にこ「まきちゃんの種を手に入れたわ」

シェアする

真姫-アイキャッチ21
1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 01:54:25.78 ID:8bP12HKq.net
にこ「この土なら良いまきちゃんが育つわね」プスッ

にこ「ふふふ……」ウメウメ

……

ムクムク

にこ「お~っ!」

真姫「」キョロキョロ

にこ「手乗りサイズなのね、ひょい」

真姫「……ちょっと、なにすんのよ!」

にこ「小さくても生意気ね」

真姫「離しなさいよ!離しなさいよ!」バタバタ

にこ「無駄な抵抗はよした方がいいわよ」

元スレ: にこ「まきちゃんの種を手に入れたわ」

スポンサーリンク
7: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 01:57:41.03 ID:8bP12HKq.net
にこ「なになに……まきちゃんの好物はトマトです。1センチほどの立方体にカットして食べやすいトマトをあげましょう……なるほどね」

真姫「おなかすいたわ」

にこ「待ちなさい、今持ってくるわ」

にこ「~♬」トントン

にこ「できたわよ、ほら」

真姫「もうちょっと小さく切れないわけ?」

にこ「わがまま言わないで食べなさい」

真姫「もぐもぐ」

にこ「可愛いわね」
13: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:01:21.82 ID:8bP12HKq.net
真姫「寒いわよ、服着せて」

にこ「えーっと……なになに、出来たてのまきちゃんはすっぱだかです、服を着せてあげましょう」

にこ「服なんかどこにあるのよ」

真姫「早くもってきなさい」

にこ「本当にわがままね」

真姫「もってきなさい、もってきなさい」バタバタ

にこ「本物よりちょっぴりアホっぽいし」
18: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:06:03.26 ID:8bP12HKq.net
にこ「手頃なやつがないわ、とりあえずテイッシュあげるわね」

真姫「ふん」

にこ「しばらく包まってなさい」

真姫「おふろ入りたいわ」

にこ「へぇ、おふろね、どうやるのかしら」

にこ「ふむふむ、500mlのペットボトルを縦に切って作るのね」

にこ「めんどくさいわね、このコップでいいでしょ」
21: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:09:54.65 ID:8bP12HKq.net
真姫「何これ、ぬるいわよ」

にこ「また文句言ってる」

真姫「ぬるいわよ、ぬるいわよ」ジャボジャボ

にこ「もう少し暖かいお湯を注いであげればいいのね」

チョロロロロ

真姫「ん……まぁ、こんなものかしら」

真姫「シャンプーちょうだい」

にこ「はいはい」

真姫「何これ、もっといいシャンプーないの?」

にこ「贅沢言わないの」
23: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:13:02.84 ID:8bP12HKq.net
にこ「お風呂から出たまきちゃんの身体を拭いてあげましょう……ってこれ、なんか危ないわね」

にこ「自分で拭けるわよね」

真姫「当然じゃない」

にこ「あ、付属品に『まきちゃんタオル』があるのね、これを使いなさい」

真姫「ごしごし」

にこ「なに、『まきちゃんパジャマ』もあるじゃない、なんで普段着はついてないのにパジャマだけあるのよ」

真姫「早くちょうだい」

にこ「はいはい」
34: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:19:49.27 ID:8bP12HKq.net
真姫「ねむいわ、寝るわね」

にこ「えっ、そんな急に」

真姫「すぅ……」

にこ「早いし」

にこ「どうしよ、風邪引くわね」

にこ「やっぱりティッシュでもかけてあげるわえーっと……」

ガタン

にこ「わっ!」

ガシャン!

