千歌「ダイヤさんにとって…私って何なの?」ダイヤ「それは……!」[安価]

シェアする

千歌-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:41:58.85 ID:dY0/kCCe.net
屋上・練習中


ダイヤ「ですから鞠莉さん!~~~で!~~~…」

千歌(あ、鞠莉さん羨ましいな……ダイヤさんに怒られて…それを果南ちゃんは軽くあしらって)ポーッ


千歌(黒澤ダイヤさん、生徒会長、私の先輩)

千歌(私がスクールアイドルを始める時、ダイヤさんは真っ向から反対したんだけど)

千歌(本当は陰でこっそり応援しててくれて、本当はスクールアイドルが大好きで……)

千歌(で……私とは趣味が合うからよくお喋りしたり一緒に遊びに行ったり……まぁしてるけど)

元スレ: 千歌「ダイヤさんにとって…私って何なの?」ダイヤ「それは……!」[安価]

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:44:04.19 ID:dY0/kCCe.net
千歌(でも、それだけの関係なんだよね……)

千歌(同じメンバー同士とは言え、ダイヤさんにとってルビィちゃんは妹、果南ちゃんと、鞠莉さんは幼馴染)ジーッ…

ダイヤ「~~~!」ギャーギャー 鞠莉「~~~」ケラケラ

千歌(この3人は私を含む他の5人よりも、ダイヤさんと深く繋がっているんだ……)

千歌(私は……そういうのは一切ない、ダイヤさんと仲の良い、普通な先輩後輩、何も……)シュン
4: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:45:13.23 ID:dY0/kCCe.net
鞠莉(ん?ちかっちどうしたんだろ……)チラッ

鞠莉「なんか私の方見てた気がするのよね~」テクテク

ダイヤ「ちょっと鞠莉さん!まだ私の話は終わって……」



千歌「はぁ……ダイヤさんにとって……私って何?」ボソッ

鞠莉「ちか……っち?」

千歌「ふぇっ!?ま、鞠莉さん!!!」

千歌(まずい!聞かれたかな……?)

鞠莉「………」

鞠莉「ど~~~したのぉ、ねぇ」

千歌「なんでもない!なんでもないです!さあ練習しましょう練習!」

鞠莉「ねぇねぇ、教えてよ~……誰にも言わないわよ?」ボソッ

千歌「(やっぱり聞かれて…?)な、なんでもないんです~~~!!!」
6: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:46:35.26 ID:dY0/kCCe.net
千歌(誰か助けて~~~!!!)
 


ダイヤ「こら!千歌さん!鞠莉さん!何ふざけてるんです!」

 

鞠莉「ソーリー…でもね、今ちかっちと大事なお話を…」

ダイヤ「そんなのは練習の後でもいいでしょう!さあ練習に戻ってくださいまし!}

鞠莉「は~い……」

鞠莉(あ~あ、いい所だったのにぃ、ちかっちはどう……)チラッ

千歌「……//////」

鞠莉(ん?ニヤニヤしてる?)


千歌(今……ダイヤさん、鞠莉さんよりも私の方を先に呼んだなぁ…///)ニヤニヤ


鞠莉(……これは相当重症ね…何となくだけど)
7: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:49:16.98 ID:dY0/kCCe.net
ダイヤ「…・…」


ダイヤ(今、千歌さんと鞠莉さんがお話していましたが)

ダイヤ(私には、聞かせられない話なの……?)

