ダイヤ「……ん? ルビィの部屋から音が……」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 08:49:11.37 ID:sLqDcygm.net
ダイヤ「まったくあの子ったら、花丸さんが遊びに来ているからといって、騒ぎすぎですわ」

ダイヤ「ここは注意をしておかねばなりません」

スタスタスタ……

ダイヤ「まったく、あの子たちは……」

「フワァァ……/// マルチャァン、ダメェ……///」

「ンッ/// キモチイイヨォ、ルビィチャン……ッ///」

ダイヤ「――!?」

ダイヤ「な、ななな、何を……!?」

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

千歌「スリーサイズを測るよ!」

元スレ: ダイヤ「……ん? ルビィの部屋から音が……」

スポンサーリンク
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 09:14:46.72 ID:sLqDcygm.net
ダイヤ(ま、まさか、情事に及んでいるというのですか……!?)

ダイヤ(いけませんわ! いけませんわ! まだ幼いあの子たちが!)

ダイヤ(……ここは事実関係しっかり把握した上で厳しい指導をしなければ!)

ソーッ……

チラッ

花丸「ルビィちゃん♡ ルビィちゃん♡ マルたち、繋がってる……♡」

ルビィ「ぅあっ/// ああっ/// しゅきっ♡ マルちゃんしゅきぃ♡」

花丸「マルもすきっ♡ だいすきぃ♡♡」

ルビィ「きもちよすぎて、ダメになっちゃうよぉ♡♡」

花丸「すごいねっ♡ もうふたりのおまんこ、とろけあってるずら……♡♡♡」

ダイヤ「」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 09:25:09.07 ID:sLqDcygm.net
ダイヤ(ああ、なんということでしょう)

ダイヤ(ルビィと花丸さんが、全裸で局部をすり付け合ってますわ)

ダイヤ(子どもだと思ってたあの子たちが、よもやここまで深い関係とは……)

ダイヤ(……しかし、ふたりとも幸せそうですわね)

ダイヤ(ここでわたくしが割り入って水を差すのは、野暮というもの)

ダイヤ(事が済むまで待っていましょう)

ジー
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 09:40:23.99 ID:sLqDcygm.net
ダイヤ「」ジー

ルビィ「あっ♡♡ ぞくぞくが、大きくなってゆぅ♡♡ もう、もう限界ぃ♡♡♡」

花丸「マルも、イきそう……♡ いっしょに、いっしょにイこうね♡♡ ルビィちゃん♡♡♡」

ルビィ「ふわああっ♡♡♡ イくっ♡♡ マルちゃぁっ、イっちゃうよぉっ♡♡♡」ビクンッ

花丸「ルビィちゃんっ♡♡♡ ルビィちゃんっ♡♡♡ マルも……っ、イくぅっ♡♡♡ 」ビクビクッ

マルビィ「あああぁぁぁぁっ♡♡♡♡♡」プシャァァッ

ダイヤ(イきましたわ……すごい……! )
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 09:54:15.86 ID:sLqDcygm.net
ダイヤ(なんだかわたくしも上気してきました)

ダイヤ(このような気分では叱る気が起きませんわね)

ダイヤ(今日のところは幸せにひたらせてあげましょう)

ダイヤ(指導はまた後日ということで)

スタスタスタ

ガラッ

ダイヤ「ふぅ」

ダイヤ「……そうですわ、明日善子さんにふたりの関係を聞いてみましょう」

ダイヤ「さて、この気分はとっておきののぞえり本でスッキリさせましょう」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 10:03:51.41 ID:sLqDcygm.net
――YOKUJITSU・HOUKAGO・BUSHITSU

梨子「ふふっ、よっちゃん♡」イチャイチャ

ヨハネ「リリー♡」イチャイチャ

ガラッ

ダイヤ「善子さん」

ヨハネ「あ、ディアマンテ・ブラックサワー、またヨハネのことを間違って呼んだわね」

梨子「よっちゃんに何か用ですか?」

ダイヤ「ルビィと花丸さんのことです」

ヨハネ「ああ、それがどうかしたの?」

ダイヤ「わたくし、見てしまったのです。あのふたりが情事に及んでいるところを」
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 10:12:40.73 ID:sLqDcygm.net
ヨハネ「へぇ、やっぱり迂闊ね、あいつら」

ダイヤ「迂闊? どういう意味です?」

ヨハネ「けっこう頻繁にヤってるわよ、あのふたり」

梨子「こないだはここでしてるの見ちゃったもんね」

ダイヤ「なっ……ここでですか!?」

梨子「はい。ルビィちゃんが花丸ちゃんの胸を幸せそうに――」

ダイヤ「ああ、詳しく言わなくても結構」

ヨハネ「なぁんだ、知らなかったんだぁ」

梨子「ちなみにそれを見たあと私たちも美術準備室で――」

ダイヤ「それも言わなくても結構」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 10:35:13.70 ID:sLqDcygm.net
ダイヤ「はぁ、なんという……」

