果南「デュオかぁ……千歌は誰と組みたいんだろう」

シェアする

果南-アイキャッチ11
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 21:56:24.91 ID:vDhL8tKt.net
ちかなんデュオ記念。

元スレ: 果南「デュオかぁ……千歌は誰と組みたいんだろう」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 21:57:26.24 ID:Fnx66tTm.net
曜「ハイペース過ぎて、大丈夫?」

梨子「う、うーん……」

梨子(絵描く時間、なくなるかもなぁ……)


千歌「おーねーがーいっー!! ねね、お願いお願いっ、2人とか3人とか……ユニットみたいにして、やってみたいのっ、梨子ちゃんしかできないのー!」ギュッ

梨子「い、いたいよ……」


千歌「すぐにじゃなくていいからっ、その、一年かけてってことでっ!!」

梨子「できるかな……」


ダイヤ「梨子さん、千歌さんが言い出したことです……あなたの負担がかなり増えることになるので、最終的に決めるのはあなたです」

曜「やめた方がいいんじゃ……」


千歌「うぅ……そう、だよね……」
3: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 21:59:45.24 ID:Fnx66tTm.net
梨子「……」

ダイヤ「これ以上梨子さんの負担を増やすのはよくありませんわ」

梨子「――や、やります!」

梨子「……私は大丈夫です、だから……やらせてください」

千歌「梨子ちゃん……」

千歌「ありがとー!!!」ギュッ

梨子「も、もう」

果南「本当に平気?」

梨子「うん、合間合間に作るよ」

ギュッ

千歌「嬉しい!!」

千歌「じゃあねえ! さっそく決めちゃお、組み合わせ!!」

千歌「2人を三つ、3人を一つで決めよ!」

曜「どうしよっか?」


果南(千歌は誰とやりたいんだろう)チラッ…
4: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:01:41.79 ID:Fnx66tTm.net
ダイヤ「学年、ユニットとは出来るだけ被らないようにした方がいいかもしれません」

千歌「なるほどー……」

鞠莉「果南と組めないの?」

ダイヤ「いつも一緒にいるでしょう、違うものが求められているのですわ」


果南(てことは……千歌は私とかな?)ウキウキ


果南(久しぶりに千歌と一緒になにかするチャンス――)

鞠莉「じゃあ……ちかっち! マリーとどう!?」

果南「え」


千歌「――いいよ! 鞠莉ちゃんと新鮮だし!」
6: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:02:17.22 ID:Fnx66tTm.net
鞠莉「これで一つ成立♡いいよね?」

果南「……」シュン…


ダイヤ「まあ……悪くないと思いますわ。他の方もよろしくて?」

曜「いいんじゃない? 私はねえ、被ってないのは……善子ちゃん!!!」

善子「ヨハネよ!」

曜「どうかな!? 沼津バスコンビ!」

ダイヤ「いいですね」


善子「あなた、私と契約したいなら――」


曜「リトルデーモンになるから、善子ちゃんもヨーソロー一緒にやるんだからね」


善子「な、なによそれ」
7: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:05:19.59 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


果南(そんなこんなで……)

果南「よろしく」

花丸「ずら」

梨子「なんか不思議な感じだね」

果南「マルとはユニット被ってるけど、なんか不思議な感じだからこれでも行けそうだね」


千歌「あのねあのね、千歌はね明るくて元気な曲にしたい!」

鞠莉「うんうん、じゃあそういうテイストで♡」


キャッキャッ


果南(結局……千歌とは組めなかったかぁ……)


梨子「果南さん?」

果南「ん?」

梨子「いえ……」

梨子「果南さんがいるから……かっこいい系がいいのかな」

花丸「そうかも!」


果南(ま、またかっこいい系……私ってばそんなに可愛いの似合わないかな……まあそうなんだろうけど)
10: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:07:23.19 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


鞠莉「どーしよっかなー! ちかっち楽しそうだし、私まで楽しくなっちゃう!」

果南「あはは、そうだね」

鞠莉「私と組みたかったでしょ?」

果南「今回はいいって」

鞠莉「でもなんか……誰かと組みたそうだったよね」

果南「そう?」


鞠莉「――わかった、ちかっちだ!!」


果南「……え?」

鞠莉「そうでしょ? 果南も曜とおんなじね」

果南「え?」

鞠莉「ちかっちが構ってくれなくなって、寂しい?」

果南「そういうんじゃない、けど……」
12: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:10:48.09 ID:Fnx66tTm.net
鞠莉「口を開ければ曜ちゃんに梨子ちゃん♡親離れが出来ても子離れはできないって感じ?」