ダイヤ(何やら千歌さんの悩みのようですが)

ダイヤ(千歌さんは……私に相談せずに鞠莉さんに相談するのですね……)


ダイヤ「……」


ダイヤ「淋しい、のですかね……」
9: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:52:32.96 ID:dY0/kCCe.net
ダイヤ(悩みを相談される相手が私ではなく鞠莉さん)

ダイヤ(千歌さんとは、Aqoursの中で一番親しいし、絡みがあると思っていましたが……)

ダイヤ(当の千歌さんにとっては、私は先輩の一人。心を開いて話せる相手は、鞠莉さんだったのですね……)


ダイヤ(……そういえば果南さんは千歌さんの幼馴染でしたか)


ダイヤ「なんだか私……千歌さんにとって……何なんでしょうかね」ボソッ


ルビィ「おねいちゃぁ……?」
11: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:54:41.04 ID:dY0/kCCe.net
ダイヤ「……!ルビィ!」

ルビィ「おねいちゃぁ、今すごく泣きそうな顔してさ」

ダイヤ「……」ダラダラ

ルビィ「お姉ちゃんは千歌ちゃんにとって……て」


ルビィ「……千歌ちゃんと何があったの?」

ダイヤ「……こんな事、誰にも話せません」

ダイヤ「このような気持ち、誰かに話す事など……!」
12: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 21:56:17.99 ID:dY0/kCCe.net
ルビィ「関係あるよっ!!!」ドンッ

ダイヤ「!!!」ビクンッ

ルビィ「おねえちゃぁは私の大事なおねえちゃぁなんだもん……」

ルビィ「ねぇ、悩んでるんだったらさ、お話してよ、ルビィに」

ルビィ「誰にも話さないからさ」


ダイヤ「……ここでは話し辛いので帰ってから話します」
15: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:00:26.83 ID:dY0/kCCe.net
その夜

千歌(……ダイヤさん)ボーッ

千歌(……//////)

千歌「はぁ……」

千歌「ダイヤさんとのいい事と悪い事」

千歌「交互に思い浮かんじゃうなぁ……」


千歌「やっぱりさ、幼馴染とか家族とかには敵わないよねぇ…」


コツンコツン


千歌「ん……?」
16: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:03:43.31 ID:dY0/kCCe.net
千歌(あっ……梨子ちゃんだ)

ガラッ

千歌「ん……どうしたの?」ニコッ

梨子「……千歌ちゃんさ」

千歌「ん?」

梨子「なんか最近すっごく変よ?」

千歌「…!(どうして?そんなに私ってわかりやすいかな……みんなの前では隠せたつもり

千歌「……なんでもないよ」

梨子「そう……」

梨子「……じゃあどうして」

梨子「どうして千歌ちゃんの頬に、涙が流れた後があるの?」


千歌「えっ……なっなっ…(え?今泣いてたっけ…!)」アセアセサワサワ
18: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:06:20.18 ID:dY0/kCCe.net
梨子「ふふっ…」クスクス

その時、私は梨子ちゃんにカマをかけられた事に気づきました

梨子「本当、千歌ちゃんは隠し事が下手ね」クスクス

千歌「うぅ……///」

梨子「話を戻すけど、最近すごく変、千歌ちゃんが」

梨子「すごく暗い顔をしたと思ったら顔赤くしてニヤニヤしたり……」

千歌「……」

梨子「一体……何があったの?」

千歌「……」

梨子「絶対変よ?ねぇ…教えてくれない?」

千歌「>>20
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:08:00.18 ID:9C2+G0QV.net
オッケー牧場
21: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:13:49.20 ID:dY0/kCCe.net
千歌「……オッケー牧場」


梨子「……ふふっ、何言ってるの?」クスクス

千歌「えへへ……いやなんだかさ、気が楽になったんだ」

千歌「多分梨子ちゃんに聞かれなかったら誰にも言ってなかったよ」

千歌(多分鞠莉さんも気づいてるだろうけど)


千歌「今私が思ってる感じてる事は、誰にも言えない、その相手には尚更言えない」

千歌「そういう悩み、なんだ……」


梨子「……辛い思いしてたのね」


千歌「うん……いや、私の身勝手なだけなんだけどね」

千歌「私が……嫉妬深すぎるだけの話」

千歌(そう……私はダイヤさんの瞳にどんな風に映っているのか)
22: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:18:50.62 ID:dY0/kCCe.net
千歌「だからね、言うよ」

