ことり「ONE WAY」

シェアする

ことり-アイキャッチ23
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 16:09:06.29 ID:sEGO+TIk.net
仲良さそうに街を行き交う、おじいちゃんとおばあちゃん、夫婦っぽい人たちとか、高校生くらいのグループとか。

あとは、カップルとか。

そういう人たちを見ても、少し前までは平気だったはずなのに。

もしも、海未ちゃんと出会うのが、もうホンの少しだけ早かったら……

今ごろは、違う未来があったのかな。

今ごろは、海未ちゃんの隣で手を繋いで歩いているのは、私だったんじゃないかなぁ……

はぁ。

ため息を地面に落とし、仲良さそうに前を歩く二人を追いかける。


『穂乃果ちゃんと海未ちゃんが付き合い始めたらしい――』


そんな噂を聞いたのが、つい先週のこと。

でも私は、それよりも前に知っていた。

っていうよりも、分かっちゃった。

だって二人とは、毎朝一緒に登校してるんだもん。

付き合い始めた翌日には、もう知って……じゃなくて、分かっちゃった。

元スレ: ことり「ONE WAY」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 16:16:48.98 ID:sEGO+TIk.net
いつまでも下向いてたら、怪しまれるよね?

重たい首を持ち上げ、前を向くと、

前の二人は、何やらコソコソと耳打ちしている。

きっと二人ともそういうつもりはないんだろうけど、

私には、仲のいいところを見せつけるかのように見えちゃった。

二人は、お腹の中からの幼馴染だもんね。

私なんかよりも、よっぽど長いあいだ一緒にいるんだもんね。

また俯いて、唇を噛み締める。

穂乃果「それじゃあ海未ちゃん、ファイトだよっ!」

海未「ええ。それではまた明日」

穂乃果「メールとかラインとか電話とかするねー!」

海未「どれか一つにしてくださいっ!」

穂乃果「あはは、まったねー!」

……あれ?

どうしたんだろう。穂乃果ちゃん、用事かな?
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 16:28:23.39 ID:sEGO+TIk.net
ことり「ねぇ海未ちゃん。穂乃果ちゃん、どうかしたの?」

海未「ええと、ですね……その、なんと言ったらいいのやら……」

ことり「んー?」

海未「あ!穂乃果はなんか用事が出来たみたいですよ!」

ことり「…………?」

嘘だってことが、丸分かりです。

昔っから嘘を吐くこととか、隠し事ができない素直な性格。

無数にある、海未ちゃんのことが好きな理由の一つです。

ことり「うーんと、それ、本当?」

海未「な、なんで……いや、嘘じゃないですよ!?」

ことり「それじゃ、穂乃果ちゃんはどんな用事だったの?」

海未「あの、えと」

ことり「嘘、なんだよね?」

海未「う……はぁ」

海未「素直に話をするので、ちょっとだけ、距離取ってもいいですか?……近いです」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 16:37:07.50 ID:sEGO+TIk.net
ふと気がつくと、かなり近い場所にいたの。

まるで、キスでもせがむかのような……そんな、至近距離に。

2、3歩後ろに下がります。

海未「最近、ことりの元気がないと、穂乃果が心配していました」

ことり「んー、そうかなぁ?私はいつも通りだよ?」

ほら、といつも通りの笑顔を浮かべるけど、

海未「ほら、やっぱり元気がないじゃないですか」

……?

海未「いつものことりは、もっと元気な笑顔でしたよ」

ことり「……っ。そうかなぁ?」

海未「そうです。何年幼馴染やってると思うんですか?」

穂乃果ちゃんよりもホンの少し短い年数だよ、なんて言葉が出かかって、ぐっとこらえます。

ことり「えへへ、そうだよねぇ。でも、最近はバイトが忙しいくらいで、μ'sの活動もそんなに忙しくないし」

ことり「うん、バイトの疲れが出ちゃったのかな?」

海未「そうですか?それだけならいいんですが」
6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 16:51:13.69 ID:sEGO+TIk.net
ことり「心配かけちゃったみたいで、ごめんね?」

海未「いえ、謝ることじゃないですよ」

海未「そうだ、穂乃果とも話をしていたんですよ。最近、ことりがいつもに増して綺麗になったと」

ことり「……そう、なのかな」

海未「もしかして、誰か好きな人でもできたのですか?」

ことり「うーん、どうかなぁ?」

褒めないで。

嬉しいけど、切ないの。

海未「私たちが応援など、厚かましいような気もするのですが、穂乃果が聞き出してこいと、うるさくて」

ことり「あはは、ありがとう♪ 誰かを好きになった時、真っ先に相談するね」

海未「この前のライブの衣装、穂乃果がベタ褒めで……」

海未「雪穂から聞いたのですが、穂乃果の体重がまた増えたと……」

海未「昨日の電話なんですが、穂乃果ときたら2時間も喋って……」

海未「先週の土曜は弓道の練習場にも穂乃果が顔出しにきて……」

海未「お母様ときたら、穂乃果の話ばかり聞き出して……」
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 17:04:24.06 ID:sEGO+TIk.net
穂乃果、穂乃果、穂乃果。

海未ちゃんとの話題の中心は、常に穂乃果ちゃんがいる。

ねぇ海未ちゃん、知ってる?

