越前リョーマ「へぇ、先輩達μ's知ってンすね」

シェアする

越前リョーマ-アイキャッチ
1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 02:35:38.56 ID:F735ikwf.net
青春学園 テニス部 部室


桃城「やっぱり凛ちゃんですよ!」

桃城「あの健康的エロス!」

桃城「そして、時折見せるあの乙女な表情・・・!」

桃城「くぅ~・・・!たまんねぇ!たまんねぇよ!」

河村「も、桃・・・」

不二「桃の言う事、分かるよ」

桃城「分かってくれますか!」

不二「普段いくらボーイッシュに振舞っていてもライブになると否応なしに露になる女の子としての自分。それに戸惑いつつも直向きに頑張る姿勢こそが彼女の魅力の真髄だろうね」

桃城「不二先輩・・・!」

元スレ: 越前リョーマ「へぇ、先輩達μ's知ってンすね」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 02:49:41.71 ID:F735ikwf.net
桃城「凛ちゃんの魅力を理解しているということは・・・まさか・・・?」

不二「フフッ・・・でも僕は穂乃果ちゃんかな・・・」

桃城「え!?そうなんすか?!」

河村「意外だなぁ」

不二「桃の言っていたような健康的エロスに通ずるものはあるんだけど、彼女の場合は無自覚エロスと言った所かな。無邪気で天真爛漫な彼女は、時たま無自覚にドキっとするような行動をとる。
彼女自身その行動が日本中の男子をどれほど刺激するかも知らないでね。そのギャップが・・・彼女の魅力をより一層引き立てる・・・」

桃城「あーっ!もしかしてこの間のブラ直しっすか!ブラ直しっすかぁ!!?」ガタッ

不二「桃もアレ見てたんだね」

不二「そう、あれこそがその最たる例だろうね」

河村「えぇ・・・」
8: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 03:00:18.66 ID:F735ikwf.net
桃城「あぁー!言われてみればあれはヤバかったなぁ・・・俺なんてその日・・・」

不二「フフッ・・・男子中学生には刺激が強すぎたかな・・・」

河村「着いていけない・・・」

不二「というかμ'sの発起人でリーダーでもあるからね」

不二「マリオパーティーでも僕はマリオ一択だから」

河村「そうなんだ」
14: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 03:06:40.86 ID:F735ikwf.net
桃城「でぇ、タカさんは誰が好きなんすかっ!?」

河村「お、俺!?」

桃城「教えて下さいよぉ~!俺も不二先輩も言ったんすから~っ!」

河村「えっと・・・花陽ちゃん・・・かな」

桃城「なんか思った通りっすね」

河村「えぇ・・・」
17: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 03:18:12.18 ID:F735ikwf.net
不二「まぁまぁ、桃」

不二「タカさんの実家はお寿司屋さん・・・だろ?」

桃城「・・・!あぁ!そっか!だったら花陽ちゃん以外はダメっ・・・!」

桃城「し、失礼しましたっ・・・!」

河村「いや普通に好きなんだけど」

越前「ちぃーッス」ガラッ
51: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 19:40:18.64 ID:F735ikwf.net
河村「やぁ、越前」

越前「・・・先輩達何やってンすか?」

桃城「実はμ'sについて熱く語りあっててよぉ」

越前「へぇ、先輩達μ's知ってンすね」

桃城「当ったりメェよ!」

不二「越前もμ'sを知ってるのかい?」

越前「まあ、そッすね」

桃城「お!じゃ誰が好きなんだ?教えろよぉ~」グイグイ

越前「・・・」ジー(ジャージのチャックを下ろす)

バーンッ

一同「な、なにぃ~!?」
53: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 19:52:22.78 ID:F735ikwf.net
桃城「μ'sのグッズがジャージの内側に・・・所狭しと飾られてやがる・・・!」

不二「缶バッジやストラップを始め、装着できる物をこれでもかとつけているね・・・!」

不二「ハッ・・・!」(開眼)

不二「よく見たら・・・μ'sのメンバーのグッズ・・・が満遍なく付けられている・・・!」

不二「もしかしてっ・・・!?」

越前「俺、誰が1番好きとかそう言うの無いンで」

桃城「お・・・おい、まさか・・・?」

越前「全員1番好きッスから・・・!」

桃城・不二「何ぃ~~~!?」

河村「練習中もつけてたのかな」
54: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 19:58:14.58 ID:F735ikwf.net
越前「まさか先輩達がまだそんなレベルの話をしてるなんて思わなかったッスよ」

越前「・・・」スッ

越前「まだまだだね・・・!」

桃城「お、おみそれしました~~~~~っ!」

不二「フッ・・・流石は越前だよ、僕達の予想を越えてどんどん進化していく・・・」

不二「僕も・・・負けてられないね・・・!」グッ

河村「勝ち負けとかあるんだ」

手塚「何をしている」ガチャ

河村「て、手塚・・・!」
58: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 20:07:41.24 ID:F735ikwf.net
河村「丁度良かった・・・!手塚っ・・・!助けてくれよ」

手塚「ん・・・?」

手塚「下校時間はとっくに過ぎているぞ早く・・・」

手塚「・・・!」

手塚「越前・・・何だその格好は」

越前「見て分かんないッスか?μ'sッスよ」

手塚「・・・」

桃城「いやぁ~すいません部長!部活終わった後、μ'sの話ししてたら盛り上がっちゃって・・・」

手塚「とにかく・・・今日は早く帰れ」

手塚「明日は四天宝寺中の方達がわざわざ練習試合に来てくれるんだぞ」

桃城「えっ・・・?」
59: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 20:15:26.63 ID:F735ikwf.net
桃城「嘘だろ・・・?明日練習試合・・・だって・・・!?」

不二「これは一本取られたね・・・僕とした事が・・・一生の不覚だよ」タラリ

河村「部活始まる前に言ってたよ」

越前「・・・」

手塚「なんだ・・・明日なにかあるのか・・・?」

桃城「明日はっ・・・μ'sのライブがっ・・・うっ・・・」

不二「桃っ・・・!しっかりして・・・!」

不二「・・・そうなんだ手塚、明日はμ'sのライブがあって・・・僕達はそれに行こうとしていたんだ・・・!」

不二「そう思っていた矢先の練習試合・・・!」

手塚「・・・」
62: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 20:24:07.56 ID:F735ikwf.net
不二「ほら・・・あれを見てごらんよ・・・手塚」

越前「・・・」ブンブンブン

不二「放心状態でラケットを振り続けているだろ・・・」

不二「今越前は練習試合という現実から逃れようと想像の中のライブにいるんだ・・・」

不二「サイリウムとラケットの違いも忘れて・・・ね」

手塚「・・・」

越前「・・・」ブンブンブンブン

河村「ちょっ越前危なっ」
63: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 20:28:22.62 ID:F735ikwf.net
不二「それでも尚っ!僕達に練習試合をしろと言うのかい!手塚っ・・・!」

手塚「・・・」

手塚「明日・・・ライブは何時からあるんだ・・・?」

不二「14時からだけど・・・」

手塚「明日、四天宝寺中のメンバーが着くのは正午だ」

手塚「・・・試合が早く終われば・・・間に合うかもしれん」

不二「それは本当かいっ!?」

河村「それもさっき言ってたよ」
64: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 20:32:30.71 ID:F735ikwf.net
不二「桃っ・・・!聞いたかい!?明日試合が早く終われば・・・!」

