花丸「苦手を克服するずら!」

シェアする

花丸-アイキャッチ12
1: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:17:40.12 ID:/EYbnN4D0
ルビィ「いただきまーす」mgmg

花丸「」ジー

ルビィ「…花丸ちゃん?そんなに見られると食べにくいんだけど…」

花丸「ゴメンごめん、ルビィちゃん最近よくご飯を食べるようになった気がするけどどうしたのかなって思ってつい…」

ルビィ「あ、それはね、花陽ちゃんってご飯がとっても好きなんだって!」

ルビィ「だからルビィも少しでも大好きな花陽ちゃんに近づこうと思って色んなご飯を食べてるんだ!」

ルビィ「研ぎ方や炊き方にも拘ってるし、最近は食べてお米の種類も当てる事ができるようになってきたよ!」

花丸「お、おぅ…」

ルビィ「これでいつ花陽ちゃんに会ってもご飯談義ができるよ!」

花丸「せっかく会うならもっと有意義な会話をした方が良いずら」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488467859

元スレ: 花丸「苦手を克服するずら!」

スポンサーリンク
2: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:18:13.63 ID:/EYbnN4D0
花丸「でもそんなふうに好きな人に近付くっていうのもあるんだね」

ルビィ「お姉ちゃんもエリーチカに憧れてるから一時期はとり憑かれたようにチョコばかり食べてたよ」

花丸「ダイヤさんも同じような事してるんだ?」

ルビィ「チョコを食べ過ぎるとニキビができるって噂を聞いてからは程々にするようになったけどね」

花丸「チョコとニキビの因果関係はさておき、確かに食べ過ぎは良くないずら」
3: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:18:59.49 ID:/EYbnN4D0
花丸「マルも二人の真似してみよっかな」

ルビィ「凛ちゃんの好きな食べ物と言えば…あっ」

花丸「何だっけ?ルビィちゃん知ってる?」

ルビィ「知ってるけど…その前に花丸ちゃんの苦手な物って何だっけ?」

花丸「麺類ずら!」ドヤッ

ルビィ「だよねぇ、勘違いじゃないよねぇ…」

花丸「マルの事はいいずら、凛さんの好きな食べ物を教えてほしいずら」

ルビィ「…ラーメン」

花丸「…急に耳が遠くなったずら、ルビィちゃん何て言ったの?」

ルビィ「ラーメン」

花丸「凛さんの好きな食べ物って何だろうな~」トオイメ

ルビィ「現実逃避しても結果は変わらないよ」
4: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:19:33.42 ID:/EYbnN4D0
花丸「そんな…好きな人の好きな食べ物が、マルの苦手な食べ物だったなんて…」

ルビィ「花丸ちゃん、ここは前向きに考えよう!」

花丸「ルビィちゃん…?」

ルビィ「これを良い機会だと思って苦手を克服しようよ!」

ルビィ「そうすれば凛ちゃんにも近づけるし一石二鳥だよ!」

花丸「た、確かに…!」

ルビィ「ルビィも協力するから一緒に頑張ろう!」

花丸「じゃあせっかくだし、ルビィちゃんも苦手な物をマルと一緒に克服しよう!」

ルビィ「…ルビィも応援するから頑張って!」

花丸「」
5: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:20:33.62 ID:/EYbnN4D0
花丸「気を取り直して、まずは苦手を克服した人の話を聞きに行くずら!」

ルビィ「え、そんな人がいるの?」

花丸「うん、プロフィールに書いておきながら平然と皆と一緒に食べてた人がいたんだよ」

ガチャ バァーン!!

花丸「たのもー!」

曜「わっ、ビックリした!そんな勢いよくドア開けてどうしたの?」

花丸「苦手を克服する方法を聞きにきたずら」

ルビィ「え、曜さん?」

曜「さっぱり話が見えないんだけど…」

カクカク シカジカ

ルビィ「というわけです」

曜「苦手な食べ物…アレ、克服してたっけ?」

花丸「とぼけても無駄ずら!」

曜ルビ「!」ビクッ

花丸「曜さん、苦手な食べ物は?」

曜「パサパサしたものとか、あとはお刺身が…」

花丸「はい、いただきましたー!」

ルビィ(テンション高いなー)

花丸「曜さんはお刺身が苦手、それはプロフィールにも書いてある事」

花丸「しかしコレを見るずら!」

バァン!!

