穂乃果「皆本当にラブソング作る気あるの!?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ65
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:22:43.48 ID:Y4+Jl7Vt.net
穂乃果「わぁ~見て!」

凛「雪にゃ~!」

にこ「皆外出てみましょう!」

ーーー公園ーーー

ことり「わぁ~綺麗~」

海未「幻想的ですね・・・」

花陽「真姫ちゃん早く早く!」

真姫「ちょ、ちょっと待ちなさいよ」

絵里「綺麗ね・・・まるで・・・」

希「うん・・・なんか、自然と言葉が生まれてくるような・・・」

take1

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

花陽「・・・白米」

海未「・・・予k」

穂乃果「ちょ、ちょっと待って!」

絵里「花陽、白米はちょっと・・・ねぇ」

希「そうやね、ラブソングやし」

花陽「えぇ?だ、駄目・・かなぁ」

ことり「で、でも好きって気持ちは伝わってきたよ」

凛「えぇ~?凛は良いと思うけどなぁ」

にこ「ラブソングなんだからlikeじゃなくてloveでいきなさいよloveで」

花陽「love・・・うん、頑張ってみる!」

穂乃果「よ~し、じゃあもう一回初めから行くよ!」

元スレ: 穂乃果「皆本当にラブソング作る気あるの!?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:24:10.92 ID:Y4+Jl7Vt.net
take2

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

花陽「・・・・・・やっぱり白米!!」

穂乃果「えぇぇ!?花陽ちゃん!?」

花陽「皆ごめん!私にとって白米はloveなの!」

穂乃果「それ程なの!?」

海未「でも困りましたね・・このままでは・・・」

真姫「ねぇ、一旦順番変えてみたら?」

希「そうやね、皆の言葉を聞いたら花陽ちゃんも何か良いのが思い浮かぶかもしれんし」

ことり「だったら1番目は凛ちゃんが良いんじゃないかな」

凛「えぇ!?り、凛が1番!?」

穂乃果「そうだね!なんたって凛ちゃんはμ'sのニューリーダーなんだし、こういう経験も必要だよね」

凛「で、でも凛が1番って・・えぇ!?か、かよちん凛どうしたら・・・」

花陽「ご、ごめんね凛ちゃん、私のせいで・・・」

にこ「まったく、リーダーがそんなテンパっちゃってどうすんのよ」

海未「凛、安心して下さい」

絵里「私達がちゃんとフォローするから」

穂乃果「え?フォローって何?」

真姫「じゃあもう一回最初から行きましょう」

穂乃果「・・・な、なんか嫌な予感がするけど、とにかくやってみよう凛ちゃん!準備は良い?」

凛「え、えと、えと雪で、凛が思い浮かんで、じゃなくて雪が凛で、え?凛が雪?そうじゃなくて、え~とえ~と・・・」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:25:19.52 ID:Y4+Jl7Vt.net
take3

・・・フワリ

穂乃果「ほら!来たよ凛ちゃん!」

凛「え~と、え~と!・・・り、凛!!」

穂乃果「えぇぇ!?テンパって名前言っちゃった!!」

海未「兵!!」

真姫「闘!!」

ことり「者!!」

にこ「皆!!」

穂乃果「ええぇぇーー!!?ちょ、ちょっとそれなんか払うやつでしょ!?最後に肩ビシバシやって破ァーーーーー!!!とかするやつ!!何を破ァーーーーー!!!するの!?」

ことり「あぁ!逃がしちゃった・・」

海未「深追いは危険です、今回は諦めましょう」

穂乃果「怖い会話しないでよ!!この公園何がいるの!?」

凛「フシャアアアァァーーーー!!!」

穂乃果「凛ちゃん何も無い空間に威嚇しないで!!何が視えてるの!?」

真姫「凛!しっかりしなさいよ!」

にこ「いったいどうしたってのよ!」

凛「にゃ!?にゃにゃ、にゃんでもにゃいにゃよ、にゃきちゃん、にゃこちゃん」

真姫「何よ、いつもの凛じゃない」

にこ「びっくりさせないでよ」

穂乃果「いやいや!!明らかに「にゃ」が多いから!!絶対変なの憑いてるから!!」

希「ね、ねぇ穂乃果ちゃん、皆どうかしたん?ここなんかおるん?」

穂乃果「スピリチュアーーーーーール!!!一番視えてそうな人が何も視えてないよ!!」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:26:30.31 ID:Y4+Jl7Vt.net
絵里「・・・・・プ・・クク・・!」プルプル

