凛「ドッキリ大成功!」

シェアする

凛-アイキャッチ28
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:09:41.60 ID:0FDa3MJJ0
とある日

凛「でね、これが傑作なんだよ」

絵里「ふうん。どんな話なの?」

真姫「自分で傑作ってハードル上がるわよ?」

凛「大丈夫にゃあ」

ズボッ

絵里「え?キャアア」

真姫「きゃああああ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490980181

元スレ: 凛「ドッキリ大成功!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:13:51.06 ID:0FDa3MJJ0
真姫「イタタ…なんなの?」

絵里「これって…落とし穴?」

真姫「誰の仕業よ」

凛「ねえねえ、絵里ちゃん聞いて?」

絵里「な、何?今それどころじゃ」

凛「ドッキリ大成功にゃ~」

絵里「…………」

真姫「…………」

絵里「え?凛の仕業なの?」

真姫「どういう事よ?」

凛「だからドッキリ大成功~」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:16:03.50 ID:0FDa3MJJ0
絵里「ちょっと待って?頭の中を整理するから………凛がこの落とし穴を掘ったの?」

凛「うん。ドッキリの為に」

絵里「えっと…どうしてドッキリを?」

凛「面白いかなと思って」

真姫「」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:22:10.50 ID:0FDa3MJJ0
真姫「何にも面白くないわよ。怪我したらどうするのよ?」

凛「それは大丈夫にゃ!ちゃんと安全を考慮して考えたから」

真姫「そう言う問題じゃないのよ。だいたい…こんだけの穴をよく掘ったわね」

凛「うん。苦労したにゃ」

絵里「おかしいと思ったのよ。凛が話があるなんて言うから」

真姫「もういいから早くあげてよ。って言うかなんで凛も一緒に落ちてるのよ」

凛「ミスっちゃったにゃ」

真姫「呆れて言葉も出ないわ」

絵里「そうね。取り敢えずお説教は上に上がってからね」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:27:15.05 ID:0FDa3MJJ0
真姫「さあ、凛。早く上に上げてちょうだい」

凛「え?」

真姫「え?じゃなくって」

凛「………」

絵里「なんだか嫌な予感がするんだけど」

凛「凛は落ちる予定じゃなかったから」

絵里「やっぱり」

凛「おーい!希ちゃーん」

シーン

絵里「………希も共犯なのかしら?」

凛「と言うか言い出しっぺにゃ」

真姫「後でまとめてお説教ね」

凛「えー」

絵里「えーじゃないの。全く…希ー?いるんでしょ?早く上げてー」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:32:07.55 ID:0FDa3MJJ0
シーン

絵里「ねえ?希は上に居るのよね?」

凛「予定では…」

真姫「予定ではってなによ」

凛「予定では希ちゃんが録画してるはずなんだけど…おかしいね?」

真姫「おかしいねじゃないわよ。希が来なかったらどうするのよ」

凛「大丈夫だよ。そのうち来るって」

真姫「はあ…どうして私がこんな目に」

凛「本来真姫ちゃんは落ちるはずじゃなかったのにね」

真姫「どう言うことよ?」

凛「だって真姫ちゃんにこんな事したら怒られるでしょ?」

真姫「絵里だけに仕掛けるつもりだったの?」

凛「うん」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:35:34.35 ID:0FDa3MJJ0
絵里「私が怒らないと思ったの?」

凛「んー………多分」

真姫「絵里は普段から甘やかし過ぎなのよ」

絵里「やっぱり…そうかしら?」

あれ?なんだろこの穴?

