梨子「うーん……どうやったら曜ちゃんを振り向かせられるんだろう…」

シェアする

梨子-アイキャッチ19
1: エロ注意(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:28:22.64 ID:PqSmtLr+.net
ーー音楽室ーー

梨子「作曲しなくちゃいけないのに……どうにも集中できない…」

梨子「どうしても、曜ちゃんのこと考えちゃう……」

梨子「……ダメダメ!集中集中!」ブンブンッ

梨子「……転校してきた頃に比べると距離は近づいてるよね…」

梨子「でもやっぱりもっと仲良くなりたいなぁ…」ハァ

梨子「もっと私に魅力があれば…」

梨子(なんかこう……地味じゃなくて、キラキラしてて、あと……胸が大きかったらなぁ……)ポワポワ

元スレ: 梨子「うーん……どうやったら曜ちゃんを振り向かせられるんだろう…」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:29:04.93 ID:PqSmtLr+.net

ーー

曜「梨子ちゃん!」ドンッ

梨子「よ、曜ちゃん……」

曜「いいおっぱいしてるね?思わす触りたくなっちゃう……」

梨子「曜ちゃん……」トゥンク

曜「梨子ちゃん……結婚しよう」

梨子「はい!」

ーー


梨子「って!何考えてるの!」バンッ
4: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:29:37.07 ID:PqSmtLr+.net
梨子「……胸って……どうやったら、大きくなるんだろ……?」ウーム

梨子「いっぱい食べるとか?花丸ちゃんとかけっこう大きいし」

梨子「他にも…Aqoursメンバーで大きい人といえば……」

梨子「鞠莉さん!そうよ!鞠莉さんなら先輩だし、同じユニットメンバーだし、相談に乗ってくれるはず!」
5: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:30:15.17 ID:PqSmtLr+.net
梨子「って!こんなこと考えてる場合じゃなくて作曲!」ガタッ


鞠莉「チャオ~☆作曲の調子はどう?」シャイニー

梨子「ひゃあああ!」ビクゥ!


鞠莉「Wow!どうしたの梨子!?変な声出して?」


梨子「へ、変な声って!急に出てこないで下さいよ!びっくりしたじゃないですか!」


鞠莉「sorry、sorry!梨子の様子が気にって……で、どうなの?」
6: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:31:09.90 ID:PqSmtLr+.net
梨子「……見ての通り全くです……なんだか集中できなくて……」


鞠莉「Oh……まあ、そんな時もあるわよね……せっかくだし、悩みがあるようならマリーに相談してみない?何でも受け付けちゃう!」


梨子「……何でもですか?」


鞠莉「もっちろん!」


梨子「本当に……?」


鞠莉「大丈夫よ!ほらはやくはやく!」


梨子「……あの、ま、鞠莉さんの胸って大きいですよね?」


鞠莉「……What?」
8: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:32:07.86 ID:PqSmtLr+.net
梨子「なんでそんなにおっきいいんですか?やっぱり生まれつきの才能ですか!?アメリカンだから!?そんなのずるい!!」ガシッ

鞠莉「ちょっ、ちょっと!梨子!落ち着いて!」グラグラ

梨子「なんでですかぁ!?私も大っきいの欲しいいぃぃ!!」ブンブンッ

鞠莉「梨子!!!」

梨子「は、はい!」

鞠莉「その……胸を大きくしたいってのは、作曲に必要なこと?」

梨子「!!……いえっ…いや、その…」

梨子「必要です……」

鞠莉「そう……なら特別に教えてあげる」

梨子「本当ですか!?」パァァァ
9: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:33:21.27 ID:PqSmtLr+.net
鞠莉「えぇ……と言っても、私のは生まれつきだけど……」


梨子「そうなんですか……」シュン


鞠莉「でも、梨子のサイズならまだ可能性があるわ!」


梨子「!!」


鞠莉「……梨子、今、梨子がfall in loveな相手はいる?」


梨子「うぇぇ!!そ、それは……」


鞠莉「いるようね、なら話は速い」


梨子「ど、どうすればいいんですか!?」


鞠莉「ふふっ、簡単よ……ちょっと耳を貸して」


梨子「はい?」
10: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:34:26.81 ID:PqSmtLr+.net
鞠莉「…………相手のことを思って、するの……」ボソッ


梨子「…………へ?」
11: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:35:38.40 ID:PqSmtLr+.net
鞠莉「ん?わからなかった?だからね、梨子がマッ……」


