海未「穂乃果の好みの異性はどんなタイプですか?」

シェアする

海未-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:29:57.02 ID:IO3XVhhi.net
海未「穂乃果。今日は練習は休みで、放課後生徒たちは帰ろうとしています。私たちμ'sも同様で、私は廊下を歩いています」

穂乃果「う、うん? それが何なの? 海未ちゃん」スッゴクセツメイクチョウダネ?

海未「いきなりですが」

穂乃果「うん?」

海未「穂乃果の好みの異性はどんなタイプですか?」

穂乃果「えええぇぇぇっ!?」ピョーン

海未「飛び跳ねるほど驚かせてしまいました」

穂乃果「びっくりだよ!? ほんといきなり何言ってんの!?」

海未「昨日気付いたんです」

穂乃果「な、何に?」

海未「長く穂乃果の幼馴染をやっていますが、穂乃果から浮いた話の一つも聞いたことがないなと」

穂乃果「その言葉、そっくりそのまま返すよ!?」

海未「いえ、私はキャラ的にそういう話題がないのは当然です」

穂乃果「キャラって何!?」

海未「さあ、穂乃果! 正直に話すのです!」ワクワク

穂乃果「なんでテンション上がってんのさ!?」

海未「女性は恋の話に興味しんしんと言うではないですか? 少しワクワクしてみました」

穂乃果「なに、その仕方なくやってる感あふれる台詞!?」

海未「まぁ、減るものではないでしょう。早く吐いて楽になってください」

穂乃果「犯罪者みたいに言わないでよ!」

海未「穂乃果、私は忙しいのです。時間を取らせないでください!」

穂乃果「えええぇぇえ!? なんで穂乃果が悪者になってんの!?」

海未「これからμ's全員に同じ質問をしに行きます。早くしてください」

穂乃果「なんで!? 海未ちゃんに何の得があるの!?」

海未「意味など、私が通った後に出来上がります」

穂乃果「カッコいい風に言ってるけど、ただの思い付きだよね!?」

海未「ふぅ、穂乃果にも困ったものです」ヤレヤレ

穂乃果「……」イラッ

穂乃果「分かった! 分かりました! はいはい、答えれば良いんでしょう?」

元スレ: 海未「穂乃果の好みの異性はどんなタイプですか?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:30:51.80 ID:IO3XVhhi.net
海未「ようやく理解してもらえましたか。人間とは理解しあうのが難しい生物なのですね」

穂乃果「ぎゃ、逆にさ! 海未ちゃんの、好きなタイプって何よ? こ、答えてくれたら、私も答えるよ!」

海未「穂乃果のお父様です」

穂乃果「……は?」

海未「私は答えました。穂乃果も答えてください」

穂乃果「お、お父さん!? 穂乃果パパ!? おっさんだよ!? お母さん居るよ!? 娘も居るよ!? 穂乃果の家庭が修羅場だよ!?」

海未「大丈夫です。後妻を狙っています。いつでも、お母さんと呼んでください」

穂乃果「駄目じゃん!? これ、本気で駄目なやつだよ!?」

海未「穂乃果、ビックリマーク発言が多くて、うるさいです」

穂乃果「ビックリマーク発言って何さ!? それよりも、海未ちゃん、正気!?」

海未「寡黙な男性良いじゃないですか?」

穂乃果「海未ちゃんさぁ、空気読もうよ! こういう時は『好みのタイプですか? その、穂乃果です。キャッ』みたいな感じでさあ!」

海未「私は同性愛者ではありませんよ?」

穂乃果「だからさぁ! μ'sって、ラブライブ!ってそう言うのが許される世界じゃない? なんで真面目に答えるの!? 世が世ならTwitterで炎上だよ!?」

海未「別に私はTwitterで呟きませんよ?」

穂乃果「例えだよ! 例え!」

海未「よく分かりませんが、穂乃果の番です。約束は守りましょう」

穂乃果「くっ……! 良いよ! 答えるよ! 私は海未ちゃんのお父さんがタイプ!」

海未「え? 正気ですか? ただのおっさんですよ?」

穂乃果「同じことを海未ちゃんはさっき言ったの!」

海未「まぁ、人の趣味にとやかく言うつもりはありません。ご協力ありがとうございました」

穂乃果「はいはい! 良かったですねぇ!」

海未「? 今度、お父様とお見合いでもしてみますか?」

穂乃果「帰ってよ! もう! 海未ちゃん、嫌い!!」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:31:14.19 ID:IO3XVhhi.net
海未「何故か穂乃果に嫌われてしまいました。今度パンでもおごれば、機嫌も元に戻るでしょう。おや?」