穂乃果「・・・絵里ちゃん?」

希「アカン!!えりち限界や!!」

海未「ことり!!」

ことり「うん!まかせて!」

ことり「絵里ちゃん、ちょっとベンチに座ろっか♪」

絵里「アハハハハ!!こ、こと・・プフフ!り、凛がフシャーーって!ス、スス、スピリ・・!アハハハハ!」ヒーヒー

ことり「うんうん、そうだねぇ♪面白いねぇ♪」ニコニコ

穂乃果「・・・・・」

絵里「ふぅ・・・お待たせ、さぁ気を取り直していきましょう」

穂乃果「ええぇぇーー!!?今の何の時間!?何タイムなの!?」

ことり「でも結構難しいね」

海未「えぇ、上手くフォロー出来たと思ったのですが・・・」

凛「う~皆ごめんにゃ~」

穂乃果「だからフォローって何!?これそういうゲームじゃ無いから!それによく考えたら「凛」って言葉そんなに悪くないよ!」

凛「え?そ、そうかなぁ///」

真姫「まぁ確かに「凛とした女性」とか言うしね」

穂乃果「今回は失敗しちゃったけど、流れは悪くないよ!そうだよ・・・初めから上手く行かなくたっていいんだ!次こそビシッと決めよう!!」

希「そうやね、穂乃果ちゃんの言う通りや」

にこ「アンタも言う様になったじゃない」

穂乃果「じゃあ順番を戻して、もう一回最初から行くよ!」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:27:22.51 ID:Y4+Jl7Vt.net
take4

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

・・・・・・・・・・・・

穂乃果「花陽ちゃんどこおおぉぉーーーーーー!!?」

花陽「ご、ごめん・・遅くなっちゃって・・・!」ガサガサ

穂乃果「花陽ちゃんどこにいたの!?って両手のビニール袋何!?」

花陽「え、えっと・・小腹が空いたからコンビニに・・・」

穂乃果「ええぇぇぇぇぇえぇええぇぇーーーーー!!?な、なんで!?」

花陽「え?・・だから小腹が空いて・・」

穂乃果「そういう意味じゃないよ!!」

凛「かよちん待ってたにゃ~!」

花陽「えへへ、皆ごめんね」

にこ「ったく、遅すぎるのよ!」

絵里「ふふ、これでようやくフルメンバーね!」

海未「やはりμ'sは9人でなければ・・・!」

ことり「締まらないよね♪」

希「これもカードの導きやね」

真姫「ホント、いつも美味しいとこ持ってくんだから」

穂乃果「ええぇぇーー!?なんで仲間のピンチにカッコよく駆け付けたみたいになってるの!?ここ怒るとこだよ!?」

海未「さぁ穂乃果、もう一度頑張りましょう!」

希「ラブソング・・・作るんやろ?」ウインクバチーン!

穂乃果「こんなにイラッとするウインク初めて見た!!」

穂乃果「なんか釈然としないけど・・・じゃあ初めからやるから皆ちゃんとやってよ!」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:28:26.84 ID:Y4+Jl7Vt.net
take5

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

花陽「・・・フェロフィ(メロディー)」もごもご

穂乃果「食べるの止めて!!」

花陽「ほ、ほへんなはい・・はまんへひなふへ(ご、御免なさい・・・我慢出来なくて)」

穂乃果「頬張り過ぎだよ!!ハムスターみたいになってるよ!!」

にこ「仕方がないわね、花陽は後ろの方に回してもう一度やりましょ」

穂乃果「しょ、しょうがないなぁ・・・じゃあもう一度行くよ!」

take6

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

海未「・・・ふぉはん(予感)」もごもご

凛「・・・ふひぎ(不思議)」もごもご

真姫「・・・ひはい(未来)」もごもご

穂乃果「食べるの止めて!!」

花陽「あああぁぁーーー!!私の可愛いおにぎりたちがあぁぁぁーーー!!」

穂乃果「えええぇぇぇええぇーー!!?あれ一人分!?」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:29:35.15 ID:Y4+Jl7Vt.net
絵里「・・・・クク・・プク・・!」

