>>2「どうしよ…」

シェアする

にこ-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:00:07.58 ID:8TW7TomJ.net
>>2>>3>>5だったなんて…」

元スレ: >>2「どうしよ…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:00:45.95 ID:wzvbHmCR.net
にこにー
3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:00:58.32 ID:5StWDgBD.net
海未
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:01:32.64 ID:Y+M3AeEl.net
ノンケ
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:04:48.47 ID:8TW7TomJ.net
にこ「まさか海未がノンケだったなんて…」

にこ「これが世間にばれたら暴動が起きるわね。早いうちになんとかしないと…」

にこ「こういうときは>>10に相談よね」
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:06:09.09 ID:SRV7V6Uh.net
絵里
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:16:41.07 ID:8TW7TomJ.net
にこ「…悪いわね、急に呼び出して」

絵里「気にしないで。わたしとにことの仲じゃない」ベタ

絵里「ふふっ♡大丈夫、いつでも準備OKよ」

にこ「今日はそういうんで呼んだんじゃ…ない、の!」グイッ

絵里「んもう。いけずね」

にこ「…いい?真面目な話よ。にこがノンケだったらどうする?」

絵里「それでも私はにこを愛すわ」キリッ

にこ「…海未がノンケだったら?」

絵里「それは冗談としてはあまりハラショーじゃないわね。海未はレズ。この世の理よ」

にこ「でも…。にこ、見ちゃったの。海未が>>19してるところを…」
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:19:42.71 ID:F1WTq4RJ.net
男とせっ○す
24: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:25:28.18 ID:8TW7TomJ.net
にこ「海未が…お、男と…。…その。あぁもう、これ以上はとてもじゃないけどアイドルの口からは言えないようなことをしてたのを見たのよ」

絵里「意義アリ!その発言にはムジュンがあるわ!」ビシィッ!

にこ「ど、とこがよ!?」

絵里「まず第一に。にこは『見た』と言ってるけど、そういうことを見れる状況があるっていうのはおかしいと思わない?」

にこ「そ、それは、たまたま…」

絵里「どこでみたのかしら?」

にこ「>>26よ」
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:26:46.86 ID:1a/h85MC.net
パソコンの流出動画よ
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:34:43.49 ID:RsZ4RWdX.net
にこ「パソコンに流失してたのよ。そういう動画が」

絵里「その動画は?」

にこ「…すぐに削除されたわ」

絵里「だったら海未かどうかはわからないわね」

にこ「でも、にこが海未を見間違えるわけないじゃない!どれだけ一緒に過ごしてきたと思ってるのよ!」

絵里「アイコラかもしれないわよ」

にこ「…不自然な繋ぎ目とかもなかったし、そんなはずは…」

絵里「…随分じっくり見たのね」

にこ「今まで海未としたことなかったから、その、興味が…///」

絵里「まぁいいわ。後で体に聞くから。次に二つ目!『男と』って、言ったわね。それは何で判断したの?」

にこ「相手の>>33>>35だから、男だと思ったのよ」
33: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:36:46.31 ID:SRV7V6Uh.net
35: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:37:14.60 ID:9Fq6KlzQ.net
平面
39: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:43:42.76 ID:RsZ4RWdX.net
にこ「相手の胸が平面だったのよ…」ゴクリ

絵里「……」

にこ「ね?これはもう間違いなく…」

絵里「…にこは男なの?」

にこ「は?違うけど?」

絵里「でも、だって、ねぇ?」ペタペタ

にこ「ちょ、あるでしょ!?ほら、こうして、こうすれば!ほら!」ヨセアゲ

絵里「」パシャリ

絵里「待受にするわ」

絵里「…さて」

にこ「ちょっと」

絵里「じゃあ、こころちゃんやここあちゃんは男なの?」

にこ「あ、あの子達はまだ子供だし…」

絵里「だったら海未の相手は幼女だった可能性もあるわね」

にこ「確かに…」
44: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:49:21.68 ID:RsZ4RWdX.net
絵里「相手の顔は見てないの?」

にこ「海未のことしか見てなかったわ。でも多分映ってなかったような気がする…」

絵里「股間は?」

にこ「股間って…」

絵里「陰部は?」

にこ「陰部て…」

絵里「おちんぽは生えてたの?」

にこ「」スパーン!

にこ「馬鹿なの!?」

絵里「大事なところよ」

にこ「…え?どっちの意味で?」

にこ「そこも…ちょっと覚えてないわ」

絵里「…にこはいったい何を見てたの?」

にこ「…海未しか見えてなかったわね」
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:58:07.35 ID:RsZ4RWdX.net
絵里「まぁつまり、これもわからないってことよね」

絵里「そして最後三つ目!」

絵里「にこはセックスのことをそんなごにょごにょ恥ずかしがって言わないわ!そこが一番おかしい!」ババーン!

にこ「おかしくない!!あんたほんとバカじゃないの!?さっきからセックスセックスうるさい!」

絵里「ゆーせいせっくす!りぴーとあふたみー!」

にこ「」スパーン!

絵里「ゆーせいおちんぽ!はい!」

にこ「」スパーン!

絵里「どうしたの!?いつもの『もっと…♡欲しい…、のぉ…♡絵里ぃ…♡おまんこ…してぇ…♡』っていうにこはどこにいったの!?」

にこ「ここはカフェよお願いだから黙って!」

絵里「取り乱したわ」

にこ「全く…」

絵里「海未に確認はとったの?」

にこ「…できないわよ、そんなの…」

絵里「はぁ…、わたしに任せなさい!」

にこ「この流れからだと不安しかないんだけど…」

絵里「…もしもし、海未?」

『海未は私ですが』

絵里「ちょっと聞きたいことがあるんだけどいいかしら」

『? なんでしょう』

絵里「>>49
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 19:01:52.04 ID:Rq4+Z5/j.net
今から3pしましょう!(尋問もする
51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 19:14:44.34 ID:RsZ4RWdX.net
絵里「いまから3Pしましょう」エリチカスマイル

にこ「」スパーン!