梨子「うんっ…!」


千歌「私、私ね……」

千歌「私にとってのその人は、大切な人なんだけどね」


梨子「うん…」


千歌「その人にとっての私はね……その人の幼馴染や、肉親と比べたら、何もない」

千歌「何も繋がりのない…・…そう考えるようになったら胸がキュッとするぐらい苦しくなっちゃってね」


梨子「うん…うん…」


千歌「こんな感情抱いてる事、その人には言えるわけないし、その人にとっても迷惑だろうし……」

千歌「だから……すごく辛い思いしてるんだ」


梨子「そんなっ…それじゃ千歌ちゃんは…」

千歌「えへへ、心配してくれてありがとう梨子ちゃん♪」

千歌「梨子ちゃんに話したら、すっごく気が楽になったよ、ありがとう」
23: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:21:14.79 ID:dY0/kCCe.net
千歌「じゃあ、今日は遅いからもう寝るね…」

梨子「うん……ねぇ千歌ちゃん」

千歌「……」

梨子「肝心な事言い忘れてるわよ?」


梨子「誰が好きなの?」


千歌「……(それは言いづらすぎるよ~!}」

梨子「なら私が当ててあげようか?」

千歌「……」

梨子「>>25
25: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:24:00.79 ID:LpAoqZxN.net
私でしょ(迫真)
29: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:27:40.91 ID:dY0/kCCe.net
梨子「う~ん…そうねー……私でしょ?」ニヤッ

千歌「……ごめん、違う」

梨子「うん、今のは冗談で言ったのよ?冗談で」

梨子(ていうか私に幼馴染とかいないからね……ていうかその条件ならさ…)


千歌「……」


梨子「……言いづらかったら別に言わなくていいのよ?」

梨子「そこまで言わせるつもりは……」

千歌「>>31
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:29:02.58 ID:DZvQpFlF.net
当ててみてよ
32: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:32:20.12 ID:dY0/kCCe.net
千歌「当ててみてよ」

梨子「!?」

千歌「……当ててみて」


梨子「……当てなきゃだめ?」

千歌「うん……」


千歌(私からは言えない…!)
33: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:35:43.05 ID:dY0/kCCe.net
梨子「分かったわ……」

千歌「……」


梨子「曜ちゃん」

千歌「……」

梨子「果南さん?」

千歌「……」ピク

梨子「……鞠莉さん?、いや、ルビィちゃんかも…」

千歌「……!」ピクッ


梨子(これは……)


梨子「……ダイヤさん?」


千歌「……」


梨子「……違う?」

梨子「それじゃぁはなま」千歌「待って」


梨子(…やっぱりね)


千歌「…せーかいだよ?おめでとう…」
34: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:40:07.09 ID:dY0/kCCe.net
梨子「……そう」

梨子「やっぱりダイヤさん絡みだったのね」


千歌「やっぱりって……なに?」


梨子「いや、幼馴染と肉親って所で大体予想が付いたよ?」

千歌「あっ…(ほんと私バカチカじゃん…そう言われれば…分かるよね)

千歌「私…ヘンなのかな」

梨子「……」

千歌「女の子が…女の子に対してこういう気持ちになっちゃうのって…」

梨子「>>36
36: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:42:53.66 ID:IpSLzt9g.net
千歌ちゃん、ナカーマ
38: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:50:24.56 ID:dY0/kCCe.net
梨子「千歌ちゃんっ!!!」クワッ

千歌「は、はいっ!」

梨子「あなた……!」プルプル

千歌(気持ち悪いとか言われちゃうかな…しょうがないよね)


梨子「仲間、よ?仲間♡私と♡」

梨子「私もね、女の子しか愛せないの♡」


千歌「……私はダイヤさんだけ特別だもん」



梨子「そう…でもね、私は結構びっくりしたのよ?」

千歌「…?」


梨子「どうして千歌ちゃんがダイヤさんの事をこんなに思ってるかって」

梨子「ルビィちゃんや果南さんや鞠莉さんに嫉妬するって言っても……第一千歌ちゃんとダイヤさんいつも言い争いしてるでしょ?」

梨子「ハッキリ言ってあまり馬が合わない用に見え」千歌「そんな事言わないでよ!!!」
39: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:52:18.82 ID:dY0/kCCe.net
梨子「……」ビクッ