凛「あ、海未ちゃんだ!」

海未「海未です。凛、丁度良いところに」

凛「なにか凛にご用事?」

海未「はい。まぁ、なんと言うこともない話題なのですが」

凛「うんうん」

海未「凛の好みの異性はどんなタイプでしょうか?」

凛「……海未ちゃん、疲れているんだよ」ポン

海未「いえ、元気モリモリ100パーセントです」

凛「その発言がすでにおかしいよ……」

海未「ああ、分かりました。私も好みの異性を答えれば良いのですね? そんなぱてぃーんですね?」

凛「凛、何だかイラッとしたよ?」

海未「きっと更年期障害です。命の母でも飲んでみると良いでしょう」

凛「……」ムカッ

海未「ちなみに私の好みの異性は穂乃果のお父様です。さあ、凛も言うのです」

凛「……凛付き合えきれないから、帰るよ?」

海未「いえ、別に凛がほの父と付き合う必要はありませんよ?」

凛「……あのさ、園田先輩さぁ。私のことをからかって遊んでいますよね?」

海未「? 別に遊んでいるわけではありません。私は真剣です」

凛「……凛、帰るから」

海未「あ、凛。待ってください!」

凛「……ああ、そうでした。園田先輩。かよちんにも同じこと聞いたらぶん殴りますから」

海未「またまた、凛は冗談が上手ですね」ハハハッ

凛「……不快です。帰ります」

海未「あ、凛……。本当に帰ってしまいました」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:32:50.30 ID:IO3XVhhi.net
絵里「ねぇ、海未? 今、凛が見たこともないくらい怖い顔で歩いていたのだけれど、どうしたのかしらね?」

海未「ああ、絵里じゃないですか?」

絵里「もしかして、海未が何かした?」

海未「いえ、凛とは日常会話をした程度です」

絵里「そう? それなら良いのだけれど」

海未「ところで、エリー?」

絵里「真姫でも滅多に使わない愛称で呼ばれてしまったわ」

海未「絵里の好きな異性はどんなタイプですか?」

絵里「え? 好きな異性?」

海未「そうです、好きな異性です。ちなみに私はほのパパです」

絵里「あら、そうなの? 私は希かしら」

海未「? 絵里、好きな異性ですよ?」

絵里「? だから、希よね?」

海未「?」

絵里「?」

海未「何か些細なすれ違いを感じますが、とりあえずご協力ありがとうございました」

絵里「ええ。よく分からないけれど、お役にたてたようで嬉しいわ」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:33:40.23 ID:IO3XVhhi.net
海未「なるほど、絵里は希がタイプなのですか。……私の質問の仕方が悪かったのでしょうか?」

希「何しとるん? 海未ちゃん」

海未「おや? 噂をすれば希ではないですか?」

希「お、ウチの噂? 良い噂だと嬉しいんよ」

海未「はい。絵里は希のことが好きだそうです」

希「なんと!? えりち、照れるやん……」

海未「早速ですが、希にも聞いてみましょう」

希「ん? リリホワの今後とか? ……なんでウチのタロットは解散を示しとるん?」

海未「希の好みの異性はどんなタイプですか?」

希「? 海未ちゃん、それ冗談?」

海未「いえ、本気です。私はほのパパが好みです」

希「へぇ、海未ちゃん、渋いところ突くやん?」

海未「そうでしょうか? 希はどんな人がタイプですか?」

希「えりちやね」

海未「希、私は好きな異性を聞いているのです」

希「? だからえりち?」

海未「?」

希「?」

海未「まぁ、良いでしょう。それと、相思相愛おめでとうございます」

希「なんか照れるやん?」

海未「式には呼んでくださいね?」

希「もちろんや!」

海未「? それではご協力ありがとうございました」

希「力になれたんなら嬉しいんやね」

海未「はい。それでは私は先を急ぎますので」

希「頑張ってなぁ」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:34:55.00 ID:IO3XVhhi.net
海未「希は冗談も上手いですね。さてと、次はですが……」