絵里「もう!そんなに頭叩かないでよ。バカになっちゃうわ」オコーチカ

にこ「残念だけどもう手遅れよ…。救えないくらいにバカだから」

『その声はにこですね?ちょうど良かった。少しお話ししたいことがあるのですが…』

にこ「な、なによ…」

『電話越しだとなんですし、私も合流します。いまどこにいるんですか?』

絵里「そらまるカフェよ」

『…そらまるカフェですね?わかりました。そこなら近くなのですぐにつきます。では、またのちほど』

絵里「カフェで3Pはさすがに…あれ?きれてる」

にこ「絵里、キャラおかしくない?」

絵里「実は徹夜明けなの」

にこ「相談する相手間違ったわ…」

絵里「かしこいかわいいエリーチカ。これが私の二つ名よ」

にこ「あぁもうどうしよう…。頼れるのは自分だけ…。頑張れにこにー負けるなにこにー」
55: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 19:54:57.48 ID:RsZ4RWdX.net
絵里「そろそろかしら」

にこ「…どうしよう…。…もしもほんとにノンケだったら?にこに何ができる…?いや、でも…」ブツブツ

絵里「もう、考えすぎよ。だってあの海未よ?」

海未「その海未です」

えりにこ「ヴァア!?」

海未「む…。失礼な反応ですね」

にこ「気配消さないでよ…」

海未「そのようなつもりは…。ええと、なにか頼んだ方がいいですよね。とりあえず…」

にこ「いや。出るわよ。そしてもうこのカフェには来ない方がいいわ」

絵里「どうして?」

にこ「…自分の胸に聞いてみなさい」

絵里「二人には胸、無いものね…」アワレミーチカ

にこ「相手にしたら死ぬわよ、海未」

海未「は、はい…?」

にこ「とりあえず>>60に移動よ。なるだけ人がいないとこじゃないと絵里が何言い出すかわかんないから」

絵里「にこ…。あおかんはまだはやいと思うんだけど…」

にこ「ほら、こういうこと言い出す」

海未「破廉恥すぎてなんかもう…。…、いえ!?あおかん!?知らない!知らないですけどね!///」

にこ(耳年増ね)
60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 20:19:16.83 ID:NWYgGY8J.net
東京ドーム
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 00:03:18.61 ID:H+I3IKLt.net
にこ「さ、東京ドームへ移動よ」

海未「東京ドーム…?秋葉ドームではなく、ですか?」

にこ「それは違う世界の話よ」

海未「???」

絵里「ドゥーーーーーム」

にこ「ぷふっ」

にこ「…行きましょ」

絵里「ねぇねぇ、今笑ったでしょ!ねぇ!ねぇってばぁ」

にこ「…ダッシュよ!海未!」ダッ!

海未「は、はい!」ダッ!

絵里「あ、じゃあ最後の人はジュースおごりね!」ダッ!

にこ「…はぁ」

……
ドーム

にこ「着いたわ」

海未「…ですね」

絵里「ジュース買ってきたわ」

にこ「…ありがと」

絵里「次は負けないんだから」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 00:10:12.59 ID:H+I3IKLt.net
海未「しかしにこ、いったいなぜドームなのですか?人のいないところに行きたいと言っていたではありませんか」

にこ「…ねぇ海未。私たち、ついに、ここでライブするのよね」

海未「…えぇ。そうですね…。なんだか余り実感がわきませんが」

にこ「海未は、最後までやりきるわよね」

海未「当然です。始めたときから、そんなことはとうに覚悟の上です」

にこ「信じて、いいのよね」

海未「…にこにしてはまわりくどい言い方ですね。何が言いたいのか、よくわかりません」

にこ「海未…。はっきりさせたいことがあるの」

海未「……」

絵里「…zzZ 」

にこ「……」スパーン!

絵里「ぅぇひっ!?」

にこ「寝てんじゃないわよ!」

絵里「大丈夫よ!海未のが大きいから!」

にこ「なんの話をしてんのよ!」スパーン!
70: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 00:12:19.75 ID:H+I3IKLt.net
にこ「…海未。単刀直入に聞くわ」

海未「…はい」

にこ「あなた、男の人と、した?」

海未「…>>73
73: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 00:35:56.97 ID:mJJKjeuU.net
男の人とはしてません
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 00:56:03.80 ID:H+I3IKLt.net
海未「…男の人とは、してません」

にこ「…本当に…?」

海未「はい」

にこ「……はぁーっ…。よかったぁ…!……ん?」

にこ(今、男の人と『は』っていった?え?…ってことは…)

絵里「…海未、じゅうかんもどうかと思うわよ…」

海未「にこ、私の心配よりも絵里のがあれです」

にこ「絵里はあれである程度の地位を確立してるのよ…。コアなファンがついてるわ」

絵里「にこ達には不安がついてるってわけね♪」ドヤーチカ

にこ「やっぱり寝ててもらえばよかったかしら…。そんなことより海未、男の人と『は』ってことは…」

海未「ちょっと待ってください。にこはそのことをどこで知ったんですか?」

にこ「…それは…」

にこ「…それは、別にいいじゃない。男の人じゃないなら別にいいわ。はい、この話は終わり。さぁ!明日から練習、頑張るにこ!」

海未「…あやしい」
75: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 01:03:28.50 ID:H+I3IKLt.net
絵里「にこは動画でみたって言ってたわよ?」キョトンチカ

にこ「ちょっと絵里!」ワタワタ

海未「…動画?どういうことですか?」

にこ「…にこもよく知らないわ。たまたま見つけただけだから」

海未「どこでですか?」

にこ「…パソコンでよ」

海未「そういう意味ではなく。え?動画?いつ?どのような?す、すこし待ってください。頭の中を整理しますから」

海未(…あれ?それともあれ?なんで!?管理は徹底してたはずなのに!)