梨子「ちょ、ちょっと!ダメダメ!ダメです!なんてこと言うんですか!?」アワアワ


鞠莉「やだ!梨子ったら意味が分かってたのね!もう!オマセさん!」


梨子「からかわないで下さい!だっ、だいたいそんなことできるわけないじゃないですか!!」


鞠莉「でも本当よ?女性ホルモンが刺激されて胸がおっきくなっちゃうの!!」ジャンッ


梨子「そんなの信じるはすがありません!」


鞠莉「……実はね、この前ダイヤにも同じ相談されたの」


梨子「えっ?あのダイヤさんが?」


鞠莉「ええ、それで同じアドバイスしたんだけど、本当に大きくなったらしいわ」


梨子「えええええ!うそでしょ!」


鞠莉(まあ嘘だけど)
12: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:36:54.10 ID:PqSmtLr+.net
梨子「そんな……ダイヤさんが……」

鞠莉「まあ、信じる信じないは梨子次第ね!それじゃあ作曲がんばって!チャオ~☆」シャイニ!

梨子「あぁ!ちょっと鞠莉さん行かないでぇ!」

梨子「……うぅ、どうしよう、曜ちゃんを思ってするなんて……」

パラッ

梨子「あっ、この前千歌ちゃんから貰った曜ちゃんの写真…」
13: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:38:12.14 ID:PqSmtLr+.net
ーー数日前ーー

千歌「えっ!曜ちゃんが好き?」

梨子「……うん」

千歌「ほぉ~、梨子ちゃんが曜ちゃんをね~」ナルホドー

梨子「うぅ……あんまり言わないでぇ」アセアセ

千歌「まあまあ、いいじゃん!詳しく聞かせてよ!」

梨子「曜ちゃんに言わない?」

千歌「言わない言わない」

梨子「本当に?」

千歌「ほんとだって!」
15: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:42:36.05 ID:PqSmtLr+.net
梨子「っ……あのね、この前、千歌ちゃん言ってたよね?曜ちゃんはなんでもできて、千歌を助けてくれるヒーローだって…」

梨子「私それ聞いて、納得もしたけど曜ちゃんにちょっと嫉妬しちゃったんだ…」

千歌「!?」

梨子「で、でもね!同時に、そのヒーローにとってのヒーローって誰だろっておもったの……」

梨子「それはやっぱり千歌ちゃんで…曜ちゃんにとってのヒーローは千歌ちゃんなんだと思う……」
16: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:43:06.93 ID:PqSmtLr+.net
梨子「だけど!……思ったんだ…私もその一人になりたいなって…」

梨子「曜ちゃんのヒーローに…一番じゃなくていいから……曜ちゃんに頼られる人になりたいなって….…おもったの」

梨子「だからね、あのね、よ、曜ちゃんに…こっ、告白したいとか……付き合いたいとか……そんなのじゃなくて……」

梨子「曜ちゃんの特別に少しでも近づきたくて……だから!千歌ちゃんに協力して欲しいの!」
17: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:43:55.76 ID:PqSmtLr+.net
千歌「……うーむ、話は分かったけどチカでいいの?もっと恋愛に詳しい子のほうが……?」

梨子「千歌ちゃんがいいの!恋愛じゃなくて!誰よりも曜ちゃんを知ってる千歌ちゃんが!」

千歌「……よし!分かった!梨子ちゃんの気持ち受け取ったよ!協力してあげよう!」

梨子「!!…千歌ちゃん、ありがとう!」パァァァァ

千歌「それじゃあ早速曜ちゃんのことを知って行こうか!えっと~、中学の時の卒業アルバムとかあるけど…見る?」

梨子「!!!…見たい!みせて!」

千歌「了解!ちょっとまっててね」
19: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:47:55.16 ID:PqSmtLr+.net
ーー数分後ーー

千歌「いたいた!これが曜ちゃんだよ!」

梨子「っぅ~~」////

梨子(かっかわいい…!なんかちょっと幼くて…でも、ちゃんと曜ちゃんだ)

千歌「梨子ちゃん顔真っ赤だよ」アハハハッ

梨子「もう!千歌ちゃんったら!…あ!千歌ちゃんもいる!」

千歌「千歌もだけど、果南ちゃんが写ってるのもあるよ~」パラパラ

千歌「曜ちゃん、いっぱい写真あるよ…ここにもいるし…ここにも!」

梨子(あっ…この写真の曜ちゃん…なんか…好きだな…)