桃城「・・・聞いてましたよ!不二先輩・・・!」スッ

桃城「四天宝寺中か四天王寺中か知りませんがっ」

桃城「この俺がど~んと蹴散らしてやりますよ!」

不二「桃・・・!」

越前「ふ~ん、面白そうじゃん」

不二「越前・・・!」

手塚「フ・・・どうやらやる気が出てきたようだな」

河村「1回試合した事あるはずなんだけどね」

手塚「よし、今日はもう遅い・・・帰るんだ」

不二「・・・そうだね」

越前「うっす・・・」

桃城「はーい!桃ちゃんおうちに帰る!」

河村「桃・・・」
88: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 02:08:23.73 ID:UCguXKqG.net
翌日

一同「よろしゃーーーす!」

桃城「おっしゃあ!一気に決めてライブに行くぜ!」

手塚「落ち着け、桃」

手塚「今回は練習試合と言う事もあり、試験的にいつもと少し違うオーダーを組んでいる」

手塚「お前の出番はまだだ」

桃城「そんなぁ~」

不二「じゃあ、誰が一番手なんだい?手塚」

手塚「S1・・・一番手は・・・海堂だ」

海堂「!」

海堂「・・・分かりました」

S1 海堂VS財前
89: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 02:10:28.62 ID:UCguXKqG.net
パァァン

パァァン

不二「お互い一歩も引かないね」

桃城「おい!負けたら承知しね~ぞ!」

河村「なんかいつもとバンダナの色違うくない?」

不二「あぁ・・・あれかい」

不二「あれは数量限定のことりちゃんチュンチュンバンダナだね」

河村「そんなのあるんだ」
90: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 02:13:51.70 ID:UCguXKqG.net
不二「うん、ネットで事前予約があったんだけど瞬殺だったらしいんだ」

不二「海堂も予約できなかったみたいで、一時期凄い荒れてたんだけど・・・」

不二「なんとか実店舗での発売日に深夜から並んで手に入れたそうだよ」

河村「あのとき暴れてた理由ってそれだったんだね」

桃城「いけ~!」
91: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 02:17:30.61 ID:UCguXKqG.net
不二「フフッ・・・確かにあの時の暴れようは凄かったね」

河村「うん、俺も普通にケガしたし」

河村「にしても、海堂がことりちゃんってこれまた意外だね」

不二「そうかい?僕は海堂はなるべくしてなったと思うよ」

河村「そうなの?」

不二「彼女が可愛いのは勿論なんだけど、彼女の場合その可愛さを更に上のステージに昇華させるやり方を熟知している。穂乃果ちゃんで言う無自覚エロスの対・・・自覚エロスとでも言っておこうかな。
彼女の一挙手一投足は一見自然に振舞いながらも、その実、緻密に計算されていて自分の魅力を最大限に引き出しているんだ。」

不二「海堂みたいなムッツリボーイは・・・即ノックアウトさ」

河村「なんだか深い世界だね」

不二「フフッ・・・いずれはタカさんも・・・」

桃城「あー!あの構えはっ!!」
92: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 02:19:46.77 ID:UCguXKqG.net
海堂「・・・」スゥー

パァァン

ギュイーン

河村「出た!弧を描くようにコートの外から相手のコートに叩き込む海堂の必殺技!」

不二・桃城「ブーメランチュネイク!」

河村「え」

バシィ

ゲーム ウォンバイ 海堂7-3
93: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 02:24:27.15 ID:UCguXKqG.net
不二「海堂、お疲れ様」

海堂「ふちゅ~~ん」

河村「あ、なんか口癖も微妙に違う」

桃城「まったくヒヤヒヤさせんなよな~!」

海堂「あ”あ”ん!?」

海堂「にゃ~にゃ~言ってるようなキャラ付けの底の浅いヤツが好きな野郎には言われたくねぇよ!」

桃城「はぁ!?やんのかテメェ!」

不二「まぁまぁ2人とも落ち着いて」

不二「海堂、挑発するにしてもdisは頂けないね。それに反応する桃も・・・」

海堂「でもっ・・・」

不二「・・・」スッ

不二「ハイ・・・ちゅんちゅん」

海堂「ッ~~~~!!!」

海堂「・・・俺が・・・悪かった・・・」

不二「桃も、それで良いね?」

桃城「不二先輩が・・・そう言うなら・・・」

不二「フフッ・・・」

河村「キレイなブーメランチュネイクだったね」
115: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 00:02:08.99 ID:UOK0n72p.net
手塚「よし、次はダブルスだ」

桃城「おぉ!ついに俺の出番が・・・?」

手塚「いや、次のダブルスのペアは・・・」

「次のダブルスのペアは俺とっ・・・」

クルクルクル

スタッ

菊丸「手塚だよん♪」ニッ

桃城「英二先輩・・・!」

河村「手塚と英二か・・・」

不二「面白いペアだね」


D1 手塚・菊丸VS金色・一氏
117: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 00:05:05.73 ID:UOK0n72p.net
河村「英二は海堂と違ってなにもいつもと変わらないね」

不二「そうだね」

不二「英二は・・・行動で示すタイプだからね」

河村「え・・・?」

不二「・・・ほら、英二が仕掛けるみたいだよ」



菊丸「ねぇ・・・どうぶつの森って・・・知ってる?」

金色「え?どうぶつの森いうたら、1人より2人、2人より3人、3人より4人ってあの・・・?」

菊丸「そう・・・2人より3人・・・だよ」

金色「・・・まさかっ!?」

菊丸「流石はIQ200だねっ♪」ブゥーン・・・
118: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 00:08:31.85 ID:UOK0n72p.net
河村「出た!高速ステップにより分身したかのように見える英二の得意技・・・!」

桃城・不二「真・キク丸印のステップ!」

河村「また何か微妙に違う」

河村「でもいつもの菊丸印のステップと変わらなくない?」

不二「タカさん・・・よく見てごらん・・・」

不二「分身した英二は自コートじゃなくて相手コートの前衛に張り付いているだろ・・・?」

河村「え・・・?」

金色「ちょ」
菊丸2「・・・」

河村「あっ本当だ気持ち悪っ」
119: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 00:09:11.58 ID:UOK0n72p.net
不二「・・・びっくりしたかい?」

河村「うん、思った以上にべったりしてた」

不二「フフッ・・・本当にびっくりするのはこれからだよ」

不二「タカさん・・・よく耳を澄ましてごらん・・・」

不二「なにか・・・聞こえてこないかい?」

河村「え」

金色「・・・」
菊丸2「・・・・ん・・・・・ち・・・・ま・・・・・」

河村「?」

金色「・・・」
菊丸2「まきちゃんまきちゃんまきちゃんまきちゃん」

河村「!」

不二「・・・相手の前衛を西木野症候群にしダブルスを内側から崩壊させる・・・」

不二「これが・・・」

桃城・不二「真・キク丸印のステップ!」

河村「テニスってなんだろう」
120: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 00:15:55.36 ID:UOK0n72p.net
菊丸2「まきちゃんまきちゃんまきちゃんまきちゃん」
金色「アカン、ユウくん!アタシ・・・まきちゃん以外の事考えられへん!」