希「アカン!!えりち限界や!!」

海未「ほほひ!!(ことり!!)」もごもご

ことり「うん!まかせて!」

ことり「絵里ちゃん、ブランコに乗ろっか♪」

絵里「プハハハ!!こ、こと・・ことり!!ハ、ハムス・・・ブフ!!皆もごもごって・・!アハハハハ!ハラショる!超ハラショる!!」

ことり「うんうん、そうだねぇ♪面白いねぇ♪」ニコニコ

穂乃果「・・・・・」

絵里「ふぅ・・・お待たせ、さぁ気を取り直していきましょう」

穂乃果「だからこの時間何なの!?超ハラショるって何!?超ウケるみたいに言わないでよ!!」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:31:27.56 ID:Y4+Jl7Vt.net
穂乃果「もう!!皆本当にラブソング作る気あるの!?」

海未「確かに・・・少し浮かれ過ぎていたかもしれません・・・」

凛「えへへ、皆で一緒に見てるって思ったら変なテンションになっちゃったにゃ~♪」

穂乃果「え?・・・皆で・・・」

希「そうやね・・・μ'sとして、初めて見る雪・・・」

にこ「舞い上がっちゃって、柄にもない事しちゃったわね・・・」

穂乃果「・・・この9人で見る・・・初めての・・・」

全員「・・・・・・・・」

穂乃果「うん・・・今なら、上手くいきそうな気がする・・・うぅん、絶対に上手くいく!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

海未「穂乃果!」

穂乃果「皆!絶対に良い曲作ろうね!!2番手任せたよ花陽ちゃん!・・ってどこ行ったのおおおぉぉぉぉおおおぉぉーーーー!!!?」

花陽「ご、ごめん・・・小腹が空いてコンビニに・・・」ガサガサ

穂乃果「また買って来たの!?もういっその事ガッツリ食べて来てよ!!」

海未「先程私達が食べてしまいましたから・・・」

凛「かよちんごめんにゃ~」

花陽「そんなぁ、気にしなくていいよ」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:38:47.69 ID:Y4+Jl7Vt.net
真姫「ねぇ、一度部屋に戻って何かお腹に入れた方が良いんじゃない?」

穂乃果「ええぇーー!?ラブソングはどうするの!?」

絵里「そうね、お腹が空いていては良いアイデアも浮かばないだろうし・・・」

にこ「一度部屋から仕切り直しましょう」

穂乃果「絵里ちゃん達まで!?」

希「穂乃果ちゃん、腹が減っては何とやら・・・って言うやろ?」ウインクバチーン!

穂乃果「それやめて!!」イラ

ーーー希の部屋ーーー

穂乃果「じゃあもう一回最初からいくから、皆ちゃんとやってよ!ほんとに時間無いんだから!」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:40:12.53 ID:Y4+Jl7Vt.net
take7

穂乃果「わぁ~見て!」

凛「雪にゃ~!」

にこ「皆外出てみましょう!」

ーーー公園ーーー

穂乃果「わぁぁーー!雪だよ雪!」

ーーー屋上ーーー

全員「ワーーキレーーー!」

バン!!!!(屋上のドア)

穂乃果「ハァ!ハァ!ゼェ!ゼェ!・・・なんで屋上おおおぉぉーーーー!!?」

穂乃果「なんで私だけ公園で皆屋上なのーー!!?」

海未「いえ、穂乃果が公園が怖いと言っていたので・・・」

穂乃果「じゃあなんで当の本人である私に言わないの!?その言い方だと「穂乃果が怖がってたから一人で行かせてみましたテヘ♪」って聞こえるんだけど!!」

全員「・・・・・」

穂乃果「否定してよ!!」

絵里「まぁまぁ穂乃果、ここでも雪は降ってるんだし、気を取り直していきましょう」

穂乃果「私何回気を取り直せば良いの!?もう一年分位取り直したよ!!」

穂乃果「もういい加減決めるよ!!皆ちゃんとやってよね!!」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:41:40.77 ID:Y4+Jl7Vt.net
take8

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

花陽「・・・メロディー」

海未「・・・予感」

凛「・・・不思議」

穂乃果(おぉ!なんか良い感じだよ!)

真姫「・・・未来」

ことり「・・・トキメキ」

にこ「・・・空」

絵里「・・・気持ち」

穂乃果(希ちゃん決めちゃって!)

「・・・・・」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:43:03.82 ID:Y4+Jl7Vt.net
バン!!!(希宅のドア)

穂乃果「希ちゃん!!」

希「あ、もう終わったん?」お茶ずず~

穂乃果「終わらないよ!!今回希ちゃん主役でしょ!?主役いなきゃ終わらないでしょ!?」

穂乃果「ほら!皆待ってるんだから早く・・・!」

希「もう、そんなに急がんでもラブソングは逃げへんよ」

バン!!!(屋上のドア)

穂乃果「皆お待たせ!!さぁ今度こそ決めるよ!!」

ーーー公園ーーー

全員「ワーーキレーーー!」

ダダダダダダッ!!