にこ「確か味噌がそろそろなくなりそうなのよね。今日、キャベツ安かったっけ?」

海未「おや、ニコ。偶然ですね」

にこ「あとは鳥ささみと……って、海未じゃない?」

海未「はい。海未です」

にこ「何か用?」

海未「はい。少々、聞いてまわっていることがありまして」

にこ「また登山するとか言いださないわよね?」

海未「それも良いですね」

にこ「ストップ! 今の話題なし、なしね」

海未「残念です」

にこ「それで、何を聞いているって?」

海未「はい。ニコの好みの異性はどんなタイプですか?」

にこ「……海未ちゃん。アイドルは恋をしないの。何故なら、皆のアイドルだから!」」

海未「戯言はその辺に置いておいてください」

にこ「戯言言うな!」

海未「私はほのパパが好みです。ニコは?」

にこ「パパ、ねぇ……」

海未「どうしました?」

にこ「いえ、別に。それよりも! アイドルがなんてことを公言してんのよ!? Twitterで大炎上よ!?」
9: >>7 ごめんなさい。詰め込み過ぎました(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:36:59.11 ID:IO3XVhhi.net
海未「穂乃果にも同じことを言われました」

にこ「ましてや、実の娘の前でそれ言ったの!?」

海未「穂乃果は私のお父様が好みのようです」

にこ「……なんかドロドロしてんのね? あんたたち幼馴染って」

海未「そうでしょうか? 別に普通です」

にこ「最近の子って怖いわ……」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:37:27.78 ID:IO3XVhhi.net
海未「私は答えました。次はニコの番です」

にこ「あんたが勝手に言っただけじゃない!?」

海未「等価交換はこの世の節理です」

にこ「あっそ。ニコはアイドルだから皆大好きニコ!」

海未「え? 小汚いおっさんとか、赤ら顔のスケベおやじとかもですか?」

にこ「変なところで、リアリティ持ち込まないで! やけにピンポイントだし」

海未「ニコは好きなんですか? おっさん?」

にこ「ふぁ、ファン! そう、ニコのファンなら、何とか……うん、何とか……スケベは駄目だけど、スケベは、うん、駄目だけど……」

海未「顔が引きつっていますよ?」

にこ「そ、そんなことあるわけないでしょ!? ニコは宇宙No.1アイドルなのよ!?」

海未「そうですか。ニコは汚いおっさんが大好き、と」

にこ「誤解招くような解釈するなぁ!!」

海未「? とりあえず、ご協力ありがとうございました」

にこ「絶対に、変な略し方しないでよぉー!!」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:38:27.71 ID:IO3XVhhi.net
海未「ふむ、意外でしたね」

真姫「何が意外なのよ?」

海未「おや、マッキーではないですか?」

真姫「……今まで私って、そんな愛称で呼ばれたことあったかしら?」

海未「そうそう、意外の話でしたね。ニコはおっさんが大好きだそうです」

真姫「はぁっ!?」

海未「人の嗜好は千差万別です。温かい目で見守りましょう」

真姫「……海未ちゃんがおっさ、おじさま的な話をして、ニコちゃんがアイドルだから皆大好きよとでも言ったんじゃないの?」

海未「おや、よく分かりましたね?」

真姫「海未ちゃん……。そう言う故意犯的発言は駄目よ?」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:39:07.62 ID:IO3XVhhi.net
海未「分かりやすく省略してみただけですよ?」

真姫「誰もそんな捉え方しないから」

海未「真姫はちゃんと分かっていたじゃないですか?」

真姫「それは、その、同じμ'sのメンバーだからよ!」

海未「それでは問題なしですね」

真姫「問題大有り! とりあえず、ニコちゃんのその話は胸に留めておいて、誰にも話さないこと!」

海未「大丈夫です。私はプライバシーを守ります」

真姫「本当かしら……?」

海未「ところで、真姫」

真姫「何? 好きな異性のタイプとか聞いたら、注射するわよ?」

海未「お、脅しですかっ!?」

真姫「痛いわよー? 血管から微妙にずらして刺すから、何回もやり直しするわよー?」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:39:42.05 ID:IO3XVhhi.net
海未「ひ、ヒィッ!? く、空気を注射するつもりですね!? 西木野病院では注射器に空気を入れているんですね!?」

真姫「風評被害で訴えるわよ!? 良い弁護士を雇って徹底的に追い詰めるわよ?」

海未「ひぃぃ!?」

真姫「これに懲りたら変なことは考えないことね」

海未「うぅ……分かりました」

真姫「それじゃあ、私は行くわね?」

海未「ところで真姫。真姫の好きな異性はどんなタイプですか?」

真姫「……」プスリ

海未「うぎゃぁー!? チクっとした! 今、チクっとしました!?」

真姫「ただのシャープペンシルだけれどね。あと、その悲鳴は、女の子としてどうなの?」

海未「真姫の殺人鬼! 人でなしぃっ!!」ダダダダッ

真姫「海未ちゃん、本気で注射するわよ?」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:40:35.41 ID:IO3XVhhi.net
海未「ふぅ……。危うく真姫にころころされかけるところでした」