にこ「わわっ、さっきのコップ割っちゃったわ」

にこ「あーあ、床が水浸しじゃないの」

ムクムク

にこ「……?」

にこ「ま、まずいわ!残りの種に水が!」

ムクムク


真姫「なによ」

真姫「なによ」

真姫「ヴェェ」

真姫「ふん」


にこ「しまった、いっぱい出来ちゃった……」
39: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:23:42.15 ID:8bP12HKq.net
真姫「おなかすいたわね」

真姫「おなか空いたわ」

真姫「トマトちょうだい」

真姫「トマトトマト」

真姫「トマトー」


にこ「ああもう、いっぺんに喋らないでよ」

にこ「お皿に切っておいてあげたから好きなだけ食べなさい」


真姫「やった、トマトよ」

真姫「ちょっと、押さないでよ」

真姫「そっちが押したんでしょ」

真姫「もぐもぐ」

真姫「こんな大きいの食べられないわよ」


にこ「あーうるさいわね……」
41: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:26:26.28 ID:8bP12HKq.net
真姫「お風呂はいりたいわね」

真姫「お風呂お風呂」

真姫「ゆっくり温まりたいわ」

真姫「ハヤクシナサイヨ」

真姫「お風呂、お風呂」


にこ「こんなに大人数だと大変ね」

にこ「そこの深いお皿にお湯をはって大浴場を作ってあげましょう」

にこ「ほら、どうぞ」
43: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:30:31.93 ID:8bP12HKq.net
真姫「いいじゃない」

真姫「いいわね」

真姫「気持ちいいわ」

真姫「ありがとう、にこちゃん」

にこ「」キュン

にこ「うう~、買ってよかったぁ」

にこ「……でもこれ、後処理はどうするのかしら」

にこ「まさか野生に還すとかいうわけにはいかないし……」
44: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:46:19.94 ID:8bP12HKq.net
ワラワラ

真姫「にこちゃん」

真姫「にこちゃん」

真姫「にこちゃん」

にこ「わわっまた増えた、あんたら、どこから湧いてきたのよ」

真姫「まきちゃんはまきちゃんを産むのよ」

真姫「そのまきちゃんもまきちゃんを産むの」

真姫「つまり無限に増えるってわけ」

にこ「そ、そんな」
46: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:47:55.36 ID:8bP12HKq.net
ポコンポコン

真姫「ふぅ」

ポコンポコン

にこ「どんだけふえるのよ」

真姫「まだまだ増えるわよ

にこ「ばかばか、こんなに面倒みれるわけないじゃない」

真姫「なら初めからやらなきゃいいのよ」

ポコンポコン

にこ「うわーん」
47: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:51:41.52 ID:8bP12HKq.net
ポコンポコンポコンポコン

真姫「トマトちょうだい」

真姫「おなか空いたわ」

真姫「お風呂入りたい」

真姫「眠たいわ」

真姫「服ちょうだい」

真姫「トマト」


にこ「うう、もうやめてぇ」


バタン


希「にこっち!」

にこ「希」

希「また変なことして……」
48: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:53:15.84 ID:8bP12HKq.net
希「ウチが食べてあげるわひょいぱくひょいぱく」

真姫「きゃああ」

真姫「やめてぇぇ」

真姫「きゃああ」

真姫「たすけてぇぇ」

にこ「ちょっと!やめなさいよ!」

希「美味しいで?元々この真姫ちゃんは食用なんよ」

にこ「ひどいわ、あまりにも残酷」

希「残酷?それはこの世の中のことやろ?」
49: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:55:11.34 ID:8bP12HKq.net
にこ「いいえ残酷なのはあなただけよ希」

希「ふぅん、それじゃあウチは問う、この種がもしやきとりの種やとしたら?」

にこ「じゅるり」

希「にこっちは植えまくり食べまくりやろ?でも真姫ちゃんにはしない、これはエコヒイキなんよ」

にこ「ごちゃごちゃうるさいわね真姫ちゃんは私が守る」

希「来てみ」
50: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 02:57:04.42 ID:8bP12HKq.net
ズバババ

希「腕をあげたなにこっち」

にこ「ふん修行の成果よ」

希「今度はこっちがいくで」ズバババ

にこ「うっ」

希「あっけないな、あまりにもあっけない」

にこ「く、くそう、負けてしまった」

希「さて続きやな、ひょいぱくひょいぱく」

にこ「許さない、ぶちのめしてやるわ」
59: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 09:46:27.61 ID:8bP12HKq.net
にこ「にこビーム」