ルビィ「こ、これは!色んな事情で画像を載せる事はできないけど、アニメ12話の部室のシーンで曜さんがお刺身を食べてるシーン!」

曜「12話!?部室の『シーン』!?」

花丸「そう、果南さんがお祝いで持ってきたこのお造りを食べてるシーンがしっかりと映っているずら!」

ルビィ「誰かに食べさせられているんじゃなく、曜さん自身がしっかりと箸で掴んでいる!これは言い逃れできない決定的なシーン!」

曜「あー、あの時かぁ…」

花丸「さぁ、これを見てどう言い逃れをするつもりずら?」

曜「実は…」

マルビィ「」ゴクッ

曜「掴んだけど実際には食べて無いんだよね」

マルビィ「( ゚д゚)!?」

曜「果南ちゃんがせっかく持ってきてくれたのに、苦手だから食べないなんて言いにくくてさ…」

曜「だからああすれば食べてるように見えるかなって思って…ってアレ?二人ともいない?」
6: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:21:12.36 ID:/EYbnN4D0
花丸「とんだ無駄足をくらったずら」スタスタ

ルビィ「言い方」

花丸「果南さんに気を遣うのはいいけど、そういう優しさできっといつか失敗するずら曜さんは」

ルビィ「それはわからんでもない」

花丸「あ、せっかく名前が出たから次は果南さんのところに行くずら!」

ルビィ「そんな理由で決めるの?でも確かにいい意見を出してくれそうな気もするね」
7: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:22:44.42 ID:/EYbnN4D0
ガチャ バァーン!!

花丸「失礼します」

果南「ん、どしたの?」

花丸「苦手を克服する方法を聞きにきたずら」

果南「苦手を…?」

カクカク シカジカ

果南「なるほど、それで苦手な食べ物を克服しようとしてるんだね」

花丸「果南さんならどうやって克服する?」

果南「ん~…プロフィールには書いたけど、実は梅干がそこまで苦手ってワケじゃないんだよね」

ルビィ「…と言うと?」

果南「お弁当とかおにぎりとかに最初から入ってたら普通に食べるよ?」

果南「ただ自分でわざわざ買ったり、すすんで食べたりはしないかな、って程度」

果南「プロフには書いてないけど紅生姜もそんな感じかな」

果南「屋台の焼きそばみたいに最初から乗ってたら食べるけど、選べるならわざわざトッピングはしないね」

花丸「食べられないワケでは無いのになんでプロフィールには書いたずら?」

果南「みんな書いてるのに自分だけ『無し』なんて書くのも変かなぁと」

果南「だから『しいて言えばコレ』っていうのを書いてみたんだ」

花丸「そっか…貴重な意見ありがとうございました」

果南「どういたしまして」

花丸「参考にはならなかったけど」ボソッ

果南「!?」
8: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:23:19.08 ID:/EYbnN4D0
花丸「もう、全然話が進まないずら」

ルビィ「果南さんはともかく、曜さんの件はそもそも花丸ちゃんの勘違いのせいだけどね」

花丸「次は誰に聞きに行こうかな~」

ルビィ「お姉ちゃんに聞いてみる?」

花丸「めんどくさそうなのでパス」

ルビィ「妹を目の前によくそんなふうに言えるなオイ」

花丸「…というのは冗談で頼りになる賢い可愛いお姉さんは最後にするずら」

ルビィ「お楽しみは最後に、ってやつだね!」
9: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:24:32.06 ID:/EYbnN4D0
花丸「さて、次は頼れるリーダーに聞いてみようかな」