海未「…!にこはその動画をみたんですね!?」

にこ「え、ええ。そうよ」

海未「めちゃくちゃ恥ずかしいんですが」

にこ「そ、そうね」

海未「…死にます」

にこ「へこたれないで!」

絵里「ツーマンナーイ」

にこ「」スパーン!

絵里「んっ」

にこ「…マゾなの?」
76: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 01:14:33.76 ID:H+I3IKLt.net
海未「…はっ!相手は誰が映っていましたか!?」

にこ「そ、それが…。よくわからなかったのよ…」

絵里「にこは私というものがありながら海未ばかり見てたそうよ」

にこ「もー!どうして綾瀬さんがにこと海未の話に入ってくるの!」

絵里「あ、綾瀬さん…」ガーン

海未「…その、そういうの、恥ずかしいんですが///」

にこ「え!?あー、そ、その、お尻なんかはプリっとしてて良かったわよ!」
 
海未「…死にます」

にこ「諦めないで!」

絵里「ツーマンナーイ」

にこ「」スパーン!

海未「…にこ、今のはちょっと狙いましたね?」ジト

にこ「うっ」ギク

絵里「ありふれた痛みで堕ちそう♡」
77: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 01:17:45.31 ID:H+I3IKLt.net
にこ「そ、そうそう。胸が小さい人が相手だったわ」

海未(…となると、相手は>>80?それとも>>81…?)
80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 08:10:17.53 ID:iN5edZ83.net
81: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 08:15:10.10 ID:kW+XgsE5.net
ありさ
83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 15:11:33.96 ID:VxUwZPY4.net
海未(胸が小さい…。となると、凛か、亜里沙か、ですね…)

絵里「あーーーーっ!!」

うみにこ「」ビクッ

絵里「…失礼。なんでもないわ」

にこ「なんでもないわけないでしょ!」

絵里(3Pして尋問するの忘れてた…)

にこ「で、相手は誰なの?」

海未「へ?あ、いや、そんなの言えませんよ。相手に迷惑じゃないですか」

絵里(…?)


にこ「いいじゃないのー♪にこと海未との仲でしょー?」

海未「駄ー目ーでーすー」(そもそも私も誰だかわかりませんー)

絵里(……)

にこ「じゃあ最初の一文字だけ!ね!おねがぁい♡」

海未「にこのお願いは通じませーん」

にこ「だったらー、>>86するからぁ」
86: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 16:45:24.54 ID:pPuH0Dof.net
にこのこと好きにしていいから
87: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 22:08:45.38 ID:uLKwsikF.net
にこ「だったら、にこのこと好きにしていいからぁー♡」

海未「!?」

にこ(まぁ海未なら常識の範囲で返してくれるでしょ)

海未(…まさかにこからこのような誘いがあるとは…。ちっぱいマニアとしてはにこもいつか、と思っていましたがこんなにもはやくチャンスが)

絵里(なーんか引っ掛かるのよねぇー…)

海未(しかしその場合は誰としたかを言わなければなりません。…誰と…。亜里沙か、凛…。どちらなのか…)

にこ(…ちょっと海未、何を長々と悩んでんのよ。冗談よ?冗談なのよ?)

絵里(3P…。複数プレイ…。うーん。何に引っ掛かったのかしら…)
88: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 22:17:17.47 ID:H+I3IKLt.net
絵里(んー。もうここまででかかってるんだけどなー…)

絵里(……)

絵里(私ならこの答えを導きだせるはずよ!だって私は!)

絵里「かしこいかわいい!!」

うみにこ「!?」

希「えっるぃぃぃーちかぁ!!」

3人「!!!???」バッ

「…にゃ、にゃー」

絵里「なんだ、猫ね」

にこ「希の声に聞こえたんだけど…」

海未(むうう。今はそれよりも、どうすればにこを…)

……
茂み

凛「もー!希ちゃん!?ばれちゃうでしょー!?」

希「ご、ごめんな凛ちゃん。その、なんというか職業病というか…」

凛「むむむむ…。海未ちゃん達、何話してるんだろ…」

希「出てってまざればええやん」

凛「…だってこの方がおもしろいでしょ?」ニヤリ

希「ふふふ。お主も悪よのう…」ニヤリ
89: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 22:29:09.79 ID:H+I3IKLt.net
絵里「あーーー!!」

にこ「こ、今度は何よ…」

絵里「わかったわ!この違和感の正体が!」

絵里「海未、あなたはさっき、相手は誰が映っていたか、聞いたわよね?」

海未「は、はい。そうですね。それが何か…」

絵里「おかしいと思わない?だって、本当にえっちしたんだとしたら、海未が誰としたかわからないわけないじゃない」

にこ「い、言われてみれば変ね。相手が映っていたかどうかじゃなくて、『誰が』映っていたかを聞くのは」

海未「」ギクリ

絵里「つまり、思い当たる相手が二人以上いる…ってことかしら?海未」

海未(なんでこんなときだけ賢さを発揮してるんですかこの人は…!)

