凛「真姫ちゃんをガチ泣きさせるにゃ」

シェアする

真姫-アイキャッチ20
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 21:34:35.49 ID:gZVZY7Dj.net
凛「真姫ちゃんの泣き顔が久しぶりに見たくてウズウズするにゃ」ウズウズ

凛「真姫ちゃんの泣き顔…なんか興奮するにゃ」

凛「よし、今日1日真姫ちゃんに>>3するにゃ」

元スレ: 凛「真姫ちゃんをガチ泣きさせるにゃ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 21:43:54.48 ID://TXpQrl.net
にこちゃんとのイチャイチャを見せ付ける
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:29:00.65 ID:gZVZY7Dj.net
すいません風呂はいっていました。

凛「そうにゃ、にこちゃんとのいちゃいちゃを見せつけるにゃ」

凛「りんにこは本編よりサイドストーリーだけど頑張るにゃー」

凛「学校が楽しみだにゃー」

ーーー学校ーーー

凛「…デサーホノカチャンガサー…ニャハハハ…」

真姫「あ、にこちゃんじゃない。おはよう」

凛「(きた!来たにゃ!)」

凛「にゃー!にこちゃんおはようにゃー!」スリスリ

にこ「おはよう…って、り、凛!?なんかいつもと違うわね…」

凛「そうかにゃー?いつもと同じにゃ」スリスリスリ

真姫「ちょ、ちょっとりn「にこちゃん途中まで教室いこーにゃー」

にこ「ええ、そうね」

真姫「…」ションボリ
28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:36:36.16 ID:gZVZY7Dj.net
凛「(ここまでは順調…真姫ちゃんはどうかにゃ…?)」

真姫「…」ションボリ

凛「(いい感じにしょんぼりしてるにゃ)」

花陽「凛ちゃん、おいてっちゃったね」

真姫「そうね…」

凛「また部室でにゃー」

にこ「はいはい、じゃーね」

凛「この調子でいくにゃ」

凛「意外とスッキリするにゃー」

これから凛は
1、昼休み3年生の教室へ行き、弁当を一緒に食べる
2、真姫ちゃんとにこちゃんについて語り合う
安価した2
30: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:40:39.92 ID:ppbPaU6J.net
1
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:46:52.72 ID:gZVZY7Dj.net
凛「授業つまんないにゃ」

凛「そうだ、昼休み3年生の教室の教室行って弁当食べるにゃ」

プワプワーオ

凛「にこちゃんあーんにゃ」

にこ「えっ…ここ、教室よ…?」///

凛「そんなの気にしないにゃ。黙って口あけるにゃ」

にこ「あっ…」

プワプワー

凛「レズには興味無いけどいいにゃ~」ムフフ

凛「早く放課後なるにゃ」
39: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 07:11:50.55 ID:kJ/9Wf4E.net
放課後……

凛「にーこちゃん」ヒシッ

にこ「わっ」

凛「んふふー」ゴンゴロゴロゴロ

にこ「な、なんなのよ今日のあんたは~」

凛「凛ね、ほんとはにこちゃんのこと大好きなんだよ?」

にこ「へーへー」

凛「あーっ、その反応!全然可愛くないにゃ~!」

凛「……凛はたまに見せてくれる、素直なにこちゃんが好きにゃ~」

にこ「は、はぁ!?///」

凛「あ、赤くなったにゃ」

凛「……可愛いにゃ」

にこ「……な、なんなのよもぅ……////」

凛「!//」キュン

凛(……?)キュン?
40: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 07:20:01.01 ID:kJ/9Wf4E.net
凛「にこちゃん、今日は一緒にストレッチしようね」

にこ「別にいいけど、なんで?」

凛「凛知ってるんだよ。にこちゃんが率先して一人で準備運動してること」

にこ「しょうがないでしょ。μ'sは9人なんだから」

凛「にこちゃんはワルぶってるけど、ほんとは心があったかいんだにゃ~」

にこ「ふ、ふん!誉めたってなんにも出ないわよ///」

凛「芸は寒いけどね」

にこ「ぬゎんですって!?」

凛「にゃ~☆」クスクス

>>41「……何してるの?」
41: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 07:26:36.77 ID:AMJotAg8.net
えりち
42: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 07:37:17.23 ID:kJ/9Wf4E.net
絵里(……みーちゃった、みーちゃった♪)クスクス



絵里「何してるの?」

凛「あっ、絵里ちゃん」

絵里「あなたもいけない人ね、にこ」

にこ「なんのことよ」

絵里「最愛の真姫をほっぽりだして、凛とイチャつくなんて……クスクス♡」

にこ「はぁ!?最愛!?ぬぁーに寝ぼけたこと言ってんのよ////」

絵里「あらあら、わかりやすいこと」クスクス

絵里「ほどほどにしなきゃダメよ?」

にこ「うるっさい!バーカバーカ!」

凛「そうだよ、変なこと言わないでほしいにゃ」

凛「にこちゃんは真姫ちゃんの私物じゃないにゃ、たまには凛だって独り占めにしたいにゃ~」ギュウ

にこ「あんたまで!?///」

絵里「あらあら♡」
43: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 07:40:16.30 ID:kJ/9Wf4E.net
絵里「はー、おもしろかった♪」

絵里「ウブな子をからかうのは楽しいわね」

真姫「あ、ちょっとエリー」

絵里「あら、真姫。こんにちは」

真姫「にこちゃん探してるんだけど、知らないかしら」

絵里「あ、えーっと……」


絵里「>>44
44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 08:15:37.13 ID:p4C27OW2.net
真姫ですら最愛のにこを見失ってるのに私が知るわけないじゃない
46: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 08:47:25.07 ID:+KTHEgSl.net
絵里「真姫ですら最愛のにこを見失ってるのに私が知るわけないじゃない」

真姫「は、はぁ!?最愛!?////」ボフ

絵里「あらあら、真っ赤っか」クス

絵里「あなたたち、反応までそっくりね」

真姫「何ふざけてるのよ!イミワカンナイ!!////」ブンブンブンブン

絵里(……やれやれ、うまくごまかせたわ)フゥ

絵里(エリチカお姉様も、さすがに修羅場は得意じゃないのよね)

真姫「……え、反応?」

真姫「反応って、どういう意味よ」

絵里「あ」
47: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 08:59:54.45 ID:+KTHEgSl.net
真姫「エリー、何かごまかしてるでしょ」

絵里「なんのことかしら?」

真姫「とぼけないで」

真姫「エリー、本当はさっきにこちゃんに会ったんじゃないの?」

絵里「な、何を根拠に」ダラダラ

真姫「じゃあ、どうして反応なんて言葉が出てきたの」

絵里「あ、えーっと」

絵里「……教室!休み時間の教室でにこをからかったのよ!それだけ!」

絵里「ほら、私達三年生でしょ?何も不自然はないわよね?」

真姫「本当に、それだけ?」

真姫「そのわりには焦ってるけど」

絵里「真姫は仲間が信じられないの?」ウルウル

真姫「……そうね、あまり疑いすぎるのはよくないわね」

真姫「悪かったわ、ごめんなさい」

絵里「い、いえいえいえ」

絵里(…………ほっ)


>>48「嘘はダメ」
48: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 09:31:55.42 ID:w2lpdOSM.net
のんたん
51: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 18:04:33.14 ID:LodyCf6c.net
希「嘘はあかんなぁ、えりち」

絵里「なっ……希!?」

希「カードがうちに告げたんよ」

希「今日は特に誠実であれ、って」

真姫「それ、どういうことよ?」

希「えりちは休み時間、にこっちをからかったりしてないんよ」

希「それはついさっき――にこっちが凛ちゃんとイチャイチャしてた時の出来事や」

絵里「の、希ぃ!」

真姫「……」ギロ

絵里「ひぃい……」
52: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 18:12:49.89 ID:LodyCf6c.net
真姫「やっぱり!おかしいと思ってたのよ!」

真姫「あの二人、朝からやけに仲良かったもの。いったい何があったのかしら」

真姫「にこちゃんなんてどうでもいいけど、隠し事されるのは不愉快だわ」

希「お昼休みは仲良く机並べてお弁当食べてたしなぁ」

真姫「なんですって!?」

真姫「……もう、にこちゃんったら!いったいどういうつもりなの~!?」ツカツカツカ

絵里「あ、待ってよ真姫!」
53: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 18:19:20.31 ID:LodyCf6c.net
希「……やれやれ、荒れそうやね」

絵里「もう!何考えてるのよ!」

希「うちは真姫ちゃんの味方やもん」

希「それに、えりちだって気づいてるんやろ?あの二人の関係に」

希「にこっちと凛ちゃんのイチャコラも見たいけど、やっぱりサイドストーリーより本編やもんね」ニシシ

絵里「それはそうだけど……」

絵里「あーあ、何事もなければいいんだけど」
54: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 18:27:20.61 ID:LodyCf6c.net
屋上にて……