それってね、世間一般ではノロケって言うんだよ?

お腹いっぱいだよーって返すのが一般的なのかな。

だけど、私はそんなこともできなくて、ただ相槌を打つだけ。

私は海未ちゃんが好き。大好き。

だけど、どんなに好きでも、知られちゃいけないの。

だって知られたところで、海未ちゃんからの答えなんて、わかりきってるの。

好きで好きで、大好きだけど、でも絶対に求めないの。

求めたって、手に入らないから。

海未ちゃんのことを好きだったことを忘れようとするけど、それができなくて……

会うたびに、やっぱり好きで。

話するたびに、もっと大好きで。

……これじゃ、恋が悲しいよ。
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 17:15:01.65 ID:sEGO+TIk.net
空がオレンジ色に染まる頃、海未ちゃんの携帯がメールの着信を知らせた。

差出人なんて、わざわざ聞くまでもないよね。

ことり「……穂乃果ちゃん、なんて?」

海未「今日の宿題でわからないところがあるから教えろと、そんな内容ですよ」

ことり「くすくす。海未ちゃん、穂乃果ちゃんに甘くなったんじゃない?」

海未「……その、恥ずかしいのですが……」

ことり「ん?なになに?」

海未「あの、アレですね……惚れた弱み、と言いますか」

ことり「あはは、ノロケだノロケだー」

海未「もう!からかわないでくださいっ!」

頬が赤くなっているのは、夕日の照り返しだけじゃないよね。

照れながら話す海未ちゃんも可愛いなぁ。

ことり「さて、そろそろいい時間になってきちゃったし……」

海未「そうですね、帰りましょうか」
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 17:28:27.24 ID:sEGO+TIk.net
家に着くなり、ベッドにダイブする。

枕に顔をうずめていると、昔のことを思い出しちゃう。

心の奥の気持ち。

同性なのに、海未ちゃんのことが好きだと気がついた瞬間。

私のことを気遣ってくれる、誰よりも優しい笑顔。

ダメなことをダメと叱ってくれる、誰よりも厳しい声。

トランプとかするとすぐに表情に出ちゃう、誰よりも素直な性格。

すらりと伸びた白く長い手足、艶のある黒髪。

なんかもう、海未ちゃんの全部、全部が好き。

あの時、私は生まれ変わったかのように、世界が一変したの。

もうずっと昔のこと。

海未ちゃんは忘れているかもしれないけど。

……子供の頃、野良犬に追いかけられたことがあったの。

泣きながら全力で走っていたら、たまたま通りかかった海未ちゃんが、犬を追い払ってくれて……

助けてもらった後、私は海未ちゃんに抱きつきながら、わんわん泣いちゃった。
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 17:42:23.81 ID:sEGO+TIk.net
今思えば、私は足の早い子供じゃなかったの。

だから、野良犬から逃げ切るなんて、とてもできるはずがない。

冷静になって考えれば、あれは野良犬にとってはただの遊びだったんだよね……

海未ちゃんはそんなこと、気付いていたのかもしれない。

追いつかれるはずがない、って。

すぐにでも追い払えるぞ、って。

でも、どんな考えが海未ちゃんにあったとしても、あの時の私には……

漫画のヒーローみたいな?

おとぎ話の王子様みたいな?

ううん。少し違うかな。

やっぱり、いつも通りにカッコいい海未ちゃんだったよ。

きっとあの時から、ずっと海未ちゃんに恋してる。

恋しているから。

だからこそ私たち3人の日常から、私だけが抜け落ちたようで。

海未ちゃんと穂乃果ちゃんの日常を知るたびに、私の恋心が傷ついていくの。
12: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 17:55:05.84 ID:sEGO+TIk.net
翌日、μ'sの練習中。

いつも通り、海未ちゃんの厳しい指導の元、私たちは練習に励んでいます。

海未「ワン、ツー、スリー、フォー!」

海未「ファイブ、シックス、セブン、エイッ!」

海未「真姫、笑顔を忘れましたか!?」

真姫「これが精一杯よ!」

海未「にこは逆に不自然に笑いすぎです!」

にこ「この笑顔のどこが不自然よぉ!?」

海未「穂乃果、動きが大きすぎです!」

穂乃果「うん、がんばるっ!」

海未「Bサビ後からラスサビ手前まで、もう一度おさらいします。その後に全体を通してから、休憩を入れましょう」

海未「さ、もう一息ですよ!」

8人「はいっ!」

海未ちゃんがたまに見せる笑顔が、私の目には眩しく映って。
14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 18:14:31.50 ID:sEGO+TIk.net
海未「お疲れ様でした、10分の休憩にしましょう」