ミュインミュインミュイン

希「うっ」

にこ「見事命中ね」

希「ウチに何をしたん」

にこ「じきにわかるわ」

希「なんやて!?」

にこ「じきにわかるわ」

希「なんやて!?」
60: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 09:49:03.44 ID:8bP12HKq.net
希「う、ウワー、か、身体が勝手に」グググ

にこ「さあさあ、ご一緒に」

にこ「にこにこにー」

希「にこにこにー……はっ」

にこ「にこビームを浴びるとにこにこにーせざるを得ないのよ」

希「恥辱。なんたる屈辱や」

にこ「さあ今のうちに逃げなさい」

真姫「とととと」

真姫「てててて」

真姫「わーっ」

希「くぅ~」
61: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 09:52:27.77 ID:8bP12HKq.net
希「なんちゅうことをしれくれたんや……なんちゅう……」

にこ「なによ」

希「あのまきちゃんが世の中に出まわると大変なことになる」

にこ「どういうこと?」

希「まきちゃんの味は絶品なんよ。最初は適量でも徐々に量は増えてやがて偏食で栄養失調になり死に至る」

にこ「死に至るまきちゃん」

希「そうや」

にこ「でもどうすればいいの」

希「回収するんや1人残らず」

にこ「いくわよ」

ドヒューーーン
62: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 09:56:02.92 ID:8bP12HKq.net
希「ノゾミ・スクーターに乗り」

にこ「紫でダサい」

希「ええから乗り」

にこ「にこぉぉ」

希「ノゾミ・スクーターにはまきちゃんレーダーが搭載されてる」

にこ「それで私の場所もわかったのね」

希「見てみ、この黄色い点がまきちゃんや」

にこ「す、すごい勢いで増えてるわよ」

希「まきちゃんは指数関数的に増大する、もたもたしてられへん」

にこ「つまり、あなたは」

希「そう、ウチは実は種まきちゃん取り締まり委員会の名誉会員なんよ」

にこ「正義の味方だったなんて」

希「まきちゃんの処理方法は食べるしかない」

にこ「そんな」

希「地上にまきちゃんは1人で十分や」
63: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 09:58:24.34 ID:8bP12HKq.net
希「行くで、にこっち、そこにアミが積んであるやろ」

にこ「これね」

希「ウチがスクーターを操縦するからにこっちはまきちゃんを捕獲して」

にこ「任せなさい、こう見えても昔はヘラクレスオオカブトハンターの矢澤にこと呼ばれたのよ」

希「にこっち」

にこ「なによ」

希「ウソはあかん」

にこ「ごめん」

希「さあ、スタートや」

ブロロロロロロロロ
65: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 10:02:59.26 ID:8bP12HKq.net
希「さっそく発見や、歩道を歩いてる」


花陽「なにこれ?」

凛「ちっちゃいまきちゃんだにゃー!」

真姫「ナニミテルノヨ」

凛「なんですっぽんぽんなの?」

真姫「んん~」

ポコンポコン

凛「増えたにゃ」

花陽「かわいいです、1人持って帰りましょう」

凛「凛もそうしようかよちんのご意向のままに」

ブロロロロロロロロ

パラリラパラリラ

にこ「おおお」

希「二人ともそのまきちゃんから離れり」


花陽「な、なにあれ」

凛「クソダサいにゃ」

ガバッ

真姫「きゃあ」


にこ「ゲッチュ!」
83: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:27:08.01 ID:UegPXNdp.net
にこ「もぐもぐ」

希「どや」

にこ「うーん、確かにグミみたいで美味しいけど、まきちゃんの形をしてるからね」

希「やな」

にこ「食べないで~って言われると罪悪感が」

希「罪悪感?」

にこ「そうよ」

希「あのな、牛さんも魚さんも、それに植物だってみんな食べないでって思ってるんよ?だけど口が無いから何も言えないだけ」

にこ「そうね」

希「ん、つまりウチらは命を頂いて生きてることを忘れたあかんよ。わかればよろC」

にこ「だけどミニサイズとはいえ友達を食べるのはやっぱり精神的にきつい」
84: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:29:34.77 ID:UegPXNdp.net
真姫「てくてく」