凛「にこちゃん、ん~☆」

にこ「は・な・れ・な・さ・い~!」

凛「やだやだ」ギュー

にこ「準備運動はもう終わったでしょうが!」

凛「つれないにゃ~、凛はにこちゃんのことをこんなに慕ってるのに」

にこ「……あんた、なんかよからぬこと企んでんじゃないでしょうね」

凛「ぎくっ」

にこ「例えばラーメンおごらせようとか、代わりに宿題やらせようとか」

凛「そ、そんなことない!そんなことないにゃ~!」

凛(真姫ちゃん遅いにゃ~。早く来ないかにゃ~)

ガチャ

真姫「ちょっとにこちゃん!」

凛(来た!!)
55: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 18:33:34.00 ID:LodyCf6c.net
にこ「ま、真姫ちゃん!?」

真姫「にこちゃん、いったいどういうつもりなの!?」

真姫「私を置いてさっさと登校したり、二人だけでこっそりお弁当食べたり!」

にこ「あ、あれは凛が押しかけてくるから……」フイ

真姫「やましいことがないなら、目を見て話しなさいよ!」

にこ(見れないわよ、絵里にあんな風にからかわれた後じゃ……///)

真姫「凛も説明して!ひとのこと除け者にしたりして!」

凛「……」

凛「>>56
56: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 18:41:39.25 ID:p8jgP27j.net
真姫ちゃんよりにこちゃんが好き
59: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 01:12:18.82 ID:rw9fEBKr.net
凛「真姫ちゃんよりにこちゃんが好き」

にこ「落ち着きなさいよ真姫ちゃん、別に除け者にしたつもりなんて……え?」

真姫「は?」

凛「聞こえなかったかにゃ?ならもう一回言うね」

凛「凛は、にこちゃんが好き」

凛「真姫ちゃんより、ずっとね」

真姫「」

にこ「」
60: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 01:28:01.74 ID:rw9fEBKr.net
Side-A ~にこの場合~

にこ(え、ちょっと……嘘でしょ)

にこ(この二人、いつの間にこんな険悪な関係になってたの!?)

にこ(もしかして、今日の凛がスキンシップ過多なのって、私を自陣に引き込むための政治的工作!?)

にこ(どぅわめどぅわめどぅわめ!にこはみんなのもの……って、言ってる場合じゃないって!)

にこ(ヤバいんじゃないの、これ!?ラブライブの大会予選も近いってのに……)

にこ(下手すりゃどっちかがメンバー脱退!?あるいは第二次解散騒動!?)

にこ(いやいやいや、断じてそれは阻止しないと!)

にこ(ファイトよ、にこ!二人の仲を修復できるのはあんただけよ!)
61: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 01:38:23.35 ID:rw9fEBKr.net
Side-B ~真姫の場合~

真姫(どういうことなの、これ)

真姫(凛の宣戦布告、と受け取っていいのかしら)

真姫(……ふん、バカバカしい!勝手にすればいいじゃない!)

真姫(私、そもそもにこちゃんのことなんてどうでもいいし)

真姫(にこちゃんが好きなんて、言った覚えもないし!)

真姫(……でも)

真姫(なんか……悔しい)

真姫(凛に先を越されるなんて、腹立つ)

真姫(このまま、負けっぱなしなんてイヤ)

真姫(私……負けたくない!)

真姫(凛にだけは、絶対負けない!)
62: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 01:46:54.94 ID:rw9fEBKr.net
凛「そういうわけだから。にこちゃんのことは諦めて」

凛「行こう、にこちゃん」

真姫「ちょっと、待ちなさいよ」

真姫「本人の気持ちもろくに確認せずに、無理やり引っ張っていくなんて横暴よ」

真姫「何様のつもりなの、あなた」

凛「ちょっと往生際が悪くないかにゃ~☆」

凛「今まで散々、にこちゃんのことを悪く言ってたのは誰だったっけ?」

凛「イミワカンナイとか、気持ち悪いとか」

真姫「あ、あれは!」

凛「凛もにこちゃんにはいろいろ言ってるけど、誰かさんと違ってちゃーんと尊敬してるもんね」

にこ「ちょ、ちょっと。やめなさいよ、二人とも」
63: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 01:58:06.26 ID:rw9fEBKr.net
にこ「真姫ちゃんの言う通りよ、こんなやり方はふさわしくないわ」

真姫「ほら!ほらみなさい!」

凛「……ふん」

にこ「どうしちゃったのよ、凛。あんたらしくないわよ」

にこ「私の知ってるあんたは、バカで猪突猛進で」

にこ「こんな小細工をする子じゃ、なかったのに……」

真姫「滑稽ね。思いっきり引かれてるじゃない」

にこ「でもね、真姫ちゃん」

にこ「悪いけど、今の真姫ちゃんは」

にこ「にこ的には、アリかナシかでいえば、ナシかな……」

真姫「!!」ガーン

凛「何も言わないうちからフラれてるにゃ~、ぷぷっ」
64: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 02:16:46.83 ID:rw9fEBKr.net
にこ「ねぇ、もうやめにしなさいよ」

にこ「大会も近いのよ?こんな時に内輪揉めなんてしてたら、大会優勝どころか予選突破すら無理よ」

にこ「何があったのか知らないけど、冷静に話し合いなさい」

凛「そうだね、大会も近いもんね」

真姫「禍根を残せば、ベストのパフォーマンスなんて出来ないわよね」

にこ「わかってくれた?」

凛「……だから、今ここで決着をつけるしかないね」

真姫「そうね。白黒つけるわよ」

にこ「ちっともわかってない!」ガビーン

真姫・凛「にこちゃん!どっちを選ぶの!?」

にこ「」



安価下、にこの返事

1 にこ「ごめん、やっぱり真姫ちゃんを裏切れない!」

2 にこ「先に好きって言ってくれた凛を選ぶわ」

3 にこ「どぅわめどぅわめ、にこにーはみーんなのも・の♡」

4 にこ「付き合ってられないわ、さらば!」
65: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 02:31:36.22 ID:HVh++Co6.net
3
68: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 12:46:15.40 ID:u0y0tW0D.net
にこ「どぅわめどぅわめ、にこにーはみーんなのも・の♡」

真姫「は?」

凛「……」

にこ「……」

真姫「……」カミノケクルクル

凛「……」

にこ「……」

真姫「……」カミノケクルクル

にこ「ぬぁによー!//」

凛「ちょっと寒すぎるにゃ~」
69: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 12:50:30.14 ID:u0y0tW0D.net
にこ「……まったくもう!あんたたちのために、わかりやすく言ってあげたのに!」

にこ「そこまでわからず屋なら、はっきり言うしかないわね」

にこ「いい?私はどっちにつく気もないのよ」

にこ「凛のものにも、真姫ちゃんのものにもなる気なんてないから」

凛「えっ」

真姫「!!!!!!!」

凛「ま、真姫ちゃん……」

真姫「」
70: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 12:56:16.68 ID:u0y0tW0D.net
凛「……にこちゃん。それ、本気で言ってるの?」

にこ「当たり前でしょ」

にこ(誰があんた達の、ケンカの道具になんてなるもんですか)

にこ(宇宙ナンバーワンアイドルのにこにー様は、平和の化身なのよ!)

にこ「さ、この話はおしまい!」

にこ「あんた達も姑息な陣取り合戦なんてやめて、いっぺん腹を割って話してみなさ……」

ポタッ

にこ「……え」

凛「あ、ああああ……」



真姫「……」ポロポロ
71: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:00:36.91 ID:u0y0tW0D.net
にこ「ま、真姫ちゃん?」

真姫「~~~~~っ!!」ダッ

にこ「あ、ちょ」

凛「にこちゃん!早く真姫ちゃんを追いかけて!」

にこ「はぁ?なんで!?」

凛「いいから!」

にこ「どうなってんのよ……」

にこ「あんた達、いったいどういう関係なのよ?さっぱりわかんないわ」

凛「早く!」

にこ「……ああもう!」

にこ「どういうことなのか、後で説明しなさいよ!」ダッ

タッタッタッ……
72: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:05:09.18 ID:u0y0tW0D.net
凛「……」

凛「どうしよう……凛のせいだよ」

凛「ほんのちょっと、真姫ちゃんをからかって悔し泣きさせるだけのつもりだったのに」

凛「真姫ちゃんのあんな泣き顔、凛は見たくなかったのに」

凛「凛は、こんなの望んでなかったのに」

凛「真姫ちゃん……ごめんね……」
73: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:12:54.70 ID:u0y0tW0D.net
にこ「真姫ちゃーん?真姫ちゃーん!」

にこ「いない……真姫ちゃんってこんなに足速かったっけ」

にこ「あーもう!ワケわかんないわよ!」



にこ(状況を整理してみましょう)

にこ(穏やかな話し合いを提案しただけで、真姫ちゃんに泣かれた)

にこ(つまり、真姫ちゃんと凛の不仲はそこまで進行していたってこと?)