にこ(もしかして、海未、相当な遊び人…?やばいこと言っちゃったかも…)

絵里「そして胸が小さい子といえば…」

絵里「にこ!あなたね!」ズビシィッ!

にこ「ってぇ!ぬゎあんでよ!」

絵里「にこ、それでも私は気にしないわ…。最後に私の元に帰ってきてくれるなら…」

にこ「あんたの思考回路はどうなってんのよ!」


……
茂み

凛「…海未ちゃん、凛以外にも…?」

希「修羅場の予感…」
90: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 22:34:26.27 ID:H+I3IKLt.net
海未(やばいやばいやばい…)ダラダラ

凛「海未ちゃん!どういうこと!?」ガサッ!

海未「り、凛!?」

にこ「あ、あれ?希じゃないの?」

凛「ねぇ!海未ちゃん!こないだのあれは遊びだったの!?」

海未「いえ、あのですね…!」

にこ「な、何よ。どういうことなの…?」

絵里「こんがらがってきたわ…」

にこ「…まずい。ここも人だかりができてきたわ…。いったん>>92に移動しましょ」

絵里「動いてばっかりね」

……
茂み

希「出るタイミング逃したなぁ…」
92: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 22:38:29.71 ID:uG24CSo8.net
海未の家
93: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 22:53:39.66 ID:H+I3IKLt.net
にこ「海未の家に行くわ。良いわよね?」

海未「いえ、しかし…」

にこ「今の中心人物は恐らく海未よ。しっかり説明してもらうわ」

凛「フシャーッ」

絵里「おおう。よしよし。怖くないわよぉー」

海未「…わかりました」

海未(あぁ、どうしてこのようなことに…)

……
園田家

にこ「そうね。まずは、海未が誰としたのか、話してもらおうかしら」

絵里「言わないのならばにこと私で3Pしてでも聞き出すわ」

にこ「それ絵里がしたいだけじゃないの」

海未「…凛と、あとは一人だけです…」

凛「…やっぱり凛以外とも…」

にこ「それで?そのもう一人は誰なの?」

海未「…」チラ

絵里「?」

海未「言えません」

にこ「はぁー!?ここに来てそんなのが通るわけ…!」

凛「そうだよ!誰なの!?泥棒猫は!」

絵里(よく考えたら私あんまり関係ないわね。はやく終わらせて3Pしましょ3P)
94: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 23:10:34.33 ID:H+I3IKLt.net
海未「私が悪いのは重々承知しています。ですが、巻き込むわけには…」

絵里「!」ピコーン!

絵里「3Pターイム!?」

にこ「絵里…。男子中学生みたいなその性欲、今はすごく邪魔よ」

絵里「にこ、りん。あなたたちならわかるはずよ。エッチしてるとき、人は誰よりも素直になれるの」キリーチカ

凛「…それは、あるかも…」

にこ「えぇー…?」

絵里「でしょ?さ、レッツプレイ♪」

海未「…はぁっ!」シュバッ!

絵里「っ!?」バタン

凛「恐ろしく速い手刀、凛じゃなきゃ見逃しちゃうね」

にこ「ちょ!?絵里!?海未、あんた…!」

海未「命に別状はありません」

にこ「そんなこと言ったって…!」

海未(もう…。覚悟を決めます…)

海未「私が抱いたもう一人、それは…」

海未「亜里沙です」

凛「…亜里沙ちゃん…」

にこ「それは確かに絵里には聞かせられない…けど」

海未「さて、私は誰としたかを話しました。次はにこが言うことを聞く番ですね」

にこ「え?ちょ、ちょっと?」

海未「にこ、まずは>>95をしてください」
95: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 23:16:11.71 ID:h/Xh2v6k.net
私と凛の行為をそこで見ていてください
96: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 23:31:47.11 ID:H+I3IKLt.net
海未「にこ、まずは私と凛との行為をそこでみていてください」

にこ「な、なんでよ。今更あんなの無効よ無効。もうそういう状況じゃ…」

海未「…」シュバッ!

にこ「ひっ!」ビクッ

海未「言うことを聞いてくれないと、次は当てることになります」

にこ「あ、あぁ…」ショワァ…

海未「ふふ。その顔。素敵ですよ?」ニッコリ

海未「さ、凛。やりましょうか」

凛「は、はいぃ…♡」

凛(ダメにゃ…♡この海未ちゃん、ゾクゾクするぅ…♡)

……

希「なんやろ。ウチのスピリチュアルが告げてる…」

希「…。『>>97してみると>>99が起こる』か…。これにどういう意味が…」
97: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 23:35:29.15 ID:iN5edZ83.net
凛ニー
99: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 23:38:53.74 ID:KXTfsdR/.net
性感が凛とリンク
100: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 23:49:17.37 ID:H+I3IKLt.net
希「『凛ニーすると性感が凛とリンク』…なぁ」

希「凛ニー…」

希「ウチ、好きなこではしないんやけどな…」ハァ

希「凛ちゃんってばほーんと、罪作りやん。lily whiteでいっしょにいてもいっつも海未ちゃんのこと見てて。ウチの気持ちには全然気づかんで」

希「…でも、性感がリンク…?っていうのは…」

希「! もしかして、凛ちゃん、誰かとするんかなぁ…」

希「…海未ちゃんちやったっけ。とりあえず、見に行こう…かな」
105: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 20:08:12.88 ID:tbLgT9+/.net
園田家前