梨子(…欲しい)ジ-
20: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:48:51.24 ID:PqSmtLr+.net
千歌「他にもねー…」

梨子(千歌ちゃん、いいなー」

千歌「え」

梨子「あ!ご、ごめん!声に出ちゃった!」

千歌「うーん……?」

梨子「だって……曜ちゃんのこといっぱい知ってるんだもん」

千歌「……でも、梨子ちゃんしか知らないことって、これからたくさんあるとおもうんだよね」
21: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:49:22.83 ID:PqSmtLr+.net
梨子「…そうかな?」

千歌「そうだよ!例えば…チューとか?」ニヤニヤ

梨子「へぁあ!?ちゅ、チュー!?ムリムリー!りこにはそんなことできません!」

千歌「いいじゃん!チュー!しちゃえば?しちゃいたい!しちゃいなよー…ってね!」

梨子「ち~か~ちゃ~ん!」

千歌「ひぃ!ごめんなさい!」

梨子「まったく、もう…」
22: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:49:53.36 ID:PqSmtLr+.net
千歌「……ねえ、梨子ちゃん」

梨子「なぁに?千歌ちゃん?」

千歌「この前、曜ちゃんは人気者だっていったよね?」

梨子「うん」

千歌「それで考えてみたんだけど……人はいつも当たり前に自分のまわりにいるなんて思わないんだ……結局は自分が動いてるだけなんだ……」

千歌「だから曜ちゃんは人気者なんだと思う!それでね、梨子ちゃんはもっと自信持って良いうんだ!」

千歌「曜ちゃんが動いて!私たちが動いて!友達になれたんだからさ!」

梨子「……うん」
23: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:50:41.63 ID:PqSmtLr+.net
千歌「……ねぇ、梨子ちゃん、その写真欲しいんでしょ?」

梨子「!!な、なんで……!」

千歌「だって梨子ちゃんすごい見てたもん!……せっかくだしあげるよ!」

梨子「ほ、ほんとに!?」キラキラ

千歌「その代わり!条件があります!」

梨子「へ?」

千歌「曜ちゃんとお付き合いしたいって思うこと!……できるかな?」

梨子「!!……うん!私、曜ちゃんと付き合いたい!」

千歌「合格!梨子ちゃんにこの写真を差し上げよう!」

梨子「やった!」

千歌「ついでにチューしたいもいってみようか?」

梨子「もお!千歌ちゃーん!」

ーー
ーーー
24: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:51:13.50 ID:PqSmtLr+.net
梨子「ふふっ……千歌ちゃんには感謝してと仕切れないなあ…」

梨子「それにしてもこの写真の曜ちゃん、好きだなぁ」

梨子「…………」
25: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:51:55.46 ID:PqSmtLr+.net
ーーー

曜「梨子ちゃんって多分音楽室にいるよね」

曜「差し入れ買ってきたけど……喜んでくれるかなぁ」

曜「梨子ちゃんには悪い印象を持たれてはいないだろうけど……予選の時、情けないとこ見せちゃったから、少しでもいいところ見せないと!」

曜「あわよくば……好きになってもらったり!」
26: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 22:52:24.94 ID:PqSmtLr+.net
曜「いやいやいや!そんな下心もっちゃダメダメ!もっと清らかな心で…」

曜「それに、梨子ちゃんは……私が好きなんて言ったら困っちゃうはず……」

曜「気持ちをできるだけ隠して、いい友達でいないと……」

曜「それで……いいんだよね」

曜「ともかく!今から梨子ちゃんに会えるんだ!そう考えると……なんだか足取りが軽いや!」フフッ
37: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:48:57.85 ID:PqSmtLr+.net
ーー音楽室前ーー
曜「梨子ちゃんがんばってるかなー?」ヨーソロッ

「っあ…」

曜「……?……中から何か聞こえる?」

「はっ……ぁっ……ぁっ、ぁ……はっ……」

曜「梨子ちゃんの声だ!……もしかして具合悪い?」

「ぁっぁっ……っぁ……は……」

曜「!!ち、違う……これは…」

曜「と、とりあえずバレないように……」ノゾキミー

梨子「ようちゃぁ……ぁっ、ぁっ……よぅっちゃんっ」

曜(……梨子ちゃん、ピアノの椅子に座ってうずくまってて……顔がすごく赤い……)
38: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:50:01.28 ID:PqSmtLr+.net
梨子「んっ……ぁ……っぁ……」 クチュクチュ

曜「やっぱり!……いやでもまさか……」

梨子「……ぁん……ぁっ、ぁっは……ぁ……」 ギシギシ

曜「梨子ちゃん……すごい腰振ってる…」

曜(写真持ってるけど……さっき私の名前呼んでたから、私のかな?……いやいやいや!ありえないよ!この状況でもやばいのに!)

