花丸「邦楽部…ですか?」

シェアする

花丸-アイキャッチ10
1: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 00:47:15.81 ID:DTqTiRzoO
初めて書きます。指摘、アドバイスあればお願いします。
若干百合、ネタ、キャラ崩壊ほどではない…と思いたい
4人だけでてきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488901635

元スレ: 花丸「邦楽部…ですか?」

スポンサーリンク
2: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 00:50:51.00 ID:DTqTiRzoO

ダイヤ「あなた新入生みたいですし、興味はありませんか?まだ部活体験の期間ではありませんが、選択肢が増えるのはいいことですし」

花丸「あ、ありがとうございます…とりあえず…」

-----------------------------
4: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 00:52:32.47 ID:DTqTiRzoO

花丸「ここが、礼法室…」

ダイヤ「はい。部活以外では使いませんから、入ったことはなかったでしょう?(大人しそうな子ですね、お休みの日でうるさいのがいなくてちょうどいいですわ)」

花丸「確かに初めてずらぁ…わわっ、おらまたずらって言っちゃった…」シュン
ダイヤ「気にしているのですか?」

花丸「…はい。」

ダイヤ「私の好きな本にこんな言葉があります。方言は言葉につけたアクセサリー、外してもいいけど捨ててはダメ…あなたがそこで育ったという大切なメッセージが刻み込まれているから、と。ですから、気にする必要はないですわよ」ニコッ
6: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 00:56:57.63 ID:DTqTiRzoO
花丸「あ、ありがとうございます…おらの周りに同じ方言の子がいなかったから…」

ダイヤ「いいのよ。さあ、上がって下さい」

-----------------------------
7: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 00:59:28.60 ID:DTqTiRzoO

花丸「やっぱり畳は落ち着くずらぁ~」

ダイヤ「ふふっ。畳の良さが分かるなんて、あなたもなかなかやりますわね……そういえば私としたことが、名前を聞き忘れていましたわ。私は黒澤ダイヤ。あなたは?」

花丸「おらは国木田花丸です。家がお寺で、畳の方が慣れてるんです」

ダイヤ「そういうことでしたか…(あら?家がお寺で独特な方言の美少女…まさか)…つかぬことを聞きますが、花丸さんは〇〇中学校だったりしませんか?」

花丸「何で分かったんですか!?すごいずら」キラキラ
8: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:00:47.34 ID:DTqTiRzoO
ダイヤ「私、ルビィという妹がおりますので」

花丸「ええっ、そういえば苗字も同じでした…すごい偶然ずらぁ…」

ダイヤ「ほんとですわ。妹とこれからも仲良くして下さいね。…では自己紹介もこれくらいに、体験を始めますわ。まず、質問はあるかしら?」

花丸「ええっと…コンクールとかはあるんですか?」

ダイヤ「ありますわね。まずは県、勝ち進めば全国もありえますわ。あとは、他校と演奏会を行ったり、他の文化部との演奏会、文化祭、たまに他県からイベントのお誘いなど、ですわね」
9: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:03:13.07 ID:DTqTiRzoO
花丸「けっこう多いんですね…」

ダイヤ「文化部は運動部と違って室内での活動が多いですし、加えて吹奏楽部や合唱部に比べ、学校行事でのアピールが少ないので地味だと思われることも少なくありません、しかし決してそんなことはありませんよ、この楽しさはやって初めて分かるのです」フンスッ

花丸「………とても好きなんですね」クスッ

ダイヤ「…はい。すみません、話が長かったですわね。」シュン

花丸「いいえ、好きなことに対してまっすぐで夢中なところ、おらはすごく素敵だと思います」

ダイヤ「そ、そんなに面と向かって褒められると、照れてしまいますわっ//」
10: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:04:27.13 ID:DTqTiRzoO
花丸「ダイヤさんはかっこいいなあって思ったけど、かわいいところもあるんですね」ニコッ

ダイヤ「っ//」

-----------------------------
11: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:06:12.55 ID:DTqTiRzoO

通りすがりの梨子(百合の波動を感じて立ち聞きしてみれば、二人の美少女が畳の部屋で二人っきり……何も起きないはずが無く…なんちゃって//次のネタにしようかしら…)

壁に耳あ梨子(……えっいきなり先輩に名前呼びさん付け!?かわいい!?やっぱり無自覚はいいわね…)

??『あ、あのー 「ちょっと聞こえないから黙っててっ!」 ピギッ』

-----------------------------
12: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:07:55.68 ID:DTqTiRzoO

\ピギッ/

花丸「あれ?なんかルビィちゃんみたいな声が…」スーッ

ダイヤ「確かに聞こえましたのに…誰もいませんわね…」ピシャ

-----------------------------

梨子「ふーっ危なかったわ…」

ルビィ 「」モゴモゴ

梨子「あっごめん。手放すわね」パッ

ルビィ「あ、あそこで何してたんですか…?」ジッ
13: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:09:56.67 ID:DTqTiRzoO
梨子「そんなの決まってるわ。もちろん……(あんなこと言えないし、なんて言おう…)」ダラダラ

