曜「私のスタンド『スカイ・ジャーニー』…"感覚を与える"スタンドッ!」

シェアする

曜-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 02:02:10.09 ID:kwOrJRsl.net
果南「がばばばぼっ…こ、この感覚…まさかッ!」

曜「そうだよ…私は今、果南ちゃんに『深海にいる感覚』を与えた…」

果南「こんな…もの…ッ!!」

曜「悪あがきしたって無駄だよ…無駄無駄」

曜「せっかくこんな身近にスタンド使いがいるって知って嬉しかったのに…」

曜「どうして!?どうしてどうして!?どーして私の考えを理解してくれないの…?」ドドドドドドドド

果南(水圧が…さらに強く…!)

曜「みんな私を天才だ、とか何でもできる、とか褒めてくれたけど、誰も私の本質を見てくれない…」

曜「恋愛では…私は誰にも勝てなかった…千歌ちゃんも…梨子ちゃんも…!」

曜「やっと見つけたスタンド使いも、私の本質を理解してくれない…!」

果南「ごぼぼ…よ、よう…」ジリジリ

曜「ほらほら…早く負けを認めないと溺れ死んじゃうよ?」

元スレ: 曜「私のスタンド『スカイ・ジャーニー』…"感覚を与える"スタンドッ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 02:13:43.77 ID:kwOrJRsl.net
果南「はぁ…はぁ…!」ジリジリ

曜「頑張るねぇ…果南ちゃん」

曜「おっと、果南ちゃんのスタンド『スリリング・ワンウェイ』だっけ?確か一直線上の瞬間移動の能力?」

曜「一つ忠告しておくと、近付いて私を殺してもスカイ・ジャーニーは能力を解く事はないよ」

果南「…」

曜「果南ちゃんが助かるのは、負けを認めて私に能力を解いてもらうことだけ」

果南「……曜、一つ勘違いをしてるね」

曜「なに?勘違い…」

果南「私の能力は」

グイッ

曜「えっ!?私が果南ちゃんに引き寄せられ…」

果南「一定距離に入った者同士を引きあわせる能力!」

曜「!…は、離してよ……!!!/////」
チュー
果南「ん…///」
スー ハー
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 02:18:06.76 ID:kwOrJRsl.net
曜「いいいいいいいいいきなり何すんの!?///キスなんて…///」

果南「れろ…チュパッ…んっ…//」

曜(舌まで…///)

果南「ぷはー」

果南「人工呼吸だよ、まさか自分が溺れる側でやると思ってなかったけどね」

果南(あれ?なんだか水圧が弱く…?)

曜「///」ぽけー

果南「まさか曜…はじめてだった…?」
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 02:26:47.10 ID:kwOrJRsl.net
曜「うっ……えぐっ…ぐすっ…」

曜「ごめんね…果南ちゃん…私…」

果南「曜は千歌の事が好きだったんだね、それで梨子ちゃんに負けて嫉妬してると」

曜「梨子ちゃんは完璧な美人だし…ぐすっ…千歌ちゃんは…梨子ちゃんが来てから梨子ちゃんに付きっ切りだし…えぐっ…」

果南「曜は何か自分からアプローチをしたの?」

曜「…え?」

果南「幼馴染という立場にあぐらをかいて努力を怠ったんじゃあないの?」

果南「心の底では千歌はまだ自分に気があると思ってたんじゃないの?」

曜「…」

果南「千歌だって1人の女の子!熱烈なアプローチがある方に向くに決まってるじゃない」

果南「梨子ちゃんは電車やバス、帰り道に出来るだけ千歌の隣にいよう、話す機会を増やそうと努力して来たはずだよ?」

果南「そこの努力を怠った曜の負け、だよ」

曜「ぐぐぐぐ」

曜「うるさい!そんなのは分かってるよ!」
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 02:34:27.35 ID:kwOrJRsl.net
曜「今度は加減しないよ…スカイジャー…ぐえっ!」

果南「単純なスタンドのスピードでは私の方が勝ってるんだよ」

果南「曜、千歌の事はなんとなく好きだった?」

曜「え?」

曜「…ち、違う…千歌ちゃんを見てたら、心の底から湧き上がる気持ちが…」

曜「言葉じゃうまく言えないけど…でも決してなんとなくじゃない!心から千歌ちゃんが好きなんだ!」

果南「諦め悪く行こうよ」

曜「うん!」

果南「私も応援するからさ!迷いも道連れだよ、曜」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 02:40:16.93 ID:kwOrJRsl.net
次の日

果南「今日の練習はこれで終わり、みんなまた明日ね」

一同「はい!」

果南(曜…)


