穂乃果「テレビジョンでことり合わせなる物を聞きつ」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ3
 穂乃果が部屋


穂乃果「…然れどやらんや?」

海未「ややことり合わせとは如何なる物か…?」

穂乃果「テレビジョンで言ひけるは平安の時の貴なる者が煌びやかなるさへずりの小鳥を持ち寄りて、何れがまこと煌びやかなるさへずりの小鳥なるかを判ずる遊戯なりらし。」

海未「むむ…さをやらんとするには各人小鳥の要ずるなりや?」

穂乃果「されど此方らの小鳥は已にありや。」

海未「ことりなり。」

pixiv: 穂乃果「テレビジョンでことり合わせなる物を聞きつ」 by 朝霧ユウ

スポンサーリンク

穂乃果「然り!然れど、此方らに心安き様につくろひてことり御前の愛しとする最たる語りを一つ出し合ひて何れがまことときめきたるかを判ぜむ!!」

海未「成程勉学の合間の憩ひには適したり…、ことりが愛しき所は甲乙つけがたきものなれど勘定は如何に?」

穂乃果「さは言わずもがな…」

ガチャ

ことり「穂乃果御前海未御前遅れ馳せ参ずることかたじけなし!!着る服に悩みてこそ…」

海未「承知したり穂乃果。ことり、そこに居れ。」

ことり「な!?ことり何をかしそこないたるか!?遅刻こそすれど…」

海未「穂乃果、先んじて此方が話さむ。」

穂乃果「さも決闘らしき物言ひせずとも…、どうかどうか?」

ことり「二人して何の語りをしたりや…?」

海未「して、いつぞやの稽古終はりの話なれど…」


________________________________


ことり「海未御前、ちと?」

海未「あらことり、いかにいかに?」

ことり「海未御前近々弓の手の比ぶるがありや?…然れど…、えい!此!」

海未「札…が形をした羊毛フェルトが根付なるか?」

ことり「然り!海未御前の比ぶるにな来そとの言ありし故に代はりに小さき助く心を具してしがなとの思ひありて作りしが…、ならぬことかな?」

海未「滅相なし!いと嬉しきこと…!件の用意には必ず具さむ!あな…言が出づらぬがげに、いとど嬉しきこと!」

ことり「えへへ…喜びたる様みて安らぎたり、作りし甲斐のあること。」

海未「団体なれどやうやう負けられぬ比べごとになりかし…、……あ、長らく穂乃果を待たするべき故行かむや?」

ことり「然り…さもある!」

海未「穂乃果に今参ると伝へむ…」

ことり「……海未御前」

海未「やや!??何事ありて抱擁しつるか!?」

ことり「彼の物のみで足ることにやあらぬ……ことりが……身のままの助く心…なり」

海未「あなや…」


________________________________


海未「…といふことが!!ありし!!いかにやあるか!!!!」

穂乃果「愛ぁぁぁぁぁぁぁぁしいいいいいい!!!!」

ことり「えぇぇぇ!!?恥ぢがまし…」

海未「終は見事皆中なりかし!!さもあるに…彼の抱擁して耳元で呟きたるは何か目覚めを催すものでありけり!!っっあなぁぁぁことりは愛しき御方……」

ことり「げに…二人してことりを辱かしめんとするなりや…?」

穂乃果「ちと異なるか??いでや次は穂乃果なり!あ、海未御前ほむまんどうか。」


________________________________


穂乃果「ことり御前…あら、装束作りたるか?」

ことり「然り、次なるライヴのなり、今まさしく穂乃果御前が装束を縫ひたるところ。」

穂乃果「此方の!?何とやら嬉し…さではあらぬ!ことり御前今日の昼餉取らざりけるかな!?」

ことり「あ、さもありなん…装束作りの最たるになれば時間の惜しきに…えへへ…」

穂乃果「ならぬならぬ!栄養の不足によりて倒らば如何せん!?確かに昼餉取らする為に弁当作りて来たり!」

ことり「む、穂乃果御前今日の昼餉食べきりしや…?」

穂乃果「いで!細事は構わずいで食はれよ食はれよ~」

ことり「えぇ…??折角拵へたるものなれば、いただき申す!」

穂乃果「如何にあらん?美味に整ひたるか?」

ことり「ああ、未だ食べざりき…、あむ、…うむ!たいそう美味なり!」

穂乃果「まことにあるか!?調理室借りて勤めし甲斐のあること~。」

ことり「かたじけなし穂乃果御前!穂乃果御前が愛情数多なる弁当、しかと味わはん!」

穂乃果「えへへ愛情数多なるなぞ恥ぢがましき…」

ことり「はぁぁ…穂乃果御前如き者が嫁ならまほし…」