にこ(でも、じゃあさっきの凛の反応は?)

にこ(真姫ちゃんを追いかけろっていう、あの言葉の真意は何?)

にこ(凛は本心では和解を望んでいたけど、真姫ちゃんは泣くほど凛を嫌っていた……?)

にこ(……あ、ダメだ)

にこ(これ、私一人の手には負えないかも)
74: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:35:24.42 ID:u0y0tW0D.net
真姫「っく……うぇえ……」ポロポロ


真姫(……何となく、わかってたつもりよ)

真姫(あの人はアイドル。アイドルに恋愛は御法度)

真姫(だから、私……自分の気持ちを偽ってきた)

真姫(あの人の夢の、邪魔にならないようにって)

真姫(でも、私が本当に守りたかったものは)

真姫(突き放した態度と言葉でごまかしてたけど)

真姫(誰かの夢なんかじゃなくて、自分のちっぽけなプライドだったんじゃないのかしら)

真姫(だからこれは、弱虫で素直じゃない私に対する罰なんだわ)

真姫(……でも、だからって)

真姫(何も伝えてすらいないのに、拒絶されるなんて)

真姫(こんなの……あまりに惨めすぎるじゃない……)
75: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:46:40.60 ID:u0y0tW0D.net
数日後……

絵里「今日も練習に来ないわね、真姫」

希「花陽ちゃんから聞いたんやけど、今日は学校もお休みしてるんやって」

絵里「心配ね……」

希「うち、余計なことしちゃったかなぁ」

希「ほんのちょっとした、微笑ましい小競り合いですむと思ったんよ……」

絵里「今更悔やんだって、仕方ないでしょ」

希「でも……」

絵里「それにね」

絵里「真姫が練習に来れない理由……どうも凛じゃなくてにこらしいのよ」

希「……それって」

絵里「あの日、いったいどんなやり取りがあったのかしらね」
76: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:53:34.49 ID:u0y0tW0D.net
にこ「年下のあんたに頭を下げるなんて、不本意だけど」

にこ「なんとか、凛と真姫ちゃんの話し合いの場を設けてほしいの」

にこ「あんただったら、もしかするとうまく二人の仲を取り持つことができるかもしれない」

にこ「このままじゃ、ラブライブ出場どころか、μ'sそのものが無くなるかもしれないのよ」

にこ「凛はともかく、今の真姫ちゃんにはにこの言葉が届かないみたいだから……」

にこ「……お願い」

>>77「わかった」
77: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:54:26.39 ID:xYd2VzdC.net
花陽
80: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 19:16:31.53 ID:muWtwKFM.net
花陽「わかった」

花陽「どこまで力になれるかわからないけど……やってみるね」

にこ「ありがとう。やっぱり、こういう時に頼りになるのはあんたね」

花陽「学年が同じだからね」

にこ「それもあるけどね……あんたのその癒しオーラが必要なのよ」

にこ「あの二人の冷えきった心を溶かすには、ね」

花陽「い、癒しオーラ……///」

にこ「ぬぁーに赤くなってんのよ」ナデナデ

にこ「可愛いやつね、腹立つくらいに」ナデナデ

花陽「あうぅ……///」
81: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 19:30:29.21 ID:muWtwKFM.net
にこ「それで、凛の教室での様子はどう?」

花陽「とっても落ち込んでる。真姫ちゃんにひどいことしちゃった、って言ってたよ」

にこ「となると、やっぱり凛には和解の意思があるのね」

花陽「にこちゃん、あのね」

にこ「んー?」

花陽「凛ちゃんと真姫ちゃんって、ほんとにずっとケンカしちゃってたのかな」

にこ「というと?」

花陽「おんなじクラスだから、よく見ていたんだけど……」

花陽「二人の仲がずっと悪かったなんて、花陽はどうも信じられないの」

花陽「特に、真姫ちゃんが凛ちゃんを泣くほど嫌っていたなんて」

花陽「……ごめんね、疑うつもりはないんだけど、ただ……」

にこ「気にすんじゃないわよ。私だってすぐには信じられなかったんだから」

花陽「もう一度、あの日のことを教えてくれる、かな」

にこ「んーっと……」
82: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 19:50:52.01 ID:muWtwKFM.net
その頃……

ガチャ

真姫ママ「真姫ちゃん、気分はどう?」

真姫「……最悪」

真姫ママ「食欲はある?」

真姫「……ない」

真姫ママ「いつまでも何も食べずにいるのは、身体によくないわ」

真姫ママ「今日のご飯は真姫ちゃんの好きなトマトをいっぱい使うから、降りてきてね」

真姫「ありがとう、ママ……」

真姫ママ「おやすみなさい」

パタン

真姫(……)

真姫(……髪の毛、ボサボサ。目は腫れてるし……)

真姫(スクールアイドルとして、あり得ないわ)

真姫(……いっそ>>83しちゃおうかしら)
83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 19:56:41.15 ID:fWxxwHJt.net
告白
86: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 20:21:04.30 ID:muWtwKFM.net
真姫(いっそ告白しちゃおうかしら)

真姫(凛に先を越されたままなんて、やっぱり悔しいし)

真姫(でも、こんなオバケみたいな有り様で告白したら、あの人はどう思うかしら)

真姫(ドン引きされるのは間違いないわね)

真姫(本当に告白するにしても、今はまだその時じゃないわ)

真姫(……今はまだ、か)

真姫(そうやって先伸ばしにしてばかりいるから、あんなことに……)

真姫(私にちょっとの勇気があれば、たとえあの人がなんと言おうと……)

真姫「……はぁ」
87: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 20:31:32.77 ID:muWtwKFM.net
にこ「……というわけなんだけど」

花陽「うーん……」

にこ「やっぱりあいつ、あの日は何かおかしかったのよね」

にこ「朝からやたらベタベタしてくるし、真姫ちゃんに対するあの発言もらしくないし」

花陽「にこちゃんの方が真姫ちゃんより好き、って言ったんだっけ」

花陽「凛ちゃんは友達に優劣をつける子じゃないはずなんだけど……」

にこ「ストップ。少し違うわよ」

にこ「真姫ちゃんよりにこちゃんが好き――あいつは正確にはこう言ったのよ」

花陽「ご、ごめんね……ん?」

にこ「花陽?」
88: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 20:54:25.70 ID:muWtwKFM.net
花陽「真姫ちゃんより、にこちゃんが好き……」ブツブツ

花陽(普通ならにこちゃんと同じように、単なる比較の言葉として解釈する……けど)

花陽(にこちゃんに特別な想いを抱いている人だったら、別な解釈をするかもしれない)

花陽(――私はにこちゃんのことを、真姫ちゃんより深く愛しています)

花陽(もしかして、凛ちゃんはこういう意味で言ったんじゃないかな)

花陽(そして真姫ちゃんも、ほとんど同じ意味に解釈して……)

花陽(もしそうだったならば、にこちゃんが思っている不仲説は解消できる……けど)

花陽(今度は別の問題が浮上するんだよね……)

花陽(真姫ちゃんと凛ちゃん――にこちゃんはどっちを選ぶのかなぁ?)



にこ「なーにを一人でブツブツ言ってるのよ」ムニュン

花陽「ぴゃあ!?」

にこ「マシュマロみたいな胸して、腹立つわね」ムニュムニュ

花陽「ぴゃあああああ///」
90: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 21:43:54.76 ID:SpVglV2O.net
にこ「それで、話し合いの件はどう?何かいいアイデアは浮かんだ?」

花陽「そのことなら、大丈夫」

花陽「この間、凛ちゃんがにこちゃんとお弁当食べた時ね、真姫ちゃんと二人でお昼休みを過ごしたんだけど」

花陽「真姫ちゃん、私のお弁当をいっぱい誉めてくれたの。特におにぎりが美味しいって」

花陽「それで嬉しくなっちゃって、今度二人分作ってくるねって約束したの」

花陽「だから、話し合いの日に花陽特製おにぎりを持ってくるって告知したら」

花陽「今の塞ぎこんでる真姫ちゃんも、出てこないわけにはいかないと思うんだけど……どうかな?」

にこ「……ふーん。あんた達、お弁当の約束する仲なのね」ムスッ

花陽「にこちゃん?」
91: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 21:47:15.00 ID:SpVglV2O.net
にこ「あのプライドの高い真姫ちゃんを食べ物で釣るなんてね」