曜「千歌ちゃん!この後暇?」

千歌「え?」

曜「沼津駅前に新しいクレープの店が出来たんだけど、そこのみかんクレープが絶品でさぁ」

千歌「みかん!?おいしそー」

曜「一緒に行かない?」

千歌「うぅ~ん…行きたいのはやまやまなんだけど、この後うちの手伝いがあってさ…」

千歌「ごめんね曜ちゃん」

曜「そっかぁ…」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 02:49:47.03 ID:kwOrJRsl.net
曜「…ぐすっ」シュン

果南「ちょいちょいちょいちょい、曜、おいで」

曜「果南ちゃん?」

果南「千歌がちょくちょく家の手伝いあるの知ってるでしょ?」

果南「付き合い長いんだから何曜は手伝いあるとか忙しいとかだいたいわかるでしょ?」

果南「手伝いない日に自然にサラッと朝話したり、お弁当一緒に食べた時に「駅前に新しいクレープ屋あってさ~今度行かない?」とかあらかじめ予定立てておくんだよ」

曜「うえぇ…」
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 03:10:08.21 ID:kwOrJRsl.net
数日後

曜「果南ちゃん果南ちゃん!今日の放課後千歌ちゃんと駅前にデート行くことになったよ!」

果南「(千歌は普通に遊びに行くだけだと思ってるだろうけど)よかったね」

曜「ここ数日、『スカイ・ジャーニー』を使って千歌ちゃんに仕掛けた甲斐があったよ~」

~~~~~~~~~
昼食時
曜「千歌ちゃん!お昼一緒に食べよう!」

千歌「いーよ」

曜「そういえばさ、この前買ったこのふりかけ美味しくてさー、千歌ちゃんも使ってみる?」

千歌「ほんと?ありがとー!」サラサラ

曜(スカイジャーニー!出番だよ!)

曜(千歌ちゃんに"なんでも美味しく感じられる"という感覚を与えた!)

曜(女性はえっちより美味しいものを食べた時の幸福感の方が強い(らしい)!)

千歌「このふりかけおいしーい!」

曜(やった!)

~~~~~~~~~~~~~~
授業前
千歌「まずい!宿題の問5難しくて飛ばしたのそのままやってない!」

千歌「曜ちゃん見せて!」

曜「いいよ」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 03:19:58.64 ID:kwOrJRsl.net
曜(恐らく千歌ちゃんのことだ…答えだけ写して終わりっ!って感じになりそうだな……でもここで私のノートを見て解き方まで理解できたら…千歌ちゃんはきっと喜んでくれるな…)ニヤリ

曜(スカイ・ジャーニー!)