絵里「え?この声は?」

凛「穂乃果ちゃんにゃ!」

真姫「穂乃果ー、聞こえるー?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:39:34.80 ID:0FDa3MJJ0
穂乃果「あれ?真姫ちゃんの声?」

真姫「穂乃果ぁ」

絵里「穂乃果もまさか共犯者じゃないでしょうね?」

凛「違うよ?穂乃果ちゃんはおっちょこちょいだから今回ははずれて貰ったにゃ」

絵里「自分のことを棚に上げて…」

真姫「穂乃果?どこかからハシゴを持って来て…」

穂乃果「いやぁ、穂乃果落とし穴の中に入るの初めてだよ~」

絵里「え?」

真姫「ほ、穂乃果?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:43:18.23 ID:0FDa3MJJ0
凛「いらっしゃい穂乃果ちゃん」

穂乃果「おじゃましまーす。いやぁ、なんだかワクワクするね?こういうのって」

真姫「馬鹿穂乃果ー!」

穂乃果「な、何?」

絵里「なんで…なんで入って来ちゃうのよ」

穂乃果「え?穴があったら入りたいってよく言うでしょ?」

絵里「穂乃果はどっかで恥でもかいてきたの?ねえ?」

真姫「やめましょ絵里…疲れるだけよ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:47:49.04 ID:0FDa3MJJ0
………。

穂乃果「なるほど。そう言う事なんだね」

絵里「そうよ」

穂乃果「凛ちゃん!」

真姫「ビシッと言ってあげなさい」

穂乃果「どうして誘ってくれなかったの?」

凛「だって穂乃果ちゃんおっちょこちょいだからドッキリにはむかないにゃ」

穂乃果「そんな事ないよ」

絵里「…穂乃果…あなたは生徒会長なのよ?」

真姫「この学校の行く末が心配になってきたわ」

穂乃果「大丈夫だよ。そのうち誰か来るって」

凛「そうにゃそうにゃ」

真姫「なんでこんなにポジティブなのかしら…」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:53:23.37 ID:0FDa3MJJ0
1時間後

穂乃果「リンゴ」

絵里「ゴリラ」

凛「ラッパ」

穂乃果「パセリ」

絵里「リンス」

凛「スパイダーマン」

穂乃果「あー、凛ちゃんの負けだよ。んがついた」

絵里「ふふっ。また凛の負けね」

凛「悔しいにゃ」

真姫「スパイダーならセーフだったじゃない」

凛「あれ?やっぱり真姫ちゃんもやりたい?」

真姫「誰が…くだらないわよ」

穂乃果「とか言ってぇ負けるのが怖いんじゃないの?」

真姫「なっ」

絵里「あらあら。そうなの真姫?」

真姫「絵里まで…いいわよ。やってやろうじゃない」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 19:47:25.82 ID:0FDa3MJJ0
それからさらに1時間後

絵里「タワシ」

凛「進行旅行」

穂乃果「ウリボー」

真姫「ボクサー……いつになったら上に上がれるのよ?」

絵里「えっと、よ?よ…ヨーロッパ」

真姫「今のは違うわよ」

絵里「え?真姫、イライラしちゃダメよ?」

真姫「だってもう2時間以上経つのよ?このまま誰も通りかからなかったら」

凛「え?」

穂乃果「穂乃果達どうなっちゃうの?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 19:53:35.96 ID:0FDa3MJJ0
………。

穂乃果「だ、誰か助けてー」

凛「希ちゃーーーーん。いるんでしょぉぉぉお」

絵里「ちょ、ちょっと落ち着いて…」

穂乃果「このまま一生穴の中かもしれないんだよ」

凛「嫌にゃぁぁぁ。心なしか空気が薄くなった様な気がするにゃ」

真姫「もういやぁ。なんで私がこんな目に」

絵里「だ、大丈夫だから。学校の敷地内なんだから誰かしら通るわ」

凛「そんな事言ってもうかなり経つにゃ~」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 19:59:02.21 ID:0FDa3MJJ0
あの…何をしてるのですか…。

穂乃果「え?」

凛「こ、この声は?」

真姫「海未?」

海未「なぜこの様な穴が?」

凛「わけは後で話すにゃー」

絵里「海未?取り敢えず私達を上に上げてくれない?」

海未「はあ…わかりました」

キョロキョロ

海未「これに捕まって下さい」

絵里「で、デッキブラシ…」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 20:05:20.63 ID:0FDa3MJJ0
海未「さあ、早く掴んで。上に引き上げますから」