にこ「あんたっておっとりしてるようで、したたかなのね。よーくわかったわ」ムスッ

花陽「にこちゃん?……もしかして、怒ってるの?」

にこ「別にぃ?ふんっ!」プイ

花陽「……でも」

にこ「あによ」

花陽「やっぱり、無理に会わせない方が、いいのかなぁ」

にこ「は、はぁ!?」
92: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 21:54:38.33 ID:SpVglV2O.net
花陽「だって、にこちゃんをめぐって怖いことになりそうだし……」

にこ「あんたねぇ、私がさっき言ったこと忘れたの!?」

にこ「μ'sの存続がかかってんのよ!?下手したらこれをきっかけにまたバラバラになるかもしれないの!」

花陽「それはわかってるけど……」

花陽「……だいたい、にこちゃんが鈍感なのもいけないんじゃ……」

にこ「あ゛?」

花陽「ひっ」

にこ「あんた、この頃ずいぶん口が達者というか……生意気になったわねぇ」ゴゴゴゴゴ

にこ「主従関係を叩き込んでやるわ!」グイグイ

花陽「いはいいはい」

にこ「相変わらずさわり心地のいい頬っぺたね!このこの!」グニー

花陽「ハヘハハフヘヘェー!!」ナミダメ
93: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 21:58:47.85 ID:SpVglV2O.net
花陽「うぅ、ひどい目にあいました……」シクシク

花陽「おまけに話し合いのセッティングを、丸投げされちゃいました……」

花陽「どこがいいのかなぁ?」

花陽「>>94ちゃんに相談、です!」
94: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 22:44:15.36 ID:HI37BaaX.net
96: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 07:51:13.74 ID:vsmVJLrm.net
その晩……


Prrrr Prrrr

ピッ

希『おー、珍しいやん花陽ちゃん』

花陽「あ、もしもし。こんな夜遅くにごめんね」

希『ええよええよ。どしたん?』

花陽「実は真姫ちゃんのことについて、ちょっと相談があって……」

希『あー、あの件かぁ』

希『あれなぁ、うちも責任感じてたんよ』

希『うちが変なおせっかい焼かなかったら、誰も傷つかずにすんだのに……』ハァ

花陽「仕方ないよ、誰も悪くないよ」

希『それで、どんな相談なん?』

花陽「実はね……」
97: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 08:10:17.41 ID:pNa9Ym3t.net
希『なるほどなぁ、真姫ちゃんと凛ちゃんを強引にでも話し合わせるんやね』

花陽「にこちゃんは二人が不仲になったと思ってるけど、どうも違うみたいなんだよね……」

希『にこっちを巡るトライアングル、ってことか』

希『それなら、無理に会わせない方がええんやないかな』

花陽「花陽もそう思うんだけど、にこちゃんがね……」

花陽「もうμ'sがバラバラになるのは嫌だから、って」

希『……あの解散騒動が、トラウマになってるんやろね』

希『うーん、あんまり賛同できないけど、にこっちの希望なら仕方ないか』

希『多少こじれても、刃傷沙汰にはならないやろうしね』

花陽「にんじょうざた?」

希『よくある話よ。この泥棒猫!からのズブリ』

花陽「」

希『……花陽ちゃん?』

花陽「泥棒猫……凛ちゃん……」エグエグ

希『は、花陽ちゃん!落ち着いて!ないない、絶対ないから!』
101: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 20:46:41.48 ID:xld4UXvl.net
花陽「ごめんね、取り乱して……」グス

希『ううん、悪いのはうちの方よ。ごめんなぁ』

希『それで、セッティングについてなんやけどね』

花陽「ち、ちょっと待って。メモとボールペン用意するから」

希『お、マメやね』

希『凛ちゃんはともかく、あの真姫ちゃんを話し合いの席に留まらせるのはちょっと骨やと思うんよ』

花陽「たとえ出てきてくれても、すぐ怒って帰っちゃいそうだもんね」

希『そうやね』

希『つまりうちらは、気兼ねなく話ができて、かつ容易に脱出できない空間を提供しなきゃいけないんよ』

花陽「気兼ねなくお話できて、簡単には出られないところ……」メモメモ

希『ま、ようは密室やね』
102: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 20:56:53.36 ID:xld4UXvl.net
~~~花陽メモ~~~

話し合いの場所の条件

1. 気兼ねなく話せるところ(聴衆が多いのはNG)

2. 簡単には出られないところ

3. パーソナルスペースが確保できるところ(落ち着くから。できれば角部屋)

4. エアコン完備

5. お風呂とトイレは別

~~~~~~~~~~



花陽「こんなところでしょうか。途中からおかしなことになってるけど……」

花陽「希ちゃんは、密室って言ってたよね」
103: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 21:07:23.13 ID:xld4UXvl.net
花陽「密室、かぁ」

花陽「喫茶店はダメだよね。落ち着いてお話する場所の定番だけど……」

花陽「……そうだ、カラオケボックス!」

花陽「μ'sのみんなでカラオケに行って、7人いっせいにトイレやドリンクバーに立てば……」

花陽「……どう考えても、不自然だよね」

花陽「いっそ体育倉庫に閉じこめちゃうとか」

花陽「……それはお相手がにこちゃんの時にとっておかないと」

花陽「うーん……」

Prrrr Prrrr

花陽「あっ、電話」

ピッ

>>104「もしもし?」


※希、にこ、凛、真姫不可
※できれば二年生でお願いします
104: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 21:09:34.41 ID:acwgelGW.net
花陽
105: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 21:21:31.32 ID:xld4UXvl.net
花陽「あれ、これ私の電話番号……」

花陽「一体誰が……まさかドッペルゲンガーさん?ぴぃ!」ガクガク

ピッ

花陽ママ『もしもし、花陽ちゃん?』

花陽ママ『悪いんだけど、大急ぎで牛乳買ってきてほしいの。お釣りはお駄賃にしていいから、』

花陽「ちかくに いるんだから ちょくせつ はなそうよ!」

ピッ

花陽「実は花陽は、今まで固定電話でお話していたのです」

花陽「娘の携帯に勝手に触る親って、どうなんでしょうか」

Prrrr Prrrr

花陽「あれ、まただ」

ピッ

>>106「もしもし?」



※できれば二年生、かつμ'sメンバーでお願いします
106: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 21:24:53.95 ID:SD6hgBIF.net
ことり
108: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 22:09:07.50 ID:xld4UXvl.net
ことり『もしもし、夜分遅くに失礼します。南と申します。小泉さんのお宅で……』

花陽「ことりちゃん、私。花陽です」

ことり『あっ、かよちゃん?よかったー♪』

ことり『少し緊張しちゃった♪』

花陽「どうしたの?」

ことり『ちょっと相談したいことがあるの』

ことり『最近、真姫ちゃんの元気がないでしょ?』

花陽「うん……」

ことり『そこで、ハノケチェンやンミチャーと一緒に考えたんだけどね』

ことり『μ'sのみんなで、パーッと遊びに行くのって、どうかな?』

花陽「なるほど……賛成、です」

ことり『こういうときこそ、明るく楽しくしないとね♪』

ことり『それで、場所なんだけど……>>109なんて、どうかなぁ?』

1. 葛西

2. 横浜
109: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 22:14:57.90 ID:OJlG0FLr.net
2
111: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 22:39:02.54 ID:xld4UXvl.net
ことり『横浜なんて、どうかなぁ』

花陽「横浜……かぁ」

ことり「少し遠いけど、中華街とか野球場とか、楽しいところがいっぱいあるよね」

花陽(んー、中華街に入っちゃったら)

花陽(特製おにぎりで呼ぶ作戦が、難しくなっちゃうかも……)

ことり『あとは赤レンガに、ベイブリッジに……やんやん、楽しくなってきちゃった♪』

花陽「……あ」

ことり『花陽ちゃん?』

花陽「あっ、あああっ!!」

ことり『どうしたの?』

花陽「あっ、ごめんね急に大きな声だして」



花陽(花陽、閃いちゃいました!)

花陽(横浜といえば……)

花陽(アレがあるじゃないですか!!)
113: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 02:14:30.97 ID:4u6pFVAS.net
翌日……

にこ「……」カタカタ

にこ「!」

にこ「ふーん、ミュータントガールズメンバーの熱愛発覚ね」

にこ「こんな記事が注目を集めるなんて、日本って本当に平和ね」

にこ「ま、にことしてはライバルが減ってありがたいけどね」

ガチャ

凛「あれ、にこちゃんしかいないんだ」

にこ「ああ、凛。早いわね」

凛「……」

にこ「……」
114: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 02:23:39.61 ID:4u6pFVAS.net
凛「真姫ちゃんとは話せた?」

にこ「いや、まだ……」

凛「……そっか」

凛(にこちゃん、どうしてそんなに平然としていられるの?)