曜(私が問5を解いたあの時の"理解した感覚"をそのまま千歌ちゃんに与え続けるッ!)ドドドドドドドドドドドド

千歌(すごい!曜ちゃんのノート凄いわかりやすい!)
~~~~~~~~~~~~~~

曜「って感じで」

果南(それは洗脳では…)

果南「と、とりあえずこれで梨子ちゃんには並べたって感じだね、千歌は単純だから…」

曜「でも千歌ちゃんは単純ゆえに…」

果南「まぁ、これからクレープ屋行くんでしょ?しくじらないでよ」

曜「うん!ありがとう果南ちゃん!私、頑張るよ!」
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 03:27:58.19 ID:kwOrJRsl.net
沼津駅前

千歌「やっぱりこっちまで来ると違うねー!」テクテク

曜「あ、あの店だよ!」テクテク

果南(結局後ろからストーカーしてるけど、なんだかんだ上手くやってるじゃん!曜!)

果南(でも、少しだけサポートしてあげようかな)

果南(スリリングワンウェイ!千歌を曜に引きあわせるッ!)

グイッ

千歌「うわっとっととととっとっ…///」パフッ

曜「千歌ちゃん!?////」

千歌「ごめん…なんか引っ張られたような感じがして…」

曜(引っ張られる…まさか!)

果南(頑張れ!)グッ

曜(果南ちゃん…!)

曜(ありがとう!このチャンス、無駄にはしない!)

曜(スカイ・ジャーニー!)

千歌「///」

千歌「曜ちゃんに寄っかかってると…あったかい…///」

曜「大丈夫?怪我ない?」

千歌「うん//」
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 03:41:31.33 ID:kwOrJRsl.net
千歌「あのクレープすごい美味しかったねー!」
         ・・・・・・
曜「でしょ?前から千歌ちゃんと来たかったの!」

千歌「//」

千歌(どうしてだろう…なんだろうこの気持ち…//)

果南(もう私の助けも、スタンドの力もいらないね。あとは曜の実力だけで落とせる)

果南(ん?あれは梨子ちゃん?たまたまかな…沼津に…あ、珍しくマルといるよ…楽器店に入っていった……曜たちの後をつけて来たわけじゃなさそうだね)

曜「あのさ…千歌ちゃん…//」

千歌「はい…//」

果南(いけ!家に誘っちゃえ!)

曜「あ、明日も朝練あるし…この辺でさよならしよっか…あはは」

千歌「え??あ、ああ、うん…そ、そうだね…」

果南(えええええええええええええ!!???!?!?)
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 03:46:26.64 ID:kwOrJRsl.net
曜「じゃあまた明日ね」

千歌「うーん!ばいばーい」

曜「……はぁ」

テレレテレレテレレテレン♪

曜「あ、果南ちゃんからだ」

果南『ちょっと曜!?なんであそこで別れちゃったの!?チャンスだったじゃん!』

曜「…自分でもよくわからないの…なんだか、スタンドの力で千歌ちゃんをモノにしても、それは私の実力じゃないし…」

果南(曜…?)

果南(明らかにさっきと様子が違う…どうして…?)
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 03:51:24.10 ID:kwOrJRsl.net
次の日
曜(千歌ちゃんに顔合わすの辛い…なんで昨日あんな事言っちゃったんだろ…)

梨子「曜ちゃんおはよう」

曜「あ、梨子ちゃんおはよー」

梨子「どうしたの?なんか暗いけど、嫌なことでもあった?」

曜「ううん、大丈夫」

梨子「そう…ところで、私昨日見ちゃったの」
ドドドドドドドドドドドド
梨子「曜ちゃんがスタンドを使ってる所…」

曜「スタンド!?今梨子ちゃんスタンドって!」

梨子「そう…そして曜ちゃん、貴方はスタンド能力を使って千歌ちゃんにアプローチを仕掛けたことを後ろめたいと思っている」

曜「梨子ちゃん…あなた何者!?」

梨子「何者もなにも、スタンド使いよ…曜ちゃんと同じ…ね」
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 04:03:03.45 ID:kwOrJRsl.net
梨子「惜しかったね、欲張りでも恥なかったら千歌ちゃんを落とせたのに」

曜「梨子ちゃん、あなたのスタンドは…!」

梨子「初めまして…だね、『ギルティ・アイズ・フィーバー』」

ギルティ・アイズ・フィーバー
破壊力─D スピード─E 射程距離─A
持続力─C 精密動作性─C 成長性─B
特定の人物の「恥」を増幅させる能力

曜(果南ちゃん以外にもこの学校にスタンド使いがいたなんて…)

梨子(スタンドを利用してその能力だけで千歌ちゃんを落とそうなんて許せない!)

曜・梨子(千歌ちゃんは渡さない!!!)


おしまい
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 04:44:16.02 ID:kwOrJRsl.net
当初予定してた設定・裏設定・没設定

ミライチケット 本体:高海千歌
破壊力─E スピード─E 射程距離─D
持続力─A 精密動作性─E 成長性─A
迷ってる人を導く、迷いを打ち消し次へ進ませる能力

デイドリーム・ウォーリアー 本体:津島善子
破壊力─B スピード─C 射程距離─A
持続力─B 精密動作性─B 精密動作性─A
妄想が本当になる能力、ただし自分自信には影響しない

ワクワク・ウィーク 本体:黒澤ルビィ
破壊力─E スピード─E 射程距離─E
持続力─A 精密動作性─E 成長性─E
月曜にのみ発現する。1/7の確率で1週間楽しくなる

ロンリー・チューニング 本体:国木田花丸
破壊力─D スピード─E 射程距離─A
持続力─A 精密動作性─C 成長性─C
歌を届ける能力。好きな時好きな人に届けられるぞ

ステップ・ゼロ・トゥ・ワン 本体:黒澤ダイヤ
破壊力─B スピード─B 射程距離─D
持続力─D 精密動作性─B 成長性─A
0から1を生み出す能力。

ストロベリー・トラッパー
破壊力─C スピード─A 射程距離─-(設置されたものはずっと残る)
持続力─- 精密動作性─D 成長性─A
甘い香りで誘う罠を設置する能力。罠に引っかかった者は精神が無人のホテル・オハラに誘われホテル内にあるイチゴを食べないと出ることはできない
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 04:49:47.27 ID:kwOrJRsl.net
スカイ・ジャーニー 本体:渡辺曜
破壊力─A スピード─B 射程距離─C
持続力─B 精密動作性─B 成長性─A
感覚を与える能力。スタンドに目覚めた当初は水に沈む感覚しか与えることはできなかった

スリリングワンウェイ 本体:松浦果南
破壊力─A スピード─A 射程距離─D
持続力─D 精密動作性─D 成長性─A
"一直線上にあるAとB"を引き合わせる能力
ただし能力を発現させるにはAがBに目を合わせる必要がある
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「私のスタンド『スカイ・ジャーニー』…"感覚を与える"スタンドッ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。