千歌「ダイヤさん私が合わないとかそんな事…」

千歌「気にしてるんだよ…?いつもいつもいつも…」


千歌「鞠莉さんみたいに気軽に軽口言い合ったりさ、ルビィちゃんみたいにいっぱい甘やかされたり」

千歌「そういうのがない私は……ダイヤさんにとっては何ともないって思って…」
40: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 22:58:55.95 ID:dY0/kCCe.net
梨子「……ごめん、そんな事言って」

千歌「いいよ……ごめんね、私の事心配させて」

千歌「もう寝よう?遅いし。おやすみ…」

梨子「うん…」


ピシャッ


梨子(う~んこれは相当重症ね、千歌ちゃんは…)

梨子(そう言われて考えてみると、千歌ちゃんがダイヤさんと喋ってる時、若干千歌ちゃん舞い上がってたような…)

梨子(なんか千歌ちゃん、授業中に外見てるから私も外見てみたら、3年生が体育してたり……)

梨子(この前なんてデュエットがダイヤさんの相手がルビィちゃんに決まった後、数日露骨に口数が少なくなってたし…)


梨子「ていうか思い返せば返すほどこれだけサインあったのね……」

梨子「ていうか他のみんなは気づいているのか気づいていないのか……」prrrr

梨子「ん?電話?」


ルビィ『梨子さん、夜分遅くすみません』

梨子「いや、別にいいのよ?」

ルビィ『ところでとても大切なお話があるんです…おねいちゃぁと千歌ちゃんの事で…』

梨子「……!」
41: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:06:59.49 ID:dY0/kCCe.net
―――
    ―――
        ―――


梨子「あっそうだ!千歌ちゃん」

千歌「ん……なぁに?」

梨子「この後の休み時間さ、鞠莉さんが理事長室来てくれって」

千歌(なんだろう……もしかして昨日の事じゃ)

千歌「……梨子ちゃんは来ないの?」

梨子「いや?千歌ちゃん1人だけで来てって言ってたわ」

千歌「……」


梨子「…なんだか知らないけど頑張ってね」

千歌(……一体何言われるんだろうな)
42: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:11:20.71 ID:dY0/kCCe.net
鞠莉「ハーイ、ダ~イヤ!」ポンッ

ダイヤ「……何ですの?」ギロッ

鞠莉「ちょっとこの後、休み時間、理事長室来てくれない?」

ダイヤ「……ここじゃダメですか?」

鞠莉「ウーン…そういうじゃダメなのよ~ダイヤだけにしか聞かせられない話だし」

ダイヤ「……鞠莉さんの言う事はあまり信じたくありませんのよ?」

鞠莉「怖~い!イヤなんだか冷たいじゃないの~」

ダイヤ「それは鞠莉さんが悪いんですのよ」


鞠莉(ほんと……ダイヤは本当にお馬鹿よね)

ダイヤ(鞠莉さんと……千歌さんが悪いんです)
43: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:12:57.72 ID:dY0/kCCe.net
理事長室


ダイヤ「さて、お話とはなんですの?」

鞠莉「う~ん…それはねええと……」

ダイヤ「……」ギロリ

鞠莉(Oh,怖い怖い)


鞠莉「……あっそうだわ」

鞠莉「ちょっと持ってくるもがあるから、ちょっと待っててくれる?」

ダイヤ「私も手伝っても…」

鞠莉「いいのいいの!すぐ戻ってくるから!」ガチャッ
45: 訂正(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:16:14.33 ID:dY0/kCCe.net


10分後


ダイヤ(一体全体いつ戻ってくるのです!?)プンスコ

ダイヤ(待ってられませんからさっさと勝手に…)