にこ「あそこにもいたわ!でかい反応ね」

希「に、にこっち、あれは本物や」

にこ「?とりあえずゲッチュ!」


バサーッ


真姫「ゔぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

にこ「うるさいにこ、さっさと食物(もつ)になるにこ」

希「に、にこっち」

にこ「かぷっ」

真姫「きゃあ」

にこ「歯ごたえがあるわね、さすがビックサイズ」

希「だからそれは本物の真姫ちゃんやってば」

真姫「やめてよ、なにすんのよ」
85: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:31:59.04 ID:UegPXNdp.net
にこ「にこぉぉ」

真姫「もう、ふざけないでよね」

にこ「もうしません、許して」

真姫「どうしてくれるのよ、この歯型」

にこ「うぅ~、真姫ちゃんがあまりにも美味しそうだったから」

真姫「なにそれ」

希「これにはふかあぃ訳があるんよ、許してあげて、真姫ちゃん」

真姫「希まで?もう、どういうことよ」


とととと


真姫「……?あれは?」

にこ「し、しまった」

希「種まきちゃんや!!見つかる!!」

真姫「小さい私?」
86: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:36:36.89 ID:UegPXNdp.net
にこ「ひょいぱく」

希「証拠隠滅」

真姫「ちょっといま何したのよ」

にこ「なにもないわよ、もぐもぐ」

希「空が青いなぁぁぁぁぁ!!」

にこ「ほんとねぇぇぇぇ!!!」

真姫「ごまかさないでよ!今、なんか小さい私みたいなやつを口に入れたでしょ!」

にこ「そんなことないわよ……もごもごっ、んっ!?んんんっ!?」

希「ど、どうしたんやにこっち」

にこ「もごごごごっ!!がぼっ!おええええええええええええっ!!!!」

ボトボトボトボトボトボト


真姫「きゃあ」 真姫「きゃあ」 真姫「きゃあ」
真姫「きゃあ」 真姫「きゃあ」 真姫「きゃあ」


真姫「な、な、な」

にこ「うぐぅ~、なんで口の中で分裂を」

希「ありえへん、こんなケースは初めてや」

にこ「どういうことよ、これは」

希「さっき本物の真姫ちゃんに噛み付いたせいで、にこっちの歯に真姫ちゃんの細胞組織が付着してたんよ」

にこ「そ、そのせいで?」

希「つまり突然変異がおきたというわけやな」

にこ「なるにこ」
87: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:41:00.32 ID:UegPXNdp.net
真姫「わーっ」真姫「逃げるわよ」 真姫「いみわかんない」
真姫「きゃああ」真姫「あははは」


とととと


真姫「一体なにがどうなっているのか説明しなさい」ワシワシ

希「いやぁん、ワシワシはやめて」

真姫「いいから説明しなさい」

希「あ、あれは種まきちゃんや」

真姫「種まきちゃん?いみわかんないっ!」ワシワシワシワシ

希「うっ!加速せんといて、お願い!ウチ、イッてまう!!」

真姫「誰があんなもの作ったのよ~~っ!!」

希「わ、わからへん、ただ、ネットで流通していることは確かや」

にこ「私もネットでポチったのよ」

真姫「ううう、酷いわよ、こんなの」ワシワシワシワシワシワシ

希「あ、ああああ~~」ビクンビクン

にこ「希あなたのことは忘れないわ」

ダッ

希「待って~~にこっち!」

にこ「早く拡散を止めないと世界はまきちゃんで埋め尽くされてしまう」
88: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:43:32.57 ID:UegPXNdp.net
ブロロロロロロロロ

にこ「このクソダサスクーターを使えばあんなミニミニまきちゃんに追いつくことは容易」

にこ「いくにこ」


ブォォォン!!


