/cVσ_VσV 「本日は物理の勉強をしますよ」

シェアする

海未-アイキャッチ28
1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:09:14.59 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「本日は物理の勉強をしますよ」

リ`・ヮ・) 「はーい」

/cVσ_VσV 「今回は皆も聞いた事があると思います、『特殊相対性理論』について学びたいと思います」

リ`・ヮ・) 「聞いた事ある」

※ タイトルが同じですがこちらの続編です(管理人)

/cVσ_VσV 「本日は物理の勉強をしますよ」

元スレ: /cVσ_VσV 「本日は物理の勉強をしますよ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:10:18.97 ID:DTb3RBzN.net
                            ラブライバー
/cVσ_VσV 「まず、この理論の始まりは…ある科学者の方が、とんでもない発表をしたのです」

/cVσ_VσV 「それは『地球上のどこで計測しても、光の速さは同じ』という物でした」

リ´・-・)「……?」


リ`・ヮ・) 「なにがとんでもないの?」

/cVσ_VσV 「良いですか、ここで言う光とは『太陽光』の事です」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「そして、地球というのは、太陽の周りを『ものすごいスピードで』グルグル回ってます」
5: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:10:53.43 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「地球は自転しながら公転をしているのは知ってますね?」

リ´・-・)「海未ちゃんって穂乃果の事をおバカだと思ってるよね」

/cVσ_VσV 「いいえ、では、それぞれがどのぐらいの速度か知っていますか?」

リ`・ヮ・) 「…えーっと」

/cVσ_VσV 「自転は約時速1700km、公転は約時速10万kmと言われています」

リ`・ヮ・) 「へー」

/cVσ_VσV 「まぁとにかく、我々は気付けませんが『地球は実はとんでもなく速く動いている』と思ってもらえれば結構です」

リ`・ヮ・) 「うん」
6: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:11:20.91 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「そして、話は戻りますが」

リ`・ヮ・) 「?」

/cVσ_VσV 「例えば――『穂乃果が時速60kmの車に乗っている』とします」

リ`・ヮ・) 「うんうん」

/cVσ_VσV 「そして、その車を『私(海未)が時速80kmの車で追い抜こう』とするとしましょう」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「とすると、穂乃果から見れば、相対的に『私(海未)は時速20kmで動いているように見える』はずですね?」

リ`・ヮ・) 「……?」

/cVσ_VσV 「……えーと、そうですね…」
7: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:12:48.69 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「穂乃果が車の窓から他の車を見たとき」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「同じ方向に向かって走る車はゆっくり動いているように見えるのに、反対車線の車はすごいスピードで走っているように見えませんか?」

リ`・ヮ・) 「あ、うんうん、わかる」

/cVσ_VσV 「それと同じことです。反対車線の車が早く見えるのは」


(穂乃果号)60km/h→
               ←(海未号)60km/h


/cVσ_VσV 「こうすると、相対的に『時速120kmで動いているように見える』からです。相対的に」
9: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:13:48.60 ID:DTb3RBzN.net
リ`・ヮ・) 「えーっと、それで?」

/cVσ_VσV 「つまり、光の速度が地球上のどこでも変わらないということは」

/cVσ_VσV 「高速バス『光』は、穂乃果と同じ方向へ走っている時も、逆に向かって走っている時も、『同じ速さ』で走っているように見えてしまうんです」

リ`・ヮ・) 「へー」
                  ラブライバー
/cVσ_VσV 「これに、世界の科学者達は疑問に思いました」

 

光―――→
    地球→  (光の速さ-地球の速さ)

ライバー「こうなってる時は光はゆっくりに見えるはずだし」


光―――→
    ←地球  (光の速さ+地球の速さ)

ライバー「こうなってる時は光は速く見えるはずじゃないのか?」

 

/cVσ_VσV 「…と、分かりますか?」

リ´・-・)「うーん、なんとなく」
10: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:14:44.26 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「この疑問に、かの天才ラブライバーのアインシュタインさんがこう言いました」
 

アインシュタイン「速さがおかしいって言っても、そういう実験結果なんだから、それに辻褄合わせるしかないじゃない」

 
リ`・ヮ・) 「?」

/cVσ_VσV 「科学は結果の世界ですから、理論的に間違っていても、実験結果がそうであるなら『理論の方が間違っていた』と考えるわけです」

リ`・ヮ・) 「ふんふん」
12: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:15:25.75 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「そして、彼はこう結論づけました」

 

アインシュタイン「速さは距離÷時間で出せるんだから、光速になったときは時間と距離が狂うんでしょ」

 

/cVσ_VσV 「穂乃果、『はじきの法則』は知っていますね?」

リ`・ヮ・) 「小学校の時に習ったやつだよね?これでしょ?」つhttp://i.imgur.com/hSr74d9.png
1489489754-レス12-画像


/cVσ_VσV 「それです。速さを求める公式は『距離÷時間』ですので、速さが一定だった以上、距離と時間の方が変わるんだと考えたのです」
13: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:17:35.98 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「アインシュタインさんの説明はこうです」
 

アインシュタイン「光の速さが、こっちがどんなに動いていても同じ速度で観測されるってことは」

アインシュタイン「速さが一定なんだから、光速になると時間と距離が狂うんだよ」
  

/cVσ_VσV 「そして、導かれた結論が」
   

・物体が光速に近づいていくと、時間の流れが遅くなっていく。
・物体が光速に近づいていくと、距離が縮んでいく。
     

/cVσ_VσV 「この二つの法則の事を『特殊相対性理論』と呼んでいるわけです」

リ`・ヮ・) 「ふぇー」
15: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:18:53.24 ID:DTb3RBzN.net
/cVσ_VσV 「あぁ、あと因みにですが、アインシュタインさんはこの特殊相対性理論ではノーベル賞は貰えませんでした」

リ`・ヮ・) 「なんで?」

/cVσ_VσV 「理由の一つは、ノーベル賞というのは一人一回までしか受賞できないのです」

リ`・ヮ・) 「へー」

/cVσ_VσV 「そして、もう一つの理由として『あんまりにも内容がぶっ飛び過ぎている』という事もありました」

リ`・ヮ・) 「?」

/cVσ_VσV 「ノーベル賞で認めるということは、その理論がこの宇宙において『絶対に正しい』と認めることになります」

/cVσ_VσV 「しかし、相対性理論はアインシュタインのあまりにも常人とはかけ離れた発想力で作られたものだったので、審査員が理解しきれなかったのです」

リ´・-・)「ダメじゃん」

/cVσ_VσV 「これにて、特殊相対性理論の説明を終わります」
17: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:20:31.46 ID:DTb3RBzN.net
リ´・-・)「…えー?でもさ」

/cVσ_VσV 「はい」

リ`・ヮ・) 「そういう事なら、あのウィキペディアに書いてある難しそうな数式とかは何なの?」

/cVσ_VσV 「あれは理論的な証明ですね、なぜそうなるのか?という奴です」

リ´・-・)「ふーん」

/cVσ_VσV 「その式が一切の矛盾が無く、また無駄のない、美しい式の為に、世界中から称賛されているのです」

リ`・ヮ・) 「そうなんだ」

/cVσ_VσV 「興味があるなら、調べてみるといいかもしれませんよ?」

リ`・ヮ・) 「え?あ、うん、大丈夫」

/cVσ_VσV 「そして、この理論に重量を加えた一般相対性理論という物が……」

リ`・ヮ・) 「あ、うん、大丈夫大丈夫」



終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『/cVσ_VσV 「本日は物理の勉強をしますよ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。