希「…ついた、けど…。さてさて、どうしたもんかな…」

希「ピンポーンお邪魔しまーす…ってのもなんか変な気がするし…」ブツブツ

海未母「あら?あなたは…」

希「へ?…わ!あ、いえ、すみません!えと、ウチ、いや、私…」アワアワ

海未母「たしか…、希さん、よね。うちの子に呼ばれたのかしら?」

希「あ、はい!そうですそうです!」

海未母「中にどうぞ。みなさんもう来ていますよ」

希「は、はい!お邪魔します!」

海未母「ふふ、海未にもたくさんの友達が出来てよかったわ。それじゃ、私はこれから買い物に行くから伝えておいてもらえるかしら?」

希「は、はーい!いってらっしゃいませー!」


希「…ふぅ。…嘘ついてしもた」

希「でも、とりあえず許可もらえたし、お邪魔しまーす…」ソローリ
106: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 20:26:19.19 ID:tbLgT9+/.net
海未部屋前(和室前)

希「そーっ…と」チラリ

希(この部屋、やな)

希(海未ちゃんと、凛ちゃん…。あれ?えりちが寝てる…。にこっちは…ここからやと見えない…)



海未「では凛。服を脱いでください」

凛「で、でも、にこちゃんも見てるし…」

にこ「……」

海未「問題ありません」

凛「はずかしいよ…///」

海未「それがいいのでしょう?」

凛「そんなわけ…!///」

海未「凛。これはお願いではなく命令です。服を脱ぎなさい」

凛「! わかりました…///」

凛(これは命令だから…。恥ずかしいけど、仕方ないから…)ヌギ…

にこ「海未、あんたちょっとおふざけが過ぎるんじゃない…?」

海未「もう何もかも手遅れです。引き返せません」

にこ「まだ間に合うわ。やり直せるわよ。今からでも全然…!」

海未「……」

海未「にこにも、後で相手になってもらいますので、そのつもりで」クルリ

にこ「海未!」

海未「凛、今日はとても可愛い下着ですね。そのひまわりのぱんつ、お似合いですよ」

凛「///」



希(凛ちゃんの体、キレイやな…。あの体をこれから海未ちゃんは…)

希(…ウチ、なんでこんなに興奮してるんやろ…)
107: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 20:31:42.40 ID:tbLgT9+/.net
凛「し、下着も脱ぐの?///」

海未「当然です。そんなに濡れていたらグチョグチョで気持ち悪いでしょう?」

凛「うぅ…///」

海未「にこも下着を脱いでいいですよ?濡れているのですから」

にこ「黙りなさい、下衆が…!もう少しあんたはまともだと思ってたのに…!」

海未「抑えていたのです。いろいろと。でもそれにもいつの日か限界が来る…。いえ、来てしまったのです」

海未「凛、せっかくですし下着を脱ぐ前に>>109をしてください」

凛「ふにゃあ…♡」
109: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 20:37:59.00 ID:7F7NTyl2.net
キス
110: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 20:52:46.01 ID:tbLgT9+/.net
海未「キスをしましょう、凛」

凛「うん…♡」

海未「素直な子は好きですよ♡」

凛「えへへ///」



希(普段はあんなに天真爛漫な凛ちゃんが、女の顔しとる…)クチュ…

希(あ…。手が、勝手に…)クチュ

希(…大好きな凛ちゃんが他の人にキスされてるのに…)クリッ

希「っ…♡」

希(とまんない…♡)クチュクチュ



凛(はぁーっ♡はぁー…♡あたまんなかぼーっとして…なにも考えられなくなる…♡)チュゥ

海未「ぷは。上手ですね。次は舌を出してくださいね」

凛「にゃあ♡」

凛「んちゅーっ♡」

凛「!?」キュン

凛(!?な、なに!?これ、キスとは違うの来てる!え?え?え???)

凛(やばっ!な、なにこれ…、イッちゃう!!)



希(ウチ、もう、イ…)

海未「」チラ

希「!?」

希(い、いまこっちを見たような…)ゾクリ

凛「んっ…」

凛(あ、あれ?なんで?もうちょっとでイケそうだったのに…。急になくなった…)

海未「では…。次は>>112をしてください」

凛「う、うん」

凛(はやくイキたいよ…)
112: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 21:28:57.46 ID:JRUVjYcC.net
にこと今やったようにキス
113: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 22:36:38.37 ID:tbLgT9+/.net
海未「次は、いまやったのと同じように、にこにもキスしてあげてください」

凛「に、にこちゃんと?」

にこ「断っていいのよ、凛」

凛(…キスしたら、またさっきの、クルかな…)

凛「にこちゃん、ごめんね」

凛「んっ」チュゥ

にこ(口んなかに入ってくる…。ザラザラしてんのね、凛の舌って)

にこ(? 何?にこの手を掴んで…)

凛「ぷはっ!…ねぇ…、凛もう我慢できない…♡触って…♡」

にこ「凛…」

凛(イキたいイキたいイキたい…)ムズムズ

海未「ダメですよ、凛。まだです」

凛「そ、そんなぁ…!」

海未「…そうですね。次は…」

にこ「まだなんかするつもり!?」

海未「私、焦らしプレイが一番好きなんです」ニッコリ

海未「次はにこに>>114してもらいましょうか」
114: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 22:38:58.23 ID:oMBcbcDX.net
全身舐める
115: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 22:40:22.90 ID:tbLgT9+/.net
海未「にこには全身を舐めてもらいます」

にこ「…誰の全身をなめろって言うのよ」

海未「>>116です」
116: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 22:44:39.05 ID:PyqVjxxF.net
117: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:10:51.39 ID:tbLgT9+/.net
海未「希です」


希「!?」


にこ「はぁ?希なんていないじゃない」

海未「と、言っていますが。どこにいくのですか?希」

希「あ、はははは…」

にこりん「希(ちゃん)!?」

希「お、お邪魔してます…」

海未「全く…。気づかないとでも思っていたのですか?」

希「やー…。ははは…。それじゃ、失礼しましたぁー!」ダッ!