にこ「わわわ」


ブルッブルンブルルル


にこ「なんてじゃじゃ馬なの」

にこ「とにかく、先を急ぐわ」

にこ「レーダーの反応が急速に増加している」

にこ「いよいよまずいわね、なにか方法を考えないと一人での回収は無理よ」
89: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:46:44.79 ID:UegPXNdp.net
にこ「そうだ」

にこ「フィッシングと同じよ」

にこ「エサで釣ればいいのね」

にこ「すーっ」

にこ「ああ~~っ!こんなところに美味しいトマトがぁ~~っ!!」


にこ「……」


真姫「トマト?」真姫「トマトね」真姫「トマトあるの?」
真姫「私のものよ」真姫「トマト」真姫「美味しいトマト」
真姫「トマト~」真姫「とらないでよね」真姫「そっちこそ」
真姫「トマト」真姫「トマト~!?」真姫「トマト!」


ドドドド

にこ「予想以上に集まってきたわねぇ」

にこ「一網打尽にしてやるわ、はあああ」


ブンブン

真姫「きゃあ」真姫「網?」真姫「いけない、これは罠よ」
真姫「わなわなわな罠なんだ」真姫「よくもだましたわね」真姫「きゃあ」
真姫「きゃあ」真姫「逃げなきゃ」真姫「きゃあ」
90: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:50:48.87 ID:UegPXNdp.net
にこ「ゲッチュ!ゲッチュ!ゲッチュ!」

にこ「で、でもどうしよう、これ、口に入れたらまた増えるんじゃ」

にこ「む、あれは」


絵里「えりえりえりちかえりーちか」


にこ「絵里ね、ふっ」

ブロロロロロロロロ

絵里「!?」

にこ「ミニまきちゃんを食らいなさい」ガボッ

絵里「ハラショーもぐもぐごくんぺろり美味しいわね」

にこ「助かったにこ」

絵里「もっと食べさせて欲しいわ」

にこ「よぉし、新コンビ結成よ、私が運転するから絵里が捕まえて食べなさい」

絵里「任せなさい」
91: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:55:09.67 ID:UegPXNdp.net
ブロロロロロロロロ

にこ「前方に密集した反応があるわ」

絵里「食べ放題というやつね」

にこ「一人もにがしちゃダメよ」

絵里「どこにいたって無理よ、捕まえちゃ~~う」

にこ「頼りになるわね、さすが絵里」

絵里「これでも生徒会長なのよ」

にこ「立候補者あんたしかいなかったじゃない」

ブロロロロロロロロ

にこ「おや、なにやら様子がおかしいにこ」

絵里「どうしたの」

にこ「反応が急速に一つに減ったわ」

絵里「まさか」




ドトドド


真姫「い~~み~~わ~~か~~ん~~な~~い」


にこ「あ、あれは!」

絵里「合体して巨大化したようね、いうなれば大怪獣マッキー」

にこ「ギガまきちゃんということね、なんて厄介な敵なの」

絵里「とりあえず服着て欲しいわね」
92: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 03:00:29.47 ID:UegPXNdp.net
真姫「そ~~こ~~ね~~」

グオオ

にこ「わぁぁ」

絵里「危ない、にこ!ハンドルを右にきりなさい」

にこ「右!右~~!」

ガチン!ガチン!

にこ「にこおおお何故か固くてハンドルが動かない」

絵里「メンテナンスを怠ったわね、希!あれほど言ったのに」

にこ「ぶ、ぶつかる」

絵里「ハラショー」



ドゴゴォォン

にこ「いたた」

真姫「がしっ」

にこ「きゃあああ」

真姫「こ~~れ~~で、立場、逆転、ね~~!?」

にこ「痛いにこ!離して欲しいにこ!」

真姫「ダメよダメよ、もう許さないんだから~~!あ~~ん」

にこ「いやああ食べないで、助けて絵里」

絵里「きゅう」

にこ「なに気絶してんのよぉぉ」

真姫「ぱくっ」

にこ「あっ」
93: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 03:03:40.14 ID:UegPXNdp.net
真姫「もぐもぐぺろり」