梨子(んー……そうだわっ)リコピンッ

梨子「もちろん、この部活に興味があるのよ!」

ルビィ「ほんとですか…?えっと…二年生ですよね?」

梨子「わっわたしは………そうっ転校してきたからっ!(我ながらうまいいい訳ね!)」

ルビィ「………いま、思いついたようにそうっ、て言いませんでした…?」ジッ

梨子(ものすごく疑われてるわ…)ダラダラ

梨子「(こうなったら開き直りよ…)でもっ、本当のことを言ってるんだからしょうがないじゃない!」
14: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:11:19.74 ID:DTqTiRzoO
ルビィ「…うゅ(…この人怪しいけど…そんな嘘ならすぐにばれちゃうしほんとかもしれない…)……じゃあ、どっちに入りたいんですか?」

梨子「どっちって?それは…(きっと茶華道部と邦楽部のことよね?緑で苦いものはちょっとアレを思い出すからなあ…)…邦楽部よ」

ルビィ「ほ、ほんとですか…!じ、実はルビィも邦楽部に入ろうと思ってて…」キラキラ

梨子「そうなの?こんなかわいい子と一緒だったら嬉しいわ(あ、あら?なんだか誤魔化せた感じ…そしてよく見なくてもこの子かわいいし…)」
15: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 01:12:41.63 ID:DTqTiRzoO
梨子「ねえ…ルビィちゃん、突然だけど、今時間ある…?」

ルビィ「な、なんで…ですか…?」

梨子「せっかくだから、ルビィちゃんのこともっと知りたいなって………ダメ?」

ルビィ「で、でも、知らない人について行っちゃだめだっておねぇちゃが…」

梨子「だってわたしのこと知らなかったのは────一瞬だから大丈夫??」

ルビィ「…うゅ?そ、そうですよね…あ、移動は台車じゃないですよね?」

梨子「え?ええ。それじゃあ行きましょ?」フフッ

ルビィ「はい!」ニコッ

-----------------------------
16: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:26:43.36 ID:zoPR8fLA0
談笑中…

ダイヤ「ふふっ。……!」ハッ

花丸「どうしたんですか?」

ダイヤ「なんとなくですが…、ルビィが連れ去られた気がするのです…」ハラハラ

花丸「ええっ!ね、念のために、電話を…ってまだまるは買ってもらってなかったずらっ」

ダイヤ「では私が…」プルルル

ダイヤ「あ、でましたわ…ルビィ、あなた今何をしていますの?」
17: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:28:16.47 ID:zoPR8fLA0

ルビィ『おねぇちゃ?お出かけだよ?』

ダイヤ「よかったですわ…だれとですの?」

ルビィ『おねぇちゃは知らないと思うけど…つり目で背の高い、ルビィの新しいお友達だよっ』

ダイヤ「新しい友達と外出ですか…よかったでちゅこほんっですわね」ウィンク

花丸「ほっ」フゥ

ダイヤ「はい。では切りますわね」ピッ

ダイヤ「よかったですわあ…あ、花丸さん、つり目で背の高い方をご存知ありませんか?」

花丸「それならたぶん、善子ちゃんずら。ちょっと変だけど、いい子ですよ」
18: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:30:43.34 ID:zoPR8fLA0
ダイヤ「それなら安心ですわね。ではそろそろ、お筝を弾いてみましょうか」ゴトリ

花丸「は、はい。緊張するずら…これが…おこと…」


ダイヤ「はい。筝と琴は同じ、こと、という読みですが、違う楽器なのですよ。とりあえず、音を調節するのに、この琴柱(ことじ)というものを使うのが筝で、ないのが琴。そう区別して頂ければよいかと。ちなみに、筝を置く台は琴台(きんだい)といいます」

花丸「な、なんかこんがらがってきたずら…」ウーン

ダイヤ「ふふっ。まずは爪を…と、花丸さんは指が細いのね…なら、これを貸して差し上げますわ」
19: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:31:59.36 ID:zoPR8fLA0
花丸「あありがとうございます。えっと…こう、かな?」

ダイヤ「ぶっぶーですわ花丸さん…逆、ですわよ」

花丸「え?ええっと…」

ダイヤ「こうして…こう」スポックルッスチャッ

花丸(ダイヤさんの手…白くて綺麗…あ、絆創膏してる…)ジーッ

ダイヤ「花丸さん?どうかしましたの?」

花丸「ダイヤさんの手を見てたら、両手の薬指だけ怪我してたから…」
20: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:33:19.74 ID:zoPR8fLA0