梨子「ぁっぁっ……は、ぁっ……っぁぁん!」ビクビクビクッ

曜(……早くここから去らないと……じゃないと、覗いてたのが梨子ちゃんにバレちゃう……でも、身体が動かない……)

曜(それに……すごく熱い……)

梨子「はっ……んっ……曜ちゃん」 グスッ

曜(あ……だめだ)
39: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:50:54.64 ID:PqSmtLr+.net
ガチャ

梨子「!!」

曜「梨子ちゃん」

梨子「!!よ、曜ちゃんっ」

梨子「曜ちゃ、ちがっ…ちがうの!…あのっ」

曜「梨子ちゃん!」グイッ

梨子「!?んっ、んーっ!」

曜「んっ……クチュ……んっ……ふっ」チュー

梨子「んんっ!ふっ……ふっ……んっ!」

曜「梨子ちゃん……!梨子ちゃん……!」チュッチュッチュ

梨子「はぁ……はっ……はっ……んっ」

曜「はぁ……んっ、はぁ……梨子ちゃん」

梨子「な……で……曜ちゃん」ハァ
40: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:51:48.07 ID:PqSmtLr+.net
曜「……それはこっちが聞きたいよ、私は差し入れを持ってきただけで……そしたら梨子ちゃんが……」

梨子「っ…ごめんなさい!ごめんなさいっ、そんなつもりじゃ…」

曜「っ……」

曜(別に謝って欲しいわけじゃないのに……)

曜(でも、もう我慢できない)グイッ

梨子「んっ……んっ……ぁっ曜ちゃっ、んんっ」

曜「っん……もっと、もっと……」

曜(もっと、もっと梨子ちゃんに触れたい)

曜「梨子ちゃん…」

梨子「いやっだめっ、だめっ、曜ちゃ……胸はだめっ」

曜「……っ」
41: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:52:21.17 ID:PqSmtLr+.net
梨子「曜ちゃん……胸はだめ、だめなの……」

曜「……なんで、……梨子ちゃんは私の名前呼びながら……」

曜「ここを弄ってたのに……」クチュ

梨子「はっ……ゃ……」

曜「濡れてるね」

梨子「っ……んっ」ビクッ

曜「今、ひくついたね、……感じた?」

梨子「っぁっ……ちが……」
42: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:53:36.90 ID:PqSmtLr+.net
曜「違う?じゃあ……なんでだろうね?」

梨子「いや……ぁんっ、ごめんなさい……ぁっ曜ちゃっ許して……っいや……」

曜「梨子ちゃん……」スリスリ

梨子「ぁんっ……っぁ、ぁっ……はぁっ……ぁっ」 キュンキュン

曜「梨子ちゃん」グチュ

梨子「っぁ……ぁん、んっ、ぁっ……ようちゃっ……よっおっ……ちゃっ、ぁっぁぁっ……」 ビクビクビクッ

曜「気持ちよかった?……もっとよくしてあげるね?」

梨子「やっ……曜ちゃん……だめっ」
43: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:54:16.59 ID:PqSmtLr+.net
曜「パンツ下ろすよ」スッ

梨子「ひっ、やっ……やめっ」

曜「わっ!梨子ちゃん、すごいね……これ」ネチョー

梨子「いやっ……曜ちゃんっ、みちゃ……やっ」

曜「隠しちゃだめだよ」

梨子「許して……曜ちゃん」グスッ

曜「言えば許してあげるよ」

梨子「ふぅぅ……っ、それはっ」

曜「……」ペロッ
44: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:54:46.15 ID:PqSmtLr+.net
梨子「あっ」ビクッ

曜「……」ペロペロ

梨子「ぁぁっ、ぁっぁっ……っぁあっ、よ、ちゃっ……ぁはっ、ぁ……曜ちゃっ……」 カクカク

曜(梨子ちゃん、自分で腰動かしてる……)