花陽「え……真姫ちゃんに、こ、ころ!?」

海未「おや、花陽ではないですか?」

花陽「う、海未ちゃん! 今、真姫ちゃんが何とかって……?」

海未「ああ。真姫が私に注射をしてくるのです。酷い話です」

花陽「ほっ。なんだ冗談だったんだ」

海未「花陽も真姫の注射には気を付けるのですよ?」

花陽「ふふっ。分かりました」

海未「ところで花陽。私は皆に少し聞いてまわっているのですが」

花陽「? 何?」

海未「花陽の好きな異性はどんなタイプですか?」

花陽「……冗談、だよね?」

海未「いえ。真面目に聞いているつもりですが」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:41:20.65 ID:IO3XVhhi.net
花陽「ええぇぇぇっ!?」

海未「穂乃果の反応と似ていますね」

花陽「す、好きな、だ、男性っ!?」

海未「はい。ちなみに私はほのパパです」

花陽「そ、そうなんだ……。そう言う話って、少女漫画でよくあるよね?」

海未「すみません。私はビッグコミックしか読まないのです」

花陽「びっぐこみっく……?」

凛「ねぇ、園田先輩。私言いましたよね?」スーッ

花陽「え? 凛ちゃん……!?」

花陽「り、凛ちゃんが本気で怒ってる!?」ガクガクガク

海未「おや、凛ではないですか? そうでした、凛からも聞かないといけないのでした」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:42:01.66 ID:IO3XVhhi.net
凛「あのさぁ、園田先輩さぁ。上級生だからって良い気になってるよね?」

海未「嫌ですね凛。μ'sは先輩禁止ですよ」モウッ

花陽「う、海未ちゃんって、どうしてこんなに、空気が読めないの……!?」

凛「はぁ……。分かりました。園田先輩はそのキャラなんですね。良いです、私が大人になります」

海未「もう、凛。私の方が年上ですよ?」

花陽「り、凛、ちゃん……?」ガクガクガク

凛「……ふぅ。好きな異性のタイプでしたっけ?」

海未「はい。ちなみに私はほのパパです」

凛「どこが好きなんですか?」

海未「寡黙なところです」

凛「ふーん」

海未「さあ、凛も教えてください」

凛「年収500万円以上で、できれば次男。仕事ができて優しい人。ルックスも良ければなお良しです」

海未「ほぉ。凛はきちんと将来のことを考えているのですね」

凛「答えました。さっさと消えてくれませんか?」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:42:29.21 ID:IO3XVhhi.net
海未「花陽はどうなんですか?」

花陽「ヒィッ!?(海未ちゃん、わたしに話をふらないでぇー!)」

凛「……かよちんは私と同じような人が好きなんです。それで良いですよね?」

海未「なるほど。幼馴染は好みも似るのですね」

凛「で? あとは良い?」

海未「はい。ご協力ありがとうございました。私は行きますね、では」ルンルン

凛「あ、園田先輩。少し待ってください」

海未「何ですかり──ぶべらっ!?」バシーン!

花陽「!?」

凛「次に会ったら、殴ると言いました」パンパンパン

海未「り、凛! いきなり何をするんですか!? 私でなければ受け身をとれませんでしたよ!?」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:43:39.55 ID:IO3XVhhi.net
凛「約束を守っただけです。責められるいわれはないです」

海未「なるほど。約束は大事ですね」ジンジン

凛「あと、視界から消えてくれませんか?」

海未「? 頬が痛いですが、約束なので仕方がありません。それでは!」トトトト

花陽「」ガクガクガク

凛「……かよちん、大丈夫?」

花陽「う、うん……?」

凛「そっか、良かったにゃ」

花陽「あっ(いつもの凛ちゃんだ)」

凛「園田先輩、消えてなくなれば良いのに」ボソッ

花陽「!?」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:44:19.85 ID:IO3XVhhi.net
海未「そんなわけで、皆に聞いてまわった結果です」

ことり「ふむふむ。あ、真姫ちゃんが不明だね?」

海未「オウ! それには深い理由があるのです」

ことり「注射されるから?」

海未「もしかして:エスパー」

ことり「google先生じゃないんだから……」

海未「しかし、ことりも変なことを私に頼みますね?」

ことり「え? ああ、うん。だって気になるもん」

海未「何がですか?」

ことり「皆の好きなタイプ」

海未「そう言えば、ことりはどんな異性が好きなのですか?」

ことり「うーん、秘密」

海未「えー。ちなみに私はほのパパです。ことりも答えてください!」

ことり「もう、仕方がないんだから」
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:44:46.81 ID:IO3XVhhi.net
海未「ことりの好きなタイプですか、想像がつきません。ワクワクします」