穂乃果「うん。海未ちゃんが天使に見えるよ」ニギッ

凛「と言うか天使そのものにゃ~」ニギッ

海未「ちょっと、順番に。一気に引っ張らないでください」

ズドン

海未「き、きゃああああああ」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 21:15:31.10 ID:0FDa3MJJ0
………。

真姫「最悪…最悪だわ」ブツブツ

穂乃果「なんで海未ちゃんも落ちて来るのさ」

海未「あなた達が一気に引っ張るからでしょ?」

穂乃果「だったらデッキブラシだけ離せばよかったじゃん」

海未「助けて貰っといてなんですかその言い草は」

穂乃果「助かってないよ!」

凛「海未ちゃんのせいでギュウギュウだにゃ…」

真姫「凛がこんな狭い穴を掘ったからでしょ!」

凛「これでも苦労したんだよ」

海未「そもそも穴を掘る事事態がおかしいでしょ」

絵里「みんな落ち着いて。さっきから言ってる事がおかしいわよ」

海未「そうです。前向きに考えましょう」

真姫「この状況でどう前向きに考えられるのよ」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/01(土) 21:17:38.73 ID:0FDa3MJJ0
穂乃果「前向き…」

凛「落ちて来たのが…希ちゃんやかよちんじゃなく海未ちゃんで良かったにゃ」

海未「どう言う事ですかぁ」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 08:09:39.26 ID:8+6jaD590
凛「そのままの意味だよ」

海未「なっ、凛だって私の事言えないでしょう?」

穂乃果「痛い痛い。海未ちゃん暴れないでよ」

真姫「もういやぁ」

絵里「静粛に」

穂乃果「!?」

海未「絵里?」

絵里「喧嘩してる場合じゃないの」

凛「それは分かってるけど」

絵里「なら今何をするのがベストか考えましょう?」

穂乃果「そ、そうだね」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 08:14:49.77 ID:8+6jaD590
絵里「これ以上遅くなった場合…家の人も心配するわ。大事にになるかもしれないし…」

海未「そうですね」

真姫「でも…だからってどうするのよ?」

絵里「取り敢えず私は亜里沙に遅くなるかもしれないって連絡するわ」

真姫「え?」

絵里「えっと…よかったわ。スクールバックを持ってて。携帯はっと」ガサゴソ

海未「携帯?」

真姫「絵里…まさか」

穂乃果「持ってるの?」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 08:20:16.42 ID:8+6jaD590
凛「絵里ちゃん…いくらなんでも」

真姫「携帯があるならもっと早く助けを呼べたじゃない…今までの時間はなんだったのよ」

絵里「え?何?…あっ!?充電が…きれちゃった」

穂乃果「え?嘘でしょ?」

真姫「はあ…最悪…」

海未「絵里?その携帯電話でもっと早くに助けを呼ぼうとは思わなかったのですか?」

絵里「え?あっ、そうね。その手があったのね」

穂乃果「過ぎた事を他の人は携帯電話持ってないの?」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 08:24:02.85 ID:8+6jaD590
海未「私は鞄の中ですが鞄は上に」

真姫「私も部室よ」

凛「凛もだにゃ」

………。

穂乃果「誰かぁぁぁ」

凛「たすけてぇぇぇぇ」

海未「私達はここにいまーす」

真姫「誰かぁぁぁぁ」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 09:32:06.57 ID:8+6jaD590
さらに1時間後

穂乃果「もうこの穴の中に何時間いるのかな…日も暮れて来たし」

凛「きっとこのまま一生助けが来ないにゃ」

真姫「最悪…本当に…」ブツブツ

穂乃果「真姫ちゃんさっきからそればっかり」

真姫「うるさいわよ」

絵里「け、喧嘩はよしましょう?」

真姫「絵里は黙ってて」

絵里「そ、そんな」

海未「真姫。そんな言い方はないでしょう?絵里だって場を和ませようと頑張っているのです」

真姫「わ、悪かったわよ」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 09:35:04.15 ID:8+6jaD590
絵里「いえ………あっ!?いい事考えた!」