にこ「あああ」

真姫「にこちゃん、いただきよ」





にこ「うぅ~、なによここ」

どろどろ

にこ「はっ、ここは真姫ちゃんの胃の中」

にこ「まずいわ、このままだと溶かされてしまう」

にこ「いやだぁぁ、まだ死にたくないわよぉぉぉ」

にこ「にっこにっこにー!にっこにっこにー!(精神崩壊)」
106: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 02:12:35.71 ID:CAXexi/w.net
にこ「出すにこぉぉぉここから出すにこぉぉぉ」ドンドンドン

真姫「ふんいまのにこちゃんなんか虫けら同然、同じ屈辱を味わいなさい」

にこ「どうすれば………」


ぽわわわわん

希『にこっち、諦めたらあかん』

希『相手は真姫ちゃんや、そこを利用するんや……』

希『いける!あんたならできる!』

希『自分を信じなあかんで!ウチは応援しとるさかい、がんばり!!』

ぽわわわわん


にこ「はっ!」

にこ「関西弁の強い希が」

にこ「今のは夢?それとも妄想?」

にこ「どちらにしろ、ありがたいアドバイスとしてちょうだいするわっ」
107: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 02:16:11.05 ID:CAXexi/w.net
にこ「でも真姫ちゃんをどうやって利用すれば」

にこ「むむむ……」

にこ「はっ」

にこ「そうにこ、確かポケットに」

にこ「トマトがっ!」

にこ「ようし、これを使って……」



にこ「あーーーーーーーーーーっ!」

にこ「こんなところに美味しいトマトがーーーーっ!!」


にこ「……ふぅ」


真姫「お腹のなかから何を叫んでも無駄よ」


にこ「いいや、これが勝利への風穴」

真姫「?」
116: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:15:21.08 ID:xU3ipjlT.net
ぷつぷつ

真姫「?」

にこ「これは賭けよ」

真姫「何をしたの」

にこ「そして賭けには勝ったようね」

ぷつん

真姫「トマト」真姫「トマト?」真姫「やったぁ」
真姫「どこ?」真姫「トマト」真姫「トマトトマト」
真姫「食べたいわ」真姫「トマト」

ぷつんぷつん

真姫「あああああっ」

にこ「しょせん小さい真姫ちゃんの集合体、ならばその統率を崩してやればよいにこ」

真姫「や、やめなさいみんな、体を崩さないで」

ボロボロ

にこ「埋もれる前に脱出しないと」
117: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:33:17.14 ID:xU3ipjlT.net
がつがつがつ

にこ「ヤザワ・クロール、泳ぎきってみせるこの真姫ちゃんの海を、そして外界へと華麗なるエスケープ」

真姫「きゃあ」真姫「トマト」真姫「トマトー」
真姫「どこ」真姫「ちょうだい」真姫「ちょうだい」

ぺたぺた

にこ「うっ掴むのはやめなさい」

真姫「トマト」真姫「はやく」真姫「どこなの」
真姫「ポケットね」真姫「ポケット!」真姫「トマト」

にこ「あああ」

ずもももも

にこ「だめにこ溺れてしまう此処で終わりなの?」

にこ「うっ」

にこ「せめて最後にうなぎが食べたかったにこ」

ずもももも
118: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:36:44.77 ID:xU3ipjlT.net
どぉん

にこ「なに、なんなの」

にこ「幻聴?」

にこ「うう、せめて楽に死なせて欲しいにこ」

どぉんどぉん

にこ「いや違う、まやかしじゃないにこ、これは確かなる現実」

希「らああああ、ノゾミ・クロール」

がつがつがつ

にこ「東條希!」

希「助けに来たで、にこっち!掴まり!」

にこ「YHA!」

がしっ

希「泳ぎきるで!」
119: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:39:29.57 ID:xU3ipjlT.net
がつがつがつ

