穂乃果「プランタン応援隊」

シェアする

Printemps-アイキャッチ5
1: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:54:19.74 ID:fF1tDkaeO
穂乃果「…ふたりとも準備は良い?」

ことり「うん、わたしはいつでも♪」

花陽「私も準備万端です!」

穂乃果「よし!それじゃあ…応援開始だよ!」

……………………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490799259

※ 同作者さんによるSSはこちらのトリップ検索から閲覧出来ます(管理人)

元スレ: 穂乃果「プランタン応援隊」

スポンサーリンク
2: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:55:14.29 ID:fF1tDkaeO
海未「そろそろですね、準備は良いですか?」

弓道部員1「は…はぃ」ガクガク

弓道部員2「大丈夫…大丈夫…」ブルブル

海未(…不味いですね、みんな緊張してしまっています)

海未(大会独特の空気に呑まれていますね、これでは実力を出せません…)

海未(いったいどうすれば…)
3: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:55:51.77 ID:fF1tDkaeO
「待たせたね!」バッ

海未「え?」チラッ

ことほのぱな「音ノ木ファイト♪ファイト♪オ~~♪」ポンポンフリフリ

海未「なっ!?」

ことり「行けるよ頑張れ♪」

花陽「出来るよファイト♪」

穂乃果「負けるな音ノ木♪」

ことほのぱな「いぇい♪いぇいぇ~~い♪」フリフリ

海未「」ポカーン
4: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:56:29.53 ID:fF1tDkaeO
ザワザワ ザワザワ…

穂乃果「海未ちゃん頑張れ~~っ!」

ことり「みんなふぁいとぉ~♪」

花陽「応援してるよ~~!」

海未「………ハッ」

海未(なっ、何をしているんですかあの3人は!?)

海未(弓道の大会であんな応援をすれば……)

穂乃果「がんばれー………え?」

穂乃果「あ、はい。ええ!?応援ダメなんですか!?」

ことり「ええぇ!?」

花陽「あわわわっ」アタフタ

海未(と、まあ注意されてしまいますよね…)
5: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:57:17.78 ID:fF1tDkaeO
ことほのぱな「……はい、すみませんでした」シュン

花陽「怒られちゃったね…」

穂乃果「大きな声出しちゃダメだったなんて…」

ことり「で、でも小さい声でだったらいいよって言ってくれたよ?」

穂乃果「そうだよね!それじゃあ今出来る全力の応援で……」

穂乃果「音ノ木ファイト~」コゴエ

ことり「みんながんばってぇ~」コゴエ

花陽「はふはふ、ふっふっ」ポンポンフリフリ
6: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:57:50.66 ID:fF1tDkaeO
海未(あ、応援の仕方を変えたようですね)

ことほのぱな「」フリフリポンポンフリフリ

海未(……なんか可愛いですね)

弓道部員1「ふふ、あれってμ'sの人だよね」

弓道部員2「うん、怒られたからってあんな応援……なんかかわいい」

海未(……みんな緊張は解けたようですね)

海未(どうなる事かと思いましたが…結果3人には感謝しないと行けませんね)

海未「それでは行きましょう、準備は出来ていますね?」

弓道部員達「はい!」

海未(応援に応えるために頑張らなければ……ふふっ、燃えてきました)
7: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:58:36.57 ID:fF1tDkaeO
――翌日――



穂乃果「いや~昨日は海未ちゃんかっこよかったね~」

ことり「うん、しゅぱ~って射って全部真ん中に当ててたもんね」

花陽「他の部員さん達も凄かったよね、ぽんぽん当たってて…」

穂乃果「う~ん、もしかして応援要らなかったかな?」

ことり「どうだろぅ~?」

花陽「大会の人に怒られちゃったし、逆に迷惑だったりして…」

穂乃果「そんな~っ!」

ことり「でもこっち見て笑ってくれてたし、少しは緊張とか取れたんじゃないかな?」

穂乃果「おおっ、そうだよね!」

穂乃果「それに少しくらいパワーをあげられたかもしれないし、結果良かったんだからポジティブに考えよう!」

ことぱな「うん!」
8: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:59:10.80 ID:fF1tDkaeO
穂乃果「それでえ~っと…、今日は何の応援に行くんだっけ?」

花陽「今日は凛ちゃんの応援だよ」

花陽「凛ちゃんが陸上部の人と勝負するらしくて…」

ことり「凛ちゃんが?何で勝負なんて…」

花陽「どうやら陸上部の人、凛ちゃんをスカウトしてるらしくて」

花陽「それで『勝負に勝ったら陸上部に入れーっ』って…」

ことり「それで断れなくて仕方なく?」

花陽「あ、ううん。凛ちゃんが勝負に勝ったらラーメン奢ってくれるんだって、それにつられちゃったみたいなの」

ことり「凛ちゃん…」

穂乃果「いいなー、ラーメン」ボソッ

ことぱな「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「あ…あはは、冗談だって」
9: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:59:49.19 ID:fF1tDkaeO
凛「いち、に、さん、し――」

陸上部部長「星空!」

凛「にゃにゃっ!?」ビクッ

陸上部部長「この勝負、意地でも勝って陸上部に入ってもらうからな!」ビシッ

凛「り、凛だって絶対ラーメンおごってもらうにゃ!」

陸上部部長「ふふ、もちろんおごってやるさ、私に勝てたらな!」

陸上部部長「まあ私が負けるなんてことはあり得ないけどな!」クルッ

陸上部部長「はっはっはっはっ」スタスタスタ

凛「ぅぅ~~~……」
10: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 00:00:29.18 ID:hi5kmrp1O
凛(いつもだったら絶対に負けない自信がある、でも……)チラッ

ナンカショウブスルミタイダヨー!
オモシロソウ!ミテコウミテコウ!
ブチョウガンバレーー!