一氏「なんやぁ!?小春ぅ!浮気かぁ~!!」


不二「相手の信頼関係は崩壊し、自滅の一途を辿る」


一氏「こないなったら、一発決めて小春の心を取り戻したるでっ!」

パァァン


不二「仮に英二を抜けたとしても・・・その先に待っているのは・・・」

不二「手塚だ・・・!」


手塚「・・・」スゥー

トン

ポトッ

コロコロコロ

不二「決まったね・・・手塚の・・・」

河村「まさか」

不二「零式ドロップ・・・!」

河村「そこは普通なんだ」



ゲーム ウォンバイ 手塚・菊丸7-0
121: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 00:19:20.63 ID:UOK0n72p.net
不二「2人共お疲れ様」

桃城「英二先輩の真・キク丸印のステップ最高でしたよ~!」

菊丸「おーありがとう桃♪」

手塚「油断の出来ない相手だった」

不二「ストレートで勝っておいて?・・・嫉妬しちゃうなぁ」

河村「あのっ・・・英二」

菊丸「ん?なになに~タカさん?」

河村「えっと・・・分身解いてくれないかな?」

河村「さっきからずっと俺の横でささやいてくるんだけど」
菊丸2「まきちゃんまきちゃんまきちゃんまきちゃん」

菊丸「あーゴメンゴメン!いつもは自動で近くの人に呟く設定にしてたんだった♪」シューン・・・

河村「え?設定?」

不二「タカさん・・・細かい事を気にしちゃダメだよ」ポン

河村「え」

手塚「そうだぞ、まきちゃ・・・」

手塚「・・・」

河村「・・・」

手塚「そうだぞ、河村、細かい事を気にするな」

手塚「次の試合はお前なんだからな」

河村「そ、そうなんだ、がんばるよ」
122: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 00:23:20.61 ID:UOK0n72p.net
------
----
--

S1 海堂7-3財前

D1 手塚・菊丸7-0金色・一氏

S2 河村(途中棄権)0-1石田

D2 不二・桃城7-0白石・忍足

S3 越前7-0遠山

「ありがとうございましたーっ」

桃城「いやー、不二先輩の穂乃饅包み良かったっすよ~!」

不二「フフッ・・・桃のダンクスニャッシュのキレも良かったよ」

越前「確かに・・・桃先輩、今までで1番キレてたッスよ」

桃城「おぉ越前!お前のドライブμも中々だったぜ!」

越前「当たり前じゃん」

ワイワイガヤガヤ・・・

河村「・・・」

河村「なんか悔しい」
163: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 23:09:51.50 ID:8tqBzd80.net
桃城「よぉーし試合も終わったし早くライブに行きましょうよ!」

不二「そうだね」

河村「いってらっしゃい」

桃城「ん?何言ってるんすか!タカさんも行くんじゃないんすか!?」

河村「俺は病院に行くよ」

桃城「えぇー!だってタカさんも一緒に行きましょうよ~!」

桃城「タカさんだって生で花陽ちゃん見たいでしょ~!?」

河村「それはそうだけど、俺チケット持ってないし体痛いし」

桃城「その心配は無いっすよ!俺、連番で当たってるんで!」

河村「そうなの?」

不二「本当は海堂と一緒に行くはずだったみたいなんだけど・・・」

不二「さっき海堂の方から断ってきたみたいだよ」

不二「どうやらあの事・・・海堂なりに反省してるみたいだね」

河村「そうなんだ」

桃城「って訳で行きましょう!」グイ

河村「ちょ桃痛い」
164: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 23:11:05.00 ID:8tqBzd80.net
------
----
--

ライブ会場

ワーワー


「みんなー!今日は来てくれてありがとうー!」

ワァァァァァァァ!


河村「すごい熱気だね」

河村「まるで別世界みたいだ」

不二「フフッ・・・確かにライブ特有の雰囲気ってのはあるかもね」

桃城「超絶!可愛い!スクールアイドル!フゥ↑フゥ↑それは!フゥ↑フゥ↑凛ちゃん!フゥ↑フゥ↑」

河村「すごい熱気だね」

河村「まるで別人みたいだ」

不二「フフッ・・・確かにライブ特有のテンションってのはあるかもね」
165: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 23:11:54.66 ID:8tqBzd80.net
河村「にしても桃のヤツ」

桃城「フゥ↑フゥ↑」

河村「いつの間に着替えたんだろう」

河村「あれって凛ちゃんジャージだよね?」

不二「あぁ・・・それはね」

不二「青学ジャージがリバーシブル仕様になってるからだよ」

不二「見ての通り桃は凛ちゃん、僕は穂乃果ちゃんがにプリントされてるんだ」クルッ

河村「何て手の込んだ事を」
166: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 23:12:22.07 ID:8tqBzd80.net
不二「今日みたいな事がいつ起こるか分からないからね」

不二「不測の事態に備えて、リバーシブル仕様にしてもらったんだ」

河村「そうなんだ」

不二「うん、ちなみにタカさんは花陽ちゃんだよ」

河村「え」ヌギッ

河村「・・・いつの間に」

不二「さぁ・・・いつだろ・・・」

不二「・・・!」(開眼)

不二「桃ッ!」

桃城「・・・俺もバッチリ感じましたよ・・・!」

不二「だったら・・・間違いないようだね・・・」

河村「え、何?」
167: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 23:13:08.66 ID:8tqBzd80.net
不二「・・・誰かが無我の境地に入ったようだ」

桃城「この感じは完全に無我ってますよね・・・」

不二「あぁ、気持ちが昂ぶり過ぎたんだろうね・・・すごく漏れてきてる」タラリ

河村「無我って漏れるもんなんだ」

不二「そうだよ・・・越前も最近無我漏れがひどいって言ってたしね」

河村「そんなおじいちゃんみたいな」

桃城「あ!あいつじゃないですか!」


「ヒャハハァ~!俺が最ッ高のライブにしてやンぜェ!」パァァン


不二「あれは・・・切原!」

不二「あの状態はまずい・・・このままじゃライブが・・・!」


シュイーン・・・


タッタッタ


越前「・・・」パコォォーン
170: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 23:14:06.05 ID:8tqBzd80.net
桃城「おぉ!ナイス越前!」

不二「どうやら間に合ったようだ・・・」



越前「・・・」

越前「ライブをナメんなよ」キッ

切原「あァ!?ぶッ潰すぞ!」

越前「上等!」



不二「始まるようだね・・・」

桃城「っすね・・・」

河村「え?」

不二・桃城「ライブテニスバトルが」

河村「何それ」
182: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:01:59.09 ID:2wN9ZT5m.net
不二「あぁ・・・タカさんはライブテニスバトルは初めてみるのかな?」

河村「うん、ライブに来たのも初めてだしね」

不二「フフッ・・・そんなに焦る事はないよ」

不二「基本的には普通のテニスと変わらないから」

河村「まず基本のコートが無いんだけど」

不二「・・・ステージを見てごらん」

河村「ん?」


ウィーン・・・

ライブテニスフィールドステンバーイ

河村「何て手の込んだ事を」
183: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:02:55.47 ID:2wN9ZT5m.net
不二「ライブテニスバトルではこのステージ上でμ'sのライブを聞きながらの勝負になるんだ」

不二「細かいルールはいくつかあるんだけど、さっき言った通り基本的なルールはテニスと変わらないよ」

不二「一球勝負、KOか先に先取した方の勝ちだね」

河村「え」

不二「地力だと越前が有利だとは思うけど」

不二「問題は切原が誰が好きなのかってところだね・・・」

桃城「っすね・・・」

河村「根本から違う気がする」
184: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:03:51.84 ID:2wN9ZT5m.net
切原「ヒャハハァ~!サーブは頂くせェ!」パァァン

