千歌(3)「おでこに数字が」美渡「それ夏休みの自家発電の回数ね」

シェアする

千歌-アイキャッチ21
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:30:25.81 ID:CBSatpSo.net
千歌(3)「自家発電?」

美渡「浦の星じゃ4年に1回くらい起こるらしいのよね」

美渡「私の時はなくてよかったけど」

美渡「んじゃ仕事行ってくるから一日で消えるらしいから絆創膏でもしときなー」

千歌(3)「え、ちょっと!みとねぇ待ってってばー!」

―――――

千歌(3)(自家発電ってどういう意味なんだろう)

梨子(25)「おはよう千歌ちゃん」

梨子(25)「あ、千歌ちゃんも数字でてるのね」

千歌(3)「おはよう梨子ちゃん!これねーみとねぇが言ってたんだけど」

千歌(3)「夏休みの自家発電の回数なんだって」

梨子(25)「は?」

元スレ: 千歌(3)「おでこに数字が」美渡「それ夏休みの自家発電の回数ね」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:34:31.91 ID:CBSatpSo.net
千歌(3)「梨子ちゃん、アイドルがだしちゃダメな声だよそれ……」

梨子(25)「あ……うん、ちょっと驚いちゃって……」

梨子(25)(え?自家発電って……え?)

千歌(3)「自家発電ってどういう意味なんだろうね。梨子ちゃん大分多いけど知ってる?」

梨子(25)「ど、どどんな意味なんだろうねーあはは」

千歌(3)「みとねぇが言うには4年に1回起きて、一日で消えるらしいんだ」

梨子(25)「4年に1回……一日で消えるのね……ふーん」
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:40:19.25 ID:CBSatpSo.net
梨子(25)(いやちょっと待ってよ!何よ4年に1回って!?オリンピックなの!?
 一番多い人が金メダルなの?そんなのメダリストじゃなくてただのオナニストじゃない!
 大体なんで洗っても数字消えないの?どんな原理なの?浦の星七不思議なの?
 後、千歌ちゃん自家発電の意味知らないの?知らないのに3回はしてるの?
 というか3回って少なすぎじゃない?なんか私がおかしいみたいじゃん!?
 2日に一回って普通でしょ?昨日してないから今日しようの何がおかしいの!?
 私は普通なの。普通。千歌ちゃんがおかしいの。あ、もしかして最近覚えた?
 私のiroha貸してあげよっか?きっと夢中になるわよ?

 …………ともかく)

千歌(3)「梨子ちゃーん?」
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:44:47.53 ID:CBSatpSo.net
梨子(25)「ねぇ千歌ちゃん」

千歌(3)「うん?なんか梨子ちゃん顔こわいよ?」

梨子(25)「私の数字絶対誰にも言わないで。絶対」

千歌(3)「え?梨子ちゃん自家発電がどんな意味んぐっ!?」

梨子(25)「その言葉も禁止ね。詮索も禁止よ。もし数字言ったり調べたりしたら私アクアやめて東京に帰るから」

千歌(3)「ええっーー!?」

梨子(25)「いい?約束よ?あ、ちゃんと千歌ちゃんの数字も言わないから安心して」

千歌(3)「安心って言われても意味がわからないから安心しようがないんだけど……」

梨子(25)「…………」
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:47:48.29 ID:CBSatpSo.net
梨子(25)(かまかけの可能性は?いや…千歌ちゃんに限ってそれはないはず……)

梨子(25)(やはりここは説明すべきかしら……)

梨子(25)(秘密を共有することにより万が一の裏切りを回避する……)

梨子(25)(妥当な判断よね……けど)

―――

千歌(3)「へー、梨子ちゃん25回もしてるんだ。意外とえっちなんだね」冷めた目

―――
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:53:51.96 ID:CBSatpSo.net
梨子(25)(いやあああああああああああああ)

梨子(25)(やっぱダメ!!私のイメージが崩壊する!)

梨子(25)(もし千歌ちゃんが15回くらいなら話しても良かったけど……3回て!3回!)

梨子(25)(3回ってやっぱおかしいわよ!なんで3回で済むの!?1回1回そんなハードなやり方なの!?私のiroha貸すから普通にして!)

梨子(25)(………………)

梨子(25)(でも……よく考えると千歌ちゃんでも3回はしてるのよね……)

梨子(25)(この無垢で真っ直ぐな千歌ちゃんが3回したのよね……)

梨子(25)(3回……それはつまりわかっててヤッたってことよね……)

梨子(25)(…………)

梨子(25)(いい……)
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:58:17.56 ID:CBSatpSo.net
千歌(3)「ねぇー梨子ちゃーん、ホントは意味知ってるでしょ?千歌にだけ教えてよー」

梨子(25)「し…知らない!」

千歌(3)「えー、それは無理があるよ?」

梨子(25)「う……えっとね……心当たりはあるんだけど……確信がないからまだその……待ってほしいなって」

千歌(3)「むー、わかった。約束だよ?絶対あとで教えてね」

梨子(25)「うん……約束する。ごめんね」(千歌ちゃんちょろい)

千歌(3)(後で検索しよっと)
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:03:43.35 ID:CBSatpSo.net
梨子(25)(よし。一日で消えるならいくらでも誤魔化しようがある)

梨子(25)(問題は今てきとうな理由を付けて教えた所で学校に行った時に周りの反応との差が生まれてしまうこと)

梨子(25)(この数字…生徒全員にでているのか、数字の意味を知ってる人は他にいるのか、まだ情報が足りない)

梨子(25)(落ち着くのよ桜内梨子……あなたならできる。誰にも知られずにやり遂げるのよ!)

梨子(25)(私はオナニストじゃないって証明してみせる!!!)

梨子(25)「千歌ちゃん、ちょっと家に絆創膏と鉢巻とってくるね」タッ

千歌(3)「あ、うん。はやっ」

スマホ「ピロピロピロピロ」

千歌(3)「朝から誰だろ?」
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:08:36.56 ID:CBSatpSo.net
Side曜・善子

善子(5)(この額の数字は一体……)

<ヨシコチャーン

善子(5)「来たわね」


曜(15)「おはヨーソロー!善子ちゃん!」

善子(5)「おはよう。ん?曜も数字でてるのね」

曜(15)「そうそう」

曜(15)「朝起きたらでてたみたい。善子ちゃん何の数字か知ってる?」
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:11:13.17 ID:CBSatpSo.net
善子(5)「知らないわ。でも私と曜にでているのなら考えられるの二つ」

曜(15)「アクアか?」

善子(5)「浦の星……ということね」

善子(5)「ハッ!もしかして堕天使やリトルデーモンの!?」

曜(15)「それはないんじゃないかなー、私リトルデーモンじゃないし」

善子(5)「えっ」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:16:51.66 ID:CBSatpSo.net
バス

善子(5)「とりあえず調べてみるわ」

曜(15)「私も適当に検索してみるー」

善子(5)「おでこ 数字 突然」

曜(15)「なら私はおでこ 数字 意味っと」

善子(5)「…………」

曜(15)「…………」

善子(5)「…………」スイスイ

曜(15)「…………」スイスイ

善子(5)「それっぽいのは見つからないわね」

曜(15)「ねー。…………あっ、あの子もでてる。あの子」ユビサシー

善子(5)「む。ということはやはり浦の星の生徒が対象……?」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:20:45.75 ID:CBSatpSo.net
善子(5)(学校が関わっているとするならば……洗っても消えない不思議な現象……)

善子(5)(七不思議、都市伝説、呪い……と言った所かしら)

善子(5)(浦の星女学院 七不思議……っと)

善子(5)(!?)


善子(5)(検索候補に……八番目の不思議)
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:27:10.04 ID:CBSatpSo.net
善子(5)(きっとこれね……浦の星の七不思議におでこの話なんて聞いたことないもの)ポチッ

善子(5)(なになに……)

善子(5)「………………………………」

曜(15)「善子ちゃーん?どうしたの固まっちゃって?」

善子(5)(これは……本当に……?でも…………)

善子(5)(言うべき……かしら……)

善子(5)(まだ曜さんの数字は私しか知らない)

善子(5)(傷は浅い方がいいわよね……それに私の数字も知られちゃったんだし……)
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:33:45.65 ID:CBSatpSo.net
善子(5)「曜……耳貸して」

曜(15)「ん?はいはい」

善子(5)「…………夏休みの間にしたじ……自家発電の回数みたいよ」

曜(15)「へ?自家発電って?」

善子(5)「…………」

善子(5)「…………もう一度耳貸して」

善子(5)「…………お……おな…………オナニーのことよ……」

曜(15)「えっ」

曜(15)「えええええええええええええええええええええええ」
24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:37:18.29 ID:CBSatpSo.net
アナウンス「お客様お静かにお願いします」

曜(15)「やべ」

善子(5)「急に大声ださないでよ……」

曜(15)「ごめんごめん……じゃなくて!」

曜(15)「それ本当なの……?」

善子(5)「…………症状は一致してるし、回数も……」

善子(5)「わ……私は…週に一回……決まった日にして…る…から…」

曜(15)「」
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:45:22.42 ID:CBSatpSo.net
曜(15)「そ、そっか……」

善子(5)「クゥゥゥ……」

善子(5)「曜は……曜はどうなのよ!15回もしてるの!?」

曜(15)「ちょ、声にださないでよ!」

曜(15)「…………フゥー」

曜(15)「私は……大体3、4日に1回してるから……このくらいの数字に……なるかも」

善子(5)「じゃあやっぱり……」

曜善子「…………………」
28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:48:05.95 ID:CBSatpSo.net
曜(15)「このことはお互い……ね?」