穂乃果「ゼェ!!ゼェ!!ゼェ!!・・・・なんで公園ーーーーーー!!!」

海未「いえ、穂乃果が平気そうだったので、やはり公園のが良いかと・・・」

穂乃果「だからなんで私に言わないの!!希ちゃんも何とか言っt」

バン!!!(希宅のドア)

穂乃果「主役ううぅぅーーーーーーーーー!!!」

希「あ、終わったん?」煎餅パリ

穂乃果「終わらないよ!!皆希ちゃんの為に集まったんだよ!?希ちゃんいなきゃ終われないでしょ!?」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:44:25.46 ID:Y4+Jl7Vt.net
ーーー公園ーーー

穂乃果「もう!!皆いい加減にしないと、いつまで経ってもラブソングなんて出来ないよ!!」

ことり「あ!待って穂乃果ちゃん・・・」

穂乃果「え?どうしたの?ことりちゃん・・・」

ことり「凛ちゃんと花陽ちゃんがいないんだけど・・・」

穂乃果「えええぇぇぇええぇーー!!?」

真姫「あぁ、あの二人ならガッツリ食べて来るって近所のラーメン屋に行ったわよ」

穂乃果「えええぇぇえぇぇぇーーー!!?ラ!?えええぇぇぇぇええぇぇーーー!!?」

にこ「アンタがガッツリ食べて来てなんて言うからでしょ」

穂乃果「あれ鵜呑みにしちゃったの!?」

真姫「安心しなさい」

穂乃果「なにが!?」

真姫「あの二人にはお土産に餃子を買って来るように頼んどいたわ」

全員「おおぉぉ~~~!!」

穂乃果「どうでもいいよ!!!」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:46:25.41 ID:Y4+Jl7Vt.net
にこ「ちょっと待って!・・・真姫、アンタその店の餃子食べた事ある?」

真姫「え?前に凛と花陽に連れられて・・あぁ!!」

海未「ど、どうしたのですか!?」

真姫「その店の餃子・・・たしか一人前が・・・・・・6個!」

ことり「ここにいるのは・・・」

にこ「・・・7人・・・!」

全員「・・・・・」

穂乃果「ど~~~でもいいよ!!!なんだったら私我慢するから皆で食べればいいでしょ!?ってかことりちゃんニンニク苦手じゃなかった!?」

ことり「ああ・・・一体どうすれば・・・」

海未「どうすれば・・・」

のぞえり「どうすればいいの?」

全員「・・・・・」チラッ

穂乃果「・・・・・」

ことり「ああ・・・一体どうすれば・・・」

海未「どうすれば・・・」

のぞえり「どうすればいいの?」

穂乃果「・・・・・」

海未「・・・だって?」

ことり「可能性?」

穂乃果「歌わないよ!!廃校の危機と餃子の危機を一緒にしないでよ!!」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:47:36.77 ID:Y4+Jl7Vt.net
花陽「皆お待たせ~」ゲフッ

凛「お腹いっぱいにゃ~」ゲフッ

希「あ!帰ってきたみたいやね」

穂乃果「花陽ちゃん!さ、さっき私が言った事だけど・・」

にこ「二人とも餃子は!?」

りんぱな「あぁ~~!わすれてた~!」

海未「何をやっていたんですかーーーー!!!」

りんぱな「ひぇっ!?」

穂乃果「ええぇぇぇーー!!?う、海未ちゃんそんなに怒鳴らなくても・・今回は私にも落ち度があった訳だし・・」

海未「わ、私が・・・どれだけ餃子を・・ひぐっ・・楽しみにしていたと・・思っているんですか!!」ウルウル

穂乃果「えええぇぇぇーー!?そっち!?泣くほどなの!?」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:49:00.76 ID:Y4+Jl7Vt.net
希「でも・・・これで良かったんと違う?」