海未「凛。希をつれてきてください」

凛「了解にゃ!」ダッ!

海未「ふぅ。困ったものですね」
118: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:11:27.38 ID:tbLgT9+/.net
にこ「…舐めたりしないわよ、私」

海未「往生際が悪いですね。にこの生殺与奪の権利は私にある、ということをお忘れですか?」

にこ「っ!」ビク

海未「…電話で、にこに話がある、と私は言いましたよね」

海未「あれは、口実です。にこに会いたかったんです」

にこ「……」

海未「…脱がしますね」スッ

にこ「さ、触んないで!」バシッ!

海未「…無駄な抵抗を」ガシッ

にこ(力強っ!?…くっ!両手の手首を捕まれたら、どうしようもないじゃない…!)

海未「ボタン、外します」プチ

にこ「やめてよっ!」

海未「…」プチ

にこ「海未!なんで?あんたはこんなことする人じゃ無いでしょ!?」

海未「まだ説得しようと思うのですか。にこらしいですね」プチ

海未(私はこんなことする人だった…。それだけのことです)プチ

海未(みなが理想とする大和撫子…。そうなれたら良かった。でも、きっと、それがプレッシャーになっていたのでしょう)プチ

海未(…これもまた、言い訳ですね)プチ

海未「…可愛らしいブラですね」

にこ「ふん」ギリッ
119: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:18:40.41 ID:tbLgT9+/.net
海未「…」ホックパチッ

ぷるっ

海未「素敵です」

海未「小さくても必死に主張するにこの胸が、たまらなくいとおしいです」

海未「摘んでしまうのが、もったいないくらい」キュッ

にこ「っ…!」

海未「声、出してくださいよ」ギュッ

にこ「ん…!」

海未「こんなに感じてるのに、いじらしいことを」

にこ「はぁっ…。全然気持ちよくないわ。あんたセンスないんじゃない?」

海未「…いつまで言ってられますかね」クリクリ

にこ「…っ…」
122: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 22:27:11.74 ID:AGZ183Fs.net
……
タッタッタッタッ…

希「っはぁっ…、はぁっ…!」チラ

凛「待ぁーつにゃあ~!!」ダダダ

希「ま、待つわけないやん…!」マガリ

希「…うっそぉ…」ピタッ

凛「そっちは行き止まりだにゃー!」ダダダ

希(このままじゃ確実に追い付かれる…!)ハァッ…

希(まだ距離はある…いちかばちか…!)

希「んっ♡」クチュ

凛「ふにゃあっ♡!?」

希(ウチの運のよさにはほんま助けれっぱなしや。いちかばちか、なーんて言いつつ、100%確信あったけど…。やっぱり、まだ性感リンクしてたんやね…)

凛(なに!?またキュンキュン来た…!)キョロキョロ

希(…ウチの手で凛ちゃんをイカせてあげる♡)クチュクチュ

凛「にゃあん…♡」

凛「…!…の、希ちゃん捕まえないと…!はぁっ♡」

凛「この角の向こうに、にゃ♡いるのは、わかってるん、だからね!」ヨロヨロ

希(はやく、はやくはやくイッて…!)クチュクリキュッ

希「んんんんっ♡♡」

凛「にゃふぅっー♡」

凛「み、みつけた、よ?希ちゃん…♡」

希「あはは…間に合わんかったわ…」
123: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 22:35:51.61 ID:AGZ183Fs.net
希「なぁ凛ちゃん。取引せぇへん?」

凛「…取引?」

希「そう。もし見逃してくれたら、凛ちゃんをとーっても気持ちよくしてあげる」

凛「き、気持ちよく…?」

希「さっきからずーっと、あとちょっとのところでイケない状態が続いてるやん?」

凛「な、なんでそれを知ってるにゃ///」

希「あれな?ウチがやってん」

凛「スピリチュアルにゃ」

希「あれをウチがしてあげる。その時に凛ちゃんが自分でもしてたら、どうなるやろな」

凛「アレが来てるときに更に自分でも…?そ、そんなことしたら…」

希「きっと、2倍気持ちよくなれる…。と、思うんよ」

凛「2倍…///」ゴクリ

希「どうやろ。悪い条件じゃないと思うよ?他では味わえないくらい快感かも♡」

凛「…>>124
124: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 22:40:45.34 ID:YHmoeTvj.net
凛を気持ちよくしてほしいにゃ
126: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 22:53:25.97 ID:AGZ183Fs.net
凛「…凛を気持ちよくしてほしいにゃ」

希「と、いうことは?」

凛「希ちゃんを見逃すから、凛にアレをしてください!///」

希「交渉成立やね♪」

凛「でも、海未ちゃんには内緒にして欲しいにゃ…」

希「うーん、どうしようかなー」

希「じゃーあ、その代わりに、協力して欲しいことがあるんやけど…、どうかな?」

凛「な、なになに?」

希「にこっちを助けるのを手伝って欲しいんよ」

凛「それは…。できないよ。海未ちゃんに対する裏切りになっちゃう」

希「そう?じゃ、取引は不成立。あーあ、残念やなぁー(>_<)凛ちゃんはあの気持ちよさを、生涯味わうことはないんやろなぁー」

凛「な!?ずるいよ!」

希「ちょっとだけ海未ちゃんの気をそらすだけでええから。それなら裏切りにはならないって。ね?」

凛「うぅ…。それくらいなら…」

希「よし!じゃあすぐにいこか。にこっちの貞操を守らんとね」

凛「待って!先にイカせて!…くださいにゃ」

希「だーめ。終わってからね♡」

凛「みんな意地悪にゃ…」
127: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 22:58:53.42 ID:AGZ183Fs.net
テクテク