果南「ふざけないでってば……」ハァ…


果南「千歌がスクールアイドルはじめたくらいからかなあ……前までは毎日一緒に登校したり、家で遊んだりしてたんだけど……」

果南「梨子ちゃんとか曜とは一緒の学年だし……私といる時間より多いのは普通、なんだけどね……」


果南「なんていうのかな……やっぱりちょっと寂しいかも」


鞠莉「やっぱりそうなんだ、自分からグイグイ行けば?」

果南「そ、そんなのしたことないし……いつも千歌がくっついてきてたから……懐かしいなって」

果南「こんな風に思うの、なんか変だよね。多分……私の方だけだと思うし」

鞠莉「本人に確かめたことは?」

果南「確かめるとか、そういうのじゃないよ。関係が変わるなんて、自然なことだもん。それをどうこう言うつもりはないから」


鞠莉「そっかぁ」


果南「……」


鞠莉(もう、ちかっちったら……とってもギルティね?)
13: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:12:58.53 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


果南「メールも最後に個人でしたのは二週間前……電話なんて……」

果南「はぁ……なんか子離れっていうか。寂しい」

果南「あんなに毎日一緒に居たのにな……」

果南「あーだめだめ、こんなこと考えたって意味ないんだから」

果南「第一私だって鞠莉とかダイヤと一緒にいる方が多いわけで人のこと言えないっていうか……」

果南「でもでも……ちょっとくらい前みたいに……」

果南「あー……だめだね。回らない頭で考えたってなんにも出てこないや」



果南「くっついてきてなんか色々助けてーって言ってきてたのは向こうだけど……私の方が、千歌に助けてもらってたのかな」
14: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:14:52.61 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


鞠莉「もしね、私がちかっちに声を掛けないで、ちかっちから違う学年の人に声をかけて組むってなったら誰を選んでた? 私以外で!」

千歌「ん? うーんと……鞠莉ちゃん以外……」


千歌「――果南ちゃん!!」


鞠莉「なるほどなるほど?」

千歌「あのね、最近果南ちゃんとあんまり話してなかったし、そういうのもいい機会になるかなって」

鞠莉「少し前までは果南にべったりだったみたいだけど、最近は違うの?」


千歌「うーん……果南ちゃん、ダイヤさんとか鞠莉ちゃんと一緒にいることが多いでしょ? そこに割り込んでいくのはちょっと……って思っちゃって」


千歌「邪魔じゃないかなー……なんて。いつまでも千歌も果南ちゃんに甘えてられないし……な、なんかこういう話、ちょっと寂しくなるね……あはは」
15: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:16:54.98 ID:Fnx66tTm.net
千歌「なんていうか――果南ちゃんには私が勝手にくっついてただけだから、さ……」

鞠莉「……」


鞠莉「やっぱり――決めたっ!!」


鞠莉「私と果南、交代するね!!」

千歌「え、え!?」


鞠莉「私が3人組の方に行って、果南がちかっちと組む! ダイヤとかには話してあるから!」


千歌「ち、ちょっと待ってよ!! どーいうこと?」

鞠莉「いいからっ、これを機会に果南とまた色々話し合って? そういうの、重要よ?」

鞠莉「いい?」


千歌「よく、わかんないけど……果南ちゃんとすればいいんだよね? それなら……」


鞠莉「じゃ、呼んでくる♡」


千歌(どういうことなんだろ? ダイヤさんもおっけーしてるって……)


千歌(でも、果南ちゃんと久しぶりに)エヘヘ…
17: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:19:57.35 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


千歌「あ、果南ちゃん!!」


果南「鞠莉がなんかしてたみたいで、千歌と組むことになったんだけど……よろしく」

千歌「うんっ!! 果南ちゃんと一緒なの、うれしーよ!」

千歌「そ、そっか。でも、どうしてだろう?」

果南「私も急に千歌のところに行きなさいって」

果南(これを機会に全部話せって……そういう、こと?)