真姫「なによ?」

凛「もうがっかりさせないで欲しいにゃ」

絵里「肩車よ!肩車をして上に上がればいいじゃない」

穂乃果「た、確かに」

真姫「そうよ!どうして気がつかなかったのかしら」

凛「絵里ちゃん偉い!絵里ちゃん賢いにゃ」

海未「じゃあ早速」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 09:39:46.06 ID:8+6jaD590
………。

穂乃果「え?海未ちゃん早く穂乃果をおぶってよ?」

海未「え?いや…私が下ですか?」

穂乃果「だって…海未ちゃんの方が力持ちだし」

凛「あっ!凛はこの中で一番軽いから凛が一番最初にあがるにゃ」

真姫「そんな事いったら私だって軽いわよ」

穂乃果「そんな言い方したら穂乃果が重いみたいじゃん」

海未「みたいではなくて重いのです。普段から無駄な間食が多過ぎなのです」

絵里「だ、大丈夫よ?誰れでもいいけら早く上がりましょう?」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 09:47:46.72 ID:8+6jaD590
穂乃果「絵里ちゃんは下でしょ?」

絵里「え?」

真姫「そうね。一番背が高いもの」

絵里「そ、そうだけど…真姫だって高いじゃない」

凛「さあ、凛を早くおぶって?」

絵里「わかった…わかったから…」

穂乃果「凛ちゃんずるい」

真姫「もういいから早く上がって私達も助けてよ」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 10:34:31.19 ID:8+6jaD590
絵里「ちょっと屈むから詰めて?」

穂乃果「こっちだっていっぱいだよぉ」

真姫「ちょっと…痛いわよ」

絵里「ごめんなさい。凛早く乗って」

凛「んしょ…んしょ」

絵里「早く」

凛「わかってるよ」

絵里「さあ、立ち上がるわよ?」

凛「ゆっくりね?」

絵里「せーの」

真姫「せーのって力を入れるのは絵里1人じゃない」

海未「真姫。もう助かるのですからイライラしない」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 18:01:21.22 ID:8+6jaD590
凛「ねえ?」

絵里「何?早くして?結構大変なんだけど」

凛「届かないんだけど…ギリギリ」

絵里「え?」

穂乃果「嘘でしょ?」

凛「取り敢えず降りるにゃ」

絵里「え、ええ」

凛「…真姫ちゃんか海未ちゃんなら」

海未「真姫…登ります?」

真姫「…いいの?」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 00:08:54.34 ID:vfOb0o5aO
絵里「じゃあ真姫、早く上に乗って」

真姫「わかったわ。失礼します」

絵里「…いえ」

真姫「この歳になって肩車されるなんて恥ずかしいわね」

凛「え?そうなの?」

穂乃果「てっきり真姫ちゃんはしょっちゅうお父さんに肩車されてるのかと思ったよ」

真姫「どういうイメージよ。そんなわけないでしょ?」

絵里「真姫…」

真姫「何よ」

絵里「真姫って凄くいい匂いするのね」

真姫「やめてよ」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 00:12:14.24 ID:vfOb0o5aO
絵里「立ち上がるわよ?」

真姫「え、ええ」

絵里「せーの」

真姫「…」

絵里「………」

真姫「どうしたの?早く立ち上がってよ」

絵里「………」

真姫「絵里?」

絵里「ごめんなさい。持ち上がらないわ」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 00:16:34.23 ID:vfOb0o5aO
真姫「なんでよ。凛は持ち上がったじゃない。これじゃあまるで私が重いみたいじゃない」