善子(5)「そうね……これは契約よ」

善子(5)「堕天使ヨハネの名の元に-汝、我と」

曜(15)「そういうのいいから」

善子(5)「……」

曜(15)「絶対ダメだよ?言っちゃ?絶対だからね」

善子(5)「それは私だって……」

曜(15)「善子ちゃんはまだいいじゃん……5回だもん……」

曜(15)「私……15回なんて知られたら……」

善子(5)「…………別に普通だと思うけど」
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 18:54:53.63 ID:CBSatpSo.net
曜(15)「でも善子ちゃん5回だけじゃん……」

善子(5)「私は……その…抑えてるっていうか……」

善子(5)「あー!もー!学校着けば他の人の回数見れるからそれでわかるでしょ!」

曜(15)「…………」

曜(15)「…………千歌ちゃん何回かな」

善子(5)「………………」

善子(5)「とりあえず絆創膏でもしておきましょう……」
43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:01:12.39 ID:CBSatpSo.net
Side果南・鞠莉


鞠莉(16)「フフフ……遂にこの時が来たわ!!」

鞠莉(16)「私は待っていたのよ!果南のお……回数を知る時を!!!」

鞠莉(16)「用意していた大きめの絆創膏はっと」ゴソゴソ

鞠莉(-)「よし、Perfect♪後は果南が誰かと会う前に朝イチで迎えに行くだけよ!」
45: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:06:13.47 ID:CBSatpSo.net
鞠莉(-)「……」コンコン

果南「はーい、どちら様~?」

鞠莉(-)「かなぁ~ん!早起きしたから迎えに来ちゃった」

果南「なんだ鞠莉か。ちょっと待ってね~」

鞠莉(-)(果南は何回かしら……体力あるし20回…いや30回だったり?)ドキドキ

鞠莉(-)(普段全然私に興味ない様なフリしちゃって!本当は私のナイスバディに興奮してるの知ってるんだからね♪)
46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:12:40.51 ID:CBSatpSo.net
ドア「ガチャ」

鞠莉(-)「Hello♪かな……」

果南(-)「おはよう鞠莉。珍しいね迎えに来るなんて」

鞠莉(-)「…………」

果南(-)「ん?どうかした?」

鞠莉(-)「果南……その絆創膏は……」

果南(-)「これ?鞠莉もしてるから知ってるんじゃないの?」

鞠莉(-)「わ、私はただCuteじゃないから貼っただけよ…果南も?」

果南(-)「私は朝起きてね―――
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:18:11.58 ID:CBSatpSo.net
果南(8)「なんだろうこの数字……洗っても落ちないし……」

果南(8)「まいっか……歯磨こ」

果南(8)「…………」シャコシャコ

果南(8)「ガラガラー」ペッ

果南(8)「……」ジー

果南(8)(やっぱ気になる……)

果南(8)(なんかキン◯マンみたいだし……)

果南(8)(…………千歌に電話してみるかー)
50: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:23:45.50 ID:CBSatpSo.net
果南(8)『もしもし千歌ー?』

千歌『どったのかなーん』

果南(8)『朝起きたらおでこに数字がでてたんだけど何か知ってる?』

千歌『えっとねーその数字は…あっ』

果南(8)『ん?』

千歌『私もよくわからないんだけど他の人に見られない方がいいみたいだよ』

果南(8)『へーどうして?』

千歌『梨子ちゃんが物凄い剣幕で言うだもん』

果南(8)『ふーん……梨子ちゃんがねぇ……』

果南(8)『ま、隠した方がいいのね、ありがと千歌』

千歌『どいたまー。あ、梨子ちゃんにはこのこと内緒にしといて!』

果南(8)『りょうかーい』
54: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:31:58.71 ID:CBSatpSo.net
果南(-)「って千歌が言うからさ」

鞠莉(-)「そ、そう……」



鞠莉(-)(なぜ?どうして真っ先に千歌っちに電話するの!?)

鞠莉(-)(なんで私じゃないのよ!)

鞠莉(-)(二重にショックじゃない!)

鞠莉(-)(はぁ……それにしても梨子はこの数字の秘密知っているようね……)

鞠莉(-)(余計なことをっ……)
56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:36:49.32 ID:CBSatpSo.net
果南(-)「にしても何の数字なんだろうね~」

鞠莉(-)「き、気になるわね」

鞠莉(-)「でもまぁ、学校に行けばわかるんじゃない?」

果南(-)「そうだね。千歌と梨子ちゃんにもでてるみたいだし誰かしら知ってるのかな」

鞠莉(-)「それじゃぁはやく行きましょ♪」ギュッ

果南(-)「いや暑いから……」



果南(-)(数字がでた日にわざわざ朝イチで来るってことは鞠莉知ってるんでしょ)

果南(-)(案の定鞠莉も隠してるし、結構恥ずかしい数字なのかなん?)
59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:43:12.73 ID:CBSatpSo.net
Sideダイヤ・ルビィ・花丸


ダイヤ(1)「一体なんなんですのこの数字……」

ルビィ(11)「お姉ちゃんが1でルビィが11……」

ルビィ(11)「何かのランキングだったりして?」

ダイヤ(1)「そうですわねぇ……わたくしが1位となりますとやはり」

ダイヤ(1)「μ'sへの愛……でしょうか」

ルビィ(11)「…………」

ダイヤ(1)「……おっほん」

ダイヤ(1)「とにかく黒澤家の者がこんな醜態を晒すのは許されませんわ」

ダイヤ(1)「応急処置として絆創膏を貼っておきましょう」
62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:48:22.31 ID:CBSatpSo.net
ダイヤ(-)「とりあえずはこれで。数字がでてるよりはマシでしょう」

ルビィ(-)「でもお姉ちゃんは1位だからなんだかかっこよかったかも」

ダイヤ(-)「せめて何の1位なのかわかりませんと」

ダイヤ(-)「私は生徒会の用事で先に行きますが、何かわかったら連絡するように」

ルビィ(-)「うん!お姉ちゃんもわかったら教えてね!」

ダイヤ(-)「もちろん。……それじゃ登校には十分気をつけるのよ」

ルビィ(-)「はーい」
63: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:51:46.01 ID:CBSatpSo.net
登校

ルビィ(-)「花丸ちゃーんおはよう!」

花丸(0)「ルビィちゃんおはようずら」

ルビィ(-)「あっ、花丸ちゃんは0なんだ」

花丸(0)「ルビィちゃんも数字でてた?」

ルビィ(-)「うん。私が11でお姉ちゃんが1だった」

花丸(0)「ほえー何の数字か気になるずら」

ルビィ(-)「何かのランキングかなってお姉ちゃんと話してたんだけど」

ルビィ(-)「花丸ちゃんが0ってことは何かの回数とかなのかなぁ?」

花丸(0)「まるが0でルビィちゃんが11回でダイヤさんが1回なこと……」

花丸(0)「全然わかんないずら」
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 20:56:33.99 ID:CBSatpSo.net
ルビィ(-)「他の子達も大体1~10とかだから結構みんなしてることなのかなぁ?」

花丸(0)「なんだか不安になってきたずら……まるだけ仲間はずれ」

ルビィ(-)「もしかしたら悪いことの回数かもしれないし大丈夫だよー」

花丸(0)「ルビィちゃん11回も悪いことしたずら?」

ルビィ(-)「んー……お姉ちゃんのプリンなら11回は勝手に食べたかも……」

花丸(0)「重罪ずら」

花丸(0)「まるは人の物(勝手に)食べたりしないから当たりかもしれないね」

ルビィ(-)「あ、じゃぁもしかしてお姉ちゃん私のプリン勝手に食べた?そういえばあの日……」ブツブツ

花丸(0)(ルビィちゃん怖いずら……)
116: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 15:23:14.93 ID:m7kRSpcl.net
次から探り合い(笑)のつもりなので回数の整理と簡単な性事情でお茶を濁します
夏休み=約40日


高海千歌  3回
性欲は少なめ。ごくたまに少女漫画読んでてその気になった時する
ネタは身近な人のちょっとえっちな写真。3回の内訳は曜 梨子 果南

渡辺曜   15回
性欲はちょっと多め。ネタは千歌との妄想一択。(ネコ専)
ときたまハードな妄想までいくこともあるが指はソフト
声がちょっと大きい

桜内梨子  25回
中学3年の時、いつも利用している同人ショップでirohaと出会ってから回数が増える
ピアノのプレッシャーによるストレスのはけ口として日に日に回数は増え
次第にネタも指もハードになっていく
だが一線は超えまいと毎日はしないようにしている(一日に2回しないとは言っていない)
隣が千歌の部屋のため声は抑えてはいるものの
聞こえちゃってもいいかなと思っている
117: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 15:24:50.94 ID:m7kRSpcl.net
国木田花丸 0回
お腹減ったずら

黒澤ルビィ 11回
至ってノーマルな子
ネタは花丸や善子に突然襲われるシチュが好み

津島善子  5回
毎週休日のニコ生配信後に行為をする
ニコ生配信中は無垢を装っているが
腋や太もも等のチラ見せをわざとしてリスナーを扇動
放送後エゴサーチして自分がエロい目で見られていることに興奮する
行為中は胸やもっときわどい露出を妄想するが実行に移す気はない
イキそうになるのが怖く指も回数も控えめにしている
121: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 15:31:42.83 ID:m7kRSpcl.net
松浦果南  8回
性欲は少なめではあるものの
発散しないとハグした時にムラムラするので適度に消化している
ネタは鞠莉とダイヤに二人がかりで襲われるのが好き