シュイーン


不二「ナックルサーブ!?あれはどこに跳ねるか予測不能のサーブ!」


越前「・・・」タッタッタ

越前「ッ・・・!」パァァン


桃城「ウマいッ!ライジングショットで上手く返した!」


越前「こんなもんなの?全然大した事ないね」

切原「・・・」ピクッ


河村「煽るなぁ」
185: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:04:21.66 ID:2wN9ZT5m.net
不二「越前は切原の悪魔化を狙っているのかもしれないね・・・」

不二「切原は悪魔化する事によりパワーやスピードは上昇するけど」

不二「メンタルが著しく低下してしまう・・・」

不二「一球で勝負が決まってしまうライブテニスバトルにおいては、メンタル面が非常に重要・・・」

不二「賢い選択だね・・・」

河村「そうなんだ」


切原「・・・」

切原「・・・ふぅ~ん♪」

切原「だったら・・・もっと激しいの・・・試してみる?」パァァン


不二・桃城「!?」

不二「これは・・・小悪魔化!?」

河村「小悪魔化?」
186: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:05:06.61 ID:2wN9ZT5m.net
不二「そうだね・・・」

不二「本来メンタルを犠牲にする事で、パワーとスピードを飛躍的に上昇させるのが悪魔化」

不二「切原はその弱点を小悪魔化する事により克服している・・・」

不二「今の彼にはどんな煽りにも動じない・・・」

不二「むしろどんな煽りも煽り返す勢いだろうね」

河村「どういう事なの」

桃城「どうもこうも小悪魔を使ってるって事は・・・」

不二「うん・・・小悪魔化を使ってるって事は・・・」

不二「切原はにこちゃんを推してるんだろうね・・・」タラリ
187: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:05:38.30 ID:2wN9ZT5m.net
桃城「って事は・・・」

不二「そうだね・・・にこちゃんは今ライブに出ているし、テニス力に1.2倍の補正がかかる」

不二「小悪魔における恩恵でその補正が更に1.1倍・・・」

不二「越前には少し厳しい試合になるかもね・・・」

河村「全然意味が分からない」

桃城「あれっすよタカさん!」

桃城「スクフェスでスマイル曲にスマイル属性のメンバーだと補正がかかるとか」

桃城「センタースキルで各値に補正がかかるとかそんな感じっすよ!」

河村「いや分からない所はそこじゃないんだけど」
188: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:06:31.86 ID:2wN9ZT5m.net
越前「くっ・・・」パァン


桃城「越前のヤツ・・・押されてますね」

不二「越前の様な全員が好きな場合、補正値が1.05倍と低い・・・」

不二「汎用性があるとは言えど、この差はキツイだろうね・・・」

桃城「っすね・・・」


切原「知ってる?普通の男は好きになった人をいつも「初恋」だと思うの。でも俺は好きになった人を「最後の恋」だと思うの。俺の恋ってそういうものよ」パァン

シュイーン

越前「くっそぉぉぉ!」パァァァン


桃城「出た!ドライブμ!」
189: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 03:07:04.99 ID:2wN9ZT5m.net
桃城「μの軌跡を描きながらバウンドする越前のウイニングショット!」

バンッ

シュイーン

切原「!?」スカッ


桃城「越前の勝ちだぁ!」


「こんな試合、乱入せぇへんかったらμ'sファンの名折れやんなぁ・・・」

パァン

不二・桃城・河村「!?」
197: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:17:43.32 ID:TMuVWLKN.net
白石「さっきのショット・・・無駄多過ぎやで、越前クン」


不二「白石・・・!」

桃城「切原サイドに乱入・・・これは分からない試合になってきましたね・・・」

不二「うん、絶妙なタイミングだったね」

不二「これだったらファウルも取られない」

不二「流石は聖書(バイブル)と言われているだけはあるね・・・」

河村「分からない」

桃城「あれっすよタカさん!」

桃城「モンハンでの環境不安定の時に大型モンスターが乱入してくるとか」

桃城「スパロボでいきなり第三勢力が割り込んでくるとかそんな感じっすよ!」

河村「いや違うんだ、桃」
198: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:18:36.44 ID:TMuVWLKN.net
------
----
--

越前「・・・!」パァン

白石「ん~?さっきの勢いはどないしたんや?」パァン

越前「ちっ・・・」タッタッタ

パァン


桃城「越前のヤツ、防戦一方っすね・・・」

不二「あぁ・・・このままじゃジリ貧だね・・・」

不二「しかし・・・妙だ・・・」

桃城「何がっすか?」

不二「無駄の無い白石にしては、動きが少しおかしい気がするんだ・・・」

不二「まるで何かを待っているような・・・」


\でも大きな声よ~りも/


不二「!?」

不二「まさかっ!?」ガタッ

河村「うぉ」ビクッ
199: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:19:03.90 ID:TMuVWLKN.net
不二「今歌っているのは、るてしキスキしてる・・・!」


白石「・・・察しええなぁ・・・不二クンは・・・」


\愛でなんとかなれー!/

\プシュ・・・/


白石「んんーっ・・・!」

白石「絶・頂きましたー!!!!!」


不二「やはり・・・そう言う事か・・・」

河村「なんて言ってるのあれ」
200: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:19:46.03 ID:TMuVWLKN.net
桃城「って事は希ちゃん推しなんすか!?」

不二「・・・そうなるだろうね」

桃城「でもあの人って関西人でしょ・・・!?」

桃城「希ちゃんの喋り方に違和感とか・・・」

不二「それはどうだろうね・・・」

不二「一口に関西弁といっても地域によって喋り方や発音の仕方は様々だし、関西の人だからって必ずしも彼女の喋り方に違和感を覚える訳じゃないと思うよ」

不二「たどたどしい関西弁・・・それはμ'sの中で一番大人びていて、達観している彼女の・・・唯一の崩し・・・」

不二「むしろ白石は関西弁を知っているが故に、そんな彼女がふと垣間見せる拙くもひたむきな一面に惹かれたのかもね」

桃城「おぉ!なるほどぉ!流石っす!」

不二「フフッ・・・あくまで憶測に過ぎないけどね」

桃城「不二先輩カッケェ・・・」

河村「俺は不二が怖いよ」
201: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:20:56.82 ID:TMuVWLKN.net
不二「でも・・・この状況は非常にまずいね・・・」

不二「ただでさえ希ちゃんがいる事で白石のテニス力に1.2倍の補正がかかっているのに」

不二「希パワーも注入してもらったとなると・・・」

桃城「そうか・・・!」

不二「うん・・・希パワー注入は元々のテニス力に2倍の補正がかかる・・・」

不二「白石みたいな基礎値がすべてにおいて高水準のプレイヤーの場合、元々のテニス力の強化であってもその恩恵は大きい・・・」

不二「どうする・・・越前・・・」タラリ


白石「んんーっ!ほな、そろそろ決めさせてもらうでぇ!」パァァァン

シュイーン

越前「・・・」


桃城「駄目だっ!このままじゃ越前に当たっちまう!」


シュイーン

越前「・・・!」


「よぉ・・・越前、俺様と絵里の前で無様な試合晒してんじゃねーぞアーン?」
223: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 21:39:20.49 ID:Z9iKlrED.net
パァン


不二「あれは・・・」


白石「跡部クン・・・か」タラリ

跡部「越前、お前があまりにも不甲斐ねぇから俺様が直々に手助けしてやるよ」

越前「そんなの誰も頼んで・・・」

跡部「テメーの強がりは後でいくらでも聞く、だから今は試合に集中しろ」

越前「っ・・・!」

越前「分かった・・・」


ウォォォォォォォォッ!