希(しかし…まだなんの策も浮かんでないんよね…)

希「なぁ凛ちゃん。海未ちゃんの弱点とか知ってたりする?」

凛「!」

凛「…知らないにゃ」クチブエピュー

希(素直な子やね…。ほんと)

希「教えてくれたら、もーっとイイコトあるかもなー」

凛「希ちゃんってほんとイジワル!知らないってば」

凛(言えないよ…。海未ちゃんが>>128に弱いなんて…)
128: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:27:55.81 ID:3P4k0RA/.net
巨乳
129: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:39:03.64 ID:DlL0eXWK.net
凛(言えないよ。海未ちゃんがほんとは巨乳に弱いなんて…)

凛(凛知ってるよ。海未ちゃんが小さい胸の子が好きなのはコンプレックスの裏返しだって)

凛(海未ちゃんがあんなに攻め攻めなのは壊れそうな心を必死で隠すためだって)

凛(海未ちゃんを助けてあげられるのは凛じゃないってことも、凛、知ってるよ)

凛「…希ちゃんは、にこちゃんを助けるんだよね?」グスグス

希「うん?そうやけど…。それがどうかしたん?」チラ

希(泣いてる…?)

凛「…ううん。なんでもない」

凛「……」

希「…大丈夫。きっと元通りになるよ」

凛「!」

希「ウチに任しとき!」グッ!

凛「…うんっ!」グシグシ

希「ところで、後学のために凛ちゃんの弱点も聞いときたいんやけど…」

凛「教えないよーっだ!」
130: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:51:05.30 ID:DlL0eXWK.net
……
絵里「う…うぅん…」

絵里(…あれ?私、なんで床で寝てるのかしら…)

絵里(たしか、海未の家に来て…)

絵里(…隣の部屋から海未の声がする)


海未「そろそろ限界なのではないですか?こんなにピンと立たせて」グニィ

にこ「ふぁぁ…♡…こんなの、全然…!絵里の方がよっぽどテクニシャンよ…!」

海未「…。まぁ、ツンが長いほどデレた時の喜びはひとしおでしょう。じっくり、時間をかけて遊んであげます」

海未「凛は、失敗したのですかね…。それとも希にたぶらかれたか…」


絵里(こ、これは…!)ノゾキーチカ



絵里(なんで私のいない間に二人で始めてるのよ!?)

絵里(え?新手の放置プレイ?3Pしようってあれほど言ってたのにこの仕打ち?あんまりじゃない?)

絵里(にこもまんざらじゃなさそうだし…。あーあー、今にもイキそうな顔してるわ)

絵里(…これは二人にはお仕置きが必要ね♪)ニヤーチカ
135: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 22:05:37.78 ID:bA8AQ/o2.net
海未「そろそろオモチャでも投入しますかね」

にこ「はぁっ…。はぁっ…」グッタリ


凛「た、ただいま戻ったにゃ!」ガラッ

凛「希ちゃんを無事、捕らえてきたよ!」

希「くぅ…。あとちょっとやったのに逃げ切れんかった…」


海未「おや、いいタイミングですね」

海未「二人にもにこがイクその瞬間を見届けてもらいましょう」カチッ

ヴィィィィィン…

にこ「ひっ!」

海未「これを当てられてもまだ強気なことが言えるか…。見物ですね」

希「それって海未ちゃんの私物?普段使ってるん?」

海未「なっ!そんなことはどうでもいいでしょう!///凛!希の口をあなたの口で塞いでおきなさい!」

凛「え!?ええっ!?」
136: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 22:16:37.01 ID:bA8AQ/o2.net
凛(ど、どうしよう…)

希(平気やから、今は海未ちゃんの言う通りにしとき)

凛(こいつ直接脳内に…!)

凛(ごめんね希ちゃん)

凛「…お喋りは…だめ、にゃ」チュウッ

希「んっ♡」

凛(こ、これは…)

希(凛ちゃんの気持ちいいのがウチにも伝わってくる…!逆にも流れてくるんか…!)

凛(このキス気持ちいい…♡もっと、欲しい…♡)ジュルルル

希(まずい…!凛ちゃんが溺れかけとる…!ウチもこのままじゃ…♡)



海未「希さえおさえてしまえばこちらのものです。にこ、お覚悟を…」

にこ「……」

にこ(もう、ダメ…かな)

にこ(気持ちよく…なりたいな…)

海未「もう抵抗する気力も無いようですね…」



希(あかん…!どうしたら…♡)チラ

絵里(…あら、ハロー希。盛り上がってるわね!)ホフクゼンシンチカ

希(…えりち!?なにしとるん!?)

絵里(ふふ。希驚いてるわね…。さて、>>138でうみとにこにはお仕置きよぉー♪)
138: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 22:24:57.27 ID:PxmdRqna.net
わかったチカ
142: >>1「どうしよ…」(庭)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 22:39:52.56 ID:bA8AQ/o2.net
①絵里「わかったチカ!」
 全員「!?」
 …ルート
or
②絵里(後ろから海未のwonderzoneをラブアローシュートでハートブレイクさせるわ!)…ルート
or
③絵里「再安価でおしおきよぉ!」…ルート

安価下
143: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 22:45:01.00 ID:Q0DTWFBJ.net
1、いってみよ
144: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 22:58:50.70 ID:Xvlrzb3e.net
絵里「わかったチカ!」ガバッ!

全員「!?」

海未「な!?絵里、いつの間に!」

凛「はっ!?あ、危うく夢中になるとこだったにゃ」バッ!