小原鞠莉  16回
性欲多めだが行為は一番ソフト
ネタも果南に優しくされる妄想ばかりな一番乙女乙女している
声も必死に抑える可愛い

黒澤ダイヤ 1回
夏休みのある日。生徒会室で一人作業をしていたダイヤはセンチメンタルな気分になっていた
本来ならばこの日は果南と鞠莉と共に遊びに行く予定だったのだが、生徒会の仕事を思い出し
「お二人は気にせず楽しんで来てください」と二年ぶりに仲直り出来た二人に気を使った
本音は一緒に手伝うから午後からだけでも遊びに行こうと言ってほしかった
そんな自分の弱さをダイヤは気に病み、過ちを起こすこととなる―――
作業が終わり、書類を纒め歩きだしたその時、暑さを凌ぐために開けていた窓から入る風に
一枚の紙が浮き上がる。普段のダイヤであればしないはずが
気が抜けていたためか、はしたなく体を倒し紙を掴む
その拍子に、机の角がダイヤの秘所に触れる―――
ダイヤはこの行為を知っていた。そして行う度に後悔するため行わないようにしていた
だが今日のダイヤは満たされない自分の心を満たすために考えるよりも先に体が動いてしまった
「んっ……あっ……」
ダイヤの艶やかな声が夏風に消えていく
いつ、誰が来てもおかしくない生徒会室の緊張感。窓から入る少し涼し気な風の開放感
生徒会室でこんなことをしている自分への背徳感
ダイヤは経験したことのない快楽にすぐに果てることとなった
快楽の後に待っていたのは激しい後悔と羞恥の波
拭っても拭っても溢れ出る涙で顔はぐしゃぐしゃになり
下着はぐしょぐしょだった
133: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 16:03:37.97 ID:m7kRSpcl.net
>>126
童貞じゃなきゃこんなSS書いてねーよ!やめろよ!
泣いちゃうだろうが!
204: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:40:39.13 ID:+q0la7KW.net
学校2年教室

梨子(-)(おかしい……おかしいわ……)

梨子(-)(どうしてみんなそんなに少ないの!!)

梨子(-)(田舎は娯楽がないから性に開放的だってネットで見たのに!!!)

梨子(-)(多い子でも10代後半……)

梨子(-)(それ以上の子がみんな隠してるんだとしたって明らか私多い……)

梨子(-)(こうなったらアクアのメンバーで私より多い子がいることに期待するしか……)

梨子(-)(曜ちゃん、鞠莉さんあたりは多そうだし……)


千歌(-)(…………)
205: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:42:40.64 ID:+q0la7KW.net
扉「ガラッ」

曜(-)「おはよう千歌ちゃ、ん!梨子ちゃん!」

千歌(-)「おっはよー!」

梨子(-)「おはよう曜ちゃん」

梨子(-)(曜ちゃん……私は見逃さなかったわよ)

梨子(-)(千歌ちゃんのおでこの絆創膏を見た時がっかりしたその瞬間を!!!)

梨子(-)(どうやら曜ちゃんはこの数字の意味を理解しているようね……)

梨子(-)(好きな人のオナニーの回数なんて知りたいに決まってるもの!)
206: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:43:45.02 ID:+q0la7KW.net
梨子(-)(それにあの悪魔っぽい絆創膏……)

梨子(-)(情報源は善子ちゃんね……)

梨子(-)(オカルト現象だもの善子ちゃんが知っていても不思議はない)

梨子(-)(二人は情報を共有している……)

梨子(-)(これは野放しにしておけないわ)
210: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:45:59.22 ID:+q0la7KW.net
千歌(-)「曜ちゃんもおでこ隠してるー」

曜(-)「アハハ…善子ちゃんが隠した方が言いっていうからさ」

千歌(-)「何の数字なんだろうね」

千歌(-)「曜ちゃんはいくつだった?」

曜(-)「えっ…それはちょっと言えないかな…」

千歌(-)「曜ちゃん意味」

梨子(-)「」ギラッ

曜(-)「わ、私は知らないから!!」

千歌(-)「……よーちゃんかおあかーい」


梨子(-)(わかるわよ曜ちゃん、あなたは今好きな人にオナニー何回してるのって聞かれたんだもんね)
211: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:48:27.43 ID:+q0la7KW.net
千歌(-)「じゃあ千歌のすう」

梨子(-)(!!)

梨子(-)「千歌ちゃんっ!」

千歌(-)「」ビクッ

梨子(-)「……二人とももう先生来るからね?」ニッコリ

千歌(-)「…………はーい」


曜(-)(千歌ちゃん意味知らないんだ……)
212: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:49:54.91 ID:+q0la7KW.net
梨子(-)(危ない……千歌ちゃんの数字は交渉に使える)

梨子(-)(今ここで二人が数字を教え合うのは危険)

梨子(-)(そんな流れになったら私も言わざるをえない空気になるし……)

梨子(-)(それだけは避けないと)
213: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:51:29.92 ID:+q0la7KW.net
休憩時間

梨子(-)「私、お手洗い行ってくるね」クイッ

千歌(-)「いっといれー」

曜(-)「……いってらー」



千歌(-)「曜ちゃん私はって言ってたけど善子ちゃんは知ってるの?」

曜(-)「あ…えっと、その話は後で!やっぱ私もトイレ行ってくる!」

千歌(-)「えー」

曜(-)「ご、ごめん!」タッ

千歌(-)「…………」
214: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:54:22.99 ID:+q0la7KW.net
廊下

梨子(-)「来てくれると思ってたわ」

曜(-)「……何の用かな?」

梨子(-)「ここじゃあれだから人のいない場所に行きましょう」


人のいない場所

梨子(-)「単刀直入に聞くけど」

梨子(-)「曜ちゃんと善子ちゃんはこの数字の意味理解してるわね?」

曜(-)「…………梨子ちゃんは知ってるんだね?そんな鉢巻までして」

梨子(-)「知ってる」

曜(-)「……説明してみてよ」

梨子(-)「その必要はないわ」

曜(-)「何が言いたいの」
215: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:55:37.07 ID:+q0la7KW.net
梨子(-)「私は千歌ちゃんの数字を知っている」

曜(-)「!!」

梨子(-)「曜ちゃん……これは提案よ」

梨子(-)「同盟を組みましょう」

曜(-)「同盟……?」

梨子(-)「今日は月曜日……練習の前にミーティングがあるわ」

梨子(-)「その時におでこの数字について話すかもしれない」

梨子(-)「そうなった時……いえ、それ以外でもお互い協力しましょう」

曜(-)「なるほどね……」
216: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:57:17.54 ID:+q0la7KW.net
曜(-)「これは善子ちゃんにも伝えた方がいい?」

梨子(-)「ええ、人数は多い方がいいわ」

曜(-)「わかった……その提案飲むよ」

曜(-)「それじゃ千歌ちゃんの……教えて?」

梨子(-)「待って、この同盟は互いにメリットがあるわ」

梨子(-)「千歌ちゃんの数字を教える代わりに……」

梨子(-)「曜ちゃんの数字も見せてもらっていいかしら?」

曜(-)「ッ!」
217: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 21:59:01.24 ID:+q0la7KW.net
梨子(-)「恥ずかしいよね……でも曜ちゃん」スッ

梨子(-)「私は千歌ちゃんのおでこの数字を写真で残してあるわ」

曜(-)「ッッ!!」

梨子(-)「千歌ちゃんに悟られず一方的に知ることができる……」

梨子(-)「悪い条件じゃないと思うの」

曜(-)「確かに……悪くはないけど……梨子ちゃんの数字は教えてくれないの?」

梨子(-)「私の数字は…そうね……善子ちゃんの数字を証明してくれるなら……いいわよ?」

梨子(-)(優しい曜ちゃんが人の数字を言うはずがない!)

曜(-)「…………それはできないかな」

曜(-)「わかった。いいよ」
218: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 22:00:51.91 ID:+q0la7KW.net
曜(-)「でも!先に見せるのは梨子ちゃんだよ!」

梨子(-)「安心して、そのつもりよ」

梨子(-)「はい、どうぞ」

スマホピカー

曜(-)「…………3」

曜(-)「3回!?」

梨子(-)「驚く気持ちもわかるわ……でもその前に曜ちゃんの数字をね?」

曜(-)「う……うん……」スッ

ピラ

曜(15)「///」


梨子(-)「!!!!!??????」
219: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 22:02:45.38 ID:+q0la7KW.net
梨子(-)(嘘……私より10回も少ない……)

梨子(-)(曜ちゃんなら毎日千歌ちゃんとの出来事思い返してしてると思ったのに!)

梨子(-)(そんな……ありえない……)

曜(-)「」ペター

曜(-)「千歌ちゃん3回なんだ……」

曜(-)「まぁでも……千歌ちゃんなら0もありえるかなと思ってたし」

曜(-)「そういうことしてるんだ///」

梨子(-)(なんでこんな田舎娘が初心なのよ!!)