ルビィ「という事は千歌さんだね、どこにいるかな?」

花丸「多分歩いてればそのうち見つk」

千歌「お~い、お二人さ~ん!」

ルビィ「ホントだ」

千歌「ふっふっふ、二人の事は曜ちゃんから聞いたよ」

千歌「ここは絶賛克服中の千歌にお任せなのだ!」

花丸「おぉ、これはさっきまでと違って頼れそうな予感がするずら!」

ルビィ「その言い方はどうかと思うけど、でも確かに頼りになりそうだね!」

花丸「それで千歌さんはいったいどうやって克服しているずら?」

ルビィ「確か千歌さんの苦手な物はコーヒーだよね?」

千歌「その通りだよルビィちゃん、どうもコーヒーの味が苦手なんだよね…」

千歌「しかぁし!そのコーヒーを私がどうやって克服しているかと言うと…」

マルビィ「」ゴクッ

千歌「コーヒー牛乳にして飲んでます!」ドヤッ

花丸「…それって正確にはコーヒーでは無いような…」

千歌「ところがどっこい、市販の物じゃなくて自分で作ってるんだよ」

花丸「え、えっと…?」

ルビィ「そ、そうか!わかったよ花丸ちゃん!」

花丸「ルビィちゃん?」

ルビィ「自分で作るという事は、コーヒーと牛乳の比率を自分で調整できるって事なんだよ!」

花丸「それが一体…ハッ、まさか!」

千歌「二人とも気付いたようだね…つまり徐々にコーヒーの比率を高くしていって、最終的にはコーヒーだけを飲めるようにしていこうという作戦なんだよ!」

ルビィ「なるほど、少しずつ味に慣れていく作戦だね」

千歌「参考になったかな?それじゃ私は行くね」バイバーイ
10: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:25:02.67 ID:/EYbnN4D0
ルビィ「さすがは頼れるリーダー、とっても参考になったね!」

花丸「ただここで残念なお知らせがあります」

ルビィ「?」

花丸「マルは味が苦手というわけではないのでこの作戦は使えないのです」

ルビィ「…なんてこった、せっかくまともな案が出たと思ったのに」
11: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:25:58.21 ID:/EYbnN4D0
梨子「ルビィちゃんと花丸ちゃん?」

ルビィ「あ、梨子さん」

花丸「ちょうどいいずら、梨子さんに聞きたい事があるずら」

カクカク シカジカ

梨子「苦手な物を克服する方法、か…」

ルビィ「何か良い方法はないかな?そろそろ解決しないと花丸ちゃんの悪態が酷い事になっちゃうよ」

梨子「え、なにそれ」

花丸「気にしなくていいよ」

梨子「そうねぇ…克服できてない私が言うのもどうかと思うけど、苦手な理由を考えてみるっていうのはどうかな?」

花丸「苦手な理由?」

梨子「そう、何でダメなのかが解ればそこを改善すればきっとなんとかなるんじゃないかな?」

ルビィ「なるほど!ちなみに梨子さんがピーマンを嫌いな理由って何?」

梨子「う~ん、やっぱり味かなぁ…あの苦味はちょっと…」

花丸「また味シリーズ…」ズラァ...

ルビィ「ドンマイ」

梨子「せっかくだからこれを機に私も克服しようかな」

花丸「じゃあ…ありがちだけど小さく刻んで何かに混ぜたりとかしたらどうかな?」

ルビィ「千歌さん理論を参考に、味付けを濃い目にしてピーマンの味を感じさせにくくするといいかも」

梨子「そこまでするとピーマンを食べてる実感も少ない気もするけど…そうね、まずはそういう事から初めてみようかしら」
12: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:27:01.45 ID:/EYbnN4D0
ルビィ「という事で渡辺先生にお越しいただきました!」

曜「ヨーソロー!梨子ちゃんの為に渡辺曜特製ハンバーグを作っちゃうよ♪」

ルビィ「二度目の登場ありがとうございます」

梨子「曜ちゃんよろしくね」

曜「という事で花丸ちゃんに言われたようにピーマンは細かく刻んで…」シュパパパパパパパッ

曜「下味をいつもより少し濃い目にして…」シオ コショウ フリフリ

曜「ソースはハンバーグを焼いたフライパンをそのまま使って溢れ出た肉汁とソースを絡めて…」

曜「よし、特製ハンバーグ!これで完成!」ピカーン!!