曜(……もっと見たい)ペロペロペロ

梨子「ぁっぁっ……はぁっ、ぁん……よぉっちゃ……ぃっゃぁ……だめっ、もっ……」ガクガクガク

曜「……梨子ちゃん、イっていいよ」チュッ

梨子「ぁぁん……ぁっやっ……ぃいっ、曜ちゃ……ぁぁっ、ぁっぁっ……だめっぃっちゃ……曜、ちゃ……ぁぁんっ……」ビクビクビクッ

曜「ふふっ、またイっちゃったね?梨子ちゃんの淫乱」
45: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:55:19.87 ID:PqSmtLr+.net
梨子「っ……うっ、よぉちゃ、どう、してっ、こんなことっ、うぅっ」ポロポロ

曜「!!」

曜(私、何してるんだろ……梨子ちゃんの気持ちを無視して……こんなこと……許されるはずがない……)

曜「梨子ちゃん!」

梨子「ううっ、曜ちゃん?」グスッ

曜「梨子ちゃんごめん!私、気持ちが抑えられなくて……!梨子ちゃんをみたら止まれなくて!」

曜「梨子ちゃんの気持ちを無視してて、乱暴しちゃった……」

曜「ほんと、だめだよね、私、梨子ちゃん傷つけて」

曜「殴ってもいいから……」
46: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:55:59.77 ID:PqSmtLr+.net
梨子「………曜ちゃんどうして……」

梨子「どうして泣いてるの?」

曜「……えっ」

梨子「ねぇ、曜ちゃん……私、曜ちゃんのこと好きなの」

曜「!!」

梨子「私、曜ちゃんにこんなことされて、こわかったはずなのに……嬉しいの」

梨子「ねぇ曜ちゃん、だから……泣かないで……」

梨子「曜ちゃん、好き……好きだから、曜ちゃんにその気持ちがなくても……」

梨子「私は、大丈夫だから……」

曜「……っ、梨子ちゃん!」

曜「あのね!私も!こんなカタチで卑怯かもしれないけど……」

曜「好きっ、梨子ちゃんが好き!好きなんだ!」グスッ

梨子「……ほんとに?」

曜「ほんとだよ」ポロポロ
47: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 23:56:30.29 ID:PqSmtLr+.net
梨子「……どうしよう、曜ちゃん、私、すっごく嬉しい!」

曜「ごめんね、こんなことしちゃった後で……」

梨子「……それなら、ギュッて抱きしめてくれたら許してあげる」

曜「……それでいいの?」

梨子「うん、だからはやく」

曜「梨子ちゃん……」ギュッ

梨子「ふふっ、ありがとう梨子ちゃん」ギュゥ

曜「梨子ちゃん、好き」

梨子「うん、私も……曜ちゃんが大好き」

ようりこ「えへへ」
61: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:28:41.85 ID:hBoJ4LLm.net
曜「ところでさ、……り、梨子ちゃんはどうして、あ、あんなことしてたの?」

梨子「うぇぇ!そ、それ聞く!?」

曜「いや、あの、無理に答えなくてもいいんだけどね」

曜「き、気になって……」

梨子「……実は、」

曜「うん?」

梨子「む、胸を、大きくしようと思って……」

曜「へ?」
62: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:29:15.94 ID:hBoJ4LLm.net
梨子「鞠莉さんから聞いたの!そ、その!好きな人を……思って、す、すると……大きくなるって」

曜「す、す、好きな人って…」

梨子「曜ちゃんのこと!もう!ぶり返さないで!」

曜「ご、ごめん!……それで、私が触ろうとしたら、嫌がったの?」

梨子「……うん、だって曜ちゃん……胸が大きい人が好きでしょ?」
63: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:29:44.98 ID:hBoJ4LLm.net
曜「ええ!?な、なんで!?」

梨子「なんでって……なんとなく……」

曜「なんとなくって……私は、好きだよ?梨子ちゃんなら小さい胸でも……って、あっ」

梨子「……曜ちゃん」

曜「うわぁぁあ!ごめん!」

梨子「ううん、気にしないで……私、曜ちゃんにそう言ってもらえて嬉しいよ?」

曜「梨子ちゃん……」
64: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:30:16.78 ID:hBoJ4LLm.net
梨子「だから、ね?続きしよ?」サワッ