凛(真姫ちゃんをあんなに泣かせておいて)

凛(凛はにこちゃんがわからないよ……)

凛(好感度でいうと、>>115くらいかなぁ)

にこ「あんたこそ、真姫ちゃんとはその後どうなの?」

凛「……」

にこ「聞いてる?」

凛「にこちゃん」


>>115
※コンマ
115: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 02:23:57.29 ID:k1wqcoyb.net
ksk
116: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 02:30:42.79 ID:4u6pFVAS.net
凛(好感度でいうと、29点かな)

凛(赤点だね。追試決定だよ)

にこ「あんたこそ、真姫ちゃんとはその後どうなの?」

凛「……」

にこ「聞いてる?」

凛「にこちゃん」

凛「正直、見損なったにゃ」

にこ「……何よ、わけを聞かせなさいよ」
117: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 02:40:54.29 ID:4u6pFVAS.net
凛「この間のことは、凛も悪かったと思う」

凛「それに、にこちゃんにも立場があるのだってわかるよ」

凛「にこちゃんはアイドルが夢。アイドルはそういう関係になっちゃいけないんだよね」

凛「……でもね」

凛「だからって、本人の前で、あんな言い方ってひどくないかにゃ?」

凛「ちょっと無神経すぎないかにゃ?」

にこ「……あんたが何言いたいのか、さっぱりわかんないわよ」

凛「そんなに人の気持ちに鈍くて、本当にプロのアイドルなんかになれるの?」

にこ「はぁ?……言わせておけば」
118: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 02:54:02.58 ID:4u6pFVAS.net
にこ「あんたねぇ!」

にこ「私がどれだけ、あんた達のくっだらない争いの仲裁に腐心してやったと思ってんのよ!」

にこ「にこが無神経?自分の言動を棚にあげて、よくそんなことが言えるわね!」

にこ「あんたは真姫ちゃんのなんなのよ!」

凛「凛は……真姫ちゃんの友達だよ!」

にこ「なら、今すぐ行って連れ出してきなさいよ!あんたが原因でしょ!」

凛「無理だよ……にこちゃんじゃないと」

凛「にこちゃんこそ、動きなよ!早く真姫ちゃんのところに行ってあげないと!」

にこ「わ、私がなんで真姫ちゃんのところに行かないといけないのよ!」

凛「なんでのんきにネットニュースなんて見てんの!なんで真姫ちゃんを放置してるの!」

にこ「放置してるですって?人の気持ちも知らないで、よくも……」

ガチャ

絵里「なんの騒ぎ!?」

希「二人とも、ストップ。落ち着き」
120: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 02:58:15.40 ID:4u6pFVAS.net
にこ「……」

凛「……」

絵里「真姫が来なくて、心配なのはわかるけど」

絵里「これ以上、仲間同士で揉めるのはダメよ。ね?」

希「そうやね。こんなこと、真姫ちゃんだって望んでないはずよ」

にこ「……ふん」
121: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 03:08:17.55 ID:4u6pFVAS.net
絵里「……ねえ、希」

希「んー?」

絵里「こんな状態で、本当にみんなで遊びになんて行けるの?」

希「うーん……バラバラに誘って、当日はゲリラ的に合流した方がええかもしれないね」

絵里「真姫はどうするの?やっぱりにこに誘わせる?」

希「いや、ここは花陽ちゃんに働きかけてもらうつもりや」

希「どうも勝算があるらしいんよ」

絵里「うまくいくといいけど……」

絵里「ことり達も頑張ってくれてるもの。あの子達の気持ちを無駄にはできないわ」

希「今度の横浜行き、絶対に成功させないとなぁ」
125: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 21:58:27.67 ID:QH7l9Vn1.net
その晩・矢澤宅

チャポン……

にこ「……ふー」

こころ「おねーさま、おねーさま」

にこ「どうしたの?」

こころ「携帯電話が鳴っています」

にこ「……バスタイム中に迷惑な奴ね、まったく」

ザバー

ガラガラ

にこ「……あら、>>126からじゃない」



1. 穂乃果

2. 海未
126: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 21:59:36.97 ID:F571Fexe.net
ほの
127: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:04:56.92 ID:QH7l9Vn1.net
Prrrr

ピッ

穂乃果『おー、にこちゃん。今、大丈夫かな?』

にこ「思いっきりバスタイム中だったんだけど」

穂乃果『あ、ごめんね!なんなら都合のいい時間にかけ直して!』

にこ「もういいわよ、お風呂出ちゃったもの」

穂乃果『あれ?まだお風呂の中じゃなかったの?』

にこ「はぁ?」

穂乃果『てっきりまだお風呂中だとばっかり……』

にこ「湿気でケータイ壊れるわ!」
128: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:13:30.06 ID:QH7l9Vn1.net
にこ「それで、何の用よ」

穂乃果『にこちゃん、今度のお休み空いてる?』

にこ「一応空いてるけど、なんで?」

穂乃果『むふふ、穂乃果とデートしない?♡』

にこ「切るわよ」

穂乃果『ああっ、ちょっと待って!』

穂乃果『実は今、手元にプロ野球の観戦チケットがあるんだけどね』

穂乃果『穂乃果一人で行ったら、どうしても余っちゃうの』

穂乃果『にこちゃん、一緒に来てくれるよね?』

にこ「……やだって言ったら?」

穂乃果『ほっぺが穂むらのお饅頭になる呪いをかけます』

にこ「できれば胸にかけてほしいわね」
131: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:26:26.60 ID:QH7l9Vn1.net
にこ「……オーケー、わかったわよ。一緒に行ってやるわ」

にこ「にこの推しはマリーンズだから、セ・リーグの公式戦なんて興味ないけどね」

穂乃果『よかった、ありがとー!』

にこ「それで、他に誰が一緒なのよ?」

穂乃果『うぇえ!?……えーと、にこちゃんと穂乃果だけじゃないかなぁ?どう?』

にこ「なんで質問に疑問文で返すのよ……」

穂乃果『え、えーっと』

にこ「ごまかしても無駄よ。どうせμ'sのみんなで行くんでしょ」

にこ「当日、サプライズ的に凛と真姫ちゃん、それに私を会わせて、わだかまりを解消する」

にこ「どう?あんた達の魂胆なんて、こんなとこでしょ」

穂乃果『……あ、あはは。バレバレかぁ』

にこ「はいはい。当日はちゃんと歩み寄るわよ」

にこ「いつまでもこんなこじれた関係のままなんて、私も胸糞悪いし……ただ」

穂乃果『ただ?』

にこ「凛と真姫ちゃんが、同じように賛同してくれるかは、わからないわよ」

穂乃果『……だよねー』
132: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:30:12.49 ID:QH7l9Vn1.net
同じ頃……

海未『……というわけで、是非とも凛にも来ていただきたいのです』

凛「うん、いいよ!凛も野球は好きだし!」

海未『ありがとうございます、今から当日が待ち遠しいです』

凛「それで、他に誰が来るの?」

海未『……えー、私と凛と、あとは希も……』

凛「海未ちゃん、ごまかさなくていいよ」

凛「凛知ってるよ。どうせにこちゃんも誘ったんでしょ?」

海未『……察しがよくて、助かります』

海未『嘘をついたり、ごまかしたりするのは心苦しいですからね』
133: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:42:33.37 ID:QH7l9Vn1.net
海未『真姫を元気づけたい。そして、あなたとにこの関係を修復したい』

海未『それが、ことりと穂乃果の希望です』

海未『あなたがにこに対して、思うところあるのはわかります』

海未『ですが……ここは一つ、あの子達の気持ちを汲んであげてください』

凛「……うーん、わかったよ」

凛「正直、にこちゃんには怒ってるけど……嫌いたくはないんだよね」

海未『ありがとうございます、私も嬉しいですよ』

海未『それでですね、今度の試合なんですけどね』

海未『注目はなんと言っても、先日2000本安打を達成した谷繁です!先発はおそらく山本昌でしょうね、この人は球界最年長で……』

凛「あ、もう切るね」
134: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:46:11.98 ID:QH7l9Vn1.net
真姫「……」ボー

真姫「……暇ね」

真姫「前はいっぱい来ていたメールもLINEも、すっかり途切れちゃったし」

真姫「みんな、私のことなんて忘れちゃったのかしら」

真姫「……そうよね」

真姫「どうせ私なんて、ちょっと曲が作れておうちがお金持ちなだけだもの」

真姫「人としての魅力に乏しいもの」

真姫「……」

真姫「いっそ>>135しようかしら」
135: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:49:08.03 ID:QeW8YvA7.net
家出
136: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 22:57:21.87 ID:QH7l9Vn1.net
真姫「誰かを好きになったり、誰かに求められているか心配したり」