ルビィ「おぉぉぉ、これはすっごく美味しそう!」

花丸「梨子さん無理して食べなくていいからね、残ったらマルが代わりに食べるよ!」

梨子「曜ちゃん、ありがとう」ニコッ

梨子「それじゃ…いただきます!」
13: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:27:57.16 ID:/EYbnN4D0
シーン

花丸「…なかなか食べないね」

ルビィ「やっぱり苦手な食べ物だしすぐには箸が伸びないのかな?」

梨子(曜ちゃんが私の為に作ってくれたハンバーグ、食べるのも少しもったいない気がするわ)

梨子(でも食べなかったら曜ちゃん悲しんじゃうし…あ、でもそんな顔もそれはそれでそそられるわね)

梨子(いや、愛情を込めて作ってくれたんだもの、食べないなんて選択肢は私には無い!!)

梨子(いざ…!)

スッ

花丸「ついに箸が…!」

パクッ

ルビィ「そして口に入れた…!」

曜「梨子ちゃん、どう…?」ハラハラ

梨子「・・・イ」

曜「え?」

梨子「美味しい!このハンバーグとっても美味しいよ、曜ちゃん!」

花丸「という事は!」

ルビィ「梨子さんは克服できたんだね!」

曜「梨子ちゃーん!」ダキッ

梨子「曜ちゃん!」ダキッ
14: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:28:31.03 ID:/EYbnN4D0
花丸「梨子さん、おめでとうずら」

ルビィ「このハンバーグならきっとお姉ちゃんも食べられるかもしれない!」

花丸「あれ、ダイヤさんの苦手な物って…」

ルビィ「うん、ハンバーグだよ」

曜「お、そうなんだ?じゃあこのハンバーグを持ってちょっとダイヤさんの所に行ってくるね!」ヨーソロー!!

梨子「曜ちゃん待って、私も行く!」ダッ

ルビィ「…ところで花丸ちゃんは結局克服できてないよねコレ」

花丸「あ…」
15: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:29:13.33 ID:/EYbnN4D0
花丸「でも今までと比べたら良いアドバイスをもらえたよね」

ルビィ「えっと…苦手な理由を考える、だっけ?」

ルビィ「そういえば花丸ちゃんは何で麺類が苦手なの?味が理由じゃないってさっき言ってたけど」

花丸「実は…麺をすするのができないずら…」ショボン

ルビィ「…え、それだけ?」

花丸「そうだよ?」

ルビィ「じゃあすすらずに食べれば良いのでは…?」

花丸「!?」

ルビィ「すすって食べなくちゃいけない決まりは無いし、例えばラーメンだと少しだけレンゲに乗せてそれを口に放り込むような食べ方もあるし」

花丸「…も、盲点だったずら…」

ルビィ「これで苦手を克服できそうだし、これから早速ラーメン食べに行こうよ!」

花丸「よーし、行っくずらー!!」


おわり
16: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:32:16.06 ID:/EYbnN4D0
おまけ

善子「私たち全く出番がなかったわね」

鞠莉「作者によれば、嫌いな理由を考えるのが面倒になったみたいデース」

善子「そんな理由で出番が…orz」

鞠莉「サンシャインSSは二作目らしいけど、前作も出番が無かったのよね私たち」

善子「あ、私は少しあったわよ?」

鞠莉「!?…裏切り者ぉ!」

善子「つ、次こそは私たちに出番を…!!」

鞠莉「そうね、次こそは目立って目立って目立ちまくるわよ、善子!」

善子「そうね…って善子言うな!」ヨハネヨ!
17: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/03(金) 00:33:13.97 ID:/EYbnN4D0
おまけ2


ダイヤ「ふぅ、次の会議の資料作成もようやく終わりましたわ」

ダイヤ「小腹も空きましたし、ここは何か食べ物を…」

ガチャ バァーン!!

曜「そんなあなたにこの渡辺曜特製のハンバーグをぜひ!!」

ダイヤ「曜さん?」

梨子「あ、私もいまーす」

ダイヤ「お気遣い感謝いたしますが、わたくしハンバーグは苦手でして…」

曜「大丈夫、梨子ちゃんの苦手を克服させた特製ハンバーグなんです!」

ダイヤ「でも梨子さんの苦手なものって確かピーm」

曜「さぁダイヤさんも苦手を克服しましょう!」グイッ グイッ

ダイヤ「や、ちょっ、待っ…」

ダレカタスケテー!!



おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
花丸「苦手を克服するずら!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「苦手を克服するずら!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。