ガヤガヤ ガヤガヤ



凛(まさかこんな人が集まるなんて……)

凛(しかも周りは陸上部の人ばっかだし、完全にアウェイにゃ……)

凛(……ぅぅ、変な汗かいてきちゃった)

凛「タ、タオルは――」
11: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 00:01:10.70 ID:hi5kmrp1O
花陽「はいっ、凛ちゃん!」サッ

凛「へっ?か、かよちん!?」

花陽「わっ、汗かいてる。拭いてあげるね」フキフキ

凛「え?ええ??」

穂乃果「準備運動は大丈夫?手伝うよ!」

ことり「お水も飲むかなぁ?あ、それとも勝負の前になにか食べとく?」

凛「な、なに?どういうこと??」

凛「なんで3人がいるの?」

花陽「それはもちろん――」

「「「凛ちゃんの応援に来たんだよ!」」」
12: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 00:01:49.44 ID:hi5kmrp1O
凛「凛の応援?」

穂乃果「そうだよ!」スチャ

穂乃果「凛ちゃん頑張って!」ポンポン

ことり「わたしたちがついてるよ!」フリフリ

花陽「凛ちゃん……ファイトだよ!」

穂乃果「花陽ちゃんそれ穂乃果の~~!」

花陽「ええっ!?」

凛「…………えへへ」
13: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 00:02:35.10 ID:hi5kmrp1O
花陽「とにかく凛ちゃん!私たちがついてるからね!」

花陽「だから……頑張ってね!」

凛「うん!頑張るにゃ!」

花陽「絶対勝ってね!」

凛「うん!」

花陽「絶対!絶対だよ!」ゴゴゴゴゴ

凛「う…うん」タジタジ

穂乃果「は、花陽ちゃんどうしたの?」

ことり「なんかすごい気迫だよぉ」

花陽「だって…もし凛ちゃんが負けて陸上部に入っちゃったら……」

花陽「一緒にいられる時間が…減っちゃうし……」

凛「へ?」

花陽「り、凛ちゃんとの時間が減るのは花陽はたえられないんです!////」

穂乃果「わあ♪」

ことり「きゃっ♪」
14: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 00:04:01.04 ID:hi5kmrp1O
花陽「だから…だから………っ////」

凛「かよちん………………にゃ♪」ギュッ

花陽「り、凛ちゃん!?////」

凛「大丈夫にゃ!凛は負けないよ?」

凛「かよちんがいてくれれば凛は100人力にゃ!」

凛「穂乃果ちゃんとことりちゃんも合わせれば200人力の力が出せるにゃ!」

穂乃果「あ、私達は50人力ずつなんだね」

凛「だから大丈夫!」

凛「凛はかよちんを悲しませるようなことは絶対しないから!」
20: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:05:25.59 ID:EerB1Kez0
花陽「凛ちゃん……うん!大好き♥」ギュー

凛「凛もだ~いすき♥」ギュー


イチャイチャ イチャイチャ




ことり「…………いいなぁ」チラッ

穂乃果「ふたりとも仲良しだね~」ホッコリ

ことり「そうじゃなくて…………はぁ」

穂乃果「??」
21: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:07:56.31 ID:hi5kmrp1O
凛(ふぅ、3人のおかげで気が楽になったよ)

凛「それにしても…」チラッ



花陽「凛ちゃん!」

ことほの「れっつご~っ♪」

花陽「凛ちゃん!」

ことほの「ふぁいお~っ♪」

花陽「負けるな凛ちゃん!」

ことほの「いぇいいぇいぇ~~い♪」

「「「ふぅぅぅ~~~っ♪」」」



凛「3人ともかわいいにゃ~♪」
22: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:09:05.85 ID:hi5kmrp1O
「それでは位置について」



凛(3人の応援を見てたらなんかぷわぷわしてきて身体が軽い!)

凛(今ならサンダーボルトさん的な人にも勝てる気がする!)


「よーーい………」


パンッ!



凛「負ける気がしないにゃ~~~っ!」シュババババッ
23: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:11:12.27 ID:hi5kmrp1O
――翌日――



ことり「昨日の凛ちゃんすごかったねぇ~」

花陽「うんっ、さすが凛ちゃん!」

穂乃果「でも突然『ドーピングだ~~』って言われた時はびっくりしちゃったよ~」

ことり「凛ちゃんがそんなことするはずないのにね」

花陽「でも凛ちゃん『頭がぷわぷわして身体が軽かった!』なんて言ってたよね……なんだったんだろう?」

穂乃果「う~ん………ハッ、もしかしてことりちゃんがあげたお菓子にクスリが……」

ことり「そんなことしてないよぉ~~…」

穂乃果「だよね~」

花陽「あはは……」
24: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:12:01.71 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「それじゃあ今日の応援もがんばろう!」

花陽「そういえば……今日はなんの応援に?」

ことり「今日は絵里ちゃんの応援なんだよね穂乃果ちゃん?」

穂乃果「うん!でも何をするかは聞いて無いんだよね……」

花陽「あれ、そうなんだ?」

穂乃果「うん、放課後に待ち合わせとしか」

ことり「なにをするんだろう?」

ことほのぱな「う~ん……」

穂乃果「まあ放課後になればわかるよね!」

穂乃果「と言うことで今日も応援頑張るぞーーっ!」

ことぱな「おお~~っ♪」
25: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:12:50.63 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「絵里ちゃ~~ん!」