梨子(-)(もっと開放的になりなさいよ!!!)
220: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 22:03:59.23 ID:+q0la7KW.net
教室

千歌(-)「二人とも遅いよー」

梨子(-)「次の衣装の話してたら遅くなっちゃった」

曜(-)「……ごめんね千歌ちゃん///」


千歌(-)「…………」
228: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:14:45.52 ID:AUmJAedC.net
Side1年

曜(-)「うぅ……やっぱ私多くない?」

善子(-)「そうね……曜より多いのは数人しかいなかった…けど」

善子(-)「飛び抜けて多いわけでもないんだし気にするほどではないんじゃない?」

曜(-)「なのかなぁ……」


善子(-)「それじゃ」

曜(-)「善子ちゃんお願いね」

善子(-)「はいはい、報告するわよ。そっちもね」
229: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:17:20.45 ID:AUmJAedC.net
1年教室

花丸(0)「あっ、善子ちゃん来たずら」

ルビィ(-)「善子ちゃんおはよー」

善子(-)「……おはよう」

善子(-)(花丸0って……オナニーすると女性ホルモンで胸が大きくなるって嘘だったの!?やっぱ関係ないの!?)

花丸(0)「善子ちゃんも隠してるずらー」

善子(-)「ずら丸、あんたは隠さなくていいの?」

花丸(0)「ん~、何の数字かわからないし気にしてないずら」

ルビィ(-)「お姉ちゃんが1でルビィが11なんだけど善子ちゃん何か知ってる?」
230: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:18:55.69 ID:AUmJAedC.net
善子(-)「!?」

善子(-)「え…あ…知らない……」

善子(-)(ルビィ結構するのね……逆にダイヤさんは一回だけなのね……)

善子(-)「けど、もしかしたら恥ずかしい数字かもしれないし迂闊に言わない方がいいと思うわ」

花丸(0)「善子ちゃん何か知ってるずらね?」

善子(-)「へあっ!?」
231: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:20:24.98 ID:AUmJAedC.net
ガシッ

善子(-)「ちょっと!何するのよ花丸!」

花丸(0)「ルビィちゃん!今ずら!!」

ルビィ(-)「えっえっ」

花丸(0)「善子ちゃんの絆創膏取るずら!」

善子(-)「ちょっ、やめなさい!やめてずら丸!!ルビィ!!」グググ

善子(-)(花丸力強い……動けないっ)

ルビィ(-)「でも……」

花丸(0)「こんなに嫌がるってことは善子ちゃん何か知ってるずら」

花丸(0)「一人だけ隠すなんてずるい」

ルビィ(-)「……確かに」
232: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:21:15.83 ID:AUmJAedC.net
善子(-)「いや!勝手にそっちが言ってきたんでしょ!?」ググ

善子(-)「いい加減にしないと堕天使の力を開放するわよ!!!」ググググ

花丸(0)「やれるもんならやってみるずら」ガシー

善子(-)「うっ…ぐっ…」グ

善子(-)(もう…無理…)

ルビィ(-)「」ソォー

善子(-)「待って!やめてルビィ!私も知らないの!」ジワァ

ルビィ(-)「」ピクッ

ルビィ(-)「……やっぱ良くないよ花丸ちゃん」

ルビィ(-)「離してあげて?」
233: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:22:48.64 ID:AUmJAedC.net
花丸(0)「……わかったずら」パッ

善子(-)「ハァ…ハァ…」

ルビィ(-)「ごめんね善子ちゃん。花丸ちゃんも」

花丸(0)「ごめんなさい」

善子(-)「い、いいのよ……わかってくれれば……」

善子(-)「……私も数字の意味は本当に知らないの……ごめん」

ルビィ(-)「そっか」

花丸(0)「もう無理に聞いたりしないずら」
236: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:24:51.52 ID:AUmJAedC.net
花丸(0)(善子ちゃんはもっと食べた方がいいずら)

―――花丸は善子の力のなさを心配していた



ルビィ(-)(涙目の善子ちゃん可愛かった……)

―――ルビィは『タチ』の良さを少し理解した



善子(-)(私、花丸に襲われたら為す術なしなのね……)ドキドキ

―――善子は『無理やり』の良さを理解していた
249: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:04:40.64 ID:AUmJAedC.net
休憩時間

LINE

善子『花丸は0 ルビィ11 ダイヤは1みたいよ』

曜『すごい収穫だね』

善子『そっちは?』

曜『千歌ちゃんが3だった』

善子『梨子は隠していたと』

曜『それがね』かくかくしかじか

善子『私の数字本当に言ってないのね?』

曜『もちろんだよ。梨子ちゃんの数字も知りたかったけどね』(多そうだし)

善子『信じるわ。その同盟結びましょう』

善子『花丸とルビィはかなり詮索してくる。おそらくダイヤも』

善子『気をつけましょう』

曜『ヨーソロー!』
250: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:05:43.17 ID:AUmJAedC.net
Side3年教室


鞠莉(-)(みんな案外してないのね……)

鞠莉(-)(この現象のために控えめにしておいて正解)

鞠莉(-)(さて……ダイヤは何回してるのかしら)


扉「ガラッ」ピシャ


ダイヤ(-)「お二人ともおはようございます」

果南(-)「おはようダイヤ」

鞠莉(-)「Hello~ダイヤ♪」

鞠莉(-)(ちっ、ダイヤも絆創膏してるのね)
251: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:07:04.19 ID:AUmJAedC.net
果南(-)「ダイヤも絆創膏してるんだね」

ダイヤ(-)「数字がでているよりはマシかと思いまして」

ダイヤ(-)「二人は何か知っていますか?」

果南(-)「私は知らないよ」

鞠莉(-)「私も知らないわよ」

ダイヤ(-)「そうですか……生徒会長として生徒に起こっている不可解な現象を突き止めたいのですが」

果南(-)「梨子なら何か知ってるみたいよ」

ダイヤ(-)「梨子さんが?」

果南(-)「今朝ね」かくかくしかじか
252: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:09:10.54 ID:AUmJAedC.net
ダイヤ(-)「ふむ」

果南(-)「あっ、千歌から聞いたってのは秘密にしてね?」

ダイヤ(-)「わかっていますわ」

ダイヤ(-)「それにしてもなぜ転校生である梨子さんが知っているのか」

ダイヤ(-)「謎は深まるばかりですわ」

鞠莉(-)「もしかして梨子っちが原因だったりして♪」

ダイヤ(-)「この様な現象が人の力で出来るとは思えませんが、とにかく聞いてみましょう」

鞠莉(-)「冗談が通じないんだから頭ダイヤは」

ダイヤ(-)「鞠莉さん……ハグしましょ?」ニッコリ

鞠莉(-)「頭突きしないならね」
253: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:10:24.72 ID:AUmJAedC.net
果南(-)「まぁまぁ、数字の謎は気になるけどさ」

果南(-)「今はそれより」

果南(-)「ダイヤの数字はいくつだったの?」

鞠莉(-)(!?)

ダイヤ(-)「別に教えるのは構いませんが……」

ダイヤ(-)「もちろん果南さんも教えてくださるんですよね?」

鞠莉(-)(そうよ……隠してる数字を教えるってことは自分も晒すのは当然)

鞠莉(-)(果南甘いわよ!)

果南(-)「ダイヤならいいよ」

鞠莉(-)(!!??)
254: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:11:35.79 ID:AUmJAedC.net
ダイヤ(-)「なら果南さん、ちょっとこちらへ」

果南(-)「ん」

鞠莉(-)「STOP!!!」

ダイヤ(-)「なんですの大きな声だして」

果南(-)「鞠莉も教えてくれるの?」

鞠莉(-)「そ、それは……」

鞠莉(-)(つい止めてしまったけど……どうしよう)

鞠莉(-)(二人に……オ……何回してるか言うなんて……)

果南(-)「ねぇ…やっぱ鞠莉何か知ってるんじゃない?顔真っ赤だよ?」ニヤニヤ
255: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:13:53.86 ID:AUmJAedC.net
ダイヤ(-)「鞠莉さん理事長ですし知っていましたね?」

鞠莉(-)(うぅ……ここは少なめに申告して……)

鞠莉(-)「わ、わかったわよ!数字言うから!本当に知らないんだって」

果南(-)「本当は?」

鞠莉(-)「知って…いや知らないから!からかうのやめて頂戴!」

ダイヤ(-)「ふふ、珍しいですね。鞠莉さんがこんな風になるのは」

鞠莉(-)「もぅ……二人ともひどいんだから」
256: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:15:13.90 ID:AUmJAedC.net
果南(-)「それじゃぁ鞠莉からね」

鞠莉(-)「…………私の数字は」

果南(-)「ちょっと待って」

鞠莉(-)「へ?」

果南(-)「鞠莉なんか嘘の数字言いそうだし」

果南(-)「おでこ見せて?」

鞠莉(-)「えっ…それは…」

果南(-)「大丈夫。新しい絆創膏なら用意してあるから」スッ

ダイヤ(-)「準備いいですわね」
257: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:16:23.24 ID:AUmJAedC.net
鞠莉(-)(そ…そんな……果南どうして……)

果南(-)「ほらはやくはやくー」

鞠莉(-)「ふ、二人もおでこ見せてくれるのよね!?」

果南(-)「鞠莉が見せてくれたら別にいいよ?ダイヤもいいよね?」

ダイヤ(-)「わたしくも構いませんわ」

鞠莉(-)「うっ……くっ……」
258: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:18:33.58 ID:AUmJAedC.net
果南(-)「なんなら私が剥がしてあげようか?」

鞠莉(-)「じ、自分で剥がすわよ!」

鞠莉(-)(なんで今日の果南はちょっとSadisticなの!?)