千歌「よくわかんないけど……果南ちゃんとふたりでするっていうの、それだけでうれしい!」エヘヘ


果南「//」


果南「私も、なんか久しぶりだね」


千歌「うんっ!! じゃあねじゃあね、どんな感じにする!?」ウキウキ
19: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:22:47.63 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇

千歌の家


果南「千歌の家に来るのもなんか久しぶりな気がする。大抵他の子がいたりしたしね」

千歌「確かにそうだね!」

千歌「ぎゅーっ、なんかこうしてると落ち着く」


果南「……そっか」ナデナデ


果南(かわいいなぁ……)

千歌「あ、あのね果南ちゃん……」


果南「?」

千歌「最近こうやって、ふたりで遊んだりお泊まりしたり……そういうのなかったでしょ?」

果南「そう、だね」


千歌「こ、こんなこと言っていいのか……わ、わかんないけどっ……ちょっとだけ、寂しかった」
20: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:25:21.13 ID:Fnx66tTm.net
果南「え……?」

千歌「ご、ごめんねっ。わけわかんないかもしれないけど、千歌ね、果南ちゃんとこーやって、ふたりで遊んだりするの大好きなんだなーって思ったんだ」

果南「千歌……」

千歌「だからねー、果南ちゃんと一緒にするの、とっても嬉しい!」

果南(千歌も……そんな風に思ってたんだ)

千歌「よし、寝よっか!」


千歌「一緒のベッドでいいよね? 一緒がいい!!」

果南「……はいはい、ふたりだと狭いけど大丈夫?」


千歌「へーき! くっつくから!」

果南「もう……」

千歌「あ」

果南「?」


千歌「果南ちゃんのそのお団子解いてもいーい?」
21: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:27:05.47 ID:Fnx66tTm.net
果南「なんで?」

千歌「おろしてるところも、久しぶりに見たいから!」

果南「寝てると跡ついちゃうんだけど……まあいいよ」

千歌「やった!」

ファサ…


千歌「くしくし……」ス-ッ…

千歌「きれー……また伸びたね」

果南「長さ自体は全然変えてないからねー」

千歌「どこまで伸ばすの?」

果南「どうしようかな……」

千歌「このままだと仙人みたいになっちゃう!」


果南「なにそれ」フフ

果南「でもさちっちゃい頃から伸ばしてるし……今更短くするのも……」


千歌「どっちでも似合うと思うけどなあ。短くしたらなんかカッコよくなりそう!」


果南「う、うーん……かっこよくなるのもいいんだけど」
22: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:31:11.12 ID:Fnx66tTm.net
千歌「だけど?」

果南「な、なんでもない」

千歌「だーめー! 言ってっ」

果南「ほ、ほんとになんでもないよ」

千歌「だめっ、なんでもないなら言えるもんっ!」


果南「い、いや……あの、さ。なんていうか――ち、ちょっとは……女の子っぽくなりたいなって……///」ボソ…


千歌「え」

果南「ほ、ほらなに言ってるのって思ったでしょ///」


果南「私、見た目も中身も女の子っぽくないっていうか……髪の毛くらい伸ばしてれば女の子っぽく見えるかなって思ってたんだけど……そう上手くもいかないね」

千歌「そんなことないよっ! じゃあ今度からはもっと可愛い衣装にしてもらお! 果南ちゃんの結構かっこいい系多かったもんね」
23: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:32:31.50 ID:Fnx66tTm.net
果南「い、いいってば……」///

千歌「だーめー」

千歌「やっぱり髪の毛下ろすと、すっごく可愛い方向になるね! たまにはこっちでもいいんじゃないかなっ」

果南「そ、そう……?」


千歌「スタイルもすっごく良くて羨ましいし、髪の毛も綺麗だし……千歌が男の子だったら、一番に声かけちゃってるかも!!」

果南「千歌が男の子ね、だとしても、多分弟みたいにしか見ないかな」ポンポン

千歌「もーなんでなんでっ」


果南「いい時間だしそろそろ寝よ」


千歌「うんっ!」


モゾモゾ


千歌「こうやって寝るのだ! いらっしゃーい」ニシシ
24: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:34:32.52 ID:Fnx66tTm.net
果南「……」

千歌「どうかしたの?」


果南「ううん……千歌のこと好きだなって」


千歌「へ////」

千歌「な、なに言って////」ドキッ


ギュッ

千歌「ど、どうしたの果南ちゃん……あの、なんか変だよ?」ドキドキッ


果南「私もね、寂しかったんだ。こんなこと言うの、恥ずかしいんだけどさ」


果南「スクールアイドル始める前、梨子ちゃんがこっちに来る前は毎日登下校も一緒で休みもふたりで遊んでお手伝いもしたりして……でも鞠莉が戻ってきて、千歌は梨子ちゃんと急に仲良くなって、千歌と一緒にいる時間が急に減っちゃったよね」