絵里「あっ、穂乃果!」

穂乃果「お待たせ~~!」ダキッ

絵里「きゃっ、もう……いきなり抱きつかないの」ナデナデ

穂乃果「ごめ~ん」エヘヘ

絵里(ふふ、子犬みたいで可愛いわ♪)
26: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:14:19.70 ID:hi5kmrp1O
ことり「ほ、穂乃果ちゃんはやいよぉ~」

花陽「置いてかないで~」

絵里「あら……ことりと花陽?」

穂乃果「あはは、ごめんごめん」

絵里「え~と……穂乃果ふたりは……?」

穂乃果「うん?今日はプランタンで絵里ちゃんを応援するって話だったよね?」

絵里「えっ、そうだったかしら……?」

穂乃果「あれ?言わなかったっけ?」

絵里「ええ…聞いてないけど……」
27: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:15:31.55 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「……あはは、ごめんね~言い忘れてたみたい」テヘ

ことり「穂乃果ちゃ~ん……」

花陽「あはは……」

穂乃果「と言うことで絵里ちゃん!今日は3人で絵里ちゃんのこと応援するから!」

絵里「そうだったのね……」

穂乃果「うん!私達頑張るからね!」

絵里「……ええ、ありがとう」

絵里(穂乃果とふたりきりだと思ったのに……)ズーン

ことり「ん?」ピキーン

ことり(なんか危なかった……かも?)
28: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:16:55.98 ID:hi5kmrp1O
シャンシャンピコピコジャラランヒュンヒュン



絵里「ぅ……相変わらずすごい音ね」

穂乃果「そりゃゲームセンターだし?」

ことり「きゃ~♪みてみて花陽ちゃん!このぬいぐるみ穂乃果ちゃんそっくり!」

花陽「こっちのは凛ちゃんそっくり、かわいいな~♪」

ことり「ね~♪」

絵里「…………」
29: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:17:46.82 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「それで絵里ちゃん、なんでゲームセンター?」

絵里「え?……あ、言ってなかったわね」

絵里「今日はぷりくら?に再チャレンジしてみたいのよ」

穂乃果「へ?プリクラ?」

絵里「ええ、この前穂乃果と凛と撮った時は変な顔になっちゃたじゃない?」

絵里「だから今度こそちゃんと撮ってみたいのよ」

穂乃果「へー、なんか意外だね。絵里ちゃんがそういうのに興味持つなんて」

絵里「ま、まあ私だって女子高生なわけだし?」

絵里(本当は穂乃果とふたりで撮りたいだけなのだけど)

穂乃果「そっか~、なんか応援とは違うけどまあいっか!」
30: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:18:44.82 ID:hi5kmrp1O
モウチョット…モウチョットデ……
コトリチャンガンバッテ!


穂乃果「それじゃあふたりを呼んできて一緒に――」

絵里「ま、まって!」

絵里「ふたりはほら……今楽しんでる訳だし」

絵里「私は穂乃果が一緒に撮ってくれればそれで……///」

穂乃果「そうなの?う~ん……まあいっか!」

穂乃果「それじゃ一緒に撮ろ♪」

絵里「ええ!」




ことり(んん?)ピキーン
31: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:20:10.22 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「……これでよし!それじゃあ撮るよ~!」

絵里(やったわ!念願のツーショットで――)



バサァッ

絵里「え?」

ことり「ずるいよぉ~、ふたりだけでプリクラ撮ろうとするなんて~」ニコニコ

ことり「今日はプランタンとして、なんだから4人で撮らないと」

ことり「ねっ、花陽ちゃん♪」ニコニコ

花陽「う…うんっ」ビクッ

絵里「くっ…」

穂乃果「あはは、そう言われれば確かにそうだよね!」

穂乃果「ごめんごめん」
32: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:21:32.36 ID:hi5kmrp1O
ことり「うふふ、穂乃果ちゃんったら~」チラッ

絵里「ん?………ハッ」ピキーン

絵里(ことりも穂乃果のことを……)

ことり(絵里ちゃんといえど穂乃果ちゃんは渡さないよ♪)

ことえり「……………ふふふふ」バチバチバチ

花陽「ひぃ…」

花陽(ふたりとも火花散らしてるよ~っ)ダレカタスケテーー




花陽「ほ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「よし、それじゃ撮るよ~」

花陽(あ、全然気付いてない……さすが穂乃果ちゃん…)タスケハナカッタ…
33: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:33:53.56 ID:hi5kmrp1O
――翌日――


穂乃果「あ~昨日は楽しかった」

ことり「そうだね、穂乃果ちゃん♪」

花陽(私は胃に穴が開きそうだったよ……)

穂乃果「それにしてもプリクラのあとは白熱してたね~」

穂乃果「ことりちゃんと絵里ちゃん色んなゲームで勝負してさ」

ことり「うふふ、久しぶりに熱くなっちゃった」

ことり「負けられない戦いがそこにはあったんです♪」

穂乃果「ことりちゃん意外と負けず嫌いだもんね~」
34: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:40:57.59 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「でも絵里ちゃんも意外とやるよね!結局ことりちゃんと引き分けだったんだもん!」

ことり「うん…次こそ、次こそ絶対に勝つよ!穂乃果ちゃん!」

穂乃果「うんうん、その息だよことりちゃん!頑張って!」

花陽(次もあるんだ……ふたりとも必死すぎて怖かったよ……)