ガチャッt

ダイヤ「噂をすれば……鞠莉さん!?あなたねぇ!いっ……」

千歌「……」

ダイヤ「……千歌さん?」


ダイヤ(もう一人の悪い人が…今一番会いづらい人…)
46: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:21:10.32 ID:dY0/kCCe.net


千歌(…来る途中で鞠莉さんに会って色々喋られた)

千歌(鞠莉さんは『大丈夫!ちかっちは絶対大丈夫よ!』って…)

千歌(『思ってる事聞きたい事は全部ぶつけてしまいなさい!』って…)チラッ


ダイヤ「………」


千歌(やっぱり全部分かってたんじゃん…)

千歌(どうしよう……言っちゃえばいいのかな…でもどんな反応されるか)


シーン…


千歌(辛い…!沈黙が!……なんか言わなきゃ…なんか)


千歌「あのっ……!」

ダイヤ「……」ビクッ

千歌「ダイヤさんにとって…私って……何なの?どういう存在なんですか?」

ダイヤ「~~~!」
47: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:25:50.96 ID:dY0/kCCe.net
ダイヤ「……///」プルプル

千歌(……勢い余って簡単に言い過ぎた!)

千歌(鞠莉さんやルビィちゃんがどうだから私って何なの~?って風に聞きたかったのに…)

千歌(こんなんじゃ答えづらいよね?ほら…ダイヤさんは唖然とした顔で…)チラッ


ダイヤ「//////」プルプル


千歌「ほら、顔赤くして震えてるよ…相当気分悪くしちゃったんだろうな、やっぱダメだ私…」



ダイヤ「…千歌さん

千歌「はい…」

ダイヤ「私にとって千歌さんがどういう存在か……それが聞きたいのですのね」

千歌「……はい」

ダイヤ「……もし」

ダイヤ「もしその事を正直に伝えても、千歌さんは嫌な思いをしても、起こらないでくれますか?」

千歌(ほら……ダイヤさんは私の事)

千歌「いいんです……ありのままの気持ちを言ってください」


ダイヤ「!!!分かりました///では///」


ダイヤ私にとって千歌さんは―――」

千歌「っ…!!!」

ダイヤ「>>49
49: 名無しで叶える物語(りんご)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:31:25.31 ID:elPn83ZX.net
結婚したい人
50: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:38:52.86 ID:dY0/kCCe.net
ダイヤ「っ…♡!!!」カァァァァ

千歌(……顔を赤らめて?)

ダイヤ「笑ってもいいのですよ…?」

ダイヤ「私にとっての千歌さんは……結婚したい人です♡」


千歌「!?(え?今なんて……)」

千歌「……(待って待って待って!冗談じゃ…冗談だよね?」

ダイヤ「……結婚したいぐらい好きで…大切に思ってる方、それが私にとっての千歌さんです」

ダイヤ「これ以上言わせないでくださいまし:///言ってて顔から火が吹き出そうですわ」


ダイヤ「千歌さんは私の想いを聞いてどう思……」

千歌「/////////♡♡♡」カオマッカ

ダイヤ「……わざわざ聞く必要はありませんか///」
53: 訂正(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:47:27.28 ID:dY0/kCCe.net
ダイヤ「辛かったのですよ?千歌さんが私をどう思っているか」

ダイヤ「果南さんは幼馴染ですし……鞠莉さんなどは昨日、千歌さんに深刻な相談受けていたようですし…」


千歌(あっ…・・あの時の…)


ダイヤ「だから……私は千歌さんにとって、大したことの無い、先輩なんじゃないかって―――でも千歌さんは」


千歌「―――似た者同士ですね、私達」


ダイヤ「えっ?」


千歌「私も、私もね?ダイヤさんにとっては肉親のルビィちゃん、幼馴染の果南ちゃん鞠莉ちゃんとは違って何の繋がりもないって」

千歌「だから……私がダイヤさんに対する想いなんか伝えられるはずないって……ずっと思ってた」


ダイヤ「私に……対する?」


千歌「ダイヤさん」

千歌「私からも……言わせてください///」


千歌「私は女の子が女の子を好きになるのはおかしいと思ってた」

千歌「でもね?ダイヤさんがら私に結婚したいくらい好きって言ってくれました」


ダイヤ「//////」


千歌(だから……私もダイスキを隠さない、ダイヤさんがスキだったらダイジョウブ…!)


