穂乃果「ん…んんっ…」ブッブッ

シェアする

穂乃果-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 15:00:38.06 ID:NUvcc8Cy.net
穂乃果「っ……」ブッブッ

穂乃果「はぁ…はぁ…」

穂乃果「!」ギュルギュル

穂乃果「っっ…」ブボバボボ

元スレ: 穂乃果「ん…んんっ…」ブッブッ

スポンサーリンク
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:00:55.81 ID:rT4+C71U.net
穂乃果「漏らしちゃった。どうしよう」

海未「処理は私がやっておきますから、保健室で休んだ後病院へ行ってください。みんなには黙っておきます」

穂乃果「なんでこんな私に優しくするの。」

海未「愛は太陽、穂乃果は私の太陽ですから…」

穂乃果「......ごめんね海未ちゃん」

海未「こういう時はありがとうって言って欲しかったですね」

穂乃果「あ、ありがとう」

海未「ちゃんとできましたね、任せてください。私の太陽」

~~~~~~~~~

西木野総合病院にて

真姫(あれは、穂乃果?)

穂乃果(うう お腹が痛いよぉ)

真姫「穂乃果大丈夫なの?」

穂乃果「大丈夫だよ(漏らしちゃったのばれちゃったのかな)」

真姫「その薬から察するに、胃腸炎ね。明日も練習やすみなさいよ。漏らされても決まるから」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:01:49.39 ID:rT4+C71U.net
穂乃果「え?真姫ちゃん......」

真姫「なによ」

穂乃果「ほっ、穂乃果がおっ、お漏らししちゃったのなんで知ってるの」

真姫「え? そうなの......わっ、わかるわよ。そのタイプの胃腸炎にかかった患者の症状の特徴よ」

穂乃果「そうなの?私みたいな汚い人嫌いにならないの?」

真姫「馬鹿なこと言うのやめなさい。」

真姫「私が......医者になろうとしている私が嫌いになるわけないでしょ。」

真姫「いちいちそんなことで」

穂乃果「真姫ちゃんありがとう」

真姫「それに......」

穂乃果「それに?」

真姫「なんでもないわよ、いいから早く家帰って休みなさいよ」
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:02:27.32 ID:rT4+C71U.net
翌日朝

クラスメイトが穂乃果について噂をしていた。

A「高坂さんおもらししたんだって」

B「もしかして、大きいほう」

C「そうみたいよ」

B「汚い」

穂乃果(みんな私の噂してる)

A「スクールアイドルを目指すとか、ぶりっこしてるけどwww」

B「スクールアイドルじゃなくて、スカ〇ロアイドルじゃないwww」

C「ぶりぶりぶりっこ、スカ〇ロアイドルwww高坂穂乃果17歳www」

A「こんなのが、学校の代表っておわってない?」

B「高坂穂乃果はぁぁぁ わが校のみならずぅぅぅぅっぅ 音の木坂、日本中の問題じゃないですかwww」

C「ぶりぶりぶりって、もうトイレで練習しろよあいつら」

A「高坂さんに触れたら、ちゃんとミューズで手を洗いましょう」

みんな「wwwwwwwwwwwww」

穂乃果「もう、このクラスにいたくない」

海未「おはようございます、みなさん何をお話されているのでしょうか」

B「なんでもないよ、海未ちゃんおはっ」

海未(もしかして穂乃果のことが知れ渡ってる?)

穂乃果「海未ちゃん、保健室行くから、一限の物理の先生に穂乃果休むって伝えておいて」

海未「無理しないでくださいね穂乃果」

穂乃果「……うん」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:03:15.52 ID:rT4+C71U.net
校内中穂乃果の噂は広まっていった、その事実と、胃腸炎が穂乃果のおなかを痛めつける。

どれぐらいたっただろうか、穂乃果のところに真姫が見舞いに来る

真姫「ちょっと、穂乃果」

穂乃果「真姫ちゃん」

真姫「私はずっとあなたの味方よ」

穂乃果「真姫ちゃん、ありがとう」

穂乃果と真姫はやさしく抱き合った。
たった数秒の出来事であったが、穂乃果と真姫には何時間の長さに感じた。
お互いの柔らかい肌がふれあい、穂乃果の目には涙が浮かんでいた。
真姫は泣いてたかどうかわからないが少なくともいままでの真姫よりは素直な表情をしていた。

穂乃果「真姫ちゃんはさ、穂乃果とスクールアイドルできて良かった?」

真姫「ナニヨイキナリモウ、トウゼンデッショ-///」

真姫「スクールアイドルできて、自分を変えることができたわ」

穂乃果「でもそれって、穂乃果とじゃなくてもできるよね」

真姫「えっ?」

穂乃果「わたし、かわいくないし、きたないし、真姫ちゃんみたいにうたもうまくないし、友達もいないし」

穂乃果「なんで穂乃果なの、かわりはいくらでもいるでしょ」

真姫 「えっ?」

穂乃果「お願い、出てって、出てってよ、真姫ちゃんわたしといてもいいことないよ」

真姫「わかったわ、さようなら」