勝つのは氷帝!勝つのは跡部!!勝つのは氷帝!勝つのは跡部!!

勝つのは氷帝!勝つのは跡部!!

跡部「ふっ・・・」

パチーンッ



跡部「勝つのは俺と絵里だ」
224: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 21:40:28.02 ID:Z9iKlrED.net
ウォォォォォォォォッ!

勝つのは景吾と絵里!勝つのは景吾と絵里!

KKE!KKE!KKE!KKE!

河村「すごい会場が盛り上がってるね」

不二「それはそうだよ・・・ホラ、あそこを見てごらん」スッ

河村「ん?」

不二「氷帝学園のテニス部員が今この会場にいるんだ」

河村「あっ本当だ」

不二「おそらく跡部の事だから、部員の分のライブのチケット代も全て出してるんじゃないかな」

河村「なんでそこまで」

不二「そこまでしてでも絵里ちゃんを応援したいって事だと思うよ」

不二「以前、エリチカと行くおばあさまを感じる3泊4日ロシアの旅ってツアーがあった時、跡部が旅行会社ごと買い取った話はあまりにも有名だからね」

河村「あまりにも有名なんだ」
225: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 21:41:16.38 ID:Z9iKlrED.net
不二「結局行ったのはいいものの、絵里ちゃんと上手く喋れなかったって話も有名だね」

河村「橘の妹をナンパしていた積極性はどこに」

不二「フフッ・・・でもね、それでも得た物はちゃんとあるんだ・・・」

河村「得た物?」

不二「うん、跡部はロシアの過酷な環境下で眼力に更に磨きをかけたらしい・・・」

不二「元々、相手の死角や反応出来ない所に打ち込む跡部のテニスは一球で決まるライブテニスバトルにおいて非常に有利なんだ」

不二「それに更に磨きがかかったとなると・・・」

不二「小悪魔化や希パワーで追加補正が掛かっている切原と白石にも・・・勝てるかもしれないね」

河村「ちょっと納得しかけた自分が悔しい」
226: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 21:42:16.24 ID:Z9iKlrED.net
桃城「でも待ってくださいよ!」

桃城「さっきの乱入の仕方まずくないっすか!?」

桃城「ファウル取られるんじゃ・・・」

不二「いや、大丈夫だよ」

不二「跡部は固有スキルの帝王の戴冠式を発動しているからね」

河村「また知らないワードが」

不二「帝王の戴冠式は1試合に1度、ルールに抵触する行為を無効に出来る」

不二「だからあんなに優雅に歩いて乱入してもファウルは取られないのさ」

桃城「なるほど・・・」

河村「それチート過ぎない?」
227: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 21:43:27.87 ID:Z9iKlrED.net
------
----
--

越前「俺だって・・・!」パァン

切原「くっ・・・でも私、負けない・・・!」パァン

タッタッタ

パァン

越前「にゃろ・・・!」パァン

タッタッタ

白石「跡部クンには悪いけど・・・打たせへんで」パァン


不二「やはりあのペアもそれが分かってるみたいだね・・・」

不二「跡部に打たせないようなボール運びをしている」

桃城「クソッ・・・このままじゃ・・・」


シュイーン

越前「またかっ・・・」タッタッタ

跡部「・・・!」

跡部「だったら、無理矢理にでも俺様が打ってやる」スゥ


不二「うまく越前に割り込んだ!」


跡部「ほうら・・・凍れ」
242: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:19:46.48 ID:bh3sOIu5.net
跡部「氷の世界・・・」ズドン

跡部「そして・・・跡部王国だっ!」

跡部「ハァーッハッハ!ツルスケじゃねーの!」

跡部「スケス・・・」

跡部「!」

跡部「スケスケじゃねーのッ・・・!」ブシャア


桃城・不二・河村「!?」

桃城「吐血・・・?」

不二「・・・いや、これは吐血じゃない・・・」

不二「鼻血だよ・・・」

河村「どういう事なの」
243: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:20:20.81 ID:bh3sOIu5.net
桃城「どう言う事っすか!俺にも説明して下さいよ!」

不二「・・・眼力が強くなり過ぎたんだろうね・・・」

不二「跡部には、はっきり見えてしまったんだと思うよ」

不二「その・・・絵里ちゃんの・・・骨格が」タラリ

桃城「そ、そんな・・・」

桃城「バレンタインチョコを60000個以上貰って、それを全て食べても鼻血一滴流さなかった事で有名なあの人が・・・!?」

河村「それも有名なんだ」

不二「皮肉だね・・・いままで無自覚に何人もの女性を堕として来た彼が・・・たった一人の女性に無自覚に堕とされるなんてね・・・」

不二「でも・・・僕はそんな彼の中にある確かな思いを感じた」

不二「その思いは跡部が誰推しとか関係なく、素直に尊敬すべきものだと思うよ」

桃城「不二先輩・・・」ウルッ
244: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:20:46.42 ID:bh3sOIu5.net
不二「ただ・・・この状況は・・・」

不二「!」


越前「!」

跡部「・・・」シーン


桃城「き、気絶・・・してる・・・?」

不二「・・・」

不二「気を失って尚君臨するのかい・・・跡部・・・」ホロリ

桃城「うぅ・・・」ウルッ


越前「・・・!」ピカァァァーーーーッ!


河村「うおっ眩し」

桃城「この光は・・・?」


越前「ライブ楽しんでる?」
245: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:22:15.71 ID:bh3sOIu5.net
不二「まさか・・・天衣無縫なのかい・・・?越前・・・!」

桃城「天衣・・・無縫・・・?」

不二「最初にμ'sのライブを見た頃のように純粋にライブを楽しみ、μ'sを心から応援する気持ちを持つ者のみ踏み入れる事の出来る最後の扉・・・!」

不二「跡部の生き様を間近で見た事により、越前はμ'sを最初に見て自分が抱いた素直な気持ちを再認識したのかもね・・・」

河村「天衣無縫ってすごいの?」

不二「すごいってものじゃないよ・・・!」

不二「天衣無縫状態はテニス力に434倍の補正がかかり、相手の固有スキルや特殊状態を無効化できるんだ・・・!」

河村「急にインフレしだした」

桃城「スゲェ越前!そのまま一気にいけーっ!」


越前「いくよっ・・・!」



越前「ラブドライブ・・・!」バシュウン!



キュイーーーーン



ドカーーーーーーーン!!!!!