鞠莉(-)「っ…」プルプル

果南(-)「ほらほらー鞠莉手震えてるよ~?」ニヤニヤ

ダイヤ(-)(なんだか背徳的な光景ですわ……)ドキドキ

鞠莉(-)(果南のばか……でも……)





鞠莉(-)(言葉責めされてるみたいでちょっといいかも///)
261: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:21:36.88 ID:AUmJAedC.net
鞠莉(-)「」ピト

果南(-)「」ニヤニヤ

ダイヤ(-)「」ドキドキ


扉「ガラッ」
先生「みんなおはよー席ついてー」


ダイヤ(-)「わたくしとしたことがっ」

果南(-)「残念。鞠莉また後でね♪」

鞠莉(-)「う……うん///」
263: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 07:25:21.47 ID:AUmJAedC.net
ダイヤ(-)(さっきの二人を見ているとなんだか……いえ、いけませんわ!お二人は親友……親友なんですから)

―――ダイヤは新しい『世界』の扉を開けようとしていた



果南(-)(はぁー惜しかった、でも鞠莉すごい可愛かったなー。後が楽しみ♪)

―――果南は無自覚な『サド』を覚醒させようとしていた



鞠莉(-)(いつもは優しい果南だけど……たまにはこういうのもいいわね///)

―――鞠莉は『マゾ』に目覚めていた
291: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 20:03:18.71 ID:AUmJAedC.net
休憩時間

鞠莉(-)「……」ソワソワ

果南(-)「それじゃ鞠莉こっちおいで。ダイヤも」

鞠莉(-)「……ぅん」

ダイヤ(-)(なんですのこのしおらしい鞠莉さんは……)
292: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 20:04:35.27 ID:AUmJAedC.net
教室の隅

果南(-)「ふふ、鞠莉もう顔赤いよ?そんな恥ずかしい数字なのかな?」

鞠莉(-)「ち、違うわよ!ただ…果南がいつもと違うから……」

果南(-)「えーそうかなぁ?変なのは鞠莉の方じゃない?」

果南(-)「なんか今日の鞠莉すごい可愛いよ?いつも可愛いけどね」

鞠莉(-)「か、可愛いって///」

ダイヤ(-)(飴と鞭ですわ……)

果南(-)「それじゃ……見せて♡」

鞠莉(-)「ハイ///」


ダイヤ(-)(おでこの絆創膏取るだけですわよね!?おでこ見るだけですわよね!?)
293: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 20:06:06.75 ID:AUmJAedC.net
鞠莉(-)「……」プルプル

果南(-)「ゆっくりでいいからね♪」ニタァ

ダイヤ(-)(果南さんのこんな顔初めて見ましたわ……)ゴクリ



鞠莉(-)(果南とダイヤに……回数を……み、みせ―)

ピラッ

鞠莉(16)「ーーーっ///」プシュー



果南(-)「」ゾクゾク

ダイヤ(-)「」ゾクゾク


果南(-)(今日の鞠莉……ほんと……エロい)
294: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 20:09:20.27 ID:AUmJAedC.net
果南(-)「そっかー16かー」ペター

鞠莉(-)「こ…こえにだすのやめて……」

果南(-)「ごめんごめん。にしても鞠莉は比較的高い数字なんだね?」ニヨニヨ

鞠莉(-)「ウッ…ハァ…ハァ…」ゾクゾク

果南(-)「鞠莉大丈夫?息乱れてるよ?」

鞠莉(-)「だ……だいっ……」

果南(-)「ほらおいで、ハグしてあげる♡」

鞠莉(-)「」ダキッ

果南(-)「よしよし♪」ギュー



ダイヤ(-)(飴と鞭ですわあああああああああ教室でなんてことしてるんですのおおおおおおお)
404: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:42:45.29 ID:gfP94PcB.net
次の休憩時間

鞠莉(-)「さぁ~て二人の数字見せてもらおうじゃないの」

ダイヤ(-)「やっと元に戻りましたのね」

果南(8)「はいはい」ピラッ

鞠莉(-)「ちょ、何よその呆気なさ!」

鞠莉(-)(口ぶりからして少ないのはわかってたけど私の半分……)

ダイヤ(-)「果南さんは8、鞠莉さんは16、そしてわたくしが」ピラッ

ダイヤ(1)「1と…」

ダイヤ(1)「後、ルビィは11で花丸さんは0だそうで」

果南(8)「善子ちゃんは?」

ダイヤ(1)「隠してるみたいですわ」
405: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:43:19.08 ID:gfP94PcB.net
果南(8)「ふ~ん」

果南(8)「見事にみんなバッラバラだねぇ」

ダイヤ(1)「手掛かりがあるとすればわたくしと花丸さんでしょうか」

果南(8)「二人ともかなり低い数字だね。結構珍しい」

ダイヤ(1)「わたくしと花丸さんが低い…少ないこと。この線がありえそうですわね」

鞠莉(-)(そうよ……二人ともしなさそうだもの)

鞠莉(-)(っていうかダイヤ!1って何!?逆に気になるわよ!)

鞠莉(-)(花丸はまだ1年生だし?花より団子って感じだからわかるけど)

鞠莉(-)(あなたもう高校3年生でしょ!妹より少ないってどうなの!?)
406: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:43:55.95 ID:gfP94PcB.net
ダイヤ(1)「鞠莉さん……何か言いたそうですね?」

鞠莉(-)「……別に?何もないわよ?それより二人とも絆創膏貼りなさい」

果南(-)「はいはい」ペター

ダイヤ(-)「わかりましたわ」ペター

ダイヤ(-)「で、わたくしと花丸さんの少なそうなこと。お二人から見て何かありますか?」

果南(-)「んー、悪口とか?」

ダイヤ(-)「こう言いたくはありませんがさすがに1回以上言ってますわ……」

鞠莉(-)(性欲)

果南(-)「じゃ~……あっ!セクハラとか?鞠莉多いし」

鞠莉(-)「what?どういう意味よ果南!」

果南(-)「そのまんまの意味だよ、しょっちゅう私の胸揉んでくるし」
407: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:44:21.28 ID:gfP94PcB.net
ダイヤ(-)「それだと16回以上な気もしますが……うーむ」

鞠莉(-)「ダイヤまで失礼ね」

果南(-)「まぁ今考えてもしょうがないよ」

ダイヤ(-)「……そうですわね。ミーティングの際、梨子さんからいい返事が貰えるといいのですが」

鞠莉(-)(梨子が吐くとは思えないけど……できればこのままうやむやに……)

果南(-)(梨子口硬そうだしなぁ……やっぱもう一度試してみようかな)
409: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:45:13.02 ID:gfP94PcB.net
次の休憩時間
ダイヤさんはおトイレに行かれました


果南(-)「……ねぇ鞠莉」

鞠莉(-)「何かなん?」

果南(-)「そろそろ教えてくれてもいいんじゃない?」

鞠莉(-)「……だから私は知らないって」

果南(-)「自分の数字晒すのにあんな興奮しておいて?」

鞠莉(-)「こ…興奮って…あれは果南が変に意地悪するから……」

果南(-)「鞠莉……私にも言えない様なことなのかな?私のことそんなに信用できない?」

鞠莉(-)(むっか~~~!人の気も知らないでよくもそんな口利けたわね!)

果南(-)「お願い!ダイヤにも秘密にしておくから!ね?」

鞠莉(-)(………………)

鞠莉(-)(どうせ大したことじゃないと思ってるんでしょ。いいわよ……言ってやろうじゃないの!!!)
410: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:45:51.51 ID:gfP94PcB.net
鞠莉(-)「……わかったわ。耳貸して」

果南(-)「ありがとう鞠莉!信じてたよ!」

鞠莉(-)(コイツ……)

果南(-)(ほらぁやっぱり知ってたんじゃん)

鞠莉(-)「…………」

果南(-)「」ワクワク

鞠莉(-)「夏休みの間にした……Masturbationの回数よ」

果南(-)「…………Pardon?」

鞠莉(-)「……マスターベーションの回数よ」



果南(-)「」ボッ
411: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:47:18.32 ID:gfP94PcB.net
果南(-)「えっ……じゃぁ私……」

鞠莉(-)「果南は夏休みに8回したってことね」

果南(-)「~~~~っ!!」カァァ

鞠莉(-)「これでわかったでしょ」

鞠莉(-)「それなのに私の回数をあんな言葉責めで聞き出して!」

鞠莉(-)「一体どれだけ恥ずかしかったか!!!」

果南(-)「ご、ごめん!そんな恥ずかしい数字とは思ってなくて…本当にごめん……」シュン

鞠莉(-)「ま、まぁ今回は特別に許してあげるけどっ……」(悪い気はしなかったし……むしろちょっと良かったまで……)

果南(-)「ありがと……鞠莉は優しいね」

鞠莉(-)「…………」

果南(-)「そっかぁ……お…の回数かぁ……こんなのダイヤには」


ダイヤ(-)「お二人とも顔が赤いですが何かあったんですの?」

果南鞠莉「「何もない!!」」
412: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:49:04.27 ID:gfP94PcB.net
昼休み
ダイヤさんは生徒会室に行かれました


果南(-)「それにしてもまさかそんな数字だったとはね……鞠莉はどうして知ってたの?」

鞠莉(-)「理事長の引き継ぎの時に聞いたわ。まさか今年起こるとは思ってなかったけど」

果南(-)「なるほどね、それじゃ鞠莉は私の数字を隠すために朝来てくれたんだね」

鞠莉(-)「ん?……あっ、そうよ、もちのロン!」

果南(-)「千歌のおかげになっちゃったけど、私の数字を知ってるのは鞠莉とダイヤだけで良かったよ」

鞠莉(-)「そうね……ダイヤにはこのまま黙っておいた方が……」

果南(-)「1回……だもんね……」

鞠莉(-)「あのダイヤが……すごい気になるけど……触れちゃいけない気がするわ……気になるけど」

果南(-)「梨子も口を割らないだろうし、このままでもいいかな……気になるけど」
413: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:50:34.12 ID:gfP94PcB.net
ピロン♪