真姫「トマト」真姫「トマト」真姫「トマト」
真姫「欲しいわ」真姫「どこ」真姫「トマト」

にこ「このおおおお離れるにこ」

希「見えた、出口や」

ぱあああ

にこ「あれが出口」

希「そうや、そしてウチが東條希」

にこ「いくにこ、最後の一踏ん張り」

希「ノゾミ・クロール」

にこ「ヤザワ・バタアシ」

ざばざばざば
120: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:40:54.68 ID:xU3ipjlT.net
すぽん

希「ぬけたぁぁ」

にこ「にこおお」

どしん

希「はぁはぁ」

ぼろぼろ

真姫「い~み~わ~か~ん~な~い」

にこ「巨大真姫ちゃんが崩れてゆく」

希「これが諸行無常」

にこ「風の前の塵に同じにこ」
121: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:44:44.29 ID:xU3ipjlT.net
希「さあ分裂した真姫ちゃんをひとり残らずゲッチュやでにこっち」

にこ「いくにこ」

ばっばっ

真姫「きゃあ」真姫「きゃあ」真姫「きゃあ」
真姫「きゃあ」真姫「きゃあ」真姫「きゃあ」
真姫「きゃあ」真姫「きゃあ」真姫「きゃあ」

にこ「ゲッチュ!ゲッチュ!ゲッチュ!ゲッチュ!ゲッチュ!ゲッチュ!ゲッチュ!ゲッチュ!」

希「素晴らしい網さばきやね、そしてウチが食べるもぐもぐごくんぺろり」

にこ「どうやらこの合体で一箇所にまとまってくれていたようね、文字通り一網打尽にしてやるわ」

ばっばっ

真姫「きゃあ」真姫「きゃあ」
122: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:49:26.54 ID:xU3ipjlT.net
真姫「ふざけないで」

にこ「にこぉ」

真姫「私たちを生み出したのはにこちゃんでしょ、それなのに暴れたらすぐ処分なんて、身勝手すぎると思わないの」

にこ「ううう~~耳が痛いにこ」

希「あかんにこっち、それは賢者の真姫ちゃん。1000分の1で出現するんや、耳を貸してはいけない」

真姫「生まれて、そして食べられて消えていくだけの存在ににこちゃんはなりたいのかしら」

にこ「ううう」

真姫「よく考えてみなさい、なぜ生きるのか、この命は誰の為にあるのか、もういちど……」

ひょい

真姫「きゃあ」

希「ぱくんごくりぺろん」

にこ「あああ」

希「ウチらは奪わないと生きていけない、それがただ一つの答えや」

にこ「人間とは業深き生き物」
123: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:53:37.61 ID:xU3ipjlT.net
こうして全ての種まきちゃんは処分された

希「ううう食べ過ぎた」

にこ「あれだけたべたの」

希「たしかに種まきちゃんは膨らんでるけど質量で言うともとの種の大きさと変わらないからおつまみ感覚でどんどんいけるんよ」

にこ「なるにこ」

希「さあて、でもまだやることが残ってるみたいやね」

にこ「?」

ズオオオ

真姫「に~~こ~~ちゃ~~ん??」

にこ「にこぉ」

真姫「何てことをしてくれたのよふざけないで」

がくがく

にこ「にこぉ、脳みそがふるふるシェイカー」

真姫「勝手にひとを増やして、反省しなさい」

にこ「反省するにこ、反省するにこ」

真姫「なら言葉でなく態度で示しなさい」

にこ「そ、それは」
124: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 02:56:39.71 ID:xU3ipjlT.net
こうしてニコ・ヤザワは西木野ハウスで時給50円で働くことになった

にこ「知ってるわよ、これは最低賃金違反にこ」

真姫「うるさいわね」

ぴしゃり

にこ「にこぉ」

真姫「1日だけなんだから、文句を言わず働きなさい」

にこ「ううう」

真姫「ところで、あの私を増やす種はどこで手に入れたのよ」

にこ「Amazonにこ」

真姫「ええっ、Amazonで?」
125: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 03:00:05.80 ID:xU3ipjlT.net
にこ「もう今は売り切れているわ、私が手に入れたのが最後」