ヨハネ「そういえばスリーサイズ測る時もマルビィにいいようにされてたわね」

梨子「ああ、あの時かぁ」

ダイヤ「あまり思い出したくありませんわ」

ヨハネ「それで、結局あんたはどうしたいのよ」

梨子「愛はどんな障害があっても止まりませんよ」

ダイヤ「まぐわうのをやめろとは言いませんわ。事を致すなら、きちんと節度を守ってほしいのです」

ダイヤ「我が家や花丸さんのお寺のように古い日本建築であれば、音も声も聞こえやすいので、周囲にも迷惑が……」
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 10:48:42.22 ID:sLqDcygm.net
ヨハネ「難しいわね。えっちの気持ちよさを覚えてヤりたい盛りのあの子たちを御するには」

梨子「ホテルを使うにしてもお金がかかるし」

ダイヤ「人の迷惑にならない場所で……」

梨子「あっ、鞠莉さんのところは?」

ダイヤ「――! それですわ!」

ヨハネ「マリーだってカナンと散々ヤってるはずだから、きっとわかってくれるわ」

ダイヤ「早速相談してみましょう!」
34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 10:59:52.59 ID:sLqDcygm.net
――RIJICYOUSHITSU

鞠莉「話はわかってるわ。マルビィのセックスプレイスを提供してほしいのね?」

ダイヤ「なぜそれを」

鞠莉「部室のPCから聞いてたの」

ダイヤ「はぁ、まぁ、そういうことです」

鞠莉「もちろん、喜んで協力させてもらうわ。キュートなマルビィのキュートなセックス、応援したくなっちゃうもの☆」

鞠莉「はいこれ」ポーイ

ダイヤ「これは」パシッ

鞠莉「マルビィルームのキーよ」

ダイヤ「87013号室」

鞠莉「13はくっつけるとBに見えるからハナマルビィね」

ダイヤ「都合のいい番号があるものですわね」

ダイヤ「ともかく、ありがとうございました」
41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 12:11:32.37 ID:sLqDcygm.net
――AWASHIMA HOTEL・87013 ROOM

花丸「わぁー、すごいずら!」

ルビィ「こんな豪華な部屋、ホントに使っていいの?」

ダイヤ「ええ、ここなら気兼ねなく愛を育めますわ。後で鞠莉さんにちゃんとお礼を言うように」

ルビィ「はい、おねえちゃん」

花丸「じゃあさっそく」

ルビィ「うん♪」

グイッ

ダイヤ「えっ」

ボスンッ
44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 12:21:27.02 ID:sLqDcygm.net
ダイヤ「な、なぜわたくしがベッドに引き倒されてますの!?」

花丸「まさか、気付いてないと思ってたずらか?」

ルビィ「ルビィたち、知ってるんだよ。おねえちゃんがルビィたちのえっちを覗いてたの」

ダイヤ「そ、それは……」

花丸「ダイヤちゃんも、えっちしたかったんだよね?」グイッ

バサッ

ルビィ「おねえちゃんのおっぱい、すっごくきれい……」

ダイヤ「い、いけませんわ! ルビィ、花丸さん!」

花丸「遠慮はよくないずら♪」ツン

ダイヤ「ひぅっ///」ピクン

ルビィ「やっぱり敏感なんだね、乳首♪」
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 12:46:26.35 ID:sLqDcygm.net
花丸「スリーサイズ測った時から、マルたちもいろいろ勉強して、技術を磨いてきたずら」

ルビィ「ちょっぴりおとなになったルビィを、感じさせてあげる♡」ハムッ

ダイヤ「あぅっ♡♡」

花丸「じゃあマルも、こっちのおっぱいを♡」ペロッ

ダイヤ「んぅうっ♡♡」ビクッ

花丸「いい反応ずら♡」

ルビィ「気持ちよくなってね、おねえちゃん♡♡」チュウー

ダイヤ(ああ、またこんな……妹たちに辱しめられて……)

ダイヤ(ですがこれは、エリーチカたちが切り開いて下さった、レズの未来へと続く礎の一端……)

ダイヤ(ならばこの身に溢れてくる快楽は、貴女のお導きなのですね……)

花丸「ルビィちゃん」

ルビィ「うん、マルちゃん」

マルビィ「指、挿れるね♡♡」

ヂュプンッ♡

ダイヤ「ひにゃぁぁっ♡♡♡」ビクビクンッ


~~♡
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 13:01:45.70 ID:sLqDcygm.net
――MARI's ROOM

監視ガメラ「」●REC

鞠莉「ふふっ、やっぱりこうなっちゃたわね♪」

ヨハネ「一番迂闊なのはディアマンテだったってことね」

梨子「というかガメラのフィギュアの中にカメラを仕込むなんて……」

鞠莉「いいじゃない、怪獣文化は日本の誇りなんでしょ?」

ヨハネ「そうよリリー。今度DVD貸したげる」

梨子「いやぁ、あんまり興味ないかな……」

鞠莉「それはそうとおふたりさん」

ヨハネ「なぁに?」

鞠莉「部屋をひとつ用意したんだけど、よかったら……♡」

梨子「…………」

ヨハネ「…………」

ヨハリリ「喜んで♡」



THE END
58: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 13:02:36.40 ID:sLqDcygm.net
はい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「……ん? ルビィの部屋から音が……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。