・・・
246: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:23:01.03 ID:bh3sOIu5.net
――――――――
――――――
――――
――


トコトコトコ

桃城「いやぁ~越前の最後のショット凄かったなぁ!」

不二「まさか爆発するなんてね」

不二「越前のμ'sに対する思いが詰まった良いショットだったよ」

越前「まぁね・・・」

切原「すまねェな・・・急にライブテニスバトルしちまッて」

切原「テンションが上がると、どうにも制御が効かなくてよ・・・」

越前「別にいいんじゃない?会場は盛り上がってたんだし」

不二「そうだね、それ位切原がμ'sが好きって事だろうしね」

切原「そう言ッて貰えると助かるぜ・・・」

河村「そう言えば他の立海のメンバーは来てないの?」

切原「今日のライブは俺だけですよ」

切原「だって今日俺練習サボって・・・」


「赤也!何をやッとるかぁー!!!!」

切原「げっ」
247: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:24:23.16 ID:bh3sOIu5.net
切原「さ、真田副部長・・・どうしてここに・・・?」

真田「そんな事はどうでも良い!練習をサボるとは何たる事か!」

真田「その腐った根性、今すぐ叩き直してやるわーっ!」キエー

手塚「まあ落ち着け真田」

真田「手塚・・・」

桃城「部長・・・!?」

手塚「お前達・・・随分と暴れてたそうだな・・・!」

桃城「あ、あぁー・・・いや、それは・・・」チラッ

越前「・・・」スッ(帽子を深く被る)

手塚「ライブテニスバトルをするのは自由だが」

手塚「ものには限度と言うものがある」

手塚「会場を半壊させるのは流石にやり過ぎだ・・・!」

不二「・・・返す言葉も無いね」タラリ
250: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:25:34.58 ID:bh3sOIu5.net
手塚「しかし、竜崎先生と音ノ木坂学院の理事長は旧知の仲らしくてな」

手塚「次回から気をつけてライブテニスバトルをするなら、今回の件は不問にしてくれるとの事だ」

手塚「俺達はそれを伝えに来たんだ」

一同「ホッ・・・」

手塚「竜崎先生に感謝するんだな、でなければお前達全員執行対象になっていたそうだぞ」

河村「なにそれ物騒」

手塚「だた・・・」

真田「お前達!たるんどるぞ!!!」

手塚「そう、真田の言う通りお前達は少したるみ過ぎだ」

手塚「正式な処罰は無いが、部長としてお前達には罰を与える・・・!」

不二「罰・・・?」

手塚「今から全員で山登りをするっ!!!」

河村「ちょ」

桃城「え~!今からっすかぁ!?」

不二「それって単に手塚がやりいだけじゃ・・・」

越前「・・・」

切原「俺もなんすか!?真田副部長!」

真田「当たり前だ!何を言っとるか!」

手塚「皆文句を言うな!山頂アタックだ!」


一同「はぁ~い・・・」トボトボ


真田「ふぅ~やっと納得したようだな・・・」

真田「にしても、山登りとは中々良い選択をしたな」

真田「滝行も出来るし精神も鍛えられそう・・・」

手塚「・・・」ホクホク

真田「・・・どうしたんだ?手塚・・・?」

手塚「む・・・いや、何でもない」


おわり
251: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 15:27:29.10 ID:bh3sOIu5.net
以上
途中で期間空いて申し訳ない
並行して書いてて中々時間割けなかったごめん
257: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 21:25:22.93 ID:bh3sOIu5.net
おまけ μ'sその後

楽屋(半壊)

穂乃果「今日のライブも盛り上がったねっ!」

凛「うん!ライブテニスバトル中に急に光りだしたのは興奮したにゃ~!」

海未「・・・未だに私は慣れません・・・」

穂乃果「そりゃ最初は穂乃果達もびっくりしたけど・・・」

穂乃果「何回ライブテニスバトル見てたら・・・ねぇ?」

凛「そうにゃ!慣れるにゃ!」

海未「ですが・・・」

真姫「海未の言う通りよ!」

真姫「毎回あんなにハデな事されたら、慣れるものも慣れないわよ・・・!」

海未「真姫・・・!」

凛「でも真姫ちゃん、この前BiBiでライブしたとき凄くノリノリだったってにこちゃんから聞いたよぉ~?」

真姫「そ・・・それは・・・」

穂乃果「へぇ~・・・そうなんだぁ~・・・」

凛「素直になれば良いのに~・・・」

穂乃果・凛「ねー?」

真姫「な、なによぉっ・・・!」




ことり「もしもし、お母さん?・・・うん、今日もすっごく盛り上がったよぉ♪」
258: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 21:26:06.13 ID:bh3sOIu5.net
絵里「・・・」

絵里(もう・・・皆のいる前で俺様とか絵里とか・・・あの人に羞恥心は無いのかしら・・・)

絵里(言われるコッチが恥ずかしくなるわ・・・)

絵里「はぁ・・・」

希「えりち?どうしたん?」

絵里「あ・・・いや何でもないのよ」

希「・・・」

希「ふぅ~ん・・・」

絵里「?」

希「勝つのは俺と絵里だっ!」キリッ

絵里「!」

絵里「ちょ、ちょっと希っ!」

希「あれ?俺じゃなくてウチの方が良かった?」

絵里「もうっ!」

絵里「・・・だったら私も・・・」

希「?」

絵里「絶・頂きましたー!!」キリッ

希「!」

希「えりち・・・」

絵里「ふふっ・・・」

希「そんなに希パワー注入してほしいん?」

絵里「え?」

希「やったら、心行くまで注入してあげるよ?」ワシワシ・・・

絵里「の、希・・・?あの・・・」


キャーーーーーーー


にこ「なにしてるの・・・?あれ・・・」

花陽「さぁ・・・」


おわり
259: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 21:28:07.79 ID:bh3sOIu5.net
大石と乾っていまいち性格がピンと来ない
本誌で見てるだけだったしなあ
262: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 23:06:40.68 ID:bh3sOIu5.net
おまけ 青学その後1



部室

河村「おはよう」

桃城「あ~タカさんにゃ~!今日も部活頑張るにゃ~!」

河村「なにあれは」

越前「この前のライブで凛ちゃんの事が更に好きになってみたいで」

越前「ネコ語をマスターしようとしてるらしいッスよ」

河村「努力の方向性・・・」

桃城「にゃにゃ!?不二先輩にゃー!一緒にランニング、行っくにゃ~!」

不二「桃」

桃城「にゃ?」

不二「凛ちゃんはそんなに執拗に『にゃ』はつけないよ」ゴゴゴゴ

桃城「すいませんでした」


おわり
267: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 11:55:02.25 ID:fat6/f1z.net
誕生日おまけ 氷帝その後


LINEグループ氷帝テニス部

忍足:おーい

向日:ん?

忍足:いやお前やない

忍足:あの後跡部病院に運ばれてたから

忍足:気になってな

樺地:うす

向日:あぁ

向日:跡部ーーー

跡部:呼んだか?

忍足:おー跡部

忍足:大丈夫なんか?

跡部:問題ねぇ

跡部:大量出血したが数日病院で安静にしてれば大丈夫だ

忍足:ほんなら今日跡部の誕生日やし

忍足:エエもんやるわ

跡部:ああん?

忍足:[画像を送信しました]
268: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 11:57:25.09 ID:fat6/f1z.net
向日:はぁ!?

向日:これ跡部が鼻血だしてるのを見た絵里ちゃんの写真じゃねーか!

忍足:せやで

樺地:うすうすうすうすうすうす

向日:あの驚きと恥じらいの一瞬を撮ったのか!?

忍足:せやで

向日:撮影OKだったけどあの状況で取れるか普通

向日:まさか心を閉ざしてライブを・・・?