果南「親離れみたいなものだよねーって納得しようとしてたけど……やっぱり私は、千歌が急に飛びついてきたりするのが大好きだったんだって」


果南「一緒にいて一番笑うのは、千歌だからさ」
25: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:36:36.63 ID:Fnx66tTm.net
千歌「え、えへへ……////な、なんか恥ずかしいよ」


千歌「果南ちゃんもそんな風に思ってたの? 鞠莉さんとかダイヤさんと一緒にいるから、割り込むのはまずいかなって、ずっと思ってた」


千歌「じゃあじゃあっ! これからは前みたいに……もっと一緒にいてもいいの?」

果南「こっちからもお願いします」

千歌「えへへー」ギュッ

果南「……」ナデナデ

千歌「果南ちゃん果南ちゃん」

果南「?」

千歌「こんどふたりで、お星様見に行こーね」

果南「え」

千歌「好きでしょ? 見るの」

果南「うん、今度ね」

千歌「絶対だよ!」

果南「わかってるよ」

千歌「おやすみ果南ちゃん」

果南「おやすみ」

千歌「……」

千歌「すぅ……すぅ」

果南「はぁ……かわいい」ナデナデ


果南「いっつも千歌に助けられてばっかり。ありがとう」ギュッ


果南「おやすみ……」
27: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:39:35.93 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


果南「ん……」パチ

千歌「……」ジ-ッ

果南「ん、千歌……おはよ」

果南「私より早く起きてるの、珍しいね」

果南「起きてるなら……私の腕の中にいなくても良かったのに」

千歌「だってそしたら果南ちゃん起きちゃうもん!」


千歌「それにねそれにねっ、果南ちゃんが眠ってるの見てたかったから! 絶対果南ちゃんより早く起きてやるーって、昨日思ってたんだから!」


果南「私が眠ってるとこなんて見て、なにが楽しいのさ……」
28: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:41:31.14 ID:Fnx66tTm.net
千歌「案外見たことないの、いっつもチカが早く眠って、遅く起きるから」

果南「確かに、そうだったかも」

千歌「なのになのにっ、果南ちゃんより背伸びないしっ!」

果南「それは仕方ないよ」


千歌「諦めないもん! でもね、今日は果南ちゃんが眠ってるとこ見れたからうれしいんだ!」

果南「な、なんか恥ずかしいな……眠ってるとこ見られてるのって……///」

千歌「かわいかったよー? 千歌の名前呟いてたりして……」

果南「っ///も、もう、それ以上言ったら怒る」


千歌「普段は私の眠ってるとこばっかり見てるくせにーっ!!」


果南「無防備にどこでも眠るからでしょ」


千歌「果南ちゃんが近くにいるからへーきだもーん」


果南「どうかな」
29: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:43:57.47 ID:Fnx66tTm.net
果南「今何時?」

千歌「6時くらい」

果南「……千歌相当早く起きたね」

千歌「えっへん」

果南「散歩しに行こうか」

千歌「うんっ! どこに!?」

果南「浜辺の方まで、朝日が綺麗だよきっと」

千歌「いよっし、いこっ!」
30: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:46:23.67 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


浜辺


果南「いっつも海なんか見てるけどさ……朝と夜と夕方の海はやっぱり特別な感じがするよね」

千歌「そうだよね! 満月の日とか好きだなあ」

果南「それ千歌が夜なのに歌ってた時でしょ、いつだっけ。春休みだったっけ」

千歌「そうだよ!」

 

果南「……懐かしいね」

 

果南「千歌……ちょっと真剣な話していいかな?」

千歌「うん……?」

果南「最近ね……時間が過ぎるのが怖いって思うようになったんだ」


果南「やっと鞠莉やダイヤと一緒にやれて……みんなと一緒にやれるようになって……でも、もう、一年も残ってない……ううん鞠莉の言葉を借りるなら一年もだけど……」

果南「卒業したら、それが無くなっちゃうような気がして。千歌とのこともそうだよ、今まではずーっとべったりだったよね私たち……でも少し環境が変わっただけで、距離が出来ちゃった」