果南(-)「ん、LINEだ」

果南(-)「…………」

鞠莉(-)「どうしたの果南?」

果南(-)「鞠莉……私達も恥かくけどこの話乗ってみない?」
415: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:51:40.29 ID:gfP94PcB.net
月曜定例ミーティング

ダイヤ(-)「おほん」

ダイヤ(-)「えー今週の練習メニューの話をする前に一つお尋ねしたいことがあります」

ダイヤ(-)「みなさんも気になっているとは思いますが額の数字についてです」

花丸(0)「気になるずら」

ルビィ(-)「花丸ちゃん以外みんな隠してる……」

ダイヤ(-)「この中でこの数字が何を意味しているのか、ご存知の方はいらっしゃいますか?」

8人「………………」
416: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:52:21.91 ID:gfP94PcB.net
梨子(-)(やっぱりきたわね……)

梨子(-)(でも大丈夫。打ち合わせはバッチリよ)

花丸(0)「みんな知らないのに隠してるずら?」

ダイヤ(-)「ズバリそれですわ花丸さん」

ダイヤ(-)「わたくしは額に数字がでているのはみっともないと思い隠していました」

ダイヤ(-)「ルビィにもそう言いました……」

鞠莉(-)「つまり数字の意味を知らないのであれば晒すことに抵抗はないはず…ということね?」

ダイヤ(-)「そういうことです……このように」

ピラッ
417: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:54:01.52 ID:gfP94PcB.net
ダイヤ(1)(役目は果たしましたわ。後はお願いしますよ二人とも)

梨子(-)(ダイヤさん…0ならわかるけど1回って……我慢できなかったのかな?)

曜(-)(……)

善子(-)(……)

ダイヤ(1)「では次ルビィ」

ルビィ(11)「うん」ピラッ

果南(8)「ほい」ピラッ

鞠莉(16)「…はい」ピラッ

梨子(-)(どうやら私達以外みんな知らなかったようね……)

梨子(-)(でも良かった曜ちゃんと善子ちゃんの二人を味方に付けていて)

梨子(-)(5:4ならリーダーのいるこっちの方が有利よ!)
418: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:55:42.94 ID:gfP94PcB.net
善子(5)「ん」ピラッ

梨子(-)(!?)

曜(15)(ごめんね梨子ちゃん)ピラッ

梨子(-)(な!?そんな馬鹿な!!!)

千歌(-)「…」

梨子(-)(くっ……不利になったけど仕方ない最終手段よ!)


ダイヤの強力な一手と善子と曜のまさかの裏切りにより
事前の口裏合わせは全て無駄になってしまった
だが梨子に残された最後の一手
それはリーダー千歌の鶴の一声である
千歌が数字なんて気にしないで練習しようと言えば
それに梨子曜善子が賛同する
そして他の5人の中で誰か一人でも賛同する者がいれば
多数決でも決まる
勝算の高い策のはずだった
419: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:56:50.13 ID:gfP94PcB.net
梨子(-)「ち、千歌ちゃん」ボソッ

千歌(-)「ごめん梨子ちゃん」

梨子(-)「えっ」

千歌(-)「やっぱり私みんなに嘘付けないよ」

梨子(-)「そんな……」

千歌(-)「でも大丈夫。梨子ちゃんの数字は言わないから」

ダイヤ(1)「千歌さん何か知っていまして?」

ダイヤ(1)(あれ?梨子さんが知っているんじゃ…)

千歌(-)「うん……今朝みとねぇから聞いたんだけど」ピラッ

千歌(3)「このおでこの数字はね……」

千歌(3)「夏休みの間にした……自家発電の回数なんだって///」
421: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:57:43.28 ID:gfP94PcB.net
梨子(-)「…………」

曜(15)(赤くなってる千歌ちゃん可愛い)

善子(5)(あーあ)

果南(8)(自家発電って言い方するんだ)

鞠莉(16)(さてダイヤの反応は)

ルビィ(11)「ピギイ!」

ダイヤ(1)「へ?」

花丸(0)「……」
423: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:58:35.26 ID:gfP94PcB.net
ダイヤ(1)「あの……自家発電とはどういう意味ですの?」

果南(8)(私も知らなかったから無理もない)

鞠莉(16)(やっぱ知らないわよね…)

ルビィ(11)(お姉ちゃん知らないんだ……というか1回……逆に心配だよぉ)

善子(5)(知らないのに1回してるんだ…)

曜(15)(千歌ちゃんの口からオナニーが聞ける)

千歌(3)「えっとね……お……おな……」

花丸(0)「オナニーのことずら」



8人「!!!!!?????」
424: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 04:59:54.92 ID:gfP94PcB.net
ダイヤ(1)(オ……私の数字は1……)

ダイヤ(1)(!!!!!)

ダイヤ(1)「/////」カァァァ

鞠莉(16)(ダイヤの白い肌がみるみる真っ赤になっていくわね)

鞠莉(16)(それにしても意外なのは……)

ルビィ(11)「は、花丸ちゃん…」

花丸(0)「どうかしたずら?」

善子(5)「アンタよく恥ずかしげもなく言えるわね…」

花丸(0)「んー、色々本読んでるうちに慣れちゃったかな」

果南(8)「そっか。花丸ちゃん本好きだもんね」

曜(15)(千歌ちゃんの……聞きたかったなぁ……)
425: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:01:17.53 ID:gfP94PcB.net
花丸(0)「だからまるの数字は0だけど、別にみんなが何回でも気にしないよ」

善子(5)「0って……そういうのまったく興味ないの?」

ルビィ(11)(気になる……)

鞠莉(16)(いくわねぇ……気になるけど)

果南(8)(ナイス善子ちゃん)

曜(15)(よく我慢できるなぁ…)

ダイヤ(1)(…………)

花丸(0)「興味がないわけじゃないけど」

花丸(0)「この夏休みは体力作りとか詩を書くためにいっぱい本を読んでたから」

花丸(0)「0になっただけずら」
426: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:03:10.31 ID:gfP94PcB.net
善子(5)「ずら丸のこと誤解してたわ…」

ルビィ(11)「花丸ちゃんすごい……」

鞠莉(16)「花より団子とか思ってごめんなさい」

果南(8)「まさに仏だね」

曜(15)「後光が見えるよ…」

ダイヤ(1)(わたしくもアレさえなければ0でしたのに……)

千歌(3)「花丸ちゃん……私、詩書くのもっと頑張るね!」

花丸(0)「まるもしたいからしてるだけで……そんなすごいことじゃないよ」



梨子(-)「……………………」
427: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:04:06.32 ID:gfP94PcB.net
梨子(-)(ちょっと何かいい話になってるんですけどぉ!?)

梨子(-)(いや、いい話よ!間違いなく!そうなんだけど!)

梨子(-)(でも!!)

梨子(-)(これじゃ私がオナニーばっかしてる不真面目な人みたいじゃない!!!)

梨子(-)(案の定私がアクアで一番回数多いし!)

梨子(-)(しかも結構差つけて!)

梨子(-)(こんなの絶対晒せるわけないじゃない!!)
429: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:05:20.16 ID:gfP94PcB.net
花丸(0)「数字の謎は解けたけど次は原因が気になるずら」

ルビィ(11)「そうだねぇ…千歌ちゃんのお姉さんが知ってたってことは昔からあったりするのかな?」

善子(5)(言うべきかしら……)

鞠莉(16)「それについては理事長である私から話すわ」

ダイヤ(1)「なっ、鞠莉さんあなた知っていたのですか!?」

鞠莉(16)「ごめんねダイヤ。これは本来、理事長だけが知っていいことだったのよ」(嘘だけど)

鞠莉(16)「ちかっちのお姉さんから漏れた以上あなた達に隠す意味もなくなったからね」

ダイヤ(1)「そういうことでしたか……」
430: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:06:33.01 ID:gfP94PcB.net
鞠莉(16)「今から数十年前……ある生徒に起こった悲劇が原因とされているわ―――

その生徒は夏休みのある日
誰もいない教室で自家発電をしていた所を
クラスメイトに見つかってしまい
瞬く間に噂は広がり
二学期が始まってからすぐに転校してしまったという
そう
浦の星女学院八番目の不思議は
この生徒がかけていった
呪いなのである

鞠莉(16)「というわけなの」

善子(5)「悲劇って…ただの自業自得じゃない!」

ルビィ(11)「学校でそういうことするって……」

花丸(0)「ただの変態ずら」

ダイヤ(1)「」ゴフッ

果南(8)「どうしたのダイヤ?」

ダイヤ(1)「い、いえ…あまりにも馬鹿馬鹿しい話だったのでつい」

果南(8)「……まぁそうだね」
431: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:08:43.97 ID:gfP94PcB.net
曜(15)「はた迷惑な呪い残していったもんだねぇ」

善子(5)「学校でしなければいいだけの話なのに」

ルビィ(11)「普通できないよねぇ…」

果南(8)「私はわかんないけど、誰かに見られるかもってのがいいのかね」

善子(5)「」ゴフッ

花丸(0)「善子ちゃんどうしたずら?」

善子(5)「た、ただの堕天使の発作よ…」

ルビィ(11)「それはそれで心配なような…」
432: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:10:27.46 ID:gfP94PcB.net
果南(8)「さて……全ての謎が解けた所で」