真姫「周りに人がいるから、こんなに苦しい思いをするのよ」

真姫「いっそ家出しちゃおうかしら」

真姫「誰にも気づかれない、私しかいない、どこか遠いところに……」

真姫「無人島がいいかしら、それとも山奥の廃村がいいかしら……」

Prrrr Prrrr

真姫「……あら、花陽から電話だわ」

ピッ

真姫「……はい」

花陽『真姫ちゃん、気分はどう?』

真姫「別に、なんてことないわ」

真姫「何か用?」

花陽『実はね……』
137: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 23:08:26.44 ID:QH7l9Vn1.net
真姫「……ふーん、横浜」

花陽『是非とも、真姫ちゃんにも来てほしいの』

真姫「……行きたくない」

真姫「勝手に、8人で楽しんでればいいでしょ」

花陽『みんな、真姫ちゃんに会いたがってるの』

花陽『真姫ちゃんが必要なの』

真姫「嘘よ」

花陽『それに、この間約束した、特製おにぎりも食べてほしいし……』

真姫「!」

花陽『思い出してくれた?』
138: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 23:11:06.29 ID:QH7l9Vn1.net
真姫「……確かに、そんな約束してたわね」

真姫「いいわ。行くわ」

花陽『ありがとう、真姫ちゃんが来てくれると、とっても嬉しいな』

真姫「もう切るわよ。またぶり返してきちゃったから」

花陽『あっ……ごめんね。おやすみ』

真姫「おやすみなさい」

ピッ

真姫「……見納めね」

真姫「μ'sのみんなの……特にあの人の」
140: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 00:03:13.87 ID:pXwldiAn.net
当日……

にこ「……ぬぁーにが“真姫ちゃんを元気づける会”よ」

にこ「そんなコッテコテの応援グッズに身を固めて!」

穂乃果「だって、久し振りの観戦なんだもん!」

穂乃果「あ、このタオル貸してあげるね」

穂乃果「翔さんの打順になったら、これをグルグル回すんだよ!」

にこ「いらんわ!」

海未「にこの言う通りです。初心を忘れてはいけませんよ、穂乃果」

ことり「ンミチャー、今日の席はホーム側だから、ドラゴンズの応援ボード掲げちゃダメだよ」

海未「そ、そんなもの持ってきてるはずないでしょう」メソラシ

希「お、みんな集まっとるね」

絵里「いいお天気で、なによりね」

凛「……あ」

にこ「凛……」

凛「……」ペコ

にこ「……」コク
141: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 00:06:40.83 ID:pXwldiAn.net
海未「さて、これで7人」

絵里「あとは花陽と真姫だけね」

ことり「来てくれるかなぁ……」

希「心配ないよ、ほら」

穂乃果「あ!」

花陽「お待たせしました……」ゼーハー

真姫「……」

穂乃果「真姫ちゃん」



穂乃果「……よかった!ずっと会いたかったんだよ!」

真姫「……」
142: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 00:13:12.09 ID:pXwldiAn.net
ことり「よかったぁ……来てくれてありがとう♪」

希「うちも嬉しいよ、μ'sがやっとあるべき姿に戻ったんやから」

海未「そうですね。私達は一人でも欠けてはいけませんからね」

絵里「これからは、一人で考え込まないでね。私達は仲間なんだから」

花陽「真姫ちゃん、今日はいっぱい楽しもうね」

真姫「……」



にこ「真姫ちゃん……」

真姫「何」

にこ「いや……なんでもない」

凛「……」
143: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 00:21:23.33 ID:pXwldiAn.net
横浜スタジアムにて


穂乃果「♪よーこはまーべーいすたーずー、しょーりのーかがやきーめざしてー」フンフン

海未「前を見ないと転げ落ちますよ」

ことり「当たり前だけど、野球場ってけっこう傾斜があるね」

絵里「ね、私やっぱり中華街も行ってみたいわ」

希「そうやね。試合がある程度進行したら、行きたい子達だけで行ってもええかもね」

希「凛ちゃんは?うちと一緒にラーメンでも食べに行く?」

凛「んー、考えておくにゃ」

真姫「わっ」グラッ

ポスッ

にこ「大丈夫?」

真姫「にこちゃん……」

パシ

真姫「……優しくしないで」

にこ「はぁ?」
145: >>144微修正(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 01:21:14.45 ID:pXwldiAn.net
真姫「辛くなるから」

にこ「……はぁーっ」

にこ「あんたねぇ」

にこ「凛とあんたの間に何があったのか、あんたが私達のことをどう思ってるのか、見当もつかないわよ」

にこ「ただね、これだけは言っておくわ」

にこ「凛は、ずっとあんたのことを気にかけてた」

にこ「何でかわからないけど、私のことを怒ってる」

にこ「時々ムカつくけど……あんたを心配する気持ちに偽りはないわ」

にこ「凛だけじゃない。他のみんなもそうよ」

にこ「……もちろん、私もね」

真姫「……!」

にこ「かっこつけて、一人で抱え込んでんじゃないわよ」

にこ「そんなの、全然嬉しくないんだから」

にこ「あんたがいない間、ずっと寂しかった」

にこ「あんたのことを、考えない日なんてなかった」

にこ「にこはね――あんたのいないμ'sなんて嫌なのよ」

真姫「……にこ、ちゃん?」
146: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 01:22:44.52 ID:pXwldiAn.net
にこ「……ごめん、無理やり掴んじゃって」

真姫「ねえ、にこちゃん」

真姫「それって、どういう」

にこ「……なんでもない!なんでもないわよ!///」プイ

にこ「ここ、通路だから。邪魔になるわよ」

にこ「早く座りましょう」

真姫「……ええ」



凛「……」ジーッ

凛(あれ…………?)
149: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 09:00:29.53 ID:+v10QJE+.net
穂乃果「番長!今日も頑張って!ファイトだよっ!」

海未「武司!あなたはまだまだやれますよー!」

絵里「あーっ!山崎!ハラショー!」

絵里「懐かしいわねぇ、イーグルスの4番といえば、やっぱりこの人よね……」

にこ「……うるさいわねぇ」

花陽「あ、あはは……」

にこ「ねぇ、花陽」ジロ

にこ「こんな騒がしくて人がいっぱいの環境で、真姫ちゃんと凛をどう向き合わせるのよ」

花陽「大丈夫だよ、にこちゃん」

花陽「今日のメインイベントは、これじゃないから」

にこ「ふーん……」

花陽「信頼されてない……」シクシク

にこ「……そういうわけじゃないんだけどね」
150: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 09:05:29.57 ID:+v10QJE+.net
花陽「あ、そろそろ食べる?花陽の特製おにぎり」

にこ「いただくわ」

凛「いただきますにゃー」

真姫「……ちょっとお手洗い行ってくるわね」

真姫「手を洗うから」

花陽「行ってらっしゃい」

穂乃果「よしっ!おさえた!」

海未「なにやってるんですか、もう!」

海未「佐伯!代打佐伯!」

穂乃果「海未ちゃん、いないから!もう引退してるから!」

花陽「そういえば、にこちゃん」

花陽「知ってる?ミュータントガールズのニュース」

にこ「ああ、メンバーの熱愛発覚事件ね」
151: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 09:14:02.68 ID:+v10QJE+.net
花陽「ちょっとショックだったね」

にこ「そう?別にいいじゃない」

にこ「本人達が、幸せなら」

花陽「あれ。にこちゃんはアイドルの自由恋愛肯定派なの?」

にこ「……いや、確かにアイドルは恋愛厳禁って考え方が間違ってるとは言わないけどね」

にこ「ただ、ね」

にこ「恋とか愛を肯定できないアイドルのラブソングなんて、誰も好んで聞かないでしょ?そういうこと」

にこ「アイドルだから絶対に恋をしちゃいけないなんて、にこは思わないわね」

花陽「なるほど……」メモメモ

凛(……え)

凛(あ……あれ?あれぇ?)

穂乃果「ノリさん!今日も一発!」

海未「ノリ……あなたはドラゴンズに骨を埋めるべき人間でしょう……」
152: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 09:22:16.96 ID:+v10QJE+.net
凛(えーっと、あれ?)

凛(にこちゃんは、アイドルの恋を認めちゃうの?)

凛(じゃあ、この間のあの言葉は?)

凛(真姫ちゃんのものにもなる気なんてないっていう、あの発言は?)

凛(もしかして、あれは真姫ちゃんを拒絶するためだけの嘘っぱちだったの?)

凛(でも、じゃあさっきの通路でのあの対応は?)