希「ぅえっ!?えりち、ちょっ、はぁ!?」

にこ(…絵里、ありがと。目が覚めたわ)

絵里「…あ、なんでもないわ。続けて」

希「いやいやいや、おかしいやん!なんでここまで匍匐前進で来てそうなるん!?チカってなに!?」

絵里「スピリチュアルよね」

希「違うけど!?」

海未「あなたたちがいると私のペースが狂います!なんなんですかもう!」

にこ(今よ!)バッ!

海未「しまっ…!」

希「にこっち!」ダキッ

にこ「っふふ…。もう好きなようにはさせないんだから!」

希「…結果オーライやね」

凛(えー…。海未ちゃんが巨乳に弱いって、精神的になの…?)
146: ラストアンカー(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:12:14.25 ID:Xvlrzb3e.net
希「さて、海未ちゃん。ちょーっとおいたが過ぎてるやん?」

海未「2対3…。多勢に無勢ですか」

希「4対1…かもしれんよ?」

凛「希ちゃん!?」

海未「…寝返りましたね、凛」

凛「え、あの、その…!」

希「もう凛ちゃんはウチの虜や。お縄につく時っちゅーわけやね」

海未「……」

絵里(…5Pするって流れじゃなさそうね…)

海未「万策つきました…。降参です」

にこ「海未…」

海未「もともと破綻の見えていた道です。あそこまでにこと遊べたことでよしとしましょう」

凛「…にこちゃんは海未ちゃんをどうするの?」

にこ「どう、って?」

希「まぁ色々されたのはにこっちやし、海未ちゃんの処遇はにこっちに任せよか」

にこ「…そんなこと言われても…」

絵里「よくわからないけど、5Pする罰ってのはどうかしら」

にこ「よくわからないなら口を挟まないで。それはないから」

にこ「そうね…。>>146で許すわ」
147: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:13:27.12 ID:Xvlrzb3e.net
安価下!ポンコツチカ!
148: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:15:51.21 ID:/7bCfeW4.net
全員を気持ちよくさせるまでご奉仕
150: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:25:27.20 ID:Xvlrzb3e.net
にこ「全員を気持ちよくさせるまでご奉仕したら許すわ」

海未「そ、それだけで…?」

絵里「なんだかんだいって似たようなものじゃない」

にこ「全然違うわよ」

希「いいの?にこっち。お漏らしまでさせられてるのに」

にこ「なんであんたがそれ知ってんのよ!///」

希「そのあたりからおったんよ」

にこ「見てないで助けてくれれば良かったのに、何やってたのよ」

希「…凛ニー」

凛「のっぞみちゃん!?」

絵里「凛ニー、捗るわよね」

凛「絵里ちゃん!?」

にこ「いやほんとになにやってんのよ…」
151: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:36:06.58 ID:Xvlrzb3e.net
海未「ちょっと待ってください!そんな、それだけでいいんですか!?こんなに酷いことをした私に…」

にこ「…あのときああいったけど、海未のテクは…その…、良かった…から///」

希「えりちより?」

にこ「うん」

絵里「」

凛「海未ちゃん上手いよね…」

海未「まぁその…培ったものがありますし…」

にこ「ただし、全員イカせるまで海未は気持ちよくなっちゃダメよ」

海未「わ、わかりました…。ご奉仕ですから」
152: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:44:18.22 ID:Xvlrzb3e.net
にこ「よし!なら今日は解散!また明日学校でね」

海未「へ?」

絵里「」

にこ「ほら、絵里、しっかりして!帰るわよ!」ヨイショ

絵里「…気持ちよくなかった?」

にこ「いつまで気にしてんのよ!帰ったらさせてあげるから元気出してったら」

絵里「ギンギンになったわ」

にこ「あんたにはなにが生えてんのよ…」

絵里「気持ちの問題」

希「じゃ、ウチらもいこか」

凛「あ!やっと!?やっと!?」

希「せやでー?もう、気絶しちゃうくらいのをプレゼントするよー」

凛「よ、よし!帰ろ!はやく、はやく!」

希「せっかちさんやね。ウチも楽しみ♡」
153: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:45:24.24 ID:Xvlrzb3e.net
海未「え?あの…。い、いまではないのですか?」

希「そろそろ海未ちゃんのお母さんも帰ってくる頃やん?」

にこ「もう夜も遅いし。海未、ちゃんと約束は守ってよね」

にこ「ここにいるみんなをイカすそのときまで、絶対に…。イッちゃだめだから♡」

海未「無理です無理です!そんなの…」

にこ「罰なんだから無理でもなんでもやるのよ」

希「…じゃあ、海未ちゃんがずるしないように…っと」

希「スピリチュアルパワーを、海未ちゃんからにこっちに半ぷっしゅ♡」

希「これで海未ちゃんの性感をにこっちに一方的に繋いだから、海未ちゃんがずるして気持ちよくなったらすぐわかるで?」

凛「はやくいこー?」

絵里「いこー?」

にこ「そういうわけだから…じゃあね。海未」

海未(にこ滅茶苦茶怒ってるじゃないですか…!)
154: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:50:03.23 ID:Xvlrzb3e.net
海未「…」ポツーン

プルルル…プルルル…

海未「…メールですか」ピッ

『from亜里沙 海未さん!今から、ご一緒しませんか!急にお姉ちゃんがお泊まりに行くことになったので!』

海未「…私は、なんてことをしてしまったのでしょう…」ウナダレ
155: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:52:59.59 ID:Xvlrzb3e.net
このままグダグダやってもあれなんで完!
お付き合いいただきまことに申し訳ありませんでした海未ちゃんごめん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『>>2「どうしよ…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。