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:03:46.19 ID:rT4+C71U.net
放課後の練習では穂乃果のことでもめていた。

海未「穂乃果は悪いことしてないじゃないですか」

にこ「うざいうざいうざい、なんで汚いあいつと一緒にされないといけないわけ?」

凛「凛もくさいから近づくなって言われたにゃ」

絵里「こんなみじめな活動続けなきゃならないならエリチカおうち帰る」

希「もう、喧嘩はやめときぃ。こんな時こそ仲間割れしたらあかんで」

凛「かよちんはどっちの味方にゃ?」

花陽「私も穂乃果ちゃんのこと想像するとご飯がまずくなるよぉ」

真姫「こんな、メンバーを大事にできない人と一緒にやりたくない」

真姫「私、帰る」

真姫は音楽室の前まで来た時に立ち止まる

ここが私の原点だった。
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:04:47.56 ID:rT4+C71U.net
音楽室のドアが開いた

穂乃果「真姫ちゃん、さっきはごめん」

真姫「ヴェエ、穂乃果、びっくりさせないでよ」

穂乃果「真姫ちゃん、私恩返ししたい」

真姫「いきなり、何よ、別にキニシテナイワヨ」

穂乃果「真姫ちゃん、穂乃果病気治ったから」

穂乃果「真姫ちゃん、私にひとつお願いごとがないかしら」

真姫「じゃあ、2人でのんびり旅行しましょう」

穂乃果「いいの、そんなんで」

真姫「別に、そんな大したこと、私してないもの」

穂乃果「ありがとう、真姫ちゃん」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:05:26.09 ID:rT4+C71U.net
大宮駅にて

真姫「おはよう穂乃果、遅いじゃない」

穂乃果「ごめんごめん」

真姫「新幹線乗り遅れちゃうわよ」

穂乃果「駅弁食べようよ」

真姫「ここで食べても意味がないじゃない」

穂乃果「も~まきちゃんのケチ」プ-

穂乃果「新幹線大好き」

真姫「子供じゃないんだから。(でもそんな穂乃果がかわいいわ///)」

穂乃果「真姫ちゃんなんで旅行に行きたいなんて言ったの?」

真姫「別にいいじゃない」

真姫は幼少期から忙しくて旅行なんてほとんどできなかった、
行くとしても都市部で田舎に旅行にくのは別荘以外では初めてだ
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:06:17.79 ID:rT4+C71U.net
1泊目の旅館にて

穂乃果「真姫ちゃん、温泉だね」

真姫「穂乃果、ちゃんと体洗ってから入りなさい」

穂乃果「上がったら牛乳飲もうね真姫ちゃん」

真姫「別にいいわよ」


穂乃果「それにしてもこの温泉おならのにおいするよ」

穂乃果「真姫ちゃんおならしたでしょ」

真姫「この温泉は硫黄泉だからよ、こういうもんなの」

穂乃果「へぇ」

穂乃果「真姫ちゃんはお医者さんになって病院を継ぐんでしょ」

穂乃果「勉強しなくていいの?」

真姫「そうね、そうかもしれないわ。だけどね、私はだからこそスクールアイドルを今やりたいの」

真姫「医者になってからはそんなにはしゃげないじゃない?」

真姫「現状に後悔はしてないわ」

穂乃果「よかった」

真姫「何が?」

穂乃果「真姫ちゃんが後悔ないって言ってくれて」

真姫「どっ、どうも///」

真姫「穂乃果も元気だしてバカにしてきた人を見返してやりなさい」

穂乃果「穂乃果、頑張る」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:07:27.40 ID:rT4+C71U.net
2日目はハイキングをした、3日目はキャンプをする予定で山へ向かった。

途中古びた校舎があった。どうやら、高校らしいが。

地元の集落の人に聞いたら、どうやら数年前に廃校になったらしい。

一部の施設は会社の工場として使われているらしく、そこの社長さんが出迎えてくれた

社長「ここは、私の母校だったんだけどね、廃校になってしまった。」

社長「県が取り壊すといったから、工場として安く買い取った。」

社長「工場として使ってるのは主に体育館だから、音楽室なんかはそのままだよ」

真姫「もし、良ければ音楽室に入らせてください」

社長「かまわんよ」

穂乃果「ピアノがあるよ」

真姫「ホコリがたまってるし動かないんじゃないの?」

穂乃果「音が鳴るかな」

ド ソ ミ シ♭ ♪

真姫「ピッチは少しずれているけど、許容範囲ね」

穂乃果「じゃあ、歌おうか」

真姫「何を弾けばいい」

穂乃果「もう、真姫ちゃん」

真姫「わかったわよ、あの曲ね」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:10:01.56 ID:rT4+C71U.net
穂乃果「愛してるばんざーい
ここでよかった 私たちの今がここにある」

真姫「愛してるばんざーい
始まったばかり 明日もよろしくね まだゴールじゃない」

キャンプ場のテントの中で、真姫と穂乃果は寄り添った