果南(8)「一人だけまだ数字を隠してる人が」

梨子(-)「待ってよ!」

梨子(-)「この流れで言えるわけないじゃない!」

果南(8)「でも一人だけ隠すなんて……ねぇ?」

7人「…………」

梨子(-)「別に私はみんなに教えてなんて言ってないもん!」

梨子(-)「みんなが勝手に……」

千歌(3)「みんな、梨子ちゃんを責めないであげて」

梨子(-)「千歌ちゃん……」



千歌(3)「梨子ちゃんはみんなよりちょっと多いから言えないだけなの!」

梨子(-)「ちかちゃああああああああああああああああああああああああ」
433: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:12:19.76 ID:gfP94PcB.net
果南(8)「へー梨子ちゃんがねぇ」ニヤリ

鞠莉(16)「私達に言えないくらい多いって40回以上とか?」ニヤニヤ

梨子(-)「そ、そんなしてないわよ!!私はにじゅうごかいしか……!」

千歌(3)「」ニヤッ



千歌果南鞠莉(((計 画 通 り)))
435: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:13:35.32 ID:gfP94PcB.net
時は遡ること数時間前


千歌(-)「曜ちゃん私はって言ってたけど善子ちゃんは知ってるの?」

曜(-)「あ…えっと、その話は後で!やっぱ私もトイレ行ってくる!」

千歌(-)「えー」

曜(-)「ご、ごめん!」タッ

千歌(-)「…………」

千歌(-)(露骨に避けられた……)

千歌(-)(ふーんだ、別にいいもんね)

千歌(-)(今朝は電話で調べられなかっから今調べちゃおっと)

千歌(-)(えっと、自家発電……意味……っと)
436: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:14:49.24 ID:gfP94PcB.net
千歌(-)(!?)

千歌(-)(えっ……嘘……)

千歌(-)(でも……これなら梨子ちゃんがああなるのもわかる……)

千歌(-)(25回かぁ……時々声漏れてたりはしたけど……)

千歌(-)(…………)

千歌(-)(私…3回したっけ……んーっと)

千歌(-)(曜ちゃんと梨子ちゃんと果南ちゃんの写真……)

千歌(-)(3回だ///)

千歌(-)(なるほどなぁ…それでみとねぇも隠しておけって……)

千歌(-)(曜ちゃんと善子ちゃんも知ってるのかな)
437: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:16:26.12 ID:gfP94PcB.net
 


千歌(-)(あっ、帰ってきた)

千歌(-)「二人とも遅いよー」

梨子(-)「次の衣装の話してたら遅くなっちゃった」

曜(-)「……ごめんね千歌ちゃん///」


千歌(-)「…………」

千歌(-)(曜ちゃん顔赤い……それに私から目逸らしたし……)

千歌(-)(もしかして……)
438: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:17:59.76 ID:gfP94PcB.net
トイレの個室

曜(-)「な、なに千歌ちゃん…こんな所で……」ドキドキ

千歌(-)「ねぇ曜ちゃんおでこの数字のことなんだけど」

曜(-)「う、うん…」

千歌(-)「二人で見せ合いっこしよ?」

曜(-)「えっ///」

千歌(-)「ダメかな?」

曜(-)「え、えっと…」

千歌(-)「もしかして梨子ちゃんにしちゃダメって言われた?」

曜(-)「い!言われてないよ……」

千歌(-)「なら…いいよね…」

千歌(-)「曜ちゃん緊張してるみたいだから千歌が捲ってあげるね」ソォー

曜(-)(な、なんでかおまでそんなちかくに///)

ピラッ
440: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:19:18.23 ID:gfP94PcB.net
曜(15)「/////」

千歌(-)「ふふっ、曜ちゃん15回もしてるんだぁ。変態さんだね」

曜(15)「なっ///千歌ちゃんだって3回して……あっ」

千歌(-)「私まだ捲ってないよ?どうして知ってるのかな?」

曜(15)「そ、それは……」

千歌(-)「曜ちゃんが正直に話してくれれば私怒らないよ?」

千歌(-)「全部話してね曜ちゃん♡」


―――千歌の本質。それは天然の『小悪魔』である


―――曜はこの小悪魔に完全に『魅了』された
441: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:21:02.13 ID:gfP94PcB.net
LINE

果南ちゃーん聞いて聞いて
梨子ちゃんがね私との約束破って曜ちゃんに私の数字勝手に教えてたの
朝にも言ったけど梨子ちゃん私にすご~く厳しく言ってたのにだよ?
ひどいよね
しかもただ教えたんじゃなくて曜ちゃんの数字と交換して
自分達の秘密がバレないように同盟なんか組んだんだって
ちょっとお仕置きが必要だと思わない?
私の知ってることも全部話すから協力して欲しいなって
あっ、梨子ちゃんの数字は言えないやごめん。約束は守らないとだもんね
でも梨子ちゃんがアクアで一番多いと思うよ
442: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:22:14.65 ID:gfP94PcB.net
エピローグ


千歌(-)「ねぇ梨子ちゃ~ん、いい加減機嫌直してよ~」ユサユサ

机うつ伏せ梨子(-)「…………」

曜(-)「もうみんな帰ったよ」

千歌(-)「本当にごめんって、謝るから~」

梨子(-)「…………フン、私アクアやめるから……」

千歌(-)「そんなこと言わずにさ~みんな気にしてないよ~」

梨子(-)「嘘よ…………だって……だって……」
443: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:23:13.31 ID:gfP94PcB.net
回想

ダイヤ(1)「梨子さんが……」

ルビィ(11)「意外……」

花丸(0)「東京の子は進んでるずら」

善子(5)「ま、まぁ普通の範疇なんじゃない?」

果南(8)「まさか一番多いとはね(棒)」

鞠莉(16)「見た目と違ってソッチの方は激しいのね」

曜(15)(千歌ちゃんの部屋の隣でいいなぁ)

千歌(3)(梨子ちゃんが悪いんだからね)


梨子(-)「うわああああああああああああああああん」

回想終わり
445: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:24:47.80 ID:gfP94PcB.net
梨子(-)「みんな引いてたもん……ドン引きだったもん……」

千歌(-)「そ、それは~梨子ちゃんのイメージと……ね?」

曜(-)「ちょっとビックリしちゃっただけで別にそんな」

梨子(-)「うるさい、裏切り者、へたれ、よーそろー」

曜(-)「ヨーソローはいいよね!?」

千歌(-)「どうしたら許してくれるの~梨子ちゃーん?」

梨子(-)「許さない……アクアには戻らないもん……」

梨子(-)「これからはもう何かある度に」

『ピアノじゃなくて自分弾いてたんだろうな』
とか
『今日調子悪いな、昨日してないのかな?笑』

梨子(-)「って思われるもの……生きていけない……」
446: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:27:04.32 ID:gfP94PcB.net
―――人は追い詰められるとその本性を現すという


梨子(-)(なんで私だけ……みんなだってやることやってるくせに……)

梨子(-)(もうみんなの顔見れない……)

千歌(-)「そんなこと思わないって~」

曜(-)「私や鞠莉ちゃんとそこまで変わらないんだから大丈夫だって」

梨子(-)(……そうよ……ちょっと回数が多いだけで……)

梨子(-)(私だってirohaと出会うまではもっと少なかったし……)

梨子(-)(みんなもirohaを知れば……)

梨子(-)(!)
449: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:30:52.57 ID:gfP94PcB.net
千歌(-)「私に出来ることならなんでもするからさ~許してよー梨子ちゃん」

曜(-)「私も梨子ちゃんがいないアクアなんてやだよ!」

梨子(-)「…………」スッ

千歌(-)「あっ!やっと顔上げてくれた!」

梨子(-)「…………なんでもいいのね」

千歌(-)「う、うん。あくまでも私に出来る範囲でだよ?」

梨子(-)「裏切り者の曜ちゃんもしてくれるよね?」

曜(-)「……できることなら……うん……」

梨子(-)「大丈夫。二人ともやったことあるから」

梨子(-)(こんなこともあろうかとiroha miniとiroha Stick持ち歩いてて正解だったわ)

―――梨子も追い詰められ、眠っていたその『本性』が目を覚ます

梨子(-)「それじゃ」



梨子(-)「二人の自家発電見せて♡」


-完-
451: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:33:11.10 ID:gfP94PcB.net
当初予定していたオチ>>109はここまで
が、物足りないのでおまけを数レス
あくまでもおまけ
453: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:42:25.79 ID:gfP94PcB.net
1年生のその後
それぞれの帰路


花丸(0)(みんな結構してるんだなぁ)

花丸(0)(まるも久々に……)

花丸(0)(…………)

花丸(0)(ぷっちょ買ってこ)


―――国木田花丸は仏でも聖人でもない。『普通』の女の子である


ルビィ(-)(もしあの時……)

ルビィ(-)(あのまま善子ちゃんの絆創膏とってたら)

ルビィ(-)(どんな表情してたのかなぁ)ゾクッ

ルビィ(-)(…………)

ルビィ(-)(はやく夜にならないかな)


―――黒澤ルビィは新しい『ネタ』を手に入れていた
454: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:43:22.22 ID:gfP94PcB.net
善子家

ドア「ガチャ」バタン

善子(-)「ただいま」

善子ママ「おかえり、あなた宛に荷物届いてるわよ?」

善子(-)「あっ、うん。ありがとう」

善子ママ「久々ね。最近収まったと思ったのに、また堕天使グッズ?」

善子(-)「そ、そうよ!」

バタン

善子ママ「わかりやすい子ね~」
455: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:44:26.82 ID:gfP94PcB.net
善子(-)(梨子さんの鞄で見かけてから気になって……遂に買ってしまった……)ガサゴソ

善子(-)(25回もしてるくらいだしよっぽど……)