海未「はい、穂乃果。お疲れ様でした」

穂乃果「あ、私のドリンクだ。ありがとー」

海未「どういたしまして」

海未「ことりも、はい。お疲れ様でした」

私のことを呼ぶその声に、またキュンと胸が締め付けられたり。

海未「……ことり?どうかしましたか?」

ことり「え?ああ、うん!ありがとう、海未ちゃん♪」

いつもの笑顔でドリンクを受け取る。

けど、私は……

私からも、何かをあげたい。

全部をあげたい。

身も心も、思い出も、これからの人生も、何もかも。

でも、なんにもできない……なんにも、しちゃいけない。
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 18:28:21.98 ID:sEGO+TIk.net
どんなに好きだったとしても、何も与えちゃいけないの。

与えたところで、受け取ってもらえない。

受け取ってもらえるはずもない。

だって、海未ちゃんはもう、穂乃果ちゃんとお付き合いしているんだもん。

穂乃果「……ことりちゃん、大丈夫?」

ことり「ほぇっ?」

穂乃果「さっきからずっと、なんかぼーっとしてるよ?」

海未「熱中症ということもありえますし、今日はお休みしますか?」

熱中症。

そういえばSNSかなにかで、『熱中症』をゆっくり言うと『ねぇちゅうしよう』に聞こえる、という話を思い出しちゃって……

海未ちゃんからキスしよう言われたと、一瞬だけ勘違いしちゃった。

それだけで、顔が真っ赤になっちゃったのがわかるの。

ことり「……うん、今日はここで見学してようかな」

海未「体調が優れないときは、無茶しないほうがいいです」

穂乃果「それじゃ、帰りは一緒に帰ろうねっ!」
17: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 18:38:33.74 ID:sEGO+TIk.net
日陰でしゃがみながら、さっきの言葉が頭の中でリフレインする。

海未『熱中症ということもありえますし……』

海未『ねぇちゅうしよう……』

こんな風に思い出すだけでも、また顔が熱くなる。

好きで好きで、海未ちゃんのことが大好きで!

思うだけで頬が緩んじゃう。

それでも、なんにも変わらないの。

なんにも変われないの。

ことり「……はぁぁぁ…………」

トキメキと切なさがまぜこぜになって、胸のあたりにつっかえる。

こんなんじゃ、息ができないよ……

……これじゃ、恋が悲しいよ。
18: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 18:58:07.85 ID:sEGO+TIk.net
穂乃果「こっとりちゃーん!帰ろー!!」

ことり「うん、帰ろっか!」

海未「ことり、大丈夫でしたか?」

ことり「えへへ、心配かけちゃったかな、ごめんね?もう大丈夫だよ!」

大丈夫なわけないよ。

そんな優しい目と、慈愛の声をかけられたら、また好きになっちゃいそう。

平気そうな顔とか、平気そうな声の作り方が、板についてきちゃった。

その内、本当に平気になるのかな。

でも平気になった時って、この気持ちを忘れちゃった時なのかな……?

いやだ、絶対にイヤだ!

忘れたくない、なかったことにしたくない!

身を焦がすような思いを持つなんて、きっと人生で何回もない。

だから私は、この気持ちを詩にすることにしたの。

μ'sじゃなくていい、「南ことり」という名前じゃなくてもいい。

海未ちゃんに届かなくたって……よく、ないんだけど。

けど、いいの!
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 18:58:44.44 ID:sEGO+TIk.net
この思いがなくならないように、忘れないように!

いつか、歌いたい。

そうだなぁ、曲名は……一方通行?片思い?あこがれ?

なんか、うーん。

片道切符……あ。

ONE WAY。

うん、しっくり来ました。

衣装は可愛い系よりも、ちょっとダメージ加工したワンピースとかかな?

片方のヒールが折れたハイヒールと、裾がボロボロのワンピース。

……うん。いかにも、失恋した女の子って感じ。

あはは。こんなこと、誰にも話せないよね。

いつかどこかでこの気持ちを歌えたら。

きっと、その時に初めて吹っ切れるような、そんな気がします。




ことり「ONE WAY」おわり
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 19:01:06.70 ID:sEGO+TIk.net
題材は内田彩1stアルバム「アップルミント」より、『ONE WAY』
日本コロムビアより絶賛発売中!
アマゾンでも売ってるよ!
アルバム表題になっている『アップルミント』は視聴もできるよ!
http://www.youtube.com/watch?v=HCwwAAWv_DI


なお、2015年7月22日には2ndアルバム「Blooming!」が発売予定!
みんなよろしくねっ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「ONE WAY」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。