凛(何かがおかしいにゃ。矛盾してるにゃ)

カッキーン

穂乃果「!いった、いった、いったー!!!」

海未「」
154: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 20:28:13.98 ID:Ns0bP+UT.net
海未「うぅ……昌さん」ガクッ

穂乃果「金城さん!追加点お願い!」

海未「シゲ!何をしてるんですか!しっかり昌さんをリードしてください!」

穂乃果「あーっ!文句言うなら返してよ!」

にこ「やかましいわねぇ……」

チョイチョイ

にこ「……ん」

凛「にこちゃん」

凛「聞きたいことがあるにゃ」
155: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 20:41:45.65 ID:Ns0bP+UT.net
凛「さっきの話、聞いてたんだけど」

凛「にこちゃん、アイドルの自由恋愛を認めるんだね」

にこ「盗み聞きしたくせにわざわざ聞き返すなんて、厚かましい奴ね」

にこ「そうよ。私はアイドルだって恋をする権利があると思ってる」

凛「なら、なんで真姫ちゃんを拒絶したの?」

にこ「どっ、どうしてそこで真姫ちゃんが出てくるのよ!///」

にこ「……そもそも、あの子を拒絶した覚えなんてないんだけど?」

凛「なら、この間なんであんなこと言ったの」

凛「真姫ちゃんのものになんてならない、って」

にこ「……そんなこと言ったかしら?」

凛「覚えてないの?」

凛「あんなこと言ったから、真姫ちゃんが傷ついて泣いたのに」

にこ「……身に覚えがないけど、これだけは言えるわ」

にこ「もし本当に私がそう言ったとしてもね」

にこ「あんたが思ってるような意味では、言わなかったわ」
156: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 20:46:49.26 ID:Ns0bP+UT.net
凛「ねえ、にこちゃん」

にこ「まだなんかあるの?」

凛「できれば正直に答えてほしいにゃ」

凛「にこちゃんは、真姫ちゃんのことどう思ってるの?」

にこ「は、はぁ~!?////」

凛「……」ジッ

にこ「……はぁ」

にこ「>>157



1. 嫌いじゃ、ないわよ

2. 好き……あ、LoveじゃなくてLikeの方だからね!

3. 大好きよ!ええ、大好き!悪かったわね!
157: 名無しで叶える物語(カナダ)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 20:50:38.15 ID:XIylPFYV.net
3
158: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 20:55:39.32 ID:Ns0bP+UT.net
にこ「」キョロキョロ

穂乃果「打て!打て!たーむーら!」

海未「あわわわ……」

にこ「……誰も聞いてないわね」

にこ「大好きよ!ええ、大好き!悪かったわね!////」ヒソヒソ

凛「……わかった」

にこ「何よ、なんか言いなさいよ///」

凛「それ、ちゃんと真姫ちゃんに伝えた方がいいと思うにゃ」

にこ「簡単に言ってくれるわね……ムリよ」

凛「ヘタレ」

にこ「なんとでもおっしゃい」
159: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 20:59:13.96 ID:Ns0bP+UT.net
凛「ね、にこちゃん」

凛「これだけは、ちゃんと言っておくね」

にこ「今度は何よ、あらたまって」

凛「凛、にこちゃんのこと、誤解してたにゃ」

凛「……ごめんね」

にこ「……ふん。そんな殊勝な態度、あんたらしくないんじゃないの?」

真姫「ただいま」

にこ「わ、わわっ////」

真姫「……?」
160: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:12:44.30 ID:Ns0bP+UT.net
試合後……

穂乃果「勝ったDeー!!」

海未「とほほ……」シクシク

ことり「……♪」ナデナデ

ことり(マケミちゃん……可愛い♡)

希「いい試合だったなぁ、うん」

にこ「あんたはほとんどずっと中華街いたでしょ」

絵里「日も暮れてきたし、そろそろ帰りましょう」

花陽「まだ帰っちゃダメだよ、絵里ちゃん」

希「花陽ちゃんいわく、今日のメインイベントはこれかららしいんよ」

絵里「?」
161: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:17:46.48 ID:Ns0bP+UT.net
桜木町にて……

にこ「まだ歩くの?」

花陽「もう少しだよ、にこちゃん」

にこ「さすがにもう疲れたわよ……」

海未「まあまあ、いい運動じゃないですか」

花陽「あっ、見えてきたよ!」

穂乃果「おっ!遊園地!」

ことり「わぁ。綺麗……♪」

凛「テンション上がってきたにゃー!」



希「……あっ、あーっ!」

絵里「わっ」
162: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:22:49.69 ID:Ns0bP+UT.net
希「そっか……そういうことなんか!」

絵里「いきなり何よ、びっくりするじゃない」

希「あ、えりちごめん。堪忍な」

希「……でも、そっかぁ」

希「花陽ちゃん、策士やなぁ」

希「うちが提案した、話し合いの場所は」

希「気兼ねなく話ができて、かつ容易に脱出できない空間」

希「あそこに、思いっきりあるやん」



希「……観覧車や!」

花陽「……」ニコニコ
163: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:31:49.03 ID:Ns0bP+UT.net
穂乃果「むふふ、久し振りの観覧
車!」ワクワク

海未「絶対にゴンドラを揺らしてはダメですよ、穂乃果」

穂乃果「もー、そんなことしないよぉ」

花陽「ゴンドラ一台につき8人……どうしても一人余っちゃう」

真姫「……それなら、あなた達だけで乗りなさいよ。私は……」

花陽「だから、学年別に乗ろうと思うんだけど、どうかな?」

ことり「賛成♪」

希「異議なーし!」

真姫「ちょっと、聞きなさいよ」

絵里「じゃあ、乗り場まで競走!よーいどん!」

凛「あーっ、ずるいにゃー!」

穂乃果「待てーっ!」

にこ「子供ね……」
164: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:38:04.91 ID:Ns0bP+UT.net
穂乃果「いちばーん!」

海未「一足お先に、楽しんできますね」

ことり「いってきまーす♪」

凛「言い出しっぺがビリなんて、カッコ悪いにゃ~」

真姫「……くだらない」プイ

絵里「くあー、負けたわ……(棒)」

にこ「……?」

絵里「……これでいいの、希?」ヒソヒソ

希「上出来や」ヒソヒソ

花陽「二年生組の次が私達一年組、最後は三年生組だね」

凛「じゃあ、次は凛達だね!」

真姫「……ふん」
165: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:43:43.89 ID:Ns0bP+UT.net
凛「来たよ!凛達の番にゃ!」

花陽「楽しみだね、真姫ちゃん!」

真姫「ちょっと、押さないでよ」

花陽「……」チラ

希「……」コク

にこ「……???」



花陽「あっ、靴紐ほどけちゃった」

凛「にゃ?」
166: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:44:51.66 ID:Ns0bP+UT.net
真姫「ちょっ、何してるのよ!」

凛「かよちん、急いでいそいで!」

花陽「あーっ、こんがらがっちゃいました」

絵里「二人とも、早く乗ってのって!」

凛「か、かよちーん!!」

花陽「凛ちゃん、真姫ちゃん」



花陽「行ってらっしゃい」

凛「~~~~~?」ドンドン

真姫「~~~~~!」ドンドン
167: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:51:39.58 ID:Ns0bP+UT.net
希「あわてふためいてるなぁ、あの二人」

絵里「それじゃあ、私達は4人で乗りましょうか」

にこ「」アゼン

花陽「にこちゃん」

にこ「……はっ」

花陽「どうかな?にこちゃんが望んでいた、凛ちゃんと真姫ちゃんの話し合いの場だよ」

にこ「あ、あんたってヤツは……」



にこ「……あんたを頼ったにこの目は、やっぱり正しかったわね」

花陽「ふふ、にこちゃんに誉められちゃった」
168: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:56:00.24 ID:Ns0bP+UT.net
凛「……あーあ、何やってるにゃ、かよちんのおドジ」

凛「せっかくのかよちんと観覧車に乗るチャンスだったのに……」

真姫「何言ってるのよ、わからないの?」

真姫「私達、あの子達の罠にはまったのよ」

凛「えーっ、じゃあ」

真姫「私達の仲を気にした、おせっかいな誰かさんの計らいでしょ」

凛「いたずらのスペシャリストの凛が逆にトリックに引っ掛かるなんて……屈辱だにゃ~」
169: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 22:04:04.29 ID:Ns0bP+UT.net
凛「……ねぇ、真姫ちゃん」

真姫「何よ」

凛「この間は、ごめんね」

真姫「何が」

凛「凛が、にこちゃんにちょっかい出したりするから」

凛「二人の関係が、こじれちゃった。真姫ちゃんに悲しい思いをさせちゃった」

凛「全部凛のせいだよ。本当にごめん……」

真姫「……はぁ」

真姫「もう、いいの」
170: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 22:15:51.81 ID:Ns0bP+UT.net
凛「どういうこと?」