スゥゥゥゥ…


千歌「ダイヤさんっ大好きだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!私もダイヤさんの事、結婚したいくらい大好きでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっす!!!!!!」
54: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:56:59.97 ID:dY0/kCCe.net
ダイヤ「千歌…さん//////」カァァァァァァ

千歌「これが…ダイヤさんに対する私の気持ちです」


千歌「そして……ん…」ズイッ

ダイヤ(私に顔を接近させて何を…?あ、ちかさんのいい匂いが///)


千歌「これからもぶっぶーはしますよね」

ダイヤ「……あぁ、そういえば最近やってませんでしたね…」

ダイヤ(意識してしまって照れますから)


千歌「でも…」グイッ

ダイヤ「!?」


チュッ


千歌「―――これからはチュッチュ―…できますね♡」

ダイヤ「…千歌さん……貴女///」

千歌「へへっ…///♡

ダイヤ「くすっ…///」;
55: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 00:00:16.83 ID:bZgCjtf/.net


善子「ねぇ今の何なの///未成年の主張!?」

花丸「千歌ちゃんの声ずら///」

ルビィ(お姉ちゃん…千歌ちゃん…良かったね)

 

梨子(おめでとう…!千歌ちゃんっ!)

 

鞠莉「―――浦ノ星学院は同性同士の恋愛を推奨しています」
57: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 00:07:48.43 ID:bZgCjtf/.net


鞠莉「―――で?学生同士の結婚は認められないわよ?」


ダイヤ「そんなぁ…」

千歌「いいじゃないですかぁ!スキなんですもの…///」


梨子「まさか本気で結婚する気だったなんて///スゴスギ…///キャッ///」

花丸「未来ずらぁ……これが未来なら認めるべきずら」


鞠莉「……」


梨子「鞠莉さん!!!あなたはトランプか何かですか!?あなたねぇ…今時同性で結婚は普通にできる…」


鞠莉「あら?結婚しちゃだめなんて一言も言ってないわよ?」


梨子「えっ…?」


鞠莉「ただその……さすがに結婚して退学とかされちゃったりすると困る訳で……」

鞠莉「さすがに理事長としてそれはね……せめて卒業するまで、さ…ね?」



千歌「そんなぁ…」

ダイヤ「でも……それも一理ありますね」フム


千歌「どうしてですか?」プクー

ダイヤ「だって……私と千歌さんは学生同士の恋愛らしい恋愛をまだ全然できていないのですよ?」

ダイヤ「それを全部すっ飛ばしてしまうのはもったいない気が…」


千歌「あ、そっかぁ…・・そうですよね」
58: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 00:14:45.58 ID:bZgCjtf/.net
ルビィ「な~んだ…千歌ちゃんが家族になるのはまだ先かぁ」

 

梨子「そうか…家族になるんだねルビィちゃんは千歌ちゃんと」

梨子(千歌ちゃんはダイヤさんの妹であるルビィちゃんに嫉妬していたけれど……まさか自分がダイヤさんと結婚する事になるとはね)


 


鞠莉「家族ねぇ…家族…いいわねぇ…」フゥ

鞠莉「……私もところで家族にしたい位好きな後輩に告白しようと思ってるの」


 


千歌「へぇっ!?」

ダイヤ「何を藪から棒に…」

梨子「誰ですか?」フンフンフン

ルビィ「気になりますっ!」

花丸「気になるずら~…」

 

鞠莉「ふふっ…」

鞠莉「そ・れ・は…トップシークレットよ♡」



終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「ダイヤさんにとって…私って何なの?」ダイヤ「それは……!」[安価]』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。