穂乃果「あな…?今なんと…?」


________________________________


穂乃果「僻む故になりかしぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」

海未「なんであるか!嫁とは!!嫁とはひがごとなりあなぁぁぁぁぁぁ!!!」

穂乃果「さの事より暫し愛妻弁当を日ごと拵えしものよ!!此方とことり御前の蜜月なり!!」

ことり「さは心をが違えたるよ…ううぅ恥ぢがまし…」

海未「あなっ!ならぬ、ことり、判ずる時なり!!」

穂乃果「海未御前がことり御前の語りと此方がことり御前の語り、何れが愛しきことり御前なりけるか!!?」

ことり「えぇっ?さのごとき趣きでありしか…?ことりに聞かれども…」

海未「決めあぐねたるか?」

ことり「ことりが決めらるることにあらず…」

穂乃果「…ならば?」

海未「ことりは何時如何なる時も最も愛しきということなり。自明の理なれど。」

穂乃果「げにげに!然るにことり御前が可愛さに優劣なぞなし!折角なればμ'sの皆も呼ばむ皆してことり合わせ改やらむ!!」

海未「言わずもがなさの後は勉学に戻らむ、なれど此は三人に留めてはおけぬこと…!!」

ことり「げに限りなく恥ぢがましき故に止されよ…」

海未「いかむぞ穂乃果ぁぁぁ!未だ最たる語りは数多侍る!!」

穂乃果「皆が来たるまでも出来ることなりかし!なれば次は穂乃果より!!」

ことり「ち…、ちよちよ…」








 現代語版


 穂乃果の部屋

穂乃果「…だからやってみない?」

海未「いやなんですかことり合わせって…?」

穂乃果「テレビで言ってたのは平安時代の人が綺麗な鳴き声の小鳥を持ち寄って、どれが一番綺麗な鳴き声の小鳥かを競うって遊びだったよ。」

海未「うむ…それをやるためには各人小鳥が必要なわけですよね?」

穂乃果「でも穂乃果たちの小鳥はもういるでしょ?」

海未「ことりですね。」

穂乃果「うん!だから、穂乃果たち風にアレンジしてことりちゃんが可愛いっていうとっておきの話を一つ出し合ってどっちが素敵かを決めよう!!」

海未「なるほど勉強の合間の休憩には最適ですね…、ことりの可愛らしい所は甲乙つけがたいですが判定はどうするんですか?」

穂乃果「それはもちろん…」

ガチャ

ことり「穂乃果ちゃん海未ちゃん遅くなってごめーーん!!着ていく服に悩んじゃって…」

海未「そういうことですね穂乃果。ことり、そこに座りなさい。」

ことり「えぇっ!?ことり何かしちゃった!?遅刻はしたけど…」ペタン

海未「穂乃果、先攻は私が頂きます。」

穂乃果「そんな決闘みたいな言い方しなくても…、どうぞどうぞ?」

ことり「二人とも何の話してるの…?」

海未「えっと、いつだったかの練習終わりの話なのですが…」


________________________________


ことり「海未ちゃーーん、ちょっといいかな?」

海未「あらことり、どうかしました?」

ことり「海未ちゃんそろそろ弓道の大会近いでしょ?…だから…、はい!これ!」ヒョイ

海未「お守り…の形をした羊毛フェルトのストラップですか?」

ことり「うん!海未ちゃんが大会見に来ちゃだめーーって言うからことりの代わりに小さながんばれの気持ちを一緒に持っていってほしいなぁって思って作ったんだけど…、ダメだったかなぁ?」モジモジ

海未「滅相もないですよ!とても嬉しいですっ…!当日の鞄には必ずつけていきますね!あのっ…言葉が出ませんが本当にっ、とっても嬉しいです!」キラキラ

ことり「えへへ…喜んでもらえてよかったぁ~♪頑張った甲斐があったよ~。」

海未「団体戦ですがますます負けられぬ大会になりましたね…、……あ、そろそろ穂乃果を待たせているはずですし行きましょうか?」

ことり「うんっ…そうだね!」

海未「穂乃果に今行くと連絡を入れておきますか…」ポチポチ

ことり「……海未ちゃん」ギュッ

海未「ひゃっ!??なんですか!?」カーーーー

ことり「あれだけじゃ足りないから……ことりの……等身大のがんばれの気持ち…ですっ」ギューーーッ

海未「あぅ…」プシューー


________________________________


海未「…ということが!!あったんです!!どうですか!!!!」フンス

穂乃果「くわぁぁぁぁぁぁぁぁいいいいいい!!!!」バンバンバン!!