真姫「泣き顔まで見られちゃったから、今更ごまかしても仕方ないわね」

真姫「私……あの人のことが、好きだった」

真姫「あの人がプロのアイドルを志望してることは知ってた。高嶺のFlowerだなんてわかってた……なのに」

真姫「滑稽よね。笑いたきゃ笑いなさいよ」

凛「……笑わないよ」

凛「それで、真姫ちゃんはどうするの?」

凛「挑戦もしないで、あきらめちゃうの?」

真姫「……仕方ないでしょ」

凛「真姫ちゃんのヘタレ」

真姫「なんとでも言いなさい」

凛「こういうところは、二人ともそっくりだにゃ~」

真姫「は?」
171: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 22:25:51.82 ID:Ns0bP+UT.net
凛「ケンカップルだとばかり思ってたけど……とんだヘタレカップルだにゃ」

真姫「ちょっと、待ちなさいよ」

真姫「何の話をしてるのよ」

凛「今日ね、にこちゃんと話をする機会があったの」

凛「にこちゃん、真姫ちゃんのことが好きだって言ってたよ。大好きだって」

真姫「!!」

凛「それから、こうも言ってたにゃ」

凛「アイドルだって、恋愛をする権利があるって」

真姫「……」

凛「わかる?にこちゃんの気持ちは、真姫ちゃんと同じなんだよ」

真姫「……凛は」

真姫「優しい嘘が、得意なのね」
172: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 22:32:15.76 ID:Ns0bP+UT.net
凛「嘘じゃないにゃ」

真姫「嘘よ」

凛「……はぁー」

凛「じゃ、窓の下を見てみるにゃ」

真姫「?」


にこ「」ベッタリ


凛「わかった?」

凛「観覧車から見えるのって、景色
だけじゃないんだね。下のゴンドラの様子ものぞけるんだね」

凛「凛の言ってることが嘘なら、あのヤモリみたいな有り様のにこちゃんはどういうことなのかにゃ~?」

真姫「……」
173: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 22:43:05.88 ID:Ns0bP+UT.net
凛「ちょっと実験をしてみるにゃ」

真姫「はぁ?」

凛「ふふ、真姫ちゃん……凛の女になるにゃ」アゴクイ

真姫「!?////」


にこ「~~~~!!!!」バンバン


凛「ほらね?」

凛「それにしても、おかしいにゃ~。真姫ちゃんとのイチャイチャをにこちゃんに見せつけるなんて」

凛「これじゃあまるっきり、あべこべにゃ~」

凛「ねえ、凛って魔性の女かにゃ?」

凛「……真姫ちゃーん?」

真姫「……」グスッ

凛「あ……」
174: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 23:01:59.00 ID:Ns0bP+UT.net
真姫「よかった……私達」

真姫「気持ちは一緒だったのね……」

凛「泣いてる場合じゃないよ、真姫ちゃん」

真姫「泣いてないわよ……」グシグシ

凛(ああ、これこれ)

凛(これが本当に凛が見たかった、真姫ちゃんの泣き顔にゃ~)

凛「どうする?」

凛「これでもまだ、片想いのままでいいなんて言っちゃうの?」

真姫「……そんなわけ、ないでしょ」

真姫「あんたに先を越された時、悔しくてたまらなかったのよ」

真姫「もう、言い訳したり、先伸ばしにするのはやめるわ」

真姫「つまらないプライドにしがみつく、臆病な私とは決別する」

真姫「私は……思ってることを、素直に言える真姫になりたい」
175: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 23:04:15.23 ID:Ns0bP+UT.net
凛「夜景、きれいだね」

真姫「……ええ」

凛「こんな素敵な景色を、両想いの相手と見れたら素敵じゃない?」

真姫「……ええ」

凛「一緒に見る相手は、凛じゃないよね」

真姫「……そうね」

凛「真姫ちゃん」

凛「……頑張ってね!応援してるにゃ!」

真姫「……」コク
176: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 23:09:27.99 ID:Ns0bP+UT.net
その頃……

にこ「うわーん!降ろしなさいよぉ!」ガンガン

希「にこっち、落ち着き。ガラスが割れそうなんよ」

絵里「死ぬから、ここで降りたら即死するから!」

にこ「ニコチカおうちかえるー!!」

希「今帰ったら、一生後悔するよ。カードがそう告げてるんや」

花陽「……もしもし、穂乃果ちゃん?降りたらあれを用意してほしいの。……わかった、こっちはなんとかするね……」
180: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 23:54:20.07 ID:Ns0bP+UT.net
再び、地上……

凛「楽しかったにゃ~」

海未「おや、来ましたよ」

穂乃果「真姫ちゃん真姫ちゃーん!」

真姫「穂乃果?」

穂乃果「はいこれ!」

真姫「観覧車のチケットじゃない。それも2枚も」

穂乃果「花陽ちゃんから聞いたんだけど、どうしてか知らないけどにこちゃんが全然夜景見てないんだって」

穂乃果「一緒に見てあげてほしいな!」

真姫「……まったく、しょうがないわね」

穂乃果「あっ、今のすっごくにこちゃんに似てたよ!」

穂乃果「似てきたんじゃないの、真姫ちゃん?……むふふ♡」

真姫「違うわよ、にこちゃんが私に似てきたのよ」

真姫「ま、そういうことならありがたく受け取っておくわね」

穂乃果「頑張ってね、真姫ちゃん!ファイトだよっ!」

ことり「……お幸せに♪」

海未「まったく……とんだキューピッドもいたもんですね」

凛「誰のことかにゃ~」
181: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 00:01:54.14 ID:5+Atq5IR.net
にこ「いい加減に離しなさいよぉ!」

絵里「あなた全然夜景見てないでしょ?悪いこと言わないからもう一周してらっしゃい」

にこ「夜景なんか嫌いよ!」

希「またまた、ご冗談を」

希「これ以上暴れたら、ワシワシMAXの刑よ」

にこ「うぅ、真姫ちゃんたら」

にこ「他の子にデレデレするなんてぇ……」エグエグ

花陽「あ、いたいた!」

花陽「真姫ちゃーん!」フリフリ

希「えりち、今や!」

絵里「それっ、行ってらっしゃい!」ドン

にこ「わ、ちょっ、バカ!」

ポスッ

にこ「わぷ……あ」

真姫「……」

にこ「ま、真姫ちゃん……////」
182: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 00:05:52.35 ID:5+Atq5IR.net
にこ「あ、元気出たみたいね」

にこ「凛とうまく和解できて、気分はすっきりってとこかしら?」

にこ「じゃあね……」

ギュ

真姫「……」ヒシッ

にこ「……あ、あによぅ……////」

真姫「……伝えたいことがあるから、来て」

真姫「夜景でも見ながら、お話しましょ」

にこ「拒否権は?」

真姫「ないわ」

にこ「うぅ……////」

ズルズルズル



凛「……お幸せににゃ」
183: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 00:13:33.07 ID:5+Atq5IR.net
凛「んー、それにしても少し二人が羨ましいにゃ~」

凛「かよちん、二人で二周目に乗ろうにゃ」

花陽「ちょうどおんなじことを言おうとしてたとこだよ、凛ちゃん!」ニコニコ

花陽「さっき一緒に乗れなかったからね」

穂乃果「ことりちゃん、また一緒に乗ろう!」

ことり「喜んで♪」

希「となると、うちは……」

希「えーりちっ♡」

海未「絵里、私と一緒に乗ってください!♡」ダキッ

絵里「ちょ、海未!?」

希「あーっ、こら!海未ちゃん!」

希「えりちの隣は、うちだけのものなんよ!」

絵里「ちょっとお!いつ、誰がそんなこと決めたのよ!」

穂乃果「ぅ絵里ちゃん!海未ちゃんは絶対渡さないよ!」

ことり「ンミチャーはこっち側の人間だもん!」

絵里「ダレカタスケテェ……」
185: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 00:38:46.57 ID:5+Atq5IR.net
凛「こうして、真姫ちゃんは無事にμ'sに復帰したにゃ」

凛「あの後、何があったかって?」

凛「さあね、そこまでは知らないよ」

凛「ただ一つ確かなのは、二周目から降りてきた真姫ちゃんがやりとげた顔をしていたことにゃ」

凛「にこちゃんにいくら話しかけても、真っ赤になってうつ向くだけでなんにも聞き出せなかったにゃ」

花陽「凛ちゃん、誰とお話してるの?」

凛「にゃっ……何でもないにゃ~」

花陽「ふぅん……」

花陽(……凛ちゃんが大泣きしてるとこ)

花陽(見てみたい、かも)



おしまい
186: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 00:46:42.92 ID:5+Atq5IR.net
安価SSを書くのは初めてです。
やたら理屈っぽくなってしまい、途中で大きく失速したのが心残りです。
ノリと勢いで書ける人が羨ましいです。

ちなみに候補地の一つに挙げた葛西が選ばれた場合は、水族館を描くつもりでした。
あのマグロの大量死事件は、結局何が原因だったのでしょうね。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「真姫ちゃんをガチ泣きさせるにゃ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。