~~~~~~~~~~~~~~


穂乃果「穂乃果、いじめられても、つまずいても必ずラブライブ優勝に導くから」

真姫「大丈夫、穂乃果ならできるわ。」

穂乃果「だから、今だけ真姫ちゃんに甘えさせて」

真姫「ヴエエ、もう、今日だけよ///」
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:23:20.89 ID:rT4+C71U.net
それから、真姫と穂乃果は海未や希と練習に復帰した。
結局なんだかんだ言って練習にμ’sの他のメンバーも戻ってきた。
クラスメートAは親の離婚で転校した。
BとCはいじめがマスコミに発覚して、そのまま少年院へ行った。

真姫「穂乃果、明日はラブライブの予選だからしっかり寝なさいよ。」

穂乃果「真姫ちゃんこそ、緊張してるくせに」

真姫「ナニヨモウ」

希「顔に書いておんねん」

ことり「(・8・)」

海未「ことりの衣装気合が入ってますね」

穂乃果「ことりちゃんありがとう」

ことり「(・8・)」
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:27:06.14 ID:rT4+C71U.net
希「にこっち、ちょっと後でな」

にこ「わかったわよ」

~~~~練習後~~~~


希「にこっち、なんだかんだ穂乃果ちゃんのことで悩んでいるんやろ」

にこ「悪い?」

希「素直にならんとアカンやろ」

にこ「ねえ、希どうしよう」

希「うちに任せといて」
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 17:18:23.69 ID:rT4+C71U.net
次の日、ラブライブの予選は予想以上に盛り上がった。
予選の後、穂乃果のところにたくさんプレゼントが届いていた。
雪穂やヒデコのものもあったが、数にしたらあきらかに多い

~穂乃果へ~

 この前はごめんなさい、一番つらいのは穂乃果なのにわかってあげられなくて
穂乃果が最初アイドルやるって言ったとき、本当に大丈夫なの?って思ったけど、
なんだかんだここまでこれて私はすごく感謝してます。 にこ

 穂乃果ちゃん、花陽他人に流されてばかりで、穂乃果ちゃんみたいに自分の意思がほしいです
穂乃果ちゃん、花陽をラブライブに誘ってくれてありがとう 花陽

 ごめんにゃ、ラーメンおごるにゃ 凛

 この間は帰ってごめんチカ 絵里

 穂乃果ちゃんのポジティブなところ好きやで。これからもよろしゅうな 希

 (・8・) ことり

 この前は穂乃果がいなくて、ずっとさみしくて心配したんですよ。別に怒ってはないですが
やっぱり穂乃果は私にとって必要な存在です。
25: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 19:23:12.53 ID:rT4+C71U.net
海未の手紙にそっと目がうるんだ穂乃果であったが、
真姫からの手紙をまだ読んでいないことに気づいた


あとで公園に来て場所は連絡するわ 真姫

穂乃果(真姫ちゃんは私に言えないようなことがあるのかな?)

穂乃果「みんな、ありがとうー。予選は通過したから今度は決勝だね!ファイトだよ」

みんな「お疲れ様」
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 19:24:56.80 ID:rT4+C71U.net
公園にて

穂乃果「お~い 真姫ちゃん」

真姫「穂乃果、来てくれてありがとう」

穂乃果「穂乃果、真姫ちゃんのためなら何でもするよ」

真姫「そう…」

穂乃果「?」

真姫「あのね//」
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 19:32:04.52 ID:rT4+C71U.net
真姫「私が気持ち悪いとか、頭おかしいとか、穂乃果が思うかもしれないけど・」
 . . それでも伝えたいことがあるの」

穂乃果「大丈夫だよ、穂乃果はいっぱい真姫ちゃんに迷惑かけちゃったし、私のほうが全然ダメだから」

真姫「あの…えっと」

穂乃果(真姫ちゃん頑張って)

真姫「つっ、付き合ってください」ウルウル

穂乃果「…」

穂乃果「泣かないで、真姫ちゃん。私も大好きだよ」

穂乃果「でもね、大好きな真姫ちゃんだからこそ真剣に考えなきゃだめだよね。」

