリ.....
85: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:58:36.36 ID:9DDInj5r.net
にこ「? なんの音?」クルッ

絵里「警備員さん?」クルッ



ギシィィ......

人形「.........」カタ

血だらけの警備員「........」

ゴキッ.......


絵里「きゃああああ!!!」

にこ「うわああああ!!!」


人形「..........」くぱ
86: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:00:02.40 ID:1Q35T57e.net
にこ「な、なんだか分からないけど......逃げ...るわよ...」

絵里「あ...あわ...あわわわわわ...」ガタガタ

にこ「逃げるのよ......早く!!」グイッ!

絵里「ひいっ!?」

ばっ!

人形「.........」キキキ...


絵里「なんでよ? なんで人形がァ!」ダダッ

にこ「知らないわよっ! 」ダダッ

絵里「も、もしかして...希の言ってた人形......?」ダダッ

にこ「今は逃げるのよ!」ダダッ


人形「.........」カシャ...カシャ...
88: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:01:07.54 ID:1Q35T57e.net
玄関

ばん!

にこ「っ...!? 開かない...!」ガチガチ!

絵里「あわ、あわわ.....にこ、にこ...!」ガタガタ

にこ「ぐっ......裏口...裏口から逃げるわよ!」

絵里「で、でも! 裏口はあの人形の向こう側よ!」


人形「........」カシャ...カシャ...


にこ「.......少し遠回りになるけど......迂回するわよ!」グイッ

絵里「え、ええ!」タタッ


人形「............」ギシィィ...
89: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:02:33.15 ID:1Q35T57e.net
廊下

にこ「はっ...はっ...!」ダダッ

絵里「はあっ...あぐっ...!」ズザァ!

にこ「は、早く立ちなさい!アイツが来るわよ!」

絵里「も、もう無理よ......私を置いて逃げて.....」

にこ「ハア!? 何言ってんのよ!」

絵里「足を...挫いちゃったみたいなの......」ズキズキ

にこ「っ.......」

絵里「だからーー」

にこ「ほら、肩を貸すから立つのよ!」

絵里「え.....?」

にこ「ほら!」

絵里「あ、ありがとう......」


カシャカシャ....
91: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:03:42.27 ID:1Q35T57e.net
にこえり「!」ビクッ

絵里「き、来た......」ガクガク

にこ「っ......」キョロキョロ

にこ「!」

絵里「や、やっぱり私を置いてーー」

にこ「その部屋に入るわよ!」グイッ

絵里「に、にこ!?」

にこ「いいから!」

絵里「う、うん!」



人形「...........」キィィ...
92: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:04:52.73 ID:1Q35T57e.net
館長室

絵里「な、なんでここに......って、大量のガソリン.....まさか...!」

にこ「そのまさかよ」

絵里「ど、どうして!?」

にこ「あんたを支えながら、あの人形からは逃げられない.......なら、倒すしかないでしょ?」

絵里「にこ......」

にこ「このガソリンであいつを燃やすのよ」

絵里「で、でも火は!? 火がないわよ!」

にこ「なければ探せばいいのよ!」

絵里「探す.....? そ、そうね...探せばいいのよね...!」

にこ「さっさと探すわよ! じゃないとアイツが来るわ!」

絵里「わ、分かったわ!」
93: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:06:44.05 ID:1Q35T57e.net
ガタガタ! ガサガサ!

にこ「よく探すのよ! きっとあるはず!」ガサゴソ

絵里「こんなにガソリンがあるんだもの.....館長さんはあの人形を燃やすつもりでいたのよね.....」ガコッ!

にこ「だから火はあるはずなのよ!」ガコン!


キリキリ.....


絵里「っ......!」ゾクゥ

絵里(は、早く見つけないと来るわ!)ガコッ!

絵里「! あ、あった!あったわ! ライターがあったわ!」テッテレー

にこ「でかした! 早くそこのノートに火をつけなさい!」

絵里「合点承知!」


絵里「点火!」シュボッ


キリリ....
94: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:09:26.79 ID:1Q35T57e.net
にこ「っ!? 絵里!危ない!」

絵里「えっーー」クルッ


人形「..........」キリィ...


絵里「きっ、きゃあああああああ!!!」


ガシャ!!


絵里「いっ!?」ダン!

にこ「絵里!」

人形「...........」キパ

絵里「あ...あ...もう......」

にこ「っ...この.....!」

人形「..........」カシャカシャ...



『あるるかぁん!』
95: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:10:43.36 ID:1Q35T57e.net
絵里「え....?」

にこ「あっ...!」


にこえり「希!!」


希「LES ART MARTIAUX!(レ・ザア・マシオウ...戦いのアート)」バッ

希「虎乱(コラン)!」ガガガガッ

人形「.......!」ギギギ

希「炎の矢(フレッシュ・アンフラメ)!」ババババ!

人形「.........!!」ドガガガガガ

希「羽の舞踏(ラ・ダンス・ダン・ヴオラン)!」ガシィ

人形「.....!?」グググッ

希「聖(セント)・ジョージの剣!」ズバッ!!!

人形「.........」カパ....

絵里「に、人形が真っ二つに!」

希「これでトドメや!」




希「破ァーーー!!!!」ビィィィィィム!!!!
96: 元ネタは「うしおととら」と「からくりサーカス」です。(茸)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 00:14:04.44 ID:1Q35T57e.net
ちゅどーん!

木っ端微塵になった人形「」チーン

希「ふぅ、黒賀村の学校に転校したときに学んだ人形操りが役に立ったみたいやね」

にこ「.........」ポカーン

絵里「た、助かったのね.....」ホッ

希「絵里ち、寄り道しないで帰らないとイカンよ?」

絵里「う.....そ、そうよね.....」シュン

希「にこっちも」

にこ「え、あ.....うん.....」

絵里「...あっ! 警備員さんは!?」

希「警備員さんなら病院に運ばれたよ。骨とか折れてるけど命に別状はないみたいやね」

絵里「そ、そう......」ホッ

希「あと館長さんとお手伝いさんもウチのスピリ......実は生きてたらしいよ」

にこ「え...?」

希「さ、今日はもう帰ろうや」

絵里「ええ、そうね」

希「ほら、肩貸すよ」

絵里「ありがとう、希」

にこ(希って一体何者なのよ......)

にこ(ていうか、ビームだけで良かったじゃない.......)


畜生からくり、完!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「くねくね?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。