ことり「ん?花陽ちゃんなぁに?」ニコニコ

花陽「ひっ……な、なんでもないよ。あははは………はぁ」
35: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:48:09.72 ID:hi5kmrp1O
花陽「それより今日の応援は……」

ことほの「ああっ!」

花陽「へ?」

穂乃果「そうだった!希ちゃん待たしちゃう!」

花陽「どういうこと?」

ことり「今日は希ちゃんの応援でね、学校終わったら神社に来てって言われてるの!」

花陽「ええ!?」

穂乃果「すっかり忘れてた!ふたりとも行くよ!」ダッ

穂乃果「だ~~~しゅっ!!」タタタタタッ

ことり「ま、待ってよぉ~穂乃果ちゃ~~ん」タタタタタッ

花陽「ええ~っ、ふたりともはやいよぉ~」タタタタタッ
36: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 21:57:30.18 ID:hi5kmrp1O
ことほのぱな「はぁ…はぁ…はぁ…」

希「おお、3人とも来たね~……って、どうしたんそんな疲れて……?」

ことり「き…気にしないで……」

穂乃果「間に合ってよかった……」

花陽「です……」

希「?」

希「まあそんな状態じゃあれやし、お茶でも飲んで取り合えず一息いれよか」

穂乃果「おお、天使だ……」

希「いや巫女やけど……」
37: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 22:05:16.54 ID:hi5kmrp1O
希「それではさっき説明した通り3人には巫女さんの仕事を手伝ってもらいます!」

ことほのぱな「はいっ!」

希「ふふっ、3人とも巫女服似合っとるね」

穂乃果「えへへ、巫女服なんて着る機会ないしなんか新鮮だね!」

花陽「うん!いつもと違う自分になれたみたいです!」

ことり「そうだね、着るものが違うだけで全く違う気分になれるよね♪」

穂乃果「うんうん!私もなんかいつもと違う気がする!」

穂乃果「よ~しっ、それじゃあニュ~プランタンで頑張るぞ~~っ!」

ことぱな「おぉ~~っ♪」


希(ふふ、元気でかわいいなあ~)
38: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 22:09:13.78 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「……え~と、それで」

希「ん?」

穂乃果「何をすればいいんだったけ?」


ズコーー!


穂乃果「あれ?」

ことり「ほ、穂乃果ちゃ~ん……」

花陽「さっき説明受けたよぉ~」

穂乃果「あはは……巫女服でテンション上がってて忘れちゃった」テヘ

希「ふふ、穂乃果ちゃんは何を着ても穂乃果ちゃんってことやんね」
39: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 22:13:07.90 ID:hi5kmrp1O
ザッザッザッ


花陽「ふぅ……こんなところかな?」

希「花陽ちゃん」ヒョコ

花陽「あ、希ちゃん」

希「どう?掃除は進んでる?」

花陽「うん、この辺りは取り合えず終わったけど……どうかな?」

希「ん~」キョロキョロ

希「うん、バッチリや!」

花陽「よかった~……」

希「花陽ちゃん頑張ってくれてありがとなあ~」ナデナデ

花陽「の…希ちゃん?///」

希「ふふ、いい子いい子」ナデナデ

花陽「あぅ~…///」
40: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 22:20:51.73 ID:hi5kmrp1O
ことり「希ちゃ~~んっ」

穂乃果「こっちは終わったよ~~…って、ああ!なんかふたりがいちゃついてる!」

花陽「ええっ!?い、いちゃついてた訳じゃ……///」

希「そうそう、花陽ちゃん頑張ってくれたからいい子いい子してただけやん?」

花陽「そうです!私は凛ちゃん一筋だもん!」

希「なんか普通に振られてもうた……ウチショックやわ~」ヨヨヨ

花陽「の、希ちゃ~ん…」

希「うふふ♪」
41: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 22:28:38.04 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「ねね、ねねねっ」ススス

希「?」

穂乃果「穂乃果も頑張った!」

希「…ふふっ、はいはい♪」

希「いい子いい子♪」ナデナデ

穂乃果「くぅ~ん♪」

希「穂乃果ちゃんかわいいなあ~」

希「花陽ちゃんに振られちゃったし穂乃果ちゃんに鞍替えしよっ」

ことり「!?」

希「穂乃果ちゃんよしよ~し♪」ワチャワチャ

穂乃果「わうわぅ~ん♪」
42: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 22:48:45.02 ID:hi5kmrp1O
ことり「うぅ…穂乃果ちゃんが希ちゃんにぃ~……」ボソボソ

希「ん?」チラッ

ことり「むぅ……」ムスゥ

希(……ふふ、なるほどね)



希「はい、おしまい!」パッ

穂乃果「ええ~、もっとぉ~」

希「だ~め、次はことりちゃんの番やからね」

ことり「え?わたし?」

希「もちろん、ことりちゃんも頑張ってくれたからね」

希「でもことりちゃんはウチに撫でられても嬉しくないだろうから……」ゴソゴソ

希「これを進呈しよう♪」ヒョイ
43: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 22:49:17.18 ID:hi5kmrp1O
ことり「これは……おまもり?」

希「そう、恋愛成就のお守り」

ことり「えっ……それって///」チラッ

穂乃果「?」

希「ふふっ、頑張ってなことりちゃん♪」

ことり「うんっ、がんばるね!希ちゃんありがとぉ~♪」

花陽「ことりちゃんいいな~…」ボソッ

希「もちろん花陽ちゃんにもあるよ」ヒョイ

花陽「え?……あ、ありがとう…///」

希「ふたりとも頑張ってな♪」

ことぱな「うんっ!」
44: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:21:08.23 ID:hi5kmrp1O
――翌日――