曜「うっ、り、梨子ちゃん……」ビクッ

梨子「ふふっ、もう硬くなってる……」スリスリ

曜「ふっ……くっ、あっ」

梨子「曜ちゃんかわいい……」キュン

曜「……っねぇ梨子ちゃん、っふ、くっ」

梨子「なぁに?曜ちゃん?」スリ

曜「っぁ……む、ねっ触っていい?」

梨子「っ……」

曜「……優しくするから、大丈夫だから」

梨子「……うん、曜ちゃんにならいいよ」

梨子「触って……?」
65: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:30:47.08 ID:hBoJ4LLm.net
曜「梨子ちゃんの胸きれい……」ジー

梨子「っ、恥ずかしいから、あんまり見ないで……」

曜「そんなことない……とってもかわいいよ?」モミ

梨子「んっ……ぁっ」ビクッ

曜「梨子ちゃん……」チュッチュッ

梨子「んっぁっ……ぁっぁっ、ぁぁっ……よぅちゃんっ……」 ビクビク

曜「梨子ちゃん、かわいい」モミモミ

梨子「ぁぁん……ぁっぁっ……ぁは……ぁん……」

曜「気持ちいい?……梨子ちゃん?」

梨子「き、きもち……い、いっ、から…っあ」フルフル
66: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:31:14.72 ID:hBoJ4LLm.net
曜「もっと、よくしてあげるね」キュ

梨子「ぁん……っぁっ、ぁっぁっぁ……はっ……よっ……うっ、ちゃっ……」 キュンキュン

曜「ふふっ、梨子ちゃんは感じやすいね」

梨子「もっ……やっ、よぅちゃ、んっ……のっ、いじわるっ」

曜「どう?胸だけでイっちゃう?」ムニムニ

梨子「ゃっ……ぁぁんっ……もっ、ぃっちゃぅ……っ……っぁぁっ」ビクンッ

曜「あっ、ほんとにイっちゃった…」

梨子「もうっ、曜ちゃんのバカ!」ハァハァ

曜「ごめんね?梨子ちゃんがかわいくてさ」
67: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:31:42.36 ID:hBoJ4LLm.net
梨子「……曜ちゃん、ちゅーして」

曜「いくらでも」チュッ

梨子「……ギュッてして」

曜「お安い御用だよ」ギュゥ

梨子「ねぇ……曜ちゃん、……好き」

曜「うん、私も……梨子ちゃんが好き」

梨子「曜ちゃん……入れて?」

曜「いいの?」

梨子「うん……曜ちゃんなら……私を受け入れてくれた曜ちゃんになら……いいよ」
68: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:32:12.28 ID:hBoJ4LLm.net
曜「っ……梨子ちゃん、ありがとう…できるだけ優しくするね……」

梨子「曜ちゃん……きて?」

曜「……」コクッ

梨子「あっ……ふっ……っ」ギュゥゥ

曜「っ……梨子ちゃんっだ、大丈夫?」グチュ

梨子「っぅ……だっ、ぃ……じょ、ぶ、だからっ……はっ、やっくっ」

曜「……梨子ちゃんっ……すきっ」ズプッ

梨子「ふぅっ……よぉ、ちゃっ……ああっ」ビクッ
69: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:33:14.73 ID:hBoJ4LLm.net
曜「はぁ……入ったね」

梨子「うんっ……曜ちゃんと、一つに……な、れたっ……嬉しいっ」

梨子「……だから、ね?もっと……して?」

曜「っ……もう知らないからっ」

曜「はぁ……梨子ちゃんっ梨子ちゃんっ」ズズッ

梨子「あ、やっ……ゃっ……ぁぁ……」ギュゥゥ

曜(……梨子ちゃん、私の服を掴んで必死だっ)ズプ

梨子「はぁっ……ぁっぁ、よっよぅっちゃっ……よぉっぅちゃ……」 ビクビク

曜(どうしよう……これ、止まれない……)パンッパンッ

梨子「ひゃぅっ、ぁっぁっぁっ……よぅちゃっ……変っ、ぁんっ……変な感じっがっ……やっぁ……んっ……」 ガクガク
70: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:33:41.27 ID:hBoJ4LLm.net
曜(すごい腰振ってる……ヤバイ)

曜「……いいよ梨子ちゃん、……イッて……?」グリッ

梨子「ぁっぁっ……ぁっ、ゃっ……っぁっぃっちゃ……ぁぁっ……よぅっちゃっんっ……いっちゃぃ……そっ……ぁぁっ、ぁっぁっ、ぁぁっ……あああんっ」ビクンッビクンッ

曜「っあ……くっ……梨子ちゃん、よかった?」ハァ

梨子「ふっ……っ……よぉ、ちゃ」ハァハァ

曜「梨子ちゃん……」
71: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:34:20.44 ID:hBoJ4LLm.net
梨子「よぅ……ちゃんっ、椅子に、座って?」

曜「うん……」

曜(そっか……私たち、ずっと床でしてた……梨子ちゃん、背中痛くなかったかな?)