善子(-)「」ゴクリ

善子(-)「」ピッ

ヴィィィィ

善子(-)(音小さいし……これならBGM流せばマイク拾わないわよね……)



―――津島善子の生放送は『進化』しようとしていた
456: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:45:11.52 ID:gfP94PcB.net
3年生のその後
生徒会室

ダイヤ(-)「お二人とも手伝って頂いてありがとうございます」

鞠莉(-)「No problem♪」

果南(-)「練習なくなっちゃったし気にしないで」

ダイヤ(-)「…………梨子さん大丈夫でしょうか」

鞠莉(-)「まあ、あの二人がなんとかするでしょう」

果南(-)「明日になったらみんな忘れるって約束したし大丈夫だよ多分」

ダイヤ(-)「そうですが……」

果南(-)「それよりさダイヤ」

ダイヤ(-)「はい、なんでしょう?」

果南(-)「ダイヤのその1回ってどこでしたの?」

ダイヤ(-)「は?」
457: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:47:17.99 ID:gfP94PcB.net
ダイヤ(-)「そんなの言えるわけありませんわ!!」

ダイヤ(-)「果南さんだって」

果南(-)「私は家だけど……ダイヤ家じゃないの?」

ダイヤ(-)「っ……そ、それは言葉の綾というものです!家に決まっていますわ!!」

果南(-)「あれ?おかしいな。夏休みに生徒会室からダイヤのしてる声が聞こえた様な気が……」

ダイヤ(-)「あ、あの日は二人で遊びに行ってたはずじゃっ…………!」


鞠莉(-)(うわぁ……)
459: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:49:32.93 ID:gfP94PcB.net
――


果南(-)「ダイヤごめんってば~」ユサユサ

体育座りダイヤ(-)「グスッ……ひどいですわ……最低ですわ……」

果南(-)「だってあの時のダイヤの反応が気になって気になってつい……まさかとは思ったけど」

ダイヤ(-)「だからって……あんな誘導尋問……今日の果南さんはおかしいですわ……」

鞠莉(-)「そうよ果南、今日のあなたは最低よ」(私ならまだしもダイヤが耐えられるわけないじゃない)

果南(-)「二人とも本当ごめんってば……ダイヤ、ハグしよ?」

ダイヤ(-)「わたくしをそんなハグすれば何でも許す女と思わないでくださいっ」

鞠莉(-)「おいダイヤ」
460: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:50:53.54 ID:gfP94PcB.net
果南(-)「せめてほら、顔上げて?」

ダイヤ(-)「…………」フルフル

鞠莉(-)「…………」

スタスタ

カチャ

ダイヤ(-)「!」

果南(-)「どうしたの鞠莉?鍵なんか閉めて」

鞠莉(-)「こんな生徒会長誰かに見られたら困るでしょ」

果南(-)「そうだけど」

鞠莉(-)「ねぇダイヤ私いいこと思いついたんだけど」スタスタ

ダイヤ(-)「奇遇ですわね。わたくしも今思いつきました」スッ
461: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:52:54.13 ID:gfP94PcB.net
果南(-)「ん?二人とも急にどうしたの?」

鞠莉(-)「今日の果南はやんちゃしすぎだから反省が必要だなって!」ガバッ

ダイヤ(-)「お仕置きしませんとねっ!」ギュッ

果南(-)「え、ちょっ、二人とも何するつもり!?」ジタバタ

鞠莉(-)「安心して果南、痛いことはしないからっ」ガシー

ダイヤ(-)「一度果南さんのグラマラスな体じっくり触ってみたいと思ってましたわ」サワッ

果南(-)「ちょ!ダイヤ!どこ触ってんの!!」

ダイヤ(-)「ただ太ももを触っているだけですわ。誤解を招くような言い方はやめてください」サワサワ

果南(-)「触り方ぁ!」カァァァ

鞠莉(-)「果南赤くなるのはやい…耳美味しそう」ハム

果南(-)「ひゃん!」
462: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:55:54.68 ID:gfP94PcB.net
果南(-)「ハァハァ……ダイヤここ生徒会室だよっ、こんなことしていいと思ってるの!」

ダイヤ(-)「1回してしまえば2回も3回もかわりませんわ!」ススッ

果南(-)「ひ、開き直るなぁっ…」

鞠莉(-)「あはっ♡果南耳弱いの?」ハムハム

果南(-)「ほっ、ほんとやめてってば…あんっ…二人とも離してっ……」グググ

鞠莉(-)「だーめ♡」ギュー

ダイヤ(-)「果南さん声抑えないと誰かに聞こえてしまいますわよ?」ギュー

果南(-)「っ!」

果南(-)(やっぱり…二人が相手だとっ……力が……んっ)
465: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 05:59:59.34 ID:gfP94PcB.net
果南(-)「だいやぁ!なめるのはしゃれになってないって…」

ダイヤ(-)「」ペロペロ

鞠莉(-)「果南力入らなくなってきたわよ?スイッチ入っちゃった?」レロレロ

果南(-)「あっ……くびはだめだって…っ…すいっち、はいっちゃうからぁ!」ビクッ!

鞠莉(-)「いいのよスイッチ入って♡」レロー

ダイヤ(-)「ふふ、果南さんお可愛いこと♡」サワペロ


果南(-)「おねがいだからゆるしてってばああああああああああああんっ」


―――黒澤ダイヤは新しい世界に自らの意思で『入門』した


―――小原鞠莉は『リバ』になることを決めた


―――松浦果南は『満更』でもなかった
466: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 06:02:52.84 ID:gfP94PcB.net
2年生のその後
部室


千歌(-)「じ、自家発電って……」

曜(-)「今、部室で!?」

梨子(-)「そうよ、なんでもしてくれるんでしょ?」

千歌(-)「そんなの無理に決まってるじゃん!」

曜(-)「そうだよ!いくらなんでもそこまで……」

梨子(-)「してくれないなら私このまま」

千歌(-)「待ってよ、他のことじゃダメかな?」

梨子(-)「だめ」

千歌(-)「…………」

千歌(-)「でも……私慣れてないからいきなりこんなところでなんて……」

梨子(-)「大丈夫。こんなこともあろうかといいモノ持ってるから」ガサゴソ

曜(-)「ん?」
467: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 06:04:06.48 ID:gfP94PcB.net
梨子(-)「はいっ」

iroha mini  iroha Stick

千歌(-)「なにそれ?」

曜(-)「口紅となんだろ……」

梨子(-)「やっぱ知らないのね。でもこれでわかるでしょ?」ピッ

ヴィイイイイ

千歌曜「「!?」」

千歌(-)「梨子ちゃん!?」

曜(-)「なんてもの持ってるの!?」

梨子(-)「別にレディの嗜みよ」

千歌(-)「だからって学校に!」

曜(-)「今日一番のドン引きだよ!!」
468: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 06:06:08.91 ID:gfP94PcB.net
梨子(-)「ほら、これなら当てるだけだから簡単でしょ?」

千歌(-)「そうだけど……」

曜(-)「梨子ちゃん開き直りすぎぃ……」

梨子(-)「ふん、で。するの?しないの?」

千歌(-)「うぅ……そんなおもちゃなんて///」カァァ

曜(-)「……………………」

曜(-)「…………千歌ちゃん、仕方ないよ」

千歌(-)「えっ…曜ちゃん…」

曜(-)「梨子ちゃんは本気だよ」

曜(-)「私もイヤだけど……ここはアクアのために、ね?」


―――嘘である。この女、またとない機会に実はちょっと乗り気である
469: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 06:08:47.99 ID:gfP94PcB.net
千歌(-)「曜ちゃんがそういうなら……こんなの使うなんて本当にイヤだけど……」


―――嘘である。この女、姉の部屋で見かけて以来オモチャに興味津々である


千歌(-)「でもちょっとだけだからね?」

梨子(-)「もちろん、誰かに見つかったらまずいからね」

梨子(-)「そうね……10分…いえ、5分でいいわ」

千歌(-)「5分……」(する時はもっと時間かけてるし大丈夫だよね…)

曜(-)「5分ならまぁ……」(物足りないかも…)

梨子(-)「5分なんてすぐよ。さ、壁際で座って。私が見張りもするから」


―――罠である。オモチャ未経験の素人が5分も耐えられるはずがない
470: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 06:11:59.91 ID:gfP94PcB.net
千歌(-)「まさかこんなことになるなんて……」ペタッ

曜(-)「梨子ちゃん怒らせると怖いね……」ペタッ

梨子(-)「ほらほら二人ともどっちがいい?」

千歌曜「「どっちでもいいよ!!」」

梨子(-)「あらそう。違った良さもあるのになぁ」ハイコレ

梨子(-)「さてスマホはっと」

千歌(-)「ちょっと梨子ちゃん!何するつもり!?」

梨子(-)「え?時間計るだけよ?ほらタイマーアプリ」ヒョイ

千歌(-)「そんな正確にしなくても……」

梨子(-)「大丈夫大丈夫。さすがに動画撮る様な外道じゃないから」

千歌(-)「……信じるからねっ」

曜(-)「……さすがにね?」

梨子(-)「ええ信じて頂戴」

梨子(-)「二人とも準備はいい?……それじゃ、レックスタート♥」


Happy End
472: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 06:13:43.13 ID:gfP94PcB.net
これで終わりです長引いてごめんなさい

このSSのirohaの性能 効能 音量 販売場所はすべて童貞の妄想です
絶対に参考にしないでください
お疲れ様でした
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌(3)「おでこに数字が」美渡「それ夏休みの自家発電の回数ね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。