花陽「昨日は応援に行ったはずなのに逆に応援されちゃったね」

ことり「うん、お守りも貰ったし頑張らないとね花陽ちゃん!」

花陽「うん!」


穂乃果「……ふふ、ふっふっふ~♪」

ことぱな「?」

穂乃果「穂乃果気付いちゃった、気付いちゃったよふたりとも!」

穂乃果「昨日貰ってたの恋愛成就のお守りなんだよね?」

花陽「う、うん」(え…まさか…)

穂乃果「ということは~…要するにそういう事だよね!」

ことり「え、え~と…」(まさか穂乃果ちゃん……)

穂乃果「もうっ、ひどいよ!そういう事なら言ってくれればいいのに!」

ことぱな(遂に気付いた!?)
45: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:23:28.52 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「それでことりちゃん!」

ことり「ひゃ、ひゃいっ」ビクッ

ことり(うそ……本当に気付かれちゃった?)

ことり(ど、どうしよう///まだ心の準備が…///)チラッ

穂乃果「だ~め、目そらさないで!」クイッ

ことり「っ////」

ことり(こんな近くで見つめられたら……わたし…わたし////)

穂乃果「これで逃げられないね」

ことり「~~っ////」
46: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:24:37.17 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「それでことりちゃん……」

花陽「…………」ゴクン










穂乃果「誰の事が好きなの?」











ことり「…………へ?」









花陽「……………デスヨネー」
47: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:25:35.60 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「それに花陽ちゃんも!ずるいよふたりだけで内緒にして!」

ことり「…………」

穂乃果「言ってくれれば恋愛相談乗るのに!」

花陽「え…え~と…」チラッ

穂乃果「それで誰なの誰なの?」

穂乃果「もしかして穂乃果の知ってる人?」

穂乃果「μ'sの中に居たりして!」
48: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:27:08.75 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「気になるよー!いったいだれ…………ん?」チラッ

ことり「…………」プクー

穂乃果「どうしたの?頬っぺた膨らませて」

ことり「……なんでもないですよー」プイ

穂乃果「え?え?」

穂乃果「なんで怒ってるの?穂乃果なにかした!?」



花陽「……穂乃果ちゃん」ポン

穂乃果「あ、花陽ちゃん!ことりちゃんはなんで――」

花陽「穂乃果ちゃんがわるい………です」ジトー

穂乃果「だからなんでぇぇぇーーっ!?」



ことり「ふーんっ、もう穂乃果ちゃんなんかしりませんっ」

ことり「花陽ちゃん今日の応援に行こ~」スタスタ

花陽「うん」スタスタ

穂乃果「待ってよぉ……謝るから置いてかないでーーーっ」
49: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:29:25.02 ID:hi5kmrp1O
ピーンポーン♪

ガチャ

にこ「……本当に来たのね」

花陽「うんっ♪応援が必用なところにプランタンあり……だよ♪」

にこ「私のは応援じゃないと思うんだけど……まあいいわ、上がって」

花陽「うん、お邪魔します」

にこ「……ところで花陽、あのふたりはなんなの?」チラッ






穂乃果「ことりちゃんごめんってば~~!許してよ~~!」

ことり「知りませんっ」プイッ

穂乃果「ことりちゃぁぁぁん」ギュ~~

ことり「♪」
50: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:34:18.28 ID:hi5kmrp1O
花陽「……気にしないで♪」

にこ「いや無理でしょ!」

花陽「にこちゃん……馬に蹴られちゃうよ?」

にこ「え?…………ああ、そういう?」サッシ

花陽「うんうん、そういうことです」

にこ(あのふたりって付き合ってたのね……)カンチガイ

にこ「まあいいわ、そこのバカップルもとっとと入りなさい」ガチャ


ことり「バ、バカップルなんて…///」モジモジ
51: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:36:14.42 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「ぅぅ……ヒグッ……」

ことり「ほら、穂乃果ちゃんも入ろう?もう怒ってないから」

穂乃果「ぅぅ……ほんとう?」ウルウル

ことり「本当だよぉ、わたしこそごめんね」

穂乃果「……よかったよぉ~~、ことりちゃんに嫌われちゃったかと思ったよ~~っ」ギュ~

ことり「えへへ、ことりが穂乃果ちゃんを嫌うなんてことあり得ないよぉ」

穂乃果「ことりちゃん大好き!」ギュギュ~

ことり「穂乃果ちゃんっ」(ああ…しあわせ……)

ことり「それじゃあ中に入ろうか♪」

穂乃果「うん!」




ガコン

ことり「…………って閉まってる!?」
52: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:37:17.80 ID:hi5kmrp1O
にこ「全く、いつまでもいちゃついてるんじゃないわよ」

ことほの「ごめんなさい…」


穂乃果(というか いちゃついてるってどういうことだろ?)