絵里「そうね、せっかく皆と巡り合えたのに餃子でケンカ別れなんてシャレにならないもの・・・」

穂乃果「そんなピンチだったの!?餃子で解散するアイドルなんて聞いた事ないよ!!」

真姫「ふふ、餃子だけに・・・ね」

にこ「え?どういう事?」

真姫「えぇ?い、いやほら餃子って、なんか焼くとき?ほら、くっついてて、え~となんて言うか、それがゆ、友情とか?絆的な?でも食べると皮が破れて、ほら、ね?」

穂乃果「説明ヘタだよ!!言いたい事何となく分かるけど何言ってるか分かんないよ!!」

絵里「真姫、ここは任せて」

真姫「え、絵里?」

絵里「え~とあの、ぎょ、餃子ってあるでしょ?あの、やぶ、じゃなくて、えっと餃子、わかる?あの、焼くとくっつくやつで、で食べると破れ、じゃなくて、くっつくのが友情とか、絆とかのあれで、えっと、何だっけえっと」

穂乃果「輪をかけてヘタだよ!!何が言いたいのかも分かんないよ!!何を任されたかったの!?」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:51:34.67 ID:Y4+Jl7Vt.net
絵里「・・・・・」ズ~~ン

希「アカン!!えりちが別の意味で限界や!!」

にこ「ことり!!」

ことり「うん!任せて!」

ことり「絵里ちゃん、シーソーに乗ろっか♪」

絵里「・・・私が・・・こんなに説明下手だとは思わなかったわ・・・」ズ~~ン

ことり「うんうん、そうだねぇ♪面白いねぇ♪」ニコニコ

穂乃果「ことりちゃん面白がっちゃダメ!!励ましてあげて!!」

絵里「ふぅ・・・お待たせ、さぁ気を取り直していきましょう」

穂乃果「結局その時間何だったの!?絵里ちゃんカウンセリングでも受けてるの!?」
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:52:46.06 ID:Y4+Jl7Vt.net
穂乃果「皆一旦餃子の事は忘れてよ!!今の私達にはやらなきゃいけない事があるでしょ!?」

ことり「そ、そうだったね・・・」

真姫「ラブソング・・・作るのよね・・・」

にこ「それも、ただのラブソングじゃ無い・・・」

絵里「皆で一つのものを作りたい・・・」

花陽「そんな希ちゃんの願いを叶える為の・・・」

凛「大切な歌・・・」

希「・・・・・」

穂乃果「そうだよ!皆の心を一つにして・・・最高のラブソングを作ろうよ!!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

絵里「穂乃果!」

穂乃果「よおぉ~~し!今度こそきめるよ!」

花陽「あ、あの穂乃果ちゃん、私お腹一杯で急いで戻って来たから、息が上がっちゃって・・・」ハァハァ

凛「じ、実は凛も~」ハァハァ

穂乃果「ええぇぇ!?じゃ、じゃあ二人の順番は希ちゃんの前にするから、それまでに息を整えておいて!じゃあ皆いくよ!」
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:10:27.77 ID:Y4+Jl7Vt.net
take9

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

海未「おぉ~いおぃおぃおぃ!」号泣

真姫「・・・・・餃子」ズ~ン

ことり「・・・・・餃子」ズ~ン

穂乃果「皆引きずり過ぎだよ!!海未ちゃん何でそんなに泣いてるの!?劇場版並の大号泣だよ!!」

海未「だ、だって・・・!花陽と凛が・・戻って来たら・・餃子は無かったのですよおぉぉ~~~いおぃおぃおぃ!」

穂乃果「命は無かったみたいに言わないでよ!!大げさだよ!!」

にこ「アンタ達、いい加減にしなさい!!」

穂乃果「に、にこちゃん・・・?」

真姫「にこちゃん・・・」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:11:51.09 ID:Y4+Jl7Vt.net
にこ「揃いも揃って餃子餃子って・・・!ったく、ホント世話が焼けるわね」

希「にこっち・・・?」

にこ「良いラブソングが完成したら、私直々ににこにー特製餃子を振る舞ってあげるわ!」にこ!

凛「・・・にこちゃんの」

花陽「特製餃子~~~~!!?」

全員「わあぁぁ---!!」

ことり「海未ちゃん!」

海未「・・頂きます!」

にこ「でも、九人分ともなると一人で作るの大変だし、皆にも手伝ってもらうわよ」

凛「えぇ?り、凛に出来るかなぁ」

花陽「大丈夫だよ、皆一緒だもん」

絵里「皆で作るなんて楽しそうね」

真姫「餃子パーティーねぇ・・良いんじゃない?」

穂乃果「・・・にこちゃん・・・」

にこ「・・・アンタばっかりに負担掛けるわけにはいかないでしょ・・・これでも部長だし?」

穂乃果「にこちゃん・・・!」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:12:57.94 ID:Y4+Jl7Vt.net
穂乃果「よお~~し皆!最後にビシッと決めよう!・・・そして最高のラブs」