穂乃果「本当に穂乃果がダメダメで悪いけど、一晩考えさせてくれないかな?」

真姫「わかったわ」
29: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 19:36:51.31 ID:rT4+C71U.net
次の日の朝

真姫「穂乃果じゃない、迎えに来たのね」

穂乃果「ごめんね、早く来すぎちゃった。はっきりさえないと真姫ちゃんに悪いから」

真姫「けっ、結局」

穂乃果「じゃあ、一晩考えたことを言うね」
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 19:40:52.60 ID:rT4+C71U.net
穂乃果「おつきあいよろしくお願いします。ただ、条件があります」

真姫「え?」

穂乃果「ひとつは、ラブライブが終わるまでまって欲しいです。
     メンバー同士みんな平等に仲良くないと、この前みたいになっちゃうから。」

穂乃果「二つ目は、20歳になったときにお別れしたいということです」

真姫「なんでよ、なんでそんな悲しいことしなっきゃいけないの?」

穂乃果「穂乃果っていやだよぅ、だけど、それが私たちにとって幸せなの」
31: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 19:49:04.74 ID:rT4+C71U.net
真姫「私は、穂乃果といられれば幸せなの。それなのに、なんで…」

穂乃果「真姫ちゃんはお医者さんになって、夢を追って欲しいの」

穂乃果「今はまだ医学部に入れる学力かもしてないけど、大学生になってからもいばらの道だよ」

穂乃果「穂乃果が真姫ちゃんの夢を邪魔しちゃう気がするんだ」

穂乃果「私たちが良くても、世間は私たちを認めてくれないの」

穂乃果「世の中ってね、お漏らししたぐらいでのけ者扱いするぐらい冷たいの。笑っちゃうよね」

穂乃果「真姫ちゃんも病院を継いで、わたしも穂むらを継がなけりゃいけない」

穂乃果「真姫ちゃんはこれ以上言わなくてもわかってくれるでしょう?」

真姫「うん」

穂乃果「よろしい、真姫ちゃん泣き顔もかわいいね、わたしか真姫ちゃんが男の子に生まれてくればよかったのにね」

穂乃果「だから、少しの間だけになっちゃうけど、一生分楽しもうよ」

真姫「わかったわ、ショウガナイワネ」
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 19:56:28.85 ID:rT4+C71U.net
そして、ラブライブで優勝し、穂乃果と真姫は付き合った

1年が過ぎ、2年が過ぎ、日付は惨酷なほどに早く真姫の20の誕生日の前日を迎えた

真姫は穂乃果と数年前に乗った新幹線と同じものに乗って前と同じ廃校に向かった。


真姫「社長さんはいらっしゃいますか」

従業員「おめらは、何年か前にきた姉ちゃんだべ、社長は癌で死んじまった」

従業員「社長がもしおめらが来たら音楽室さ連れてけって言ってたんだ」

もう、あの日は戻ってこないんだという寂しさが真姫と穂乃果には募った

穂乃果「お願いします」
34: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 20:16:12.56 ID:rT4+C71U.net
真姫「調律がもうひどいわね、これじゃ歌えそうにないわ」

穂乃果「そうだけど、もう音程とか関係なしにおもいっきり弾いちゃってよ」

真姫「ショウガナイワネ」

あいしてる……

調律の狂ったピアノの音色は穂乃果と真姫の心を曇らせる。

時間と自分たちに迫る別れといった惨酷な現実に対して無力さを感じた。
35: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 20:18:43.08 ID:rT4+C71U.net
穂乃果と真姫は別々な道を歩みだした、
いずれほかの人と結婚して、子供を産んでやがて老いていく

それでもたまに真姫も穂乃果も口ずさむ曲がある







「あいしてる、ばんざーい」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「ん…んんっ…」ブッブッ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。