ことり(いちゃついてるって///もう周りからは公認ってことかな///)


にこ「それじゃ私は行ってくるからあと頼むわね、詳しくは花陽に言ってあるから」

穂乃果「はーい!」

ことり「いってらっしゃーい」

ガチャン



穂乃果「にこちゃんの応援ってなんなんだろう?」

ことり「う~ん、花陽ちゃんが知ってるっぽいし行ってみようか」

穂乃果「そうだね」
53: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:43:30.80 ID:hi5kmrp1O
穂乃果「出掛けて来るからちび達をお願い?」

花陽「うん、今日仕事でお母さん帰って来れないみたいなの」

花陽「だけどにこちゃんも銀行行ったり買い物したりしなくっちゃいけないらしくて……」

ことり「そこでわたし達の出番って訳だね」

こころ「よろしくお願いします」ペコリ

穂乃果「おお、こころちゃんいい子だね~」ナデナデ

こころ「いえ、挨拶はしっかりとお姉さまに言われていますから」

穂乃果「へ~にこちゃんが………すごいなぁ」

穂乃果「私雪穂にそんなこと言ったことないよ~」

ことり「あはは…雪穂ちゃんはしっかり者だから」
54: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:45:04.20 ID:hi5kmrp1O
タタタタタッ………ダキッ

穂乃果「うわっ」

ここあ「穂乃果ねーちゃん遊ぼう!」

穂乃果「ここあちゃん!いいよいいよ、なにする?」

ここあ「ゲーム!」

穂乃果「よーしいいよー!負けないぞ~!」

ここあ「わたしだってーー!」

タタタタタッ
55: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:45:48.87 ID:hi5kmrp1O
花陽「ふふっ」

こたろう「あ~、みゅ~ず~」

花陽「あ、こたろうくんこんにちは」

こたろう「こんにちは~」

花陽「こたろうくんは何かしたいことあるかな?」

こたろう「ん~………わかんない~」

花陽「あはは……う~んそれじゃあ……」チラッ

花陽「あ、この広告もらうね」カキカキ

こたろう「?」



花陽「はいっ、これな~んだ?」サッ

こたろう「あ~!にこに~!」キラキラ

花陽「ふふ、正解です♪」

こたろう「ね~もっともっと~」

花陽「うん、じゃあ一緒にお絵かきしようか♪」

こたろう「する~!」
56: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:46:52.61 ID:hi5kmrp1O
ことり「わたし達はどうしようか?こころちゃん何かしたいことはありますか?」

こころ「え~と……特には。宿題も終わってますし」

ことり「わぁ~こころちゃんはいい子だね、宿題ひとりで出来たんだぁ~」

こころ「もちろんです!お姉さまに迷惑をかけてはいけませんから!」

ことり「こころちゃんは本当ににこちゃんの事が大好きなんだね♪」

こころ「はいっ!」

ことり「ふふっ。………あっ、そうだぁ!」パン

こころ「?」
57: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:47:26.80 ID:hi5kmrp1O
ことり「それじゃあ大好きなにこちゃんにお菓子を作ってあげるっていうのはどうかなぁ?」

こころ「お菓子?でもわたしお菓子なんて作ったこと…」

ことり「大丈夫だよ、教えてあげるから♪」

こころ「本当ですか?」

ことり「もちろん♪」

こころ「それなら……やってみたいです!」

ことり「うん、大好きなにこちゃんに喜んでもらえるように頑張ろうね!」

こころ「はいっ!」
58: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:52:06.98 ID:hi5kmrp1O
にこ(だいぶ遅くなっちゃったわね……)


ガチャ

にこ「ただいま~……ん?」クンクン

にこ(なんか良い匂いね)

こころ「あっ!お姉さまお帰りなさい!」タッタッタッ

にこ「こころ、ただいま」

こころ「あの…お姉さま、渡したいものが…」

にこ「ん?」
59: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:54:56.82 ID:hi5kmrp1O
こころ「はいっ、お姉さまいつもありがとうございます!」

にこ「え?……これ、クッキー?」

にこ「もしかしてこころが作ったの?」

こころ「はい!いつもわたし達のために頑張ってくれるお姉さまにプレゼントです!」

にこ「こ、こころ…………」プルプルプル

こころ「え、えっと……お姉さ――」

にこ「ありがとーーっ!」ギュー

こころ「ひゃっ!」

にこ「こんな良い妹が持てて私は最高に幸せよーーっ」

こころ「お姉さま……えへへ」





ことり「ふふふ♪」

花陽「よかったね♪」
60: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:55:58.68 ID:hi5kmrp1O
にこ「こころ~♪」ギュー

こころ「お姉さま苦しいです~」

ことり「ふふ、こころちゃんよかったね♪」

こころ「あっ!ことりさん!」

にこ「あっ///」パッ

にこ(そういえば居たんだった…///)

ことり「ふふっ♪」ニコニコ

にこ「……ゴホン、あんた達も今日は助かったわ」

ことり「ううん、それよりお家にあるもの勝手に使っちゃった、ごめんね?」

にこ「それは全然問題ないけど……」

ことり「よかった♪」

花陽「ここあちゃんとこたろうくんは向こうで穂乃果ちゃんとお昼寝中です」

ことり「遊び疲れちゃったみたい」

にこ「そう…………って穂乃果も!?」
61: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:56:51.11 ID:hi5kmrp1O
ことり「それじゃあわたし達はそろそろ帰ろっか?」

花陽「はい、穂乃果ちゃん起こさないと…」

にこ「……いいわよ、そのまま寝かしときなさい」

花陽「え……でも…」

にこ「こころ、もう少しふたりと遊んでてくれる?」

こころ「はいお姉さま!」

ことり「え~と……にこちゃん?」
62: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:57:33.63 ID:hi5kmrp1O
にこ「……なによ、何かこのあと予定でもあるの?」