真姫「でも、それじゃ全部の私が回収されたわけではないじゃない」

がくがく

にこ「にこぉ」

真姫「どうしてくれるのよぉ」

にこ「ううう」

ぶろんぶろんぶろん

希「にこっち」

にこ「はっ、クソダサいスクーターに乗った女、東條希」

希「ウチら戦いはこれからや、行くで」

にこ「いくにこっ」

ぴょん

真姫「あああっ待ちなさい、まだ仕事は終わってないわよ」

にこ「より大事な仕事にこ」

真姫「くうう早く帰って来なさいよ」

にこ「任せるにこ、それが終わったら幾らでも働くわよ」

希「さあ行くで」

ぶろろろろろろろろろ

真姫「……まってるわよ、にこちゃん」
126: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 03:05:03.33 ID:xU3ipjlT.net
こうしてトウジョー・アンド・ヤザーワは種まきちゃんの回収のため世界中を旅することになった

希「エッフェル塔の上や」

にこ「ううっ」よじよじ

希「がんばって、にこっち」



希「この川の奥にいるはず」

にこ「ジャングルじゃない」

へび「しゃあああ」

にこ「にこおおおお」



マフィア「ああん?俺たちがまきちゃんを製造しているだと?」

希「レーダーの反応はあるんよ、種まきちゃんはこの工場で作られている」

マフィア「なめるなよクソガキ、やっちまえお前ら」

ぐおおおおおおお

にこ「いくらマフィアとは言えここで負けるわけにはいかない」

希「こおおおおおお」

ばばばばばばばば

マフィア「ぎゃあああああああなんて強さ」

にこ「希は頼りになるわね、今のうちに破壊工作よ」ささささささ
127: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 03:08:00.42 ID:xU3ipjlT.net
にこ「ヤザワ・ボム」

ぺたぺた

にこ「アンド・ボム・アンド・ボム」

ぺたぺた

にこ「ふぅ」

希「セット完了した?にこっち」

にこ「こっちはオッケーよ、そっちは全員倒した?」

希「ふふふ、まぁ、軽くおねんねさせてあげたんよ」

にこ「私たち、スクールアイドルの活動を通じて少しずつ強くなっていたのね」

希「そうや、つまりこの程度の成人男性はちょちょいのちょいという理論」

にこ「なるにこ」

希「さあ、脱出して起爆や」

にこ「はぁぁぁっ」


すぽん
128: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 03:10:29.96 ID:xU3ipjlT.net
にこ「ジ・エンドにこ」

ぽちっ


どおおおおおん

ずごごごごごご



にこ「戦いは終わったにこ」

希「全ての種まきちゃんはうしなわれた」

にこ「いいや、真姫ちゃんは一人で十分、そういうことよ」

希「にこっちの言う通り、その通り」

にこ「しかしまさかメキシコに真姫ちゃんの種の製造拠点があったなんてね」

希「うちもびっくらこいた」

にこ「まぁ、それじゃゆっくり帰りましょ、タコスでも食べながら」

希「そうしよっか」
129: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 03:15:32.56 ID:xU3ipjlT.net
もぐもぐ……





沈む夕焼けを背景に、並列して闊歩する二人の女子高生

墨西哥(メキシコ)の荒野に付けられたローファーの足跡は風と共に消えぬ

しかし、これは決して帰路ではなく、彼女たちの戦いは始まったばかりなのだ

いついかなる種……つまり、種にこちゃん、種のぞみちゃんが現れるかわからない

彼女たちは複製の自分と向き合ったとき、どのようなことを想うのか?それはまた別のお話

ひとまず、ここで終幕

日本に帰った矢澤が筋肉痛に悶えたことは、ここで付け加えておこう

にこ「にこぉぉおぉ」




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「まきちゃんの種を手に入れたわ」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。