絵里「ほら、真姫は凛より背が高いから」

真姫「もう嫌」

絵里「じゃあ、穂乃果か海未は?」

穂乃果「ほ、穂乃果はやめとこうかな」

海未「わ、私もやめておきます」

絵里「え?じゃあどうするのよ」

穂乃果「もう待つしかないよ」

凛「えー」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 12:19:52.80 ID:djAtmC5b0
凛「…助けに来るならにこちゃんがいいね?」

穂乃果「そだね」

凛「これ以上狭くなられたらたまったもんじゃないもんね…」

穂乃果「そだね」

真姫「どうして落ちて来る前提なのよ」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 21:08:42.01 ID:yXmGgRnbO
凛「だって現に穂乃果ちゃんも海未ちゃんも落ちて来たからきっとこの後も落ちて来るよ」

海未「私の場合はあなた達が無理やり引っ張るからでしょ」

穂乃果「穂乃果だって自分から入ったんだもん」

真姫「もうなんでもいいわよ。暑苦しいからもう無駄に喋らないで」

穂乃果「………」

海未「………」

凛「………」

真姫「………」

絵里「ねえ?なんで誰も喋らないの?」

穂乃果「だって真姫ちゃんが」

真姫「何よ?」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 21:24:33.40 ID:yXmGgRnbO
絵里「もう暗くなってきたし黙っちゃうと雰囲気も…」

凛「凛…知ってるよ…ちょうどこれくらいの穴に髪の長い女の幽霊がいるんだよね…」

真姫「や、やめなさい」

絵里「ばばばかね…そんなのいるわけ……」

海未「絵里?大丈夫ですか?気を確かに」

穂乃果「り、凛ちゃん…その髪の長い女の幽霊って…ちょうどあんな感じの?」

凛「そうそう。ちょうど上から覗き込んでるあの…にゃあああああああ」

絵里「いやぁぁぁぁ」

真姫「ちょ…降りて来るわよ」

穂乃果「うわぁ、悪霊退散、悪霊退散」

海未「だ、大丈夫です。私が何とかしますから」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 21:31:10.77 ID:yXmGgRnbO
絵里「キャァァァァァ」

もぉ~どうして凛ちゃんまで落ちとるの?

凛「え?」

絵里「の、のぞ…の」

希「もぉ、やる時は連絡してって言ったやん。ずっと待ってたんよ?もしかしてと思って見に来たら」

凛「そうだったけ?」

絵里「のぞみぃぃぃぃ」

真姫「来るのが遅いのよ」

穂乃果「ゆ、幽霊かと思ったよ」

希「幽霊は普通穴の方からやと思うけどね。しかも井戸やし」

海未「言いたい事は沢山ありますが」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 21:36:18.19 ID:yXmGgRnbO
希「そやね。もう遅いしことりちゃんと花陽ちゃんも上で待ってるよ?凛ちゃん梯子も忘れてるし」

花陽「みんな大丈夫?」

ことり「早く上がってかえろう?」

真姫「はあ…本当に散々な目にあったわ」

絵里「全くね」

凛「そもそも穂乃果ちゃんが来た時点で助かってたはずだったんだよ」

穂乃果「それを言い出したら凛ちゃんと希ちゃんが」

海未「二人とも上がったらお説教ですから今はやめてください」

穂乃果「え?穂乃果も?」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 21:42:32.12 ID:yXmGgRnbO
………。

穂乃果「あー、お腹空いた~。早く帰ろうよ」

絵里「希、凛!あなた達のおかげで散々な目にあったわよ」

凛「悪かったよ」

希「凛ちゃんが色々と忘れるからこんな事になるんやん」

海未「どちらも悪いです。小学生ではないのですからイタズラなどしない」

真姫「結局練習も全く出来なかったわね」

凛「あれ?凛まだ何か忘れているような気がするにゃ?」

絵里「まだ何かあるの?」

凛「…気のせいかな?」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/03(月) 21:43:15.87 ID:yXmGgRnbO
おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
凛「ドッキリ大成功!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「ドッキリ大成功!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。