ことり「えぇぇぇ!!?恥ずかしいよぉ…」テレテレ

海未「結果は見事皆中でしたよ!!それに…あの抱擁からの耳元での呟きは何かに目覚めそうでした!!っっはぁぁぁことりは可愛いですねぇ……」ウットリ

ことり「もう…二人ともことりを恥ずかしがらせようとしてるの…?」プクー

穂乃果「ちょっと違うかなぁ??じゃあ次は穂乃果ね!あ、海未ちゃんほむまんどうぞ~♪」


________________________________


穂乃果「ことりちゃーん…あれ、衣装作ってるの?」

ことり「うん、次のライブのやつだよ、今ちょうど穂乃果ちゃんの衣装縫ってるんだ♪」

穂乃果「穂乃果の!?なんか嬉しいね~…じゃなくて!ことりちゃん今日のお昼食べてなかったよね!?」

ことり「あ、そうだったね…衣装作りが大詰めになると時間が惜しくて…えへへ…」

穂乃果「だめだめ!栄養不足になって倒れちゃったらどうするの!?ちゃんとご飯食べてもらうためにお弁当作ってきたよ!」スッ

ことり「え?穂乃果ちゃん今日のお昼食べきってたよね…?」

穂乃果「まぁまぁ!細かいことは気にしないでさあ食べて食べて~♪」

ことり「えぇ…??まぁせっかく作ってくれたんだし、いただいちゃいます!」

穂乃果「どうかな?美味しく出来てるかな?」

ことり「あはは、まだ食べてないよ…、あむっ、…うん!すごく美味しい!」

穂乃果「ほんと!?調理室借りて頑張ってよかったぁ~。」

ことり「ありがとう穂乃果ちゃん!穂乃果ちゃんの愛情たっぷりお弁当、よーーーく味わうね!」

穂乃果「えへへ愛情たっぷりなんて照れちゃうなぁ…」テレテレ

ことり「はぁぁ…穂乃果ちゃんみたいな人がお嫁さんだったらなぁ…」ボソッ

穂乃果「ふぇ…?今なんて…?」ドキッ


________________________________


穂乃果「勘違いしちゃうよねぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」ゴロゴロ

海未「なんですか!お嫁さんって!!お嫁さんは反則ですようわぁぁぁぁぁぁ!!!」ヘドバン

穂乃果「それからしばらく愛妻弁当毎日作っていったもんね!!穂乃果とことりちゃんのハネムーンだよ!!」

ことり「それは意味が違うよぉ…ううぅ恥ずかしい…」プシューー

海未「はっ!いけません、ことり、決断のときですよ!!」

穂乃果「海未ちゃんのことりちゃんの話と穂乃果のことりちゃんの話、どっちが可愛いことりちゃんだった!!?」

ことり「えぇっ?そういう趣旨だったの…?ことりに聞かれても…」タジタジ

海未「決めあぐねますか?」

ことり「ことりが決められることじゃないよぉ…」

穂乃果「…ということは?」

海未「ことりはいついかなる時も最高に可愛らしいということですね。元から決まっていることですが。」

穂乃果「だね!やっぱりことりちゃんの可愛さに優劣なんてないよ!折角だからμ'sの皆も呼ぼう!皆でことり合わせ改やろう!!」

海未「もちろんその後は勉強に戻りましょうね、ですがこれは三人に留めてはおけません…!!」

ことり「もう十分恥ずかしいからやめてよぉ…」

海未「いきますよ穂乃果ぁぁぁ!まだとっておきはいくつもあります!!」

穂乃果「皆が来るまでも出来るもんね!じゃあ次は穂乃果から!!」

ことり「ちゅ…、ちゅんちゅん…」テレテレ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「テレビジョンでことり合わせなる物を聞きつ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。