花陽「それはないけど……」

ことり「わたしも…」

にこ「…それなら夕飯食べて行きなさいよ、今作るから」

ことり「え……いいの?」

にこ「当たり前でしょう?」

にこ「…………本当に感謝してるんだから」ボソッ

ことぱな「にこちゃんっ!」パァ

にこ「…ふんっ、だから少し待ってなさい」

ことぱな「うん!」
63: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:58:55.51 ID:hi5kmrp1O
――翌日――



穂乃果「にこちゃんのごはんはうまい!」

花陽「うん!それにこころちゃん達も可愛かったです!」

ことり「そうだね♪あとにこちゃんのお姉さんな所も見られてよかった♪」

穂乃果「うんうん。あ、でもにこちゃんって良いお姉ちゃんだけど……」

ことぱな「?」

穂乃果「良いお嫁さんにもなれそうだよね!」

ことり「」ピシッ

花陽「あ…」

穂乃果「ちょっと素直じゃない所もあるけど、でも優しいし!ごはんもおいしいし!」

穂乃果「はぁ…私もあんな人と結婚したいな~…な~んてね♪」
64: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/30(木) 23:59:59.90 ID:hi5kmrp1O
ことり「………ほ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ん?」

ことり「こ、ことりもお料理出来るよ!」

穂乃果「うん?知ってるよ?」

ことり「お裁縫も得意だし、小さい子も大好きだし!」

ことり「す、好きな人だったら…もちろん優しく…///」チラッチラッ

穂乃果「あ~確かにことりちゃんも良いお嫁さんになれそうだよね!」

ことり「っ! そうかな!?」パァ

穂乃果「うん!ことりちゃんと結婚する人は幸せだね!」

ことり「………………」プクー

穂乃果「…あれ?またほっぺが……」

ことり「……ふーんっ、穂乃果ちゃんなんて――――」

穂乃果「な、なんでーーーっ!?」



花陽(……ああ、また始まってしまいました…)ダレカタスケテー
65: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:02:58.61 ID:PReF6Mp5O
真姫「……何してるのよ」ヒョコ

花陽「あ!真姫ちゃん!」タスケハアッタ!


フーンッ!
コトリチャァァァァン!


真姫「なに、あれ?」

花陽「えっと、あれには深い事情があるというか……穂乃果ちゃんが悪いというか……」

花陽「そ、それより真姫ちゃんこそどうしたの?」

真姫「私?私は…………ちょっとぶらぶらしてただけよ」

花陽「ぶらぶらって……珍しいね。この時間はよく音楽室でピアノ弾いてるのに」
66: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:05:12.51 ID:PReF6Mp5O
真姫「べっ、別にいいでしょ!」

真姫「気分転換よ気分転換!あ、別に曲が思い浮かばなないとかそういう訳じゃないから!本当に違うから!」

花陽「…………………浮かばないの?」

真姫「だ、だから違うって!」

真姫「その気になれば曲のひとつやふたつすぐに……すぐに……」

花陽「……真姫ちゃん」ギュッ

真姫「は、花陽?」

花陽「…そんなにひとりで抱え込まないで、私達のこと頼って欲しいな……なんて」

真姫「……でも」

花陽「私達……友達でしょ?友達を、仲間を助けるのは当然だもん」

真姫「! ……そうね、そうかも……」
67: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:06:03.19 ID:PReF6Mp5O
花陽「それに……………」

真姫「?」



花陽「こういう時こそプランタンの出番です!」



真姫「え?」

花陽「応援が必用なところにプランタンあり!」

花陽「さあ真姫ちゃん!行くよ!」グイグイ

真姫「ヴェェ!?なんなの~~!?」

花陽「1名様ごあんな~~い……ですっ!」

真姫「なんなのよーーーーっ!?」
68: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:06:51.31 ID:PReF6Mp5O
ことほの「曲が浮かばない!?」

花陽「そうなんです!」

真姫「…………」カミノケクルクル

穂乃果「あわわっ!そ、それは一大事だよ!」

ことり「スランプって感じかな?」

真姫「……わからないわ、なんか気分が乗らないのよ」

花陽「う~ん……どうすればいいんだろう?」

ことり「やっぱり気分転換じゃないかな?わたしはそうしてるよ」
69: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:07:23.39 ID:PReF6Mp5O
真姫「ことりも?」

ことり「うん。わたしも衣装のデザインがどうしても浮かばないときがあるから」

ことり「そういうときは気分転換に他のことを考えますっ」

真姫「他のことって、例えば?」

ことり「う~ん…わたしの場合は好きなもののことかな?」

穂乃果「ことりちゃんの好きなものというと……チーズケーキとか?」

ことり「うん♪チーズケーキのこと考えてると幸せな気持ちになれるんだぁ♪」

ことり「そうすると衣装のイメージが浮かんできたりするよ」

真姫「……単純でいいわね」

ことり「がーんっ!?」
70: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:07:57.39 ID:PReF6Mp5O
真姫「でも他のことを考える……か」

穂乃果「真姫ちゃんは好きな事とかないの?」

真姫「そうね……無くはないけど……」

花陽「そういえば真姫ちゃんって写真撮るの好きじゃなかったけ?」

ことり「写真?」

真姫「まあ…確かに好きだけど」

穂乃果「おお!写真撮るのが好きなんて、真姫ちゃんなんかかっこいい!」

真姫「べ、別にそんなことないでしょ///」

真姫「普通よ普通///」カミノケクルクル
71: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:09:02.35 ID:PReF6Mp5O
穂乃果「ねえねえ真姫ちゃん!それじゃあさ、私達のことも撮ってみてよ!」