忍足:堪忍なぁ・・・岳人

向日:ハラショーーーーーー

日吉:下克上等ーーーーーー

宍戸:激レアだぜ!

忍足:どうや跡部?

向日:おーい

忍足:なんや既読スルーかいな

鳳:あの・・・これもしかして部長また・・・

向日:あ・・・

忍足:跡部ぇぇぇぇ!!!

樺地:うがぁーーーーー!


おわり
274: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 21:20:55.85 ID:fat6/f1z.net
おまけ 青学その後2



河村(ライブでの花陽ちゃん可愛かったなぁ・・・)

---------------

花陽「誰か助けてー!」

チョットマッテテー

---------------

河村「・・・」

河村「誰か助けてー」ボソッ

河村「なーんて」

「チョットマッテッテー」ボソッ

河村「!?」クルッ

河村「誰も・・・いない」

不二「やぁ、タカさん・・・どうしたんだい?」

河村「あ、いや・・・別に・・・」

河村「お、俺・・・ランニング行ってくるよ」タッタッタッタ

不二「あ・・・」

不二「・・・」

不二「Welcome to Underground・・・」ボソッ


おわり
278: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 23:34:37.23 ID:lZkiZKAF.net
おまけ 四天宝寺その後



金色「ユウくぅ~ん!小春パワーたっぷり注入よぉ!」ワシワシ

一氏「ええ!ええでぇ小春ぅ!そのままココにも注入してくれぇ!」

ワイワイワシワシ

金太郎「なぁなぁ白石、アレなにしとん?」

白石「あぁ・・・アレかぁ・・・」

白石「あれは希パワー注入ごっこやで」

金太郎「希パワーってあれか!?この前のライブで白石がなった言うとっためっちゃテニス上手くなるヤツか!?」

白石「せや」

金太郎「アレしたらワイもテニス上手くなるんか!?」

白石「そこは金ちゃんの努力次第やろけど、なれるかもしれへんなぁ・・・」

金太郎「おおきに!やったらワイも実践してくるで~!」タッタッタ



金太郎「おーそこの姉ェちゃん!ワイにワシワシさせてや~!」

白石「金ちゃんそれはマズいで!」ダッ

財前「・・・やっぱ先輩らキモいッスわ」
279: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 23:36:04.60 ID:lZkiZKAF.net
おまけ 青学その後3



不二「ごめんね2人共、買出しに付き合って貰って」

河村「いいよいいよ」

越前「俺も暇だッたンで別に」

不二「フフッ・・・良かった」

穂乃果「あーっ!」

越前「!」

穂乃果「もしかして君、この前ライブテニスバトルしてた子っ!?」

越前「ッす・・・」スッ(帽子を深く被る)

穂乃果「凄かったよーあれっ!穂乃果も光ってみたいなぁ!」

越前「・・・」プイッ

トコトコトコ

穂乃果「あれ・・・あれれっ・・・?」

不二「すいません・・・彼、ちょっとシャイなもんで」スゥ・・・

穂乃果「うわぁ!びっくりした」

不二「申し遅れました、僕は彼と同じ中学に通う不二と申す者です」ペコリ

不二「微力ながら僕もμ'sを応援させて頂いております」

不二「以後お見知りおきを」スッ

穂乃果「こちらこそっ!よろしくね不二君!」ギュ

不二「・・・」ニヤ

河村「策士だ」

おわり
287: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 00:07:59.20 ID:Q90pZp9l.net
おまけ 立海その後


切原「流石に今日は練習行かなきゃな・・・」トコトコ

にこ「切原くん!」

切原「にこちゃん!?」

にこ「やっと会えたにこ!にこ、切原くんにずーっと会いたかったにこっ♪」

切原「え?え!?俺も会いたかったッス!マジで!あの、えっと、その、何というか・・・お、応援してます!」アタフタ

にこ「くっくっくっく・・・」

切原「?」

仁王「俺ぜよ赤也」シュイーン

切原「・・・!」

仁王「にこちゃんがこんな所にわざわざ来るわけないじゃろ」プピーナ

仁王「しかしこんな簡単なペテンに引っかかるとは・・・」

切原「・・・」ウルウル

仁王「あ・・・赤也・・・?さっきのは冗談じゃき気にする事は・・・」

切原「お、俺が悪いんス・・・冷静に考えればにこちゃんが俺に会いに来てくれる訳ないのに・・・」

切原「1人で勝手に舞い上がっちゃッて・・・」ウルウル

仁王「あー・・・えっと・・・」

切原「グスッ・・・」ポロポロ

柳生「む!?仁王くん、後輩を泣かせるとは関心しませんね」

仁王「こ、これは違うんじゃ柳生~!」
288: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 00:09:39.30 ID:Q90pZp9l.net
丸井「なになに?どーしたのよ?」スッ

柳生「おや丸井くん」

柳生「仁王くんが切原くんを泣かせたようでしてね・・・」

仁王「ご、誤解じゃ~!」

丸井「ふーん、だったら元気が出る一発芸見せてやるよ」

丸井「ジャッカルが!」

ジャッカル「俺!?」

切原「・・・」ジー

ジャッカル「う・・・」

ジャッカル「・・・」

ジャッカル「に、にっこにっこにー・・・」テレッ

切原「・・・!」ゴゴゴゴ

パァンパァンパァンパァン!

ジャッカル「痛っ!ちょ待って痛ッ!」バシッ

柳生「き、切原君落ち着いて!」

丸井「それは流石に怒るだろい」ヒョ-イ


ワーワー


真田「なにをやっとるんだ・・・アイツらは・・・」

幸村「真田も直に分かると思うよ」フフ


おわり
293: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 23:33:41.86 ID:5htVc1Q9.net
誕生日おまけ 青学その後4


とある山

手塚「・・・」トコトコ

手塚「・・・」トコトコトコ

海未「おや・・・あなたは・・・?」

手塚「!」

海未「またお会いしましたね」

手塚「・・・」コクン

海未「今日も山登りですか?」

手塚「・・・」コクン

海未「でしたら一緒に登りましょうか」

手塚「・・・」

海未「え?悪いですって?」

手塚「・・・」コクン

海未「大丈夫ですよ、山好きに悪い人はいませんから」ニコッ

手塚「・・・!」
294: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 23:34:48.34 ID:5htVc1Q9.net
頂上

海未「・・・」ホクホク

手塚「・・・」ホクホク

海未「やはり山は良いものですね・・・」

手塚「・・・」コクン

手塚「・・・」

海未「え?今日誕生日なのですか?」

海未「おめでとうございます」

海未「おいくつになられたのですか?」

手塚「・・・」

海未「25・・・?」

手塚「・・・」

海未「15!?」

手塚「・・・!」ビクッ

海未「も、申し訳ありません・・・」

海未「その・・・大人びていたものでびっくりしまして・・・」

手塚「・・・」

海未「そんな事ないですよ!」

海未「その年で、その落ち着き様はむしろ誇るべきだと私は思いますよ」

海未「もしかしたら登山で精神が鍛えられたのかもしれませんね」

手塚「・・・!」

海未「フフ・・・では下山しましょうか」

手塚「・・・」コクン
295: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 23:35:31.49 ID:5htVc1Q9.net
------
----
--

真田「むぅ・・・」

真田「幸村の言っていた直に分かるとは一体なんの事なのだ・・・」トコトコ


手塚「・・・」


真田「お、あれは手塚か・・・?」

真田「おーい手づ・・・」タッ


手塚「~♪」ルンルンスキップ


真田「手塚・・・?」


おわり
306: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 01:01:09.61 ID:2L1MAEnH.net
おまけ 青学その後5