花陽「もぉ我慢出来ません!!やりましょう餃子パーティー!!今すぐ!!!」

穂乃果「えええぇぇえぇぇえぇぇぇーーーーーーー!!?ちょ、ちょっと待ってよ!!それはラブソング作ってからって言ったじゃない!!」

絵里「そうね、にこにも都合があるでしょうし・・・」

穂乃果「そ、そうだよ!準備とか色々大変だろうし!」

にこ「ブツブツ・・・あの店、確かタイムセールが・・・ブツブツ・・・先週が鮮魚だったから今週はおそらく・・・生地を寝かせる時間が無いから市販の物を・・・」ブツブツ

穂乃果「・・・に、にこ・・・ちゃん・・・?」

にこ「イケる!!!」

穂乃果「イケないで!!!」
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:13:57.67 ID:Y4+Jl7Vt.net
にこ「いいアンタ達!?タイムセールを甘く見るんじゃ無いわよ!!お店はステージ、食材はお客さんの心だと思いなさい!!」

全員「はい!!」

穂乃果「えええぇぇぇえーーー!!?ほんとにやるの!?ラブソングどうするの!?希ちゃん!ラブソング作りたかったんじゃ無いの!?」

希「皆で一つの物を作れるんやったら、餃子でもラブソングでもどっちでもええんと違う?」ウインクバチーン!

穂乃果「良くないよ!!餃子でどうやってラブライブ勝ち抜くの!?」

凛「あ~~!テンション上がって来たにゃ~!歌でも歌いたい気分だにゃ~!」

海未「良いですね!」

絵里「歌いましょう、皆で!」

全員「Hi Hi Hi 包め~る餃~子♪ Hi Hi Hi 食べれ~る餃~子♪」

全員「材料費~は全部~♪穂~乃~果~が出してよ~♪」

穂乃果「Hi Hi Hi 出すわ~け無いでしょ~♪・・出す訳無いでしょ!!!いい加減にして!!!」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:15:26.37 ID:Y4+Jl7Vt.net
ヒデコ「カット~お疲れ様~!」

フミコ「あ~もうお腹痛い、すっごい面白かったよ!」

ミカ「凄い迫力だったね!途中からホントに雪が降ってるのかと思っちゃったくらいだよ!」

ことり「良かった、上手くいったみたいだね!」

穂乃果「ふえあぁぁ~、今回は疲れたよ~」

海未「ふふ、ご苦労様です」

花陽「走ったり叫んだり大変だったね」

希「穂乃果ちゃんのツッコミも大分板について来たみたいやね」

穂乃果「えへへ、そうかなぁ///」

真姫「絵里の異常なまでのお笑い耐性の低さをネタに組み込めたのも大きなプラス要因よね」

絵里「あ、あんなの耐えられる皆の方がおかしいのよ!」

凛「あ~~、絵里ちゃん顔真っ赤にゃ~~」
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:16:37.26 ID:Y4+Jl7Vt.net
にこ「アンタ達、浮かれてる場合じゃ無いでしょ!」

海未「・・・そうでしたね、お笑いの才能を持ったアイドルを発掘する為突如開催された「ラブライブ!お笑い部門」」

真姫「それもいよいよ最終予選」

絵里「相手はアイドル部門の雪辱に燃える・・・A-RISE!」

花陽「今度は私たちが王者として迎え撃つ立場なんだよね・・・なんか実感沸かないなぁ」

ことり「私達・・・勝てるのかなぁ」

凛「凛、自身無くなってきちゃったなぁ・・・」

穂乃果「大丈夫だよ!だってこんなに練習してるんだもん!今迄だって、皆で力を合わせて困難を乗り越えてきたんだもん!絶対大丈夫!!」

ことり「・・・穂乃果ちゃん」

海未「穂乃果・・・そうですね!」

穂乃果「よお~~し!皆で頑張って、アイドル部門とお笑い部門の二冠絶対達成しようね!!」

穂乃果「μ's!!」

全員「爆笑コント・・スタート!!」

おわり
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:19:04.33 ID:Y4+Jl7Vt.net
読んでいただき有難うございます。

前書いたやつ
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1489824949/

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

穂乃果「ほっのほっのか~!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「皆本当にラブソング作る気あるの!?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。