ことり「海未ちゃん」

海未「もう、ことり。私は好きな異性と聞いたのですよ」

ことり「好きな異性と聞かれても、ぶれないのがことりです」

海未「もしかして:同性愛者」

ことり「うん♪」

海未「ワオッ!?」

ことり「海未ちゃん、何で外国の人みたいな反応なの?」

海未「たまには反応を変えてみるくらいが丁度良いのです」

ことり「こっちは反応に困るよぉ」

海未「ところで、ことり。本当に同性愛者なのですか?」

ことり「うん♪」

海未「なるほど……。しかし、人は自由恋愛であるべきです。受け入れましょう」

ことり「え? ことりをもらってくれるって?」

海未「言っていません」

ことり「ちぇっ……」プー
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:45:23.68 ID:IO3XVhhi.net
海未「話しは戻りますが、何故皆の好きな異性が気になったのですか?」

ことり「だって、他に女の人が好きなメンバーが居たら、海未ちゃん盗られちゃうから……」

海未「真姫は良いのですか?」

ことり「真姫ちゃんはことりの同類だよ」

海未「え? それではマズイのでは?」

ことり「ううん。真姫ちゃんはニコちゃん一筋だから」

海未「なるほど。一途な恋ですね」

ことり「うん♪」

海未「しかし残念ながら、私はほのパパが好きなのです」

ことり「別に良いよ」

海未「それは助かります」

ことり「今から海未ちゃんをことりの色に染めてあ・げ・る♪」

海未「え……?」

ことり「ハァハァハァ」

海未「だ、駄目です!? こ、ことり!? キャーッ!!?」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:45:57.96 ID:IO3XVhhi.net
海未「そんなわけで、ことりと付き合うことになりました」

ことり「海未ちゃん♪」

穂乃果「え? 穂乃果、聞いてないよ!?」

海未「今、初めて言ったのですから当然です」

穂乃果「なに、それ……。海未ちゃん、お父さんのことが好きって言ったじゃん!?」

海未「……若気の至りですね」

ことり「ふふっ♪」

穂乃果「おかしいよ! 穂乃果も海未ちゃんのことす、好きなんだよ!?」カァー

ことり「穂乃果ちゃん♪」

穂乃果「何さ!?」

ことり「──盗ったら、許さないから」ニッコリ

穂乃果「ひぃっ!?」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:46:33.38 ID:IO3XVhhi.net
真姫「なるほどね。海未ちゃんの後ろにことりちゃん有り、ね」

凛「凛はかよちんのことが好きだよ!」

花陽「うん。花陽も……」ポッ

にこ「何、このレズたち……」

真姫「ニコちゃん。レズじゃなくて百合って言うのよ」

にこ「どっちみち、女が好きなんでしょう?」

真姫「大丈夫。ニコちゃんも近いうち、こっち側に来るから」ペロ

にこ「え……? 何? え、何なの!?」キャーッ!

花陽「ちなみに百合だから、プラトニックなんですよ?」
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:47:10.48 ID:IO3XVhhi.net
絵里「皆、幸せそうで良かったわ」

希「せやね(穂乃果ちゃん、可哀想に……)」

絵里「ねぇ、希」

希「ん?」

絵里「卒業したら、私たち結婚しましょう?」

希「……いつ言われるのか、ちょっとドキドキして待ってた」

絵里「えー。希から言っても良かったのに?」

希「まぁ、結婚となるとお金とかも考えんと。気軽には言えへんよ」

絵里「現実的ね。でも、そこが好き」

希「ウチの占い屋もそろそろ軌道にのって、何とかなりそうやし。安心してな?」

絵里「私も働くわよ?」

希「ゆっくりでええよ」

絵里「……私は言ったのに、希は言わないのね」プンプン

希「あはは。仕方がないえりちや。……好きやよ」チュッ

絵里「私もよ」チュッ



海未「二人は幸せなキスをして、ハッピーエンドです」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 21:55:20.01 ID:IO3XVhhi.net
読みづらくて本当にごめんなさい
SS書いている人はその辺りもしっかり考えているんですね…
自分で書くのは早すぎたようです
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「穂乃果の好みの異性はどんなタイプですか?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。