ダイヤ「ああ、これですか。弦を指ではじくときには薬指を使うので、稀にマメができるのです。私にとっては、勲章ですわ。」

花丸「すごい、なんか運動部みたい…」

ダイヤ「右手の動きはもちろんですが、左手で弦を押すこと、よい姿勢を保つこと、休憩も挟みますが長時間正座をすること、数えればキリがありませんが、けっこう体を使いますわ。ですが熱いハートがあれば何でもできますわよ」ニコッ

花丸「奥が深いんですね…」
21: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:34:40.94 ID:zoPR8fLA0
ダイヤ「ええ。それでは爪で自由に音を鳴らしてみてください」

花丸「…」チョン

ダイヤ「ふふっ。それでは鳴りませんよ。こうして…」

花丸(わわっ…ダイヤさんの手がおらの手に重なって…というか後ろから抱きしめられてるみたいな体制ずら//)

ダイヤ「こう…するのですよ。わかって頂けたでしょうか?」サラッ

花丸(っ今ダイヤさんの髪が、吐息が…耳に…//くすぐったいずら…//)
22: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:36:01.24 ID:zoPR8fLA0
ダイヤ「花丸さん?」

花丸「は、はいっ//」

ダイヤ「大丈夫ですか?顔が赤いようですが…?」ピトッ

花丸「ひゃ、大丈夫です…(顔が近いよ…//あ、手が冷たくて気持ちいい…)」

ダイヤ「あ、すみません、つい癖で//……少し熱いですわね…目も潤んでますし…今日は帰りましょう」パッ

花丸「えっ、でも」

ダイヤ「ぶっぶーですわ!体調管理は基本です。休む時は休むことも大事です」
23: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:37:54.69 ID:rV7voqk8O

花丸「は、はい(違うけど言えないし…)」

ダイヤ「ということで、送っていきますわ」

花丸「ええっ!?」

-----------------------------
24: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:38:52.45 ID:rV7voqk8O
ルビィ「ちゃんと門限までに帰るよ。じゃあねっ」ピッ

梨子「…ところでルビィちゃん、わたしは梨子っていうんだけど、好きなように呼んでほしいな。あと、どこか行きたいところある?(こうして苗字をふせておけば、名前呼びしかないわよね…)」

ルビィ「わかりました。梨子さん!え、えっと…じゃあ、梨子さんの行きたいところで」ニコッ

梨子「(なんていい子なのかしら…そそるわね)…じゃあ、休憩しない?」

ルビィ「へ?でもまだどこも行ってないですよね…」

梨子「…そうね、でも休憩したいのよ……」フフッ
25: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:39:48.45 ID:rV7voqk8O












ピギイイイイイイイイ!!
-----------------------------
26: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:43:28.79 ID:rV7voqk8O
?プップーデスワッ

ダイヤ「むっ!でもどこか幸せそうですわね…」

花丸「どうしたんですか…?」

ダイヤ「何でもありませんわ。花丸さんの降りる駅はどちらかしら?」

花丸「次の次です。そこから少し歩くとつきます」

ダイヤ「そうですか。」

花丸「ダイヤさんすみません。こんな途中で終わるなんて…」

ダイヤ「…そんなに気に入って頂けたのなら、体験期間中にまた来ていただけませんか?」
27: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:45:45.61 ID:rV7voqk8O

花丸「いいんですか?」

ダイヤ「ぜひ。」ニコッ

花丸「行きます。行きたいです!…できればまた二人で//」

ダイヤ「」キュン

花丸「だめ…ですか?//」

ダイヤ「も、もちろんですわ//」
28: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:46:54.49 ID:rV7voqk8O
二人「……//」

二人「…」チラッパチッ

ダイヤ(目があってしまいました…//)

花丸(恥ずかしい//)

-----------------------------
29: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:47:49.01 ID:rV7voqk8O

テクテク

花丸「くしゅんっ(あれ?おらほんとうに風邪なのかな?)」

ダイヤ「寒いのですか?なら、私の…(って私カーディガンもベストも着ていませんわ)…て、手でも握ってくだされば//…嫌、でしょうか…?」

花丸「いえ、お言葉に甘えて//」

-----------------------------
30: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:48:44.64 ID:rV7voqk8O
これが、おらがこの部に入ったきっかけ。ちなみに、ルビィちゃんと梨子さんも入部して、新しいお友達も増えました。この後、お筝にのめり込んでいったおらたちがどうなるかは、まだ先のお話。えっ、ダイヤさんとの関係はどうなったのかって?それは秘密ずら?



つづく?
31: ωスキー ◆JM2Vsg074o 2017/03/08(水) 12:52:24.06 ID:rV7voqk8O
梨子ちゃんがどこぞのPKEに見えてきました…
終わりです

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
花丸「邦楽部…ですか?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「邦楽部…ですか?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。