果南「こうやって全部、少しずつ、変わっていっちゃう……千歌とも、みんなとも……それが、怖いんだ」


千歌「果南ちゃん……」
31: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:50:49.62 ID:Fnx66tTm.net
千歌「それは……仕方ないことだと思う」

千歌「でもね! 千歌が果南ちゃんのこと大好きだったこと、今も大好きだけど、こうやって……ぎゅーってしたこと、それが無くなるわけじゃないよ?」

千歌「千歌は果南ちゃんのことがずっと大好きだし……これから色々変わっていっちゃっても、この気持ちは変わらないと思うんだ」

千歌「昔のことに縋り付くのはよくないーって色んな人は言うけれど……千歌はね、支えて貰うくらいならいいと思うの。昔あんなことがあったなって、果南ちゃんと一緒に浜辺で一緒に笑って……こんな話をしたなって……思い出して、果南ちゃんに久しぶりに会いたいなって、未来の私は思うと思うんだ!」


千歌「それに、私たちはもう廃校が決定した学校でスクールアイドルしてるんだよ? 私たちの学校はもうどうやったってなくなっちゃう、でもさ! こうやってみんなで精一杯やったことは無くならないから! 楽しかったね、ってあの時こんな感じだったねって……いつかみんなで振り返れる、それってすっごく幸せだと思う」

千歌「だから……頑張ってるんだよ。悲しいじゃん、終わるから何をしても無駄だなんて。先のことばかり考えてたら、誰だって怖くなっちゃうし……何も動けなくなる。ほら千歌は頭良くないから、今が良ければいいなって思うの。果南ちゃんと会えなくなる日が長くなるかもしれない、でもそんなこと考えてても意味ないもん! 今は、今まで通り……普通に果南ちゃんのこと大好きだもん」


千歌「色々変わっていっちゃうのは、仕方ないことだよ。でもさ、だから良いんじゃないかな。過ぎて変わったあとは、どんどん自分の中できれーになっていくんだよ! 私だって果南ちゃんときれーな星を見たなっていうのとっても綺麗な思い出になってるもん!」
32: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:52:43.43 ID:Fnx66tTm.net
千歌「この思い出がキラキラ綺麗である限り……私は果南ちゃんのこときっと大好きだよ」


果南「千歌……」

千歌「ぜーんぶ時間が経って、過ぎてくけど……それがあるおかげで、私の果南ちゃんとかみんなに対する想いが強く保てるんだと思う! それが、変わらないものなんじゃないかな!」

果南「……ごめん……いきなりこんなこと言って……」

果南「やっぱり私の方が、千歌に助けられてる。だからこんな話したんだと思う。考えられない頭で色々考えて……うじうじする私を、千歌なら私のことを助けてくれるって、思ったんだよ」

千歌「私は全然なんにもできないよ!!」

果南「ううんそんなことないよ」

千歌「そうかな?」

果南「うん」


果南「千歌、写真撮っていい?」


千歌「写真!? いいよ!」
34: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:56:07.03 ID:Fnx66tTm.net
果南「今まで通りちょくちょく残しておきたいなって、そう思ってさ」

千歌「いいね、しばらく待ち受けにしよーかなー?」

果南「ほら、もっと寄って」ギュッ

千歌「ん」ギュッ

果南「はい」

千歌「にーっ」

カシャッ

果南「はいありがと」

千歌「送っといてね!」

果南「うん」

果南(こういうのが……一番幸せなんだよね)

果南(私たちにとっては久しぶりなだけで、普通すぎるけど……でもこんな風に感じ方が変わったのは千歌が言う通りなんだと思う)

果南(そう、今までこんなのなんでもなかったけど……そっか、私たちの関係が昔とは少し、変わったから)

果南(でも私が千歌を想う気持ちは、強くなった気がする。ずっと千歌と一緒にいて、それが思い出になって……私の中でキラキラ輝いてる、おかげかな)

果南(だとしたら……こうやって過ぎていくことも……悪くはない、のかもね)

果南(このキラキラした思い出があれば……大人になっても確かに変わらないものっていうのを、持っていられるのかも、しれない)


果南(ありがと)


千歌「果南ちゃんっ、お腹減ったっ!」


千歌「朝ごはんたべにもどろ!!」


果南「ふふ、そうしよっか」
35: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 23:02:47.61 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇

美渡「果南ちゃん久しぶり」

果南「久しぶり」

千歌「ごーはーん!!」

美渡「朝からうるさいなぁ」

美渡「こっちは土曜なのに会社だっていうのに」

千歌「お勤めごくろーさまー」

美渡「ぶっとばすよ」

果南「大丈夫?」


美渡「んいやー……なかなかしんどいよねー」

千歌「こうやっていっつもイライラしてるんだよ美渡姉は、あーやだやだ」

美渡「なんか言った?」


千歌「言ってませーん」


千歌「果南ちゃんがほんとのおねーちゃんなら良かったのにー」ブ-ッ
36: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 23:04:15.78 ID:Fnx66tTm.net
果南「あはは……嬉しいけど、私より美渡姉さん達の方が適任だよ」

千歌「そうかなあ」

志満「果南ちゃんだと優しいから、ちょっと甘やかしすぎるかもね」

果南「私もそんな感じがする」


千歌「わー! ベーコンある!!!」

志満「果南ちゃん来たから特別ね」


果南「やった! ありがと!」

千歌「毎日連れてくる!」


果南「それは……」アハハ…


千歌「よしっ、果南ちゃんも一緒にー!」


「いただきますっ」
37: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 23:05:03.31 ID:Fnx66tTm.net
◇――――◇


鞠莉「うーん♡ちかっちとハートの中をぶつけ合ったみたいで結構ね♡」

果南「どこまであの子に話したの?」

鞠莉「ぜんっぜん話してないってば!」

果南「本当?」

鞠莉「うん」

鞠莉「でもちかっちの携帯の待ち受けが果南とのツーショットになってたから……」

果南「すぐ人の画面見る」

鞠莉「果南も、どーして私とのじゃないの!?」

果南「たまにはいいでしょ」

鞠莉「すぐ私とのにする?」


果南「それはどうかな」


千歌「――かなんちゃーん!! おはよー!!!」ギュッ
38: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 23:07:53.28 ID:Fnx66tTm.net
果南「うっ、お、おはよ千歌」

鞠莉「あらあら」

千歌「鞠莉ちゃんもおはよ、何話してたの?」

鞠莉「ちかっちが果南とラブラブねって話」

果南「ちょっとちょっと」


千歌「らぶらぶ……確かにそーだね! らぶらぶだ、ちか達っ!!」エヘヘ

果南「も、もう……//」

曜「むむ……」

鞠莉「?」

曜「おかしいよ……」

千歌「どうしたの?」


曜「私も果南ちゃんと千歌ちゃんと同じくらい一緒にいるはずなのに! どうして私だけ仲間外れなのっ!」


千歌「え、ええ……?」
39: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 23:09:47.56 ID:Fnx66tTm.net
鞠莉「果南とハグしたいの?」

果南「……確かに最近してないね? する?」

曜「そ、そういうことじゃなくてっ!///」


曜「3人でやろうよ! 幼馴染トリオってことで受けもいいんじゃないかな!?」

鞠莉「ダイヤが許してくれません、学年被ってるし」

曜「うぅ、そんなぁ!」


鞠莉「というか本当に果南と一緒にいたの? そんなイメージないけど……」

曜「い、居たよ! ねえ果南ちゃん!」


果南「千歌抜きで2人でずっと鍛えてたこととかあったよ」アハハ…


千歌「ええそんなの聞いてない!!」


果南「だってそういうの苦手そうだし」

曜「また鍛えよ!」


果南「いいね」
40: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 23:12:54.13 ID:Fnx66tTm.net
鞠莉「果南とハグは?」

曜「し、しなくていいってば//」

鞠莉「素直じゃないんだから! じゃー私とっ!!」ギュ--ッ

曜「ど、どういうこと!」//

ワチャワチャ


千歌「うぅぅ、それなら千歌も鍛えるー!!! 2人でばっかりずるいー!!」

曜「き、鍛えすぎると私みたいに足太くなるからやめたほうが……」


果南「お……ガチガチ……」サワッ

果南「ちょーっと、高飛びのしすぎかなー?」

曜「うぅ……//」


果南「でも千歌はちょっと鍛えた方がいいかも?」サワッ…プニッ

千歌「ぅ……///」

 

果南「――足を細くしたいなら筋トレより走るが一番! さ、走りにいこっ!」



 

 
おわり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南「デュオかぁ……千歌は誰と組みたいんだろう」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。