真姫「穂乃果達を?」

ことり「あ、いいかも♪わたしも撮ってもらいたいなぁ~」

真姫「……嫌よ。私人物は撮らないの」

ことほの「え~~…そんなぁ~…」

花陽「でもたまには他のものを撮ったりするのも……」

ことり「うんうん、気分転換になるんじゃないかな♪」

真姫「…そうかも知れないけど」
72: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:09:43.88 ID:PReF6Mp5O
穂乃果「よし!それじゃあ行こう!」

真姫「へ?行くってどこに――グイッ――ヴェェ!?」

穂乃果「もちろんみんなで写真を撮りに、だよ!」

真姫「ちょ、ちょっと待って、私カメラも持ってないし…」

ことぱな「大丈夫大丈夫♪」グイグイ

真姫「なにが大丈夫なの――ってちょっと ふたりまで!」

穂乃果「さあ行こ~~っ♪」

ことぱな「お~~♪」

真姫「も~~~!」ズルズル
73: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:10:32.06 ID:PReF6Mp5O
ピロリーン♪

真姫「……まさかスマホで写真撮影なんて」

真姫「しかも被写体が……」



ことり「今日もクレープがうまい!」パクッ

花陽「ことりちゃん穂乃果ちゃんの真似上手ですっ」パチパチ

穂乃果「わ、私そんなのじゃないもん!」

ことり「そうかなぁ……じゃあお手本をどうぞっ」

穂乃果「よし………いや~今日もクレープがうまい!」パクリン

ことぱな「お~~」



真姫「これだし……」

真姫(まあ…なんか癒されるからいいけど…)ピロリーン♪
74: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:12:17.13 ID:PReF6Mp5O
穂乃果「はひはふ、ふはふはもふもふ?」モグモグ

真姫「…ちゃんと食べてから話なさいよ」

穂乃果「ん……ゴクン。真姫ちゃん上手く撮れてる?」

真姫「上手くもなにもスマホだし……」

ことり「じゃあ楽しく撮れてる?」

真姫「楽しく?」

花陽「写真の中の私達は…楽しそうかな?」

真姫「…そうね……楽しそう、かしらね」

穂乃果「じゃあじゃあ、真姫ちゃんはどうかな?」

真姫「私?…………私は」

真姫「…まあそうね、楽しく…無くもないかも」

ことほのぱな「……えへへ~」
75: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:13:32.52 ID:PReF6Mp5O
真姫「な、なによ3人して」

穂乃果「だって、ねぇ?」

ことり「うん♪真姫ちゃんが楽しんでくれてるのなら♪」

花陽「私達としては大成功ですっ」

ことほのぱな「ね~♪」


ウマクイッタ!
イッタネ!
イェーイ…デスッ!


キャキャッ♪


真姫(……まあなんか癒されて気分転換にはなったし)

真姫「ありがとう…」ボソッ

花陽「え?」

ことり「今なんて――」
76: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:14:46.29 ID:PReF6Mp5O
真姫「な、なんでもないわよ!///」プイッ

穂乃果「嘘だよ!真姫ちゃん今なんて言ったの~っ?」

真姫「べ、別にいいの!///」

穂乃果「何でよ~!真姫ちゃぁん!」ダキ ギュー

真姫「ヴェェェェ~~!?////」

花陽「真姫ちゃん…教えて欲しいな~」コソッ

ことり「おねがぁい♪」コソッ

真姫「ちょ、ちょっとやめて!///」ブルッ

真姫「と、特にことり花陽!耳元で囁かないで!///」

真姫「なんか色々溶けそうになるから!!///」

ことぱな「そんなぁ~…」

穂乃果「あっ♪私はお許しが出たよ♪」ギュ~♪

真姫「ゆ、許した訳じゃないわよ~~!///」

ことほのぱな「えへへへ♪」

真姫「も~~~イミワカンナイ!////」
77: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:16:09.33 ID:PReF6Mp5O
――翌日――



穂乃果「えへへ~、真姫ちゃん元気出てよかったね!」

ことり「うん♪気分転換になって作曲も上手く行ってるみたい♪」

花陽「あ、そういえばあの話もOKもらえたよ~」

穂乃果「あの話って………なんだっけ?」

花陽「ワスレチャッタノーー!?」

穂乃果「え、え~と……」

ことり「わたし達がみんなを応援しよう!ってなったのは何でだったかなぁ?」
78: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:16:47.01 ID:PReF6Mp5O
穂乃果「…………あっ!」

ことり「思い出した?」

穂乃果「うん!そうだった!」

穂乃果「私達プランタンの新曲を作るため、だったね!」

花陽「そうです!みんなを応援出来るような曲を作るために」

ことり「実際に応援してみよう ってなったんだよね」

穂乃果「うんうん!」
79: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:17:16.84 ID:PReF6Mp5O
穂乃果「それじゃあ歌詞を考えよう!」

花陽「みんなを応援出来るように」

穂乃果「私達の元気と!」

ことり「愛が伝わる曲が良いよね♪」

穂乃果「…ん?愛はひつよ――「必要です♪」――はい…」
80: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:17:43.30 ID:PReF6Mp5O
穂乃果「それじゃあ張り切って考えよう!」

穂乃果「プランタンファイト~~♪」

ことぱな「お~~~♪」








おわり
81: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/31(金) 00:25:01.57 ID:PReF6Mp5O
読んでくれた方ありがとうございました。

CheerDay CheerGirl!を聴きながらプランタンの3人が精一杯ポンポン振ってるのを妄想してたら書きたくなったので。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「プランタン応援隊」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「プランタン応援隊」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。