梨子「ふふっ……次は、私が曜ちゃんを気持ちよく、するね」ズプッ

曜「んっ……り、こっ、ちゃ」

梨子「がんばっ……てっ、動くっからっ……ぁっ……ぁぁ……」ヌププ

曜「ふぅぅっ……んっっ……」

梨子「ぁ……ぁぁ……ぁっ、んっ……ん……」
ズプズプ

曜(理性が……もたない)ハッハッハッ
72: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:34:46.94 ID:hBoJ4LLm.net
梨子「ぁん……はっ、ぁっぁんっ……はっぁっぁっ……ようちゃ……よぉ、うっちゃんっ……」パンパンッ

曜「もうっだめっ……腰が、動いちゃうっ……」ガクガク

梨子「ぁぁんっ……ぁんっ、やっやんっ……だめっ、っぁん……」ギシッギシッ

曜「りっ、こっちゃっ……」パンッパンッ

梨子「ひぁぁぁぁっ……!んぁっ、ぁっんっ……ふ、かい……きっ、きもちぃぃよぉっ」ギッギッギッ

曜「んっっ……っぁ、りこっちゃ……締め付けがっ……あっ」ギュゥ
73: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:35:22.64 ID:hBoJ4LLm.net
梨子「ひゃっん……っあんっ、あっあっあっ……ぁぁんっ……よぅちゃ、も、うっ、イッちゃっ」ガクガク

曜「ふっんんっ……あっ、り、っこちゃ……わ、私も、イッちゃ」パンパンパンッ

梨子「ひぁぁぁぁぁっ、イくッ、よぅちゃ……イっちゃう、イっちゃう……あ、ひッ……んんぁぁぁぁぁッ!」 ビクッビクビクッ

曜「りこちゃ……あっ、あっ……も、出るっっ……っぁ」ビュッビュルルッ

梨子「ふっ、んぁっ……いっぱい、出てるよぉ……ぁんっ」キュンキュンキュン

曜「くぅ……んっっ……」ビュービュッビュッ
74: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:35:59.52 ID:hBoJ4LLm.net
梨子「んっはぁ……よ、うちゃん」ギュゥ

曜「梨子っ……」ギュ

梨子「もっともっと、名前呼んで?お願い……」

曜「梨子っ梨子っ、梨子ちゃんっ好き……大好きだよっ……梨子ちゃんっ」チュッチュッチュ

梨子「曜ちゃん、好きっ……曜ちゃん、曜ちゃん」チュッチュッチュゥ
75: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:36:46.89 ID:hBoJ4LLm.net
ーー

曜「……いっぱいしちゃったね」

梨子「まさかこんな時間までしちゃうなんて……うぅ作曲しなきゃいけないのに……」

曜「で、でも!私は嬉しいなぁ……梨子ちゃんと通じ合えて……」

梨子「曜ちゃん……」

曜「ねぇ、梨子ちゃん、改めて言わせて欲しいな」

梨子「……うん」

曜「私、渡辺曜は、桜内梨子ちゃんのことが好きであります!……良かったらお付き合いしてくれませんか?」

梨子「…………」

曜「……梨子ちゃん?」

梨子「…………曜ちゃんっ」ギュッ

曜「わわっ梨子ちゃん!?ど、どうしたの!?急に抱きついて!?」

梨子「……好きっ大好き!もう絶対に離さないからっ」ギュゥゥ

曜「梨子ちゃん……」

梨子「よろしくお願いします!!渡辺曜ちゃん!!……好きっ」ギュゥ

曜「くっ、苦しいよ!梨子ちゃんっ」フフッ

梨子「やだっ離さないっ」ギュゥゥ

曜「……ねぇ梨子ちゃん、ずぅーと一緒にいようね」

梨子「うんっ、ずっと一緒だよ」

終わり
76: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 13:37:44.70 ID:hBoJ4LLm.net
ようりこのエッチがどうしても欲しかった
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「うーん……どうやったら曜ちゃんを振り向かせられるんだろう…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。