不ニ「ちょっと越前・・・!」タッタッタ

不二「さっきのは穂乃果ちゃんに失礼だったよ」

越前「・・・すいません・・・ッス」

不二「今度からは気をつけようね?」ホクホク

越前「うッス」

河村「すごいホクホクしながら叱ってる」

不二「!」

不二「皆隠れて・・・!」

河村「え?」

ササッ

越前「・・・どうしたんスか?」

不二「あれを見てごらん」スッ

河村「乾と・・・立海の柳・・・?」

不二「なにかコソコソしてるみたいだし」

不二「2人の話の邪魔をしちゃいけないと思ってね」ニコッ

河村「なのにガッツリ盗み聞きはするんだ」
307: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 01:02:50.61 ID:2L1MAEnH.net
柳「貞治・・・例のモノは?」

乾「心配するな蓮二・・・この前のライブの映像とデータはバッチリ撮ってある」スッ

柳「すまないな、その日は部活でどうしても行けなかったのだ」

乾「気にするな蓮二・・・しっかりにこちゃんメインで撮ってるぞ」

柳「フム・・・」

柳「して・・・どうだった・・・?」

乾「μ's全員が出ているライブとは言えしっかりと計算された行動を取り、ちゃんと存在感をアピールできていたよ」

乾「これなら・・・」

柳・乾「「次のシングルがにこちゃんがセンターの確率100%」」

柳「と貞治は言う」

乾「・・・流石は蓮二だ」

乾「家に帰って見直したときに乾汁3回は出たよ」

柳「フ・・・それだと貞治がよく作っている乾汁と被るぞ」

乾「おっと・・・それは失礼」

柳「フフ・・・」

乾「フフフフフ・・・」

フフフフフフフフフ・・・



不二「・・・」

不二「乾もあのライブに来てたんだね」

河村「そんな事よりもう乾汁飲めない」

越前「オロロロロロロ・・・」

おわり
313: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 13:46:36.26 ID:zZrdimnv.net
おまけ 青学その後6

青学 部室

不二「・・・」

桃城「うぃーっすぅ」ガチャ

不二「やぁ、桃」

桃城「あ、不二先輩!買出しお疲れ様っす」

不二「僕もちょうど買いたい物があったからね」スッ

桃城「グリップテープっすか」

不二「うん、これを・・・」

不二「これに巻くのさ」スッ

桃城「サイリウム・・・?」

桃城「何で・・・?」

不二「これはね・・・タカさん用だよ」

桃城「!」

不二「この前、彼が一歩踏み出す瞬間を目の当たりにしてね」

不二「僕が力になってあげないとって思って」グッ

桃城「不二先輩・・・!」ウルッ

不二「フフッ・・・」

大石「お、どうしたんだ?」ガチャ
314: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 13:47:21.53 ID:zZrdimnv.net
不二「やぁ、大石」

桃城「お疲れ様です!」

大石「あぁ、お疲れ様」

大石「2人共何話してたんだ?」

桃城「タカさんがμ'sを好きになったって話っす!」

不二「この前行ったライブをキッカケにタカさん、μ'sの事が気になってるみたいなんだ」

不二「それでより好きになってもらおうって話をしてたんだよ」

大石「へぇ~、そうなのか」

桃城「大石先輩は誰が好きなんすか!?」

大石「いや、俺あんまりμ'sを知らないんだよな・・・」

大石「だから誰が誰ってのはちょっと分からないかな」

桃城「えぇ!?」ガーン

不二「・・・だったらまた今度ライブがあるんだけど、大石も一緒に行かないかい?」

不二「これを機にμ'sを知るってのも悪くないと思うよ」

大石「おぉ、不二達と一緒なら行きやすいな」

大石「是非行かせて貰うよ!」

不二「フフッ・・・約束だよ」
315: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 13:48:30.83 ID:zZrdimnv.net
大石「それじゃ!」ジャラッ

桃城「!」

タッタッタッタ

桃城「・・・」

桃城「あの・・・不二先輩・・・」

不二「ん?」

桃城「大石先輩が付けてたやつって真姫ちゃんのキーホルダーっすよね・・・?」

不二「そうだね」

桃城「じゃあ大石先輩μ's知ってるじゃないっすか!」

不二「いや・・・大石は本当に知らないと思うよ」

桃城「え・・・?」

不二「大石は英二とよくダブルスを組んでるのは勿論知ってるよね・・・?」

桃城「・・・あっ!」

不二「そう・・・と言う事は真・キク丸印のステップの影響を一番間近で受けている人物とも言える・・・」

桃城「でも・・・大石先輩は真姫ちゃんがどんな人かは知らないんでしょ!?」

桃城「だったらキーホルダーなんて・・・」

不二「同調」

桃城「!」

不二「同調を使う事により、頭の中で真姫ちゃん一色になった所にダイレクトで真姫ちゃんの情報を送る事ができる」

桃城「そんな事が・・・!」

不二「あぁ・・・だから大石はμ'sを知らないのに、無意識に真姫ちゃんキーホルダーを買い、身に付けているんだと思うよ」

桃城「英二先輩・・・スゲぇ・・・!」

不二「僕らも見習わないとね」

桃城「っすね!」







河村「なんか寒気が」ブルッ



おわり
322: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 18:46:14.44 ID:nDaf1kXa.net
おまけラスト 青学その後7

ライブ会場

ワーワー


「みんなー!今日は来てくれてありがとうー!」

ワァァァァァァァ!

大石「初めてきたけど、すごいな・・・」

大石「会場の皆の興奮を肌で感じるよ」

不二「こう言った経験は中々味わえる物じゃないよ」

河村「うおぉ~!萌えるぜピャーニィィング!!!」フリフリ

大石「タカさんそんなジャージ持ってたんだ」

不二「桃も負けてないよ」スッ

桃城「超絶!可愛い!スクールアイドル!フゥ↑フゥ↑それは!フゥ↑フゥ↑凛ちゃん!フゥ↑フゥ↑」

大石「へぇ、桃は凛って子でタカさんは花陽って子を応援してるのか」

大石「まき・・・りん・・・ぱな・・・?」

大石「うっ・・・!ズキッ

不二「大丈夫かい!?」

大石「大丈夫、少し頭痛がしただけだよ・・・」

不二「なら良かっ・・・」

不二「・・・!」(開眼)

不二「桃ッ!タカさんッ!」

桃城「・・・俺もバッチリ感じましたよ・・・!」

河村「誰でもウェルカム!!!」

不二「だったら・・・間違いないようだね・・・」

大石「え、何?」

不二「始まるんだよ」

不二・桃城・河村「ライブテニスバトルが」

大石「何それ」


おわり
323: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 18:48:04.63 ID:nDaf1kXa.net
これでおまけも終わり
色々と申し訳ない、ありがとうございました
324: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(あら)@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 18:52:07.44 ID:nDaf1kXa.net
過去作、良かったら

海藤「今日斉木の家でラブライブ観ようぜ!」燃堂「お?だったら後で相棒の家集合な!」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1437995134/

男「ほ、星空ッ…!」凛「!?」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1439559029/

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『越前リョーマ「へぇ、先輩達μ's知ってンすね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。